1:2015/09/21(月) 14:41:23.72 ID:

・モバマス、アニメとゲームの中間くらいの設定です
・性的描写あり、閲覧注意

鷺沢文香64


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442814083

2:2015/09/21(月) 14:47:24.10 ID:
目の前の物体をしげしげと観察します。

いえ、物体と言うのは正しくないのでしょう。それは私の股間から生えているのですから、体の一部、器官と呼ぶべきでしょう。

これ自体の存在は知っています。本来なら男性の方が持っている…その…生殖器です。

私も実物を見た事はありませんが、さすがに大学生ともなればどんな形状をしているか知らないという事はありません。

問題はなぜ女の私にこのようなものが生えてしまったのかです。


4:2015/09/21(月) 14:57:58.10 ID:
私、鷺沢文香は学生のかたわらアイドルとして活動をしています。

もともと人と話すのが苦手で静かに本を読んでいるのが性に合っていた私は、アイドルなどと言うものにまるで興味がありませんでした。

しかし運命というのは不思議なものでたまたま出会ったプロデューサーさんにスカウトされ、この世界への一歩を踏み出すことになりました。

アイドルとして活動するうちに様々な方と関わり、私自身も大きく成長を遂げていきました。

そして私は会社が推し進める大きなプロジェクトの一員として選ばれてしまったのです。


5:2015/09/21(月) 15:05:29.73 ID:
プロジェクトのメンバーに選ばれた私たちはライブに向けて合宿を行う事になりました。

都心から少し離れた場所にある練習設備と温泉付きの宿泊所、会社の所有物であるこの合宿所に私たちは昨日から集まっています。

プロジェクトのメンバーは私より年下の方がほとんどなのですが、皆さんとても良い方で人付き合いの苦手な私もすぐに打ち解けることが出来ました。

そして一晩を過ごして明けた翌朝、違和感を感じた私は自分の肉体に起こった変化を発見しました。


6:2015/09/21(月) 15:25:35.23 ID:
女性の肉体に…その…男性器が付いているという現象は聞いたことがあります。

半陰陽、アンドロギュノスと言ったでしょうか。

しかしまさか自分の肉体にそれが起こるなどとは今朝まで想像だにしませんでした、まさに青天の霹靂とはこのことでしょう。

なぜこのようなことになったのでしょう。朝起きたら蟲になっていた、という小説がありましたがあのような実際に起こりうるものでしょうか?

いえ、なぜ起こったか、よりも今はこれからどうするのかを考えるべきでしょう。

そして問題はもう一つ…

速水奏「それで、説明してくれるのよね。文香」

見られてしまいました…


7:2015/09/21(月) 16:00:24.47 ID:
奏「まあ、ノックしなかった私も悪いんだけど」

文香「いえ、鍵をかけ忘れたのは私ですし…」

バスルームに入る時に慌てていたためドアをロックするのを忘れてしまったのでしょう。

奏「シャワーを浴びに来たら文香がそんなものをつけているんだもの、びっくりした。悪い冗談だと思うわ」

私たちのユニットのリーダーである速水奏さんはそう言いながらも、私には驚いているようには見えません。

奏「それで…文香は実は男の子だった、なんてオチじゃないわよね」

文香「いえ…私は女性です…」

以前どこかの小さなプロダクションが少年を女性アイドルとしてデビューさせた、などという噂を聞いたことがありますが真実なのでしょうか。

奏「そうよね…昨日お風呂で見た限りじゃ、そんなものはなかったし…」

見られていたのでしょうか…考えると恥ずかしいです…


8:2015/09/21(月) 16:07:04.08 ID:
奏「あ、動いた」

文香「えっ?」

奏「ふーん…もしかして…文香…興奮しちゃってる?」

興奮…いえ…ドキドキはしていますが…これも興奮と言うのでしょうか?

