1:2015/11/05(木) 17:38:22.85 ID:
にこまき


短いかもしれない

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446712702

2:2015/11/05(木) 17:39:39.24 ID:
にこ「え?なんで?」


真姫「いいから早くして!」


これは心理テスト
にこちゃんが…あの指を選んでくれますように


にこ「えぇ~?どれにしようかな~?困っちゃうにこ!」


真姫「どれがいいのよ」


にこ「どれにしようかな♪天の神様の言うとおり!…親指よ!」


真姫「親指…」ガックシ


にこ「何落ち込んでんのよ…あ、今日もいい?」


真姫「…もちろんよ」


親指は相談相手。
確かにこの心理テストは大正解


…少し勇気が欲しかったの


3:2015/11/05(木) 17:40:52.93 ID:
にこ「じゃあ絵里が来たらね!」


真姫「わかったわ」


ガチャッ


絵里「何してるの?」


真姫「絵里、手のひら出して」


絵里「ん?ええ…」


真姫「にこちゃん、どの指がいい?」


にこ「また?それじゃ、小指にしようかしらねー」


真姫「くっ…やっぱりね」


にこ「やっぱり?何が?」


絵里「?」


小指は理想の恋人。


4:2015/11/05(木) 17:42:42.51 ID:
真姫「いや、なんでもない…」


少しだけ気になる
はぁ…後悔するんじゃないわよ、私。


真姫「にこちゃん、手のひら出して?絵里はどの指がいい?」


絵里「そうね…うーん…小指かしら」


真姫「!?」


小指!?
まさか…両思い?


いやただの心理テストだから
でも…もしかしたら


絵里「にこの指って綺麗ね…」


にこ「でしょ?」


有り得る。有り得るわ


5:2015/11/05(木) 17:43:55.52 ID:
真姫「…それじゃ、今日もやるの?」


にこ「もちろん!」


絵里「こういう話は楽しいのよ!」


真姫「それじゃ、誰から?」


にこ「じゃんけんで勝った人から時計回り!」



「「「最初はラブ!じゃんけんぽい!」」」


6:2015/11/05(木) 17:46:09.16 ID:
にこちゃんがぱー
絵里もぱー
私はチョキ。


真姫「私からね。私は前も話したけど…好きな人はいないわ」


にこ「もー!マッキーいつもそれで終わっちゃうにこー!」


絵里「好きなタイプとかないの?」


真姫「…タイプ」


にこ「真姫ちゃんはまだ子供なのよ」


真姫「なによ!タイプくらいあるわ!」


にこ「じゃあ言ってみてよ」ニヤニヤ


真姫「そ、それは…」


絵里「言ってみればいいんじゃないかしら…?」


好きなタイプはにこちゃん
好きな人もにこちゃん
…バレないように遠回しにいくしかないわね


7:2015/11/05(木) 17:46:54.27 ID:
真姫「…笑顔にしてくれる人かしら」


にこ「ふーん…意外と普通ね」


真姫「普通じゃない!可愛いわよ!」


絵里「…あら」


にこ「真姫ちゃん好きな人いるんじゃない!」


やってしまったわ
天才真姫ちゃんも慌てるとダメね…


8:2015/11/05(木) 17:48:09.15 ID:
真姫「私のトップシークレットなの。それじゃ次はにこちゃんね」


にこ「毎回言ってるけど、素直な子ね!」


…私と真反対じゃない
なんて思ってる。


にこ「はい次絵里!」


絵里「私はたまにドジしちゃう人よ!」


まさににこちゃんじゃない!
もう…!


9:2015/11/05(木) 17:49:04.00 ID:
真姫「はい、じゃあここまでにするわよ」


にこ「真姫ちゃん恋愛話になるとすぐ切り上げるわよね」ニヤニヤ


真姫「し、知らない!ほら発声練習するわよ」


にこえり「はーい」ニヤニヤ


真姫「もう//」


とっとと消してしまいたい
絵里とにこちゃんが両思いなんじゃないかという想像を。


10:2015/11/05(木) 17:49:50.12 ID:









ガラッ


女先輩「失礼します!真姫ちゃんいますか…」


真姫「ヴェ!?なんですか…?」


女先輩「ちょっと話があるんだけど…」


真姫「は、はい…」


にこ「じゃあ待ってるわ」


絵里「その間ダンスね…」


バタンッ


11:2015/11/05(木) 17:51:03.77 ID:
真姫「え、えっと…なんですか?先輩…」


まさか、にこちゃんの彼女だって勘違いした先輩がライバル宣言をしに…!?


