1:2015/09/27(日) 17:34:24.09 ID:
過去スレ

ジン「ウオッカ、花見をするぞ」ウオッカ「へい、兄貴!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1427643014/
ウォッカ「兄貴、オレンジデーって何なんですかい?」ジン「あぁ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1427897919/
ジン「何をしている?」ウォッカ「魚料理のレシピを調べてやして」カタカタ
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428339299/
ジン「弁当男子を目指すだと?」ウォッカ「へい、兄貴」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1441379057/

ウォッカ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1443342863

2:2015/09/27(日) 17:35:18.87 ID:
――10月31日・午前9時・黒の組織のアジト――

ジン「パーティー? ……そんな予定があるなんざ、聞いてねーぞ」

ウォッカ「あぁ、いえ……俺達じゃなくて、バーボンですよ」

ウォッカ「今日は、ハロウィンとかいうイベントがある日でしょ?」

ウォッカ「バーボンのバイト先の喫茶店を、常連の客やガキ共が貸し切りにして」

ウォッカ「15人ぐらいでパーティーをやるらしくて」

ジン「……で? 何故お前が食材を仕入れに行くんだ?」

ウォッカ「そいつはですねぇ……」


3:2015/09/27(日) 17:41:21.70 ID:
~回想・20分前~

ウォッカ「買い出し? 俺がか?」

安室『ええ。申し訳ないんですが、頼めませんか?』

安室『オーナーや看板娘の梓さんが、風邪で寝込んでしまって……』

安室『他のスタッフさんも、今日は都合が付かなかったので、店は僕一人なんです』フゥ…

安室『店が貸し切りになるのは昼からの予定ですが』

安室『それまでは、僕だけでお客さんの応対をしなければならないので』

安室『店を空けられず、買い物に行けないんですよ』


4:2015/09/27(日) 17:42:51.87 ID:
ウォッカ「パーティーがあるって分かってんなら、仕入れの時に材料を注文してんじゃねーのか?」

安室『普通はそうなんですけど……』

安室『昨日の夕方、突然「貸し切りにしてほしい」と子供達に頼まれてしまったので』

安室『業者への注文が間に合わなくて……』フゥ

安室『それで今日、店が暇になった時を狙って、僕が買いに行くことになってたんですが……』

ウォッカ「そうか……そりゃ大変だな」


5:2015/09/27(日) 17:43:54.98 ID:
ウォッカ「――――分かった。何を買えばいいか、メールでリストを送ってくれ」

安室『ありがとうございます、助かりますよ。そっちも仕事中なのに、すみません』

ウォッカ「気にすんな、今日はデスクワークがメインだったんで」

ウォッカ「ちょっと動きてぇと思ってたところだからな」

安室『あ……お客さんが来たので、切りますね』

安室『30分以内には、買い物リストをメールで送ります』

ウォッカ「あぁ、頼む」

安室『では……』

プツッ

~回想終了~


6:2015/09/27(日) 17:44:45.09 ID:
ウォッカ「……ってワケでして」

ジン「なるほどな。そういうことか」

ウォッカ「じゃあ俺、ちょっと行ってきやすんで」

ジン「……おい。待て、ウォッカ」

ウォッカ「へい、何でしょう?」

ジン「そんな大人数が食う分の材料を、お前一人で運ぶのはキツイだろうが。俺も行く」

ウォッカ「え……良いんですかい?」

ジン「あぁ。今日はシューティングルームに籠もるぐらいしか、することがなかったからな」


7:2015/09/27(日) 17:45:29.47 ID:
ジン「それにお前は、車と店を何度も往復するのが面倒だからと」

ジン「買ってきた食材を一度に全部運ぼうとして、落としかねん」

ウォッカ「は、はぁ……」

ジン「バーボンからメールは来たのか?」

ウォッカ「いえ、それはまだ……」

ピロリン♪ You’ve got a mail!!

ウォッカ「あ……届きやしたぜ、兄貴」

ジン「よし。時間が惜しい、さっさと行くぞ」

ウォッカ「へい!」


16:2015/09/28(月) 00:24:52.96 ID:
――午前10時・某イオン――

ウォッカ「うわぁ~……ハロウィン関連のグッズ売り場、すげぇ人ですね」

ジン「日本でも、ハロウィンが年中行事の一つとして定着しつつあるからな」

ジン「おっと。食材を仕入れる前に、こいつをチャージしねぇと」ワオンッ!

ウォッカ「あ、ついでに俺も……」ワオンッ!


