1:2015/09/21(月) 08:35:06.54 ID:
秋、白糸台高校麻雀部室


淡「ねえタカミー、亦野せんぱーい」

誠子「ん、何?」

尭深「淡ちゃん、どうしたの?」

淡「アレ…どう思います?」

尭深「アレ?」

淡「アレですよアレ」

誠子「ああ…アレね」

宮永照


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442792106

2:2015/09/21(月) 08:38:59.46 ID:

菫「おい照、私は忙しいんだが」

照「もうちょっとだけ」

菫「っていうかそもそもなんで膝枕なんだ」

照「園城寺さんに教えてもらった。 膝枕ってしてもらうと気持ちいいんだって」

菫「私の方は足が痺れるだけなんだが……」

照「私は気持ちいいよ」

菫「あのなあ…引退したとは言え引き継ぎの仕事が多いんだ、もうそろそろ行かせてくれ」

照「やだ、もっとかまって」

菫「小学生かお前は……ほら、どいてくれ」

照「やだやだーー菫の肉体(からだ)をもっと堪能したいーーやだやだーー」

菫「なんなんだお前は! っていうか紛らわしい言い方するのやめろ!!」


3:2015/09/21(月) 08:42:10.23 ID:

誠子「宮永先輩…インハイ終わってからずっとあんな感じだよな」

淡「何か元からダルダルの天然ボケボケー、だけど100倍位増になってますよね~」

尭深「正直、虎姫以外の人には見せられないよね…」

誠子「流石にあれはなあ…」

スミレースミレーカマッテカマッテー

イイカゲンウットウシイゾ!!

淡「そもそもなんであんなことになってんの?」

誠子「妹さんと再会を果たしたから、とか?」

尭深「どういうこと?」


4:2015/09/21(月) 08:47:12.88 ID:

誠子「張りつめてた物がなくなった~とか、そんな感じかなって」

誠子「宮永先輩ってさ、元からチーム内ではあんな感じだったけど外面は割としっかりしてたじゃん」

淡「そですねー。 営業スマイルはともかく、それ以外でも割とクールな振る舞いしてましたね」

誠子「それが、あの個人戦決勝過ぎてからはずっとこんなんだし」

淡「スゴかったですよね~アレ。 試合の内容もだけど、サキーが勝った後の抱き合った所とか」

尭深「一週間くらいはテレビでずっと特集やってたね」

淡「今週のweekly麻雀TODAYでもコーナーありましたよ、「離れ離れの姉妹、涙の再会!! 今年のインターハイを振り返る!!」だってさ~」

誠子「まあそんな感じでさ、妹さんの事は正直よく知らないけど…家庭環境も大分複雑だったみたいだし」

尭深「…無理してたんじゃないかってこと?」

誠子「うん。 で、家庭の部分で張りつめてたのが解消されて、その反動で素のだらけた部分が強く出ちゃってるんじゃないかなーって」

淡「テルーDD(ダラダラ)モードだね!」

誠子「アマチュア無線みたいな言い方はやめて…」


5:2015/09/21(月) 08:51:26.65 ID:

アアァァァスミレェェェ…

尭深「でも、このままでいられると流石に困るよね」

誠子「うん、部活中も延々これだとちょっとなあ。 他に行くところないからって入り浸ってるし」

淡「私は面白いから良いけどねっ」

誠子「お前がよくても他が困るんだよ……」

淡「う~ん、なら私がテルーにお話聞きつつ説得してきますよ!」

尭深「えぇ…淡ちゃんが?」

誠子「そこはかとなく不安なんだけど……」

淡「まあまあ、高校100年生かつカリスマ美容師の淡ちゃんにまっかせといて!」

誠子「……結構前のネタ引っ張るのな」


6:2015/09/21(月) 08:54:48.37 ID:

照「うぅ…菫が冷たい…」

淡「ねえねえテルー」

照「淡……何?」

淡「テルーはさ、菫先輩に甘えたいの?」

照「うん……うん?」

淡「何その良く分かんない反応」

照「よくよく考えてみるとどうなのか良く分からない…」

淡「なにそれ」

照「……今までは麻雀もそうだけど、他にも考えることが多くていっぱいいっぱいで、あんまり人と関わってこれなかったから……」

照「……だから、これからは友達や部活仲間ともっと交流したいなって思ったんだ」

淡「確かにテルーって必要以上に他人と関わろうとしてなかったもんね」

照「でも、いざ交流しようと思ってもどう接したら良いかイマイチ分からなくて……」

照「菫は今までもよく面倒見てくれてたから、思いっきり甘えてみようかなって思ったんだけど……怒られるだけで正直辛い」


7:2015/09/21(月) 08:58:18.02 ID:

淡「テルーはコミュ障なんだね」

照「コミュ障……って何?」

誠子「いきなり失礼な事を言うんじゃない!」

尭深「淡ちゃん、流石にそれはどうかと思う…」

照「あ、誠子と尭深…コミュ障って何?」

誠子「…う、内気な人のことをそう言ったりするみたいな……大体そんな感じです!」

尭深「誠子ちゃん、ちょっと苦しいかも」

淡「人と接するのが苦手な人の事だよ!」

誠子「コラ、大星!!」

尭深「もうちょっとオブラートに包もうよ…」

照「……正直自分でもあまり得意とは思えないかも」


8:2015/09/21(月) 09:01:08.62 ID:

照「ねえ、コミュ障?を克服したいんだけど、どうすればいいかな」

誠子「うーん……正直私たちとは全然普通に話せてるじゃないですか。 こんな感じで回りとも接すれば良いんじゃないですか?」

照「それが最近、話しかけるだけで人に逃げられる」

尭深「宮永先輩、何やらかしたんですか?」

照「何で私が何かしたか前提になってるの。 ……特に何もしてないし心当たりないよ、正直最近そのせいで気分が重い」

淡「……前にテルーが他の1年生に話しかけようとしてるところ見たことあるけど、ありゃ逃げるってー」


――

照「そこの貴方、ちょっと良い?」

1年生「え、宮永先輩!? は、はい、なんでしょうか?」

照「あ、あのね…その……」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

1年生「ヒィッ!! あ、あのォ……」

照「…………何?」ゴォッ

1年生「」

1年生「ご、ごごごご、ごめんなさーーーい!!!」ダダダダダ

照「あ、待ってっ……」


9:2015/09/21(月) 09:05:25.19 ID:

――

淡「ってな具合に」

誠子「これはひどい」

照「…あの時はいざ話しかけてはみたものの、何を話せばいいのかイマイチ分からなくて困った」

誠子「そりゃ誰だって逃げますって……」

尭深「…だから最近、宮永先輩の機嫌が悪いって騒がれたんですね」

照「どうすればいいんだろう」

淡「そもそもテルーは何で人と話すときにあんなに迫力だしてるの?」

照「……さっきも言ったけど、何を話せばいいのか分からなくて。 で、いざ話題を捻り出してみようと思ったけど何も思いつかなくて」

照「それで、相手も困ってたみたいだから急いで話題考えないと……と焦ってたら相手が逃げてた」

尭深「うわぁ」

誠子「これは筋金入りかもなあ」


10:2015/09/21(月) 09:08:46.51 ID:

照「慣れ親しんだ相手以外とはまともに会話が出来なくて…気まずい時とかも何を話せばいいのか分からなくて困る」

照「その1年生の娘に話しかけたのも、なんとか会話の練習をしたいと思ったから」

誠子「うーん、このままだと今後の生活にも支障出ちゃいそうじゃないですか?」

照「実際、もう既に大分出てる……」

尭深「何かトラブルでも?」

照「妹の事、覚えてる?」

淡「まあそれはモチロン、何か険悪だったんだっけ?」

照「うん、家はまあちょっと……色々あって」

誠子「その辺は深く聞きませんけど、妹さんとは別で暮らしてるって事ですよね」

照「まあ……大体そんな感じ」


11:2015/09/21(月) 09:12:11.49 ID:

照「咲が実際に会いに来てくれた事がもっと前にも一度あったんだけど……」

誠子「喧嘩になっちゃったんですか?」

照「それ以前の問題かも知れない。 咲は色々話してくれたんだけど、前みたいな感じで困ってたら一言も話せなかった」

尭深「うわぁ……」

照「ずっと黙ってたら、とても悲しそうな顔で笑いながらごめんって言われて帰っちゃった」

淡「それは……私でもちょっと傷付きそう」

照「あれからすっきり険悪になってしまって、あの時は自分の会話の下手さを呪ったよ」

照「本当は、お母さんたちの事もあって何を話したらいいのか分からなかっただけなのに」

照「本当は、久しぶりだねって抱き締めてあげたかったのに…」

尭深「……」

誠子「……これは、由々しき事態かもしれませんね」


12:2015/09/21(月) 09:16:12.04 ID:

