1:2015/09/06(日) 01:45:55.12 ID:
「会話の練習のため、鏡に映った自分と話しているらしい。」





モバP「本当ですか?」

ちひろ「えぇ、千枝ちゃんやありすちゃんが言ってました」

モバP「へぇ」

ちひろ「なんでもレッスン場でこっそりやってるとか」

モバP「特に練習する必要があるとは思わないけどなぁ」

ちひろ「でも大丈夫でしょうか?」

モバP「何がですか?」

ちひろ「よく言うじゃないですか、鏡に向かってお前は誰だっていうと頭がおかしくなるって」

モバP「それとこれとは話が別なような」

ちひろ「でもちょっと怖くないですか?」

モバP「う~ん、実際想像するとちょっと異常かもしれないですね……」

ちひろ「そういうわけでプロデューサーさん、話を聞いてみてあげてください」

モバP「わかりました」

佐城雪美


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441471555

2:2015/09/06(日) 01:56:05.86 ID:
―――――数日後、事務所

モバP(でもなんか違和感があるなぁ)

モバP(会話の練習ならペロとすればいいと思うのだけれど………)

モバP(とにかく、話を聞いみよう)

モバP「雪美、ちょっといいかな?」

雪美「…………?」

モバP「う~ん、ここじゃあれだし……ちょっと会議室で話そうか」

雪美「…………わかった」


3:2015/09/06(日) 02:06:46.92 ID:
―――――会議室

モバP「じゃぁそこに座って」

雪美「うん…………。 モバP………ここ……。 私の……隣……。」

モバP「うん。 それで話なんだけど、レッスン室で残っておしゃべりの練習してる?」

雪美「…………うん」

モバP「そうか」

雪美「ダメだった…………?」

モバP「そんなことはないよ。 でも話し相手ならペロが居るだろ? それに俺だって……」

雪美「ペロ……モバP…………欲しい言葉………くれる………、…………他の人…………そうじゃない…………。 だから…………」

モバP「でもさ、自分自身だって自分にほしい答えをくれるんじゃないか?」

雪美「うん…………。 だから………わざと…………欲しくない言葉…………いう…………。」

モバP「それ、辛くないか?」

雪美「…………でも……………練習……だから……………」

モバP「雪美……そんな辛い思いをしなくてもいいんだ……もうやめよう………」

雪美「だめ………」

モバP「どうしてそうまでして練習するんだ?」

雪美「期待…………応えたいから……………」

モバP「期待?」

雪美「モバP…………言ってた………、 アイドル………おしゃべりも……………大事…………。」

モバP(そういえば文香に番組の仕事をもってきたときにそんなこと言って説得したような)

雪美「だから……私も…………」

モバP「そうだったのか、頑張ったな」ナデナデ

雪美「……うふふっ。 もっと……練習……おしゃべり……できるように………」

モバP「いや、もういいんだ」


4:2015/09/06(日) 02:16:49.60 ID:
雪美「……どうして…………?」

モバP「雪美はそのままでいいんだよ」

雪美「……でも……おしゃべり…………できない………、 おしごと………できない…………」

モバP「そんなことない。 むしろ喋れるようになったほうがお仕事が減っちゃうかもよ?」

雪美「…………?」

モバP「雪美のその話し方、俺はすごく雪美っぽくて好きだよ」

雪美「…………ありがとう………」

モバP「俺みたいにそういうゆっくりとした落ち着いた話し方が好きな人がファンにはたくさん居るんだ」

モバP「そういう人は普通に喋る雪美よりは今の話し方の雪美が見たいんじゃないかなぁ」

雪美「……わからない…………」

モバP「確かめてみようぜ」

雪美「…………………?」

モバP「トーク番組の仕事、雪美に持ってくるよ」

雪美「だめ………私………」

モバP「大丈夫。 言い方は悪いけど……だめでいいんだよ。 むしろだめなほうがいい」

雪美「………うん……………」

モバP「ごめんダメは流石によくなかったな。 とにかく、雪美の自然な話し方でいいから出てみないか?」

雪美「わかった……モバP………期待…………応える………」

モバP「いい子だ」ナデナデ

雪美「……これ……いい……。 もっと………」

モバP(このあと無茶苦茶甘やかした)