奏「作りものじゃあ…ないわよね…」

文香「キャ!!」

自分のものかと疑うくらい高い声が出ました。奏さんが私の股間に生えている物にそっと指を触れました。

奏「敏感なのね…、こうしたら…どう?」

文香「ひゃあ…や、やめてください…、あ…、あ…、変な感じが…します」

奏さんが私の物を手で掴むとゆっくりと上下に動かし始めます。
肉体が熱く火照り背中がゾクゾクとしてしまいます。

奏「ふーん、演技でもなさそうだし…本当に生えているみたいね」


11:2015/09/21(月) 16:30:30.79 ID:
奏「まあいいわ、こんなところじゃなんだし…」

私は奏さんに手を引かれ部屋に戻るとベッドに腰掛ける格好になりました。
…その…下半身を丸裸にされて…

奏「女の子の部分はちゃんと残ってるんだ…ねえ文香、自分でしたことある?」

あの…私はいわゆる恋愛小説というのはあまり読まないのですが、話題になった作品にたまに目を通すことがあります。
そのようなときは胸がドキドキして布団に入ってからも寝付けないこともあります。
肉体がむずむずするような夜、股間に手を伸ばして自分で触ると…おかしなことですがスッキリして休むことが出来る。
そんな経験は何度があります。

そう言った趣旨の説明を奏さんにすると…

奏「そう。じゃああんまり経験はないんだ」

そう言って再び私の股間を観察します。

文香「あ、あの」

奏「なに?」

文香「奏さんは…その…こういったものにお詳しいのですか?」

なんて事を聞いているのでしょうか私は、口にするだけで顔が赤くなってしまうのが分かります。

奏「そうねぇ…まあ普通の女子高生並みには、ね」

もしかしたらこれは僥倖なのかも…私一人では手に余る問題も奏さんなら解決へと導いてくれるかも知れません。


12:2015/09/21(月) 16:35:52.42 ID:
奏「それにしてもおっきい…ねえ文香、つらいんじゃないの」

あの…つらいというか…さっきから驚いたり恥ずかしかったりで…正直頭が混乱して…冷静に判断できなくなっているのが現状なのです。

奏「先も割れてるんだ…それじゃあ」

奏さんが私の…その…モノに顔を寄せていきます…

多くの男性、いえ女性ですら魅了する艶やかな唇が私のその…男性器へと接近して…

チュパ…

先が彼女の口へと含まれてしまいます…

文香「な、なにを…汚いですよ…」

奏「平気よ…それよりどんな感じ?」

どんな感じと言われても…


13:2015/09/21(月) 16:52:42.08 ID:
文香「ハァ…あ…あ………く…ああ……」

声になりません。まるでむき出しにされた神経に直接触れられているみたいで…

チュポチュポチュポ…

私の足元では奏さんがリズミカルに顔を前後に動かしています。

いえ、それですら視界の隅にぼんやりと入る程度で…本当に思考が…まとまらないくらいの…

奏「感じているのね」

私は肉体を支えることが出来ずにベッドの上に仰向けに倒れてしまいました。奏さんも上がってきて私の顔を覗き込みます。

奏「ねえ文香、気持ちいいんでしょ」

これが気持ちいいという事なのでしょうか…体が苦しくて…おかしくなりそうです…

奏「自分の感情を口に出して言ってみなさい、気持ちいいって」

文香「気持ち…いいです…」

ゾクっ

なんでしょうか、奏さんに教わった言葉を口にした瞬間背中に電流のようなものが走りました。これが言霊というものの効果でしょうか。


14:2015/09/21(月) 17:02:21.18 ID:
奏「ふふ…可愛い…ちょっと失礼するわね、このベッド一人用だし」

奏さんは体を反転させると私の胸元に腰掛けました。そして…

文香「はぁん…」

さっきよりも強い感覚が肉体を支配します。ここからでは見えませんが奏さんが何をしているかはっきりと分かります。

ジュポジュポジュポジュポジュポ…

文香「あ…あ…きもち…いい…で…あ…あ…ああ…」

ほんの短い言葉すら満足に言う事が出来ません。

文香「あう…く…はぁ…きもち…あ…ひや…あああ…」

目の前がチカチカとして頭の中がだんだんと真っ白になっていきます。もう自分が何者であるのか、どこで何をしているのか、それすらも分からなくなっていきます…

文香「だめ…それ…こわい…あ…あ…」

自分の体の奥から何かが湧き上がってくるような感じ…まったくの未知の感覚に肉体を支配されてしまいます。それでも体の芯へ次々と送り込まれる刺激が私をどこかへ連れて行ってしまうような…

