1:2015/05/16(土) 22:40:24.88 ID:
・咲-Saki-×悪魔のリドル
・リドルのキャラは出てきません

宮永咲


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1431783614

2:2015/05/16(土) 22:42:37.26 ID:
咏「合格おめでとう。宮永咲」

咲「……はい」

咏「10年黒組。あんたもこの世界に身を置く人間なら聞いたことくらいはあるだろ」

咲「……」

咏「あんたはこれから転校し、黒組内のターゲットを誰よりも早く殺す」

咏「ターゲットはとある事情持ちの女子高生。それ以外のクラスメイトは全員アサシンさ」

咏「彼女らの素性は、あんたのような訓練を受けたプロから快楽殺人者まで多種多様」

咏「黒組を制した者には望むだけの報酬が与えられる。金、権力、何でも思うままだよん」

咲「……」

咏「宮永咲。あんたは何を望むんだい?」

咲「……別に。なにも」



咲(余計なことは考えない)

咲(私はただ、殺すべきを殺すだけ)


3:2015/05/16(土) 22:43:34.14 ID:

~~~~

~~~~~~


咲の部屋

咲「メールが来てる……」


SUB:空欄を埋めよ
第一問「世界は□□に満ちている」


咲「……」

プルルル・・・

咲「はい」ピッ

咏『メールは確認したかい?』

咲「………呪い?」

咏『ブーッ!違うよん。呪い?気持ち悪いねぃ』

咲「……話はそれだけですか?」

咏『いや。……最も優秀な生徒を留学させるっての。あれ嘘だから』

咲「……」

咏『私が独断で間違ってる人間を選んだのさ。宮永、あんたのは駄目な人生さ』

咲「そういうの、どうでもいいですから」

咏『殺して生かすか、生かして死ぬか。好きな方を選ぶといいよん』

咏『それとも、『生かして生きて』みるかい?』

咲「……意味が分かりません」

咏『ミョウジョウ学園は小中高大一貫教育の全寮制。政治家や金持ちの子息が多く、権力者とのコネクションも深い』

咏『黒組が全員揃うまで数日かかるだろう。今後の詳細については現地でクライアントからの接触を待ってねん』

咲「クライアント?」

咏「学園の理事長さ」

咲『……わかりました』


4:2015/05/16(土) 22:49:32.91 ID:
翌日

咲「10年黒組、この教室か……」ガラッ

穏乃「……」

咲(あの子も暗殺者?……でも何だろう、雰囲気が……)

穏乃「……私、絶対に卒業してみせるから」ボソッ

咲「……」

穏乃「ん?あなたも黒組の人ですか?」

咲「あ……、私は……」ハッ

咲(!?背後に人の気配が!!)バッ

晴絵「わわっ!?急に振り向くからびっくりしたよ!!」

咲(何だ、一般人か……)

晴絵「ほら、ホームルームが始まるぞ」

咲「……はい」



晴絵「ようこそ!10年黒組の諸君!」

晴絵「私は担任の赤土晴絵だ。教師になって三年目。担当は生物だ」

晴絵「クラス担任は初めてだけど、皆よろしくな!」

咲(……やっぱりどう見ても一般人)

咲(どうして気づけなかったんだろう……)


5:2015/05/16(土) 22:54:09.76 ID:
晴絵「今日から君たちは同じ黒組の仲間だ。私のことは姉だと思って頼りにしてくれ」

久「……ぷっ」

晴絵「ん?」

久「先生面白~い。ま、私のタイプじゃないけど」

晴絵「あ、あれ?」

久「じゃあ自己紹介ね。私は竹井久。隣の席のあなたは?」

淡「私は大星淡、よろしくね。ねねっ、後ろの席のあんたは?」

咲「……宮永咲」

久「!?宮永って、あの有名な……!?」

淡「マジ!?」

晴絵「ふむ、じゃあ次は……そこの窓際の席の子!」

和「……」

晴絵「おーい!そこの子!」

和「日が暮れたら……やります……」

晴絵「ん?」

和「全部、日が暮れたらやります……二回も言わせるな」

晴絵「あ、ああ。じゃあ最後は……」タジッ


7:2015/05/16(土) 22:58:22.90 ID:
穏乃「はいっ!高鴨穏乃です!皆さん仲良くしてください!」ペコッ

咲「……高鴨……穏乃……」

穏乃「えっと、実はお近づきの印にストラップ作ってきました!貰ってください!」バッ

淡「へっ?……あ、ありがと」

久「いらな~い。ダサい」



晴絵「えー、今日から皆のクラス寮についてなんだけど……」

晴絵「宮永。良かったら寮長を頼んでも良いかな?」

咲「はい」

咲(ストラップ……いらない。後で処分しておこう……)


~~~~~~

~~~~



8:2015/05/16(土) 23:01:40.58 ID:
廊下

咲(……)ピピッ

SUB:報告メール
黒組に到着。現在5人。情報収集中。
質問の答え バカ、ゴミ、平凡、無知、狂気、残念

送信中・・・


ピロリン♪

SUB:Re
全部ハズレ。あんたホントにバカだねぇ


咲「……」

淡「なになに?メール?」ヒョイ

咲「……あなたは、同じクラスの」

淡「良い眺めでしょ?ここ、面白い話も色々あるんだよ」

淡「あっちの校舎の工事中に作業員が次々事故ったとか。地下に古い墓地があったのをそのまま埋めちゃったとか」

咲「……」

淡「私、ここの生徒だから詳しいんだ」

咲「……そう」

淡「ねえ。良かったら手を組まない?何なら手下になるよ」

咲「ターゲットは確認できたの?」

淡「あんたでないことだけは分かるよ。嫌な匂いがしてるもん」

咲「同感。……ターゲットはおそらく高鴨穏乃。私たちとは匂いが違う」

淡「ふふん。あいつ結構油断がならないよ。このストラップ、GPSか盗聴器かっての」

咲「……」


9:2015/05/16(土) 23:06:10.29 ID:
淡「いーらない♪窓から放り投げちゃおっと」ポイッ

咲「……!!」

パシッ!!

咲「捨てるの?そういった類のものには見えないけど」チャラ…

淡「……ナイスキャッチ」

咲「捨てたものを拾ったんだから、これは私のものって事でいいよね」

淡「はぁ、別にいいけどさ」

咲(……あれ?変だな……さっきいらないって思ったはずなのに……)


シュッ・・・

咲「!!」パシッ

久「私もそのストラップ、いらないからあげるわ」

咲「……」

久「顔。怖いわよ」

咲「そっちこそ」

久「私は隠す気ないしね。誰よりも先にやり遂げるわ。どうせあの子だろうし」

淡「う~ん、それはどうかな~」

咲「……」



教室

和「ありがとうございます……このストラップ、凄く嬉しいです///」

穏乃「ほんと!?喜んでもらえて私も嬉しいです!!」

和「聖遺物になりますから……」

穏乃「せいいぶつ???」


和(死んだ尊い人の持ち物のことですよ)ニイ…


10:2015/05/16(土) 23:10:27.36 ID:
放課後

穏乃「宮永さーん!!」

咲「……」クルッ

穏乃「同室の高鴨穏乃です!!寮まで一緒に行ってもいいですか?」

咲「構わないけど」

穏乃「ほんとですか?良かった~」

穏乃「この学園、すっごく広いし大きいから楽しみです!!あ、宮永さんって足はやいんですね」

咲「……」

穏乃「宮永さんは今日から寮長さんなんですよね。すごいなぁ」

咲「……」



食堂

穏乃「いただきまーす!!」

咲「……いただきます」

穏乃「もぐもぐ……おいしいっ!!」

咲「そうだね」

穏乃「私、この学園で皆と一緒に勉強して、友達になって仲良くなって、人生エンジョイするんです!!」

咲「……」

穏乃「そして、そして必ず卒業してみせます!!」

咲「……それがあなたの望みなの?」

穏乃「ん?もちろん!!」

咲「……」


11:2015/05/16(土) 23:18:13.12 ID:
穏乃「私、ちょっと事情があってあまり学校に行けてなかったから。ここに来られて本当に嬉しいんです」

咲(……何だろう。この子の匂い……)

穏乃「ん?」ニコッ

咲「……」ドキッ



淡「穏乃~、咲~」ブンブン

穏乃「あっ、淡だ!!」

淡「咲いいな~、私も穏乃と同室が良かったな~」

咲「……ダメ」

淡「へっ?」

咲「あなたに呼び捨てにされる云われはないよ」

淡「ええ~、いいじゃんケチ~」

咲(この大星って子は何……?腐った海の匂いがする……)


穏乃「さ、咲さん!!」

咲・淡「!?」

穏乃「間をとって咲さんでどうでしょう!?」

咲「……好きにして」スタスタ

穏乃「あ、待ってください咲さん!!」ダッ

淡「……ふふっ」


12:2015/05/16(土) 23:20:55.26 ID:
一号室 

穏乃「わ~凄い!!広い!!」ガチャッ

咲「……」スタスタ

咲(パソコンの下……監視カメラか……)ブチッ

穏乃「ベッドもふかふかだ~!咲さん、どっちのベッド使います?って勝手に寝転んじゃってすみません!」

咲「別に構わないよ。……あ」

咲(この子、両の太股に傷が……)

穏乃「ん?あ……っ」バッ

咲「切れ味の悪い刃物傷だね。見せて」

穏乃「いや、その……気持ち悪いだろうし……」

咲「スカートまくってみて」

穏乃「ええっ!?いいですって!!」アセッ

咲「……」

穏乃「その……事故で長い間入院した時の傷なんです……」

咲「ん……わかったよ」

穏乃「……うん」ホッ

咲「……」


バッ!!

穏乃「わああああああっ!!咲さんスカートめくらないでっ!!///」


13:2015/05/16(土) 23:23:55.51 ID:
二号室

久「あら、あなたが私のルームメイト?」

揺杏「岩館揺杏だ。よろしくな~」ガサゴソ

揺杏「ってちょうど良かった。お前さぁ」

久「竹井久よ」

揺杏「あ~ごめんごめん。竹井久、お前リムーバー持ってんだろ?あたし忘れてきちゃったんだよね」

久「ん~……何だかイラっとするわね。久様って呼びなさい」

揺杏「おう、久様。なあリムーバー貸して。あたし半端に爪取れちゃってさぁ」

久「ざ~んねん。私の爪、ジェルなんで」

揺杏「へ~、ジェルはどうだろうな。爪薄くなるだろ。賛成しないぞ」

久「そう?」

揺杏「でも、綺麗だな。その爪」

久「当然。もっと褒めなさい」


14:2015/05/16(土) 23:29:12.81 ID:
一号室

咲(念のため他の部屋もチェックしておくかな……)

穏乃「咲さん、お風呂お先にいただきました!」

咲「ん……」ガチャッ

穏乃「あ、点呼ですか?私も行きます!」

咲「必要ないよ」

穏乃「ルームメイトは助け合うものなんですよ」ニコッ

咲「……」



廊下

穏乃「ふんふ~ん♪黒組のみなさ~ん、点呼のお時間で~す!」スタスタ

咲「……」スタスタ

衣「あ、お休みなさい」ペコリ

ゆみ「どうも」

咲「……?小学生がなぜここにいるの」

衣「衣は小学生ではないぞ」

ゆみ「この子は我々と同じ10年黒組の転入生だ」

穏乃「クラスメイトなんですね、よろしくお願いします!」


16:2015/05/16(土) 23:33:43.73 ID:
ゆみ「私は加治木ゆみ」

衣「天江衣だ。よろしく頼む」

咲(加治木ゆみ、天江衣……四号室の人たちか……)



二号室

穏乃「こんばんは~点呼です!」コンコン

ガチャッ!!

穏乃「わぶっ!!」ドガッ!