淡「そっかー…、なら私が良い方法教えてあげる!」

照「淡、本当?」

誠子(嫌な予感がするぞ)

淡「あのね、テルーの普段のモードあるじゃん? あのキリッとした状態で、まず相手の事を褒めるところから始めるの!」

照「相手の事をとにかく褒めれば良いの?」

淡「そうそう! あ、でもただテキトーな言葉並べ連ねるだけじゃダメだよ、そういうの相手は分かっちゃうから」

淡「相手の娘の、こういう所良いな~って思った部分をそのまま言葉にして褒めてあげるの!」

淡「人に良く言われて気を悪くする娘なんていないでしょ? とりあえずそういう所から会話を始めてみたらどうかな?」

淡「警戒心が無くなった人相手なら、テンパる事もないし落ち着いて話せるでしょ?」

照「なるほど」


尭深&誠子「「……………」」ポカーン

淡「お二人ともどうしたんですかー?」

誠子「いや、あまりに淡の言う事がまともだったからどうしちゃったのかと思って」

尭深「…明日は初雪かも」

淡「何それ!? 酷くない!?」


13:2015/09/21(月) 09:25:49.40 ID:

照「相手を褒める…か」

照「ねえ淡、練習相手になって?」

淡「え? 良いよ、バンバン褒めちゃって! どうせなら相手の目をしっかり見て話したほうが良いかな~」

照「分かった、やってみる」

照(キリッと…キリッと…)

照「……ねえ、淡」ジッ

淡「なあにー? うっ……」

淡(テルーに真顔でジッと見つめられると……何か照れるよー!! これはマズったかも)

照「淡、いつもこんな私に明るく接してくれてありがとう。 淡は明るくて懐っこいし、笑顔が素敵で可愛いよ」キリッ

淡「あ、あわあわわわ……」

照「碧い透き通る瞳も、サラサラの金髪も輝いてて綺麗」サラァ

淡(あ、私の髪触……)

照「いい香り……サロンSIDの新作だよね。 元気な淡のイメージとはちょっと違うけど、そのギャップが良いかも」

淡「」

誠子「」

尭深「」

淡「す、ストーーーーップ!! 分かった、分かったから!! 一旦ストップ!!」


14:2015/09/21(月) 09:28:45.09 ID:

淡「ハァー……フゥー……」

淡(予想以上の破壊力だった……思わずオトされそうになった……)

照「淡の言ったとおりやってみたんだけど、ダメだった?」

淡「い、いや~……良い、んじゃないかな? 多分だけど……」

誠子「私、夢でも見てるのかな……」

尭深「誠子ちゃん、現実逃避しないで」

照「淡だけじゃ分かんないから、二人も練習相手になって?」

誠子&尭深「「え゛っ」」


15:2015/09/21(月) 09:33:37.83 ID:

照「まずは尭深から」

尭深「あ、あの、私ちょっと用事を」

照「尭深待って、不安だから付き合って」ガシッ

尭深(…逃げられない)

照(キリッと……キリッと……)

照「…尭深って、あまり目立たないけどとっても可愛いらしいね」ジッ

尭深(め、目が逸らせない……)

照「立ち振る舞いから雰囲気まで何もかもが清楚で、大和撫子って言葉は尭深の為にあるような言葉だね」キリッ

尭深「あ、あの……せんぱ……」

照「部室の端で座ってお茶を飲んでる姿、そのまま絵に描いて飾りたいくらい似合ってるよ」フフッ

尭深「」

淡(何今の笑顔……)キュンッ

誠子(おかしい、何かがおかしい)


16:2015/09/21(月) 09:37:42.60 ID:

淡「タカミー大丈夫ですかー?」

尭深「」

誠子「ダメだ、完全に固まっちゃってるよ…」

照「じゃあ次は誠子ね」

誠子「は、はい……」

照(キリッと……キリッと……)

照「…月並みかもしれないけど、誠子はとってもカッコいいね」ジッ

誠子「は、はぁ…それはなんというか……」

照「いつもキリッと凛々しくてさ、スポーツも万能で…たまにグラウンドで授業やってるの見るたびにカッコいいなって思ってた」

誠子(何だこれ、思ってた以上に恥ずかしい!)

