1:2015/09/26(土) 04:42:33.69 ID:
穂乃果「取ってあげますね」

ツバサ「いいわ、自分で取るわよ」

穂乃果「え?」

ツバサ「え?」

高坂穂乃果94


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443210153

2:2015/09/26(土) 04:43:22.41 ID:
穂乃果「いや…ダメですよ」

ツバサ「何故かしら?」

穂乃果「………危ないから」

ツバサ「えっ、危ないものが付いてるの?」

穂乃果「いや、危ないというか」

ツバサ「気になるわ、何が付いてるの?」

穂乃果「付いてるというか」

ツバサ「え、付いてるんじゃないの?」

穂乃果「触ったら…」

ツバサ「触ったら?」

穂乃果「………死ぬ」

ツバサ「えっ、私死ぬの?」

穂乃果「はい、死にます」

ツバサ「それは確かに危ないわね」

穂乃果「なので私が取ってあげますね」

ツバサ「いいわ、自分で取るわよ」

穂乃果「え?」

ツバサ「え?」


3:2015/09/26(土) 04:44:02.85 ID:
穂乃果「いやいや…ダメですよ」

ツバサ「何故かしら?」

穂乃果「逆に何故取ろうとするんですか?」

ツバサ「だって危ないんでしょ?」

穂乃果「はい」

ツバサ「死ぬんでしょ?」

穂乃果「…はい」

ツバサ「だからよ」

穂乃果「いや、だから…」

ツバサ「穂乃果さんを危ない目にも死ぬような目にもあわせたくないわ」

穂乃果「………」

ツバサ「短い間だったけど、一緒にいれて楽しかったわ」

穂乃果「………」

ツバサ「じゃ、取るわね」

穂乃果「………嘘です」

ツバサ「え?」


4:2015/09/26(土) 04:44:42.81 ID:
穂乃果「危なくないです」

ツバサ「危なくないの?」

穂乃果「死にもしません」

ツバサ「嘘吐いたんだ」

穂乃果「嘘というか」

ツバサ「嘘じゃないの?」

穂乃果「………嘘でした」

ツバサ「そっかぁ…」

穂乃果「………」

ツバサ「よかったわ」

穂乃果「…怒らないんですか?」

ツバサ「だって死んだら二度と穂乃果さんに会えなくなるもの」

穂乃果「………」


5:2015/09/26(土) 04:45:22.06 ID:
ツバサ「そんなのイヤだもの」

穂乃果「………私も」

ツバサ「うん?」

穂乃果「ツバサさんに会えなくなるの、イヤです」

ツバサ「…そう」

穂乃果「…はい」

ツバサ「ふふっ」

穂乃果「えへへっ」


ツバサ「さてと」

穂乃果「…?」

ツバサ「じゃ、取るわね」

穂乃果「え?」

ツバサ「え?」


6:2015/09/26(土) 04:46:15.99 ID:
穂乃果「いやいやいや…ダメですよ」

ツバサ「何故かしら?」

穂乃果「えっと」

ツバサ「もう危なくないし死にもしないんでしょ?」

穂乃果「………逆、ですよ」

ツバサ「逆?」

穂乃果「危なくないし死にもしない」

ツバサ「うん」

穂乃果「だから私が取っても大丈夫です」

ツバサ「一理あるわね」

穂乃果「というわけで私が取ります」

ツバサ「…わかった。じゃあお願いね」

穂乃果「…失礼します」




サワッ


7:2015/09/26(土) 04:47:05.78 ID:
穂乃果「………」サワサワ

ツバサ「取れたかしら?」

穂乃果「あー…」サワサワ

ツバサ「まだなの?」

穂乃果「これはー…」サワサワ

ツバサ「これは?」

穂乃果「ダメですねー…」サワサワ

ツバサ「取れないの?」

穂乃果「取れなくはないですけどー…」サワサワ

ツバサ「ガンコなのね」

穂乃果「こうなったらあれですねー…」サワサワ

ツバサ「方法があるの?」

穂乃果「………濡らすとかすれば」サワ…

ツバサ「水なんか持ってないわ」

穂乃果「………私が濡らします」サワ…

ツバサ「水持ってたのね」

穂乃果「………舌で」サス…


8:2015/09/26(土) 04:48:31.29 ID:
ツバサ「舌?」

穂乃果「………はい」サス…

ツバサ「舐めて濡らすってこと?」

穂乃果「………はい」サス…

ツバサ「でも私のオデコを舐めるなんて汚いわ」

穂乃果「ツバサさんは汚くなんかないです」ピタッ

ツバサ「え、汚くないの?」

穂乃果「ドキドキするくらいキレイです」

ツバサ「今、ドキドキしてるの?」

穂乃果「はい」

ツバサ「そうなの…」

穂乃果「………」

ツバサ「私も」

穂乃果「…?」

ツバサ「穂乃果さんに触られて、ドキドキしてるわ」

穂乃果「ツバサさんも?」

ツバサ「ええ」

穂乃果「そっかぁ…」

ツバサ「ふふっ」

穂乃果「えへへっ」


9:2015/09/26(土) 04:50:29.09 ID:
ツバサ「さてと」

穂乃果「それじゃあ…」

ツバサ「じゃ、帰るわね」

穂乃果「え?」

ツバサ「え?」


穂乃果「いやいやいやいや…ダメですよ」

ツバサ「何故かしら?」

穂乃果「だからオデコに…」

ツバサ「私のオデコ、キレイなんでしょ?」

穂乃果「………あ」

ツバサ「ならもう必要ないじゃない」

穂乃果「………付いてますよ」

ツバサ「え?」

穂乃果「………キレイなやつ」

ツバサ「キレイなやつ?」

穂乃果「………ダイヤモンド」

ツバサ「えっ、オデコにダイヤモンド付いてるの?」

穂乃果「的なやつ」

ツバサ「的なって」


