1:2015/08/13(木) 12:09:06.23 ID:
アニメ1期から2期の間の話って設定です。

高坂穂乃果13


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439435346

2:2015/08/13(木) 12:11:15.55 ID:
-昼休み 屋上-



絵里「そうよ。やってもらえるかしら?」

穂乃果「あ、あはは…。いきなり何言い出すの絵里ちゃん」

穂乃果「今日ってエイプリルフールじゃないよ?おかしな事言うなぁ…」

絵里「私は至って真面目よ」

穂乃果「…え、本気で言ってるの?」

絵里「私が冗談でこんな事を言うと思う?」

穂乃果「……」

絵里ちゃんの目…。本気なんだ

本気で穂乃果に生徒会長を…

でも…


3:2015/08/13(木) 12:13:02.09 ID:
穂乃果「…なんで」

穂乃果「なんで穂乃果なの?同じμ'sだったら海未ちゃんとか、真姫ちゃんとか他に良さそうな子がいっぱい居るよ?」

絵里「真姫は1年生でしょ」

絵里「それにね、μ'sかどうかなんて関係ないのよ。私はね、貴女にやってほしいの」

穂乃果「そんなこと急に言われても…」

絵里「…確かに急すぎたわね」

絵里「返事は今すぐじゃなくていいわ。少しだけ考えておいてもらえるかしら?」

穂乃果「……」

絵里「授業が始まるから行くわね。穂乃果も戻った方がいいわ」

絵里「ごめんなさい、休み時間に呼び出してこんな話ししちゃって」テクテク

穂乃果「…どうして穂乃果なの?」

絵里「穂乃果になら音ノ木坂を任せられる。そう思ったからよ」ガチャッ


バタン!


穂乃果「…わかんないよ。そんなこと言われたって」


4:2015/08/13(木) 12:17:46.67 ID:
-5時間目 2年教室-



穂乃果「……」

ことり(穂乃果ちゃんが英語の授業中に起きてるなんて珍しい)

穂乃果「…はぁ」

ことり(ため息?)

穂乃果「…うっ…ううっ」グスッ

ことり「穂乃果ちゃん!?」ガタッ!


ザワザワ

ザワザワ


先生「南さん?」

ことり「…あ、えっと穂乃果ちゃんが」チラッ

海未「先生。高坂さんは体調が悪いようなので保健室に連れて行ってもよろしいでしょうか?」ガタッ

穂乃果「うっ…ひっく…」グスッ

先生「……」

先生「そうねそれじゃあ園田さん頼めるかしら?」

海未「はい」テクテク

海未「行きましょう穂乃果」ギュッ

穂乃果「……」ギュッ


ガラガラ

ピシャン!


「穂乃果どうしたんだろう…?」

「泣いてなかった?」

「絶対泣いてたよね」


5:2015/08/13(木) 12:21:28.58 ID:
先生「はいはい。授業に戻りますよ」

ことり「あのっ!」

先生「なんですか?」

ことり「私も付き添いに行っても良いですか?保健委員ですから!」

先生「でも付き添いなら園田さんが」

ことり「だ、だったら。…えっと。そう!お腹が痛いのでおトイレに行きたいです!」

先生「と…トイレですか」


「ことりちゃんおトイレだって」クスクス

「こらっ。笑っちゃダメだってば」クスクス


ことり「うっ…///」カーッ


7:2015/08/13(木) 12:32:28.00 ID:
先生「はぁ、仕方ないわね。許可します」

ことり「ありがとう…ございます…///」テクテク

先生「南さん」

ことり「なんでしょう?///」

先生「何かあったら先生に知らせること。良いですね?」

ことり「!」

ことり「はい」ペコリ


タッタッタ!!


ガラガラ

ピシャン!


先生「それでは授業を再開しますよー」


8:2015/08/13(木) 12:34:08.58 ID:
タッタッタ!!


