1:2015/08/25(火) 23:22:12.42 ID:
竜華「…は?」

セーラ「…えっ?」

怜「……ちんちん!」

竜華「…っもっかいだけ言わせて。……は?」

怜「…ち、ちんちん…?」

セーラ「と、怜!?ど、どうしたんや!?」

怜


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440512532

2:2015/08/25(火) 23:24:03.37 ID:
怜「ちんちん!ちんちん!」

竜華「と、怜…。それは女の子が連呼しちゃあかんよ?」

セーラ「そ、そうやぞ!」

怜「ち、ちんち…ん…?」

竜華「あ、あかん」

竜華「怜がちんちんしかいわんなった…」

セーラ「竜華もサラッと言うなや!」



3:2015/08/25(火) 23:27:06.38 ID:
怜「ちんちん…ちんちん!」

竜華「う、うわぁぁん!!怜ィ!!」ピーギャー

セーラ「り、竜華!泣くなや!」

セーラ「と、とりあえず憩のところに行こ…な?…な?」

竜華「…グスッ……うん…」

怜「ちんちん!!」

セーラ「と、とりあえず怜は喋らんほうがええぞ」

怜「ちんちんちんちん!」

竜華 セーラ「あ、あかん」


4:2015/08/25(火) 23:30:43.14 ID:
ーーーーーーーー移動中バス内

セーラ「あー…めんどうなことになってもうたわ……」

竜華「……う…グスッ……」

セーラ「もう泣くのはやめや!」

怜「ちんちん!!!!」

セーラ「ちょっ」

客「えっ?今あの子……」

客2「あの子なに公衆の面前で下を言ってるのかしら?」

竜華「あ……これ…気まずいやつや……」

セーラ「……っっっ!」

怜「ちんちん!!」


5:2015/08/25(火) 23:34:24.58 ID:
憩「……んで?要件はなんや……?」

セーラ「…その…あの…と、怜が…そ、その」

憩「なんや……もったいぶらずにはよ言っとくれ」

竜華「…と、怜が!!」

憩「うん」

怜「ちんちん!!」

憩「」

セーラ「暴露する前にゆうてもた」

怜「ちんち、ちんちん!!」

憩「」

竜華「病院内ではしーな…怜。」

怜「ちんちん…」

憩「えっー…と」


6:2015/08/25(火) 23:37:03.00 ID:
憩「怜がちんちんしか言わなくなったと…」

セーラ「そうや。つか女の子なんだからそんな軽くちんちんとか言わんほうがええで」

憩「は、はぁ…。まあ、でも病状わかったで」

竜華「…!…ほんまか!!」

憩「あぁ。この病気…それは『ペニス病』や!」

竜華「」

セーラ「」


7:2015/08/25(火) 23:39:59.91 ID:
竜華「…『ペニス病』…?」

憩「そうや。誰か怜に膝枕とかいっつもしてるやろ」

セーラ「そ、それなら竜華がしとるで」

憩「やっぱり。これ、はっきり言っていいのかわからんが…飽きたんや」

竜華「…………えっ?」

憩「………………飽きた」

竜華「……………………何に…?」

憩「……膝枕」

竜華「」フラ

セーラ「り、竜華ァ!」



8:2015/08/25(火) 23:41:48.95 ID:
憩「簡単に言うと、膝枕に飽きた怜は別の快感を求めてるんや…それは女の子と女の子がやってもたかが知れてる気持ち良さや…」

セーラ「と、言うと…」

憩「怜は男のちんちんを求めてるんやな」

怜「ちんちん!!」

セーラ「」

竜華「」


9:2015/08/25(火) 23:47:06.21 ID:
憩「怜が男の子とエッチできたら治るで。この『ペニス病』」

竜華「そ、そんなんいややぁぁ!!怜が男の子とエッチするとこなんて見とうない!!」

憩「いや普通は見ないし見せない」

セーラ「酷いで…怜ィ…。竜華を裏切って他の男とヤりたいやと…?」

憩「竜華男じゃないよね?あと女の子が軽々しくヤるとか言わんほうがええで」

竜華「私以外とヤるなんて……想像できひん」

憩「何その怜とヤったことがあるみたいな発言」

セーラ「怜…フナQともヤるって言ってた時もあったな……」

竜華「フナQ潰すぞ!」

憩「あかん…突っ込みきれへん」



10:2015/08/25(火) 23:50:18.13 ID:
憩「あ、次の客入ってきたけどそこにいてええで。落ち着くまでやけど…」

竜華「うん…」

小鍛冶「あの〜、結婚相手ください…」

憩「お見合いでも言っとけ。そんなに相手が欲しいならここに来ないで逆ナンでも吹っかけとけどあほ」

小鍛冶「そ、そんなぁ〜」

憩「さ、帰った帰った…タダでさえいま修羅場を迎えとんのに」

小鍛冶「しゅ、修羅場!!?」


11:2015/08/25(火) 23:53:02.14 ID:
憩「ほら」

怜「ちんちん!!ちんちん!」

小鍛冶「この子千里山の怜ちゃんじゃないですか」

憩「そうなんやけど…『ペニス病』にかかってしまって…」

小鍛冶「あ〜『ペニス病』ですね。弟がかかってました。」

竜華(な、なんや…?この『ペニス病』が当たり前みたいな世界…しらん私らが異常みたいな…)