奏「いいのよ、いってしまいなさい」

遠くから奏さんの言葉が聞こえました。意味は分かりませんがその声を聞いた途端…

ドプ…

私の中から何かがはじけていきました。


15:2015/09/21(月) 17:09:13.75 ID:
奏「びっくりした…まさか本当に出るなんてね」

脱力した私はしばらく動くことができませんでした。奏さんはその間にバスルームへ行き口をゆすいでリップを引きなおしてきたようです。

奏「ふふ、本当に男の子になっちゃったみたいね」

奏さんが言うのですから本当にそうなのでしょうか。こんなことプロデューサーさんにはなんと言って報告すればよいのでしょうか。

奏「まあ悩んでいても仕方ないわね、とりあえずレッスンに行きましょう」

確かにそうかもしれません。これは私たち素人が手に負える問題ではなくて専門の機関に相談するべきことなのでしょう。しかし…そんな事をすれば…私の肉体を大勢の人に見られてしまいます…

奏「どうするかは後で考えるとして、着替えてまずは朝食を取りましょう」

そう言って奏さんは私に背を向けるとパジャマのズボンを下ろし始めました。

それを見た途端…私は…


16:2015/09/21(月) 17:17:59.00 ID:
奏「痛い…ちょっと文香…やめて…」

文香「ごめんなさい…でも…」

気がつくと私は奏さんをベッドの上に押し倒していました。

こんなことをしてはいけない、そう分かっているのですが下着姿になった彼女を見たら自分自身を抑えることが出来ずに動いてしまったのです。

文香「はぁ…はぁ…ごめんなさい…ごめんなさい…」

口でもはそんな事を言いながらも私は何かに突き動かされるように彼女の下着をはぎ取ってしまいました。

奏「ちょっと…やめ…やめなさい…痛いってば…」

抵抗しようとする奏さんの手足を押さえつけてしまいます。肉体はもはや私が制御することも適わず乱暴に彼女を組みしだいていきます。何故だかは分かりませんが、奏さんが逃れようとするのを力づくで抑え込むと私の中で黒い悦楽が湧き上がってくる気がします。

