1:2015/08/16(日) 15:29:02.14 ID:
※キャラ崩壊





天海春香(※以下春香表記)「どうしたの、千早ちゃん?」

千早「ほら、私達も最近忙しくなってきたでしょ?」

春香「うん」

千早「それで、今は新しい人達も入ってきてプロデューサーもそっちをを見るようになって、私たちの事を見ることは減ってきたわよね?」

春香「うん」

千早「だから……その……たまにはまた私たちの事も構って欲しいな……と、思って……」

春香「なるほどね……ふふっ、千早ちゃんは本当にプロデューサーさんの事が好きなんだね!」

千早「いえ……別に……そういうのではなくて……でも、ただ少し寂しいなって……」

春香「ふふふ! そういう事なら、私も手伝うよ」

千早「春香……ありがとう」

春香「えへへっ!」

如月千早21


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1439706542

3:2015/08/16(日) 15:41:45.69 ID:
千早「それで、プロデューサーに構ってもらうにはどうしたら良いかしら?」

春香「普通にお仕事について来てもらうとか、レッスンを見てもらうんじゃダメなの?」

千早「……なんというか、こう……もっと意識して欲しいというか……もっと印象付けたいというか……」

春香「うーん……それじゃ、他の皆の真似をして、普段とは違う千早ちゃんを見せるとかは?」

千早「例えば?」

春香「んーと……あっ、ちょうどあずささんがプロデューサーさんの近くにいるよ! ちょっと覗いて、参考にしてみようよ」

千早「なるほど……どれどれ?」

 ゴソゴソ


5:2015/08/16(日) 16:01:24.47 ID:
P「……ふふっ」

あずさ「プロデューサーさん、何を楽しそうに見てらっしゃるんですか?」ヒョコッ

 ムニュッ

P「っ!? あ、あずささん!? あ、あぁ、えと……去年の皆で海に行った時の映像を見つけまして、懐かしいなぁと」

あずさ「あら~、懐かしいですね~。あっ、プロデューサーさん見て下さい! この時の律子さんが……」グイグイムニュムニュ

P「あっ、あぁはい、そそ、そうですね」

あずさ「あっ! この時の美希ちゃんが……」グイグイグイムニュムニュムニュッ

P「あ、あ、あ、あずささんっ……そのっ、せ、背中に、当たって……!」

あずさ「えっ? あ……あらあら……すみません、私ったら……///」

P「あ、いえ……その……役得というか、その……」

あずさ「あ、あらあら……///」

P「あ、あはは……」





春香「あれだよっ!」

千早「なるほど」


9:2015/08/16(日) 16:13:27.36 ID:
──────────

P「……ふふっ」

千早「プロデューサー、何を見てるんですか?」ヒョコッ

P「あぁ千早……去年の事務所対抗運動大会の映像を見つけてな。懐かしいなぁと」

千早「懐かしいですね。あっ、プロデューサー見て下さい! この時の高槻さんが……」グイグイ

P「あぁ、頑張ってるな」

千早「あっ! この時の高槻さんが……」グイグイグイ

P「うん、楽しそうだな。良い笑顔だ」

千早「……」グイグイグイグイ

P「……」

千早「……」ギューッ

P「……」

千早「……」グリグリ

P「……」

千早「……」

P「……」


10:2015/08/16(日) 16:19:22.57 ID:
春香「どうだった?」

千早「駄目だったわ……」シュン

春香「そっかぁ」

千早「ええ……」

春香「じゃあ次の手を考えよう!」

千早「ええ、そうね」


11:2015/08/16(日) 16:23:19.21 ID:
千早「次はどうしたら良いかしら?」

春香「うーん……あっ、ちょうど亜美と真美がプロデューサーさんの近くにいるよ! ちょっと見てみようよ」

千早「どれどれ?」

 ゴソゴソ


12:2015/08/16(日) 16:41:22.43 ID:
P「……」カタカタカタ

亜美真美「「兄ちゃ~ん!!」」ドタドタ

P「おっ、どうした2人とも?」

亜美「喰らえー! 亜美パーンチ!」バチッ

P「いたっ」

真美「いくぜっ! 真美キーック!」ベチッ

P「あだっ……こらっ! 亜美! 真美!」ガタッ

亜美真美「「きゃー! 逃げろ~!!」」

P「逃がすかっ!」ガシッ

真美「ぎゃー、捕まったー! お~か~さ~れ~る~!!」

P「変なこと叫ぶな! 仕事を邪魔する悪い子はこうだ!」コチョコチョ

真美「あ、アヒャアヒャアヒャハハハハ! 亜~美~! た、助けっ、きゃははははは!」

亜美「真美隊員、今助けに行くぞー! ぅおーりゃー!」