揺杏「ん?ああ、ドアにぶつけてふっ飛んじまったか。ごめんごめん」

咲「岩館揺杏。到着してたんだね」

揺杏「あたしを知ってるのか?」

咲「消去法だよ。あなたは竹井久じゃない」

揺杏「なるほど。久様は今シャワーだぜ……ほら手貸しな。立たせてやるから」スッ

穏乃「あ、ありがとうございます」ギュッ

揺杏「……」ジーッ

穏乃「あの、私の手がなにか?」

揺杏「悪いこと何にも出来そうにない手だな~と思ってさ」

穏乃「私は悪いことなんてしませんよ?」

咲「……」


18:2015/05/16(土) 23:36:55.26 ID:
揺杏「そこのあんた、ポッキー食うか?」

咲「いらない」スタスタ

揺杏「そう言わずに……受け取れよ!!」シュッ

咲「!!」バッ

揺杏「ひゅーっ!いい反応♪」

穏乃「揺杏さん!食べ物を投げるなんて……」

揺杏「あははっ。ごめんごめん」ツンツン

穏乃「おでこ突つかないでくださいよ」

咲「……右利きなんだ」

揺杏「さぁ、左かもな。……両利きかもな」ニイ…




穏乃「ねえ咲さん、さっきから何で喧嘩腰なんですか?」

咲「……」

穏乃「女の子は笑顔がいちばんですよ。ほらっ」ニコッ

咲「……あなた、匂いが……」

穏乃「えっ!?匂いっ!?」


20:2015/05/16(土) 23:39:54.02 ID:
穏乃「どうしよう!!私そんなに臭いですかっ!?」アタフタ

咲「ううん、そういう事じゃなくて……埃っぽいというか……」

穏乃「ええっ!?」ガーン!


和「ご存知ねぇの~?」クスクス


咲・穏乃「!?」


和「そう言うのさぁ、日なたの匂いって言うんだぜぇ」

穏乃「えっ、あの?」

咲(昼間と人格が違う……)

和「日が暮れたからやりに来たんだ」

穏乃「なにをですか?」

和「自己紹介だよ。俺は原村ノドカ、昼間の女は和だ。よろしくな」

咲「……嫌」

穏乃「あ、あはは……」


咲(日なたの匂い、か……)



21:2015/05/16(土) 23:44:01.66 ID:

~~~~

~~~~~~


咏「はーい、口チャックね。お話禁止だよん」

咏「立場が違う人間同士はお互いのことを理解しない。OK?だから話をするな。無駄だ」

咏「あんたらさ、今からバイバイする人間の中身を知ってどうするんだよ」

咏「世の中には知らない方がいいこともあるのさ」



咲「……っ!!」ガバッ

咲「……シャワー……浴びてこよう……」



穏乃「ん……眠れない……」ムクッ

穏乃「咲さんはシャワーか……もう、こんな所で服脱ぎ散らかして」

穏乃「…………」



穏乃「咲さん、私のこと知っても……嫌いにならないでね……」


~~~~

~~~~~~


22:2015/05/16(土) 23:46:35.12 ID:
咲「……」

穏乃(やっぱり眠れない……)

咲「……高鴨さん」

穏乃「は、はいっ!」ガバッ

咲「これ、検討つく?」スッ


SUB:空欄を埋めよ
第一問「世界は□□に満ちている」


穏乃「メール……?」

咲「……」コクッ

穏乃「なぞなぞかな?ヒントとかは?」

咲「ない」

穏乃「うーん……」

咲「……ごめん。忘れて」

穏乃「でも、もし私が決めて良いんだったら……」

穏乃「――――赦し、がいいな」

咲「……!!」ドクン!

穏乃「『世界は赦しに満ちている』って、どうかな?」

咲「……っ」


24:2015/05/16(土) 23:49:47.77 ID:
咲「そ、そんな答え……あるわけないし!」ガバッ

穏乃「……うん。だから、もし私が決めるならって話ですよ……」


咲(違う……この子は違う……)

咲(高鴨穏乃は……)




アレクサンドラ「……ふふ。どこまで頑張ってくれるかしらね」

アレクサンドラ「12人を相手に穏乃ちゃんは。……楽しみだわ、今回の黒組……」




淡「さーて。いよいよ始まったねぇ」ニイ…




咲(今日、全てが始まるなんて)

咲(私はまだ知らなかった――――)




33:2015/05/18(月) 00:09:46.39 ID:

~~~~~~

~~~~


ピロリン♪

咲(メール……)ピッ


Re:報告メール
世界は「赦し」に満ちている。
まさかの正解!!wwwwwww


咲「……!!」



咏「いい加減お子様の相手は疲れちゃうねぃ。こんな問題に答えなんてあるわけねーし」

咏「正解があるとしたら……他人の言葉。あんたからは絶対に出てこない言葉なんだよ」

咏「宮永。あんたの部屋にやっと誰かを入れたんだね」


咏「いつまで眠ってるんだ。そろそろ目覚めな」

咏「先生の言ってること全てが嘘だって、早く気づきなよ……」


~~~~

~~~~~~



34:2015/05/18(月) 00:14:06.85 ID:
生徒A「知ってる?今ね、黒組が開かれてるらしいよ」

生徒B「ああ、聞いたことある。何かすっごいエリート留学生の集まりだって」

生徒C「え~、あたしが聞いたのはアイドルの秘密特別クラスって」

生徒A・B「マジで!?」





黒組教室内

晴絵「おはよう!さっそくだが今日も新しい仲間がやってきたぞ」

晴絵「皆、自己紹介よろしくな」

やえ「じゃあ私から。小走やえだ、よろしく頼む」

玄「松実玄です。皆楽しくやろうね」

姫子「鶴田姫子。趣味は身体を動かすことばい」

竜華「清水谷竜華や。今日から長をやるのでよろしく」

玄「ちょう?ってなに??」

竜華「長といえば全ての長や。とりあえず黒組委員長から始める。文句のある人は……」

咲「ないよ。そういうわけなら寮長も頼むよ」


晴絵「よ~し、それじゃあ皆で仲良くやっていこうな!」


35:2015/05/18(月) 00:20:50.68 ID:
授業中

タブレット内『正六面体のサイコロを振る場合……』

衣「ふむふむ」

竜華「……」シンケン

揺杏「ふわぁ、ねむ……」

久「zzz」

姫子「……」ザッシペラペラ

淡「ふんふんふ~ん♪」カキカキ

咲(皆で学生ごっこ、か。まるで茶番だね……)


コツンッ

穏乃「ん?」クルッ

淡「ふふ~」スッ

穏乃(手紙……?)ガサガサ

穏乃「……あ」パアッ


ピロリン♪

咲(……メール?)

淡からお昼誘われちゃった。
咲さんもどうかな?

咲「……」ピピッ

メールを削除しました


36:2015/05/18(月) 00:29:18.88 ID:

~~~~

~~~~~~


校長「これで手続きは全て完了です」

透華「ありがとう。これでわたくしも黒組に参加できますわね」

校長「龍門渕様が最後のお着きです」

透華「まあ。わたくしのことは龍門渕さんと呼んでくださいな」

透華「今日からわたくしも、このミョウジョウ学園の一員ですから」


淡(……最後の一人。来たね)


淡「――――10年黒組の皆さん。業務連絡だよ」

皆「!!」

淡「面子が全員揃ったんで、この後0時、本校舎タワーの1908教室で裏オリエンテーションを開催します」

淡「任務について知りたい者は参加よろしくね♪」

久「ふーん。あんたってそっち側の人間なのね」

淡「私はこの学園の生徒だからね~」

揺杏「ターゲットは確定、か」


37:2015/05/18(月) 00:34:59.93 ID:
屋上

咲(……いっそ全部ふっ飛ばしてしまえば良いのかな)

咲(どうせ報酬なんて関係ない。咏先生の評価がどうなろうと知ったことじゃない)


コツコツ・・・

咲(……誰?)バッ

穏乃「あ、咲さん……」




穏乃「私もね、この屋上過ごしやすそうだなって目をつけてたんです」モグモグ

咲「……そう」

穏乃「咲さんも食べる?淡に教えてもらったの。学園名物プチメロンパン!」

咲「いらない」

穏乃「クラスメイト一気に増えたね。皆にちゃんとストラップ渡せるかな?」

穏乃「もぐもぐ……ん、おいしい」

咲「……あなたは……本当に」

穏乃「えっ?」

咲「……」スタスタ

穏乃「あっ、咲さん……」

穏乃「……………」


穏乃「……笑わなくちゃ。怒られちゃう」



38:2015/05/18(月) 00:40:51.72 ID:
二号室

揺杏「もう動くのか、久様。今夜の裏なんとかは待たなくていいのか?」

久「だって~私は早く帰りたいのよね」

揺杏「急くとろくな事にならんかもよ」

久「出遅れるよりはマシでしょ」

揺杏「そうか?」


久「じゃ、一番。いかせてもらうわ」ニッ




一号室

咲「竹井さんが?」

穏乃「うん。おいしいお茶があるんだって。咲さんも一緒にどうかな?」

咲「この部屋に来るの?」

穏乃「ごめん。勝手に決めちゃって。でも咲さんいなかったから」

咲「……私は外すよ」スッ

穏乃「えっ……咲さんも皆と仲良くしようよ!」

咲「あなたの友達であなたの部屋でしょ。好きにすれば」

穏乃「違うよ!一号室は二人の部屋。私と咲さんの部屋だよ」

ガチャッ

久「……あら?」

咲「……」

久「宮永さんも一緒にお茶しないの?」

咲「……あなた。臭いね」

久「……」


39:2015/05/18(月) 00:45:09.10 ID:
咲「……」スタスタ

穏乃「あ、咲さん!!」

久「やーねぇ。ヤキモチかしら」クスッ




穏乃「いただきます」

久「どうぞ。冷めないうちに飲んでちょうだい」

穏乃「はいっ。……いい香り」ズズッ

穏乃「…………」

久「なあに?」

穏乃「あ、ううん。おいしいです」

久「ママにもよく褒めてもらったわ」

穏乃「久さんのお母さんですか?綺麗な人なんでしょうね」

久「ええ、凄く綺麗な人よ。……男だけどね」

穏乃「……えっ」

久「うちのママは男なの。パパも男だけどね」

穏乃「へぇ~……」

久「私はパパともママとも一滴も血が繋がってないの。でも水は血よりも濃いのよ」

穏乃(ん……何だか眩暈が……)クラッ


久「だから――――私のために死んでちょうだい」


穏乃「……」ドサッ


40:2015/05/18(月) 00:53:58.56 ID:
廊下

咲「……」スタスタ

揺杏「よっ」

咲「……どうも」

揺杏「一号室はお茶会じゃなかったのか?」

咲「私は関係ない」

揺杏「そんじゃ今穏乃ちゃんと久様ふたりきり?そりゃ先越されたかなぁ」

咲「どういう意味?」

揺杏「あれ?淡から聞いてない?今夜から黒組が動くんだよ」

咲「!!」

揺杏「久様は一足先に穏乃ちゃんを……」

咲「……」ダッ

揺杏「あ、おい……」


淡「意外に策士だねぇ」クスクス


揺杏「あん?」

淡「久様に先越されるのは困るけど、同室の人と遺恨が残るのも面倒だからね~」

揺杏「……ま、手遅れかも知れないけどな」


41:2015/05/18(月) 01:02:06.06 ID:
淡「そうとも限らないよ。……高鴨穏乃、あいつ結構な数殺してるんだから。両親から親戚まで、ね」

揺杏「……家族はやんねぇだろ。普通」

淡「いやいや、それをばっさり!とんでもない奴だよ」

揺杏「……」

淡「そういや揺杏の家って家族多いよね」ニイッ

揺杏「っ」カッ!

ドガッ!!

淡「いたぁっ!!」

揺杏「人ん家の事は放っとけよ」

淡「あはは……了解」イタタ…



一号室

久「さて、後はお湯につければ完了~」

穏乃「……私は……死なない……」

久「ん?」

穏乃「私には……魔法がかかってるから……絶対に、死なない魔法……」スウ

久「……寝てるじゃないの」


42:2015/05/18(月) 01:08:26.42 ID:
咲「高鴨さん!!」バタン!

久「……あら。野暮ねぇ」

咲「!!」

久「ねえ、この子脱がせてビックリしちゃったわ。見てよ、全身に凄い傷」

咲「この子は隠していたのに……」

久「何で怒るの?ターゲットが分かれば早いもの勝ちでしょ」

咲「……眠っているだけ、か」ホッ

穏乃「……お母……さん……」

咲「……」

久「横取りする気!?」バッ

咲「この子に触らないで!!」バシッ!