17:2015/09/28(月) 00:25:35.15 ID:
ウォッカ「……しかし、分かりやせんねぇ」

ジン「何がだ?」

ウォッカ「ハロウィンといやぁ、ガキ共や若い連中が仮装したり」

ウォッカ「顔の形にくりぬいたカボチャを飾ったりするのが定番ですけど」

ウォッカ「これには、一体どんな意味が……?」

ジン「お前……知らねーでハロウィンがどうこう言ってたのか?」

ウォッカ「す、すいやせん……」

ジン「まぁ良い。簡単に解説してやろう」


18:2015/09/28(月) 00:26:16.08 ID:
ジン「ハロウィンってのは、古代ケルト人が行っていた、秋の収穫祭と悪魔祓いが起源とされている」

ジン「古代ケルト人の暦では、10月31日が一年の終わり……つまり大晦日だと考えられててな」

ジン「この日に、死者の魂が戻ってくると信じられていたのさ」

ウォッカ「……日本のお盆みてぇですね」

ジン「あぁ。だが、一つ違う点がある」

ジン「ハロウィンでは、死者の魂だけじゃなく」

ジン「悪霊や悪魔、魔女といった邪悪な存在も一緒にやってくるとされていたんだ」

ジン「そいつらを驚かせて追い払うために、人々は仮面を被って魔除けの火を焚いた」

ジン「そこから仮装の習慣が生まれたんだそうだ」


19:2015/09/28(月) 00:26:56.21 ID:
ウォッカ「へぇ~……じゃあ、あのカボチャは?」

ジン「あれは『ジャック・オー・ランタン』と言ってな」

ジン「悪霊を追い払うための魔除けとして、家の戸口の上り段に置いとくんだ」

ウォッカ「ま、魔除けアイテムだったんですかい……」

ジン「あぁ。それと同時に、親族の霊を迎え入れるための目印でもある」

ジン「盆の迎え火みてーなもんだな」

ウォッカ「へぇ~。勉強になりやすぜ、兄貴!」

ジン「フッ……解説はこの辺にして、買い物を済ませねーとな」


20:2015/09/28(月) 00:27:39.44 ID:
ジン「バーボンのメールには、買ってきてほしい食材しか書かれてねぇのか?」

ウォッカ「いえ。ちゃんとメニューも書いてありやすぜ」

ウォッカ「えーと……ハロウィンらしく、カボチャを使ったスープに」

ウォッカ「メインは魚介とブロッコリーのごま風味蒸しと、レンコンと鶏胸肉のグラタン」

ウォッカ「ご飯ものがキノコのパエリア、デザートはブドウのゼリーだそうです」

ジン「なるほど。メインのグラタンが結構こってりした味付けだから」

ジン「ブドウの酸味で口直しさせようって寸法か」フム


21:2015/09/28(月) 00:28:11.40 ID:
ウォッカ「サラダは、特にこれっていうのを決めてないみてぇですね」

ジン「サラダはシンプルなやつが無難だろう」

ジン「下手に凝ったのを作ると、料理と合わねーことがあるからな」

ウォッカ「じゃあ、グリーンサラダですね」

ジン「あぁ。ウォッカ。デカい方のカートを2つと、カゴを6つ持って来い」

ウォッカ「分かりやした!」


22:2015/09/28(月) 00:29:21.42 ID:
―― 野菜・果物コーナー ――

ジン「まずは玉ネギと、サラダ用のレタス、キュウリだな」ポイポイ

ウォッカ「兄貴。魚料理に使うブロッコリーは、どれにしやすか?」

ジン「ブロッコリーは蕾の中央がこんもりとして、固く締まってるのを選べ」

ジン「茎にも瑞々しさがあるか、しっかりチェックするんだ」

ウォッカ「へい!」

ジー…

ウォッカ「……兄貴。これなんてどうですかい?」

ジン「フン。良いんじゃねーか?」

ウォッカ「じゃあ、カゴに入れておきやすぜ」イソイソ


23:2015/09/28(月) 00:30:10.18 ID:
ジン「ついでにプチトマトも持って来い」

ウォッカ「了解です!」

ジン「パエリア用のキノコは椎茸にシメジ、エノキだな」ガサ

ジン「それに三つ葉を1束、普通サイズのトマトを2つと、赤パプリカを1つ……」ポイポイ

ジン「あと必要なのは、スープに使うカボチャとセロリ、長ネギと」

ジン「グラタン用のレンコンだな」

ジン「カボチャはヘタが黄色く枯れているのが良い」

ジン「こんな風に、縦に溝が入ってるのは、熟れていて食べ頃な証拠だ」


24:2015/09/28(月) 00:31:09.49 ID:
ウォッカ「兄貴。セロリはどこを見て選べば良いんですかい?」

ジン「まずは株の部分が白く、ひび割れが無いかチェックしろ」

ジン「香りが強く、葉の部分が青々として張りのあるやつが良い」

ジン「こいつみたいに、茎は太くて丸みがあり、内側のくぼみが狭いと尚更な」スッ

ウォッカ「おぉ、長ネギが安いですね……でも兄貴、こいつぁ鳥取産って書いてますぜ」

ジン「ほぉ。関東に入ってくるのは珍しいな」


25:2015/09/28(月) 00:31:51.70 ID:
ジン「鳥取では、15種類ほどの品種を使い分けて、長ネギを周年栽培しててな」

ジン「西日本では大きな産地の一つなんだ」

ジン「最近は輸送技術も発達してるからな。関東にも売り込んできてんだろ」

ジン「……ちなみに『名探偵コナン』の作者・青山剛昌の出身地は鳥取県だ」

ウォッカ「え、そうだったんですかい?」

ジン「せっかくだから、お前も作者の地元の名産品PRに貢献してやれ」

ウォッカ「……そうですね。関東にも色々とブランドの長ネギはありやすけど」

ウォッカ「たまには違うところのを使いやすか!」ヒョイ


26:2015/09/28(月) 00:32:32.10 ID:
ウォッカ「あと買っとかなきゃいけねぇのは、レンコンですね」

ジン「レンコンは節と節の間が長く、太くてキレイな円柱状のものが良い」

ジン「皮の張り具合と、傷の有無もしっかりチェックするんだ」

ウォッカ「へい! こいつにしやしょう、兄貴」

ジン「さて。デザート用のブドウはどれにするか……」

ウォッカ「ブドウは、どうやって選ぶんですかい?」

ジン「ポイントは、粒が隙間無く付いているか、表面の白い粉が均等に付いているかだな」

ジン「こういうのが良いやつだ」

ウォッカ「おぉ~。そのまま食べても美味そうですぜ」

ジン「……これを食うのは俺達じゃねぇ。ちゃんと弁えとけ」

ウォッカ「す……すいやせん」

ジン「よし。次は鮮魚コーナーだ。行くぞ」


27:2015/09/28(月) 00:34:37.64 ID:
―― 鮮魚コーナー ――

ジン「ここで仕入れるのは、イカとアサリ、ホタテだな」

ジン「ウォッカ。ホタテを20個と、砂抜き済みのアサリを1.5kg持って来い」

ジン「俺はイカを見てくる」

ウォッカ「へい!」タタタ…

ジン(イカは身に透き通るような透明感があり、目が澄んでいるのを選ぶ)

