1:2015/09/19(土) 10:43:33.20 ID:

モバP(以下P)「何でそんないらんモン作った……」

晶葉「私だって作ろうとして作った訳じゃない。ウソ発見器を作ろうとして偶然完成したんだ」

P「見た目はただのライト付きヘルメットだが……どうやって使う?」

晶葉「何だ、やっぱり気になるのか?」

P「……仕方ないだろ」

晶葉「別に責めはしないさ。いかに100人超のアイドルのPとて男だからな」

晶葉「使い方はこのヘルメットを被せるだけだ」

晶葉「すると瞬時に頭の中を読み取り、意識の深層の中にあるエロ妄想を拾う」

晶葉「それを、額のヘッドライトの様な部分から空中に映像を投影する。簡単だろう?」

P「もうちょっと改良すれば真面目な事にも使えるだろ、これ」

晶葉「そんな事は分かっている。既にその計画は動いているさ。だが今は……」

池袋晶葉11


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442627012

3:2015/09/19(土) 10:47:57.93 ID:

<ガチャ

ちひろ「ふぅ……」トコトコ

晶葉「あぁ、丁度良い所に。ちょっとこっちへ来てくれるか」

ちひろ「はい?」

晶葉「よっと」カポッ

ちひろ「へっ、な、何ですか?」

晶葉「作品の運用テストだ」

P「知らんぞどうなっても……」


ちひろさんのエロ妄想

>>6




6:2015/09/19(土) 10:50:27.08 ID:
自分がAV(アダルトビデオ)女優になって醜悪な男たちに輪姦されてる


8:2015/09/19(土) 11:04:14.47 ID:
●REC


グチュッグチュッグチュッグチュッ……

男A『あぁ、あぁぁ最高だぜ!』

ちひろ『んっ……んぁぁっ……!』

ジュプンジュプンジュプッシ゚ュプッ

男B『口留守になってるぞ!』

ちひろ『むぐっ!? んっ……んぶっ……!』

グチュッグチュッぐぶっグプッグプッグプッ

男A『あぁイクっ!』

ドクッドクッドクッ……

男B『こっちも!』

ドクンッ! ビュッビュッビュッ……

ちひろ『むぅぅっ!?……ゴクッゴクッ……げほっ……ま、また中に……』

男C『休んでる暇はねぇ、ぜっ!』

ずぷっ!

ちひろ『ひぃあっ!?』

男C『おぉ……ぉぉお!』

ズプッズプッズプッズプッ!!

ちひろ『もぅ……いゃぁっ……』


9:2015/09/19(土) 11:08:09.27 ID:

P「こ、これはまた、強烈な……」

ちひろ「な……な……どうしてこれが……!?///」

晶葉「……ふむ、つまりちひろは心の奥底ではあのようなエロ展開を望んでいる、と」

P「えぇと……何と声を掛ければ良いのか……」

ちひろ「ち、違うんです……違うんですよぅ……///」プシュゥゥゥッ……

ちひろ「あぁっ……///」ドサッ

P「ちひろさん!?」ガシッ

晶葉「気絶してしまったか。後で仮眠室へ運ばないとな」

晶葉「では次は……」

P「おい、ちひろさんですらコレだぞ。まだやるのか?」

晶葉「もちろん。まだまだデータは足りない」


次のアイドル

卯月

未央

から

>>13


13:2015/09/19(土) 11:09:33.78 ID:


14:2015/09/19(土) 11:13:21.39 ID:

凛「何やってるの? こんな事務所の角で」

晶葉「ちょっとした実験だ」カポッ

凛「え、え? 何これ?」

晶葉「ちょっと心の奥の望みを見るだけだ」


凛のエロ妄想

>>17

すみません、
過度にマニアックなものやスカ系は除外させてください。


17:2015/09/19(土) 11:19:08.99 ID:
50歳くらいの優しそうなおっさんの飼い犬になる

全裸で首輪状態で公園を散歩
おっさんにエロい芸を披露して甘えまくり


24:2015/09/19(土) 11:30:59.11 ID:

男『……』テクテク

凛(E:首輪)『……』ヨツバイ

男『ふぅ。ここらで休憩しようか』

凛『はぁっ……はぁっ……』

男『……ん? 随分と、股がテカっているな……』

クチュッ……

凛『んっ……お願い……もうこれ以上、お預けなんて……』

男『欲しいなら、ねだり方は教えたはずだぞ?』

凛『……っ///』

男『ん?』

凛『お願い……します……私の、ここ……メチャクチャに、してください……///』

クパッ……

男『よし、合格だ……』

スッ……


26:2015/09/19(土) 11:37:10.80 ID:

凛「ぃっっっ!?///」

晶葉「なるほど、凛といえば犬だしな。しかしPよりあのような男性が趣味とは、意外なものだな」

P「……人の好みだ。俺からは何も言う事はない」

凛「違うの! これは、その……違うから!!///」

P「わかってる、わかってるから落ち着け!」

凛「ちがっ……ち……///」バタン

晶葉「凛までもがやられたか。凄い威力だな」

晶葉「次行ってみよう」

P「おいおい……」



卯月
加蓮
未央

から

>>30


30:2015/09/19(土) 11:39:08.45 ID:
かれん


37:2015/09/19(土) 11:44:53.89 ID:
P「おい病み上がりだぞ」

晶葉「血圧が上がって寧ろ元気になるかもしれんぞ」

加蓮「二人共何の話してるの?」

晶葉「加蓮の体調の話だ」

加蓮「もぅ。いつまでも病人じゃないよ?」

晶葉「ならば大丈夫だろう」カポッ

加蓮「えっ?」

P「今のうちにAED用意しておこう……」イソイソ


加蓮のエロ妄想

>>41


41:2015/09/19(土) 11:45:33.08 ID:
奈緒に抱かれる


44:2015/09/19(土) 11:56:08.86 ID:

チュッ

加蓮『んむっ……!?』

奈緒『んっ……ちゅ……』

加蓮『……んくっ……ぷはっ……ちょっ……奈緒……?』

奈緒『なぁ……良いだろう?』

加蓮『そ、そんな……女の子同士、だよ……?』

奈緒『それが、何か問題か? あたしと加蓮の仲だろ?』

加蓮『で、でも……』

奈緒『あぁもうじれったいな……』

ガバッ

加蓮『きゃっ!?///』

奈緒『もう我慢の限界だ……力ずくでもあたしのモノにしてやる……』

プチップチッ……スルスル……

加蓮『あっ……』

奈緒『ん?……抵抗しなくていいのか?』

加蓮『……やさしくして……?』


45:2015/09/19(土) 11:59:11.06 ID:

加蓮「!!!!????///」ボンッ

晶葉「なるほど、そういうのもアリか……」

P「加蓮! かれぇぇぇぇん!!」

晶葉「大丈夫、命に別条は無い。医務室に運んだら次だ」

P「……」



次のアイドル

卯月
奈緒
未央

から

>>48


51:2015/09/19(土) 12:02:29.08 ID:
ウヅキエル


56:2015/09/19(土) 12:06:26.25 ID:

P「卯月なら……中間値の権化なら……」

卯月「どうしたんですか? Pさん」

晶葉「ちょっとした実験だよ。気にする事はない」カポッ

卯月「よくわからないけど……頑張ります!」




卯月のエロ妄想

>>58


71:2015/09/19(土) 12:25:11.77 ID:

―レッスンルーム―


卯月『あ、Pさん! お疲れ様です!』

P『……』ユラ

卯月『Pさん? どうし……きゃあっ!?』

P『ハァー……ハァー……』

ガシッ
ビリビリビリッ!

卯月『ひっ!? どうしちゃったんですかっ……Pさんっ……!!』

ジーッ…

P『フゥー……フゥー……』ズッ

クチュ……

卯月『いやっ……そんなに、大きいもの……』

ズブゥッ!!
ブチブチブチィッ

卯月『はいらなぁぎぃっ!!?』

パンッパンッパンッ!!

P『ァァ……ァァァッ……』

卯月『ぎっ……あ゛っ……!』

ズプズプズプッ!!

卯月『な、中で大きく……だ、だめっ!!』

ドビュッ! ドビュルルルルルル!!

卯月『いやぁぁっ……』

P『ァァ……ァァァッ……!!』

パンッパンッパンッ!!

卯月『いゃぁっ……Pさんっ……正気に、戻ってぇ……』


73:2015/09/19(土) 12:31:43.84 ID:

卯月「なっ、何でアレが……ぇぇええぇっ!!?///」

晶葉「ついに助手が出た……と思ったらえらいのが来たな……」

卯月「……?」チラッ

P「大丈夫。大丈夫だからな」

卯月「!!!///」カァァァッ

卯月「……///」キュー

P「また倒れた…………所で、俺のあんなに大きくはないんだが」

晶葉「それはそうだ。これはあくまで妄想投影機。現実に即している事の方が珍しいだろう」

P「そうだろうけど……何か自信無くすな……」



次のアイドル

美穂
奈緒
未央

から

>>75


75:2015/09/19(土) 12:32:18.73 ID:
みお


78:2015/09/19(土) 12:36:45.17 ID:
未央「呼んだかなー?」

晶葉「あぁ。ちょっとパッション分が足りなかったからな」カポッ

未央「え、何これ?」



未央のエロ妄想

>>81


81:2015/09/19(土) 12:37:33.70 ID:
ファン感謝デーで男共と乱交


85:2015/09/19(土) 12:45:42.77 ID:

男A『うぉぉおっ! 生のちゃんみお!』

パンパンパンパンパン!!

未央『あはっ! がっつき過ぎだって! あんっ♪』

男A『ふぉぉぉっ!』

ドビュッ! ドビュッ!

男B『次、次俺な!』

男C『早くしろよ! 後がつかえてるんだからな!』

ジュプジュプジュプ!

未央『きゃあんっ! コラコラ慌てないの! 未央ちゃんは逃げないから!』

男D『あぁもう我慢できねぇ! ぶっかけてやる!』

男E『お、俺も!』

ビュルルルルルルッ!!

