1:2015/08/22(土) 16:01:57.28 ID:
~河原~

蛍「」グッタリ

れんげ「ほたるん……ほたるん」ユサユサ


夏海「うわー、マジどーすんのよコレ……流石にシャレになんないよこんなの」

小毬「な、なつみのせいだからね……橋から早く飛び降りろなんて煽るから」


夏海「はぁ?!わたしのせい??ねーちゃんだって横で見てて止めなかったでしょーが」

小毬「うぐ、それは……そうだけど」


夏海「だいたいねーちゃんでも出来たんだから、ほたるでも平気だって普通思うじゃんか」

小毬「だからその私でもってどういう意味よ!私でもって!」

夏海「ねーちゃんに出来るんならよちよち歩きの赤ん坊だってできるってことだよ!それくらいすぐに察してくれませんかねぇ、お姉さんなんだからさぁ!」

小毬「な、なんですってぇー!?」

なつみ「なにおうっ!!」


れんげ「二人ともちょっとしずかにするのん!!」

小毬「!」
夏海「!」

蛍「」

一条蛍


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440226917

2:2015/08/22(土) 16:02:39.19 ID:

れんげ「いまはそんな言い争ってる場合じゃないのん、なんとかしないとほたるんが……ほたるんが」

蛍「」


小毬「そ、そう……だよね、うん……まだきっと私たちに出来ることがあるはず」

夏海「でもさぁ、ほたるんもう息してないじゃん、何ができるっていうのさ……」


小毬「ぅ、だから……こういうときは、その……えっと」


れんげ「ウチ……こういうのテレビで観たことあるのん、こういうときは…」

夏海「こういう」
小毬「ときは?」


れんげ「心臓マッサージするのん!」

なつみ「なるほど!心臓マッサージかぁ!!」

小毬「えっ、えっ?」



3:2015/08/22(土) 16:03:17.91 ID:

れんげ「こう、体をぐっと押すとポンプみたいに口からぴゅーって水が出てくるはずなのん」

小毬「そうなの?」

夏海「ああーなるほど、ってれんちょんそれアニメの見過ぎだって、そんなのホントに出来るわけないじゃん」


小毬「なんだ、アニメの話か……びっくりした」

夏海「ねーちゃんさ、こんなので騙されるとか大丈夫?なんか心配になってくるわ」

小毬「べ、べつに騙されてなんてないし、ただちょっとれんげに乗ってあげたというか……なんというか」



4:2015/08/22(土) 16:04:14.37 ID:

れんげ「つべこべ言わずに、とにかくものはためしなのん!」

れんげ「えっと……たしかこう、手の甲の上にもう片方の手をのせるカンジで」スッ

蛍「」

夏海「へぇ~」

小毬「ほぅほぅ」


れんげ「お、おぉ!」

夏海「なんだ?!どうかしたのかれんちょん!」


れんげ「……ほ、ほ」

小毬「ほ?」

れんげ「ほたるんの胸、ものすごくおっきいのん」フニフニ

蛍「」


夏海「ちょっ、れんちょん今それ関係ないでしょうが!!」

小毬(……やっぱり、大きいのか)スカッスカッ



5:2015/08/22(土) 16:05:03.30 ID:

夏海「マジメにやりなよれんちょん」


れんげ「いやでもでも、このなんともいえないふっくらとした、なめらかな触り心地は……なんとも、なんともいえないのん」フニフニ

蛍「」


小毬「もうれんげ、今そんなふざけてる場合じゃ」

夏海「……ほぅ、れんちょんにそこまで言わしめるとは……どれどれ私も」

小毬「ちょっと!夏海までなにやって」


夏海「おっほーー、確かにこれは……小学生でこの触り心地とはなんとも……うひゃー」モミモミ

れんげ「柔らかくてクセになりそうなのん…」フニフニ

蛍「」


小毬「……………」

れんげ「こまちゃんも触りたいん?」

小毬「べっ、別に私はそんな……てかこまちゃんゆーな!!」



6:2015/08/22(土) 16:05:52.88 ID:

蛍「」

小毬「うわ、なにこれ………何したらこんな大きくなんのよ」サワサワ

れんげ「やっぱり都会の人間は違うのんな」フニフニ

小毬「あれか、食べてるものが違うのか……環境の差なのか」サワサワ

夏海「てかねーちゃん結局触ってるし」モミモミ

小毬「うっさい、流れでなんとなくこうなっちゃったの!」


れんげ「?……ていうかウチらなんでほたるんの胸もんでるん?」フニフニ

夏海「?……さぁ、なんでだっけ」モミモミ


小毬「……………あっ」サワサワ



小毬「ちがう違う!だからほたるんが橋から川に飛び込んで溺れたんだってばーっ!!」

夏海「そぉおだった!!胸に気を取られてすっかり忘れていたーっ!!」

れんげ「まさにほたるんは ましょーのおんななのんっ!!」



蛍「」




7:2015/08/22(土) 16:07:17.47 ID:

小毬「は、はやく心臓マッサージ!心臓マッサージ!」

れんげ「わかったのん!えっと……うんしょ、うんしょ」グッグッ


夏海「どう?れんちょん」

れんげ「だめなのん、ほたるんぜんぜん口からぴゅーってお水出さないのん」

夏海「だからそれはアニメの話だってば!」

小毬「はやく目を覚ましてよほたるぅー!」


蛍「」



8:2015/08/22(土) 16:08:21.47 ID:

れんげ「こうなったらもう、最後の手段をつかうしかないのん……」

夏海「最後の手段って、なんなのさ……れんちょん」

小毬「……それって、まさか」


れんげ「それはもちろん、皆さんご存知の………まうすちゅーまうす」

夏海「………マウス、チュー」

小毬「マウ、ス……」

れんげ「なのん」


蛍「」



9:2015/08/22(土) 16:09:30.06 ID:

夏海「……私パス」ススッ


小毬「ちょ、夏海!なに勝手に一抜けしてんのよ!!コラー!」

夏海「えー、だってぇ……人口呼吸でしょー?ほたるんとそういうのって夏海ちゃん的にありえないっていうか、ムリだし」


小毬「だから、そんなこと言ってる場合じゃないんだってば!」

夏海「じゃあねーちゃんやればいいじゃん、そんなにやる気あるならさ」

小毬「えっ?!……あ、いや……でも、そういうのってやっぱ大事というか、なんというか……ほたるもイヤがるかもだし」


夏海「…………なーに顔赤くしちゃってんのさ、もしかしてねーちゃんって」

小毬「ちっ、ちがうわいっ!そういうんじゃないっての!!もう!年上をからかうなーっ!!」



10:2015/08/22(土) 16:10:51.52 ID:

れんげ「もー、二人とも度胸がないのんなー」


小毬「だったられんげやってよ、言い出しっぺなんだし!」

れんげ「ウチはマッサージやったから一回お休みなのん」

夏海「あっ、ずりぃーれんちょん、きったねー」


れんげ「もう、しかたないからもうアレで決めちゃうのん」

夏海「アレ?アレって……ああアレね」

小毬「よ、よーし……それならまぁ」


れんげ「じゃあいくのん」

夏海「よしこいっ!」



11:2015/08/22(土) 16:11:40.44 ID:

れんげ「………ど~ち~ら~に~し~よ~お~か~な~」

夏海「っ!」
小毬「………」ゴクリ

れんげ「て~ん~の~か~み~さ~ま~の~い~う~と~お~りっ」ピッ

夏海「げげっ」

小毬「よし!」


れんげ「……な~の~ん!」ビシッ

小毬「…………えっ!?」

夏海「っしゃあぁあっ!!夏海ちゃん大勝利の巻ぃ!!」グッ


れんげ「はい、こまちゃんがほたるんにまうすちゅーまうす決定なのん」

小毬「ちょ、まっ……なんか最後余計なのついてなかった?!そんなのアリ?!」

れんげ「ありなのん、ウチはいつもこうしてるのん」

夏海「だよねー、いやー神サマのいうとおりじゃ仕方ないねーねーちゃん、というわけで」

小毬「……ぜんっぜん釈然としないんだけど、なにこれ!!」



12:2015/08/22(土) 16:12:49.21 ID:

夏海「いやいやいや、ねーちゃんも勝負受けたんだから悪あがきは良くないよー?素直に負けを認めなって………子供じゃあないんだからさぁ」ヤレヤレ


小毬「ぐっ…………あぁもう分かったわよ!やればいいんでしょやればぁ!……ったく、もう」

夏海「いよっ!ねーちゃん流石日本一ぃ!」

れんげ「こまちゃんさすが、大人なのん!」


小毬「だからこまちゃんって、まぁいいや……大人ってとこに免じて許したげる」

夏海「うへぁ、ねーちゃんってば相変わらずチョロすぎ…」ボソッ


小毬「あぁ?なんか言った?」

夏海「べっつに~?」


蛍「」



14:2015/08/22(土) 16:13:50.87 ID:

小毬「………けど、ねぇホントにするの?」

夏海「なに?さっさとしなよねーちゃん、このままじゃ日が暮れちゃうってば」

れんげ「このままじゃほたるん死んじゃうかもしれないのん、ほたるんの命はこまちゃんにかかってるのん!」


小毬「で、でもこれって……やっぱり、キス……」

夏海「……あーまぁあれだよ、女同士なんだしノーカンだよノーカン、それに一応人命救助なんだしさ」


小毬「そ、そうだよね……うん、蛍を助けるためだもんね……ノーカン、ノーカン」

蛍「」

小毬「あぅ……の、ノーカンだから……ごめん、ほたる……っ///」ググッ

れんげ「おぉ」

夏海「おおぉ…」


蛍「」



15:2015/08/22(土) 16:16:06.34 ID:


蛍「………ぶごっ!げほっごほっ!げほぁあっ!!」ブシャァアッ

小毬「ぶっ?!ギャーーーーー目っ!目がーー!目に水がーーーーっ!!」ゴロゴロゴロ


夏海「おおおぅ!ぎりぎりのとこでほたるんが水を吐き出したぁ!!」

れんげ「おぉーっ!やっぱり、ウチの心臓マッサージがきいたのんな!」


小毬「目がーーっ!目がーーっ!」ゴロゴロゴロゴロゴロゴロ


蛍「げほっ!ごほっ!……う、うぅ……い、いったい何が……あれ?あたし、どうして」

夏海「大丈夫かほたるん!よかったーー!無事でなによりだよ!」ヒシッ

れんげ「よかったのんなー!」ヒシッ


蛍「え、えっ?夏海センパイ……それにれんちゃんも、いったい何の話を……」

夏海「ああ、まぁ気にしない気にしない、別に大したことじゃないから」

蛍「は、はぁ……??」


小毬「うぎゃーーーっ!!」ジタバタ

れんげ「こまちゃん……ざんねんな子」



16:2015/08/22(土) 16:24:56.41 ID:
~その後~

夏海「じつはカクカクしかじかで、こういうことなんだけど……」


蛍「そ、そんな……ひどい、ひどすぎますよっ!!だって……グスッ、う」

夏海「ご、ごめん……やっぱり怒ってるよね?……でもちゃんと謝ったんだからかーちゃん達にはナイショにして……」


蛍「うわーーーーんっ!!センパイとのまうすちゅーまうすがーーっ!!」ビャービャー

夏海「えっ、そこなの?」


れんげ「じつはこういう川の水には脳みそをドロドロに溶かすアメーバがすんでることがあるらしいのん」

小毬「ちょっ!いまそんな話しないでよ縁起でもない!」



おわる


17:2015/08/22(土) 16:25:38.01 ID:
イモムシ

依頼出す


18:2015/08/22(土) 16:42:39.62 ID:


寸止めか…ちっw


21:2015/08/22(土) 18:43:50.76 ID:
なんでのんのんSSはどっか狂った奴しかないんだ




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440226917/

→→もっとのんのんびよりを読む←←