店員(男)「らっしゃい! 兄ちゃん、今日のイカは獲れたてで新鮮なやつだよ!」


28:2015/09/28(月) 00:35:33.22 ID:
店員(男)「吸盤の吸い付き具合も……ホラ。どうだい?」ピタ

ジン「ほぉ……良いじゃねーか。8杯ほどもらおうか」

店員(男)「毎度!」ガサガサ

ジン「持ち帰るのに少し時間がかかる。氷もくれ」

店員(男)「あいよ!」

…タタタ

ウォッカ「兄貴、大粒の良いアサリがありやしたぜ」

ジン「フン……これなら十分だな」


29:2015/09/28(月) 00:36:11.18 ID:
店員(男)「へい、おまちどお!」ガサ

ジン「ありがとよ」



青子「もぉ~! 貝もエビもイカもタコも平気なのに、何で魚だけダメなの!?」グイグイ

快斗「嫌いなもんは仕方ねーだろっ! 離せ――――っ!!」ウワァァァ


30:2015/09/28(月) 00:37:52.59 ID:
―― 精肉コーナー ――

ウォッカ「今回使う肉類は、鶏胸肉だけですね」

ジン「鶏肉は、全体的に締まりとツヤがあり、ふっくらとしたのをチョイスだ」

ウォッカ「じゃあ、これと……そっちのが良いんじゃないですかい?」

ジン「あぁ。8枚あるか、ちゃんと数えろよ」

ウォッカ「分かってやす!」

ジン「調味料やローリエ、バターは全部喫茶店で常備されてるから……」

ジン「あとは粉ゼラチンと、果汁100%のブドウジュース、牛乳だな」

ウォッカ「じゃあ俺、粉ゼラチンを取ってきやす」タタタ…

ジン「頼む。俺は牛乳コーナーでいるからな」

ウォッカ「へい!」


31:2015/09/28(月) 00:38:42.57 ID:
――レジ――

ウォッカ「買い忘れは無し……と」

店員(女)「お待たせしました、お次のお客様どうぞー♪」

店員(女)「わぁ……すごい量ですね。大丈夫ですか?」ヨイショ

ウォッカ「すまねぇな、姉ちゃん」

店員(女)「いえいえ♪」

ピッピッピッ……ピピッ

店員(女)「合計で、26894円でーす♪」


32:2015/09/28(月) 00:39:19.43 ID:
ジン「支払いはこいつだ」

店員(女)「はい♪」

ワオンッ!!

店員(女)「ありがとうございましたー♪」


ジン「よし。バーボンのバイト先に直行するぞ」

ウォッカ「へい、兄貴!」


33:2015/09/28(月) 00:40:07.04 ID:
――午前11時・喫茶店『ポアロ』・バックヤード――

安室「本当にありがとうございます。助かりましたよ」

ウォッカ「困った時はお互い様だ。ホラ、材料」ガサ

ジン「今回のパーティーの参加者は15人ってことだが」

ジン「作りやすいように、16人分で用意してあるぞ」

安室「ええ。多少余っても大丈夫ですよ。すごく大食漢の子供がいますから」フフッ

スイマセーン

ウォッカ「おい、客が呼んでるぞ」

ジン「そろそろ貸し切りの時間のはずじゃねーのか?」


34:2015/09/28(月) 00:41:13.50 ID:
安室「あ、いや……パーティーは午後1時からなので」

安室「12時を目処に、準備のために一旦店を閉めるんですが」

安室「近所の常連さん達が、ギリギリまで居させてくれと……」

ジン「…………なら、俺達が料理を作っておいてやる。お前は客の相手をしてやれ」

安室「え……」

ジン「こういう小さな喫茶店じゃ、常連の機嫌を損ねるのはまずいだろ」

ジン「今日は俺達も時間がある。気にするな」

安室「――――では、お言葉に甘えても良いですか?」

ウォッカ「あぁ」


35:2015/09/28(月) 00:41:53.67 ID:

アノー、チュウモン…

ジン「早く行け」

安室「はい。今度の飲み、絶対に奢らせて下さいね」タタッ

オマタセシマシター

ウォッカ「……だそうですけど」

ジン「覚えてたらな……」フン

ウォッカ(あ……こりゃあ『俺はそんなの覚えちゃいねーよ』って、逆に奢るパターンだな)クス

ジン「何を笑ってやがる」ジロッ

ウォッカ「いえ、別に。エプロンも持参しといて正解でしたね」

ジン「あぁ。材料を持って、厨房に行くぞ」ガサガサ

ウォッカ「へい!」ヨイショ


36:2015/09/28(月) 00:42:39.24 ID:
――喫茶店『ポアロ』・厨房――

ジン「料理を作る順番については、前にも話したな?」

ウォッカ「へい。冷たい方が美味いものや、冷めても問題ないやつから作るんでしたね」

ジン「あぁ。なら今回は、どういう順番で作れば良いか、分かってるな?」

ウォッカ「最初に取りかかるのは、冷やすのに時間がかかるゼリーで合ってやすよね?」

ジン「そうだ。その次にサラダとスープを作る」

ジン「スープは食う前に温め直せるからな。先に作っても大丈夫だ」

ウォッカ「そして最後に、ご飯ものとメインの二品ですね」

ジン「よし。じゃあ早速、ブドウのゼリー作りだ」

ウォッカ「へい、兄貴!」


37:2015/09/28(月) 00:43:46.85 ID:
【ブドウのゼリー(15~16個分)】
ブドウ:25~30粒(粒の大きさによって調整)
ブドウジュース(果汁100%):900ml
砂糖:大さじ3杯
粉ゼラチン:15g


