1 : ◆atfBucY6jE 2015/05/02(土) 09:57:33.03 ID:jUIigOyQ0
P「…へっ?」

志希「いや~、偶然出来たんだけどね~。退屈だから事務所の飲み物に」

P「おいっ!」

志希「にゃはは~。怒らない怒らない。それよりも早くなんとかしないと…どうなるかにゃ~?」

P「くそっ!」

バンッ

志希「にゃはは、もう遅いと思うけど。…あたしも飲んじゃったし♡」 

一ノ瀬志希11


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430528243



2 : ◆atfBucY6jE 2015/05/02(土) 10:24:16.44 ID:jUIigOyQ0
P「皆!」 バンッ

凛「どうしたのプロデューサー?」

卯月「何かあったんですか?」

未央「あー、美味しい」

P「お、遅かった」 ガクッ

夕美「えっ?」

友紀「プロデューサーも飲みたかったの?」

P「いや…別に」

P(なんて説明すれば…)

美波「ど、どうかしたんですか?」

アナスタシア「プロデューサー?」

P「い、いや。何でもないよ」

P(よ、よかったー) ホッ

かな子「プロデューサーさんも飲みますか?」

美穂「美味しいですよ」

P「いや、俺はいいよ」

ちひろ「そうですか」

P(志希…冗談だったのか?)

P「営業、行ってきます」







3 : ◆atfBucY6jE 2015/05/02(土) 10:28:17.49 ID:jUIigOyQ0


美波「…ハァ、ハァ」 もぞもぞ

美波(む、胸が張って苦しいです///)


美穂「~~っ///」 プルプル

美穂(か、体が熱い///)


夕美「~~///」 むにゅ

夕美(Pさん、Pさん///)



29 : ◆atfBucY6jE 2015/05/02(土) 16:25:31.35 ID:jUIigOyQ0
次の日

未央「…」 モジモジ

美波「…///」

卯月「…」 ボー

P「おーい」

シーン

P「…おーい!」

凛「!?」

友紀「わっ!?」

P「どうしたんだ?ボーッとして。レッスンに行く時間だぞ」

美波「えっ?す、すいません。すぐに準備します」

夕美「ごめんなさい」

ドタバタ

P「まったく」 ハァ

志希「にゃはは。イライラすると体によくないよ~。これでも飲んで」 スッ

P「牛乳?頂くが」

ゴキュゴキュ

志希「どうかな?どうかな?」

P「何か変わった味だな?」

志希「そ、そうかな~?」

P「じゃあ、行ってくる」

志希「いってら~」



31 : ◆atfBucY6jE 2015/05/02(土) 16:32:28.16 ID:jUIigOyQ0
トレーナー「はい。ワン、ツー」

美波「はぁ、はぁ」

美穂「はぁ…んっ///」

夕美「…んっ///はぁ」

P「…」

P(何かおかしいな。皆、調子が悪い)

トレーナー「皆さん、どうしました?動きが悪いですよ」

凛「ご、ごめんなさい」

アーニャ「はぁ///はぁ///」

P「…」


その頃 事務所

晴「…」 チビチビ

愛梨「美味しいですね♪」

志希「そうでしょ、そうでしょ♪」

レナ「ごちそうさま」

聖來「美味しかったー」

ちひろ「…」 ボー




32 : ◆atfBucY6jE 2015/05/02(土) 16:40:14.13 ID:jUIigOyQ0
P「今日一日、皆の調子が悪かったな」

P(息が荒かったり顔が紅いが熱でもない。…まさか志希の…まさかな)


その頃


トレーナー「これは?」

志希「にゃはは。志希にゃん特性の栄養ドリンクだよ」

トレーナー「貰ってもいいんですか?」

志希「どうぞどうぞ。姉妹で仲良く飲んでね~♪」

トレーナー「わかりました。ありがとうございます」

志希(ふっふっふっ)