6:2015/09/06(日) 02:26:50.90 ID:
――――――――――

ちひろ「なるほど、プロデューサーさんの期待に答えようとして練習していたんですね」

モバP「そういうことです。 個人的にはあの話し方が好きなんですけどね」

ちひろ「同感です」

モバP「というわけでトークメインの仕事をして実際に自分の需要について感じてもらおうかと」

ちひろ「なるほど、でもいきなり大丈夫でしょうか」

モバP「大丈夫ですよ。 近々猫カフェオープン記念のトークショーがあるじゃないですか」

ちひろ「みくちゃんが出るやつですよね?」

モバP「そうです。 それに雪美も一緒に出そうかなと。 それならみくがなんとかフォローしてくれますし」

ちひろ「いいアイデアですね」

モバP「というわけでまだ全段階とはいえ企画の変更になると思うのでまたよろしくお願いします」

ちひろ「任せて下さいっ♪」


7:2015/09/06(日) 02:36:55.04 ID:
―――――数日後

モバP「雪美、この前言ってた仕事のことなんだけど」

雪美「…………?」

モバP「みくと一緒に猫カフェオープン記念のトークショーなんだけど、どうかな?」

雪美「とーくしょー…………?」

モバP「あれだ……お客さんの前で猫についてみくとおしゃべりするんだ」

雪美「お客さん…………いっぱい………?」

モバP「ま、それは当日になってみないとわからないかな」

雪美「モバP……見てて………………いい…………?」

モバP「大丈夫だ、当日は俺も付き添うから。 舞台袖あたりで見てるよ」

雪美「…………わかった……………………………やる……………」

モバP「いい子だ。 また決まったら連絡するよ」ナデナデ

雪美「…………うん」


8:2015/09/06(日) 02:47:10.98 ID:
――――――――――

モバP(ついに当日が来た)

モバP「みく、今日は雪美のサポート頼むぞ」

みく「まっかせっにゃさぁ~い!!」

モバP「頼むぞ。 大阪人であるお前のアドリブ力に期待してるからな」

みく「モバPチャンは大阪人のことにゃんだと思ってるのにゃ……」

モバP「だって川島さんが生まれ育った街だろ? そりゃな」

みく「う~ん、川島さんを引き合いに出されると言い返せないにゃ」

モバP「雪美は今日は特に何も考えずに出来るだけ普通に喋るように心がけよう」

モバP「まぁ何も考えないのが一番難しいんだけどさ」

雪美「………わかった…………。 モバP……………期待………………応える…………。」

モバP「うん、期待してるぞ」

みく「雪美チャン、今日はみくがしっかりフォローしてあげるから大丈夫にゃ!」

雪美「………ありがとう……………」

みく「そうだ、雪美チャンにはこれをあげるにゃ」

雪美「ネコミミ……………?」

みく「そうにゃ。 ペロチャンと同じ黒のネコミミにゃ♪」

モバP「いいね、やっぱり雪美は黒が似合う」

雪美「みく……私……これ……いい」 

モバP「よかったな」

雪美「モバPからも…………お守り…………欲しい…………」

モバP「えっ、俺からかぁ……悪いけど特にあげられそうなものはもってないなぁ……」

雪美「じゃぁ……………モバPの………力…借りる。……手………握って」

モバP「えっ、こうか?」ニギッ

雪美「………ふふ。…うふふっ」

モバP「さて、そろそろいこうか」

みく「やったるにゃ~☆」

雪美「…………うん」


9:2015/09/06(日) 03:02:17.24 ID:
――――――――――

モバP(ついに始まってしまった)

モバP(みくがいるから大丈夫と言ったものの大丈夫だろうか)