女先輩「実は…委員会で一緒になった時、好きになってしまったの。付き合ってくれないかな…」


真姫「わ、私!?」


女先輩「うん…ダメかな?」


真姫「お断りし…」


ちょっと待ちなさい真姫。
もしこの状況が私とにこちゃんだとして、にこちゃんに私が告白してこんな風に断られたら…辛いわ
なるべく優しくお断りをしないとね


12:2015/11/05(木) 17:52:15.07 ID:
真姫「…私、好きな人がいるんです。だから…友達としてこれからも付き合ってくれませんか?」


女先輩「そっか…うん!わかった!あのね…」


真姫「なんでしょうか?」


女先輩「この髪飾り、真姫ちゃんに似合うと思って…付けてくれないかな」


くれたのは可愛いシンプルな髪飾り


真姫「ありがとうございます!」


女先輩「ちょっと動かないでね…」


そして女先輩は私の髪に髪飾りをつけた


女先輩「うん!凄い可愛い」ニコッ


真姫「本当ですか?」


13:2015/11/05(木) 17:53:43.96 ID:
にこ「真姫ちゃん!」


真姫「あれ?にこちゃん…」


そこには私の大好きなにこちゃんがいた


にこ「練習時間が無くなるから早く来て欲しいわ」


真姫「ご、ごめん…」


何故か…少し怒ってるみたい


女先輩「あ、待って!真姫ちゃん…これからもよろしくね。これメールアドレス。暇だったらメールして欲しいな」


真姫「メールアドレスいいんですか?ありがとうございます」ニコッ


μ'sのメンバー意外の先輩からメールアドレスを貰ったのは初めてだった
…少し嬉しいかも


女先輩「それじゃ、また明日ね」


真姫「はい」


スタスタ


14:2015/11/05(木) 17:55:09.11 ID:
にこ「ねぇ真姫ちゃん」


真姫「な、なに?」


何かさっきより怒ってるみたい
どうしよう…


にこ「さっきの人誰?」


真姫「委員会の先輩よ」


にこ「どういう関係なの?」


真姫「どういう関係って…ただの先輩後輩同士よ」


にこ「そうには見えなかったけど!」


真姫「何でそんなに怒ってるのよ…ちゃんと言ってくれないと分からないわ」


にこ「しらない!ほら早く練習いくわよ!」


タタタタッ


そういってにこちゃんは走っていった
もう意味分かんない!


その後、にこちゃんと一度も話さなかった。


15:2015/11/05(木) 17:57:27.28 ID:





モヤモヤしながら次の日
登校中、りんぱなの惚気話を聞いていたらポロッと言ってしまった


凛「かよちんが怒ったら大変なんだよ!」


花陽「あれは凛ちゃんがいけないんだよ…」


凛「あ、あははは…」


怒る…か
昨日にこちゃん怒ってたわ…


真姫「…にこちゃん」


花陽「にこちゃん?」


真姫「え!?」


思っていた事が口からつい…


花陽「にこちゃんと何かあったの…?」


凛「もしかして進展したのかにゃ!?」


この2人には相談に乗ってもらってるの


真姫「…誰にも言わないで。あのね…」


そして昨日あったこと、全てを話した。


16:2015/11/05(木) 17:59:09.56 ID:


真姫「…ということなのよ。私、にこちゃんに嫌われちゃったのかしら…」


凛「それは無いにゃ!今の話を聞いてるとにこちゃんはま「わーわーわー!!」かよちん?」


花陽「えへへ…この事はにこちゃんと話せばいいんじゃないかな?」


真姫「でも…」


花陽「不安なら本人に聞いたほうがいいと思うよぉ…」


凛「!…そうだよ!にこちゃんなら本当の事言ってくれるよ!」


…そうよね
親友2人がこう言ってくれてるんだもの
大丈夫よ!