59 : ◆atfBucY6jE 2015/05/03(日) 21:02:57.82 ID:cszSYkpP0
P「えっ?今日のレッスンは中止?」

トレーナー「す、すいません。昨日の夜から気分が悪くて」

P「わかりました。お大事に」

トレーナー「ありがとうございます。では」

ガチャ

P「…アイドル、トレーナーさん、ちひろさん…何で皆調子が悪く…感染病なのか?」

P「…嫌な予感が当たらなければいいんだが」




75 : ◆atfBucY6jE 2015/05/03(日) 22:16:34.54 ID:cszSYkpP0
ガチャ

未央「お、おはよー」

P「おはよう未央」

未央「ぷ、プロデューサーだけ?」

P「ちひろさんは体調不良で休みだ。それから今日のレッスンは休みだ」

未央「えっ?なんで?」

P「トレーナーさんが体調不良だ」

未央「そ、そうなんだ」

P「…顔が赤いぞ。それに顔色も悪い。病院に行くか?」

未央「だ、大丈夫///」

P「そそうか」

未央「うん」 ハァハァ

P「…おい、息が荒いぞ。やっぱり」

未央「ち、違うの!…プロデューサー」

P「なんだ?」

未央「そ、その相談が///いいかな?」

P「いいぞ」



76 : ◆atfBucY6jE 2015/05/03(日) 22:45:29.90 ID:cszSYkpP0
ガチャ バタン

P「で、話って?」

未央「…」 スーハー

未央「ぷ、プロデューサー///」

未央「こここ、これ、見て!///」 バッ

P「!?///」

P「み、未央!ななな、何を?///って!」

未央「わ、私///一昨日の夜から胸が張って痛くて何故か…ぼ、母乳が///」

P「ま、まさか」

未央「そのせいでレッスン中でも胸が痛くて」 ポロポロ

P「…未央。この前、ジュース飲んだよな?」

未央「う、うん」

P「それに志希が母乳の出る薬を入れて…」

未央「えっ?!」

P「志希に言って治す薬を作ってもらうから少し待ってくれ」

未央「…む、無理だよ。自分で絞ってもすぐにまた」 グスッ

P「ちょっと待ってろ」 ピピピ







77 : ◆atfBucY6jE 2015/05/03(日) 22:51:59.16 ID:cszSYkpP0
ガチャ

志希「おっはー。なにかなプロデューサー?」

P「志希!お前のせいで未央が大変なんだぞ!」

志希「おっ、その様子だと効いてきたみたいだね~」

P「早く治療薬を作れ!このままじゃレッスンも厳しいんだぞ」

志希「はいはい、少し待ってね~」

P「今も苦しんでるんだぞ」

志希「う~ん。抑える方法を教えようか?」

P「なにっ!?」

志希「母乳を絞ればいいんだよ。ただし感じさせること♪」

P「…は?」

志希「じゃあ頑張ってねー。にゃはは~♪」 プツン

P「お、おい。志希!切れた」

未央「ぷ、プロデューサー」

P「み、未央。絞れば少しは楽になるみたいだぞ」

未央「う、うん。それでプロデューサー…その///絞ってくれない///」

P「」



81 : ◆atfBucY6jE 2015/05/03(日) 23:11:45.45 ID:cszSYkpP0
P「なななななな…何を言ってるんだ~!」

未央「だ、だって自分で絞るの大変だし///」

P「け、けどな。男に絞ってもらうなんて、恥ずかしいだろ?卯月や凛に頼むのは?」

未央「こんなの頼めるわけないじゃん!」

P「ぐぅ」

未央「だ、だからお願い///」

P「…ほ、本当にいいんだな?」

未央「///」 コクっ

P「わ、わかった。俺はどうすれば?」

未央「そ、そこに座って」

P「わかった」 

未央「し、失礼します///」

P「み、未央」

未央「は、恥ずかしいから背後から///」

シュル パサッ カチっ ぷるーん

未央「~///」

P「~っ///」

P(こ、これは) ゴクッ

未央「じゃ、じゃあ…お願いします///」

P「わ、わかった」



82 : ◆atfBucY6jE 2015/05/03(日) 23:20:59.83 ID:cszSYkpP0
P(で、でもどうやって絞れば?つ、強くしたら痛いだろうし…や、優しく)

むにゅ

未央「んぅ///」 ピクっ

P「っ///」

むにゅ ぐにゅ むにゅん むにゅ

未央「んっ♡はぁ、はぁ///」

P(無心、無心)

ぐにゅぐにゅ むにゅん 

未央「~っ///ぷ、プロデューサー♡も、もっと強く絞らないとで、出ない///」

P「わ、わかった」

ぐにゅ ぐに むにゅ ぐにゅん

未央「~///ふぁ♡ん~///」

ぷくぅ

P(で、でた)

むにゅ ぐにゅ ぎゅー ぐにゅん

未央「ぷ、プロデューサー///」

P「…」

ぎゅー ぎゅー ぐにゅ

未央「お、お願い///ち、乳首もいじって♡」




83 : ◆atfBucY6jE 2015/05/03(日) 23:28:27.14 ID:cszSYkpP0
P「…」

むにゅ ぐにゅ くり こりっ

未央「~~っ♡」 ビクン スリスリ

P「み、未央!」

P(お、お尻をこすりつけるな。無心、無心だ)