未央『やぁぁっ! もぉ~♪』


87:2015/09/19(土) 12:49:17.47 ID:

未央「うわぁぁぁぁぁぁぁああ!! 無し無し無し!! 今のなし!!///」

晶葉「成る程、パッションだな」

P「落ち着け! なんていうか、その……落ち着け!」

未央「いやぁぁぁぁぁあああああああああああああ!!!///」ブシュゥゥゥ

未央「ぁぁぁぁぁぁ……///」シュゥゥゥゥ……

晶葉「倒れる時まで前のめり。流石はパッション筆頭だ」

P「……」



次のアイドル

美穂
奈緒


から

>>89


89:2015/09/19(土) 12:49:46.80 ID:


98:2015/09/19(土) 12:55:11.23 ID:

晶葉「ボンバーは正確にはボマーと読むのが正しいらしいな」

P「まぁこれだけ定着してるんだ。今更だろう」

茜「二人共どうしたんですか!?」

晶葉「ちょっとな」カポッ

茜「あれ!? 何ですかこれ!?」

晶葉「案ずるな、座ってるだけで良い」



茜のエロ妄想

>>102


102:2015/09/19(土) 12:55:58.95 ID:
夏の暑い日にクーラーもつけずに汗だくで激しくやる


109:2015/09/19(土) 13:07:37.94 ID:

ミ゙ィィィィンミーンミーンミ゛ィィィィーーーー!!
ジージジジジジジ!!


茜『はぁ……はぁ……んちゅっ……///』ダラダラ

P『んむ……』ダクダク

ジュプンジュプンジュプンジュプン!!
ギシッギシッギシッ!!

茜『ふぁっ……プロデューサー……プロデューサー!』

P『出すぞ……』

ギシッギシッギシッ!!
ズプッズプッズプッズプッ!!

ドビュルルルルルル!!

茜『んっ……はぁぁぁっ……///』

P『10発目だ……流石に疲れただろう?』

茜『Pこそ……まだまだ全然萎えてないじゃないですか……///』

P『ふふっ……そらっ』ガバッ

茜『きゃっ♪』

パンパンパンパンパン!!
ズプンズプンズプンズプン!!


111:2015/09/19(土) 13:10:35.76 ID:

茜「は……へ……?///」

晶葉「やはりパッションは激しいのを好む傾向にあるのか……?」

P「それだとクールはイレギュラー気味を好む事になるが……」

茜「え、えぇと……走ってきますぅぅううううううっ!!!///」

ドドドドド……

晶葉「おっ、意識を保った」

P「事故らないと良いが……」



次のアイドル

美穂
奈緒
藍子

から

>>115


115:2015/09/19(土) 13:12:40.04 ID:
なお


117:2015/09/19(土) 13:15:38.35 ID:

奈緒「なぁPさん。凛に加蓮知らないか?」

晶葉「おぉタチが来た」

奈緒「タチ?」

晶葉「何でもない。取り敢えず」カポッ

奈緒「ん? 何だコレ……」

奈緒のエロ妄想

>>121


121:2015/09/19(土) 13:17:11.06 ID:
>>104


104:2015/09/19(土) 12:55:59.25 ID:
バイブ挿入・乳首ローターの状態でステージに立つ
大歓声の中誰にも知られず何度も絶頂


124:2015/09/19(土) 13:31:41.12 ID:
~♪
ヴィィィィンッ

奈緒(う、また来たっ……こんな時にっ……///)

~♪
ヴィィィィンッ

奈緒(止まってくれ……止まって……///)

~♪
ヴィィィィンッ

奈緒(ぁぅぅぅっ……!///)ビクンッ!

~♪
ヴ……

奈緒(や、やっと止まった……///)



ワーワー

凛『まさか私たちが、こんな大きなステージで歌えるなんてね』

加蓮『ちょっと前の私に言っても信じないと思うよ』

奈緒『ハァ……あたしもそう思うよ……ハァ』

ワーワー
キャーキャー
ヴィィィィン……

奈緒『ぁぅっ……!?///』

凛『あれ、どうしたの?』

加蓮『ちょっと顔赤くない?』

ヴィィィィン……

奈緒『な、何ともないよ……加蓮は人より自分の体調の心配しとけよ……///』

加蓮『もぅ! 大丈夫だってば!』

ワーワー
キャーキャー

奈緒『は、はは……あぐっ!』ビクッ

ヴィィィィィィィィン!!

奈緒(きゅ、急に強くなったぁ……!!)

凛『?……ねぇやっぱり……』

奈緒『な、なんっ……でも……んっ……あぁぁぁあああっ!!!』ビクビクビクン!

ワーワー
キャーキャー

奈緒(ス、ステージの、上で……観客に、大勢に見られながら……イっちゃったぁ……///)


125:2015/09/19(土) 13:36:00.56 ID:

奈緒「うぉぉぉおおっ!?///」

晶葉「なあ助手……やはり……」

P「首輪付き全裸散歩にレズに仕込みバイブか……」

奈緒「ちっ、違うんだよこれは! 別にこんなの!///」

P「あぁ、分かってる。分かってるから!」

奈緒「う、ぅおぉぉおおっ!!///」ブッシュゥゥゥゥ……バタッ

晶葉「クールアイドルはいつもと違う姿が見られて楽しいな」

P「本人は地獄だと思うが……」



次のアイドル

美穂
文香
藍子

から

>>115


130:2015/09/19(土) 13:37:47.61 ID:
藍子


135:2015/09/19(土) 13:44:37.72 ID:

晶葉「パッションとしては比較的大人し目が来たな」

P「いや、わからんぞ……」

藍子「どうかしましたか?」

晶葉「ちょっとな」カポッ

藍子「えっ? えっ?」


藍子のエロ妄想

>>138


138:2015/09/19(土) 13:45:19.52 ID:
Pと恋人関係でデート後のイチャラブドキドキ初エッチ


143:2015/09/19(土) 14:02:03.38 ID:

―女子寮の藍子の部屋 深夜―


P『ふぅー。遊んだなー!』

藍子『久し振りにPさんとあちこち巡れて良かったです!』

P『ははっ! 俺もだよ。でも悪いな、ゴールが女子寮なんて』

藍子『仕方ないですよ。アイドルとPが一緒にホテルなんかに入ったら……今の関係だって秘密なのに……』

P『そうだな……』

パチッ……

チュッ
ギュッ……ドサッ……

藍子『んっ……』

スルスル……

P『藍子の体……すごく、綺麗だ……』

藍子『ありがとうございます///』

サワサワサワサワ……
フニュフニュ……
クチュッ……

P『もう濡れてる……感じやすいのかな?』

藍子『Pさんだからですよ……んっ……///』

ズッ…

藍子『凄く大きい……ビクビクしてる……』

P『入れるぞ……』

藍子『はい……』

ズプププ……
ブチッブチブチブチブチッ

藍子『っ!!』

P『痛いか?』

藍子『はい……でも……』

P『ん?』

藍子『Pさんに初めてをあげられて……良かったです……///』



147:2015/09/19(土) 14:05:32.04 ID:

晶葉「流石だ……エロ妄想の中ですらゆるふわ空間を発生させるとは……」

藍子「えっ……えぇぇえっ!?///」

P「お、おいっ! しっかりしろ!」

藍子「Pさ、ぁ、ぁぁぁああああっ!!!///」プシュゥゥゥッ…

晶葉「……これは流石にちょっと罪悪感あるな……」

P「今更何を……」



次のアイドル

美穂
文香
いつき

から

>>149


149:2015/09/19(土) 14:06:38.03 ID:
美穂


152:2015/09/19(土) 14:11:28.02 ID:

P「大丈夫と言い切れるか?」

晶葉「私のマシンを信じろ」

P「大丈夫と言い切ってくれ……」

美穂「えっと……あの……」

晶葉「安心したまえ。死にはしない」カポッ

美穂「えっ、えぇぇぇっ!?」


美穂のエロ妄想

>>155


155:2015/09/19(土) 14:12:12.40 ID:
PとPの父親と自分で3P


160:2015/09/19(土) 14:23:23.44 ID:

美穂『よ、よろしくお願いします……///』

P『良いだろう、俺のアイドル』

P父『へへへっ、お前もなかなかやるじゃねぇか』

P『いつまでもガキじゃないんだよ。早速始めるぞ』

美穂『は、はい……///』

スルスル……

P父『ほぅ、流石はアイドル……ん? 何もしてないのにもう濡れてるぞ!』

P『この先を想像しただけでもう洪水みたいだな』

P父『そいつぁ手っ取り早くて良いや……じゃあまずは口でしてもらおうか』ジー…ボロッ

美穂『わかり、ました……んむっ……ちゅぷ……』

P父『おぉ……すげぇ……年の割に上手いじゃねぇか!』

P『俺がみっちり教え込んだからな……さて、俺はこっちをいじらせてもらおうか』

クチュッ……チュプ……
クチュッチュプッチュプッチュプッ……

美穂『んっ……ふぁっ……ふゃぁっんっ……///』


161:2015/09/19(土) 14:26:16.39 ID:

晶葉「これまた顔に似合わず凄まじいのが来たな」

P「自分の親のこういう姿を見るのはなんだかなぁ……」

美穂「あ……あ……あぅ……///」シュゥゥゥゥプシュゥゥゥッ……

美穂「!!///」ボンッ

P「声をかける暇すらなかったか……」



次のアイドル

響子
文香
いつき

から

>>164


164:2015/09/19(土) 14:28:32.23 ID:
いつき


166:2015/09/19(土) 14:33:10.71 ID:

晶葉「来たぞパッションが」

P「パッションは凄いからな……」

いつき「えっ、何、この感じ?」

晶葉「気にするな、大した事ではない」カポッ

いつき「へっ?」


いつきのエロ妄想

>>168


168:2015/09/19(土) 14:34:02.30 ID:
薬盛られて眠らされてる間にヤられちゃう


173:2015/09/19(土) 14:44:29.04 ID:

P『お疲れ様! ほい』つコーヒー

いつき『ありがとPさん!』ゴクッゴクッ……

コト

いつき『ふぅ。今日は流石にちょっと疲れたなぁ……』

P『すまないな。調整が上手く行かなくて、過密スケジュールになってしまって』

いつき『でも明日はオフだし……ゆっくり……やす……ZZZ……』

P『ふふ……』

スルスル……
シュルルッ……

P『あぁ。ゆっくり休むと良い……』

ジーッ……ズイッ
ヌリュヌリュ……クチュッ……

P『いつもいつも見せつけやがって……もう我慢の限界だ……』

P『そらっ!』

ズチュッ!

P『あぁ……良い! 良いぞ!』

ズプンズプンズプンズプン!!

P『堪らねぇ……堪らねぇ!!』

パンパンパンパンパン!!