そして…

彼女の脚を開くと…私は…自分の股間に生えた忌わしい印を…

…奏さんの中へと埋め込んでいきました…


17:2015/09/21(月) 17:24:58.79 ID:
奏「いや…やめて…やめ…痛いから…」

文香「ごめんなさい…でも…止まらない…ああ、こんなに…」

奏さんの柔らかく湿った秘部の感覚が私を狂わせていきます。自然と腰が動きさらに奥へ奥へとその醜悪なものを侵入させてしまいます…

文香「ああ…すごい…こんなに…」

もはや私は何も考えることが出来ず、ただ衝動に身を任せ激しく腰を動かすだけの人形になり果てていました。

奏「う…う…う…」

私の肉体の下で奏さんがうっすら涙を浮かべています。しかしそれすらも私の中に湧き上がってきたどす黒い感情の餌となりさらに深く腰を突き上げてしまいます…

奏「あ…そんな…奥まで…いや…そこは…」


18:2015/09/21(月) 17:34:10.46 ID:
グチュグチュグチュ…

私たちの足元から湿ったような水音が聞こえてきます。まるで底無しの湿地帯に浸かって抜け出せないような感覚…いえ、それだけではこの激しく強い衝動は説明が付きません。

文香「あ、あ…中で…うごく…あ…」

私の感覚の突端から伝わる柔らかく締め付けるような動き、偶然なのでしょうか。それとももう一度…

奏「や…そこ…感じちゃう…」

あ、また…どうやらこの角度で腰を突き上げると…あ、…来ました。とっても気持ちいい…
さっき奏さんに舐められていた時とはまた違うこの感じ…

私はそれが欲しくて夢中で腰を動かしています…

奏「はぁ…もう…仕方ないんだか…」

文香「あ…これ…いい…あ、あ…」

奏さんが私の動きに合わせるように腰を振ってくれます。私は彼女が与えてくれる新鮮な感覚をもっと味わいたくてまた付き入れました。

文香「あ…これ…」

背中がゾクゾクします…この感覚…さっきも…味わった…

文香「はぁ…はぁ…あ、あ…きもち…いい…だめ………でる…」

唐突に湧き上がる感覚の暴発により…私は動きをやめさせられ…奏さんの上に倒れこみました…


19:2015/09/21(月) 17:38:24.77 ID:
奏「まったく…乱暴なんだから…」

文香「ご…ごめんなさい…」

なんと言ってお詫びすればいいのでしょう。私はこともあろうにその…同じアイドルの仲間に狼藉を働いてしまい…

奏「まあしょうがないか、筆おろしだったんだし」

彼女は混乱する私の髪を撫でると優しく微笑んでそう言いました。

奏「次からは優しくしなさい、女の子はデリケートなんだから」

そう言うと…

チュ…

私に唇を寄せてキスをしました。


20:2015/09/21(月) 17:53:54.81 ID:
文香「あ、あの…本当にすみま…」

奏「もういいから、それより早く支度してレッスンへ行きましょう」

私があらためてお詫びをしようとしても奏さんは気にも留めていない様子でそう言いました。もっとも普段から彼女はあまり人に感情を見せる方ではありません。ミステリアス、とは私もたまに褒めていただくのですが、その形容は奏さんにこそふさわしいと思います。

奏「少しはすっきりしたでしょ」

確かにさっきよりは落ち着いたような気がします。やっぱり奏さんは私よりもこういった事に詳しいのでしょう。彼女に協力してもらえれば、もしかしたら公にせずにこの問題を解決する方法が見つかるかもしれません。

奏「ほら遅れるわよ」

私たちは急いでシャワーを浴びると着替えを済ませてレッスンへと向かいました。


22:2015/09/21(月) 18:31:50.32 ID:
トレーナー「はーい、今日はここまで!!」

文香「ありがとうございました」

今日も一日厳しいレッスンが終わりました。元々体を動かすのが苦手な私は、いつもダンスレッスンについていくのが精一杯です。それに今日は…

唯「わーい、文香。おつかれちゃーん」

文香「あ、唯さん…あの…いきなり抱きつくのは…」

唯「えー、唯いつもやってんじゃん」

文香「でも今は汗をかいていますし…」

唯「いいっていいって、唯は全然気にしないよ」

その…私の方が問題なんです…

普段は気にも留めていませんでしたが、今日の私は一緒にダンスを練習していらっしゃる皆さんの胸元や太ももに目がいってしまい、まったくと言っていいくらい集中を欠いていました。それに下着に押し込んだ例の…あれが擦れて…体を動かしながら切ない気分になってしまいました。


23:2015/09/21(月) 18:47:13.54 ID:
文香「あ…」

奏さんに助けを求めようと思いましたが彼女はトレーナーさんに呼ばれ外へと出ていってしまいました。

唯「ねえねえ、他の子たちはまだレッスン残っているからさ、今日のご飯は唯と食べようよ」

大槻唯さんはいつもスキンシップが活発な方で、それ自体は私も嫌ではないのですが…

唯「ほら早くー、唯お腹ぺこぺこだよー」

先ほど私は汗が気になる、と彼女に言いましたが…実はそれを意識しているのは私の方なのです。唯さんの肉体から漂う汗の香りが
私の嗅覚を刺激して…狂おしい気分にさせてしまうのです。ただ…露骨に距離を取るような行動をとれば彼女を傷つけることになってしまいますし…