ことり「海未ちゃん!!」

海未「ことり?どうして貴女まで」

ことり「だって、穂乃果ちゃんのことが心配だから」

穂乃果「…2人ともごめんね。大丈夫…大丈夫だから」

海未「大丈夫なものですか!!」

穂乃果「ーーっ!?」ビクッ!

ことり「海未ちゃん」ジッ

海未「はっ!?す、すみません…」シュン…

ことり「とりあえず保健室に」

海未「…そうですね」


9:2015/08/13(木) 12:36:20.88 ID:
-保健室-


海未「先生はいないようです」キョロキョロ

ことり「穂乃果ちゃん、とりあえずベッドで横になろ?」

穂乃果「…うん」ポフッ

穂乃果「えへへ…授業サボっちゃった」

海未「授業をサボるなんて初めての経験ですよ」クスッ

ことり「ことりなんて、おトイレに行くって言って出て来ちゃったよー」エヘヘ

穂乃果「あははっ…なにそれー」クスクス

穂乃果「ははっ…」

穂乃果「……」


10:2015/08/13(木) 12:38:48.10 ID:
海未「なにがあったんですか?」

ことり「お腹が痛い訳じゃないよね?」

穂乃果「昼休みに絵里ちゃんに呼び出されてね…」

海未「そういえば絵里から話があると言っていましたね」

海未「…まさか、絵里になにかされたのですか?」

ことり「友達を疑うのは良くないよ」

ことり「今は穂乃果ちゃんの話を聞こ?」

海未「……」

穂乃果「絵里ちゃんにね。生徒会長にならないかって言われたんだ」

海未「はい?」

ことり「せいとかいちょう?」


あれ?せいとかいちょうってなんだっけ?


11:2015/08/13(木) 12:41:33.38 ID:
穂乃果「生徒会長だよことりちゃん」

ことり「へ、へぇー…」

海未「何故、いきなりそんな話に?」

穂乃果「穂乃果だってわかんないよ。いきなり絵里ちゃんに『次期生徒会長をやって欲しい』なんて言われて、頭の中ゴチャゴチャになっちゃって」シュン…

ことり「理由は教えてくれなかったの?」

穂乃果「穂乃果になら音ノ木を任せられる。そう思ったから…とかなんとか」

海未「いくらなんでも無責任過ぎます」ハァ

ことり「穂乃果ちゃんが戸惑うのも無理ないよねぇ」

海未「それで穂乃果はなんと?」

穂乃果「今直ぐに答えは出せないから、少しだけ待ってもらうことにしたよ」


12:2015/08/13(木) 12:44:49.55 ID:
ことり「そうなると絵里ちゃんにちゃんと理由を聞く必要があるね」

海未「そうですね」クルッ

穂乃果「あれ?海未ちゃんもう行っちゃうの?もっとお話ししようよー」

海未「そうしたいのは山々ですが、絵里に事情を聞かなくてはいけないので」

ことり「それって今からって事?」

穂乃果「今は授業中だよっ!?」

海未「幼馴染が苦しんでいる。これ以上の理由が必要ですか?」

ことり「海未ちゃん…///」キュンッ

穂乃果「いやいやそれは幾ら何でもおかしいでしょ!?」

穂乃果「ことりちゃんも止めてよっ!」

ことり「はっ!?だ、駄目だよ海未ちゃん!!」ギュッ

海未「止めないでくださいことりっ!!」ググググー

ことり「駄目だってばーっ!!」ググググー


13:2015/08/13(木) 12:48:35.91 ID:
ガラガラガラ!