ドビュッ ビュルッ ビュルルルルルルルルッ


174:2015/09/19(土) 14:47:10.67 ID:

晶葉「これはどちらかと言えばクールタイプだな」

P「待て。さりげなくクールは変態プレイばかりみたいに言うんじゃない」

いつき「へ……へんた……///」プシュー

いつき「きゅう」バターン

P「あ……」

晶葉「今のは助手が悪いぞ」

P「……反省してる」



次のアイドル

響子
文香
智香

から
>>177


177:2015/09/19(土) 14:48:43.43 ID:
文香


179:2015/09/19(土) 14:50:18.60 ID:

晶葉「見た目通り清楚か実はむっつりか、判断の難しいのが来たな」

P「心身共に清らかであってほしい……」

文香「むっつり……?」

晶葉「あぁ、気にしないでくれ」カポッ

文香「え、あの……これは……」


文香のエロ妄想

>>184


184:2015/09/19(土) 14:51:19.70 ID:
オナニーしてるところを見られ続ける


187:2015/09/19(土) 15:13:02.16 ID:

文香『や、やっぱり……恥ずかしい、です……』

P『何を言ってるんだ、何でもするって言ったのは文香だろう?』

文香『……は、はい……』

……クチュッ……クチュッ

文香『ん……』ブルッ

P『どうした、遠慮する事はない。いつもみたいにもっと激しくして良いんだぞ?』

文香『なっ!?』

P『文香の事は何でも知ってるぞ?』

文香『……!!』ドクンドクンドクン

ムニュッ、フニュッフニュッ
クチュックチュッチュプッチュプッ!

文香『んっ……ふぁっ……くふぅっ……!』

クチュックチュックチュッ!!
ジュプジュプジュプ!!

P『おぉ、溢れた蜜で指がテカテカだ。凄い音も出てるぞ』

文香『あっ! はぁぁっ! ふぁぁっ!』ビクッビクッ

文香(見られてなんて……こんなに、恥ずかしいのに……!)

文香『イッ……んぁぁぁっ!!』ビクンッ!

文香『はぁっ……はぁっ……///』

P『よし。一回だな。じゃあ二回目、行こうか』

文香『えっ……』ゾク

P『誰も一回だけなんて言ってないぞ? そうだな……じゃあ、あと99回。自分でイッたら許してあげよう』

文香『そ、そんな……』ゾクゾク

P『ほら、早くしないと夜が明けてしまう。そしたらまた初めからたぞ?』

文香『~~~~ッ!!』ビクビク

クチュックチュックチュッ!!
ジュプジュプジュプ!!


188:2015/09/19(土) 15:17:29.87 ID:

晶葉「むっつりと出た様だな」

P「おかしい……こんな事……あるはずが……」

晶葉「やはりクールは……」

P「やめろ! ……やめてくれ……」

文香「あ……あの……///」シュゥゥゥゥ……

P「ど、どうした?」

文香「Pさんは……あぁ言うのは、お好み、ですか?///」シュウシュウ……

P「!?」

文香「///」ガクッ

晶葉「流石クールで比較的年長者。少しは耐えたな」

P「……」



次のアイドル

響子

智香

から

>>191


191:2015/09/19(土) 15:21:11.48 ID:
智香


193:2015/09/19(土) 15:24:11.75 ID:

晶葉「これまた典型的なパッションが来たな」

P「もう驚かないぞ……」

智香「落ち込んでいるんですか? 応援しましょうか!?」

晶葉「それも良いが、まずはこれだ」カポッ

智香「へ?」


智香のエロ妄想

>>196


197:2015/09/19(土) 15:26:45.34 ID:
幸せな結婚式からの初夜


201:2015/09/19(土) 15:32:51.36 ID:

神父『病める時も、健やかなる時も、永遠に愛すると誓いますか?』

P『はい』

智香『はい!』

神父『では誓いのキスを……』


――チュッ





ギュッ……

智香『Pさん……』

P『ん……?』

智香『アタシ……幸せです……』

P『俺もさ……』

智香『最高に熱い、初夜にしてくださいね……?』

P『あのな……』

智香『な、何ですか?』

P『普段元気な娘が急にしおらしくなるとな……』

P『余計に昂ぶるんだよ!』グワッ

智香『きゃー♪』


202:2015/09/19(土) 15:35:43.69 ID:

P「そうだよ、こういうので良いんだよ」

晶葉「それがパッションから出るとは意外だな」

P「お前はパッションアイドルを何だと……」

智香「えっと……あの……これは……?///」

晶葉「心の中で望んでいる画だ」

智香「……!!///」カァァァッ

智香「う……うわぁぁぁぁあっ!!!///」

ドドドドド!

晶葉「おぉ、こっちのパターンで来たか」

P「今のところパッション独自の展開だな……」



次のアイドル

響子

洋子

から

>>191


206:2015/09/19(土) 15:41:12.02 ID:
響子


207:2015/09/19(土) 15:43:21.19 ID:

晶葉「久し振りにキュートが来たな」

P「分母が少ないから展開が読めないな」

響子「展開?」

晶葉「こっちの話だ」カポッ

響子「へ?」



響子のエロ妄想

>>210


214:2015/09/19(土) 15:54:07.74 ID:
凄い長い焦らしプレイ


216:2015/09/19(土) 16:04:30.34 ID:

フニュフニュ……

響子『Pさぁん……///』

サワサワ……

P『何だ?』

クニュッ……クニュッ……

響子『もっと……いつもみたいに……///』

P『ダメだ。それじゃあお仕置きにならないだろう? それにまだ2時間しか経ってないじゃないか』

響子『で、でも……///』モジモジ

クチュッ……チュプッ……

P『だーめ。我慢だ』




クリクリ……チュッチュッ……

響子『まだ、ですかぁ……?///』ビクビク

P『ダメだ。まだ4時間だ』




スッ……ピト

響子(あ、来た、やっと……!///)

ズプッ
パンパンパンパンパン!!

