1:2015/09/19(土) 23:58:12.60 ID:

阿知賀女子控室

穏乃「え、今なんて?」

玄「おもち爆弾魔ですのだ!」

憧「え、何々? 何?」

玄「むふふ……まあまあ聞いてください皆さん」

灼「何かの漫画キャラ? わずらわし……」

玄「早速ですが本題です……
  実は皆の胸に爆弾を仕掛けました!」

宥「爆弾?」

玄「うん!
  それでその爆弾が爆発するとね……
  なんと巨乳になっちゃうんだ!!」

憧「ごめん玄、何? さっきから……」

ボワン

穏乃「!?
   う、うわ、なにこれ!?
   胸の所に数字が……」カチカチ

憧「え、数字……?
  うわ、ホントだ! なんか減ってってる! カウントダウンしてる!」カチカチ

宥「く、玄ちゃんこれは……」

玄「その数字は脈拍とリンクしていて……
  大体一時間位で0になるよ」

灼「本当に数字が……
  玄、どうやって……」カチカチ

玄「この爆弾はね……
  あるキーワードを言いながら対象者(ターゲット)の胸を揉むことで設置できるんだ」ワキワキ

穏乃「キーワード……?
   それってまさか……」

玄「そう、キーワードは『おもち爆弾魔(ボマー)』!」

憧「ああ……なるほど……そういう……えー……」

灼「というかいつの間に胸を……」

玄


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1442674692

2:2015/09/19(土) 23:58:58.01 ID:

宥「か、解除する方法はないの?」

玄「ふふふ……あるよ」

穏乃「どうやるんですか!?」

玄「それはね……
  私の胸を揉みながら『おもち爆弾魔(ボマー)捕まえた』って言うこと!」

灼「何それ……」

憧「え……それだけ?
  だったら今……」

玄「ということで皆さんの無事を祈りますのだーーーー!!」ダダッ

穏乃「ああっ逃げた!
   くそっ何だあの逃げ足の速さ!!
   あんなの普段見たことない!!」

宥「玄ちゃん……」

灼「これは厄介な……」

憧(爆発すると巨乳……
  あれ? 意外と悪くないかも?)

穏乃「ちょっとどうしようどうしようこれ!
   こんな強引な形で巨乳になるなんて……」

灼「玄を捕まえるしか……」

憧「で、でももうどこ行ったかわからないし……」

宥「ど、どうしよう……」ブルブル

憧(巨乳になったシズ……
  あ、アリかも。止める必要ない?)

灼「とりあえずハルちゃんに相談……」


3:2015/09/19(土) 23:59:28.97 ID:
穏乃「──除念師!?」

晴絵「そ。世の中には誰かにかけられた念を外すことのできる能力者がいる」

憧「ふーん……」

穏乃「じゃ、じゃあその除念師ってのを見つけたら、この爆弾は取り払ってもらえるんですね!?」

晴絵「ああ。それは間違いない。ただ……」

灼「ただ……?」

晴絵「除念師っていうのはレアな存在で……
   特に優秀な除念師は雪男より探すのが難しいとされている」

穏乃「雪男……」

宥「あったかくない……」

晴絵「でも玄が捕まらない以上、もはやそれくらいしかすがる手段はないね」

灼「うーん……」

晴絵「私もダメ元で色んな所をあたってみる。お前たちも何か見つかったらすぐ連絡ちょうだい!」

穏乃「はい!」

宥「でもそんなに見つけるのが難しいなんて……」

灼「どうすれば……」

憧(除念師……
  なんでだろ、私その人が誰でどこにいるのかすぐわかる気がする)


4:2015/09/19(土) 23:59:59.15 ID:

永水女子控室

ガヤガヤガヤ

霞「はい、爆弾を祓って欲しい人は順番に並んでくださいねー」

憧(やっぱりこの人だったか……
  しかしこの人数、皆考えることは一緒なのね……)

?「ちょっと和ちゃん! なんで腕を引っ張るの?!
  私このままでいいのに!」

?「ダメですちゃんと除念を受けてください!
  巨乳な咲さんなんて認められません!!」

憧(あ、私と同じ考えの人もいるのね……
  っていうか和とその友達じゃない)

霞「はい、次の人ー」

セーラ「よろしゅー頼むわ……」

憧(千里山の江口セーラも来てる……
  っていうかどんだけ人の胸を揉んだのよ玄は)

霞「はい、じゃあ上着を脱いで向こうの部屋に入ってくださいねー」

憧(上着を脱ぐのか……
  なんか病院みたいね……)