照「髪だって凄く短いけど、誠子みたいにカッコいい娘じゃないと絶対似合わないよ」

照「私にはないところだらけだから、そういうの凄く憧れるな……素敵だよ」フフッ

誠子「」


17:2015/09/21(月) 09:40:43.84 ID:

照(何故だろう…思ったとおりに相手を褒めよう、と思ったらスラスラと言葉が出てくる……)

照(それに、なんだか自然と笑顔になれてる気がする)

照(楽しい……もっと、もっと人を褒めくり倒したい……!)

誠子「なあ、これ何かおかしい方に向かってってないか?」ヒソヒソ

尭深「正面から口説かれるのがこんなに恥ずかしいなんて…」ヒソヒソ

淡「何あの優しい笑顔!? あんなの見せられたら大抵の娘はシュンコロだよ!」ヒソヒソ

誠子「っていうか宮永先輩のあの豹変なんなんだ……そういう才能あるんじゃないの?」ヒソヒソ

尭深「アレは百戦錬磨の顔…」ヒソヒソ

照「ねえ皆」

三人「「「ひゃいっ」」」

照「あの、相談に乗ってくれてありがとう」

誠子「い、いえいえ…」

尭深「……お気になさらず……」


18:2015/09/21(月) 09:43:55.21 ID:

照「あのね、さっき淡が言ってたその人の良いと思った所をそのまま褒めてあげるってこと」

淡「あ、あぁ~アレね、うん……いやーでもちょっとやり過ぎな気が…」

照「一度喋り始めたら、自分でも信じられないくらい言葉が、気持ちが出てくるんだ!」キラキラ

淡「!?」

誠子(誰だこれ)

照「自分が自分じゃないみたい……でも、気持ちをそのまま伝えることが、こんなに幸せな気分だなんて」キラキラ

尭深(私、夢でも見てるのかな)

照「今までは思ったことをそのまま言うなんて、良くないことだと思って控えてたけど……こんなことならもっと早くからやっておけば良かった!」キラキラ

誠子(頭痛くなってきた)

淡「あ、あのねテルー? それはもう止めないから……あくまで、良いと思う部分だけにしといてね?」

照「うん、その辺の分別は付いてるから大丈夫だよ。 私を心配して言ってくれてるんだね、淡は優しいね」フフッ

淡「」


19:2015/09/21(月) 09:47:18.81 ID:

照「菫にも、気持ちを送りたいな。 早く戻ってこないかな」キラキラ

誠子「あ、あのー……それ弘世先輩にやるのはやめた方がいいような……」

照「え、何で? 菫にはいつもお世話になってるから、出来れば菫にこそ伝えたい」

誠子「あー、いやー……それはそのー……」

淡「菫先輩がテルーの事好きだから、ってのはちょっと伝えづらいですよねー」ヒソヒソ

尭深「流石に私たちの口からは言えない…」ヒソヒソ

淡「そもそもあんなに甲斐甲斐しく世話焼いてる時点で、分かりそうなもんですけどね」ヒソヒソ


ガチャ


菫「すまない、遅くなったな」

淡&尭深「「!!」」

誠子「あ、お疲れ様様です!」

照「菫、お疲れ様」

尭深「何てタイミングで……」ヒソヒソ

淡「これヤバくないですか?」ヒソヒソ


20:2015/09/21(月) 09:50:35.04 ID:

照「ねえ菫」

菫「うん? どうしたんだ?」

照「菫にはさ、いつも感謝してるんだ」ジッ

菫「…何だいきなり」

菫(な、何だ? 目が離せない……)