「「!?」」


保健の先生「…あなたたち何やってるの?」ジー

ことり「あ、えっとこれはー…」

穂乃果「あはは…。なんなんでしょうね…」

保健の先生「高坂さんが保健室に居るからって聞いて来てみれば、ずいぶん元気そうねぇ」

穂乃果「…うっ!?ゴホッ!ゴホッ!」

保健の先生「あら、風邪かしら?」

穂乃果「そうみたいですー」エヘヘ

保健の先生「だったら安静にしてなきゃ駄目じゃない」

保健の先生「南さんはもう教室に戻った方がいいわね。あとは私に任せなさい」

ことり「はいー…」

穂乃果「あれ?海未ちゃんは?」

ことり「ふえ?……あっ!?」

ことり「海未ちゃんがいないっ!?」

保健の先生「園田さんなら慌てて出て行ったみたいだけど」

穂乃果「しまった!?ことりちゃん!!」

ことり「うんっ!急いで海未ちゃんを止めないと!」タッタッタ


保健「え、なに。鬼ごっこ?」


穂乃果(ことりちゃん。海未ちゃんを頼んだよ!)


14:2015/08/13(木) 12:53:48.14 ID:
-3年生教室-



先生「ーーそしてここの公式はですね」


絵里「……」ボーッ

希(昼休み以降、えりちの様子がおかしい。穂乃果ちゃんとは話し出来たんやろうか?)

にこ「…うへへ」スヤスヤ

希(にこっちは相変わらずの居眠りさんか)


ガラガラガラ!


先生「ん?」

海未「失礼します」テクテク

先生「なんなのアナタ、急に入って来たりして!」

海未「失礼しますと言いました」テクテク



ザワザワ

「なにあの子?」

「あれって確かμ'sの子じゃなかった?確か2年の」

「園田道場の子よね」

ザワザワ


15:2015/08/13(木) 12:58:51.23 ID:
希「海未ちゃん?」


海未「……」ピタッ

にこ「……」スヤスヤ


希(にこっちの机の前で止まった?)


海未「……」ペシンッ

希「!?」

にこ「痛っ!?何すんのよっ!」ガタッ!

海未「今は授業中ですよ」

にこ「う、海未??」


希(いや、授業中って…。海未ちゃんの行動の方が問題やん)


にこ「なんで海未が3年の教室に…」チラッ

希「うちに聞かれても…」


16:2015/08/13(木) 13:01:44.79 ID:
海未「……」テクテク

絵里「……」ボーッ

海未「絵里」

絵里「へ?あら、海未じゃない。…授業ってもう終わってたんだっけ?」キョロキョロ

絵里(なにこの状況)

海未「少しお話があるのですが良いですか?」

絵里「はなし?というか今は授業中よね?」

海未「……」ジー

絵里「……」

絵里「良いわ。場所を移しましょうか」ガタッ


先生「絢瀬さん!?」


「えー?なになに、喧嘩?」

「絢瀬さんと園田さんが?」

「ウソー!?μ's解散の危機じゃないの!?」


17:2015/08/13(木) 13:05:14.90 ID:
ことり「海未ちゃん駄目だよっ!!」タッタッタ!

にこ「ことり?これは一体どういうことなのよ」

ことり「ゴメンね。今は説明してる暇はないの!とにかく海未ちゃんを止めないと!」

希「そうやね。今ならまだ軽く怒られるだけで済むかもしれん」ガタッ

海未(ことり…。思ったよりも速かったですね)

絵里「…はぁ。話は後でも良いかしら?」

海未「……」

絵里「安心して。私は逃げも隠れもしないわ」

絵里「これは貴女自身の為にも言っているの」チラッ

先生「……」

海未「…わかりました。放課後部室で待っています」


希「なんとかなったみたいやね」

にこ「μ's内で喧嘩とかやめてよね。仲間同士じゃない…」


先生「あなたは何処のクラスの生徒かしら?」ジッ

海未「…わたしは」

ことり「……」


18:2015/08/13(木) 13:08:28.65 ID:
放課後 部室-



にこ「海未遅いわねー」

希「そうやね。もしかしたらまだ怒られてるのかも」

絵里「穂乃果とことりも居ないようだけど」

希「2人も今回の件に関係してるんかな」

にこ「ねえ絵里。本当に心当たりは無いのよね?」

絵里「しつこいわね。だからそう言ってるでしょ?」

にこ「でもあの海未の態度は明らかに」

希「はいはい、そこまでー。うちらが言い争ったって何も解決しないよ?」

にこ「うっ…」

絵里「その通りね…」


ガチャ!