響子『んはぁっ! 来たっ! 来たぁっ!///』

ピタッ

響子『えっ?///』

P『まだ我慢だぞ。そうだな、あと8時間したらイかせてやる』

響子『そ、そんなぁ……///』


218:2015/09/19(土) 16:07:26.98 ID:

晶葉「もしかしてキュートも……」

P「……」

響子「えっ……えっ!?///」ブシュゥッ

P「……気にするな、俺も気にしてないから」

響子「う、うわぁぁぁぁっ!!///」ブシュゥゥゥゥッ……

晶葉「……今度はノーマルだと良いな」




次のアイドル

智恵理

洋子

から

>>221


220:2015/09/19(土) 16:08:16.06 ID:
チエリエル


223:2015/09/19(土) 16:15:44.79 ID:

晶葉「この流れからすると、彼女も案外……」

P「う、うむ……」

智絵里「あ、あの、私……何か……」

晶葉「いや、君は何も悪くない」カポッ

智絵里「ふえっ?」




智絵里のエロ妄想

>>225


225:2015/09/19(土) 16:16:20.04 ID:
>>139


139:2015/09/19(土) 13:45:22.79 ID:
Pをベッドに拘束して肉バイブとして気が向いたときに好きに使う


232:2015/09/19(土) 16:32:07.82 ID:

<ガチャッ


P『ち、えり……』

ギチッ……

智絵里『こんばんは、Pさん……』

P『智絵里……もうこんな事はもごっ!?』

ゴクッゴクッ……

智絵里『ダメです……私の前からいなくなっちゃダメです……』

P『ぷはっ……う、うおおっ……』ビキビキビキッ

智絵里『うふふ……いつ見ても、凄い大きさです……』

シュルルッ……

ヌチュッ

智絵里『今日も……いっぱい、出してくださいね?』

ズチュッズチュッズチュッズチュッ!!
ギシッギシッギシッ!!

P『うっ! ふぅぅぅっ!』

智絵里『ふふふっ……ダメですよ? 我慢なんかしちゃ……』

ミシッミシッミシッミシッ!!
ズプンズプンズプンズプン!!

智絵里『んっ……ふぁっ……奥っ……気持ちいっ……///』

P『ふぐっ! ぐぅぅぅっ!!』

ズッチュズッチュズッチュズッチュ!!

ドビュッ!
ドビュルルルルルル!!

智絵里『はぁぁっ……お腹の中……Pさんで……満たされて……///』

P『ふぅーっ……ふぅーっ……』

智絵里『もっと……もっと……お腹、パンパンになるまで……!///』

ズチュッズチュッズチュッズチュッ!!
ギシッギシッギシッ!!




――

智絵里『ふぅ……満足です///』

P『う……あ……』

智絵里『それでは、また……』ニコッ


236:2015/09/19(土) 16:39:53.92 ID:

晶葉「P……」

P「……」

P「はっ! そうだ智絵里は!?」

智絵里「ブクブクブク……」バターン

P「うぉぉぉぉっ!!」

バタバタバタ……

晶葉「騒がしい人だ……」




次のアイドル

歌凛

洋子

から

>>239


239:2015/09/19(土) 16:45:03.09 ID:
洋子


240:2015/09/19(土) 16:49:41.64 ID:

晶葉「典型的なパッション姉だぞ」

P「心の準備はできてる」

洋子「何してるんですか? そんなところで」

晶葉「ちょっとな」カポッ

洋子「えっ、何これ? えっ?」

晶葉「少しじっとしてるだけで良い」



洋子のエロ妄想

>>244



244:2015/09/19(土) 16:51:19.00 ID:
枕営業で乱交


246:2015/09/19(土) 17:10:03.58 ID:

偉A『ほぅほぅ……』

偉B『さすが346、良い娘が揃っておりますな』

偉C『ふっふっふっ!』

偉D『おぉ~……』

パンパンパンパンパン!!

洋子『こんな体勢……恥ずかしっ///』

他アイドル『んっ! はぁっ!』

D『おぉ、E。そっちの娘も良さそうだな』

C『そちらもな。まぁ……』

ドビュッ!

洋子『んぅっ!///』

他アイドル『はぁぁぁっ///』

偉E『私が先だがな』

ズプンッ

洋子『あっ///』

D『では私は後ろを』

グプッ

洋子『ひぃぃっ!?』

パンパンパンパンパン!!
グプッグプッグプッ!!

洋子『ひぃぃ! ゃあんっ!///』

E『あぁ、流石運動系、よく締まる……』

D『おぉっ、出る!』

ドビュルルルルルル!!
ドプドプドプッ!!

洋子『あぅっ……はぁっ……はぁっ……///』

E『ふふ、お礼だ。いい仕事を紹介してあげよう』

洋子『あ、ありがとう……ございます……///』



247:2015/09/19(土) 17:14:24.46 ID:

晶葉「やはりパッション……」

P「させないぞ! こんなの絶対させないからな!!」

洋子「ひぃぃっ!! ごめんなさいぃっ!!///」シュゥゥゥゥ……

P「絶対だ! 絶対に枕なんかさせない!」

洋子「大丈夫、今はPさんしか考えられないから……///」

P「え?」

洋子「……あっ……ああああああああああああっ!!!///」ボンッ!