久「くっ!!何でその子を庇うのよ!?」

咲「あなたには関係ない」ドゴッ!

久「ぐはっ!!」ドサッ

咲「……」スウ

久(刃物……やられる!!)


??『咲……』


咲「……っ!?」ビクン!

久(動きが止まった!?……チャンス!!)ドガッ!

咲「ぐぅっ!!」

久「ふぅん。……あんた処女でしょ」

咲「!!」

久「まだ人を殺したことのない暗殺処女」

咲「……」

久「あはは。図星ね」バキッ!

咲「うッ!!」ドサッ


43:2015/05/18(月) 01:15:13.54 ID:
久「へぇ、あの宮永がねぇ。ま、秘密にしといてあげるわ」クスッ

咲「くっ……」

久「すっごいネタ拾っちゃったわね」スタスタ

咲「ま、て……」クタッ

ガチャ、バタン・・・



?『咲ちゃんこっち!!早く、時間がないの!!』

?『これから誰かを殺そうと思ったら、この祠の事を思い出して』

幼咲『どうなるの?』

?『殺せなくなるよ。あの祠の中で??が見てるからね』



咲(呪いだ……あの時の……)

穏乃「咲さん……」

咲「……っ」パチッ

穏乃「あ、目が覚めた?良かった」

咲「……何をしてるの?」

穏乃「ごめんなさい。凄い汗だったから」

咲「薬を盛られたのに何で起きてるの!?その身体中の傷は何なの!?」


咲「――――あなたは一体何なの!!」


穏乃「……」


44:2015/05/18(月) 01:18:34.21 ID:
穏乃「私の方こそ聞きたいです……咲さんはどうして私を助けてくれたの?」

咲「……」

穏乃「私は耐性があるから薬はあまり効かない。本当は途中から起きてた」

穏乃「黒組の皆は、私を殺すために転校してきたんだよね」

咲「……知っていたの」

穏乃「咲さんが助けてくれたのは何で?気まぐれ?作戦?それとも他の意味があるのかな……」

咲「……」

穏乃「咲さん。私ね、絶対に死なない。殺されずに黒組を卒業してみせるよ」

咲「不可能だよ!あなたみたいな普通の子が!!」

穏乃「私の家はね、巨大な一族の一部で……私が生きてるだけで困るって人が沢山いるんだ」

穏乃「私を今日まで生かすために、家族はみんな死んじゃった。家族だけじゃない、親戚も皆……」

穏乃「だから私の命は私一人のものじゃない。みんなが守ってくれた命なの」

咲「……」

穏乃「お母さんが私を庇って死んでしまった時、私はさよならさえ言えなかった……」

穏乃「でもお母さんはいつも心の中にいて、正しいことを教えてくれる」

穏乃「私の笑ってる顔が好きだってみんなが言うから、私は泣いたりしない」


咲(……これは呪いだ。死者が遺した、強すぎる想い……)


45:2015/05/18(月) 01:23:54.40 ID:
穏乃「これが最後の試練なの。私は絶対に負けない。必ず黒組を生き延びて……」

咲「無理だよ」

穏乃「私が証明するの。みんなの死は無駄じゃなかったんだって」

咲「無理だよ!!12人も相手にまわして、あなたに何が……」

穏乃「私を庇って死んだ人はもっと沢山いる!!」

咲「!!」

咲「………私もあなたの命を狙ってる」

穏乃「うん……知ってる」

咲「怖くないの?どうして逃げないの?あなたは……」

穏乃「咲さん、私は殺されるために生まれたんじゃない。生きるために生まれたんだ」

咲(傷だらけのくせに……どうせすぐ殺されるくせに……)

咲(どうしてこんな澄んだ目をしていられるの……?)

穏乃「私は話したよ。今度は咲さんの番」

咲「……」

穏乃「咲さんはどうして私を助けてくれたの?」

咲「私が……、あなたを助けたのは……」


コンコンッ

咲「!!」


ガチャッ

竜華「これを……」スッ


本校舎タワー1908教室
本日24時集合


咲「………」


46:2015/05/18(月) 01:31:27.94 ID:

~~~~

~~~~~~


1908教室

淡「アサシンの皆様!ミョウジョウ学園へようこそ」

淡「私は大星淡、黒組の裁定者だよ。これより裏オリエンテーションを……と、その前に」

透華「わたくしは龍門渕透華ですわ」

ゆみ「よろしく……で、そのものものしい椅子は?」

透華「わたくし身体が弱いものですから、自前の家具でないと馴染みませんの」

淡「ふ~ん、ま、いいけど……」

淡「コホン。皆様におかれましては事前の約束どおり、全員揃うまで我慢してもらって恐悦至極だよ」

久「……」ギクッ

淡「けどこっからはルール厳守でお願いするよ!さあ、この中で誰が一番早く穏乃をやっつけるか」

淡「それとも穏乃が生き延びて無事黒組を卒業するか。皆は既に知ってるだろうけど改めておさらいだよ!」


黒組ルール1
暗殺に成功したものには、望むものが何でも一つ与えられる


玄「何でもって本当に!?」パアッ

淡「ほんとほんと!ミョウジョウ学園理事会はいかなる願いも叶えるよ!成功した一人だけにね!」


47:2015/05/18(月) 01:37:34.99 ID:
黒組ルール2
黒組の生徒以外の人間を巻き込んではならない


揺杏「つまり晴絵センセを巻き込んだらアウトってことか」

淡「そうそう。先生は何も知らない普通の一般人だからね」

ノドカ「黒組の生徒は巻き込んでもヨシってことだよなぁ」ニヤッ


黒組ルール3
暗殺に失敗した者、ならびにルール2に反した者は即時退学


淡「で、これが暗殺予告票。このカードでこれから殺っちゃいますって宣言してね」

淡「予告票を出せる権利は一人一回こっきり。一度出したらキャンセルは不可。タイミングは慎重にね」

淡「予告票が穏乃の手に渡ってから48時間以内に暗殺できなかったらミッション失敗、即退学だよ」

淡「予告票の受付は24時間、他の人と被ってもオッケー。利己的にどうそ~」


ガラッ・・・バタン!

咲「……」スタスタ

淡「おっと、遅いよ咲さん!」

咲「……」

淡「はいこれ、咲さんの分の予告票だよ」スッ


48:2015/05/18(月) 01:48:56.41 ID:
咲「……」

びりびり・・・

淡「え……」

久「あら勿体無い」

透華「……ほぅ」


咲「高鴨穏乃には誰にも触らせない」


淡「……ふーん」

やえ「それって高鴨穏乃の守護者にでもなるつもりか?」

姫子「ふむ、それはルールとしてアリやと?」

竜華「確かにルールに明示はされてないで。けど暗殺そのものを放棄することが許されるんかいな」

淡「確認してみるね。ええっと……」プルル…

淡「淡でっす。ちょっと不測の事態なんですけど~」

アレクサンドラ「良くてよ。想定内だわ」

淡(早っ!!)

アレクサンドラ「宮永咲が高鴨穏乃の守護者となることを認めます」

淡「了解!……な~んかあっさり認められたよ」

咲「……これで決まりだね」

淡「おっけー。11人の刺客と一人の守護者ってことだね」



淡「じゃあ、これで裏オリエンテーション終了だよ!!」


49:2015/05/18(月) 02:00:18.26 ID:

~~~~~~

~~~~


一号室

穏乃「あ、咲さん。お帰りなさい」

咲「……私があなたを助けたのは……」

穏乃「えっ……」


咲「高鴨穏乃。あなたに寝返ることにしたからだよ」


穏乃「……咲さん///」



咲(そして今日、全てがはじまった)

咲(私と穏乃の全てが――――)



55:2015/05/22(金) 00:19:44.83 ID:

~~~~~~

~~~~


咲「……ん」パチッ

咲「もう朝、か……高鴨さんは……」

穏乃「……」スースー

咲「まだ寝てる……」

穏乃「……おか……さ……ん」

咲(夢の中でも母親を呼んでるの……)

穏乃「お母さん……もう……食べられないよぅ……」ムニャムニャ

咲「……」シロメ

穏乃「苦しいけど……頑張って食べるよ……むふふ……」ハムハムッ

咲「……起きて。高鴨さん」フトンメクリ

穏乃「うわぁっ!!……あ、咲さんお早うございます!!」ガバッ




咲「驚いた。寝ながら咀嚼してる人なんて初めて見たよ」スタスタ

穏乃「えーっ!?そんな珍しくないよ!ご飯食べる夢見てると口が動いちゃうでしょ!」スタスタ

咲「そんな夢見たこともないよ」

穏乃「ええー」


56:2015/05/22(金) 00:24:49.95 ID:
教室

透華「おはようございます、クラスメイトの皆様」

やえ「龍門渕さん……教室にもオーダーメイドの机と椅子を?」

透華「校長先生の許可は頂いてますのよ。皆様にはお邪魔かと思いますけど」

姫子「龍門渕といえば大財閥やけんね」

揺杏「ふーん、金持ちなのか」

淡「わお!お近づきになりたいな~」



穏乃「何だか凄いお嬢様だなぁ」

穏乃「えっと一限目は……ん?机の中に手紙……?」カサッ


『穏乃ちゃんへ お命ちょうだい』


穏乃「――――……!!!!」


咲「……どうしたの?高鴨さん」

穏乃「っ!!え、えっと……何でもないよ!!」アハハ

咲「……」


57:2015/05/22(金) 00:28:14.75 ID:
晴絵「皆おはようっ!!」ガラッ

透華「おはようございます、先生」

晴絵「おっ、龍門渕も来てるな。これでいよいよ13人全員揃ったってわけだな」


ピロリン♪

咲(メール……)ピッ


SUB:第三問

「赤いのに赤くないのは?」


咲(……またか……)


咏『赤いのに赤くないものな~んだ?』

咏『答えが分かったらメールちょうだいねん♪』


58:2015/05/22(金) 00:36:11.78 ID:
晴絵「さ、黒組全員揃って初の生物の授業は課外授業だー!」

ゆみ「こんな植物園まであるのか、この学校は」

揺杏「どれだけ金持ってンだか……」

晴絵「それじゃあ早速授業を始めるぞ。この植物園には約2500種もの植物がある」

晴絵「なかには世界の珍しい植物もあるが、先生のお勧めは~……」


久「はぁ退屈ぅ……ねぇ淡、ハンドクリームない?何か手がカサカサで」

淡「ん?持ってないよ~」

久「やだ使えない子ねぇ」

揺杏「久様、ハンドクリームならあるぜ!」ブンブン

竜華「やめえな。授業中やで」

揺杏「は~い」


咲(赤いのに赤くないもの……)

咲(赤ん坊、赤の他人……)


晴絵「おいおい、皆静かにしろよ~。植物の話は退屈か?」

晴絵「だがここには植物だけじゃない、様々な昆虫そして鳥だって生息してるんだぞ」

ピィィ・・・

晴絵「はっ!!この鳴き声はウソだ!!」

やえ「ウソ?」

晴絵「あ、鷽っていうのは鳥の名前の事な。ウソだけどホント!うまいっ!!」ガハハ

一同「………」シラー


咲(真っ赤なウソ……)


59:2015/05/22(金) 00:50:43.47 ID:
晴絵「あ~、鷽というのはスズメ目アトリ科に分類される鳥で……」


やえ「うう、何だかお腹が痛い……」ズキズキ

竜華「大丈夫かいな」

淡「正露丸持ってるけど飲む~?」

やえ「残念、私はビオフェルミン派なんだ」

揺杏「んなこと言ってる場合かよ」


ピロリン♪

穏乃(ん?メール……?)ピッ


玄『穏乃ちゃん♪誕生日教えて?』


穏乃(……っ)パアッ


穏乃『1月1日だよ♪』


玄『ほんとに?私と1日違いだよ!なんか運命を感じるね!(笑)』


穏乃(……ふふっ)

咲(……?)


