1:2015/02/27(金) 19:47:30.33 ID:vhsxaaG50

みなみけのSS

百合あり、ちょいエロあり、マイペース更新

じゃ、始める

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1425034050



2:2015/02/27(金) 19:49:17.91 ID:vhsxaaG50

ハルカ「カナー、起きなさーい」

カナ「んう…」

ハルカ「起きないと…、キスしちゃうわよ〜?」

カナ「どうぞ〜…」ムニャムニャ

ハルカ「それじゃあ、遠慮なく♪」

カナ「んんっ…?」


3:2015/02/27(金) 19:52:03.24 ID:vhsxaaG50

ハルカ「はむっ、レロッ…」

カナ「んんっ!?」

ハルカ「レロ、レロッ…」

カナ(な、何だ、何が起こっている!?)

カナ(目が覚めたら、ハルカにキスをされて…!)

ハルカ「ジュルッ…」

カナ(! し、舌まで入れて…)

ハルカ「…ふはあっ。美味しかったわよ、カナ」

ハルカ「ご飯冷めちゃうから、早く来てね」トタトタ

カナ「…ど、どういう事だ…」


4:2015/02/27(金) 19:53:53.28 ID:vhsxaaG50

カナ「ファーストキスが姉…、あ、違う、妹だ」

カナ「いや待て、同性同士のキスはノーカンだろ」

カナ「なんて考えてる場合じゃない! ご飯だご飯!」

カナ「…」ソッ

カナ「いやいや、ないないないない」

カナ「ハルカのキスが良かったとか…、絶対無いからな!」


5:2015/02/27(金) 19:57:54.01 ID:vhsxaaG50

カナ「そして、リビングに来た訳だが…」

ハルカ「あーん♪」イチャイチャ

チアキ「あ〜ん♪」イチャイチャ

ハルカ「美味しい?」イチャイチャ

チアキ「美味しいです、ハルカ姉さま」イチャイチャ

ハルカ「ふふっ、良かった♪」イチャイチャ

カナ「ハルカがチアキを膝に乗せ、ご飯を食べさせている…」

カナ「そして、チアキは満面の笑み…、どういう事だ!?」


6:2015/02/27(金) 20:01:51.58 ID:vhsxaaG50

ハルカ「あ、やっと来た〜」

チアキ「遅かったじゃないか、バカ野郎」

カナ「お前たち、何して…」

ハルカ「ほら、カナもこっちおいで?」ポンポン

カナ「…い、いや、一人で食べれる!」

ハルカ「そう? 遠慮しなくていいのに」

チアキ「ハルカ姉さま…//」

ハルカ「ああ、ごめんね、チアキ」


7:2015/02/27(金) 20:04:29.48 ID:vhsxaaG50

ハルカ「あ〜ん」

チアキ「はむっ」パクッ

ハルカ「あんっ! 指まで食べちゃうなんて、イケナイ子//」

チアキ「ちゅぱ、ちゅぱっ…」

ハルカ「私の指、美味しい?」

チアキ「おいひいれふ、はるは姉ひゃま//」

カナ(何がどうなっている…? 元々仲が良い二人だが、これは異常だぞ)


8:2015/02/27(金) 20:23:19.72 ID:vhsxaaG50

―学校―

カナ(結局、家を出る直前までイチャイチャしていたな…、どういうつもりなんだ)

藤岡「おはよう、南!」

カナ「おう、藤岡か」

藤岡「どうしたの? 何か元気が無いみたいだけど」

カナ「んー? 別に」

藤岡「そっか。でも、何かあったら言ってね、俺に出来る限り力になるから」

カナ「あー」ヒラヒラ


9:2015/02/27(金) 20:27:19.31 ID:vhsxaaG50

カナ(藤岡は普通だな。と言う事は、ハルカとチアキだけが…)

ケイコ「カーナ♪」ダキッ

カナ「うひゃあ! ど、どうしたケイコ!?」

ケイコ「おはようの挨拶だよ?」

カナ「挨拶で抱きついてくる奴があるかー!」

ケイコ「カナ、相変わらず良い匂いするね…//」スンスン

カナ「匂いを嗅ぐなよ、バカヤロー!」


10:2015/02/27(金) 20:29:30.84 ID:vhsxaaG50

リコ「あ〜、ケイコずるい! カナを独り占めだなんて!」

ケイコ「いいじゃない、たまには」

リコ「たまにでもダメ! カナは私のなの!」

カナ「へっ?」

ケイコ「そんなに独占欲が強いと、カナも迷惑がると思うよ?」

カナ「いやいや、抱きついて匂いを嗅ぐケイコもどうかと思うけど」


11:2015/02/27(金) 20:35:02.98 ID:vhsxaaG50

ケイコ「それに、もうすぐミユキがくるじゃない。それまで我慢しなさい」

リコ「そうだけどお〜。ミユキ、早く来て〜!」クネクネ

カナ(リコが身体をよじらせて…、訳がわからないよ!)

ミユキ「リーコちゃん♪」ダキッ

リコ「ミユキキタ〜!!」ナデナデ ナデナデ

ミユキ「はふぅ…、もっとナデナデして〜」スリスリ

リコ「か〜わ〜い〜い〜!」スリスリ ナデナデ

カナ(ミユキまでおかしくなってる…)


12:2015/02/27(金) 20:44:06.82 ID:vhsxaaG50

ケイコ「じゃあ、今日は私とカナね」ハムッ

カナ「ひにゃっ!? な、何を…!」

ケイコ「カナは耳弱いよね…//」レロレロ

カナ「っ…!」ブルブル

ケイコ「我慢しないで、声出してもいいんだよ?」

カナ「わ、私…!」

カナ「って、流されるかー!」バッ

ケイコ「きゃっ!」

カナ「藤岡ー!」ダダダッ

カナ(みんなおかしいぞ!? とりあえず、今日は藤岡の所に避難しておこう…)


13:2015/02/27(金) 20:51:24.73 ID:vhsxaaG50

―みなみけ―

カナ「ハルカとチアキはいないのか…。これは助かる」

カナ「今の内に、二人がおかしくなった原因を探らねば」

ピンポーン

カナ「何だよ、この忙しい時に…。はーい」ガチャッ

ヒトミ「…」

マコちゃん「…」

カナ「どうした、二人とも? そんな暗い顔して」

ヒトミ「とりあえず、上がってもいいか? ここで出来る話じゃ…」

カナ「わかった、どうぞー」


14:2015/02/27(金) 20:53:45.55 ID:vhsxaaG50

カナ「で、何があったんだよ?」

ヒトミ「…カナ、ハルカ先輩に何かあったのか?」

カナ「え?」

マコちゃん「チアキもだ! いや、チアキだけじゃないけど…!」

カナ「ど、どういう事だよ?」

ヒトミ「詳しく説明すれば長くなるけど…」


17:2015/02/27(金) 21:57:18.84 ID:vhsxaaG50

―ヒトミ回想―

ヒトミ「マキせんぱーい、ちょっと話が…」

マキ「ハルカー♪」ムギュッ

ハルカ「あんっ♪ もう、マキは甘えん坊さんなんだから…//」

マキ「えへへ〜//」スリスリ

アツコ「いいな…//」

マキ「アツコもおいでよ〜! 私を間に挟む感じで〜」

アツコ「えっ…、こう?」ムニュッ

マキ「うは〜! 至高のおっぱいサンドイッチ…//」

ヒトミ(…一体何があったんだ)


18:2015/02/27(金) 22:01:30.25 ID:vhsxaaG50

ハルカ「気持ち良い?」

マキ「うん、沈むような柔らかさと張りのある弾力が…」ホワーン

ハルカ「マキはおっぱいソムリエね」

アツコ「そうだね。それにしても…」ジッ

ハルカ「?」

アツコ「ハルカの胸、羨ましいな…。大きくて形がいいのに、しっかりとしてて」ムギュッ

ハルカ「そんな…// アツコの胸だって、他に無いくらいの柔らかさをしてるじゃない//」ムニュッ

アツコ「はあっ…// このままずっとハルカの胸に触れていたい…」

ハルカ「私も、アツコの胸になら溺れてもいいわ…//」

マキ「はふぅ…// 形を次々と変えていくおっぱいに飲み込まれる…//」


19:2015/02/27(金) 22:03:57.25 ID:vhsxaaG50

ヒトミ(何だ何だ何だ!? 先輩たちおかしいぞ!)