ジン「まずはブドウの下ごしらえだな。実と皮に分ける作業だ」

ジン「ブドウの粒を全て外し、きれいに洗う」

ジン「この時、実を掴んで、少し回すようにして取ると良いぞ」


38:2015/09/28(月) 00:44:39.96 ID:
ジン「次に、実に付いている軸の部分を、手や包丁で取り除く」プチ、プチ

ジン「そして軸についていた方とは逆の部分に、十文字の切れ込みを入れる」スッスッ

ジン「切り込みに沿って、皮をむき……実と皮に分ければ良い」

ジン「全部むき終わったら、実をキッチンペーパーで拭いて、余計な水分を取り除くんだ」ポンポン

ウォッカ「兄貴。実の中に、種があるみてぇですけど……」

ジン「包丁で実を二つに切って、取り出しておけ」

ジン「滑らかな食感の邪魔になっちまうからな」

ウォッカ「分かりやした!」


39:2015/09/28(月) 00:45:40.81 ID:
ジン「さて……その間に、ゼリー液を作っちまうか」

ジン「ブドウジュースを大きめの耐熱容器に入れて」トポポポポ

ジン「そこへ砂糖を加える」サッサッ

ジン「軽くかき混ぜてから、電子レンジで3分ほど加熱する」ピッピッ…ウィィィン

ジン「これは鍋で温めてもいいが、ポイントは沸騰させないことだ」

ジン「温めすぎには十分注意しろ」


40:2015/09/28(月) 00:46:23.46 ID:

~3分経過~

ピロリロリロリーン♪

ジン「耐熱容器を取り出したら、粉ゼラチンを入れて……」サッサッ

ジン「よーく混ぜ、しっかり溶かしておく」カシャカシャカシャ

ウォッカ「兄貴、種は全部取れやしたぜ!」

ジン「よし。ゼリー用の器の中にブドウを入れていけ」

ウォッカ「へい!」


41:2015/09/28(月) 00:47:21.67 ID:
ジン「そこへ、ゼラチンが溶けたブドウジュースを均等に流し入れて……」ジャー…

ジン「冷蔵庫で2時間ほど冷やせば完成だ」

ガチャ…バタン!!

ウォッカ「2時間ですかい……時間的にギリギリですけど、固まりやすか?」

ジン「これはデザートだからな。ガキ共がやってくるまで、あと1時間半以上あるし」

ジン「サラダやらメインやらを食べてたら、30分は余裕でかかるだろう」

ウォッカ「……そうですね。じゃあ、次にいきやしょうぜ!」


42:2015/09/28(月) 00:49:04.01 ID:
ジン「ウォッカ。スープは俺が作るから、お前はグリーンサラダを作っておいてくれ」

ジン「作り方は覚えてるな?」

ウォッカ「もちろんです!」

ジン「よし。ついでに、ドレッシングも頼む。作り方はこのメモを見ろ」ピラッ

ウォッカ「ありがとうごぜぇやす、兄貴」


【グリーンサラダ(16人分)】
レタス:3~4玉(大きさによって調整)
キュウリ:4本
玉ネギ:2個
☆ドレッシング
 玉ネギ:1個
 セロリ:1本
 すりおろしニンニク:10g(チューブでも可)
 合わせ調味料:白ごま油…70ml、酢…50ml、はちみつ…大さじ1杯、
         塩…15g、コショウ…適量


43:2015/09/28(月) 00:49:56.74 ID:
ウォッカ「まず、レタスを一口大にちぎって……」バリバリ

ウォッカ「キュウリと玉ネギはできるだけ薄切りにする……と」トントントントン

ウォッカ「切り終わったら、レタスと一緒に冷水に10分だったな」

ウォッカ「キッチンタイマーをセットして、その間にドレッシング作りだ」ピッピッ…ピコ♪

ウォッカ「えーっと。兄貴のメモによると……」

ウォッカ「セロリと玉ネギを、ある程度刻み……」トントントントン

ウォッカ「セロリをフードプロセッサーにかけ、水分が出るまで撹拌する」カチ、ギュイィィィン


44:2015/09/28(月) 00:50:54.43 ID:
ウォッカ「一旦止めて」カチ

ウォッカ「玉ネギを加え、同じように水分が出るまで撹拌……と」ポイポイ

カチ、ギュイィィィン

ウォッカ「……よし。こんなもんか」ギュイィィィン…カチ

ウォッカ「ラストに、ニンニクと合わせ調味料を加えて、更に撹拌すれば……」

カチ、ギュイィィィン

…カチ

ウォッカ「完成ですぜ! ……すげー簡単だ」

ジン「サッと作れて、便利だろ?」


45:2015/09/28(月) 00:51:30.78 ID:
ジン「ウォッカ。残った時間でドレッシングをボトルに移して、使った調理器具を洗っとけ」

ウォッカ「へい!」ジャー…ゴシゴシ、キュッキュッ

~6分経過~

ウォッカ「兄貴、フードプロセッサーはこっちに置いときやすぜ」

ジン「あぁ」

ピピピピッ、ピピピピッ…

ウォッカ「お。10分経ったら、野菜をザルにあけて水気を切る……と」ジャー…ザバ

ウォッカ「よし! これでOKだ」


46:2015/09/28(月) 00:52:18.62 ID:
【カボチャのスープ(16人分)】
カボチャ:1個
セロリ:2本
長ネギ:2本
バター:大さじ12杯
牛乳:2000ml
ローリエ:4枚
塩:小さじ4杯
塩・コショウ・シナモンパウダー(調味・仕上げ用):各適量