唯「ん、どしたの文香?具合でも悪い?」

そうです、これを利用して…

文香「ええ…そのちょっと汗をかいたので…一度部屋に戻って着替えを…」

こういえば自然に距離を取ることが出来るでしょう。部屋で少し落ち着いて奏さんが戻ってくるのを待てば…

唯「あーそうだねー、じゃあさ唯も文香の部屋に行っていい?一緒にシャワー使おうよ」

…どうしてこうなるのでしょうか…


24:2015/09/21(月) 18:52:29.95 ID:
合宿所、とはなっていますが会社の占有施設ではなく一般に開放されているトレーニングセンターからホテルに戻るのは多少時間がかかります。その間唯さんとほぼ密着した状態で歩いてきた私はもはや我慢の限界が近いことを悟っていました。

今日の朝、奏さんにしてしまった時にはもう二度とするまいと硬く心に誓ったはずなのですが…湧き上がるどす黒い衝動はどうやっても抑えることができません…

唯「ようやくついたねー、文香ーシャワー借りるよー」

私より先に部屋に入った唯さんが早くも服を脱ごうとしています。

ごめんなさい…

心の中で呟いて唯さんをベッドの上に押し倒してしまいました。


25:2015/09/21(月) 18:59:43.87 ID:
唯「きゃっ、もういきなりなにするんだよー」

私が渾身の力を込めて唯さんをベッドに押し倒しても彼女はいつもと変わらない口調で話しています。すでに半分脱ぎかけている服をはぎ取ろうと唯さんの体に手を伸ばし…

あれ…

おかしいです、上手くいきません。手や脚を抑えようとするのですが唯さんは体を巧みに揺すってなかなか動きを止めてくれません。それどころか私の下からどんどん抜け出すように見えるのですが…