ヒトミ(女の子同士なのに、あんな風に絡み合って…)

ヒトミ「//」カアーッ

速水「あれ、ヒトミ。こんな所でどうしたの?」

ヒトミ「速水先輩! ちょっと見て下さいよ!」

速水「ん? ああ…。あの三人、仲良いわよね〜」

ヒトミ「いや、あれは仲が良いと言うより…」


20:2015/02/27(金) 22:06:16.19 ID:vhsxaaG50

速水「まあまあ、仲が悪いよりはいいじゃない」

ヒトミ「それは…、そうかもしれませんけど。ところで」

速水「?」

ヒトミ「どうして速水先輩は、後ろから私に抱きついてるんスか?」

速水「前からの方が好み?」

ヒトミ「いや、全くそんな事言ってないッスけど…」

速水「」ツーッ

ヒトミ「うひゃっ!?」

速水「あれっ、首だけでこんなに感じちゃうんだ…。可愛い//」


21:2015/02/27(金) 22:07:58.57 ID:vhsxaaG50

ヒトミ「速水先輩、何を…!」

速水「向こうは向こうで仲良くやってるからさ〜」ジュルリ

ヒトミ「ひっ…」

速水「二人っきりで、親睦深めようぜ?」ソッ

ヒトミ「わ、私は…」

速水「大丈夫、優しくしてあげるから…//」

ヒトミ「〜っ!!」

―回想終了―


22:2015/02/27(金) 22:10:07.45 ID:vhsxaaG50

ヒトミ「…と言う感じで」

マコちゃん「//」ドキドキ

カナ「それは…、大変だったね」

ヒトミ「体中至る所を触られたり撫でられたり…//」ポーッ

カナ「それからそれから!?」

ヒトミ「首筋から徐々に上を舐めてきて…。って、カナ、面白がってないか?」

カナ「…まさか。そんな事は全く」

ヒトミ「今の間は何だよ、今の間は」


23:2015/02/27(金) 22:12:29.13 ID:vhsxaaG50

カナ「で、マコちゃんは?」

マコちゃん「俺の方もそんな感じだよ」

マコちゃん「チアキと内田、吉野とトウマが何か色々やってて…」

カナ「ほうほう。詳しく聞かせてくれるね?」

マコちゃん「…言わなきゃダメか?//」

カナ「もちろん。私たちが今おかれている現状を知る為に、情報は必要だ」

マコちゃん「わかった。ちょっと恥ずかしいけど…」


26:2015/02/28(土) 19:41:34.09 ID:Sj5vT6N50

―マコちゃん回想―

マコト「おはよう!」

シュウイチ「あ、おはよう…」

マコト「どうしたシュウイチ、元気ないぞ!? もしかして、ヨーグルトに塩でも入れられたのか!?」

シュウイチ「そんな訳ないでしょ…、あれ見てよ」

マコト「あれ?」チラッ

マコト「えっ…!?」


27:2015/02/28(土) 19:45:33.36 ID:Sj5vT6N50

内田「吉野ぉ…、わらひ、もう…!」ハア… ハア…

吉野「いいよ? 遠慮しないでイッちゃいなよ」クチュクチュ

内田「んんーーーっ!!」ビクビクッ

吉野「ふふっ、ユカ可愛い…//」

内田「吉野、上手過ぎるよ//」

吉野「だって、ユカの事が好きなんだもん。だから、つい激しくしちゃうの」

内田「もーう、ずるい//」


28:2015/02/28(土) 19:47:49.54 ID:Sj5vT6N50

マコト「…何あれ?」

シュウイチ「//」

内田「吉野、もうトウマの所にいっちゃうの?」

吉野「うん、そろそろ向こうも終わってるだろうから」

内田「…」

吉野「だいじょーぶ、帰って来たらまた相手してあげるから…、ね?」ツンツン

内田「…わかった、待ってるよ//」


29:2015/02/28(土) 19:51:18.64 ID:Sj5vT6N50

マコト「何、南までこんな事をしてるのか!?」

シュウイチ「らしいね、1組からもそれっぽい声が聞こえて来てたから」

マコト「大変だ、止めないと!」ダダダッ

シュウイチ「ちょっと待って、止めるってどうやるの?」

マコト「止めてから考える!」

シュウイチ「…」フウ


30:2015/02/28(土) 19:53:29.29 ID:Sj5vT6N50

マコト「南、無事か!?」

チアキ「んああああっ!!」ビクビクッ

トウマ「ほらほら、もっと良い声聞かせてくれよ」グチュグチュ

チアキ「らめ、もうらめ〜!//」ガクッ

トウマ「…可愛かったぜ、チアキ」チュッ

チアキ「…//」ポオッ

マコト(手遅れだった!)


31:2015/02/28(土) 19:57:23.73 ID:Sj5vT6N50

チアキ「どうしてトウマはそんなに上手なんだ…//」

トウマ「チアキが可愛いからだよ」チューッ

チアキ「んんっ…//」

トウマ「チアキの唇、甘くて柔らかいな。ずっとキスしていたくなる//」

チアキ「も、もっと//」

トウマ「っと、そろそろ吉野が来るな。この続きは放課後だ」

チアキ「むう…」

トウマ「俺が吉野に勝ったら、死ぬほど気持ちよくさせてやるから」ボソッ

チアキ「//」ドキドキ

マコト(どうしよう…)

―回想終了―


32:2015/02/28(土) 20:00:22.76 ID:Sj5vT6N50

マコちゃん「と、こんな感じだったんだ」

ヒトミ「なるほど…」

カナ「どこもそんななのか」

ヒトミ「でも、ほんとに何があったんだろうな。昨日まで普通だったのに」

マコト「そうだな。どうしたんだろ…」

カナ「…よーし」

ヒトミ「?」

マコト「何だよ、カナ」


33:2015/02/28(土) 20:03:41.48 ID:Sj5vT6N50

カナ「とりあえず、テレビを見るぞ」ピッ

ヒトミ「」ガクッ

マコト「おいカナ、今はそんな事してる場合じゃないだろ!」

カナ「何を言う、こういう時だからこそ情報収集が大切だろうが」

カナ「それと、お前いつの間にかマコトに戻ってるぞ。服装と態度を正せ」

マコちゃん「あ、いけない!」ササッ

ヒトミ(こいつ、男だったのか)


34:2015/02/28(土) 20:09:27.08 ID:Sj5vT6N50

ニュースです、百合ウィルスの猛威が留まる事を知りません

このウィルスは、学名をレズビアン・ウィルスと呼ばれる物で

百合を媒介とする事から、この国では百合ウィルスと言う通称で呼ばれています

このウィルスは鼻や口の粘膜から体内に侵入し、女性を性的対象とするホルモンを分泌させます

その為、本来男性を性的対象とする女性も、女性をその対象として見るようになります

専門家の話によれば、現在詳しい原因はわかっておらず、とにかく百合の花に近づかないようにと警告が発せられています

また、混乱の中、性的欲求を解消させれば症状が完治すると言う俗説も広がっています

その一方で、ウィルスと言う表現は同性愛に対する偏見と誤解を招くとして、表現の改善を求める運動が…


35:2015/02/28(土) 20:12:57.35 ID:Sj5vT6N50

カナ「…つまり、どういう事だ?」←おバカ

ヒトミ「さあ?」←おバカ

マコちゃん「これ、日本語なのか?」←おおバカ

カナ「今この手を使うのは危ない気もするが、こういう事は博識なハルカに聞こう」←おバカ

ヒトミ「そうだな、ハルカ先輩を頼るのが一番だ」←おバカ

マコちゃん「じゃあ、それまで待つか」←おおバカ

ヒトミ「しつこい」ゲシッ!     三←おバカ 三←おバカ 三←おおバカ


36:2015/02/28(土) 20:14:49.06 ID:Sj5vT6N50

ハルカ「ただいまー」

チアキ「ただいま」

カナ「お、噂をすれば」

ハルカ「あれ、ヒトミ」

ヒトミ「お邪魔してるッス」

チアキ「マコちゃんじゃないか、よく来てくれたな」

マコちゃん「おう!」

カナ(…チアキ、お前はなぜハルカにお姫様抱っこをされているんだい?)


38:2015/02/28(土) 20:33:06.53 ID:Sj5vT6N50

ハルカ「さあチアキ、そろそろ降りて頂戴」

チアキ「あとちょっとだけ…//」ギュッ

ハルカ「もう、しょうがないわね」チュッ…

チアキ「んんっ…」

ハルカ「ほら、また後で抱っこしてあげるから」ハムッ

チアキ「ふぁい//」

マコちゃん「//」

カナ(おいマコちゃん、こんな所で男らしさを発揮させないでおくれよ)


39:2015/02/28(土) 20:35:47.97 ID:Sj5vT6N50

ハルカ「夕飯作るけど、ヒトミも食べて行く?」

ヒトミ「いいんスか? 是非!」

ハルカ「うふふっ。じゃあ、ちょっと待っててね」

ヒトミ「ウッス!」

カナ「…で、どうする?」ヒソヒソ

ヒトミ「どうするって言われても…」ヒソヒソ

マコちゃん「チ、チアキ!?」

カナ「!?」


40:2015/02/28(土) 20:39:48.79 ID:Sj5vT6N50

チアキ「マコちゃん、私は人肌恋しいんだ…//」ダキッ

マコちゃん「ちょ、ちょっと…」

チアキ「マコちゃんを見ていると、胸がむずむずして止まらない…」

チアキ「お願いだ、どうかこの疼きを静めて欲しい//」スリスリ

マコちゃん「〜っ!」

カナ(落ち着け、そして耐えるんだマコト! 今こそお前の男らしさを見せる時!)


41:2015/02/28(土) 20:42:46.98 ID:Sj5vT6N50

マコちゃん「ごめん、チアキ!」バッ

チアキ「あっ…」

マコちゃん「俺には…。俺には、心に決めた人がいるんだ!」

マコちゃん「だから、友だちのチアキとはそう言う事は出来ない!」

ヒトミ(よく言った! それでこそ男だ!)

チアキ「…そうか」シュン

マコちゃん「あっ…」

チアキ「わかった、私もマコちゃんを傷つけたくは無い。マコちゃんの事は諦めるよ…」

マコちゃん「…」


42:2015/02/28(土) 20:51:06.69 ID:Sj5vT6N50

ハルカ「ご飯出来たわよ〜」

カナ「頂きます!」モグモグ

ハルカ「あらあら、そんなにがっつかないの。ほら、ほっぺにご飯粒が…」スッ

カナ「?」

ハルカ「」チュッ

カナ「!」

ハルカ「カナ味のご飯、美味しい…//」

カナ「…ハ、ハルカ! ちょっと聞きたい事がある!」

ヒトミ(…ええっ、このタイミングで!?)