ジン「カボチャとセロリ、長ネギは薄切りにする」トントントントン

ジン「大きめの鍋にバターを中弱火で熱し、さっき切ったセロリと長ネギを炒める」ジュー…ザッザッ

ジン「この時、焦がさないように気をつけろ」


47:2015/09/28(月) 00:53:05.82 ID:
ジン「しんなりしてきたら、カボチャとローリエ、小さじ4杯の塩を加えて……」ザラザラ…サッサッ

ジン「ひたひたになるぐらいの水を入れ、カボチャが柔らかくなるまで煮込む」ジャー…

ジン「時間は、大体10~15分程度だ」コトコト

ジン「ウォッカ。サラダはもう終わってんなら」

ジン「魚用のまな板と包丁を出して、イカを捌いといてくれ」

ジン「胴の部分は輪切り、足の部分は食べやすい大きさに切って、冷蔵庫に入れとけよ」

ウォッカ「分かりやした!」


48:2015/09/28(月) 00:54:06.25 ID:

~10分経過~

ジン「よーし。だいぶ柔らかくなったな」コトコト

カチ

ジン「ローリエを取り出して、野菜をフードプロセッサーにかける」ザラザラ

カチ、ギュイィィィン

ジン「滑らかになるまで、しっかり撹拌するのがコツだ。……よし、こんなもんだな」カチ

ジン「これを鍋に戻して牛乳を加え、中火で煮込み」トポポポポ…コトコト

ジン「塩とコショウで味を調えればOKだ」サッサッ

ジン「あとは器に盛りつけて、コショウとシナモンパウダーをふってやればいい」


49:2015/09/28(月) 00:54:59.78 ID:
ジン「次に作るのは、パエリアだ」


【キノコのパエリア(8合分)】
白米:8合
ホタテ:20個
シメジ:4パック
椎茸:16枚
エノキ:2パック
玉ネギ:1個
トマト:2個
赤パプリカ:1個
ニンニク:2片
三つ葉:20g
オリーブ油:120ml
水:1600ml
酒:大さじ4杯
しょう油:大さじ4杯


50:2015/09/28(月) 00:56:12.79 ID:
ウォッカ「兄貴。これだけの量を作るには、フライパンが小さすぎますぜ」ムゥ…

ジン「心配ない、ここは喫茶店だ。一升炊きの炊飯器があるだろう?」チラッ

ウォッカ「えっ? ……炊飯器でパエリアができるんですかい!?」

ジン「あぁ、とっておきの時短レシピだ。炊いてる最中に他の料理も作れるしな」

ジン「まずは材料をカットする。ホタテを小さく切って、塩コショウをしておけ」

ウォッカ「へい!」ストンストン…サッサッ

ジン「椎茸はイチョウ切り、エノキとシメジは石突きを落とす」トントントントン

ジン「エノキは小房に分け、シメジは長さを半分にカットだ」ポイポイ…ザク


52:2015/09/28(月) 00:57:05.00 ID:
ジン「トマトは種とヘタを取り除いて、みじん切りにする。玉ネギやニンニクもだ」トトトトトト

ジン「パプリカは角切り、三つ葉は2㎝ぐらいの長さに切っておく」トントントントン

ウォッカ「兄貴、ホタテの方はできやしたぜ」

ジン「よし。じゃあ炊飯器にお出まし願うとするか」

ジン「白米は洗わなくても良い。分量通りに用意したのを、そのまま入れる」ザラザラ

ジン「そこへ全ての材料を投入して、20~30秒ほどかき混ぜる」ザラザラ…ジャー

マゼマゼマゼ

ジン「あとは蓋を閉じてスイッチを入れ、炊き上がるのを待つだけだ」ピッピッ…ピピッ

ウォッカ「……電子レンジも便利ですけど、炊飯器もすげぇですね」ホゥ…

ジン「せっかくの文明の利器だ。有効活用しねーとな」


53:2015/09/28(月) 00:58:43.08 ID:
ウォッカ「兄貴。次はメイン二品ですけど、どっちから作りやすか?」

ジン「グラタンが先だ。ホワイトソースを作るのに時間がかかるからな」


【レンコンと鶏胸肉のグラタン(16人分)】
レンコン:4節
鶏胸肉:8枚
玉ネギ:2個
バター:80g
牛乳:3200ml
酒:40ml
塩:少々
みそ:大さじ8杯
ピザ用チーズ:240g
パセリのみじん切り:少々
小麦粉(ホワイトソース用):大さじ8杯
小麦粉(下味用):適量