洋子「」バターン

P「よ、洋子!!?」

晶葉「これはただの自爆だな」



次のアイドル

歌凛

芽衣子

から

>>251


255:2015/09/19(土) 17:20:01.30 ID:
藤原さん


257:2015/09/19(土) 17:28:45.24 ID:

P「……一応聖職者だよな?」

晶葉「だと思うが……」

歌凛「あの、それで私は……」

晶葉「座ってるんだ。座ってるだけでいい」カポッ



歌凛のエロ妄想

>>261



261:2015/09/19(土) 17:29:38.30 ID:
ファン達によるザーメン風呂に浸かる


265:2015/09/19(土) 17:43:37.76 ID:

ファンA~Z『うぉぉぉっ!』シコシコシコ

ファンα~ω『はぁぁぁっ!』シコシコシコ

ファンА~З『おぉぉぉっ!』シコシコシコ

ファンあ~ん『ふぉぉぉっ!』シコシコシコ

ファンイ~ス『へぁぁぁっ!』シコシコシコ

ドビュルルルルルル!!
ビュルルルルルルルルルルルルル!!
ビューーーーッ!! ビューーーーッ!!

歌凛『わぁぁっ、凄い……本当にお風呂に……きゃあっ』ツルッ

ザプーン

歌凛『きゃあっ……くさぁい……///』

歌凛『ひゃあっ……べたべたするっ……///』

ビュルルルルルルルルッ

歌凛『ふぇっ!? ま、また!?』

歌凛『やぁんっ……全身ドロドロ……///』


266:2015/09/19(土) 17:47:38.84 ID:
晶葉「時々挿入なしもあるが、こんな形とはな」

P「それも歌凛がな……」

歌凛『ふぇぇぇぇっ……///』ブシュゥゥゥゥッ……コテッ

ガシッ

P「座っててもこけるのか……」



次のアイドル

フェイフェイ

芽衣子

から

>>269


269:2015/09/19(土) 17:48:10.90 ID:
フェイフェイ


271:2015/09/19(土) 17:52:53.18 ID:

晶葉「海外組が来たか」

P「果たしてどうなるのか……」

フェイフェイ「どうしたんダヨーPさん?」

晶葉「すぐに終わる」カポッ

フェイフェイ「何ダヨー?」



フェイフェイのエロ妄想

>>274


274:2015/09/19(土) 17:55:15.14 ID:
海辺で青姦


277:2015/09/19(土) 18:02:27.85 ID:
フェイフェイ『こんな所で……恥ずかしいヨー……///』

P『大丈夫、こんな所まで誰も来ないさ』

スルスル……

フェイフェイ『あっ……///』

P『綺麗だぞ……』

ペロペロ……

フェイフェイ『あぁっ、舐めちゃ……///』

P『ん……これは……』

クチュクチュ……

P『いつもより多いな……今度から表でヤったほうが良いか?』

フェイフェイ『そ、そんな事ないヨー……///』

P『まぁ、濡れてるならダメって事はないよな』

ズプッ!

フェイフェイ『んくぅっ!///』

ズプンズプンズプンズプン!!

P『おぉっ……これ、いつもより……』

フェイフェイ『んっ! ふぁっ! はぁっ!……///』

P『フェイフェイ……お前、やっぱり外の方が良いだろ!』

フェイフェイ『ゃっ……ぃゃっ……あああっ!!///』

ビクビクビクンッ!!


278:2015/09/19(土) 18:07:48.27 ID:

フェイフェイ「イヨォォォォォォオオオッ!!?///」ボォォォォォ

P「比較的まとも……なのか?」

晶葉「比較的、な」

フェイフェイ「チョ、チョ、チョットハシテクルダヨー!!」

ドタタタタタタタタ!!

晶葉「おぉ、キュートでこれを見るとは」

P「言葉までちょっとおかしくなってたな……」



次のアイドル

ゆかり

芽衣子

から

>>281


281:2015/09/19(土) 18:09:05.43 ID:
はじめ


283:2015/09/19(土) 18:21:30.17 ID:

晶葉「……清楚系だと良いな」

P「クールはほとんどアレだからな」

肇「えぇと、その……すみません……」

晶葉「別に責めてはいないさ」カポッ



肇のエロ妄想

>>286



286:2015/09/19(土) 18:21:56.21 ID:
イノシシに獣姦


288:2015/09/19(土) 18:32:09.10 ID:

肇『ふぅ。そろそろ休憩しますか』

コポコポコポ……
コクッ

肇『はぁ……山で飲むと、ただのお茶も美味しく感じますね……』

<ガサガサガサ

肇『?』

猪『グォォォッ!!』

肇『きゃあっ!?』

猪『グォッ! グォォッ!!』

肇『に、逃げないと! あぁ、腰が抜けて、立てない……』ヨロヨロ

猪『グォォォァァァッ!!』

ズッ!!!

肇『きゃあっ!?』

猪『グァァァッ!!』

ズッ! ズッ! ズッ!
ズプゥッ!!