カナ(他に手段が無いんだ、しょうがないだろ!?)ジッ

ヒトミ(カナのあの目は…。って、わかんねーよ)


43:2015/02/28(土) 20:54:24.18 ID:Sj5vT6N50

カナ「その、百合何とかって奴について…」

ハルカ「ああ、百合ウィルス?」

カナ「そう、それ!」

ハルカ「失礼しちゃうわよね、女の子同士で愛し合えるようになる素敵な物なのに、ウィルスだなんて」

カナ「あはは…。それで、それってどんなのなんだ?」

ハルカ「えっとね…、確か今朝の新聞に載ってたよ」

カナ「そうか、なら食事を終えたら見るとしよう」

ハルカ「うんうん、行儀良くて偉い偉い」ナデナデ

カナ「…悪い気はしないな」ボソッ


45:2015/02/28(土) 21:06:16.80 ID:Sj5vT6N50

ヒトミ「お、おい、何やってるんだよ!?」ボソボソ

カナ「大丈夫だ、別にハルカに惚れた訳ではない。撫でられて驚いただけだ」ボソボソ

ヒトミ「…ならいいけど」

ハルカ「あれ、ヒトミはもう食べ終わったんだね」

ヒトミ「あっ、はい」

ハルカ「それじゃあ、先にヒトミに教えてあげようかな。興味ある?」

ヒトミ「お願いするッス」

ハルカ「うん」


46:2015/02/28(土) 21:10:05.76 ID:Sj5vT6N50

ハルカ「簡単に説明すると、百合ウィルス(仮)を吸った子は、女の子が大好きになるの」

ハルカ「それで、おかしな事をいっぱいするまで、女の子が大好きなままになるのよ」

ヒトミ「お、おかしな事って…//」

カナ(おかしな事だよな//)

ハルカ「そう言えば、ヒトミとはまだしてないわよね?」

ハルカ「私、ヒトミと深く繋がりたいな…」ダキッ

ヒトミ「!//」ボンッ


47:2015/02/28(土) 21:12:05.39 ID:Sj5vT6N50

ハルカ「ねえ、いいでしょ?」ツーッ

ヒトミ「…お、お願いするッス」

カナ「ヒトミちゃん!?」

ハルカ「やった♪ それじゃあ、私の部屋に…」

ヒトミ「あの、せめてシャワーを…」

ハルカ「ああ、そうね。いってらっしゃい、私は先に行って待ってるから」タタッ

ヒトミ「ウッス」


48:2015/02/28(土) 21:13:55.68 ID:Sj5vT6N50

カナ「ヒトミちゃん、なんで…!?」

ヒトミ「カナだってわかってるだろ? ハルカ先輩を元に戻すには、この方法しかない」

カナ「…」

ヒトミ「安心しろ、私だって元番長だぞ? そんなあっさりやられたりしねーよ」

カナ「ヒトミちゃん…」

ヒトミ「それじゃ、行ってくるから」

カナ「…絶対無事で帰って来てくれ」

ヒトミ「任せろ!」グッ


50:2015/02/28(土) 21:38:24.22 ID:Sj5vT6N50

マコちゃん「大丈夫かな…」

カナ「心配するな、ヒトミちゃんならやってくれるはずだ」

カナ「それより、今私たちがすべき事は…」

チアキ「マコちゃん…。すう、すう…」ムニャムニャ

カナ「チアキを元に戻す事だ。マコト、協力しろ」

マコちゃん「…い、いいのか?」

カナ「手を押さえているだけでいい。耳栓もしてやるから、後は目を瞑れば問題ない」

マコちゃん「わ、わかった」ガシッ

カナ「これもお前の為だ。悪く思うなよ、チアキ」サワッ


51:2015/02/28(土) 21:40:09.15 ID:Sj5vT6N50

チアキ「ん…、カナ?」

カナ「」サワッ サワッ

チアキ「ふふっ、くすぐったいぞ。そんなに私としたかったのか?」

カナ「ああ」キュッ

チアキ「んっ! カナ、いきなり乳首は激しいぞ…//」

カナ「それでいいんだ。一気に行くぞ」クチュクチュ

チアキ「ああっ! そ、そんなにアソコをいじったら…!」


52:2015/02/28(土) 21:41:44.46 ID:Sj5vT6N50

カナ「イケッ、チアキ!」クリッ

チアキ「にゃあああっ!!」プシャーッ

カナ「…」ペロッ

チアキ「カ、カナ、潮を舐めるんじゃない//」

カナ「美味しいぞ、チアキの」

チアキ「ふぇっ…//」

カナ「まだまだ行くからな、覚悟しろよ」クチュクチュ

チアキ「ま、待って、まだ私…!」


53:2015/02/28(土) 21:44:17.09 ID:Sj5vT6N50

カナ「ほら、イケッ、イケッ!」グチュグチュ

チアキ「らめ、らめっ、まらイッへるからあ!!」

カナ「そんな事言って、服をびちょびちょにするくらい感じてるくせに」

チアキ「まら、イクッ!」プシュッ

カナ「そろそろ潮も出て来ないな。次は…」ズプッ

チアキ「やああああっ、そこは、そこはらめえ!」

カナ「遠慮するな、そろそろもよおして来ただろ?」


54:2015/02/28(土) 21:47:02.24 ID:Sj5vT6N50

チアキ「れも、カナの顔にい…//」

カナ「構わないさ、チアキのおしっこ飲ませてくれよ」チューッ

チアキ「ああああああっ!!」チョロチョロ…

カナ「まだまだっ!」グチュグチュグチュグチュ!

チアキ「―――――っ!」ガクッ

カナ「…気絶するほどイッたか。これで元に戻ったはずだ」


55:2015/02/28(土) 21:48:57.05 ID:Sj5vT6N50

マコちゃん「カナ、もういいか?」

カナ「ちょっと待て、今チアキの服を…、よし、いいぞ」

マコちゃん「うわっ…」

カナ「見てやるなよ、チアキにとってはこれ以上無い痴態のはずだ」

マコちゃん「わ、わかった!」ギュッ

カナ「さて、後はチアキが回復するのを待つだけか…」

チアキ「…んんっ」ピクッ

カナ「起きたか、チアキ?」


56:2015/02/28(土) 22:06:40.22 ID:Sj5vT6N50

チアキ「…私は何を?」

カナ「チアキ、私とキスするぞ!」チューッ

チアキ「ふざけるな、このバカ野郎!」ゲシッ

カナ「ごふっ…、戻った、元のチアキに戻ったぞ!」ダキッ

チアキ「ぬわっ、何を…」

カナ「良かった、良かった〜!」グリグリ

チアキ「あっ、全く…」

マコちゃん「詳しくは言えないけど、カナはチアキの為に色々頑張ってくれたんだよ」

チアキ「そうなのか…」


57:2015/02/28(土) 22:08:52.10 ID:Sj5vT6N50

カナ「だが、これで解決方法がわかったな」

マコちゃん「ああ!」

カナ「しかし、ここで新たな問題が出てくる」

マコちゃん「?」

カナ「このままで行くと、百合の絡みが続く事になるだろう」

カナ「いくら皆の為とは言え、グダグダと絡みのシーンを流し続けるのはいかがなものか…」

マコちゃん「そ、それは確かに」


58:2015/02/28(土) 22:12:24.03 ID:Sj5vT6N50

カナ「絡みのシーンを省略して、結果だけ簡潔にお伝えする方法もあるが」

マコちゃん「どっちがいいんだろうな?」

チアキ「おいカナ、何の話だ?」

カナ「ハルカを始め、私たちの身の回りの女の子が、おかしな事をしないと治らない病気にかかってしまったんだよ」

チアキ「なんだと、ハルカ姉さまが…!?」

カナ「ああ、だから今その解決方法について話し合って…」

やらあああああっ!!

マコちゃん「い、今の声は…!」

カナ「ヒトミちゃんの声だ! チアキ、マコちゃん、ハルカの部屋に行くぞ!」ダダッ

マコちゃん「おう!」ダダダッ

チアキ「え? わ、わかった!」トタタッ


60:2015/03/01(日) 19:59:53.37 ID:clEEIMJk0

カナ「ヒトミちゃん!」バンッ!

ヒトミ「イグッ、イッヂャううう!!」ブルブルッ

ハルカ「これで20回目…、ヒトミのイキ顔は何回見ても可愛いわ…」グイーン

ヒトミ「もうらめ、イギだくない、イギたくな゛いのおおお!」ビクビク

ハルカ「そんな事言わないで、もっと可愛い声聞かせて?//」グチュグチュ

ヒトミ「あああああっ!!」ガクガク

カナ「こ、これは…」

チアキ「何が起こってるんだ…?」


61:2015/03/01(日) 20:03:27.82 ID:clEEIMJk0

ハルカ「あら、二人とも。ちょうどいいわ」クパアッ

ハルカ「ほら見て、ヒトミのあそこ。赤くてぷっくりして、可愛いでしょ」キュッ

ヒトミ「〜っ!!」ビクビクビクッ

カナ「ハルカ、止めろ! それ以上したら、ヒトミちゃんがおかしな事でおかしくなってしまうぞ!?」

ハルカ「あら、私は大歓迎よ? 私無しでいられなくなれば、ヒトミはずっと私の傍にいてくれるもの」ニコッ

チアキ「…カナ、ハルカ姉さまに何があった?」

カナ「…説明してやりたいが、今はそれ所ではない!」バッ


62:2015/03/01(日) 20:05:25.11 ID:clEEIMJk0

ハルカ「やんっ♪ もう、カナも混ざりたいなら言ってくれればいいのに…♪」

カナ「チアキ! お前はハルカの胸を揉め、そして吸え!」

チアキ「はあ? 何を言って…」

カナ「ハルカを助ける為だ、協力しろ!」

チアキ「…わかった」ハムッ

ハルカ「あんっ」

カナ「私は下を担当する!」ペロッ

ハルカ「はうんっ♪」


63:2015/03/01(日) 20:09:13.24 ID:clEEIMJk0

チアキ「チューッ」

ハルカ「チアキったら、まるで赤ちゃんみたいな吸い方するのね…//」

チアキ(ハルカ姉さまのお胸…、柔らかくて暖かくて、甘い…//)

カナ「くちゅ、れろっ、はむはむっ…」

ハルカ「んんっ! カナったら、そんな舌使いどこで覚えたの? 悪い子…♪」

カナ(ハルカの奴、随分と余裕だな…。ならば!)