10:2015/09/26(土) 04:51:10.15 ID:
穂乃果「舐めないと取れない…ダイヤモンド的なやつが」

ツバサ「なんだか気になってきたわ」

穂乃果「ツバサさん、ダイヤってキレイですよね」

ツバサ「ええ」

穂乃果「だから舐めても平気だと思うんです」

ツバサ「一理……あるのかしら?」

穂乃果「というわけで舐めて取ります」

ツバサ「…わかった。じゃあお願いね」

穂乃果「…失礼、します」




ペロッ


11:2015/09/26(土) 04:51:54.07 ID:
穂乃果「………」ペロッ…ペロッ…

ツバサ「…こそばゆいわ」

穂乃果「………」ペロッ…ペロッ…

ツバサ「もう、取れたかしら…?」

穂乃果「………」ペロッ…チュル…

ツバサ「…穂乃果、さん?」

穂乃果「ねえ、ツバサさん…」チュル…チュプ…

ツバサ「なにかしら?」

穂乃果「今の私たちって…周りからどう見られてるかな…?」チュク…レロ…

ツバサ「どう…って?」

穂乃果「オデコをこんな風にさ…」レロ…

ツバサ「………」

穂乃果「こ、恋人同士に…見えてたりして……」ペロ…

ツバサ「………」


12:2015/09/26(土) 04:53:10.28 ID:
ツバサ「多分…ご主人様に甘えるワンちゃんじゃないかしら…」

穂乃果「………え?」ピタッ

ツバサ「もしかして、穂乃果さんは恋人同士に見られたかったの?」

穂乃果「あ…」

ツバサ「恋人みたいなことしたくて、オデコ舐めたの?」

穂乃果「その…」

ツバサ「何か付いてるって、やっぱり嘘よね?」

穂乃果「………」

ツバサ「嘘吐いてでも、そういうことしたかったんだ」

穂乃果「………」

ツバサ「そっかぁ…」

穂乃果「つ、ツバサさん……」

ツバサ「ねえ、穂乃果さん」

穂乃果「あのっ、ご、ごめ






チュッ


13:2015/09/26(土) 04:53:56.89 ID:
穂乃果「………んっ!?」

ツバサ「………ぷはっ」

穂乃果「え、え…?」

ツバサ「…ふふっ、ファーストキスよ」

穂乃果「あ、ぅあ…っ」






ツバサ「私、回りくどいのはイヤなの」

ツバサ「欲しいのなら、迷わずに来て」

ツバサ「ほら、人生ちょっとの勇気と情熱でしょ?…なんてね♪」ウインクッ




―――――

―――


14:2015/09/26(土) 04:55:04.39 ID:
ダンシンッダンシンッ♪




絵里「相変わらずA-RISEは良い動きするわね」

海未「歌も踊りも一級品、玄人然としてますね」

絵里「それは嫌味かしら、海未?」

海未「はて、なんのことでしょう」

真姫「にしてもやっぱり目立つのはリーダーね」

にこ「真姫ちゃんもわかってきたじゃない!あのオーラ、カリスマ…ああっ、正に百年に一人の逸材よね~!」ウットリ

真姫「いや、というか…」

凛「凛知ってるよ、真姫ちゃんはオデコが気になって仕方ないんだよね」

花陽「クールな雰囲気の中に際立つチャームポイント、あのアクセントがまた人を惹きつけてやまない魅力の一つなんです!さすが真姫ちゃん!!」

真姫「いや、えっと…」

ことり「キレイなオデコだよね。まるで宝石みたい♪」

希「それって人によっては中々に意味深な発言やん?」

凛「…?それってどういう意味?ピカピカしててキレイじゃダメなの?」

ことり「そ、そういう意味じゃないよ~、希ちゃんってばぁ!」


15:2015/09/26(土) 04:56:04.13 ID:
穂乃果「…よし、じゃあ先に帰るね!」

海未「早いですね、穂乃果」

にこ「最近練習終わったらさっさと帰るわよね、何か用事?」

穂乃果「うん、まあね。じゃあまたあしたー!」タッ

絵里「バイトでも始めたのかしら?」チラッ

ことり「私を見て言わないでよ~」

穂乃果「あ、そうだ!」





穂乃果「ツバサちゃんのオデコはね、宝石よりも、ダイヤモンドなんかよりも、もっともーっとキレイでドキドキするんだよーっ!」タタタッ





8人「…」ポカーン


にこ「ん?ツバサ…ちゃん?」




―――――

―――


17:2015/09/26(土) 04:57:06.20 ID:
ツバサ「秋葉原って面白いわよね」

穂乃果「色んなものがあるからね」

ツバサ「今日もたくさん遊んだわ」

穂乃果「もう薄暗いね」

ツバサ「楽しい時間はあっという間ね」

穂乃果「そろそろ門限?」

ツバサ「ええ、名残惜しいわ」

穂乃果「そっか、私も」

ツバサ「そう」

穂乃果「………」

ツバサ「さて、と」

穂乃果「…?」









ツバサ「今日の私、どう?」


穂乃果「………」


18:2015/09/26(土) 04:57:44.89 ID:
穂乃果「ツバサちゃん、唇に何か付いてるよ?」


19:2015/09/26(土) 04:58:49.36 ID:
おしまい


21:2015/09/26(土) 05:20:23.55 ID:
いいな もっとほのツバSS書いてほしい


23:2015/09/26(土) 14:31:58.30 ID:

ほのツバ流行れ


24:2015/09/26(土) 17:01:32.31 ID:
額に触ったら駄目なツノが刺さってるのかと




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1443210153/

→→もっとラブライブを読む←←