海未「…遅れました」

絵里「海未」

希「ずいぶん叱られたみたいやね」

ことり「あはは…。なんとか反省文だけで許してもらえることになったよー」

海未「なにも、2人まで付き合ってくれる必要はなかったのですよ?」

穂乃果「でも、元はと言えば穂乃果が原因なんだし」

にこ「穂乃果とことりも来たわね」


19:2015/08/13(木) 13:12:41.37 ID:
穂乃果「あれ、他のみんなは?」

にこ「みんなには先に屋上に行ってもらっているわ」

にこ「今ここに居るのはあの場に居た私達と、おそらく事情を知ってるであろう穂乃果だけよ」

希「みんなに心配かけない方がいいだろうって、えりちが」

絵里「さて、それじゃあ聞かせてもらおうかしら。事の始まりからね」

海未「その前に一つだけいいでしょうか」

絵里「なにかしら?」

海未「…その」

海未「……」

ことり「ほら海未ちゃん!」ギュッ

穂乃果「ファイトだよっ!」ギュッ

海未「ことり…穂乃果…」ギュッ

海未「絵里、にこ、希。先ほどはすみませんでした」ペコッ

3人「……」


20:2015/08/13(木) 13:15:10.77 ID:
海未「頭に血が上っていて周りが見えていませんでした。本当にすみません」

希「うちは別に被害を受けた訳じゃないし、気にしてないよ」ニコッ

絵里「先生に叱られたんでしょ?ちゃんと反省してるようだし問題ないんじゃないかしら」

海未「……」

にこ「私は海未に叩かれたけどね」

海未「……」シュン…

希「にこっち」ジー

にこ「なっ!?冗談よ!冗談!」

にこ「別に私も気にしてないわよ」

海未「あはは…」

絵里「ふふっ。さて、それじゃあ本題に入りましょうか。どうしてこういう事態になってしまったの?」


ーーーー
ーーー
ーー


21:2015/08/13(木) 13:20:28.72 ID:
・・・


希「これはえりちが悪いね」

にこ「つまり絵里のせいで私は叩かれたわけね」

絵里「……」ズーン

穂乃果「あはは…」

ことり「ねえ、絵里ちゃん。落ち込んでいる所悪いんだけど、今度はことりたちから質問良いかな?」

絵里「良いわ。というか話の内容は大体予想できるけど」

ことり「どうして穂乃果ちゃんに生徒会長をやってほしいの?」

海未「穂乃果でなくても、もっと相応しい人は居ると思いますが」

穂乃果「…反論出来ない自分が悲しい」

絵里「私の思い描いている未来の音ノ木坂には、穂乃果みたいな生徒会長が必要だからよ」

希「えりち、その言い方じゃ皆にちゃんと伝わらないと思うよ」

にこ「…なるほどね」

海未「にこは今の説明で分かったのですか?」

にこ「完全に理解出来たわけじゃないけど、絵里の理想とする音ノ木の未来の形ってのはなんとなく分かるわ」

にこ「ようはあれでしょ。楽しく、明るく、元気よく」

絵里「ふふっ。大雑把だけど大体正解ね」

にこ「やっぱりね」フッ

穂乃果「えー?全くわかんないよー!!」

ことり「海未ちゃんはわかった?」

海未「いえ、なんのことだかサッパリ…」


22:2015/08/13(木) 13:24:23.91 ID:
絵里「穂乃果達から見て生徒会長としての私はどんな風に見えてた?」

穂乃果「え?うーん…。ちょっと怖かったかな」エヘヘ…

ことり「なんていうか、近寄りがたいオーラっていうか…」

絵里「改めて言われると心に来るものがあるわね…」

穂乃果「で、でも今はそんなことないよっ!」

ことり「うんうん!最近の絵里ちゃんは優しくなったし。どこか丸くなったっていうか」

海未「ここ最近の絵里に対する評価は学内でも上がっていると思います」

絵里「丸くなった…か。私が変われたんだとすればそれは、あなた達のおかげよ」

ことり「え?」

海未「私達の、ですか?」

絵里「1人で自分の殻に閉じこもっていた私に救いの手を差し伸べてくれた、いわばあなた達は私の救世主ね」

穂乃果「いくらなんでも大袈裟すぎだよ…」


23:2015/08/13(木) 13:29:14.60 ID:
にこ「大袈裟なんてことはないわよ」

穂乃果「?」

にこ「本当はこんな事言うつもりはなかったんだけど」

にこ「私もあんた達に救われたわ。あそこでμ'sに誘われてなければ、つまらない高校生活を送ったまま卒業したんでしょうね」

希「にこっちがそんなこと言うなんて珍しいやん」ニヤニヤ

にこ「茶化さないでよ。…だから言いたくなかったのに」ハァ

穂乃果「にこちゃん…」

絵里「私達はきっとμ'sに入ったことで救われたんだと思う」

絵里「そして、その中心にいつもいたのは穂乃果…あなたよ」

穂乃果「穂乃果が…?」

海未「なんとなくですがその気持ちわかります」

海未「私も幼い頃、穂乃果とことりに出会えたからこうして自分の居場所を見つけることが出来たんです」

ことり「…ことりも留学の話が出た時に穂乃果ちゃんが止めてくれなかったらきっと、今こうしてここに居ることはなかったと思う」

穂乃果「ちょっと…や、やだなぁ。二人までそんな」

希「それだけやないよ」


24:2015/08/13(木) 13:33:58.56 ID:
希「音ノ木が廃校になるって話が出た時も、穂乃果ちゃんが真っ先に立ち上がって廃校を阻止しようとした」

希「うちらもそれなりに何とかしようって頑張って来たけど、全然駄目やった」

希「でも、穂乃果ちゃんが創ったμ'sを中心に学校全体も廃校を阻止しようって流れになって、その結果廃校も白紙に戻すことが出来た」

希「カードの占いではね、廃校を阻止できる可能性はかなり低かったんや」

穂乃果「そうなの!?」

にこ「それは私も初耳ね」

希「ふふっ。μ'sの力だけやない、学校全体を巻き込んだからこそ実現出来たことなんよ」

絵里「そんな貴女だからこそ頼みたいの。他の誰でもない、穂乃果に音ノ木坂の生徒会長になって欲しい」

希「穂乃果ちゃんになら安心して後を任せられるしね」

にこ「ひょっとしたら絵里以上の生徒会長になれるかもね」フフッ

絵里「お昼にも言ったけど答えはすぐじゃなくて良いわ。大切なことだしね。じっくり考えてみてくれないかしら?」

穂乃果「……」

穂乃果「海未ちゃんとことりちゃんはどう思う?」

ことり「穂乃果ちゃんが生徒会長だったら、学校がもっともっと好きになれそう!」

海未「そうですね。…若干不安ではありますが」


ガチャ!