64:2015/03/01(日) 20:11:41.57 ID:clEEIMJk0

カナ「チアキ、もう片方の乳首をいじるんだ!」

チアキ「いじるって、どうやって?」

カナ「空いてる手でつねったり擦ったり、転がしたりするんだよー!」

チアキ「むう、難しい注文だな…」クリクリ

ハルカ「はぁん! じょ、上手よチアキ//」

チアキ「本当ですか、ハルカ姉さま//」

ハルカ「お礼に…、私もチアキを気持ちよくしてあげる♪」クリクリッ ギュッ

チアキ「はううんっ!!」ビクッ


65:2015/03/01(日) 20:13:56.55 ID:clEEIMJk0

ハルカ「カナは…、こっちね」コスコスッ

カナ「んんっ!」ビクビク

ハルカ「足でアソコを擦られるのも、気持ちいいでしょ?」グリグリ

カナ(ハ、ハルカの足がアソコをグリグリして…//)

カナ(でも、私はここで堕ちる訳には!)レロッ クチュクチュ

ハルカ「ああっ!」

カナ(ここか! ようやく見つけたぞ、ハルカの感じるスポットを!)


66:2015/03/01(日) 20:16:38.09 ID:clEEIMJk0

カナ「チアキ、攻める速度を上げろ!」グチュグチュグチュグチュ

チアキ「お、おう!」チューチュー コリコリ

ハルカ「私だって、妹には負けないわよ…//」クリクリ グリグリッ

カナ「うゃうっ! そ、そこはぁ…//」

チアキ「ハルカ姉さま、私…//」

ハルカ「いいのよ〜? 二人で仲良くイッても…//」

「…誰か忘れてないッスか? ハルカ先輩」

ハルカ「えっ?」


67:2015/03/01(日) 20:22:43.66 ID:clEEIMJk0

ヒトミ「私を攻めないなら、こっちから行くッスよ!」グイーン

ハルカ「あああああっ! お、お尻にローター入れちゃらめえええ!!」

ヒトミ「カナ、チャンスだ!」

カナ「わかった、行くぞチアキ!」クチュクチュクチュクチュ

チアキ「了解!」クリクリクリクリ チューチュー ハムハム

ヒトミ「私のテクに酔いしれるッス!」グイーン グチュグチュグチュグチュ

ハルカ「んんんっ!? そんな、三箇所も同時にされたら…//」

ハルカ「イッ、イク、イクうううううっ!!」プシャーッ!!

カナ「まだまだ行くぞ!」クリクリ

ハルカ「らめ、今クリちゃん弄っちゃらめー!!」

ヒトミ「もっとイクッス、イッてイッてイキまくるッス!」ググググググッ

ハルカ「あううううっ、妹と後輩にアクメ顔晒しちゃううう!!」ガクガク


68:2015/03/01(日) 20:24:41.89 ID:clEEIMJk0

ハルカ「ああっ…//」ガクッ

カナ「…やったのか?」

ヒトミ「そうだな、ハルカ先輩は疲れて気絶したみたいだ」

チアキ「ハルカ姉さま…」

カナ「心配するな、目が覚めればいつものハルカに戻っている。お前がそうだったようにな」

チアキ「そうか。ん? 私と同じって…」

カナ「…」

チアキ「カナ、お前私が気づかない内に何をした?」

カナ「〜♪」

チアキ「質問に答えろ、このバカ野郎!」


69:2015/03/02(月) 18:00:26.11 ID:KVRvWCp30

ハルカ「んんっ…」

カナ「ハルカ!」ダキッ

チアキ「ハルカ姉さま!」ダキッ

ハルカ「あれ…、二人ともどうしたの?」

ヒトミ「良かった…。元に戻ったみたいッスね」

ハルカ「ヒトミまで…。それに、元に戻ったって?」

ヒトミ「説明はしたいッスけど…、話して大丈夫ッスかね?」

カナ「問題ない、私がハルカのフォローをするさ!」

ハルカ「えっ、えっ?」

ヒトミ「よし分かった。実は…」


70:2015/03/02(月) 18:04:10.71 ID:KVRvWCp30

ヒトミ「…と言う事ッス」

ハルカ「//」

チアキ「??」

カナ「大変だったが、まあ二人が正気になって何よりだ」

ハルカ「…ヒトミ、木刀的な何かある? 無ければ鈍器的な物でもいいわ」

ヒトミ「待つッス! それで記憶を消そうだなんて…!」

ハルカ「止めないで! 妹におかしな事をされた黒歴史なんて…!」

カナ「アホか! 姉妹におかしな事をした私の方が黒歴史だろうが!」

ハルカ「あっ…!」


71:2015/03/02(月) 18:07:56.82 ID:KVRvWCp30

カナ「ハルカ、過去を受け入れろ。そうじゃないと、これから襲ってくる未来に立ち向かえないぞ」

ハルカ「カナ…」

ヒトミ「それ、自分にも言ってるのか?」

カナ「ヒトミちゃん、今はそういう空気じゃないんだよ」

ハルカ「わかったわ、私が間違ってた。それで、これから何があるの?」

カナ「それは…」


72:2015/03/02(月) 18:09:30.08 ID:KVRvWCp30

ハルカ「…そう。マキやアツコ、速水先輩まで」

カナ「だから、私たちは強くならなければならないんだよ」

ヒトミ「タチだけに?」

ハルカ「…」

ヒトミ「すみません、場を和ませようと…//」

カナ「今の所、ヒトミちゃんは完全にネコだけどな」

ヒトミ「うるせえよ!」


73:2015/03/02(月) 18:13:24.79 ID:KVRvWCp30

ハルカ「とにかく、おかしな事をしておかしな結果になれば、百合百合しい状況が変わるって事ね」

カナ「ああ、そうだ。ハルカやチアキを見る限り、その間の記憶とかもなくなるみたいだし」

ハルカ「不思議なウィルスね、その百合ウィルスって…」

ハルカ「まあいいわ。そういう事なら、私がヒトミを鍛えます」

ハルカ「そして、ヒトミがカナを鍛える。それでいいわね?」

ヒトミ「あの…」

ハルカ「ヒトミ、まさか正気の私に妹とおかしな事をしろと?」ジッ

ヒトミ「…分かったッス」


74:2015/03/02(月) 18:16:02.23 ID:KVRvWCp30

ハルカ「そういう事だから、ちょっと恥ずかしいけど、皆頑張りましょ?」

チアキ「あの、ハルカ姉さま」

ハルカ「?」

チアキ「先ほどから、何を話していらっしゃるのでしょうか?」

ハルカ「…」

カナ「チアキの場合、おかしな知識を身につける方が先だな」

ハルカ「ああ、こんな形でチアキが大人になるなんて…」ガクッ

チアキ「?」


75:2015/03/02(月) 18:20:34.49 ID:KVRvWCp30

それから、私たちは厳しい修行を重ねた…

ヒトミ「あっ、ハルカ先輩…//」

ハルカ「もっと我慢しなさい、これくらいでイッたら他の子なんて満足させられないわよ?」クリクリッ

ヒトミ「ひゃうっ//」

チアキ「…なるほど、絶頂に達する事をイクと言うんだな」

カナ「ああ、そうだ」

ハルカ「チアキが大人に…」シクシク

そして、ついにその時が訪れる…


76:2015/03/02(月) 18:24:30.06 ID:KVRvWCp30

チアキ「ハルカ姉さま、私、もう…!」ビクビク

ハルカ「いいよ? もうイッちゃって大丈夫だから」クチュクチュ

ヒトミ「カナ、そろそろイクのか?」

カナ「ああ、ヒトミちゃんも…」

チアキ「ふわあああっ!」プシャーッ

カナ「イクうううっ!」シャーッ

ヒトミ「ああんっ!」チョロチョロ…

ハルカ「…うん、みんなこれだけ耐えられれば大丈夫ね」ビクビクッ


77:2015/03/02(月) 18:29:41.52 ID:KVRvWCp30

カナ「やっと、辛い修行の成果が…!」

ハルカ(一番辛いのは、チアキにおかしな事を仕込んだ私だけどね…)ガクッ

チアキ「だが、これで吉野やトウマたちを元に戻す事が出来る」

ヒトミ「待ってて下さい、アツコ先輩、マキ先輩、速水先輩」

ハルカ「いよいよね…。すぐに皆を元に戻してあげるから!」

カナ「私たちの戦いはこれからだ!」


80:2015/03/02(月) 19:23:19.20 ID:KVRvWCp30

ハルカ「さて、ここでお知らせが。これから我がみなみけを、主戦場にしようと思います」

ハルカ「なので、もし誰かの友人が来た場合は、速やかに自分の部屋に入るように」

カナ「見学は?」

ハルカ「求められない限りダメ」

カナ「えーっ…」

チアキ「わかりました、ハルカ姉さま」

ハルカ「うんうん、チアキはいい子ね」ナデナデ

チアキ「えへへっ…//」

ハルカ「そういう訳で、まずは私が先陣を切るから。帰って来たら部屋にいてね」

カナ「わかった」


81:2015/03/02(月) 19:25:39.77 ID:KVRvWCp30

―高校―

ヒトミ「なあ、ナツキ」

ナツキ「どうした?」

ヒトミ「その…、ナツキの髪の毛一本くれないか?」

ナツキ「は?」

ヒトミ「ちょっと必要なんだ。この通り!」

ナツキ「別に、髪くらい構わないが…」プチッ

ヒトミ「サンキュ!」

ナツキ「おう」

ヒトミ(これをお守りの中に…。よし、これで頑張れる!)