フッ

どさっ

…気がつくと私はベッド上にうつぶせに抑え込まれてました、上の方から甘い声が聞こえてきます。

唯「なんだ、したいならそう言えばいいのにー。それとも乱暴にする方が文香の趣味なのかな」

いつの間にか私の後ろを取った唯さんが耳に息を吹きかけてきます。

文香「あ…」

それだけで私は抵抗する気力を奪われてしましました。


26:2015/09/21(月) 19:09:11.93 ID:
唯「そうだよねー、文香だって溜まっちゃうもんね。いいよ唯が気持ち良くしてあげるから」

私がしようとしたのとは逆に唯さんに服を脱がされていきます。

唯「あれ…これは…」

私は下半身を脱がされて…下着からはみ出したものを見られてしまいました。

唯「おいおい…唯もちょっとこれは予想外かな」

彼女は下着まではぎ取ると…私のそそり立った…モノを…握ってしまいました。

唯「女の子同士のスキンシップくらいならいいけどさー、さすがにこれはないんじゃないのー?」

そういってゆっくりと前後に動かし始めます

文香「ああ…」

肉体がビクビク震えてしまいます。

唯「どういう事か説明してよねー」


27:2015/09/21(月) 19:15:05.29 ID:
唯「ふーん、そうなんだー」

私は後ろから唯さんに抱きつかれた恰好で…朝からのことを説明しました。

唯「それで文香は性欲に負けて唯を犯そうとしたんだね」

文香「はい…その通りです」

私が話をする間も唯さんに後ろから抱きつかれて…その…手で性器を…

唯「チ○ポ」

はい…その…唯さんにこう言えと指示されてその…私のチ○ポを扱かれて…

唯「唯に乱暴しようとした文香にはこれくらいはトーゼンだよね」

文香「は、はい…私はチ○ポ扱かれて…感じています」

唯「よろしいー♪」


29:2015/09/21(月) 19:29:51.05 ID:
唯「んー、でもどうしようかなー、唯もいい加減我慢できないしー」

彼女の声がいつもより甘く聞こえます。脳の中に染み込んでいくように響いていきます…

唯「してもいいけど…さっきみたいに乱暴にされるのはちょっとなー。そうだ。ちょっと大人しくしてるんだよ」

そう言うと唯さんは私の体を解放してクローゼットの方へと向かいます。

………

文香「あの…これは…」

私は唯さんが持ってきた浴衣の紐で両手をベッドの手すりに固定されてしまいました。

唯「これで乱暴はできないでしょ。唯のペースでするからねー」

そう言うと唯さんは私の上に馬乗りになって来ました。


31:2015/09/21(月) 19:35:18.74 ID:
チュプ…ペロペロ…

唯「文香ってさー、けっこう胸おっきいよねー」

文香「ひぅ…あ…そこ…」

唯さんが私の胸に舌を這わせて…その突端に

唯「乳首」

は、はい…乳首を転がす様に…

文香「ひゃいん」

唯「へえー文香もそんな声出すんだぁー」

唯さんが私を上目づかいで見ながら…乳首を舌で舐めまわし…そ、その…チ○ポを手で扱いています…


32:2015/09/21(月) 19:40:23.95 ID:
唯「ねえねえ、文香ー。チューしよ♪」

私の顔の真上で唯さんがほほ笑んでます。チュー…キスのことでしたか…でも…私は起き上がれないので…唯さんの方から来てもらわないと…

唯「ほらー、チューする時はおねだり、口を開けて舌を伸ばすの」

え、えーとつまり……こんなふうにすればいいんでしょうか

唯さんも私の顔の上で同じように舌を伸ばしていますがまだ5センチくらい距離があります。

タラリ

彼女の舌先から雫のようなものが落ちてきます。それが唾液だと気がついたときには私の口に入ってました…そして…

レロ…

私の舌は彼女の口の中に吸い込まれています…


33:2015/09/21(月) 19:44:58.51 ID:
短く見積もっても10分以上は経過したでしょうか。

舌と唇を存分に使い…お互いの粘液を触れ合わせ…唾液を交換し合い…それはキスと言うよりも…その…口で…

唯「ホーヒ」

その…口を使って交尾しているような時間でした。

唯「ふふん」

唇を合わせたまま唯さんがにやりと笑い腰を浮かせます。

ズブズブ…

文香「むんんん…」

私の呻きは唯さんの口に消えてしまいます…

唯さんはキスをしたまま…私のその…チ○ポを自分の中に入れてしまったのです。


34:2015/09/21(月) 19:51:07.91 ID:
唯「あはっ♪面白い…中でピクピクしてるー」

文香「は…あ…はぁ…やめて…ください…」

唯さんが私の乳首を噛むたびに……チ○ポが震えてしまいます…

唯「んー唯のこと乱暴にしようとした文香にはこれくらいしないとね」

文香「ああ…だめ…ああ…あ…はぁ…あ…」