ぐにゅ むにゅ くりっ ぎゅー

未央「ぷ、プロデューサー♡」

P「…」

ぎゅー きゅー くりっ

未央「~~っ!///」

ぷしゃ

未央「~~~♡」 ビクン

P「で、でた!」

未央「…」

P「み、未央」

未央「はぁ♡はぁ♡プロデューサー///」

P「ど、どうだ。楽になったか?」

未央「えっ?…!う、うん//」

P「これで大丈夫だな。今度からは…」

未央「ま、またお願いするね///じゃあ!」

ガチャ バタン

P「…」

P「あっ、拭かないと」



84 : ◆atfBucY6jE 2015/05/03(日) 23:30:00.07 ID:cszSYkpP0
未央「~///」

タタタ

未央(気持ちよかった♡で、でも私…~っ///)



146 : ◆atfBucY6jE 2015/05/06(水) 20:16:58.25 ID:3xTQS+oa0
P(あれから志希に薬を作るように言ってるんだがまだなのか?)

P(しかも志希のやつ…トレーナーさん達にまで飲ませたとは…)

P(色々と問い詰めてみたらちひろさんにまで飲ませて…志希は飲んでないよな?)

P「あー!こんなのがパパラッチにバレたらどうなるんだ?」 ガクッ

P「…未央はあれから頼んでこないから大丈夫なんだな」

「何がですか?」

P「何がって未央の胸を絞って母乳を出すことだよ」

「えっ?」

P「…」 ピタッ

P(あれ、俺は誰と話してるんだ?) クルッ

美波「ぷ、プロデューサーさん///」

P「み、美波」



147 : ◆atfBucY6jE 2015/05/06(水) 20:35:17.27 ID:3xTQS+oa0
美波「プロデューサーさん、今の話…本当なんですか?」

P「えっ?いや、その…あ~」

美波「未央ちゃんも母乳が」

P「あ~その事で説明が」

P説明中

P「って事なんだ。全部志希が悪いんだ」

美波「そ、そうだったんですか」

P「それで未央に頼まれて…その、まぁ」

美波「…」

P「す、すまん。皆には黙っててくれ。何でもする!」

美波「…本当ですか?」

P「…」 コクっ

美波「じゃあ私の胸も絞ってください!///」

P「…」

P「…へ?」



149 : ◆atfBucY6jE 2015/05/06(水) 21:05:05.28 ID:3xTQS+oa0
P「な、なんで俺に頼むんだ?」

美波「だって未央ちゃんだけずるいです///」

P「」

美波「それとも私の胸じゃあダメですか?」 うるうる

P「そ、そんな事は」

美波「それに何でもするんですよね?///」

P「…わ、わかった」


P「そ、それでどう絞れば?未央みたいに背後から絞ればいいのか?」

美波「…しょ、正面からお願いします///」

P「わ、わかった///」

美波「で、では///」

シュル パサァ ぷりん♪

美波「お、お願いします///」






150 : ◆atfBucY6jE 2015/05/06(水) 21:26:55.66 ID:3xTQS+oa0
むにゅ むにゅん ぐにゅ ぎゅー

美波「んっ♡はっ///Pさん、もっと///」

P「わ、わかった」

P(お、俺はなんでアイドルの胸を揉んでるんだ?志希には今度キツいお仕置きだ!)

ぐにゅ むにゅ ぎゅー ぐにゅん くりっ

美波「~っ♡Pさん、乳首ももっと弄ってください♡」

くりっ こりっ ぎゅー ぐにゅぐにゅ

美波「Pさ~ん♡もっと揉んでください///」

P「…」

ぐにゅん ぐりゅ くりくり こりっ

美波「嬉しいです///私の胸を夢中で揉んでくれて♡幸せです///」

ぐにゅ むにゅん くりっ ぷくぅ

美波「ふぁ♡出ちゃいます♡美波、Pさんに絞られてミルク出ちゃいます♡」

ぐにゅ ぐりゅ ぎゅー くり こりっ ぐにゅん

美波「~~~っ♡♡」

ぷしゃ

P「うわっ!」

美波「ん~~~♡で、出ちゃいました♡Pさん///」 ギュー

P「み、美波…その絞り終わったからか、隠してくれ///」

美波「…」 む~

P「み、美波?」

美波「…」 ちゅっ

P「!?///」

美波「Pさん、また私の胸絞ってくださいね♡」



154 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/06(水) 22:07:58.15 ID:wZoNE2ow0
乙みなみんエロい!

のあも書いて欲しいな



159 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/09(土) 02:51:18.45 ID:v9U1NEDU0
おっつおっつ
脱いだら凄い雪乃さんの搾乳ならちょっと見たいかも



160 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/09(土) 10:38:43.61 ID:3a2LR5WXO
早苗さんはよ



161 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/09(土) 10:46:37.95 ID:Z3/07iZm0
楽しみ




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430528243/

→→もっとアイドルマスターシンデレラガールズを読む←←