82:2015/03/02(月) 19:27:24.63 ID:KVRvWCp30

アツコ「ヒトミー♪」ギュッ

ヒトミ「おわっ、アツコ先輩!」

アツコ「ヒトミは今日も可愛いね…//」スリスリ

ヒトミ「ア、アツコ先輩も、とってもお綺麗で…」

アツコ「ほんと? 嬉しい」

ヒトミ「あははっ…。あ、ところで」

アツコ「?」

ヒトミ「その、今日の放課後空いてるッスか? アツコ先輩ともっと仲良くなりたくて…」

アツコ「…うん、大歓迎だよ!」


83:2015/03/02(月) 19:28:59.60 ID:KVRvWCp30

ヒトミ「嬉しいッス。それじゃ、放課後ハルカ先輩の家に」

アツコ「ハルカの家?」

ヒトミ「はい、ハルカ先輩とマキ先輩も一緒ッス」

アツコ「…」ジュルッ

ヒトミ「アツコ先輩?」

アツコ「あっ、ううん、何でもないの!」

アツコ「わかった、楽しみにしてるからね?」

ヒトミ「ウッス」


84:2015/03/02(月) 19:52:44.61 ID:KVRvWCp30

―みなみけ―

アツコ「お邪魔します…」

ヒトミ「お邪魔するッス」

ハルカ「いらっしゃい、アツコ、ヒトミ」

マキ「いらっしゃーい」ギュウッ

アツコ「あれ、マキもう来てたんだ」

マキ「うん、ハルカと一緒に来たんだー♪」ギュウッ

ハルカ「マキったら、ずっとこうしてくっついてるから、歩きにくくて」

マキ「だって、ハルカと少しでも多く一緒にいたいんだもん!」

ハルカ「もう、マキったら…//」ナデナデ

マキ「ふふん♪」


85:2015/03/02(月) 19:55:19.45 ID:KVRvWCp30

アツコ「いいな…」ジーッ

ヒトミ「アツコ先輩…」ギュッ

アツコ「何?」

ヒトミ「先輩たちの方だけ見てちゃ嫌ッス。今日は、私だけを見て欲しい…//」ジーッ

アツコ「あっ…。ごめんね、ヒトミ」

ヒトミ「いいッスよ。その代わり、いっぱい可愛がって下さいね?//」

アツコ「うん//」

ハルカ「それじゃ、私たちは部屋に行こうか」

マキ「うん!」


88:2015/03/02(月) 21:20:38.42 ID:KVRvWCp30

アツコ「ヒトミ…」ジッ

ヒトミ「アツコ先輩…//」

アツコ「」チュッ

ヒトミ「んんっ…」

アツコ「」チュッ クチュッ…

ヒトミ「ひゃあ…// アチュコしぇんぱいのしたがはいっれ…//」

アツコ「ひもひいい? ヒトミ…」

ヒトミ「ふぁい//」

ヒトミ(って、流されてどうする! 私が攻めないと、私が…)


89:2015/03/02(月) 21:24:28.71 ID:KVRvWCp30

アツコ「脱がすね?」スルッ

ヒトミ(えっ!? あ、あっという間に…!)

アツコ「ヒトミの胸、小さくて可愛い//」フニフニ

ヒトミ「あんっ! せ、先輩、そんないきなり…」

アツコ「敏感なんだね。もっといじめてあげたくなっちゃう…」コリコリ

ヒトミ「ひううっ! ち、ちくびがあ//」

アツコ「ここがいいんだね? もっとしてあげる」ペロペロ

ヒトミ「な、なめらいれくらはいぃ…」

アツコ「胸で感じるヒトミ、素敵よ。 ほら、もっと感じて?」クニクニ キュキュッ

ヒトミ「〜っ!!」ビクビクッ


90:2015/03/02(月) 21:26:41.02 ID:KVRvWCp30

アツコ「胸だけでイッちゃったんだね…。でも、本番はこれから」スッ

ヒトミ「! い、今そこは…」

アツコ「あれ、ちょっと胸いじっただけなのに、もうビショビショ。ヒトミって、いじられるの好きなんだね」

ヒトミ「そ、そんなんじゃ…!」

アツコ「ふ〜ん、嘘つくんだ」クチュクチュ

ヒトミ「あふっ、ひゃあん!」

アツコ「アソコを擦られてこんなに感じてるのに…。嘘つきのヒトミには、お仕置きしないと」

ヒトミ「お、おしおき?」


91:2015/03/02(月) 21:29:37.53 ID:KVRvWCp30

アツコ「こういう時の為に鍛えた指技…、ヒトミにしてあげる」クチュクチュクチュクチュ

ヒトミ「あっ、ああっ、わ、私の中で先輩の指が暴れてるう!?」ビクビク

アツコ「ほら、もっと私の指を感じて?」クリクリ スリスリ

ヒトミ「やううっ! クリちゃんいじっちゃらめえ!!」

アツコ「可愛い…。もっと感じて、もっといじめてあげるから…♪」ジュルルッ

ヒトミ「ああっ、そんな、吸わないでくらはい…//」ビク ビクッ

アツコ「そろそろかな…」ピトッ グイーン

ヒトミ「!!」ガクガクッ


92:2015/03/02(月) 21:34:15.14 ID:KVRvWCp30

アツコ「凄いでしょ? このローター。ヒトミなら喜んでくれるかと思って」

ヒトミ「ああああ〜っ!!」ガクガクガクッ

アツコ「腰が動いてるよ? いっぱい感じてるんだね」

ヒトミ「しぇんふぁい、とめ、とめてえ!」ビクビクビクッ

アツコ「そんな事言わないの。もっとイッて、もっと気持ちよくなりましょ?」ズプッ

ヒトミ「ひゃううううっ!! な、中にローター入ってきてるうううっ!?」ガガガッ

アツコ「ヒトミ、涎垂れてる…」チュッ ズズッ

ヒトミ「!!」

アツコ「美味しい…// さあ、そろそろ大きいのが来るわよ」グググッ クリクリクリッ

ヒトミ「あううううっ! イク、イク、イキまくってバカになるううう!!」

アツコ「いいよ、バカになって、私だけしか見れなくなって!」グリッ

ヒトミ「んにゃあああああああああっ!!!!」ブシャーッ ジョー

アツコ「凄い、潮とおしっこが同時に…。うん、美味しい」ゴクゴク

ヒトミ「あはあ…♪」ピクピク


93:2015/03/02(月) 21:35:50.12 ID:KVRvWCp30

ハルカ「アツコ、ヒトミ!」

ヒトミ「…♪」

アツコ「ハルカ、どうしたの?」

ハルカ「その、マキが疲れて寝ちゃったから…」チラッ

ヒトミ「」ガクッ

ハルカ(ヒトミは上手く行かなかったみたいね。だったら、ここは私が!)