60:2015/05/22(金) 00:55:15.38 ID:
昼休憩

揺杏「あ~腹減った!今日の日替わりメニュー何だろ?」

淡「今日はガッツリ中華料理だよん♪」

玄「中華かぁ、久しぶりに酢豚とか食べたいなぁ」

穏乃「私、酢豚に入ってるパイナップルが苦手なんです」

玄「それ私も!パイナップルは好きなんだけど酢豚に入ってると許せないんだよね」

穏乃「そうそう!」

玄「ねえねえ穏乃ちゃん、パンとお米どっち派?」

穏乃「私はお米大好きです」

玄「ほんと!?私も断然お米派だよ」

穏乃「凄い!食べ物の好みまで……」


咲「松実さん。高鴨さんにちょっかい出さないで」


穏乃「咲さん……?」

玄「どうして?話してるだけだよ。穏乃ちゃんと私って気が合うんだよね」

穏乃「そうなんだよ。玄さんと私、誕生日も1日違いなんだ。こんなに色々ピッタリなのは初めてだよ!」

玄「うふふっ」

咲「………」


61:2015/05/22(金) 00:59:50.89 ID:
衣「……類似の法則だな。人間は共通点の多い相手に親しみを覚える」

ゆみ「天江も松実のウソだと思うのか?」

衣「うむ。玄の目を見ると策略だなと思うぞ」

ゆみ「そうか」

衣「でも、衣も白米は好きだ」

ゆみ「私もだ」ニコッ

衣「えへへ///」




一号室

咲「誕生日が一日違いだとか、そんなの全部ウソに決まってるでしょ!」

穏乃「うう、そうかな……でもそんなウソつく必要が」

咲「あるよ。友達顔してあなたに近づいて取り入るため」

穏乃「でも玄さん、本当に私と仲良くなりたいのかも知れないし……」

咲「自分以外の全員が暗殺者だと分かっていて、なぜ無邪気にそう思えるの!?」

咲「あなたは命を狙われてるんだよ!!」

穏乃「うぅ……」


62:2015/05/22(金) 01:08:15.07 ID:
咲「……教えておいてあげる。黒組のルール」

咲「暗殺に成功した者には報酬として何でも望むものが与えられるの」

咲「暗殺者は予告票を出し、48時間以内にそれを実行する」

穏乃「……っ」ハッ


『穏乃ちゃんへ お命ちょうだい』


穏乃「……で、でも……っ」

穏乃「咲さんも私を守るって言ってくれた。だから玄さんだって……」

咲「……」

穏乃「玄さんだけじゃない。それでもし他の皆も私と友達になってくれたら……」

穏乃「そしたら誰も死なずに皆で黒組を卒業できるかも知れないでしょ?」

咲「……」


63:2015/05/22(金) 01:15:32.52 ID:
夜 植物園

玄「綺麗な蝶……」

淡「その蝶をどうするの?」

玄「こうするんだよ」ヒョイ

淡「うわぁ……クモの巣の上に乗せちゃうなんて悪趣味だねあんた」

玄「ふふっ」

淡「予告票、出したんだね」

玄「うん。出したよ」

淡「なら玄の希望する報酬を聞いておかないとね~」

玄「私ね、シリアルキラー保険が欲しいんだ」

淡「何それ?ちょっと分かんないんで詳しく頼むよ」

玄「だからぁ、私が一生安心してシリアルにキラーできる保障が欲しいってことだよ」

淡「えーと、つまり殺しのライセンスってことでいいのかな?」

玄「そう。私今やばいんだよね……ここには半分逃げ込んだようなものでね。刑事に目をつけられちゃって」

淡「その刑事さんを何とかしてくれ、と?」

玄「それだけじゃ足りないよ。だから保険なんだって」

淡「どゆこと?」

玄「言ったよね、どんな願いでも叶えてくれるって。ずっと私を奴らから守ってくれる安心が欲しいの」

淡「はは~ん。一生玄の尻拭いをしてくれる仕組みってことか」

玄「そうそう。そんな絶対の約束……それが私の望みだよ」ニイッ


64:2015/05/22(金) 01:51:43.04 ID:
翌日 

穏乃「……ねぇ咲さん」

咲「なに?」

穏乃「まだ怒ってる?」

咲「怒ってはいないよ。ただ呆れてるだけ」

穏乃「……」シュン




教室内

和「……ふふっ」チャラ…

玄「あーっ!!穏乃ちゃんのストラップだ!!」

和「!!」ビクッ

玄「いいよねコレ。私も貰ったんだ~」チャラ…

和「は、はい……素敵です……」

玄「そういやさ~、一時間目のテストやばかったよね。ホント実力でちゃった」

和「カチン」

玄「ん?何の音?」

和「鍵、かけました」

玄「??ごめ~ん、分からないよ。和ちゃんとは夜の方が話しやすそう」

玄「でも趣味は……昼の方と合いそうだね」

和「!!」


65:2015/05/22(金) 02:31:35.15 ID:
玄「このストラップさ、すごいお宝なのに分かってない人いるよね」

玄「まあ私たちはこれの価値が分かってるけど」

和「……」


穏乃「どうしたの?二人とも」

玄「穏乃ちゃん!あのね、穏乃ちゃんに貰ったストラップがすっごい可愛いって話だよ!」

玄「私も何かお返ししなきゃね~」

穏乃「そんな、いいよお返しなんて」

咲「……」



SUB:報告メール
今日も動きなし


咲(もし誰かと戦うことになった場合、何て報告すればいいんだろ)

咲(今のところはまだ誰からも予告票が届いてないからいいけど……)



咲(……待って。本当に予告票は誰からも届いてないの……?)



68:2015/06/18(木) 23:05:27.47 ID:
玄「はいこれ、ストラップのお礼だよ♪」

穏乃「わぁ……綺麗な花束。ありがとう玄さん!」

玄「喜んでもらえて良かったよ」

穏乃「咲さんもこの花を見たらきっと玄さんのこと好きになってくれます」

玄「そんなことよりさ、もっと二人でお話しようよ穏乃ちゃん」ズイッ

穏乃「え、あの……玄さん……?」

玄「それとも、暗殺者の手から穏乃ちゃんを守ってくれるあの子がいないと不安?」

穏乃「……っ」

玄「大丈夫。私が守ってあげるから。……昨日、予告票が届いたんでしょ?」

穏乃「!!どうしてそれを……」

玄「あの予告票、やえさんのだよ」

穏乃「えっ……」

玄「同室だったから偶然見ちゃったの……だから私、穏乃ちゃんを守りたくて……」

穏乃「玄さん……」


玄「――――なーんて、ウ・ソ♪」グイッ


穏乃(!!花束を押し付けられ……て……)ガクンッ

玄「この花ね、すごい神経毒があるの。ゲルセミウム・エレガンスって花の種類。赤土先生だって知らないかも」

穏乃「……」ドサッ


~~~~~~

~~~~


69:2015/06/18(木) 23:09:55.08 ID:
大浴場

やえ「ふう……いいお湯だ」

竜華「そういや昼間の腹痛は治ったん?」

やえ「ああ。もう大丈夫だ」

姫子「それは良かったばい。松実玄と同室では常に体調を万全にしておかんと」

やえ「それはどういう意味だ?」

姫子「知らんと?まあ知らん方が良かと。知らぬが仏という言葉もあるけん」

やえ「え?え?」

揺杏「松実がどうしたんだ?」

久「そこまで言われたら気になるじゃないの」

姫子「何だ、誰も知らんと。……あの子は……」




揺杏「――――なるほど。あいつの正体は切り裂きジャックか」

やえ「知らなかった……私はシリアルキラーと一緒の部屋で寝てたってこと……?」

姫子「シリアルキラーといっても様々ばい。松実の場合は快楽殺人者」

姫子「つまり人を殺すことでしか性的快楽を得られない」

竜華「何だか少し可哀想な気もするなぁ」

やえ「可哀想じゃない!同室の私の方がよっぽど可哀想だ!」

久「ま、やられちゃわなくて良かったじゃないの」


バタンッ!!


咲「松実玄!!松実玄はどこ!?」

揺杏「宮永……?何だよ突然?」


70:2015/06/18(木) 23:14:38.39 ID:

~~~~~~

~~~~


穏乃「……ん」パチッ

玄「あ、目が覚めた?」

穏乃(!!私、縛られてる……口まで塞がれて……っ)

玄「安心して?すぐに殺したりはしないから。タイムリミットまで時間はまだあるし」

玄「――――ゆっくり楽しませてもらうね……穏乃ちゃん♪」

穏乃「んーっ!!」ジタバタ

玄「ねえ知ってる?クモってね、捕らえた獲物に毒針を差し込んで、中から溶かして体液を吸うの」

玄「獲物は生きたまま少しづつ、少しづつ殺されていくの。想像してみて?ゾクゾクしちゃう♪」

玄「私は毒針がないからこのハサミを使うんだ。生きたまま少しづつ切り刻むの」

穏乃「っ……」ジタバタ

玄「素敵な傷跡が全身にあるんだね……その傷跡、ぜーんぶ私が上書きしてあげる!」ザクッ!

穏乃「んんんーっ!!」ビクン!

玄「うふふ。綺麗な赤い血に、良い鳴き声……」


ピロリン♪

玄「!!」

穏乃(メール……?)ハアハア


玄「……」ピッ


咲『松実さん!!どこにいるの!?』

玄「良いところだったのに……」


71:2015/06/18(木) 23:19:01.12 ID:
玄『ま、ちょうどいいか。あなたの大事な穏乃ちゃんが少しづつ死んでいく声を聞かせてあげるね』ザクッ!

穏乃『んんーっ!!』

咲「やめて!!」

玄『ふふ……次はどの傷跡がいーい?』

咲「高鴨さん!!どこ!?どこにいるの!?」


ピィィ・・・


咲「――――!!」


咲(この鳴き声は……鷽……)



玄「さあ、そろそろ本番といこうか穏乃ちゃん……」

穏乃「んっ!!」ドンッ

玄「っ!?」グラッ

穏乃(今だ!!)ダダッ


玄「ちっ……逃がさないのです!!」


72:2015/06/18(木) 23:22:11.57 ID:

~~~~~~

~~~~


穏乃「はぁっ、はぁっ……」

穏乃(かなり奥の方まで逃げてきちゃったけど……とりあえずこの辺りに身を潜めて……)


玄「――――みーつけた♪」


穏乃「……っ!!」

玄「お楽しみはこれから……」


バンッ!!


玄「……つぅっ!!」

玄(銃弾が頬を掠めて……まさかっ)バッ


咲「今度は外さないよ、松実玄」チャキ…


玄「……邪魔するな!!」ザッ

咲「!!」

バンッ!!バンッ!!

玄「当たらないよ!!」ジャキンッ

咲「……っ」


73:2015/06/18(木) 23:25:58.81 ID:
玄「あなたから先にやってあげる!!」ジャキン

咲「遠慮するよ」ドゴッ!

玄「ぐはっ……」ドサッ



咲「……気絶したか」

穏乃「咲さん……」

咲「ごめん、遅くなって」

穏乃「ううん……ありがとう」

咲「傷、痛む?」

穏乃「大丈夫。慣れてるから」

咲「……そう」


74:2015/06/18(木) 23:28:14.42 ID:

~~~~~~

~~~~


玄「……ん」パチッ

淡「起きた?見事に失敗したみたいだね~」

玄「……」

淡「ちょうど48時間。時間切れだよ」

玄「い、いやっ!!報酬はいらないから黒組に残して!!」

玄「私、どうしてもあの子を殺したいの!!」

淡「それは駄目だよ。ルールだから」

玄「……っ」ギリッ

ジャキンッ!!

淡「!!」バサッ

玄「ふふっ……服の次は身体を切り刻んであ……げ……」

淡「……」ニイッ…

玄「あ……ああ……」ガクガク



玄「――――……っ!!!!」




75:2015/06/18(木) 23:31:24.79 ID:
翌日

晴絵「えー……今日は皆に悲しいお知らせがある」

晴絵「突然のことで先生も驚いてるんだが、松実の転校が今朝急に決まった」

和「……」

衣「……」

久「ふぅん」

揺杏「それで松実の机の上に花が置いてあんのか」

やえ「死んだんじゃないんだから……」

竜華「誰が置いたんか知らへんけど悪趣味やな」

淡「そうだね」




咲(これで、残りは10人……)



82:2015/07/11(土) 22:32:25.97 ID:
生徒A「は~疲れたぁ……」

生徒B「だよね。早くテスト期間終わんないかな」

生徒C「私さっきの穴埋め問題一問間違えちゃったよ」

生徒A「あ、私も~」





図書室

穏乃「定期テスト一日目終了っ!!」

咲「そうだね」

穏乃「明日も頑張るぞー!!ではさっそく勉強勉強!!」

穏乃「ええっと問題は……」


穏乃「……」

穏乃「……」

穏乃「……」


ゴンッ!!