P「やらせるかっ! 2人まとめてこうしてくれるわー!」コショコショコショコショ

亜美「ぎゃー! 亜美もやられ、あははははははは!」

真美「にっ、兄ちゃ! もうっむ、り、あっはははは! らめぇ~~~!!」

P「おらおらおらー!」

亜美真美「「あっひゃっひゃっひゃっひゃっ!!!」」





春香「あれはどう?」

千早「なるほど」


13:2015/08/16(日) 16:58:56.38 ID:
──────────

P「……」カタカタカタ

千早「プ、プロデューサー……」

P「おっ、どうした千早?」

千早「ち……千早パ~ンチ!」バキイッ

P「ぐぁっ!?」

千早「ち、ち……千早キ~ック!」ベキイッ

P「がはっ!!」

千早「に、逃げろぉ~~……////」トテトテ

P「……待て千早」ガシッ

千早「きゃっ……つ、捕まっちゃった……////」

P「千早」

千早「は、はい……///」

P「正座」

千早「……はい」

P「さて……」

千早「……」ガクガクブルブル


14:2015/08/16(日) 17:00:23.48 ID:
春香「どうだった?」

千早「駄目だったわ……」シュン

春香「そっかぁ」

千早「ええ……」

春香「じゃあ次の手を考えよう!」

千早「ええ、そうね」


15:2015/08/16(日) 17:02:59.29 ID:
千早「次はどうしたら良いかしら?」

春香「うーん……じゃあ私がちょっとやってみるからそれを見てて」

千早「わかったわ」

 ゴソゴソ


16:2015/08/16(日) 17:12:43.35 ID:
P「……」カタカタカタ

春香「プロデューサーさん! おはようござ……って、きゃぁっ!?」コケッ

P「! 春香っ!」ガタッ

 ガシッ

春香「っとと……あっ、プロデューサーさん……抱き止め……///」

P「気を付けてな……もし春香の身に何かあったりしたら大変だからな」

春香「す、すみません……あと、ありがとうございます……えへへ///」





千早「なるほど」


17:2015/08/16(日) 17:24:28.25 ID:
──────────

P「……」カタカタカタ

千早「プロデューサー、おはようございます」スタスタ

P「あぁ、おはよう千早」

千早「……」

P「……? どうした?」

千早「すみません、やりなおします」クルッ

P「? あ、あぁ」

千早「プロデューサー、おはようございます」スタスタ

P「あ、あぁ、おはよう千早……」

千早「……」

P「……ど、どうだ?」

千早「すみません、もう一度」クルッ

P「お、おう……別に……」

千早「プロデューサー、おはようございます」スタスタ

P「お……おはよう……」

千早「……」

P「……だ、駄目か?」

千早「はい……出直してきます」トボトボ

P「そ、そうか……よくわかんないけど、頑張ってな」

千早「はい……」


18:2015/08/16(日) 17:25:38.64 ID:
春香「どうだった?」

千早「駄目だったわ……」シュン

春香「そっかぁ」

千早「ええ……」

春香「じゃあ次の手を考えよう!」

千早「ええ、そうね」


19:2015/08/16(日) 17:27:00.41 ID:
千早「次はどうしたら良いかしら?」

春香「うーん……あっ、ちょうど小鳥さんがプロデューサーさんの近くにいるよ! ちょっと見てみようよ」

千早「どれどれ?」

 ゴソゴソ


20:2015/08/16(日) 17:45:34.39 ID:
P「……」カタカタカタ

小鳥「……ぐふ、ぐへへ、でゅふふふ!」

P「……」カタカタカタ

小鳥「……あん! プロデューサーさん、駄目ですよ……隣の部屋にはアイドルの子達もいるのに……あっ、でも感じちゃうっ! 声出ちゃう~~、あぁ~~~ん!」

P「……」カタカタカタ

小鳥「はぁはぁはぁはぁはぁ……うっ! ふぅ……」プシャッ

P「……小鳥さん」カタカタカタ

小鳥「はぁ、はぁ……あ、はい? 何ですか? 今の妄想を実現させてもらえるんですか?」

P「いいから早く仕事して下さい」カタカタカタ

小鳥「ぴよぉ……」





春香「あれはどう?」

千早「なるほど」


23:2015/08/16(日) 18:11:18.34 ID:
──────────

P「……」カタカタカタ

千早「……ふふ、ふふふ」

P「……?」

千早「……はぁ……はぁ……んっ、プロデューサぁっ……! 駄目ですっ……私達はアイドルとプロデューサーで……隣には律子もいるのに……んん!」

P「!?」

千早「あっ! 駄目、そんなっ……激しっ! 声が……んあああぁぁぁーーー!!」ビクンビクン

 ガチャッ!