怜「あれ、阿知賀の……」

憧「ん? ああ、園城寺さん!?
  それに清水谷さんも……」

竜華「新子ちゃんもやられてしもたかー、
   お互いとんだ災難やなー」

憧「いやー、ホントそうですよねー」

憧(ホントはこのままでもいいとか思ってるんだけど)

怜「いやーまさかのまさかやわ、
  巨乳になれるて聞いて一瞬ええやんって思ったんやけど」

竜華「不自然に胸大きくしてもイヤやし、
   何よりこれ以上大きなってもしょうがないし……」

憧(む)


5:2015/09/20(日) 00:00:26.41 ID:
竜華「あ、ごめん! イヤミのつもりはないねん、堪忍してなー」

怜「もー竜華、気ぃ付けーや」

憧「……まあいいですけど。
  千里山も全員ここに?」

怜「まあそんなとこやな。そっちは一人だけ?」

憧「はい……」

竜華「仲間はやられてへんの?」

憧「あ、ええと……
  いやー、こっちは割と皆巨乳になれるならそれでもいいかなみたいなスタンスで……
  私だけ来ちゃいました」

怜「はは、まあめったにないチャンスでもあるしなー」

憧(うわあ最悪だ私……
  ホントは情報だけ握りたくて一人で抜け出してここに来たのに)

怜「あ、そろそろウチの番かな。
  じゃあまたなー」

竜華「じゃあなー」

憧(やっぱり、皆にもここのこと教えないとマズいかな……)

「イ゙ヤ゙アァァァァァ!!」

憧「!?」

憧(え、今の声……向こうの部屋から!?
  さっき江口セーラが案内されていった……)

「やめや、もうやめ、……ああっ……や、ああ……」

憧(うげ……めっちゃ喘いでる……
  え、何、除念ってそんな大変なことされんの!?)

怜「セーラ!? セーラアア!?」ダダッ

霞「あらあらまだ中に入ったらダメよ、もうちょっとで今の人が終わりますからねー」

憧(どうしよこれ……皆にどう伝えれば……)


6:2015/09/20(日) 00:00:58.06 ID:

憧「結局控室を抜けだして戻ってる私……
  なんか右往左往してんなー」トボトボ

憧「でもまあ元々このままでいいかなって思ってたし、まあいっか……」

ゴツン

憧「? ごめんなさ……」

?「あわわ、こっちこそごめんなさ……
  あっ!」

憧「?」

?「あー、もしかして阿知賀の新子さんかなー?
  雑誌の特集で見たよー」

憧「(デカッ!)
  あ、はいそうです!
  って、そっちは宮守の……」

豊音「あ、知っててくれてた?
   姉帯豊音といいます! よろしくお願いしますっ」ペコリ

憧(この巨体がお辞儀すると迫力あるなー……)

豊音「ひょっとして、新子さんも胸の件で困ってる?」

憧「あ、はい、一応……」

豊音「やっぱり! 今ひょっとして解決策探し中?」

憧「いや、解決策は見つかったけど、どうしようかなーって……」

豊音「解決策ってもしかして……永水?」

憧「あ、はい」

豊音「やっぱり! 永水の控室に行ったら解決できるんだ!」

憧「あ、でもやめといた方がいいかもしれないです……」

豊音「え、どうして?」

憧「なんかその……治療室からすさまじい声が聞こえたんで……」

豊音「ええっ! ひょっとしてすっごく痛いのかな……」

憧「かもしれないです……」

憧(ホントはメスっぽい声だったんだけど……この人純粋そうだし)

豊音「あ、そしたらうちに来ない?
   うちの先生が何とかできるかもしれないってー」

憧「え、ホントですか!?
  じゃあ行きます!」

豊音「りょーかい! こっちだよ!」

憧(二つ返事でオッケーしちゃったけど、良かったのか? 私)


7:2015/09/20(日) 00:01:39.28 ID:

宮守女子控室

豊音「ここだよー」

憧「失礼しまー…… !!」

晴絵「憧!」

憧「え、ハルエなんでここに……?」

晴絵「いやーとりあえず熊倉さんに相談しようかと……
   ちょうど今爆弾の正体を調べてもらってるとこ」

憧「はあ……」

塞「どうですか、先生……?」

トシ「んー……なんというか、すごく違和感のある念だね」

憧「違和感……?」

白望「ダルい……解決しなくていいから早く終わってほしい……」

エイ「シロ! アキラメルノヨクナイ! ガンバル!」

豊音「まだきっと解決策はあるよ! ね、胡桃!」

胡桃「え? う、うん」

憧(どうしよ、皆をここに呼んできたほうがいいのかな……
  でも巨乳シズ……巨乳私……)