照「私、この通り麻雀以外はダメダメでしょ? いつも色んな面でサポートしてくれてる菫には、感謝してもしきれないよ」キリッ

菫「そ、そうか…」

照「大人びてて、面倒見が良くて…長い綺麗な黒髪も、凛々しい菫にはピッタリだね」サラァ

菫「ッ!?」カァァァァ

照「3年間ずっと一緒だったから、言えずにいたけど……ありがとう」フフッ

菫「て、照っ!! 私は、私は……!!」

照「これからも、ずっと一番の友達でいてね」

菫「」ピシッ


21:2015/09/21(月) 09:51:38.03 ID:

照「菫は一番の親友だもん、これからもずっと仲良くしていきたい」

菫「」

照「迷惑ばっかりかけないようになるべく頑張るからさ……菫?」

菫「あ、ああ…そうだな……うん、そうだな……」

照「これからもよろしくね、菫」ニコッ

菫「」

淡「あーやっぱり……」ヒソヒソ

尭深「分かりきってる展開だった……」ヒソヒソ

誠子「不憫だ……」ヒソヒソ

照(人とのコミュニケーションの取り方、分かってきた気がする)

照(これからはクラスの皆や学校の皆ともこうやって接していけばいいんだね!)キラキラ


22:2015/09/21(月) 09:53:16.35 ID:

――

淡(こうしてテルーは、なんだかおかしなコミュニケーションの取り方を身につけてしまいました)

淡(次の日から、回りの女の子を口説きに口説きまくった結果、一月経った今では……)


照「皆、おはよう」

女生徒1「あっ、照様よ!」

女生徒2「照様、今日もお美しいわ…」

女生徒3「ああ……また、あの白魚のような指で髪に触れて欲しい……」

女生徒4「押し倒されたい」


淡(学校中の女の子をオトし続けて、今となっては学園の女王様みたいになってしまいました)

淡(今となっては宮永照様をお守りする会、通称MOKなんてモノまで出来上がっています)

淡(……どーしてこうなっちゃったんだろ)

淡(ちなみに正面からお友達宣言をされた菫先輩は、それから一週間くらい凹んでました)


23:2015/09/21(月) 09:55:01.62 ID:

淡「はーぁ、照にまさかこんなジゴロの才能があったなんて……」

照「あ、淡。 おはよう」

淡「おはようテルー。 何ていうか、今日もスゴいね…回りの親衛隊」

照「恥ずかしいからやめてって言ってるんだけど、どうしてもって聞いてくれなくて」

照「でも皆好意でやってくれてるから、とても嬉しいよ」フフッ


女生徒1「!? 照さまが微笑まれたわ!」

女生徒2「素敵…どんな花よりもお美しい…」

女生徒3「あの笑顔を見られるだけで、今日一日の糧になるわ……」

女生徒4「無茶苦茶にされたい」


24:2015/09/21(月) 09:59:03.28 ID:

淡「は、ははは……」

照「そうだ、淡。 私冬休みになったら、旅に出ようと思うの」

淡「旅? 何でまた?」

照「インターハイの時に戦った人たちとね、また会ってみたいんだ」

照「それと、咲が今までどんな人たちと打ってきたのか……見てみたい」

照「プロになったらこんなことも出来ないだろうし……だから、1週間くらいかけて全国を歩き回ってみようかなって」

淡「へー、良いんじゃない? ケンブンを広めるのも大事なことだよね!」

淡(……ってちょっと待って。 今の照がそのまま旅行に行ったら、全国中の女をオトして回っちゃうんじゃ!?)

淡「て、照! その旅私もついてく!」

照「え、別にいいけど……旅費とか大丈夫?」

淡「ウチはお金持ちだからヨユーだよ!」

淡(そんな事になったら血で血を争う抗争が生まれちゃうよ! 何とかしないと!)


―こうして、私とテルーはインターハイ出場校をめぐるべく旅に出るのでした

槓!


25:2015/09/21(月) 10:00:48.89 ID:
以上です、キャラ崩壊失礼しました。


26:2015/09/21(月) 10:01:52.66 ID:
乙です。
照が本心でジゴロってんのがスゴイ。そしてあわいい


30:2015/09/21(月) 18:39:20.40 ID:
早く旅に出た話を


31:2015/09/21(月) 19:27:50.30 ID:
面白い乙
もし淡がついて行かなかったら目的地に着けないだろうから、雀士の代わりに不特定多数が被害に逢う(誤字ではない)羽目になったのだろうか




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1442792106

→→もっと咲-Saki-を読む←←