13:2015/08/25(火) 23:57:34.42 ID:
憩「ていうか、弟が『ペニス病』だなんて…どうやって直したんですか?」

小鍛冶「いや、お父さんが……ね///」

憩「何やってんだ小鍛冶家」

竜華(何やってんだ小鍛冶家)

セーラ(何やってんだ小鍛冶家)

怜「ちんちん!!」

小鍛冶「弟が、《ちんちん!ちんちん……ちんちんんんーー!!》みたいにイった声がやばかったよ!」

憩「そんなホモ事情どうでもいいんで」

小鍛冶「あ、なら私の弟を呼びます?童貞ですし、お互い卒業できていいんじゃないかと」

竜華「…!そんなしらん男のちんぽなんて入れられるかぁ!少しものを考えてから言えやあほ!」


14:2015/08/26(水) 00:02:02.29 ID:
小鍛冶「…!だ、だったら怜ちゃんに好きな人とかいるの?」

竜華「…そ、それは…」

セーラ「知り合いどころか、男の友達すらおらへんよな」

小鍛冶「ほらみろ!やっぱり私の弟にヤらせないと治らないんだ!」

憩「いやあんたの弟じゃなくても治るんで」

小鍛冶「で、でも男友達すらいないようじゃ、一生処女だし結婚できないな!私と一緒だ!」

憩「いまさりげなく自分も処女だって暴露しましたね」

小鍛冶「そ……///」

竜華「あ、あかん……話が進まん……」

小鍛冶「あ、でも私男の子で、高1の人知ってるよ!」

竜華「だから、やらせたくないんや!」



15:2015/08/26(水) 00:07:15.03 ID:
小鍛冶「でもヤらせないと治らないよ?一生怜ちゃんがちんちん言ってたら本当に処女で終わっちゃうよ人生」