54:2015/09/28(月) 01:00:19.37 ID:
ジン「ウォッカ。お前はレンコンを1㎝の厚さのイチョウ切りにしろ」

ジン「玉ネギは繊維を断つように、薄切りだ」

ウォッカ「了解です!」トトトトトト

ジン「肉用のまな板は……これだな。一度洗うか」

ジャー…ゴシゴシ、キュッキュッ

ジン「清潔な布巾で、水気をよーく拭き取る」ポンポン

ジン「鶏胸肉はそぎ切りにして」スッスッ

ジン「酒と塩で下味を付け、小麦粉を薄くまぶしておく」ササッ


55:2015/09/28(月) 01:01:08.27 ID:
ジン「大きめの鍋を2つ用意して……と」ガシャ

ウォッカ「兄貴。玉ネギとレンコン、刻めましたぜ」

ジン「よし。レンコンを水に浸したら、ホワイトソースを作るのを手伝え」

ジン「一度に4リットル近い量を作るのは面倒だからな。俺とお前とで、半量ずつだ」

ウォッカ「分かりやした」

ジン「まず玉ネギを耐熱皿に移し、ラップを掛けて500Wの電子レンジで約5分加熱する」ピ…ッ

ピッピッ…ウィィィン


56:2015/09/28(月) 01:03:13.97 ID:

~5分経過~

ピロリロリロリーン♪

ジン「ウォッカ。レンコンはザルにあけて水を切っとけ」

ウォッカ「へい!」ザバー

ジン「それぞれの鍋に、バターを40gずつ熱し」ジュー…

ジン「玉ネギを半量入れて、小麦粉を大さじ4杯ずつふりいれる」

ザラザラ…サッサッ


58:2015/09/28(月) 01:04:35.14 ID:
ジン「1分ほど炒めたら、牛乳を少しずつ加え……」ジュー

トプトプ…マゼマゼ…トプトプ

ジン「水気を切ったレンコンも入れて、5分煮る」コトコト

ウォッカ「これ、結構とろみがありやすね」

ジン「あぁ。様子を見ながら、火力は調整しろ。くれぐれも焦がすなよ」

ウォッカ「へい!」


59:2015/09/28(月) 01:05:41.23 ID:

~5分経過~

ジン「……よし。ここへ鶏胸肉を加え、さらに5分煮込む」ザラザラ…コトコト

ジン「時々混ぜながら、焦げないように注意しろ」

~5分経過~

ウォッカ「汁気がだいぶ少なくなってきやしたね」コトコトコト

ジン「あぁ。半分ぐらいになったら、みそを溶き入れて軽く混ぜ、火を止める」カシャカシャ

カチ


60:2015/09/28(月) 01:06:33.03 ID:
ジン「人数分の耐熱皿に、均等に流し入れ……」トローリ

ジン「ピザ用チーズをトッピングしたら、後はオーブンで焼き目が付くまで焼くだけだ」

ジン「仕上げにパセリを散らせば完璧だな」

ウォッカ「焼くのはガキ達が来る直前の方が良いですかね?」

ジン「あぁ。ホワイトソースは、冷めると塩気が濃いと感じるからな」

ジン「それはバーボンに任せた方が良い」


61:2015/09/28(月) 01:07:21.76 ID:
【魚介とブロッコリーのごま風味蒸し(16人分)】
イカ:8杯
アサリ(砂出し済み):1.5kg
塩:小さじ2杯
コショウ:少々
プチトマト:16個
ブロッコリー:800g(2.5~3株)
ニンニク:8片
ごま油:80ml
酒:120ml
水:240ml
白いりごま:適量


ジン「ウォッカ。冷蔵庫からイカを出して、塩・コショウをしておけ」

ウォッカ「へい!」ガチャ…バタン!

サッサッ


62:2015/09/28(月) 01:08:24.67 ID:
ジン「プチトマトはヘタを取り、ブロッコリーは小房に分けて……」プチプチ…ストンストン

ジン「ニンニクは半分に切って潰しておく」トントン…グシャ

ジン「アサリは殻を擦って洗えば、下準備はOKだ」カシャカシャ

ジン(最初に調理器具の場所を確認した時、確かここに……)

ウォッカ「何を出してるんですかい?」

ジン「ホットプレートだ」ヨイショ

ウォッカ「随分とデカいですね……」

ジン「こいつを使うと一気に調理できて楽なんだ」


63:2015/09/28(月) 01:09:11.34 ID:

ゴシゴシ…キュッキュッ

ジン「よし。これで使えるな」

ウォッカ「兄貴、イカも準備できやしたぜ」

ジン「あぁ。まずはコードを繋いで、温度を中火に設定する」

ジン「ここにごま油とニンニクを入れて、香りが出るまで温めるんだ」

ウォッカ「おぉ~。良い匂いがしてきやしたぜ」


64:2015/09/28(月) 01:10:02.63 ID:
ジン「香りが出たら一旦スイッチを切って、魚介と野菜、酒、水を入れて……」ザラザラ

ジン「全体を軽く混ぜ合わせる」マゼマゼ

ジン「あとは蓋をして強火で温め……」カポ…グツグツ

ジン「水が沸騰したら弱火にして5分煮込む」コトコトコト

~5分経過~

ウォッカ「うぅ……こんな良い匂い嗅いでたら、腹減って仕方ねぇですぜ」

ジン「我慢しろ。……フン、こんなもんだな」

カパ…

ジン「仕上げに白いりごまをかけてやれば……」サッサッ

ジン「完成だ」


65:2015/09/28(月) 01:10:48.21 ID:
ウォッカ「美味そう……!」ジュルリ

ジン「フライパンだと火を止めた途端に冷めちまうが」

ジン「ホットプレートは、保温モードにしとけば冷めることもねぇぞ」

ウォッカ「おぉ、なるほど。だからホットプレートで作ったんですね」

ジン「ところで、今は何時だ?」

ウォッカ「えーと。12時20分ですね」


66:2015/09/28(月) 01:11:53.37 ID:

…パタパタパタ

安室「あ……もしかして、もう終わりました?」

ジン「あぁ。後はグラタンを焼いて、他の料理を盛りつけるだけだ」

ウォッカ「客はもう帰ったのか?」

安室「先程、最後のお客さんが出たところです」

ジン「そうか……じゃあ、後はお前だけでも大丈夫だな?」

安室「はい。本当、二人には感謝してもしきれませんよ」


67:2015/09/28(月) 01:13:07.71 ID:
ウォッカ「良いってことよ。ガキ共のお守り、頑張ってな」

安室「ええ。片付けもやっておきますので」

ジン「いや、自分で使った物は自分で片付けるさ」

安室「え……しかし」

アムロサーン、コンニチハー

ウォッカ「ん? また客か?」

安室「いえ。あの声は、パーティーの参加者ですよ」

安室「お店をハロウィン仕様に飾り付けたいと言ってましたから」

安室「それで早めに来たんでしょう」


68:2015/09/28(月) 01:13:51.25 ID:
ジン「なら、早く行ってやれ」

安室「色々とすみません、二人とも……」

ウォッカ「だから気にしなくて良いって」

ジン「洗い物を済ませたら、俺達はそのまま帰るからな」

安室「……はい」

パタパタパタ…

ウォッカ「……それじゃ、やりますか」

ジン「さっさと終わらせるぞ。ガキ共と鉢合わせはゴメンだ」

ウォッカ「へい、兄貴」

ジャー…ゴシゴシ、キュッキュッ


69:2015/09/28(月) 01:15:01.52 ID:
――午後1時・喫茶店『ポアロ』――

歩美・光彦・元太「「「トリック・オア・トリート!!」」」

コナン(ホント元気だねぇ、こいつら……)

安室「イタズラはご遠慮願いたいから……はい、お菓子」

歩美・光彦・元太「「「ありがとうございま~す♪」」」

灰原「ねぇ……」

コナン「ん?」

灰原「……あの安室って人、私に気付いてないわよね?」ヒソヒソ

コナン「あぁ。大丈夫だよ」コソ…


70:2015/09/28(月) 01:16:18.57 ID:
コナン「オメーだって気付かれないようにするために」

コナン「わざわざ母さんに頼んで、ゴスロリ風ビスクドールに仮装させてもらったんだ」

コナン「髪だって金髪のカツラだしさ」

コナン「そんなコソコソしてる方が、かえって怪しまれるぜ?」

灰原「……分かってるわよ」

安室「君達、何の仮装をしてるんだい?」

歩美「歩美は、黒猫さん!」

光彦「ボクはミイラ男です!」

元太「オレはデーモンとかいう奴! この角がカッコイイだろ? 作り物だけどよ」ニシシ


71:2015/09/28(月) 01:17:19.09 ID:
安室「コナン君は、ナイトバロンかな?」

コナン「あ……うん」

コナン(ホントはホームズの方が良かったけど)

コナン(母さんに「はい、コレ。優作から♪」って押しつけられたんだよ……)

蘭「安室さん。準備できましたよ」

安室「ありがとうございます。皆さん、揃いましたか?」

蘭「あ……それが、服部君と和葉ちゃんと世良さんが、まだ……」


72:2015/09/28(月) 01:21:58.23 ID:

ガチャ…カランカラン

服部「よぉ! 遅うなってすまんのぉ!」

園子「噂をすれば、ってやつね……」

蘭「いらっしゃい、二人とも」

コナン「……平次兄ちゃん、吸血鬼の格好のままでここへ来たの?」

和葉「せや。新大阪で待ち合わせとった時には、もうこの格好やってん」

和葉「あたしは恥ずかしいから、仮装は東京に着いてからにしてやって言うたんやけど……」

コナン(うわ……それは確かに恥ずかしいな)

服部「ええやないか。どのみち、こっちでこの格好に着替えるんやさかい」

和葉「アンタが良うても、あたしが嫌なんや!」


73:2015/09/28(月) 01:23:06.48 ID:

ガチャ…カランカラン

世良「やっほー! ……少し遅刻しちゃったかな?」

園子「ううん。服部君達も、今来たとこだから」

園子「蘭のところのおじ様とおば様は?」

蘭「……あそこで睨み合ってるわ。もう、困っちゃう……」

和葉「蘭ちゃん、相変わらず苦労が絶えへんなぁ……」


74:2015/09/28(月) 01:24:34.41 ID:
服部「……おい、くど……やのうて、ボウズ」

服部「一課の刑事はんらは? 非番やったら来るんやろ?」

コナン「あぁ……杯戸町で起きた強盗殺人事件に駆り出されちまったみてーでさ」

歩美「えぇ~? 高木刑事と佐藤刑事、来れないの?」

光彦「千葉刑事と白鳥警部もですか?」

コナン「しゃーねーだろ。何も事件が起きなかったらって約束だったんだから」


75:2015/09/28(月) 01:25:25.19 ID:
安室「……じゃあ、料理がだいぶ余ってしまうね」

コナン「それは大丈夫」

コナン「もう少ししたら京極さんも来てくれるって、園子姉ちゃんが言ってたから」

コナン「平次兄ちゃんも結構食べる方だし、残った分は元太がどうにかしてくれるよ」

安室「そっか。それじゃ、パーティーを始めようか」

安室「料理を持ってくるから、先に手を洗っておいで」

歩美・光彦・元太「「「はーい!」」」

パタパタパタ…


76:2015/09/28(月) 01:27:08.49 ID:
コナン「……ごめんね、安室の兄ちゃん。突然、店を貸し切りたいなんて無理言って」

安室「いやいや。みんな、お得意様だからね」

コナン「でも、準備にはだいぶ手間取ったんじゃないの?」

安室「頼りになる助っ人が来てくれたから、大丈夫だったよ」

コナン「ふーん……」

安室「さぁ、君も手を洗っておいで」

コナン「……うん」

スタスタ…ピタ


77:2015/09/28(月) 01:32:54.23 ID:
コナン「ねぇ……安室の兄ちゃん」

安室「ん?」

コナン「前の職場から、『戻ってこい』って言われないの?」

コナン(公安から『戻れ』って指示は出されないままなのか?)