咲「……何机に頭ぶつけてるの」

穏乃「さっそく難問につき当たりました……」


83:2015/07/11(土) 22:39:10.65 ID:
穏乃「ねえねえ咲さん、この問題分かる?」

咲「どれ……?」


竜華「――――この問題はここの公式を使ったらええ」


咲「……!!」

穏乃「ああ、なるほど!ありがとう竜華さん!!」

竜華「礼にはおよばへんで。じゃあな」チャリ…

穏乃(あ……、私があげたストラップ使ってくれてる……)パアッ


穏乃「私、絶対に卒業したいから赤点取らないよう頑張ります!!」ガタンッ!!


図書委員「オッホンオッホン!!」キッ!


穏乃「あ、すみません……」シュン




竜華(うちは……失敗するわけにはいかへんのや……)


84:2015/07/11(土) 22:44:39.56 ID:
三号室

姫子「竜華、風呂はどうすると?」

竜華「お先にどうぞ」カキカキ

姫子「なら遠慮なく。今日の入浴剤は登別にするばい」スタスタ

竜華「……」カキカキ





数年前

竜華「……」カキカキ

雅枝「おっ竜華、よく出来とるな」

竜華「ありがとうございます。雅枝先輩」パアッ

セーラ「でも竜華はへたっぴだからな~」

浩子「図面だけ引けても意味あらへんし」

怜「ついこの間も誤爆させてたやろ?ほんま危なっかしいなぁ」

竜華「……」

雅枝「暗殺なんて、本当は向いてない方がええんやで」ポンッ

竜華「先輩……」




竜華(………大丈夫。うちはもう昔のうちやない)


85:2015/07/11(土) 22:48:10.52 ID:
翌日

晴絵「はい終了~。解答用紙を裏返して後ろの人から前に回して」

久「ふわぁ……テストなんてくだらな~い。早く終わらないかしら」

揺杏「久様ずっと寝てたじゃん」

姫子「肩がこったばい」トントン

やえ「私も目が疲れたよ」フー

淡「頭使ったせいかお腹すいた~」



晴絵「さて、明日はいよいよテスト三日目。最終日だ」

晴絵「みんな悔いのないようにバッチリ復習しろよ」

穏乃「はいっ先生!!」



竜華(………)


86:2015/07/11(土) 23:14:31.93 ID:
穏乃「咲さん、今日のテストどうだった?」

咲「問題ないよ」

穏乃「凄いなあ咲さん……あ」

穏乃「天江さんに加治木さん!テストどうでしたか?」タタッ

ゆみ「まあまあだな。天江はどうだ?」ギュッ

衣「衣もまずまずの出来だ」ギュッ

穏乃「そうですか。……あ、あのう」

ゆみ「ん?」

衣「ん?」

穏乃「いえっ何でもありません!!」

咲「何で2人はいつも手を繋いでるの?」

穏乃「さ、咲さんっ!!」アセアセ

ゆみ「ああ、これは天江が迷わないためだ」

衣「いつもすまないな。ゆみ」ニパッ



87:2015/07/11(土) 23:52:15.59 ID:
ゆみ「……私はこんなところに天江や高鴨がいるのが心配だ」

穏乃「えっ?」

ゆみ「私の目的は高鴨じゃない」

咲「……!!」

ゆみ「黒組に転校してきたのは違う理由だ」

咲「……それを信じろと?」

ゆみ「信じるも信じないもお前の勝手だ。……行くぞ天江」スタスタ

衣「……うむ」スタスタ



穏乃「わざわざ教えてくれるなんて、加治木さんは良い人だね」

咲「高鴨さん……少しは懲りて」ハア


90:2015/07/26(日) 22:29:17.77 ID:
図書室

穏乃「うーん……ここの公式が……」

咲「……」

淡「――――そういえば知ってる?」ズイッ

咲「……どこから沸いてきたの」

淡「ひどいっ!そんな人をゴキみたいに!」

穏乃「え、なになに?」

淡「このミョウジョウ学園にはいわゆる学園七不思議があるんだよ!」

穏乃「七不思議!?」

淡「音楽室のベートーベンが夜中にいきなり髪を振り乱して指揮を始めるとか!」

穏乃「わぁ~」パアアッ

咲「そこは普通目が光る、とかじゃないの」

淡「理科室の人体模型が笑い転げて飛び出した臓器を慌てて拾い集めるとか!」

穏乃「わぁ~」パアア

咲「そこは普通いきなり走り出す、とかじゃないの」

淡「もう!咲さんは黙っててよ~。あ、それから図書室の禁断の書ってのがあるんだけどね!」

穏乃「わぁっ!聞きたい聞きたい!!」

淡「この図書室の本棚のどこかに隠し部屋があるの。そこには開いてはいけない禁断の書があるんだけど……」

穏乃「うんうんっ!!」

淡「その本の貸し出しカードに名前を書くとね、幸せになるって言われてるんだって!」


91:2015/07/26(日) 22:31:28.90 ID:
穏乃「幸せになれるのっ!?」パアアッ

淡「らしいよ~」

咲「……くだらない」

穏乃「えっ」

咲「開いてはいけないのに開く必要があるなんて矛盾してるよ」

穏乃「だから忘れずに開いた人が幸せになれるんじゃないかな?」

淡「うん!きっとそうだよ~」

穏乃「でも本を探す前に隠し部屋を探すのが先だね」

咲「……勉強はどうしたの」


図書委員「ギリギリギリギリギリギリ……」ギロリ


穏乃「ひぃぃ……」


92:2015/07/26(日) 22:34:19.97 ID:
一号室

穏乃「ふー、食べた食べたー!!」ガチャ

穏乃「そういや咲さんいっつもカレーだね……飽きないの?」

咲「うん。カレーは完全食だから」

穏乃「はぁ……」チラッ


穏乃「――――!!」


咲「どうしたの?」

穏乃「私の机の上にこれが……」


『死は人生の終末ではない。生涯の完成である』


咲「……ルターの格言だね」

穏乃「 どういう意味なのかな……」

咲「タイムリミットは48時間。遅くとも明後日のこの時間までには仕掛けてくるということか……」


穏乃「咲さん!!冷蔵庫の中に!!」

咲「爆弾か……ちょっと後ろに下がってて」

穏乃「う、うん……」

咲「……」スッ

カチッ

咲「……これで大丈夫」

穏乃「ありがとう咲さん……」


93:2015/07/26(日) 22:36:13.97 ID:
三号室

竜華(……まずは失敗、か)バタン…

姫子「おかえり。お風呂先に使わせてもらったばい」

竜華「ん……」

姫子「よかったら入浴剤貸してやるばい。城之崎とか別府はどげんと?」

竜華「いや、うちはシャワーでええ」スタスタ





数年前

竜華「ここを、こうして……」カチカチ

雅枝「……なぁ。竜華」

竜華「はい、何ですか先輩」

雅枝「死は人生の終末ではない。生涯の完成である。……意味分かるか?」

竜華「いえ……」

雅枝「そうか……。いや、何か妙に心に引っかかってな……」

雅枝「死ぬ時に終末だの完成だの、考える暇なんてあるんかなって……」

竜華「……」


94:2015/07/26(日) 22:37:46.77 ID:
竜華「爆弾の取り付け、完了しました」

雅枝「ああ。……ターゲット接近五分前。私が見届けるからあんたは先に戻り」

竜華「分かりました先輩」ダッ


ドガァァァァァン!!!!


竜華「――――!!?」




雅枝「……」ダラン…




竜華「雅枝先輩!!いやああああああああ!!!!」


95:2015/07/26(日) 22:39:06.74 ID:
怜「あんた……また失敗したんか」

浩子「分と秒を間違えるなんてありえんミスやわ」

セーラ「竜華が失敗せんかったら雅枝先輩も死なずにすんだのにな」

竜華「……っ!!」





雅枝『暗殺なんて、本当は向いてない方がええんやで』

雅枝『死ぬ時に終末だの完成だの、考える暇なんてあるんかなって……』





竜華(うちのせいで、あの日死なせてしまった先輩のためにも)

竜華(絶対に失敗するわけにはいかへんのや――――)


96:2015/07/26(日) 22:41:12.53 ID:
翌日

晴絵「はい終わり!解答用紙を回収するぞ~」

久「は~、やっと終わった~」

揺杏「久様また寝てただけじゃん」

ゆみ「どうだった天江?」

衣「うむ、まずますの出来だ」

穏乃「私はあんまり自信ないかな」アハハ

姫子「肩が凝ったばい」

和「やっと終わりですね……」


竜華「…………」





穏乃「テストの結果、ドキドキだね~」

咲「そうだね」

穏乃「ねえ咲さん、今夜って予定ありますか?」

咲「特にないけど」

穏乃「えっと、図書室に……」チラッ


97:2015/07/26(日) 22:43:36.96 ID:
咲「なに?」

穏乃「図書室に忍びこんでみたいな~なんて……」

咲「……例の禁断の書?」

穏乃「うん。探してみたくて……でもそんなこと言ってる場合じゃないよね」

咲「当たり前。タイムリミットまであと24時間以上残って……」ハッ

咲(今、どこからか殺気が…)

穏乃「咲さん?」

咲「……一度行けば気が済むんだね」

穏乃「!!うんっ」パアアッ

咲「じゃあ一旦寮に帰るよ」

穏乃「うん!夜中に二人で忍び込もう!」ガバッ

咲「分かったからまとわりつかないで」




竜華「………」



98:2015/07/26(日) 22:45:35.62 ID:
夜、図書室

穏乃「当たり前だけど鍵がかかってるね……」

咲「ん、ちょっと下がってて」

カチカチ……ガチャッ

咲「開いたよ」ギイ

穏乃「咲さんすごい!!」

咲「行くよ。さっさと済ませよう」





咲「……それで、隠し部屋はどこなの?」

穏乃「え、えっと……こ、これから探すよ!!」

咲「無計画すぎるよ……」

穏乃「でも隠し部屋ってどこかな~ってワクワクしながら探すのも楽しくない?」

咲「別に……あ」

穏乃「どうしたの?」

咲「………あっちだよ」スタスタ

穏乃「えっ?あ、咲さん?」


99:2015/07/26(日) 22:50:22.99 ID:
咲「……ここか」グッ

ガタン・・・ギィィ・・・

穏乃「!!本棚が動いて……っ」

咲「隠し部屋。本当にあったんだ」

穏乃「凄い!!でもどうして分かったの?」

咲「匂いだよ。……行くよ」

穏乃「う、うん!!」





ツカツカ・・・

穏乃「ごほごほっ……かび臭い」

咲「どうやら閉架図書用の書庫らしいね」

穏乃「この部屋のどこかにあるのかな?禁断の書が!!」ワクワク


100:2015/07/26(日) 22:53:13.72 ID:
咲「……ん?本棚の隙間に何か挟まってる」

穏乃「あっ、私が皆にあげたストラップ……何でこんな所に?」スッ

咲「!!待って高鴨さん!!」ガバッ

穏乃「え……」


ピピッ・・・ドガァァァァァァン!!


咲「ぐぅっ……やっぱり爆弾か」

穏乃「咲さん!!私を庇って……」

咲「大丈夫、これぐらい何ともな……」ハッ


バンッ!!バンッ!!