トシ「この爆弾が爆発すると乳が大きくなる、っていう風に爆弾魔は言ったんだよね?」

晴絵「はい、確か……だよね憧?」

憧「あ、はい。巨乳になるって言ってました」

トシ「んー……
   この念にそんなパワーが……んー……」カチャカチャ

憧(あの片眼鏡……何ていうんだっけ。対局してる時はあのお団子の人がかけてたような……)

塞「でもシロがこれ以上巨乳になっちゃったら、余計動くのダルくなりそうだね」

白望「……確かにダルい……」

エイ「ソウ! ダカラアキラメナイ!」

憧(なんか余裕そうね……)

トシ「んー……思ったことを話していいかい」

晴絵「はい」


8:2015/09/20(日) 00:02:08.51 ID:
トシ「見てみたけど……
   どうもこの念に乳を大きくするパワーが潜んでいるようには見えないんだよ」

晴絵「えっ? でも玄は確かそう……」

憧「で、でも数字も動いてるし!」

トシ「確かに数字は動いている。
   でもこの念から感じるエネルギーにそれほどの力があるようには見えないねえ」

豊音「え、じゃ、じゃあ巨乳になるっていうのはウソだったの!?」

トシ「ウソの可能性が高いね。これはただ数字をカウントダウンしてるだけじゃないかな」

胡桃「えー……」

憧(ええっそれマジ!?
  で、でも玄は……)

塞「じゃ、じゃあこれが0になったら何が起こるんですか!?」

トシ「んー……何も起きないんじゃないかい?
   起きたとしてもごく僅かな、例えば……ちょっと血行が良くなるとか」

憧「血行って……」

晴絵「じゃあ……この一連の仕掛けは何のために……?」

トシ「それだね……そこが解せない」

白望「ダルい……意味ないことされるのダルい……」

エイ「ソレハダルイ!」

憧(そうね……もし巨乳ってのがウソだったとして……
  この念をかける意図があるとしたら……)

豊音「と、とりあえず体の異変とかは心配しなくていい感じかな?」

トシ「まず安心していいだろう」

豊音「あー良かった、ホントに怖かったんだよー」

憧(こんな念をかけられたら皆怖くなって祓いたくなる……
  それでぱっと思いつく永水の控室に行く……
  ……
  まさか?)

憧「あの、もしかしてこれって……」

晴絵「ん?」


9:2015/09/20(日) 00:02:40.10 ID:

永水女子控室

ガラガラ

霞「あら、これはまた大勢……宮守の人達ね。
  他校の子も混じってるけど」

スタスタ

霞「あら、ちょっと、まだ順番待ちですよ?
  爆弾を祓ってほしい人は並んで……」

スタスタ

霞「あ、ちょ、ちょっと!
  まだ中は治療中……上着も脱いでて……」

ガラガラ

?「はーい次は腰の周りを……およ?」

スタスタ

?「え、ちょ、ちょっと今取り込み中で……あわわ……」

ガシッ

憧「『おもち爆弾魔(ボマー)捕まえた』」

シュウウゥゥ……

?「あ……」

憧「あ、このキーワード本当に有効だったのね。
  半分乗せられたつもりでやったんだけど」

?「……」

憧「そんな変装までして……
  もうあんたの目的わかったわ、玄」

玄「……」

憧「……とりあえず、控室に戻ろうか」

玄「……」


10:2015/09/20(日) 00:03:12.03 ID:

阿知賀女子控室

灼「……『おもち爆弾魔(ボマー)捕まえた』」

シュウウゥゥ……

灼「……ホントに消えた」

憧「はい、じゃあ……玄、証言をどうぞ」

玄「はい……私は準決勝のとき、チャンピオン相手に仕方なくドラを切ってしまいました」

憧「はい」

玄「するとドラが来なくなりました。
  私はそのことにとても悲しみを感じました」

憧「はい」

玄「それ以外にも何やかんやあって、私は欲求不満でした。
  とにかくおもちを揉むことで頭がいっぱいでした」

憧「はい」

玄「阿知賀の皆はもう揉み慣れてるし、どうせなら色んな人のおもちを揉んでみたいと思いました。
  千里山の清水谷さんとか、宮守の小瀬川さんとか……
  どうにかしてたくさんのおもちを一堂に集める方法を考えました」