肇『いやああああっ!!』

猪『グォォォォォォォォッ!!』

ズッ! ズッ! ズッ! ズッ! ズッ! ズッ!
ドクッドクッドクッ……

肇『いやぁ……いのしし……なんかに……』ポロポロ


290:2015/09/19(土) 18:35:28.53 ID:

P「何故だ!」

晶葉「何者かの意志、というべきか。強い思念を感じる気がする……」

肇「あ、あぁ……ご、ごめんなさいぃぃぃっ!///」シューッ



P「頼むぞ……ホントに頼むぞ……」

晶葉「私としては幅広いデータを取れた方が良いんだがな」

P「何のデータだよ……」



次のアイドル

ゆかり
アナスタシア
芽衣子

から

>>294


294:2015/09/19(土) 18:38:01.44 ID:
アナスタシア


297:2015/09/19(土) 18:41:35.15 ID:
晶葉「二人目の海外組か」

P「これは……予想できない……」

アーニャ「アー、元気、出してください?」

晶葉「それは君の妄想次第さ」カポッ

アーニャ「?」



アナスタシアのエロ妄想

>>300


300:2015/09/19(土) 18:42:05.61 ID:
コタツで乳とクリを弄られながらキスの応酬


303:2015/09/19(土) 18:54:08.35 ID:

アーニャ『アァァ……こたつ、あったかい、です……』ヌクヌク

P『……』スッ

アーニャ『あ、P……Pも、一緒に入りませんか?』

P『いや、俺はアーニャの後ろの方が良い』ススス

アーニャ『んっ……Pのエッチ……』

P『誰に教わったんだそれ……』

P『まぁ、間違ってはないかもな』

スーッ……クニッ

アーニャ『……!?///』ビクンッ!

クニックニッ
クリクリクリ

アーニャ『プ、プロデューサー……? な、何、を……///』

P『こたつに入ったままでは逃げられまい?』

クニクニ……キュッキュッ
クリクリクリッ

チュッ

アーニャ『あっ……んむ……ちゅっ……///』

クニュッ! クニュッ!
キュッ!

チュプッ! チュパッ!

アーニャ『ちゅむっ……あむっ……んむぅっ……!///』

アーニャ『んっ……!!!///』ビクビクビクン!

P『ふう』

アーニャ『ぷはぁっ……///』トロン

P『さてと……じゃ、ごゆっくり……』スタスタスタ……

アーニャ『そんな……お預け……なんて……///』


305:2015/09/19(土) 18:58:49.09 ID:

P「ハラーショー」

晶葉「貴重なイチャラブだな。さてこちらは……」

アーニャ「ア、ア、アァァァァ……///」シュゥシュゥシュウ……

晶葉「良かったな。好感度抜群だぞ」

アーニャ「!!!」

アーニャ「……///」プシューッ……バタッ

P「おっと」


306:2015/09/19(土) 19:06:32.78 ID:

晶葉「そろそろお終いにしようか」

P「いや、もう一人だけ必要だ」

晶葉「一人?」

P「お前だ」カポッ

晶葉「なっ!?」



晶葉のエロ妄想

>>310


310:2015/09/19(土) 19:08:47.72 ID:
>>308


308:2015/09/19(土) 19:07:51.41 ID:
Pと純愛な初夜


313:2015/09/19(土) 19:19:02.92 ID:

ギュッ……ドサッ

晶葉『一つ……確かめさせてくれないか……』

P『何だ?』

晶葉『私を……本当に、愛してくれているか?』

P『何を今更。昼間、神の御前で誓っただろう?』

晶葉『だが……色々ヘンテコな発明ばっかりするし、愛想もない……』

P『そんな事ないさ』

チュッ

晶葉『あ……』

P『それが晶葉の可愛い所じゃないか。変なものを作って騒ぎを起こし、年の割に硬い口調で……』

晶葉『……』

P『俺はそんなところに惚れたんだからな』

晶葉『!!』ジワ

シュルッ……パサッ……

晶葉『……やさしく、な?///』

P『……なんだ、しっかり可愛いじゃないか』

晶葉『助手……いや、『  』……』


314:2015/09/19(土) 19:25:29.37 ID:

晶葉「うぉぉぉおおっ!!?///」

P「……ある意味一番意外な結末だ……」

晶葉「う、うるさいうるさぁぁぁい!!///」

晶葉「え、えぇい……こうなったら仕方ない!///」

ダッ

P「お、おぉい何処へ行く!?」




この後、晶葉は『妄想実現機』の開発を開始。
その試作型が一騒動起こす事になるのだが、それはまた別のお話。





おしまい


316:2015/09/19(土) 19:28:56.83 ID:
乙乙
実現したらまずい妄想ばかりだと思う


318:2015/09/19(土) 19:34:46.35 ID:
用意していたクールアイドルが弾切れになってしまったので今回はこれまで。
またいつか残りのアイドルでもやってみたい。

それでは。


322:2015/09/19(土) 21:32:09.18 ID:
歌鈴が歌凛になってる事に今気付いた……
失礼しました……


323:2015/09/20(日) 01:02:57.68 ID:
ネタ的に大人組はキツイかな?

個人的に見たいがな


324:2015/09/24(木) 01:21:47.01 ID:
これpは全員の裸体見てるんだよなぁ




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1442627012/

→→もっとアイドルマスターシンデレラガールズを読む←←