ハルカ「ねえ、アツコ? 次は私と…//」ジッ

アツコ「あっ…。いいよ、一緒に気持ちよくなろ?」


94:2015/03/02(月) 21:37:46.00 ID:KVRvWCp30

ハルカ「あむっ、くちゅっ…」

アツコ「んんっ、ハルカ、もう激しい…//」

ハルカ「だって、体が火照って…//」

アツコ「レロッ、レロッ…。ハルカの舌もお口も、とっても美味しい//」

ハルカ「アツコだって、ずっとキスしていたい…//」

アツコ「チュッ、クチュクチュ…」

ハルカ「ハムッ、チュッ、チューッ…」


95:2015/03/02(月) 21:40:09.70 ID:KVRvWCp30

アツコ「」フニッ

ハルカ「んんっ!」

アツコ「ハルカの胸、素敵…♪ 揉み心地最高なのに、弾力も凄くて…」

ハルカ「」モニッ

アツコ「あんっ!」

ハルカ「アツコのだって、凄く柔らかくて、食べちゃいたい…//」

アツコ「ああっ、ハルカの指使い、いい…!」

ハルカ「ア、アツコも、とっても素敵よ…?」


96:2015/03/02(月) 21:44:02.32 ID:KVRvWCp30

アツコ「ねえ、ハルカ…」ジッ

ハルカ「…うん、いいよ」

アツコ「えへへっ…」ムニムニッ

ハルカ「い、いいっ…」モニモニッ

アツコ「んあうっ! む、胸を擦り合わせるの、気持ちいいね…//」

ハルカ「そうだね。私たちにしか出来ない事だし、いっぱいしよ?」

アツコ「うんっ。んっ、ふっ、んんっ…」グリグリ

ハルカ「はっ、はうっ…」グリグリ

アツコ「ハ、ハルカっ、私、もう…!」

ハルカ「うん、一緒におっぱいでイこ?」

アツコ「あっ、ああっ、わ、私…!」

ハルカ「わ、私も…!」

アツコ「んんんっ!!」ビクビクッ

ハルカ「あああっ!!」ビクン ビクンッ


97:2015/03/02(月) 21:46:58.56 ID:KVRvWCp30

アツコ「…」ハア ハア…

ハルカ「気持ち良かった?」

アツコ「とっても…//」

ハルカ「そっか。じゃあ、もっと良くしてあげるね?」ピトッ

アツコ「えっ? ハルカ、それ…」

ハルカ「そう、さっきヒトミに使ってたローター。きっと気持ちいいよ?」カチッ グイーン

アツコ「んやあうううっ!!」ビクビク

ハルカ「あれ、早速イッちゃったんだ?」

アツコ「ら、らって、しゅごいい//」

ハルカ「喜んでもらえて嬉しいわ。もっともっと良くなって」グググッ


98:2015/03/02(月) 21:49:23.24 ID:KVRvWCp30

アツコ「イ、イッれる、イッれるからああ!!」

ハルカ「イキながらイクの、気持ちいいでしょ?」

アツコ「うん、うん、うんんっ!!」ガクガク

ハルカ「あはっ、身体をそんなに震わせちゃって…」ピタッ

アツコ「えっ…、や、やめひゃうの?」

ハルカ「もっとして欲しい?」

アツコ「」コクコクッ


99:2015/03/02(月) 21:51:58.97 ID:KVRvWCp30

ハルカ「それじゃあねえ…」

ハルカ「『私はご主人様のペットです! 私のだらしないオマ○コを、ご主人様の手でしつけて下さい!』って、大きな声で言うのよ」

アツコ「えっ…// そ、そんな、恥ずかしい…!」カアッ

ハルカ「出来ないなら、これはお預けねえ…」チラッ

アツコ「あっ…」

ハルカ「ほらほら、気持ちよくなりたいでしょ? 我慢しないで、イッちゃいなさい」

アツコ「…」

アツコ「…わ、私は…」

ハルカ「ん〜?」


100:2015/03/02(月) 21:56:33.95 ID:KVRvWCp30

アツコ「私は、ご主人様のペットです!」

アツコ「私のだらしないオマ○コを、ご主人様の手でしつけて下さいい!!」

ハルカ「よく言えましたっ」ピトッ グググッ

アツコ「あうんんんっ! これ、これいいのおお!!」

ハルカ「ほらほら、もっとはしたない声を上げて、ご主人様を喜ばせなさい!」

アツコ「はいいいっ!! あああっ、いい、オマ○コ気持ち良いのおおお!!」

ハルカ「ご褒美を上げるから、もっと良い声で鳴きなさい、良いわね!?」グチュグチュ

アツコ「ああああああっ!! イク、オマ○コイクううっ!!」

アツコ「ご主人様の指とローターで、イかされちゃうのおお!!」ビクビクビクッ プシャーッ

ハルカ「とどめよ!」グリッ

アツコ「あああああっ…//」ガクッ

ハルカ「…ふう、ふう…。や、やっと終わったわね」


102:2015/03/03(火) 17:58:43.54 ID:2FV26h2i0

ハルカ「で、かくかくしかじか…」

カナ「これこれうまうまな訳なのですよ」

アツコ「〜!//」カアッ

マキ「あ、あはは…」

ハルカ「まあ色々あったけど、二人が元に戻って良かったわ」

アツコ「良くないよ…。いっその事、そのままにして置いてくれれば…」

マキ「まあまあアツコ、青春には苦い思い出も必要だって!」

アツコ「ううっ…」ショボーン

ハルカ「本当にごめんね? 私にできるお詫びなら、何でもするから」

アツコ「…何でも?」

ハルカ「うん、何でも」


103:2015/03/03(火) 18:00:30.58 ID:2FV26h2i0

アツコ「それじゃあ…」コショコショ

ハルカ「…えっ//」

アツコ「ダメ?」

ハルカ「それは、その…」

アツコ「…」ジーッ

ハルカ「わ、わかった。アツコの好きなようにして」

アツコ「ありがとう、ハルカ」ニコッ

マキ「アツコは何を言ったの?」

ハルカ「い、言えないわ//」

マキ「ふーん…?」


104:2015/03/03(火) 18:03:05.97 ID:2FV26h2i0

ハルカ「と、とにかく! 後は速水先輩を何とかしないと」

マキ「あ、それは私たちに任せてよ。バレー部の主将だもん、バレー部で何とかするわ」

ハルカ「本当? じゃあ、お願いね」

マキ「任せてよ!」

マキ(たまにはこっちが速水先輩をヒイヒイ言わせたいもの…!)ニヤッ

アツコ(マキ、何か良くない事を考えてるんじゃ…)

カナ「ま、これでハルカの方は解決だな。後は私とチアキか…」


106:2015/03/03(火) 18:12:25.08 ID:2FV26h2i0

―翌日、みなみけ―

カナ「ただいまー」

藤岡「お邪魔します」

ハルカ「お帰り〜、カナ。藤岡くんも来たんだ」

藤岡「はい、南に呼び出されて」

チアキ「いらっしゃい、藤岡。さあ、こっちに座りなさいよ」ポンポン

カナ「待てチアキ。今日の藤岡は、大事な任務を抱えているんだよ」

チアキ「任務?」


107:2015/03/03(火) 18:16:27.26 ID:2FV26h2i0

カナ「そうだ。これから女に飢えた獣が二匹と、女に抱かれたいネコが一匹我が家にやってくる」

カナ「そんな中で、私の乙女が守られるよう、藤岡にボディーガードを頼んだのさ」

チアキ「ほう…」

カナ「いいか藤岡。私が助けを求めたら、マッハで来るんだぞ!」

藤岡「任せてよ、南は俺が守る!」

カナ「おう、任せたぞ!」

楽しみね〜…//

ケイコ、今日は私が先に…!