真姫「不安だったら海未達が支えてあげれば良いじゃない」


25:2015/08/13(木) 13:36:26.37 ID:
海未「真姫?」

凛「穂乃果ちゃんが生徒会長だったら毎日が楽しそうだにゃー!」

にこ「あ、あんた達屋上に行ったはずじゃ…」

花陽「皆さんの話を聞いてたら、いても立ってもいられなくなっちゃって」エヘヘ

希「話を聞いてたらって、一体どこから聞いてたん?」

真姫「これよ」スッ

にこ「スマホ?…ってアンタ達まさか!?」

真姫「私のスマホを部室に通話状態で置いておいて、凛のスマホから垂れ流しってわけ」

真姫「我ながら完璧な作戦だったわ」フフン

絵里「まさか盗聴されてたとは…呆れたわね」クスクス


26:2015/08/13(木) 13:39:08.00 ID:
凛「絵里ちゃん達の様子がおかしかったのは凛達も気づいてたから」

花陽「なにかあったんじゃないかと思ったんです」

真姫「私達に心配かけたくなかったんでしょうけど、隠し事される方がよっぽど不快だわ」

絵里「ご、ごめん…」

花陽「真姫ちゃんは、仲間外れにされたのが嫌だったんだよね」

真姫「ちょっと花陽!?」

凛「真姫ちゃんは、ほんっとに素直じゃないんだからー」ニヤニヤ

真姫「ふんっ!」ポカッ!

凛「Σふにゃっ!?なんでぶつにゃー!?」

真姫「なんとなくよ!」フンッ

花陽「ねぇ、穂乃果ちゃん。私達も穂乃果ちゃんに救ってもらった内の1人なんだよ」

穂乃果「花陽ちゃんたちも?」

真姫「そうね。穂乃果が居たから今の私達がある」

凛「もちろん凛もだよ。こーんな楽しい毎日があるのは穂乃果ちゃんのおかげなんだって」

穂乃果「…みんな」ウルウル


27:2015/08/13(木) 13:42:38.38 ID:
真姫「それで、話は戻るんだけど穂乃果が生徒会長だと不安だって海未は言ったわよね?」

海未「穂乃果はそそっかしい面もあるので…」

ことり「言われてみれば確かに…」

真姫「だったら二人が穂乃果の事を支えてあげれば良いじゃない」

海未「私達がですか?」

真姫「今までだって、ずっとそうして来たんじゃないの?」

希「元気いっぱいで学校中に笑顔を振りまく穂乃果ちゃん」

希「そんな穂乃果ちゃんの右腕として海未ちゃんが」

希「二人のことを影からサポートすることりちゃん」

希「うん。結構バランスとれてるんやない?」


にこ「生徒会って定員人数とかってあるの?」

絵里「1クラス3人までっていう決まりはあるわね」

凛「じゃあ上限ピッタシだねっ!」

花陽「でも、まだ入るって決まった訳じゃないよね」


28:2015/08/13(木) 13:45:09.89 ID:
海未「私達が生徒会に…」

ことり「穂乃果ちゃんはどうしたい?」

穂乃果「え?」

海未「そうですね。穂乃果の意見を聞きたいです」

穂乃果「…もしも穂乃果が生徒会長やるって言ったら2人は入ってくれる?」

ことり「もちろん!」ニコッ

海未「私達は3人いつも一緒、そうでしょう?」ニコッ

穂乃果「ふたりとも…」ウルウル


29:2015/08/13(木) 13:48:59.42 ID:
希「どうやら話は纏まったみたいやね」

絵里「ええ。穂乃果が一人前になるまでもう少しの間、手を貸してもらうことになると思うけど」

希「これからの音ノ木坂を支えていく3人の成長を真近で見られるなんて最高やん?」

絵里「ふふっ。そうかもね」


穂乃果「私やるよ、生徒会長!やるったらやるっ!」

絵里「期待してるわね」

絵里「それじゃあまずは生徒会長選挙に立候補する所から始めましょうか」

穂乃果「…りっこうほ??」

絵里「立候補よ。校内で票を三分の一以上集めないと落選だから頑張ってねっ」ニコッ

海未「…そういえばそういうシステムでしたね」

穂乃果「う、海未ちゃんことりちゃん!!」

ことり「えーっと…穂乃果ちゃん!ファイトだよっ!」アハッ

穂乃果「そんなあああーーーー!!」ウワーン!


「「あはははは!!」」




おわり


30:2015/08/13(木) 13:52:11.79 ID:
短いけどこれで終わりです。
見てくださった方、ありがとうございました!


32:2015/08/13(木) 14:33:13.51 ID:
お疲れ様でした。


34:2015/08/13(木) 18:35:06.97 ID:
乙です




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1439435346/

→→もっとラブライブを読む←←