律子「千早!? プロデューサー!? 今の声……は……」

千早「はぁ……はぁ……」ビクンビクン

律子「……」

P「お、落ち着け律子……千早をよく見ろ……服もちゃんと着てるだろ? 俺は何もしてない。落ち着いて俺の話を聞いてくれ」

律子「……プロデューサー、ちょっとあちらで話を……」

P「!? ま、待て! 本当に俺は何も……! 千早が急に勝手に! 千早! 頼む、律子に言ってくれ!」

千早「はぁ、はぁ……」ピクピク

律子「……」

P「おい待て律子! 頼む待ってくれ! 千早、何か言ってくれ! 千早、千早あぁーーー!!!」ズルズル


24:2015/08/16(日) 18:12:30.71 ID:
春香「どうだった?」

千早「駄目だったわ……」シュン

春香「そっかぁ」

千早「ええ……」

春香「じゃあ次の手を考えよう!」

千早「ええ、そうね」


25:2015/08/16(日) 18:14:37.54 ID:
千早「次はどうしたら良いかしら?」

春香「うーん……あっ、ちょうど美希がプロデューサーさんの近くにいるよ! ちょっと見てみようよ」

千早「どれどれ?」

 ゴソゴソ


26:2015/08/16(日) 18:39:58.67 ID:
美希「ハニー! ハァーニィー!」

P「おお、どうした美希?」

美希「ミキね、今日お仕事がんばったよ? だからゴホービが欲しいの!」

P「あぁ、よしよし頑張ったな」ナデナデ

美希「むぅーっ」

P「あれ、頭撫でるのじゃ駄目だったか?」

美希「ダメじゃないけど、それだけじゃ足りないって思うな!」

P「それじゃ、一緒にご飯にでも行くか」

美希「ご飯の後は……?」

P「それ以上は、まず美希がもうちょっと大人になってからな」

美希「むぅー」

P「むくれないむくれない。ほら、仕事終わったからご飯に行こう? どこが良い?」

美希「ホントっ? んーと、そしたらそしたら……」





春香「あれはどう?」

千早「なるほど」


27:2015/08/16(日) 18:53:30.23 ID:
──────────

P「……」カタカタカタ

千早「あ、あの……」

P「……ん? あぁ、どうした千早?」

千早「あの……えと……」モジモジ

P「……どうしたんだ?」

千早「その……あの……///」モジモジ

P「……」

千早「は……は……は、ハニー!/////」

P「」

千早「……そ、その……私、今日仕事……頑張ってきましたから……えっと……////」モジモジ

P「」

千早「あの……ハニー……?///」

P「」


28:2015/08/16(日) 18:58:01.38 ID:
P「……!」ハッ

千早「……あの……ハニー……?」チラッ

P「……」

P「……千早」ガシッ

千早「はっ、はいっ! 何ですか……!?」

P「……結婚しよう」

千早「……!」

千早「……」ブワッ

千早「……はい……!」










HAPPY END


30:2015/08/16(日) 19:05:29.77 ID:
という訳で終わり

アニマスでちーちゃんに一目惚れしたのがアイマスに関わるきっかけでした
久しぶりに765で書けて嬉しいです
お姫ちんとかも書きたいなぁ

コピペssを書き始めて丸々1年が経ちまして、数も40を超えました
1年間もこんなコピペを読んでくれた人達、ありがとうございます!
これからも宜しくお願い致します


31:2015/08/16(日) 19:10:10.27 ID:

また書くんだぞ


32:2015/08/16(日) 19:26:18.49 ID:
乙!
次は50作を目標にな


33:2015/08/16(日) 20:11:05.73 ID:
そして結局小鳥さんの時のアレを実際にやってりっちゃんに怒られるのね
おつ




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1439706542/

→→もっとアイドルマスターを読む←←