私の上に乗った唯さんは時にゆっくり、ある時は激しく…まるで曲に合わせてダンスを踊るように腰を上手に使います。そのたびに私はより深い刺激を受けて…

唯「……」

え…そんなこと…

唯「言わないともっと激しくしちゃうからねー」

文香「あ、あの……私のチ○ポが唯の…お、オ○ンコに食べられています」

唯「はい、よくできました♪」

カリ

ああ…乳首…だめ…乳首…そんなにされたら…


35:2015/09/21(月) 19:56:32.18 ID:
唯「ほら、もう我慢できないんでしょ…早く唯の中に出しちゃいなよ」

硬く尖った乳首を唯さんが前歯でコリコリと噛んでいます。反対側の乳首も指先で…ああ…そんなにされたら…

文香「あ…あ…でも…わたし…あ…あ…」

どうすればいいのでしょう、こんな気持ち…どう表現していいのか分かりません…

唯さんが私の耳元へ顔を寄せてきます…

唯「…………」

文香「……?」

唯「♪」

わ、分かりました…よく分かりませんけど…

文香「あ、あの…唯さんのオ○ンコで文香を…いかせてください」

唯「ほら、もっと繰り返すの♪」

文香「い、いく…文香…いっちゃいます」

ゾクゾク…

その言葉を口にした途端…自分の中に溢れるモノが到達点を求めて動き出すのを感じ取りました。


36:2015/09/21(月) 20:01:38.35 ID:
文香「ダメ…そんなに…腰動かしたら…イク…いっちゃいます…」

唯「いいよー、唯の中にいっぱい出してね♪」

あ、あの…もう…私が激しく腰を突き上げるのに合わせて唯さんがそれをカバーするように動いています。私のチ○ポが唯さんの…お、オ○ンコに締め付けられて…

フルフル…

唯「だーめ、言わないといかせてあげない♪」

腰の動きを止められてしまいます。私は最後に残った理性で必死にこらえようとしますが…

ピン

ち、乳首をはじかれると自然と口にしていました。

文香「お、お願いします…唯の中にし、射精させてください」

唯「はい良くできました」

唯さんは再び腰を激しく振りだします


39:2015/09/21(月) 20:05:55.42 ID:
文香「はぁぁぁ…イク…イク…文香…いっちゃいます…ああ…きもちいい…文香のチ○ポ…イク…かんじちゃう…」

唯「ほらもっと腰を振るの」

パンパンパンパン…

二人が腰をぶつける音が響き渡ります。
私は学生であることもアイドルであることも忘れて一匹の獣のように快楽を貪ってました。
そして

文香「い、…イク…いっちゃう…」

ドクドクドクドクドク…

唯さんの中へ情欲の証を大量に放出してしまったのです

文香「ああ…気持ちいい…あ、あ…せっくす…あ…はぁ…えっち…大好き…」

唯「うんうん、またしようね♪」

唯さんが力の抜けた私の体を優しく撫でまわしてくれます


40:2015/09/21(月) 20:15:01.68 ID:
フレデリカ「おーい、こっちだよー」

加蓮「ああ良かった」

フレデリカ「ごめんね、バッグ間違えて持ってっちゃって」

加蓮「ううん、私がレッスン室に忘れたのがいけないんだし。あれ…」

フレデリカ「あ、中に入っていたスタドリね。昨日のレッスンが激しくて何本かもらっちゃったんだ、後で買って返すから」

加蓮「…そう、なんだ…。あの、今日そっちで変わったことはなかったかな?」

フレデリカ「変わったこと…?そういえば…」

加蓮「うん」

フレデリカ「ありすちゃんが名前で呼ばれて怒ってたよ」

加蓮「って…それはいつもでしょ、まあいいか。お互いに頑張ろうね」

フレデリカ「うん、ライブ成功させようね」

加蓮「うんじゃあまた」

……

トルルル…トルルル…

「もしもし…あ、志希?悪いんだけどこの前もらった薬、もう一本くれないかな。ウンお礼はするからさ、じゃあよろしくね」


41:2015/09/21(月) 20:16:58.33 ID:
以上でいったん終わります。

クローネ全員とか…むーりぃー…

機会があれば続編に挑戦します。

それでは依頼出してきます。


42:2015/09/21(月) 20:26:48.04 ID:

描写が濃くて実用的過ぎる
次回作、というか続編を期待しております


43:2015/09/21(月) 20:33:21.81 ID:
乙乙
参考になって捗る


44:2015/09/21(月) 20:34:56.89 ID:

場面が想像しやすかった


49:2015/09/21(月) 23:27:55.65 ID:
ふみふみ視点いいなぁ
クローネ制覇も見たいし、奏や唯とのこなれた2回目も見たい
シリーズ化希望です




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1442814083/

→→もっとアイドルマスターシンデレラガールズを読む←←