竜華「……ぐっ!」

セーラ「……正論や。竜華…怜のことが好きだったら…怜の幸せも考えろよ…」

憩「感動するけど話してる話題が相当ゴミやぞ」

怜「ちんちん!!」

竜華「……わかった。おい小鍛冶…その知り合いの場所はどこや」

小鍛冶「そのおい小池みたいなノリで言わないでー!…えっとね…長野県の清澄高校の麻雀部の須賀君って人」

竜華「……その人なら怜を幸せにできるんやな……」

セーラ「…突っ込みたいけどダルっ」

憩「怜が須賀君って人のこと好きでない限り幸せの方向にはいかないし、しかも須賀君のやってることレイプやぞ」



16:2015/08/26(水) 00:10:26.84 ID:
竜華「ま、なんとかなるで…」

セーラ「んやな」

竜華「おい小鍛冶……汽車代よこせ」

小鍛冶「そんな口聞いてるとプロになったら私にボコボコにされるよ?」

竜華「ふん…いま胸糞悪いんよ…しかも小鍛冶程度なら余裕で勝てる」

小鍛冶「おいおい…まあいいや、怜ちゃんを治してあげてね」ジャラシャラ

セーラ「これから強姦する上に強盗か…」

憩「いやうまくないで」

セーラ「大阪ジョークや!」



20:2015/08/26(水) 00:50:07.28 ID:
憩「んじゃ、次の患者きてるんで、はよいってき!」

セーラ「おう!絶対怜の『ペニス病』を治すかんな!」

竜華「う、うぅ…怜の処女が、処女がぁ……」

怜「ちんちん!」

小鍛冶「私もいこーかなー?」

憩「あんたはここに残って下らん雑談をした罰で働いてけ」

小鍛冶「個人ランク2位無勢が調子に乗るなよ」

憩「なんなら今すぐ対局してもいいんだけど……?」

小鍛冶「ふっ……望むところだ」

竜華「い、行ってきます」

怜「ちんちん!!」



21:2015/08/26(水) 00:54:24.17 ID:
ー清澄高校ー

竜華「ここが清澄高校…」

セーラ「正面から入ってもええんやろか?」

竜華「まあ、ええやろ…」

セーラ「えっ…?本当にええんか?このまま捕まったら、ちんちん言う女と学ラン着てる女子ときちがいやぞ?」

竜華「なんで私がきちがいなん…?」

セーラ「女の子の処女を自分が奪うとか完全にきちがいやん!!」

竜華「な、なにを!?せ、セーラだって女子なのに学ラン着ちゃって!今風のファッション?無様ねぇ!」

セーラ「か、完全にキャラが崩壊しとる……」




咲「あ、あれ?あれって大阪の……」


22:2015/08/26(水) 00:57:07.88 ID:
怜「ちんちん!?ちんちん!!」

竜華「ばっ!ばか!」

清澄女子「な、何あの子。バッチいわ」

清澄男子「うわー!女がちんちんとか言ってるぞ!」

セーラ「ま、まずいことになってへんか!?」

咲「あ、あのー。」

竜華「…ん?」

咲「あー!やっぱり千里山の大将さん!」

セーラ「…えっ?…はっ?」


23:2015/08/26(水) 00:59:49.61 ID:
咲「私、清澄高校の麻雀部次期部長を務める予定の宮永咲といいます」

竜華「えっ?あ…あぁ。どうも…」

セーラ「宮永?宮永ってどっかで聞いたことが…」

咲「あっ…それ……お姉ちゃんだと思います」

竜華「宮永ってあの白糸台の!?」

咲「はい。宮永照の妹です」

セーラ「どっひゃぁ!こんなところですごい人にあってもうたな!」

怜「ちんちん!!!」

咲「」


24:2015/08/26(水) 01:01:54.89 ID:
竜華「」

セーラ「」

咲「えっ…あっ…そちらの方は…園城寺…さんであってますか?」

怜「ちんちん!!!」

咲「ち、ちんちん…?」

竜華(あかん)

セーラ(こりゃ不味いわ)

咲「へぇ!園城寺さんの下の名前ってちんちんって言うんですか!」

竜華「」

セーラ「」


25:2015/08/26(水) 01:04:47.03 ID:
怜「ちんちん!!!」

咲「へぇ…自分の名前がちんちんなんて…珍しいですね…!」

竜華「いや…あの…その子は園城寺怜やで?」

咲「えっ?でもこの人ちんちんって言ってますよ?」

セーラ(もしかしてちんぽのこと知らんの?)

竜華(う、うん…咲ちゃん、ちんちんのこと知らんらしいわ…ピュアやわ…)

咲「?」

怜「ちんちん!!!!!」

咲「自分の名前を連呼するなんて自己主張の激しい方ですね…!」


26:2015/08/26(水) 01:08:32.62 ID:
咲「ところでその…千里山の方々が遥々長野に来た理由ってなんですか?」

竜華「あ、あぁ……咲ちゃんのところに須賀って男の子おる?」

咲「え?京ちゃん?いますよ!」

竜華(き、京ちゃん!?も、もしかして咲ちゃんと須賀はできとるんか!?)

セーラ「その須賀をかりたいんやけど……」

咲「京ちゃんを借りる?無理ですよ!(まだ学校に来ていないから)」

竜華「そ、そうなんか…」

竜華(無理ですよってことは私がいる限り須賀を貸すことなんてできねーよ。私を殺してからモノを言えってことか…)


27:2015/08/26(水) 01:12:42.11 ID:
竜華「い、1分でいいんや!出来れば咲ちゃんとも殺りたくないというか…その…」

咲(やりたくない?麻雀をかな?)

咲「そ、そうですか…私とはやりたくないですか…」

竜華「う、うん…まだ若いんでな…」

咲(あかん。この子と殺りあったら確実に殺される…)

竜華「さ、咲ちゃんは殺りたいん?」

咲「はい!当たり前じゃないですか!人を倒してこそ強さが磨かれるモノですよ!」

竜華(わ、私なんて眼中にない。瞬殺だ。っていってるようなもんや…)

セーラ(もうわけがわからん)


28:2015/08/26(水) 01:16:55.45 ID:
竜華「どうしても借りたいんや!!」

咲「いやだから京ちゃんはいないんですってば!」

竜華(須賀がいない…?どゆことや?)