真姫「ありがとう!部室で聞いてみる!」


凛「その調子だにゃー!」


花陽「応援してるからね…!」


17:2015/11/05(木) 18:01:35.40 ID:






そして部活前
仲直りするために部室に一番乗りに来るにこちゃんより早く来た


ガララッ


にこ「…」


真姫「…」


やっぱり話しづらいわ
でも…仲直りするって決めたんだから!
そうよ…そうよ!勇気を出しなさい西木野真姫!


にこまき「にこちゃん!/まきちゃん!」


真姫「ヴェェ!?え、えっと…」


にこ「…そっちから先でいいわよ」


真姫「あ、ありがとう…その、にこちゃん昨日はごめん」


にこ「え…」


真姫「何か、にこちゃん怒らせちゃったみたいで…私なんで怒らせちゃったのかわからないのよ…」


18:2015/11/05(木) 18:02:30.94 ID:
にこ「それは私が悪いの!!」


真姫「え?」


にこ「…わ、私…嫉妬したのよ」


真姫「嫉妬?」


にこ「ほら、昨日あんなに仲良さそうに喋ってて…」


真姫「…女先輩と?」


にこ「そうよ。しかも…真姫ちゃんがその人と付き合うって!」


真姫「つ、つつ付き合う!?」


にこ「そういったじゃない…」


付き合う?
何でそんなことに…


19:2015/11/05(木) 18:03:14.64 ID:
もしかして…


真姫「にこちゃん、いつから聞いてたの?」


にこ「まさに真姫ちゃんが付き合ってくれませんか?って言った所よ。」


真姫「…それ友達として付き合うって意味よ」


にこ「え」


真姫「っぷ…ふふっ…にこちゃん面白いわ」


にこ「なっ…!しょ、しょうがないじゃない!//」


それで怒ってたのね
って…なんで?


真姫「でもそれが怒ることにどう繋がるのよ」


にこ「そ、それは…」


真姫「?」


20:2015/11/05(木) 18:05:00.23 ID:
にこ「すぅ…はぁ…」


にこちゃんは深呼吸して言った


にこ「私…真姫ちゃんが好き!」


真姫「えっ…?」


にこちゃんが好きなのは絵里じゃないの?
な、ななななななんで私!?


真姫「まって!絵里じゃないの!?」


にこ「なんで絵里が出てくるのよ!」


真姫「だ、だって…小指!」


にこ「小指?…昨日の?もしかしてあれって心理テストだったの?」


真姫「…そう」


にこ「っあはは!心理テスト何か信じるなんて真姫ちゃん子供!」


真姫「なっ…なによ!でも小指は理想の恋人だって…私は…相談相手」


21:2015/11/05(木) 18:06:13.05 ID:
にこ「真姫ちゃんは相談相手であり好きな人よ。絵里はほら…理想の恋人って感じじゃない?誰にでもそう感じると思うわ…なんか案外当たってるわね」


真姫「…そういうことね」


確かに絵里はなんでもできて…
でも可愛さがあって、確かに理想の恋人ね


にこ「それで、真姫ちゃんは?」


真姫「わ、私!?」


にこ「うん…すき?」


少し上目遣いで見てくるにこちゃん…
恋人じゃ…好きじゃ収まらない。


22:2015/11/05(木) 18:06:58.66 ID:
真姫「手のひら出して?」


にこ「え?う、うん…」


ギュッ


私は薬指を握ってこう言った


真姫「…愛してるわ」




おしまい


23:2015/11/05(木) 18:09:52.62 ID:
思ってたより短くて自分でも驚いた


ありがとうございました!


24:2015/11/05(木) 19:12:43.54 ID:

けっこーよかった


25:2015/11/05(木) 20:05:49.20 ID:
シンプルで良かった
乙です


26:2015/11/05(木) 20:13:56.50 ID:
なんだかんだこういう普通なSSが一番なんだよな


27:2015/11/05(木) 21:21:50.38 ID:
ニヤニヤできた


28:2015/11/05(木) 22:40:15.42 ID:
おつやね




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446712702/

→→もっとラブライブ!を読む←←