咲「くっ!!」バッ

穏乃「銃弾!?」

咲「高鴨さんは隠れてて!!」ダッ

穏乃「咲さん!!」


101:2015/07/26(日) 22:56:14.55 ID:
バンッ!!バンッ!!バンッ!!・・・カチッ

竜華「ちっ、弾切れか……」

咲「そこまでだよ」

竜華「!!」

咲「清水谷さん、予告票を出したのはあなただったんだね」

竜華「……」

咲「七不思議の話を聞いてたんだね。だからここに爆弾を仕込んで……」

竜華「……。あと、もう少しやったのにな……」

咲「……」

竜華「……でもうちは……」


竜華「ここで止めるわけにはいかへんのや!!」キラッ


咲(!!ナイフを隠し持ってたの)サッ

竜華「まだ時間はあるで!!」ビュンビュン

咲「……っ」ヒョイヒョイ

竜華「宮永の血を持つあんたには……うちの気持ちなんて分からへん!!」ビュンビュン

竜華「うちは……うちはもう暗殺なんてやめたいんや!!」

咲「……暗殺をやめる、それがあなたの望む報酬なの」

竜華「……そうや」


102:2015/07/26(日) 22:58:07.78 ID:
咲「人を殺して足を洗うって、矛盾してるよね」

竜華「……!!」

咲「隙あり」バッ

竜華(っ!!ナイフを奪われた!?)

咲「……まだやる?」

竜華「……。結局うちは出来損ないのアサシンのまま……」ガクッ

穏乃「竜華さん……」




竜華「……降参や」




~~~~~~

~~~~



103:2015/07/26(日) 23:01:37.58 ID:
翌日

晴絵「じゃあ今からテスト返すぞ~。竹井久、岩館揺杏、大星淡……」

久「サイテー。普通下から返す?」

揺杏「久様、名前しか書いてないからじゃん」アハハ

淡「結果なんて別に見たくないし~」

晴絵「鶴田姫子、小走やえ……」

やえ「ま、こんなもんかな」

姫子「生物のテストはなかなか奥が深かったばい」

晴絵「宮永咲、原村和、龍門渕透華……」

咲「……」

和「こんなの返さなくてもいいんですけど」

透華「皆様往生際が悪いですこと」

晴絵「加治木ゆみ、天江衣……ほい。頑張ったな」

衣「ふむ、91点か」

ゆみ「よかったな、天江」

衣「ああ。ゆみもな」

淡「自信がないとか言ってる人に限って大概成績よかったりするんだよね」

久「感じわる~い」

晴絵「そして栄えある黒組のトップは……高鴨穏乃!!」

穏乃「ええーっ!?私が!?」パアアッ

やえ「へぇ、やるじゃないか」

和「すごい、です……」

揺杏「穏乃頑張ってたもんな」


104:2015/07/26(日) 23:04:34.57 ID:
晴絵「それじゃ~皆静かにな。授業始めるぞ」

淡「は~い」


晴絵「……次の学校でも、頑張ってほしいな……」ボソッ


『解答用紙 清水谷竜華 98点』


姫子「竜華はそもそも黒組には向いてなかったとね……」







放課後

咲「その図書カード……清水谷さんの机に置くの?」

穏乃「うん。幸せになるといいなって」

咲「本人が書かないと意味ないんじゃないの?」

穏乃「いいの。おまじないは実行することが大事だから」



『ルターの生涯 貸出人:清水谷竜華』



108:2015/08/22(土) 22:25:18.78 ID:


~~~~~~

~~~~


十数年前

咲「……」シュッ

おば「わぁ、上手いわね咲ちゃん!さっきからずっと的の真ん中に当ててる!」

咲「……」シュッ

おば「……ねえ咲ちゃん、ここを出ておばちゃん達と暮らさない?」

咲「……」シュッ

おば「街は楽しいわよ。学校にはお友達も沢山いるし。甘いお菓子とか面白い本とか」

咲「……」シュッ

おば「うちの照もあなたのこと気に入ってるしね」

咲「……照おねえちゃん?」

おば「そう!それに訓練なんてもうしなくてもいいの。姉さんだってそれを望んでた……」


祖母「くだらない話をするんじゃないよ!」


おば「お母さん……」

祖母「宮永の面汚しが!」

おば「……」

祖母「お前なんぞ宗家の跡取りに口を利ける立場じゃないんだ。墓参りが済んだらとっとと俗世へ帰るがいい」

おば「……」


ガツン!

咲「あ……、蝉に当たって……死んじゃった」


109:2015/08/22(土) 22:30:40.33 ID:



咲「………っ」ガバッ

咲「……昔の夢、か……」

ピロリン♪

咲(メール……)ピッ


SUB:第五問

籠の中の鳥を外に出すには?



110:2015/08/22(土) 22:34:50.04 ID:
黒組教室内

晴絵「皆、今月末はミョウジョウ学園創立記念祭だ」

晴絵「学園をあげてのお祭りだ。ここは思い切って舞台をやろうと思う」

晴絵「演目は王道中の王道、ロミオとジュリエットだ!シナリオも頑張って書いてきたんだぞ~」

衣「ゆみ……///」

ゆみ「天江……///」

淡「そこ、教室内でいちゃつかない!」

やえ「もう主役二人はあのバカップルでいいんじゃないか?」

姫子「そうたいね」

久「めんどくさ~い。私いち抜けた~」

晴絵「サボると単位取れないぞ」

穏乃「お芝居かぁ」キラキラ




揺杏「ふ~ん、平和だねぇ……」



111:2015/08/22(土) 22:38:41.58 ID:
体育館

衣「ああロミオ、どうしてあなたはロミオなの?」

ゆみ「あ、貴方がそう望むのならば私はもうロミオではない!貴方の恋人、それが私の新たな名前!」

衣「どうやってここに来たのです?見つかったら殺されてしまうのよ」

ゆみ「貴方の瞳の方がずっと怖い。ど、どうか微笑んでください、そうすればわ、私は……」

やえ「――――ああもう!!駄目駄目!!全然なってない!!」

ゆみ「はぁ……」

やえ「いいか加治木、男役は色気だ。観客全員お前の色気で惚れさせるんだ!!」

やえ「もっとしなやかに、熱くセクシーに!!流し目目線で観客を殺せ!!」

晴絵「こ、小走……まぁそのぐらいで……」

やえ「先生は黙っていてください!!」キッ

晴絵「は、はい……」

ゆみ「柄じゃないんだ……こういうのは」

衣「そうか、ジュリエットの方が良かったろう。ゆみは綺麗だからな」ニコ

ゆみ「///」カア




穏乃「凄いね、監督係のやえさん……」

淡「なんか好きらしいよ~お芝居」


112:2015/08/22(土) 22:43:37.32 ID:
やえ「は~……これじゃあプランがたたない」

姫子「演出プランというやつか。熱心たいね」




穏乃「ぐぬぬ……この柱重い~……」グググ

揺杏「ほらよ」ヒョイ

穏乃「あっ、ありがとう揺杏さん!凄い力持ちなんですね!」

揺杏「他に取り得もないからな~。そっちのセットも重そうだし運んでやるよ」




久「……」チクチク

和「……」チクチク

透華「……」チクチク

久「――――やーめた!縫い物なんてやってらんないわ!」バサッ

透華「わたくしにこんな仕事は相応しくありませんわ」バサッ

和「……」チクチク


113:2015/08/22(土) 22:53:21.10 ID:



揺杏「……ふ~。今日中にカタつきそうだな」

咲「……テストの次は学園祭、か」

揺杏「いいじゃないか。学生らしくてさ」

咲「私たちは……」

揺杏「……分かってる。でも何だかんだ皆楽しそうだ。滅多にないもんな、こういうの」

咲「……」

プルルル・・・

揺杏「あ、悪い。ちょっと外すわ」





揺杏「――――もしもし。どうした?」

妹A『お姉ちゃん、お母さんが倒れちゃって……』グスッ

妹B『きゃははははは!!』バタバタ

弟B『おい待てよー!!』バタバタ

弟A『そろそろ洗濯物入れないと』

弟C『ご飯まだ~?』

妹C『おねーちゃ』キャッキャ


揺杏「……大丈夫。姉ちゃんが絶対に何とかするから」

妹A『うん……早く帰ってきてね』グスグス

揺杏「ああ。じゃあな」ピッ




揺杏(……最初から分かってたはずじゃないか)

揺杏(平和?学園祭?……全部偽りだ)



揺杏「あたしは………)



118:2015/08/30(日) 15:38:01.71 ID:


~~~~~~

~~~~


大浴場

穏乃「お風呂広いねぇ」

咲「そうだね」

穏乃「咲さん、えいっ!!」バシャバシャ

咲「あまりはしゃがないの。誰かが来ないうちにさっさと出ないと……」

穏乃「もう誰も来ないよ、こんな時間だし。あ、咲さん背中流してあげるよ!」

咲「いいよ、そんなの」

穏乃「遠慮しないで。ほらほら」

ガラッ・・・

咲・穏乃「!!」

揺杏「おっ、お邪魔だったかな?」

咲「……」

穏乃(傷跡、見られたくない……)ブクブク




揺杏「……」ゴシゴシ

咲「……」

穏乃「……」

揺杏「淡に聞いたよ」

穏乃「えっ」

揺杏「自分のために人が死ぬってのはどんな気分なんだ?」

穏乃「――――っ!!」


119:2015/08/30(日) 15:45:56.63 ID:
揺杏「誰かを犠牲にして生き延びて、それでも笑って生きていけるもんなんかねぇ」

咲「岩館さん!!」

穏乃「……笑うよ。私は」ニコッ

揺杏「!!」

揺杏「……大したもんだな。おい宮永、こいつはお前が死んでも笑うんだってよ」

咲「……っ」バシャッ

揺杏「やめとけよ。穏乃が怯えてる」

穏乃「咲さん……」

咲「……」スッ

揺杏「へぇ、あの宮永がねぇ……随分と骨抜きじゃないか」

咲「……」

揺杏「今のお前ならあたしでもやれそうだ」

咲「……高鴨さん。出るよ」ザッ

穏乃「あっ、咲さん!!」ザッ



揺杏「………」




120:2015/08/30(日) 16:04:34.93 ID:



食堂

穏乃「ねえ淡。咲さんのおうちってそんなに凄いのかな?」

淡「凄いなんてもんじゃないよ。こっちの世界で宮永っていったら知らない者はいないよ」

淡「はるか昔からこの国の闇に君臨し続けた殺しの一族。時の権力者に仕えて密かに歴史を動かしてきたんだって!」

穏乃「……」ゴクリ…

ドンッ!!

咲「……黒組ルール第二条」

淡「うはぁ!!咲さんったらまたカレー!?よっぽど好きなんだね~」

咲「クラス以外の人物に知られちゃいけないんでしょ」

淡「だって私は裁定者だし~」

穏乃「咲さん、えっと……」

咲「聞きたいことがあるなら、そこの三下じゃなくて私に直接聞いて」

淡「は~い三下でっす!」

穏乃「え、じゃあ……家族構成とか」

淡「お見合いかいっ!」

咲「……父親は顔も知らない。母親は私を生んですぐに死んだ。私は祖母に育てられたの」

穏乃「ご、ごめんなさい……」

淡「いや~奇遇だね!実は私も天涯孤独の身で~」

咲「興味ない」

淡「あらら~?」


121:2015/08/30(日) 17:35:32.58 ID:
放課後


SUB:第五問
籠の中の鳥を外へ出すには?