竜華(っは!もしかして…自分の殺しのスキルを磨くために殺したというんか!?……ま、魔王や……この子はピュアなんかやない……魔王だったんや……)ガタガタ

咲「竜華さん!?なんで震えてるんですか!?」

竜華「い、いやちょっと寒気がな…」

咲「っん」ギュ

竜華「!?」


29:2015/08/26(水) 01:20:13.85 ID:
竜華「な、ななな何しとるんや!?」

咲「寒気がするなら温めてあげます…」

竜華(あ、あかんわ…完全にこれ殺しのの体勢や…頸動脈を食われるんやろか…そして自分の血で温まれとでも言うんやろか……)ガタガタ

怜「!!!!ちんちん!!!!!」

京太郎「おーっす咲…ってっえ?なに女同士抱き合ってんだよ」

咲「あっ、京ちゃん!」

竜華「京……ちゃん?」

京太郎「っえ?」


30:2015/08/26(水) 01:23:14.25 ID:
怜「ちんちん!!!!!!」ガバッ

京太郎「!?な、なんだ!?急にこの人全裸に……」

咲「ち、ちんちんちゃん!?」

竜華「あ、あぁ……足が震えてうまく立てん……」

怜「ちんちん……ちんちん……ち、ちんちん!!」ニギッ

京太郎「ぎゃー!この人俺のちんぽこを握りしめた!?」

咲「!!?」

竜華(怜……須賀に手を出したら……咲ちゃんに殺られる……)



31:2015/08/26(水) 01:26:00.68 ID:
セーラ「今の僕には理解できない」

怜「ちん……ちん!」シコシコ

京太郎「っく!……なんて気持ちいいテコキなんだ……」シコシコ

咲「う…わた…しの……京ちゃん…………」ゴゴゴゴゴゴ

竜華(あ……もうだめや……いま咲ちゃんは力の解放のために力をためとるん
や……)

怜「ちんちん!!」シコシコ




32:2015/08/26(水) 01:28:43.17 ID:
怜「ちんちん…ち、れ、れ、ち!!」ニュポ

京太郎「あはう!急に挿入だ…と…?」ニュッポニュッポ

咲「」

竜華(せ、精神を固着させ…力の解放の時を待ってるんや……終わった……地球が滅ぶで……)

怜「んっ!んっ!な、な……んや!こ…れ」ニュポニュポ



33:2015/08/26(水) 01:31:55.30 ID:
竜華「っえっっっ?」

セーラ「ま、まさか」

怜「い、いだア゙ア゙ア゙ア゙ア゙!痛い!や、なん…や、こいつ!!ご、強姦やぁ!!」ニュポニュポニュポニュポニュポ

警察「!?こ、高校の前でなにやってるんだ!」

京太郎「(目をつぶっている)あっ…あああ!で、でるよ…んっ!」

怜「今日……あぶな……いんや……やめぇてぇ」ニュポニュポニュポ

警察「おい!そこの!金髪!動くな!!」


34:2015/08/26(水) 01:34:40.30 ID:
京太郎「!?」

警察「お前を強姦、レイプ、公然わいせつの容疑で現行犯逮捕だ!」

京太郎「えっ!?仕掛けてきたのそっちなんですけど!?」

警察「そんなわけあるか!みろ!泣いているだろ!!」

怜「う、うわぁぁぁぁぁん!わ、私の初めてがァァァァ!竜華に……竜華にあげるつもりがぁ!」ワンワンガー

竜華「と、怜…」



35:2015/08/26(水) 01:38:06.85 ID:
警察「いいか!?やったお前はいい気分かもしれないが、ヤられた側は一生心に深い傷を負うんだぞ!?」

京太郎「だ、だから…そっちからおっぱじめたんです!!」

警察「嘘をつくなと言ってるだろ!」

京太郎「いだだだだだ!!」

警察「これがな、処女の痛みなんだよォ!」

京太郎「い、意味がわかりません!!」

咲「京ちゃんサイッテー(ショックで一時的に記憶を失ってる)」

京太郎「なっ!お前も見てただろうが!!」

咲「流石にそれはないわ…」

京太郎「り、理不尽ダァー!!」ファンファン


36:2015/08/26(水) 01:42:32.05 ID:
怜「うっ…うっう…」

竜華「と、怜?大丈夫?」

怜「大丈夫なわけないやろ…まだジンジンするわ…」

セーラ「わかるで…そのジンジンわかるで…」

竜華「わ、私も怜の初めてをもらおうとしてたんや…だからさ…これから…ホテル行かへん?/////」

怜「えっ?いいんか?」

竜華「当たり前やん!私たち、」

竜華「親友やろ!」

セーラ「いやいくら親友でもレズセック◯はしないわ」

怜「……わかった…だから…これからもずっと一緒にいよな?」

竜華「当たり前やろ!」

竜華「だって私たち、」

竜華「親友やろ!」

セーラ「その下り何回見ればええねん」







カン


37:2015/08/26(水) 01:53:45.06 ID:


感動した


38:2015/08/26(水) 08:24:03.43 ID:

これはドラマCD化するべき
音声を残さねば


39:2015/08/26(水) 08:38:36.07 ID:
乙いい具合にぶっとんでた


41:2015/08/26(水) 23:17:28.53 ID:
京太郎はいらなかった




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440512532/

→→もっと咲-Saki-を読む←←