カナ「来た! さあ、藤岡はチアキの部屋にでも隠れていてくれ!」

藤岡「うん、わかった!」ダダッ


108:2015/03/03(火) 18:18:39.60 ID:2FV26h2i0

ケイコ「お邪魔しま〜す。カナー♪」ギュッ

カナ「ふぁっ! よく来たねケイコ〜」

リコ「ケイコ、今日は私が先にカナとするって言ったでしょ!」

ケイコ「早い者勝ちだよ〜」

リコ「おのれ〜!!」

ミユキ「カーナちゃん♪」ギュウッ

カナ「ミユキちゃんは相変わらず可愛い抱きつき方をするねえ」ナデナデ

ミユキ「えへへっ…//」

リコ「あ〜っ、ミユキまで〜!」


109:2015/03/03(火) 18:21:42.74 ID:2FV26h2i0

カナ「しょうがないな〜。今日はリコから相手してやるよ」

リコ「ほんと!? それじゃあ早速…//」ガチャッ

リコ「え? 今の音何?」

カナ「ちょーっと大人しくしててね〜」シュルシュルッ

リコ「え、えっ?」

カナ「目隠しして、手錠もOK…と」

リコ「カナ、こ、これ何なの?」

カナ「好きな人ほどいじめたくなる法則だよ。さ、脱がすよ〜」ファサッ

リコ「あっ…// カナったら、いつの間に脱がすの上手になって…//」


110:2015/03/03(火) 18:24:17.00 ID:2FV26h2i0

ミユキ「お〜、リコちゃんのおっぱい丸見え〜」マジマジ

ケイコ「大きくは無いけど、良い形よね…」ジーッ

リコ「あの、そんなにじろじろ見られると…//」モジモジ

カナ「まだまだ、これからもっと恥ずかしくなるよ」ピトッ グイーン

リコ「ひゃううううっ!! な、何これえ!?」

カナ「バイブだよ、知ってるだろ?」

リコ「知ってるけどぉ…。んあっ、ああっ、やあああん!!」

カナ「ちょっと、喘ぎ声が大き過ぎるよ。近所迷惑だから口塞ぐぞ〜」

リコ「んんっ!? うう、ううっ…!」


111:2015/03/03(火) 18:30:53.83 ID:2FV26h2i0

カナ「さ〜て、ミユキちゃん、ヌギヌギして仲良くしようか〜」

ミユキ「ほんと!? わ〜い!」ヌギッ

ケイコ「カナ、私は…?」

カナ「オ○ニーでもしてなよ。10回イッたら相手してあげるからさ」

ケイコ「10回!? ううっ…」

カナ「言っとくけど、今日一日私がタチって約束破ったら、二度と相手してあげないから」

ケイコ「わ、わかった…。んっ…」ヌギッ コスコスッ


112:2015/03/03(火) 18:33:40.96 ID:2FV26h2i0

ミユキ「カナちゃん、全部脱いだよ〜!」

カナ「おー、相変わらず健康的な良い裸だね〜」サスサス

ミユキ「ひゃんっ! く、くすぐったいよぉ〜…」

カナ「そんな事言いながら、乳首が立って来てるよ〜?」

ミユキ「あうっ//」

リコ「んごおおおっ!!」ビクビク

カナ「リコ、うるさいよ。ミユキとのプレイに集中できないじゃないか」

リコ「おおおおおっ!!」ガクガク


113:2015/03/03(火) 19:14:07.51 ID:2FV26h2i0

ケイコ「んんっ! イクうっ!」

カナ「ケイコ、イクなら静かにイッてくれよ。興が削がれるだろ。今のはノーカンな」

ケイコ「そんなあ…」クチュクチュ

ミユキ「ねえ、カナちゃん…。私、お股がムズムズするのお…//」

カナ「そうかそうか。じゃ、いっぱいいじってやるぞ」クチュクチュ

ミユキ「んはああっ!」ビクビク

カナ「ミユキは感じやすいねえ」コスコス クチュクチュ

ミユキ「あんっ、だ、だって…。カナちゃんが、はうっ、上手だからあ…♪」

カナ「良い声だ、私も興奮して来たよ」


114:2015/03/03(火) 19:17:37.64 ID:2FV26h2i0

ミユキ「あっ、やんっ、ああっ、ひゃううっ!」

カナ「膣内も外もびっしゃりだねえ。そんなに気持ちいいのかい?」

ミユキ「うん、気持ち良いよぉ//」

カナ「それじゃあ、もっと気持ちよくしてあげよう」クリクリ

ミユキ「うゃうううんっ!? そ、そこはああっ!!」

カナ「うんうん、クリをいじったらもっと良い声を出したね」

ミユキ「あうっ、あああんっ!! わ、私い…//」

カナ「いいよ、いっぱい声出してイッちゃいな」クリクリ グチュグチュ

ミユキ「イクッ、イッちゃうううううっ!!」ガクガク ガクッ

カナ「気絶したか…。まずは1人」


115:2015/03/03(火) 19:20:54.23 ID:2FV26h2i0

ケイコ「ねえ、カナぁ…//」クチュクチュ

カナ「どうした、ケイコ」

ケイコ「もうダメ…、指だけじゃせつないよぉ…」

ケイコ「お願い、私のアソコをいじって、いっぱい虐めてえ//」

カナ「何を言ってるんだい、10回イクまではダメだよ」

ケイコ「そんなあ…」クチュ

カナ「ちなみに、何回イッた?」

ケイコ「7回…」


116:2015/03/03(火) 19:23:27.23 ID:2FV26h2i0

カナ「そうか…。しょうがないねえ」

カナ「自分が今何をしてるか、大きな声で説明してごらん? そしたら、私がしてあげるよ」

ケイコ「本当!?」

カナ「ああ、だから早く始めなさい」

ケイコ「う、うん」クパアッ

ケイコ「私は今、友だちの目の前でオ○ニーをしています…」

ケイコ「服を全部脱いで、おっぱいとオマ○コを友だちに見せ付けて…」

ケイコ「その視線を感じながら、オマ○コとクリ○リスを弄っています」クチュクチュ


117:2015/03/03(火) 19:26:13.72 ID:2FV26h2i0

カナ「ちなみに、どんな事を考えてオ○ニーしてる?」

ケイコ「カナに、オマ○コとクリ○リスをメチャクチャに攻められる妄想を…//」

ケイコ「ダメって言っても、カナは激しく指を動かし続けて…」

ケイコ「私は涎を垂らしながら、恥ずかしい顔をしてイッちゃうんです//」

カナ「なるほど…」

カナ「その妄想、現実にしてやろうじゃないか!」クチュクチュ

ケイコ「はあああああんんんっ!!」ビクビク プシャーッ

カナ「おいおい、早速潮吹きか! こんな事で、私のテクに耐えられるのか!?」グチュグチュグチュグチュ

ケイコ「イッ、イッてる、またイッてるのおおおお!!」ガクガク


118:2015/03/03(火) 19:29:35.29 ID:2FV26h2i0

カナ「気持ちいいだろ、もっと激しくしてやるからな!」グイーン

ケイコ「あああああああっ!! バ、バイブがクリ○リスを擦ってるううう!!」

カナ「ほら、メス犬みたいにだらしない顔を晒してイケ!」グググッ クチュクチュ グチュ

ケイコ「おおおおおっ、イ、イグううううう!!」チョロチョロッ… ガクッ

カナ「これで二人目…。お漏らしの後処理は大変そうだな。さて…」

リコ「」ピク ピク

カナ「あらら、こっちは大洪水。とっくに気絶してたみたいだな」クチュクチュ

リコ「」ビクンッ

カナ「これで全員…。はあ、つっかれた〜」ドサッ


119:2015/03/03(火) 19:31:59.58 ID:2FV26h2i0

藤岡「南! あっ…//」

カナ「おーう、藤岡ー。あんまり皆を見ないでやってくれよ〜」

藤岡「う、うん」ギュッ

カナ「とりあえず、私の乙女は守られ…」パタッ

藤岡「あれ、南?」

カナ「くう、くう…」

藤岡「疲れて寝ちゃったのかな…。でも、この体制は…」

藤岡(俺が南を膝枕する感じに…。いや、ここは平常心で耐えるのが男!)

カナ「藤岡あ〜、ありがと…♪」ムニャムニャ

藤岡「…落ち着け、冷静になるんだ、藤岡」


122:2015/03/04(水) 17:43:03.80 ID:SlsCTeND0

―翌日―

マコちゃん「お邪魔します!」

チアキ「よく来てくれたな、マコちゃん」

マコちゃん「チアキに頼まれた物、色々持って来たから!」ドサッ

チアキ「おお、これは凄い数だ」

マコちゃん「だろ!?」

カナ「…おいマコちゃん、お前は何をしに来たんだい?」

マコちゃん「え? チアキに色々教えに…」

カナ「こんな物持って来て、ナニを教えるつもりだ!?」つバイブ


123:2015/03/04(水) 17:44:46.08 ID:SlsCTeND0

マコちゃん「あ、そうだ。俺、チアキに謝らなくちゃいけない事が…」

カナ「話を聞きなさいよ!」

チアキ「うるさいぞカナ。それで、謝る事って?」

マコちゃん「その…。実は俺、マコトなんだ!」

チアキ「…」

カナ(ふぁっ!?)

マコちゃん「今まで黙っててごめん! こういう事になったから、正直に言わないとって…」

チアキ「別にいいぞ」

マコちゃん「え!?」


124:2015/03/04(水) 17:47:40.71 ID:SlsCTeND0

チアキ「マコトだろうとマコちゃんだろうと、今私の大切な友人であると言う事に変わりは無い」

マコちゃん「チアキ…!」ジーン

カナ(チアキの奴、随分心が広くなって)

チアキ「ところでマコちゃん、この団子みたいなのは何だ?」

マコちゃん「これは、お尻に挿入れる奴で…」

チアキ「お尻だと? ううむ、痛そうだな…」

カナ(ま、二人の仲が良いに越した事は無いか。細かい事には目を瞑ろう)

カナ(おかしなおもちゃを前に真剣に議論しているのも、細かい事だ、うん)


125:2015/03/04(水) 17:51:20.34 ID:SlsCTeND0

チアキ「こんな所か…。今日はありがとう、マコちゃん」

マコちゃん「どう致しまして! 俺にできる事があったら何でも言ってくれよ、じゃあな!」タッタッタッ

カナ「…言いたい事は割とあるけど、チアキがマコトを認めるとは思わなかったよ。散々バカ野郎だの何だの言ってたのに」

チアキ「お前は何を言っている?」

カナ「だから、マコちゃんが同じクラスのマコトだって…」

チアキ「どこをどう聞いたらそういう話になる。大体、マコちゃんとあのバカ野郎では似ても似つかないだろうが」

カナ「だって、マコちゃんはマコトだって…!」

チアキ「それほど理解力が無い奴だったとは…。まあいい、私が教えてやろう」

カナ「何をだよ?」


126:2015/03/04(水) 17:55:29.09 ID:SlsCTeND0

チアキ「マコちゃんの発言の真意、それは…」

カナ「…」ゴクッ

チアキ「マコちゃんは、マコトと言う名前の男、つまり『男の娘』だったと言う事だ」

カナ「…ああ〜…」

チアキ「そう考えれば、今までのおかしな行動にも納得が行く」

チアキ「今回の件をきっかけに、マコちゃんは自分が男である事を告白しようと考えたのだろう」

チアキ「別に、私はそんな事気にしないのにな。マコちゃんは大切な友だちなんだから」

チアキ「それにマコちゃんのおかげで、今度の決戦に臨める。早く三人を元に戻さないと…」

カナ(…マコト、お前死ぬまで男に戻れないかもな)


127:2015/03/04(水) 18:57:27.96 ID:SlsCTeND0

―翌日、みなみけ―

内田「お邪魔しまーす」

吉野「お邪魔します」

トウマ「来たぞチアキー」

チアキ「皆、よく来てくれたな。では早速始めるぞ」

内田「それで、最初はどういう組み合わせにするの?」

チアキ「今日は私と内田、吉野とトウマにしたいと思う」

トウマ「へえ、珍しいな」

吉野「それじゃあ、今日は本気でトウマをイカせられるんだね」ニコッ

トウマ「それはこっちのセリフだ! 10秒でアヘらせてやるぜ!」


128:2015/03/04(水) 18:59:45.25 ID:SlsCTeND0

チアキ「私と内田は部屋に行くから、二人はここで存分にするといいよ」

吉野「うん」

トウマ「ああ!」

チアキ「じゃあ行くぞ、内田」

内田「うん、チアキ…//」

チアキ「ちなみに、今日の優勝商品はハルカ姉さまのおやつだ。優勝者が四人分食べられる」

トウマ「やった!」


129:2015/03/04(水) 19:04:16.06 ID:SlsCTeND0

カナ(なるほど、定期的におかしな大会でもやってたって事か)

カナ(しかし、チアキに頼まれたからとは言え、その同級生の情事を見ると言うのは気が進まないねえ)