司会「それでは! 猫が大好きなカワイイ二人のアイドルに登場していただきましょう!」

司会「前川みくちゃんと佐城雪美ちゃんのお二人です」

みく「どうも~☆ みくだにゃ!」

雪美「佐城雪美…………です…………」

みく「今日はまおまお亭のオープン記念式に来てくれてありがとうにゃ!」

みく「今回は猫カフェということでみんなご存知猫アイドルのみくと!」

みく「趣味がペットのペロちゃんとおしゃべりすることな猫大好きの雪美チャンが猫の魅力についてたーっぷりおしゃべりするにゃ!」

みく「最後までお付き合いよろしくおねがいするにゃ!」

\ワー/ \ミクニャンシャベリスギヤゾー/ \ウルサイカラファンヤメマス/

みく「にゃー!!! すぐファンやめるって言わないにゃー!!!」


10:2015/09/06(日) 03:23:33.82 ID:
みく「雪美チャンはペットのペロチャンとおしゃべりできるんだよね?」

雪美「うん………」

みく「あっ、ど、どんなことをおしゃべりするのかにゃ?」

雪美「いろいろ……」

モバP(まずいな………大丈夫かよこれ………)

みく「い、いろいろか~。  ちなみに今雪美チャンがつけてるネコミミはみくがあげたペロチャンとお揃いのネコミミなのにゃ!」

モバP(みく……すまない…………)

雪美「ペロ…………とお揃い…………………。 ペロのまね…ンギャア…まねだよ…………」

みく「雪美チャン、なかなかリアルなものまねにゃ! すごいにゃ!」

雪美「ふふっ…………」

みく「雪美チャンは本当にペロチャンが好きなんだにゃぁ」

雪美「うん………ペロ…………世界で……………二番目……好き………」

みく「じゃぁ一番は何かにゃ?」

雪美「ふふっ…………秘密……………」

みく「ひょっとしてこれは恋のお相手かな?」

雪美「うふふっ…………」

みく「ますます怪しいにゃ!」

雪美「みくは………好きな人……………居る…………?」

みく「みく? みくはね~……応援してくれるファンのみんなが大好きにゃ☆」

\ウソクセー/ \カッコツケスギダゾー/

みく「あっ、今やじとばした人は嫌いです」

\ゴメーン/ \キライニナラナイデー/

みく「ふふっ、冗談にゃっ♪」

モバP(雪美、今のはナイスな質問だったぞ……だいぶ調子づいてきたか?)


11:2015/09/06(日) 03:26:35.05 ID:

雪美「私にも…………ファン…………居る…………?」

みく「大丈夫にゃ! ここにいる人みんなが雪美チャンのファンにゃ!」

\ソウダゾー/ \ココニイルゾー/ \サジョウサン!!/

みく「ほらね」

雪美「…………うん…………嬉しい…………私も………ファンの人…………好き………」

みく「何番目ぐらいかにゃ?」

雪美「イチゴの…………次………………4番目………」

みく「さっき佐城さん!って叫んだ黒髪ロングのお姉さん、イチゴに負けてしまいましたにゃ………」

\ハハハハハハハ/

みく「ファンといえば雪美チャンはこういうおしゃべりするお仕事初めてだから雪美ファンのみんなは雪美チャンがおしゃべりするのを見るのは初めてだよね?」

雪美「…………うん……………おしゃべり…………初めて…………ドキドキ……………」

みく「ファンのみんな的にはどうかな? 結構思った通りの喋り方だったりするのかにゃ?」

\イメージドオリ/ \ユキミチャーンカワイイ/ \サジョウサン/

みく「もー! ちょっとはみくも呼んで欲しいにゃ!」

みく「………………って誰もよばんのかーい!!」

雪美「流石……………大阪人……………」

みく「そこを褒められても微妙な気持にゃ……」

雪美「みくの家……………たこ焼き器……………ある………?」

みく「大阪人の家には一家に一台たこ焼き器があるってウワサかにゃ? 雪美チャンよく知ってるにゃ」

みく「まぁ流石にいくら大阪でもみんながもってるってことはないにゃ」

雪美「…………ないの…………?」

みく「みくの家にはあるにゃ」

雪美「ふふっ…………みんな………そういうって……モバP………言ってた」

みく「にゃっ!? みくがますます大阪人キャラになってしまうにゃ!」

雪美「私…………猫キャラ………………みく……………大阪キャラ………ね………」

パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ

みく「にゃー!!拍手すにゃーーー!!!!!  みくは自分を曲げないよ!!!」

モバP(すごいな雪美、絶好調だ……まさかこれほどまでとは)


12:2015/09/06(日) 03:42:21.52 ID:


――――――トークショー終了後、車内

モバP(最初はどうなるかと思ったがトークショーは大成功に終わった)

モバP(みくのトーク力もさることながら、予想以上に雪美が喋ってびっくりしたなぁ)

モバP「改めてお疲れ様。 それじゃぁ帰るぞ」

みく「どうよモバPチャン! 今日もみくは可愛かったでしょ~☆」

モバP「あぁ。 なかなかナイスなトーク力だったよ。 流石大阪キャラだな」

みく「にゃー! モバPチャンまで!! みくな猫キャラにゃ!」

モバP「冗談冗談。よく頑張ったよ」ナデナデ

みく「プロデューサー…みくのこといっぱいほめてくれるし優しいし、みくはもうモバPチャンが大好きにゃあ☆ほんとだにゃ☆」ダキッ

モバP「おいやめろって」

みく「車の中だから大丈夫にゃ☆」

モバP「はいはい……雪美、本当にお疲れ様」

雪美「………モバP………私も………」

モバP「うん、初めてのトークショーなのにめちゃくちゃ喋れてびっくりしたよ。 すごいぞ!」ナデナデ

雪美「………モバP…………もっと…………膝の上………」

モバP「えっ、膝に乗せろって?」

雪美「………………そう」

モバP「前これるか?」

雪美「うん………」

モバP「今日はどうだった?」

雪美「最初…………怖かった…………でも……………ペロと………モバP……………感じた…………おしゃべり……できた……」

モバP「うん、うん……ペロや俺と話すような感じでいいんだよ。 今日だって雪美の欲しい反応もらえたんじゃないか?」

雪美「うん………ファンの人………優しい…………ペロと………モバPと…………同じ………………ね……………」

モバP「それがわかってくれただけで企画したかいがあるよ」

みく「それに、事務所のみんなだってペロチャンやモバPチャンと同じにゃ!」

みく「みんなみんな、雪美チャンのことが大好きにゃ!」

雪美「ほんと……………?」

みく「もちろん、みくも雪美チャンのことが大好きにゃ☆」ナデナデ

雪美「ふふっ………嬉しい………」

モバP「みくの言うとおりだ。 だから自分じゃなくて事務所のアイドルと話してみないか?」

雪美「みんなと………話す………………間違えるの……………怖い………」

雪美「だから……自分で…………練習してた……………」

雪美「でも…………わかった…………間違えても………大丈夫………って」

モバP「そう。 そもそもおしゃべりに間違いなんてないんだよ」






佐城雪美のウワサ
「会話の練習も兼ねて、事務所のアイドルに積極的に話しかけているらしい。」 






14:2015/09/06(日) 04:26:23.35 ID:
どっかの黒真珠が紛れ込んでますね…


16:2015/09/06(日) 09:35:16.60 ID:
おつ
これはもうイチゴに嫉妬をぶつけるどこかの黒真珠フラグ待ったなしww


18:2015/09/06(日) 13:02:48.81 ID:
おつおつ
ちなみにデレステのSR雪美は特技が「FINEまでをPERFECTに変換」なので地味に助かったりする


22:2015/09/13(日) 00:55:28.14 ID:
いいssだった、かけ値なしに




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1441471555

→→もっとアイドルマスターシンデレラガールズを読む←←