咲「……」

揺杏「よっ。家族からメールか?」

咲「……ううん」

揺杏「夕べは悪かったな。ちょっと色々あってやつ当たりしちまってさ」

咲「別に」

揺杏「あ~、今日も平和だねぇ……」



生徒A「そっち釘一本余ってない~?」

生徒B「あるよ、はい!」

生徒C「こっちのセットも手伝ってよ~」



揺杏「ホントだったら穏乃はあっち側のはずだったのにな」

揺杏「穏乃だけじゃない、皆ホントは来たくてこんなとこ来たわけじゃない」

咲「……」

揺杏「何の因果かねぇ……なあ宮永」

咲「……なに」

揺杏「穏乃を解放してやりたいと思わないか?あの子を縛っている全てから……あたし達が」

咲「……それは黒組ルールから外れる、ということ?」

揺杏「ん。……今夜10時、この場所で。詳しくはその時にな」

咲「……」


122:2015/08/30(日) 19:02:02.89 ID:
二号室

久「……ふぅん、この家族写真があんたの理由ってわけ。可愛い兄妹じゃない」

揺杏「……」

久「みんな殺しちゃえばいいのよ。私はいつだってそうやって生きてきたわ」

久「人生って短いのよ。いらないものはさっさと捨てて自由にならなきゃ」

揺杏 「……」ガチャッ

パタン・・・

久「はぁ、せっかくアドバイスしてあげたのに」




揺杏(はじめて人を殺した報酬で買ったものは)

揺杏(テーブル一杯のご馳走と家族の笑顔、そしてずっと憧れてたベビーピンクのマニキュア)

揺杏(似合いやしないって、最初から分かっていたけど……)




淡「揺杏の報酬は黒組に招待した時から聞いてるよ」

淡「家族が一生食うに困らない金。オッケーだよね?」

揺杏「ああ。……ひとつ確認しときたいんだけど」

淡「なになに~?」

揺杏「……」ボソボソ

淡「!!」

揺杏「……どう?」



淡「――――問題ないよ」ニッ




123:2015/09/03(木) 21:48:43.11 ID:



夜 体育館

穏乃「咲さん……?」ガラッ

揺杏「……よう」

穏乃「揺杏さん?あの、咲さん見ませんでしたか?急ぎの用事があるってメモが……」

揺杏「宮永なら来ないぜ」

穏乃「えっ」

揺杏「……」スッ

穏乃「!!」


予告票 岩館揺杏


揺杏「――――あたしがあんたを自由にしてやるよ」スッ

穏乃(ワイヤー……?)

揺杏「ほら、捕まえた」ギュウッ

穏乃「ぐぅっ!!」

穏乃(……首、絞められて……息が……)

揺杏「……」ギリギリギリ

穏乃(く……る、し……ッ)


124:2015/09/03(木) 22:17:01.47 ID:
ヒュンッ!!

揺杏「っ!!」バッ

穏乃「ごほっ!ごほごほっ!はぁっ……」


咲「やっぱり罠だったんだね」


揺杏「……げっろ。待ち合わせ、はなっからすっぽかしかよ」

咲「そっちこそ」

揺杏「ウソはついてないぜ、あたしは。穏乃を解放してやりに来たんだ」

揺杏「全てのしがらみから自由になるにはこれしかない」

穏乃「咲さ……」ハアハア

咲「高鴨さんはそのまま動かないで」バッ

揺杏「!!」

ガキンッ!!

揺杏(くっ……力で押されてる?このあたしが……)ギリギリ

咲「……」ギリギリ

揺杏「たとえ宮永だろうが、今のお前にあたしはやれない!!」ヒュンッ

咲「っ!!」ドガッ!

穏乃「咲さん!!」

咲「私は大丈夫から動かないで!!」

穏乃「……っ」


125:2015/09/03(木) 22:32:27.81 ID:
咲「……今の動きで攻撃パターンが読めたよ」

揺杏「!!」

ヒュンッヒュンッ!!

揺杏(なんてすばやいナイフ捌きだ……見えねぇ……っ)

ザシュッ!!

揺杏「ぐっ……」ヨロッ

咲「隙あり」ドガッ!

揺杏「かはっ!!」ドサッ



揺杏「はぁ、はぁ……っ、全くとんでもねぇな、あんた」

咲「……」

揺杏「何を犠牲にしたらそこまで強くなれんだよ」

咲「……まだやる?」

揺杏「……因果なもんだよな。降りようたって降りらんねぇんだよ。お前らも私も」

咲「……」

揺杏「どこまでいっても逃げらんねぇ……自由になるにはこれしかない」

咲「!!」ハッ



揺杏「これであたしの――――勝ちだ!!」ザシュッ!



咲(体育館にワイヤーを仕込んでた!?)

穏乃(吊り天井が……落ちてくる――――!!)


126:2015/09/03(木) 22:42:48.66 ID:
揺杏『ああ。……ひとつ確認しときたいんだけど』

淡『なになに~?』



揺杏『――――もしあたしが死んでも、報酬は家族のところに届くんだよな』





揺杏「皆笑って生きてくれるよな。穏乃みたいに……」



ガシャアアアアアン!!!!



~~~~~~

~~~~




127:2015/09/03(木) 22:49:54.49 ID:



~~~~

~~~~~~



穏乃「うぅ……」ヨロッ

咲「高鴨さん。無事?」

穏乃「うん、でもどうして……」

咲「そこのセットの柱のおかげで隙間ができたんだよ」

穏乃「あ……その柱は揺杏さんが手伝ってくれた……」

穏乃「っ!!揺杏さんは……っ」

咲「……向こうで瓦礫の下敷きになってる」

穏乃「早く助けないと!!」

咲「……分かったよ」





揺杏「……ぅ……」

咲「致命傷はないみたい」

穏乃「良かった……」

揺杏「いてぇ……」ゼエゼエ

咲「起きられる?」スッ

揺杏「……お前なぁ」


128:2015/09/03(木) 22:58:08.41 ID:
揺杏「――――あ~あ。負けた!降参だよ」

咲「……」

揺杏「皆で綺麗に逝くつもりだったのになぁ……ざまぁないね」

穏乃「死ねないよ。簡単には」

揺杏「……」

穏乃「生きてるってことは、赦されてるってことだから。今ここにいることを」

揺杏「……ったく、めんどくせぇなぁ。誰も頼んでないっつーのに、おせっかいな話だぜ……」ニッ

穏乃「……」ニコ

揺杏「それじゃあ仕方ないね。どうにかこうにか頑張っていくしかないってわけか。……あ~あ」

咲「……」

揺杏「なんだよ。あたしが死んでなくてほっとしたって顔だな」

咲「!!」

揺杏「まっ、お前もまだ死ねないってことらしいから、この先せいぜい頑張れよ」





弟B「揺杏姉ちゃん早く帰ってこないかな~」

妹B「かな~」

妹A「そうだね。やっぱり家族は一緒がいいもんね」


129:2015/09/03(木) 23:08:15.69 ID:



翌日

晴絵「――――朝来たら演劇のセットがズタボロに壊れていた」

晴絵「何を言っているのかry」




SUB:Re.第五問

>>籠の中の鳥を外に出すには?





咲「まだ世界は赦しに満ちているって言えるの?」

咲「あんな目に遭わされて、クラス中に死を願われても……あなたは全てを赦せるの?」

穏乃「……赦しってね、反省した人の罪や間違いを赦すことだよ。何回でもね」

咲「……」

穏乃「無限回赦すってことだよ……」ダキッ

咲「……」ギュッ


135:2015/09/16(水) 21:02:08.12 ID:


~~~~~~
~~~~

バス停

衣『う~む……』

ゆみ『そこの君、どこへ行くんだ?一緒に探してあげるよ』

衣『おお、すまぬな。ミョウジョウ学園への行き方に迷っていて……』

ゆみ『6番のバスだな。ちょうどいい、一緒に行こう。私もミョウジョウに行くところだったんだ』

衣『本当か?感謝するぞ!!』パアッ!

ゆみ『ああ。じゃあ行こうか』ギュッ

衣『あ、手……』

ゆみ『ん?』

衣『い、いや何でもない///』

ゆみ『初等部か?保護者はいないのか?』

衣『衣は小学生ではないぞ』


衣(手、あったかいな……)

~~~~~~
~~~~



136:2015/09/16(水) 21:06:05.62 ID:


創立祭当日

生徒A「2-Aでお化け屋敷やってるよ!よかったら寄っていってー」

生徒B「こっちはメイド喫茶だよー。入ってどうぞ」

ゆみ「凄い盛り上がりだな」

衣「うむ。楽しそうだ」

ゆみ「……ん?」

生徒C「大当たり~♪」チリンチリン

穏乃「わあっ!凄いです咲さん!!」

咲「ほら、これが欲しかったんでしょ?」スッ

穏乃「うん!ありがとう♪」


衣「……」ジーッ

ゆみ「……私たちもやっていくか」クスッ


生徒C「大当たり~♪」チリンチリン

ゆみ「この景品でいいのか?」スッ

衣「わ~い!!ありがとうゆみ!!」


137:2015/09/16(水) 21:09:26.93 ID:
衣「~♪」

ゆみ「……やっぱり天江のような子が黒組にいるのは心配だ」

衣「へっ?」

ゆみ「あ、いや……」

衣「……心配には及ばぬ。ゆみは?」

衣「前に穏乃はターゲットではないと言っていたが……」

ゆみ「――――エンゼルトランペット」

衣「!!」

ゆみ「この学園に忍び込んだらしい。冷酷無比な毒殺犯人だ」

衣「……」

ゆみ「必ず見つけて……この手で私が倒す」

衣「……そうか。衣にも手伝わせてくれ」ニコッ



138:2015/09/16(水) 21:12:42.92 ID:


劇の稽古中

穏乃「あ……っ」カラン…

やえ「ああもう!ちゃんとやれ高鴨!明日は本番なんだぞ!」

穏乃「ごめんなさい……」

やえ「できるまで何度もリハーサルするからな!」

穏乃「はいっ!」

咲「今のは私の力が強すぎたね。はい、剣」スッ

穏乃「ありがとう咲さん」


ゆみ「高鴨は非力だな。剣なんて今まで持ったこともないんじゃないか」

姫子「ま、一般人ならそんなもん普通持たんばい」

透華「ティボルト役の宮永さんは様になっていますのにね」


やえ「それじゃあティボルトがマキューシオを殺すシーンから!」

久「宮永さんが穏乃を殺す役なんて、なんかウケル~」

和「そうですね……」


139:2015/09/16(水) 21:15:13.68 ID:
やえ「はいはい!皆自分の衣装を着て!ちゃんと動けるか確認すること!」

やえ「問題があれば衣装係の原村に直してもらえ」

淡「見て見て!この神父の衣装なかなか渋いよ~」

姫子「私は乳母役なのに何でメイド服と?」

和「メイド違う……、乳母です……」

久「いいんじゃない?ギャップ萌えってことで」

穏乃「わあっ!龍門渕さんのドレスとっても素敵です!!」

透華「あら、そういうあなたも似合っていてよ」

穏乃「え、そうかな」テレッ

咲「孫にも衣装だね」

穏乃「もうっ咲さんたら!」


ゆみ「ふふ。にぎやかだな」

衣「……」


140:2015/09/16(水) 21:18:07.36 ID:
四号室

ゆみ「天江、良かったらたまには大浴場に行ってみないか?」

衣「すまぬ……衣は疲れたので先に眠らせてもらう」

ゆみ「そうか、じゃあな」ガチャッ

パタン・・・

衣「………」



大浴場

ゆみ「誰かいるだろうか……ん?」


咲「待って高鴨さん、後でいいでしょ」

穏乃「でも早く見つけないと!!」ダッ

咲「あ、待って!!」ダッ


ゆみ「何だ、一体……?」


141:2015/09/16(水) 21:20:47.91 ID:
大浴場

ガラッ・・・

姫子「おや、天江は?」

ゆみ「もう眠った」

姫子「バラバラに行動することもあるんやね」

ゆみ「……」


衣『……そうか。衣にも手伝わせてくれ』


ゆみ(話してしまってよかったんだろうか……)



体育館

穏乃「う~ん、どこいっちゃったのかな台本……」ウロウロ

咲「実は鞄の中に入ってました、とかじゃないでしょうね」

穏乃「鞄の中はちゃんと見たって。咲さん、そっちはどう?」

咲「こっちにもないね」

穏乃「ん~……困ったなぁ」


142:2015/09/16(水) 21:23:13.42 ID:
楽屋

やえ(………ふふ。この高鴨さんの台本に挟んで……)

衣「こんな時間まで熱心だな」

やえ「……っ!!」ビクッ

衣「明日中に高鴨穏乃を片付けるつもりなのか?」

やえ「えっ、あ、その……」

衣「だからあんなに張り切ってたのだな」

やえ「あ、天江は忘れ物か?」

衣「……いや。衣も明日の準備に来たのだ」スッ

やえ「え……」

ブシュッ!!

やえ「!!な……毒……?」グラッ

ガターンッ!!