吉野「んっ…」チュッ

トウマ「ふっ…」クチュ

吉野「チュッ、レロッ、ジューッ…」

トウマ「ジュルルッ、レロレロ、チュー…」

吉野「ふぁあ…、トウマの唾液、あまぁい…//」

トウマ「オレたちの相性が良い証拠だよ、それは」

吉野「ふふっ、トウマくんってキザだね」

トウマ「好きな女の前だからな」チュッ

吉野「あっ…//」


130:2015/03/04(水) 19:08:13.61 ID:SlsCTeND0

トウマ「どうした吉野、されるがままじゃないか」モミモミ

吉野「そんな、おっぱいつまんじゃダメ…//」

トウマ「吉野の胸は柔らかいな、ずっと触っていたくなる」モミモミ コリッ

吉野「ひううっ! ち、乳首ぃ//」

トウマ「ここがいいのか? 良いんだぞ、すぐにイッても」コリッ クリクリ

吉野「あううんっ! クリちゃんいじめちゃらめえ!」

トウマ「濡れて来てるぞ、遠慮しないでイッちまえよ!」グチュグチュ

吉野「ふわあああっ!! …なーんてね♪」モミモミッ クリクリッ

トウマ「ひゃっ、やあああああん!!」ビクビク


131:2015/03/04(水) 19:12:35.30 ID:SlsCTeND0

吉野「うふふっ。ほんとは皆の中で一番敏感なの、知ってるんだから」クチュクチュ

トウマ「あんっ、ひゃううっ、はあああっ//」

吉野「だからこそ、自分から攻めて行く。攻撃的なスタイルと男の子らしさは、弱い自分を隠す為にある」クリクリッ

トウマ「んんんっ!! ク、クリ○リスいじるなぁ…//」

吉野「だんだん良い声が出て来たね。もっとエッチになっても良いんだよ?」グチュグチュ

トウマ「あんっ、いい、イイッ!!」

吉野「ほら、トウマのオマ○コこんなにビショビショ…♪」ペロッ

トウマ「あっ…//」

吉野「トウマの愛液、しょっぱくて美味しい//」

トウマ「//」


132:2015/03/04(水) 19:15:22.74 ID:SlsCTeND0

トウマ「くそっ、負けるか!」グチュクグチュ

吉野「んんっ、ああん!」

トウマ「ほら、早くイッちまえよ!」

吉野「そ、そう言うトウマこそ…」グチュグチュ

トウマ「あうっ、ひゃうんっ、んんっ、はあっ!」

吉野「あんっ、あんっ、はううっ、やぁんっ!」

トウマ「も、もう、オレ…!」

吉野「わ、私も…//」

トウマ「イク、イクッ、オマ○コイクううう!」プシャーッ

吉野「イッちゃう、だらしない顔しながらイッちゃうのおおお!」プシャーッ


133:2015/03/04(水) 19:17:29.08 ID:SlsCTeND0

吉野「はあ、はあ…//」

トウマ「ふう、ふう…//」

チアキ「あれ、もしかして二人同時にイッたのか?」

トウマ「ああ…。そっちはチアキが勝ったみたいだな」

チアキ「そうだ。…今ならちょうどいいな」カチャカチャ ギュッ

吉野「!?」

トウマ「おい、チアキ何を…!」

チアキ「目隠しと手錠をしただけだ。そんなに騒ぐな」


134:2015/03/04(水) 19:19:38.66 ID:SlsCTeND0

トウマ「騒ぐなったって…!」

チアキ「うるさい奴だ」ギュウッ

トウマ「んむ゛っ!?」

チアキ「猿轡だよ。吉野にも」ギュウッ

吉野「んんっ…!」

チアキ「どうやら、事はすんなり行きそうだな。さて…」ズプウッ

トウマ「んぐう!?」

吉野「んんんっ…!」


135:2015/03/04(水) 19:25:31.45 ID:SlsCTeND0

チアキ「マコちゃんが厳選してくれた、オマ○コとア○ル用バイブだ。気が狂わないように注意しろよ」カチッ ガガガガガッ

吉野「ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛ん゛っ!!!?」

トウマ「うががががががががっ!!!!」

チアキ「そうか、そんなに気持ちいいか。身を激しくよじらせて」

吉野「ふごっ、はがああああ!!」

トウマ「うごおっ! うぐぐぐぐっ!!」

チアキ「五分ほどすれば意識も飛ぶだろう。私は手を汚さずして、目的を達せられる」

吉野「…………♪」ビチャビチャ ジョー

トウマ「」ガクガクガクガク チョロチョロ

チアキ「漏らし始めたな。内田もそうだったが、これで任務は完了だ」

チアキ「これで、今まで通りの日々が戻る…」ジーン

カナ(いいシーンっぽくしたいようだが、どう見てもハードSMの絵面なんだよなあ…) 


136:2015/03/04(水) 19:27:07.07 ID:SlsCTeND0

速水「さーて、みんなが無事百合から脱出した事を祝って…」

かんぱーい!

ハルカ「さあみんな、飲んで飲んで」

チアキ「全部ちゃんとしたジュースだから、安心するといいよ」

吉野「そんな事言われても…」

トウマ「オレ、今食欲無い…」

カナ(そりゃあ、あれだけの事をされればねえ…)


137:2015/03/04(水) 19:29:29.10 ID:SlsCTeND0

リコ「それにしても…、今回の騒ぎはなんだったのかしら?」

ミユキ「何でもいいんじゃないかな〜? んー、美味しい〜♪」

ケイコ「ニュースでも色々やってたけど、今はどうなってるんだろう?」

マキ「まあまあ、細かい事はいいじゃないの。さ、アツコも飲むのよ!」トクトク

アツコ「あの、こんなに飲めない…」

ナツキ「」ゴクゴク

ヒトミ「おいナツキ! それ、私のコップ…」

ナツキ「そうか、悪いな」スッ

ヒトミ(! こ、これって間接キス…!)


138:2015/03/04(水) 19:32:21.47 ID:SlsCTeND0

内田「ほらほら、藤岡くんも飲みなよ〜」

藤岡「い、いいのかな、オレなんかが混ざっちゃって…」

カナ「いーのいーの、学校でケイコたちから散々守ってもらったからな。感謝してるぞ」

藤岡「南…!」

チアキ「しかし、マコちゃんがこれないのは残念だったな」

カナ「あー、何か重要な用事だって言ってたけど…」

カナ「まあ、いない奴の事を気にしてもしょうがないさ」


139:2015/03/04(水) 19:35:19.06 ID:SlsCTeND0

カナ「さあ藤岡、コップを出しなさい。今回の功績を称えて、カナ様が酌をしてやろう」

藤岡「えっ…、ええっ!?」

カナ「なんだ藤岡、私のは受けられないとでも?」

藤岡「そ、そうじゃないけど…。そうだ、とりあえずテレビつけるね!」ピッ

カナ「あっ、おい、ごまかすな…」

ケイコ「あれ、これって今回の件のニュースだよね?」

ハルカ「そうみたいね」ジーッ


140:2015/03/04(水) 19:40:36.52 ID:SlsCTeND0

ニュースです、百合ウィルスの勢力が、急激に衰えだしました

○○大学の研究者がこのウィルスに対する新発見をした為で

同大学の○○氏によると、特定の男性に強大な恋愛感情を持っている女性は、このウィルスに感染しない事が明らかになり

詳しい研究を進めた結果、強い恋愛意識を持った時と同じホルモンバランスにする薬を服用する事で、百合ウィルスを除去できるとの事です

同大学では、百合ウィルスに関する研究を更に進め、根本の原因である百合からのウィルス発生を防ぐ仕組みを…


141:2015/03/04(水) 19:41:58.47 ID:SlsCTeND0

チアキ「…つまり、どういう事だ?」

ハルカ「要するに、凄く好きな男の子がいる女の子は…」ジーッ

カナ「…」

マキ「百合ウィルスには感染しないって事よ〜♪」ジーッ

ヒトミ「…//」


142:2015/03/04(水) 19:43:09.52 ID:SlsCTeND0

ハルカ「ねえ、カナ〜」

カナ「な、何!?」

マキ「ねえ、ヒトミ〜」

ヒトミ「な、何スか!?」

ハルカ「カナの好きな男の子って…」

マキ「ヒトミの好きな男の子って…」

ハルカ マキ「「だ〜れ?」」ニコニコ


143:2015/03/04(水) 19:44:15.59 ID:SlsCTeND0

カナ「うっ…」チラッ

藤岡「?」

ヒトミ「えっと、それは…」チラッ

ナツキ「?」

カナ「…ヒトミちゃん」

ヒトミ「…カナ」コクッ

マキ「? 二人とも何を…」


144:2015/03/04(水) 19:46:16.74 ID:SlsCTeND0

カナ ヒトミ「「」」ダダダッ

ハルカ「あっ、逃げた!」

マキ「こら、待て〜!」

アツコ「二人とも、どうするんだろ…?」

速水「…」タラーッ

アツコ「速水先輩?」

速水「いやね、あの二人がまだ感染してないとは思ってなくて〜」

速水「面白半分で持って来てたのよ…。百合の花束を」

アツコ「!」


145:2015/03/04(水) 19:48:28.54 ID:SlsCTeND0

チアキ「と言う事は…、まさか!」

アツコ「で、でも、ウィルスは好きな男の子がいる人は…」

速水「今までのウィルスなら、ね。けど、もし突然変異を起こしたウィルスが偶然あの花束についていたら…」

チアキ「なっ!」ダッ

アツコ「チアキちゃん!」ダッ

速水「…まあ、そんな訳無いと思うけどー♪」ゴクゴク

速水「面白そうだし、私も見に行こー」タタッ


146:2015/03/04(水) 19:50:05.01 ID:SlsCTeND0

カナ ヒトミ「「…」」

ハルカ「カナ!」

マキ「ヒトミ!」

カナ ヒトミ「「」」クルッ

チアキ「あっ…」

アツコ「二人とも、目が…」

速水「…あれ? もしかして…」


147:2015/03/04(水) 19:52:03.06 ID:SlsCTeND0

カナ「ハルカ〜、チアキ〜♪」ニヤニヤ

ハルカ チアキ「「ひっ…!」」

ヒトミ「マキせんぱ〜い、アツコせんぱ〜い」ニヤニヤ

マキ アツコ「「えっ…」」

カナ ヒトミ「「私と気持ちいい事しましょ〜!!」」

ああ〜っ!!

―END―


148:2015/03/04(水) 19:55:40.09 ID:SlsCTeND0

―次回予告―

好きな男の大暴露大会を避ける為、百合ウィルスに感染すると言う暴挙に出たカナとヒトミ

偶然にも突然変異したウィルスが彼女たちの体内に入り、もくろみ通り二人は百合と化してしまう

更に、そのウィルスは二人を媒介し、元に戻ったみなみけ、そして全国へと広がって行った

ようやく落ち着きを取り戻してきたはずのみなみけが、再び百合色に染まっていく…

次回『百合の香りに染まる家』

―百合のおかわりは、御利用ですか?―


149:2015/03/04(水) 19:57:16.88 ID:SlsCTeND0

完結、別のネタを幾つか挟んでから次回をやる

次はヌけるエロシーンを目指す

では


150:2015/03/04(水) 22:30:37.80 ID:yZeFmGSKO


面白かったけど好き同士がチュッチュしてくれないとエロくないよなエロいけどww


151:2015/03/05(木) 22:35:32.51 ID:OTfE5hlc0

次はホモウィルスで書くんだよあくしろよ


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1425034050/

→→もっとみなみけを読む←←