安室「……今のところ、そんな気配は微塵もないね」

安室「戻してくれるかどうかも、全く分からないよ」

コナン「じゃあ、ずっとこのまま?」

安室「さぁ……それは上の人の判断次第かな」

安室(――――とは言うものの、案外居心地が良いんだよなぁ。あの組織……)

コナン「…………そう」


78:2015/09/28(月) 01:34:08.14 ID:
コナン(ま、組織から離脱しようとした奴には死の制裁が待ってんだ)

コナン(公安といえど、そう簡単に抜けられねーか)

歩美「コナン君、早くおいでよ~」

光彦「まだ手を洗ってないの、コナン君だけですよ?」

コナン「あ、あぁ……悪ぃ」

パタパタ…

安室(相変わらず、興味深い質問をしてくる子だ……)フッ


79:2015/09/28(月) 01:35:01.46 ID:
――午後1時半・黒の組織のアジト――

ウォッカ「バーボンの奴、今頃は楽しくやってんでしょうねぇ」

ジン「あぁ。……それはそうと、俺達は昼飯もまだだったな」

ジン「だいぶ遅くなっちまったが、キッチンで何か作るか……」

ウォッカ「手伝いやすぜ、兄貴」


80:2015/09/28(月) 01:35:40.21 ID:
――組織のアジト・キッチン前の廊下――

ガシャーン!! カランカラン…

ヤリヤガッタネ、アンタ! ナニヨー!!

ジン・ウォッカ「「…………!?」」

ウォッカ「な、何だ……?」

ジン「……ベルモットとキャンティの声だな」


81:2015/09/28(月) 01:37:09.03 ID:
――組織のアジト・キッチン――

ベルモット「だから、勘違いして悪かったって言ってるじゃないの!」

キャンティ「勘違いで済むか、このバカ女!!」

コルン「……二人とも、もう止めろ」フゥ…

ウォッカ「おい……コルン。何がどうなってんだ?」

コルン「ジンとウォッカ、パーティーの準備で出かけるって、ベルモットが盗み聞きした……」

ジン「で?」

コルン「あいつ、そのパーティーがここであるんだと勘違いしてて……」

ジン「……その勘違いした情報を、お前らに伝えたわけだな?」

コルン「おぅ」コクッ


82:2015/09/28(月) 01:38:05.32 ID:
ウォッカ「なるほど」

ウォッカ「ジンの兄貴が、自分達のために腕を振るってくれるとばかり思ったら」

ウォッカ「当てが外れちまって大喧嘩ってわけか……」

キャンティ「当てが外れたなんてもんじゃないよ!」

キャンティ「今日は朝飯食ってなかったし、昼飯は豪勢な食事にありつけると思ってたのに」

キャンティ「この女が勘違いしたせいでさぁ……」ギロッ

ベルモット「もう謝ったんだから良いじゃない!」

ベルモット「それより、ジンが帰ってきたんだから、お昼に何か作ってもらいましょうよ」


83:2015/09/28(月) 01:39:51.60 ID:
ベルモット「ねぇ、ジン。貴方なら30分もあれば大丈夫でしょ?」

ベルモット「私、もうお腹ペコペコなの。何でも良いから、お願い!」グゥゥ…

キャンティ「アタイももう限界……」キュルル…

コルン「俺も……」

ウォッカ「あ、兄貴……?」

ジン「…………」ブチッ

ジン「…………………………ベルモット」

ベルモット「ん?」


84:2015/09/28(月) 01:42:13.94 ID:
ジン「いい加減、自分が食う物ぐらい自分で作りやがれっ!!」ガシャーン!!

ベルモット「きゃあぁ~! ジン、怒っちゃ嫌ぁ~!!」

チョットマッテヨ! ウルセー!!

ウォッカ「あーあ……兄貴、滅多な事じゃキレねーのに」

コルン「仏の顔も三度まで……」ボソッ

キャンティ「……仕方ないねぇ。ウォッカ、コルン。昼飯作るの手伝っとくれよ」

キャンティ「ジンが暴れ終わった時には、何か食えるようにさ」

ウォッカ「そーだな……」

コルン「……分かった」



【おわり】


85:2015/09/28(月) 01:47:13.47 ID:
以上で完結です、お読み頂きありがとうございました
本当は来月末にと思ってたネタですが
ジン兄貴の自己主張の強さに右京さんが引いてしまいまして
急遽こちらを先に投下しましたorz
邪魔が入らない内に相棒とのクロス執筆に戻ります…


86:2015/09/28(月) 01:55:02.25 ID:
おお、いつものオチじゃないんだなww
料理上手は片付け上手を地でいく兄貴マジかっけぇ
ウォッカの包丁捌きも板についてきて、いよいよ黒の組織の台所は安泰だな

今回もホッコリしたぜ、乙!


87:2015/09/28(月) 03:55:58.76 ID:

ジンの兄貴を兄ちゃんと呼べる店員…只者ではないな


89:2015/09/29(火) 00:21:37.39 ID:
このあとキャンティが作った料理が気になる
そしてキャンティ作れたんかい




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1443342863/

→→もっと名探偵コナンを読む←←