咲「!!」

穏乃「!!」

咲「今の音……」ダッ

穏乃「私も行きます!!」ダッ


143:2015/09/16(水) 21:25:08.65 ID:
ギィ・・・

穏乃「!!やえさんが倒れて……」

咲「……あなたがやったの?天江さん」

衣「ふ……よりによってお前たちに見られるなんてな」

咲「なぜ小走さんを?」

衣「邪魔だったから退場してもらったのだ」ピラッ

咲「それは……」

穏乃「やえさんの予告票……」

衣「こっちは衣の分だ」スッ

穏乃「!!」

咲「……」


衣「明日が楽しみだな」ニッ



145:2015/09/21(月) 21:47:51.21 ID:
翌日

晴絵「え~……急なことだが小走が夕べ入院することになった」

晴絵「あの子のためにも今日の舞台は絶対に成功させよう!」


淡「あんなに張り切ってたのにかわいそ~」

久「宮永さん、せめて舞台が終わるまで待ってあげたらよかったのに」

咲「……何の事?」

久「あら?穏乃を守るために宮永さんがやったんじゃないの?」

ゆみ「……っ!!」ハッ


咲『待って高鴨さん、後でいいでしょ』

穏乃『でも早く見つけないと!!』


ゆみ(あの二人、夕べ寮を抜け出してたな……宮永が小走を……?)

淡「小走さんは毒針で打たれて重症だってさ」

久「ふ~ん、毒ねぇ」

淡「ちなみに小走さんは予告票を出したけど、しばらく入院するみたいなのでこれにてフェードアウトだよ」


穏乃(……天江さん……)

衣「……」


146:2015/09/21(月) 21:51:46.65 ID:


~~~~~~

~~~~

淡「はいは~い!!10年黒組のロミオとジュリエット、お見逃しなくだよ!!」

透華「このわたくしがビラ配りなんて……」


生徒A「10年黒組って美人揃いらしいよ」

生徒B「ほんと?見に行こうか」

生徒C「うんうん!」


穏乃「小走さんのためにも、せめて今日の舞台は成功させたいな……」

咲「暗殺者に同情してどうするの」

穏乃「あ、あはは」

咲「天江さんはおそらく毒を使ってくる。あの子に近づくのはもちろん、今日はもう何も食べない方いい」

穏乃「うん……」

咲「あなたは私が守るから」

穏乃「咲さん……///」

咲「だから、今日は思いっきり楽しんで」ニコッ

穏乃「……うんっ!!」


147:2015/09/21(月) 21:55:12.65 ID:
楽屋

衣「やっぱりゆみは衣装が映えるな。とても綺麗だ」

ゆみ「わ、わたしは男役だし天江の方が……///」

衣「いや。ゆみの方が綺麗だ」ニコッ

ゆみ「……///」カア

衣「……エンゼルトランペット」

ゆみ「!!」

衣「何故探しているのだ……?」

ゆみ「……弁護士だった恩師の娘さんが、そいつに殺されたんだ」

衣「……」

ゆみ「おかしいだろ?顔も知らない相手を追って、私はここまで来たんだ」

衣「……ゆみにとっては大切な人たちだったのだな」

ゆみ「ああ。娘さんとは一度しか会ったことはなかったが、明るくて良い人だった」

衣「えっ……一度しか会ったことのない人のために……?」

ゆみ「ああ」

衣「……ゆみは優しいな」

ゆみ「私はただ、先生の笑顔を取り戻したいだけだ」

ゆみ「天江。昨日手伝ってくれると言っていたが、それはしなくていい」

衣「え……」

ゆみ「お前のような子は闇に手を染めてはいけない」

衣「……心配はいらぬ。衣はそんなにやわじゃないのでな……」

ゆみ「天江……?」




148:2015/09/21(月) 21:59:21.57 ID:


~~~~~~

~~~~

久「これより10年黒組によるロミオとジュリエットを上演しま~す!」

久「みんなハンカチの用意はいいかな?携帯の電源は切ってね」



衣「――――ああ、昼も夜も考えるのはあの人のことばかり」

ゆみ「愛しい人、私は夜の翼の力を借りて今夜こうして飛んできてしまった」

衣「今夜は月が綺麗……でも月の女神様、あなたは残酷です」


咲(今日中に仕掛けてくるとすればあと1時間弱)

咲(!!この剣……)ハッ

穏乃「咲さん?」

咲「……毒が塗られてる」

穏乃「!!」

咲「高鴨さんの剣も見せて」

穏乃「う、うん……」

咲「!!待って、触っちゃ駄目!!」

穏乃「えっ」

咲「柄に毒が塗られてる」

穏乃「……やっぱり天江さんが……」


149:2015/09/21(月) 22:03:36.29 ID:
衣「ああロミオ、どうしてあなたはロミオなの?」

ゆみ「あなたがそう望むならば私はもうロミオではない。あなたの恋人、それが私の名前」


久『あら?穏乃を守るために宮永さんがやったんじゃないの?』

淡『小走さんは毒針で打たれて重症だってさ』


ゆみ(……)

ゆみ「ああ、あなたの瞳の方がずっと綺麗。どうか微笑んで」グイッ

衣「あっ……」

ゆみ「もしかして高鴨と何かあったのか?」ボソッ

衣「えっ」

ゆみ「高鴨に予告票を出したのか?」

衣「!!」


150:2015/09/21(月) 22:12:35.71 ID:
衣「――――帰ってください。私とあなたは敵同士、もうこれ以上は……」ダッ

ゆみ「いや、そうはいかない!」ダッ


観客A「ああん、ロミオ様引っ込んじゃった」

観客B「ロミオかっこいいね~♪」


舞台裏

ゆみ「待て天江!」

衣「……どうした」

ゆみ「まさか私のために……?」

衣「……?」

ゆみ「私のために小走をやったのか?高鴨がエンゼルトランペットなのか?」

衣「それは違……」

ゆみ「……っ」ダッ

衣「あっ!!ゆみ!!」



ゆみ「高鴨!!」

穏乃「加治木さん?どうしたんですか、そんなに急いで」

ゆみ「……」スッ

穏乃「あっ!!その剣に触っちゃ駄目!!それには毒が……」

ゆみ「毒……?」


151:2015/09/21(月) 22:16:16.46 ID:
ゆみ「その剣に毒を仕込んだのか?」

穏乃「えっ」

ゆみ「お前がエンゼルトランペットなのか?」

穏乃「エンゼルトランペット?」

ゆみ「私の恩師の娘さんを殺したのはお前なのか……?」

穏乃「え……」


透華「ジュリエット、あなたは何てことを!」

衣「ごめんなさいお母様。私の心はもうあの人のものなのです」


ゆみ「天江は私の手を汚させまいとして……」スッ

穏乃「!!」

ゆみ「言っておくが、これは芝居用の剣じゃない」キラッ

咲「……高鴨さん。私の後ろに」

ゆみ「ここじゃ舞台の邪魔になる。移動しよう」

咲「……分かった」

穏乃「咲さん!!」

咲「高鴨さんはここで待ってて」

穏乃「……」


152:2015/09/21(月) 22:20:31.45 ID:


中庭

ゆみ「……」キンッ!キンッ!

咲(くっ、何て力なの……!!)ガキン!ガキン!

ゆみ「私はあいつを赦さない。庇うというならお前もやるまでだ!」キンッ!キンッ!

咲「予告票はどうしたの」

ゆみ「そんなもの関係ない」

咲「なぜ高鴨さんを狙うの?」

ゆみ「私のターゲットはエンゼルトランペット。それが高鴨だったんだ」

咲「!?」

ゆみ「あいつのせいで、これまで沢山の人が死んだ」

咲「あなたに高鴨さんの何が分かるの!」

ゆみ「冷酷無比な毒殺犯を赦してはおけない!」

咲「何を言っているの?」

ゆみ「昨日小走をやったのも高鴨だろう!」

咲「あなたの言っているのは天江さんのことじゃないの?」

ゆみ「天江……?何を根拠に!!」


153:2015/09/21(月) 22:29:08.49 ID:
咲「昨日楽屋で見たの。小走さんをやったのは天江さんだよ」

ゆみ「ウソだ!!」


衣「――――本当だぞ」スッ


ゆみ「……天江?」

衣「エンゼルトランペットは衣のことだ」

ゆみ「な、にを言って……」

衣「衣の予定では、穏乃は舞台の上で物語通りに死ぬはずだったのだ」

ゆみ「!!じゃあ、剣に毒を仕込んだのは……」

衣「衣だ。だからゆみが咲と戦う理由なんてないのだ」

ゆみ「天江……」

衣「さて、戻ろうか。観客の皆がお待ちかねだぞ」

ゆみ「……っ」




154:2015/09/21(月) 22:33:54.43 ID:


舞台

淡「この薬を飲めば仮死状態になるのだが……」

衣「構いません。神父様、それを私にください」


穏乃「あの二人が敵同士だったなんて……仲直りできないのかな」

咲「無理だろうね。二人ともプロのアサシンだから」


楽屋

ゆみ(天江がいつも持ち歩いてたウサギのぬいぐるみ……)

ゆみ(裏にチャックがある)ジー

ゆみ(!!これは毒薬……天江……)


衣『すまぬな。ミョウジョウ学園への行き方に迷っていて……』

衣『本当か?感謝するぞ!!』パアッ

衣『い、いや何でもない///』


ゆみ「……けれど私は……」

ゆみ「自分の使命を果たす……っ」


155:2015/09/21(月) 23:35:56.61 ID:



舞台

衣「ロミオ、あなたのためなら私は……」ハッ

ゆみ「……」スタスタ

衣(ゆみ……?出番はまだじゃ……)

ゆみ「……この毒薬を見つけた」スッ

衣「!!」

衣「……これで分かったでしょう。私とあなたは敵同士、所詮結ばれぬ運命」

ゆみ「……っ」

ゆみ「――――ならこうするしかない!!」グイッ

衣「っ!!」

ゆみ「……」ギラッ


156:2015/09/21(月) 23:38:24.63 ID:
穏乃「あっ、ナイフを……!!」

咲「まさかそのナイフで天江さんを……!?」


ゆみ「……っ」ブルブル

衣「……」

ゆみ「これが、私の役目なんだ……!!」

衣「それで良いのだ。ゆみ」ニコッ

ゆみ「天江……?」

衣「……っ」ズブッ

ゆみ「なっ!!自分から刺され……て……」


157:2015/09/21(月) 23:42:35.10 ID:
衣「……」ドサッ

ゆみ「そ、んな……衣……っ」

淡「……ジュリエットの望みはロミオだったんですよ」

ゆみ「あ……」

淡「全てが終わったら、あんたと一緒にここを去るつもりだって言ってたよ」ボソッ

ゆみ「!!」

淡「天江衣が本当に欲しかったのは、あんただったんだよ」

ゆみ「そんな……っ」

衣「……」

ゆみ「……私はお前のことを、何も分かっていなかった……」スッ

淡「その毒をどうするつもり?」

ゆみ「……っ」ゴクッ

淡「……」

ゆみ「ぐっ……ころ、も……」ドサッ



穏乃「こ、こんな事って……っ」

咲「幕が……下りていく……」



158:2015/09/21(月) 23:48:10.20 ID:
観客A「面白かったね~」

観客B「最後は泣けたよ」

観客C「ホントに死んじゃったのかと思ったよ~」



咲「……」

穏乃「天江さん、加治木さん……」



ついに犠牲者が出てしまった10年黒組

果たして咲は残りの暗殺者の手から穏乃を守りきることができるのか



咲「高鴨さん……あなたは絶対に私が守るから……」


カン!



159:2015/09/21(月) 23:51:42.26 ID:
打ち切りEDでごめんなさい
純恋子さんの回が書ける気がしなかったのでこれで終わりです
続きが気になる方は悪魔のリドル本編をどうぞ(ステマ)


160:2015/09/21(月) 23:54:33.41 ID:
終わっちゃったか~久のターン見たかったけど
まあ乙


161:2015/09/21(月) 23:58:29.01 ID:
おつ
咲キャラでやっても違和感のない不思議


163:2015/09/22(火) 03:23:24.86 ID:
勿体無いな乙




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1431783614/

→→もっと咲-Saki-を読む←←