憧「はい」

玄「そこで思いつきました。永水の皆さんと共同戦線を張れば、
  それが可能なのではないかと」

憧「はい」

玄「石戸さん達に協力してもらって、今日の作戦を思いつきました。
  まず私が爆弾を仕掛けたと言う。それに合わせて爆弾のイメージを石戸さんに具現化してもらう。
  後は永水の控室に急いで行って、困った人達がやってくるのを待つだけ」

憧「はい」

玄「……以上です。本当に申し訳ありませんでした」

憧「はい皆さん、このド畜生に対して忌憚なき意見をお願いします」


11:2015/09/20(日) 00:03:44.19 ID:
灼「実害がなかったからいいようなものの……」

宥「もう、ダメだよ玄ちゃんこんなヒドいこと」

玄「ごめんなさーい……」ウルウル

憧「ここ最近玄の挙動がおかしい気はしてたけど、まさかのまさかでビックリよ」

晴絵「はあ、まったく……どうしようかねこのバカチンは」

灼「玄……
  悩んでるんだったらこんなことする前に言ってほし……」

玄「うう……」グッスン

憧「そーよ、ちょっとやり過ぎよ!
  まったく怖かったりちょっと期待したり大変だったんだから」

灼「期待はしたん……」

宥「……玄ちゃん」

玄「……」

宥「胸がほしいのはわかるよ? 玄ちゃんずっと昔からそうだから」

玄「うん……」

憧(ずっと昔からなんだ)

宥「でも悪いことはダメだよ……
  おっぱいっていうのは優しくするためにあるものなんだから。
  乱暴のために使うものじゃないんだよ」

玄「うん……」グス

灼(いいこと言ってる……いいこと?)


12:2015/09/20(日) 00:04:13.31 ID:
宥「わかった?」

玄「うん……」

宥「ホテルに戻ったら姉妹でちゃんと話すので……大丈夫です」

晴絵「……よーし! とりあえず玄は集中特打の刑だ!」

玄「うう……」

晴絵「……って言いたいとこだけど決勝前にコンディション崩されるのも困るし……
   インターハイ終わった後な。
   ったく、奈良帰ったら覚悟しときなよ!」

玄「ふああい……」ウルウル

灼「半荘10回くらいは覚悟してもらう……」

憧「……そういえば、シズはどうしたの?」

宥「あ、そういえば……」

灼「……自分で除念師探してくるって言って飛び出てった……
  30分くらい前……」

憧「あのバカシズ……」


13:2015/09/20(日) 00:04:42.89 ID:

穏乃「除念ーーー!! 誰か除念できる人ぉぉーー!!」

カチカチ

穏乃「くそおお! 全然見つからない……残りあと何秒だ?」

カチカチ

穏乃「うわあああああ!! あと5秒くらいだ!!
   頼むっ! 誰か除念できる人おおーー!! 玄さんでもいいから!!」

カチカチ

穏乃「あああああ!! もうダメだ!! 爆発するーーー!!
   嫌だあああああああ!! 巨乳嫌だあああああああ!!」

カチッ

穏乃「うわあああああああああああああああ!!」

……

ペタペタ

穏乃「……あり?」

穏乃「何だよ……全然変化ないじゃん……」

穏乃「……」

穏乃「……ハハハ! なーんだ!
   もードッキリなら早く言ってくださいよ玄さーん!」

穏乃「……でも、ドッキリだとしてもあの爆弾どうやって……」

穏乃「……」

穏乃「まあいっか! 何ともなかったんだし!」

穏乃「うーなんかホッとしたらテンション上がってきちゃった!
   なんかいつもより血行が良い気がするし、久しぶりに山でも登るぞおおお!!」ダッ


カン!


14:2015/09/20(日) 00:06:23.61 ID:
以上ですのだ

思いついたので勢いで書いてみた
阿知賀書くの初めてなので口調とかおかしかったら申し訳ないです


15:2015/09/20(日) 01:44:12.90 ID:
乙ですのだ

おもしろかったよ


16:2015/09/20(日) 06:07:23.84 ID:

一発ネタとしてなかなか面白かった


17:2015/09/20(日) 23:40:18.52 ID:
乙です


19:2015/09/22(火) 20:12:23.85 ID:

阿知賀のおもちを既に揉み慣れてるクロチャー……




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1442674692

→→もっと咲-Saki-を読む←←