1:2016/09/13(火) 01:03:35.06 ID:PgMF1Wr+0

時系列などは少しいじってます


【出会い】


卯月「ってことがあって〜」


トレーナー「あら、そんなことが……。それなら、レッスン頑張らないとね」


卯月「はいっ! 島村卯月、がんばりまーすったたた」


トレーナー「無理しちゃだめよ?」



「ひぐち君。彼女が?」


「はい、男爵様」


トレーナー「?」


「もし、そこのマドモアゼル」


トレーナー「あの、受付は……」


「おお、これは失礼」





卯月「いっちにっさんしっ」


「もし、そこのマドモアゼル」


卯月「えっ?」


「失礼するよ」


卯月「だ、誰……?」







山田ルイ53世「ルネッサーンス!!!」


卯月「ママー!!」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473696214



2:2016/09/13(火) 01:04:43.53 ID:PgMF1Wr+0



【プロデュース】


山田ルイ53世「いや、驚かせてすまない。吾輩はこういうもので」


ひぐち君「これをどうぞ。男爵様の名刺でございます」


卯月「シンデレラプロジェクト……ぷ、プロデューサーさん!?」


山田ルイ53世「そうだ。吾輩はお供のひぐち君と一緒に、プロデュース活動を行っているんだ」


卯月「そ、そうなんですか……」


山田ルイ53世「そして、今日は……」


ひぐち君「君をスカウトしに来たんだ!」


山田ルイ53世「いやセリフとんなやー(チーン)」HAHAHAHA


卯月(だ、大丈夫かなぁ?)


山田ルイ53世「今日はあくまでも説明のために来たんだ。もし了承するなら、後日きちんと書類を持って来よう」


ひぐち君「男爵様、顔が怖いから断られること多いですもんね」


山田ルイ53世「いやいまそれ言わんでええやないかーい(チーン)」HAHAHAHA


卯月(す、少し考えたほうがいいかな……? で、でもスカウトだし……)


山田ルイ53世「コホン。では、吾輩たちはこれにて失礼」


ひぐち君「男爵様、こちらです」


卯月「あ、いっちゃった……」




3:2016/09/13(火) 01:05:29.73 ID:PgMF1Wr+0



【警察】


警察「ちょっと君! 君がこの子を泣かせたんじゃ!」


男の子「うえーん!」


「…………」


山田ルイ53世「おっとひぐち君。どうしたんだいそんな顔をして」


ひぐち君「男爵様。あの子、どうでしょうか?」


山田ルイ53世「……なるほど」





警察「君、ちょっと来てくれるか?」


「だから、私はやってないって」


山田ルイ53世「失礼。マドモアゼルが困ってるじゃないか」


警察「な、なんだあんたたちは!」


ひぐち君「男爵様に対して、なんて失礼な言葉を!」


山田ルイ53世「おお、ひぐち君。そんなに怒らないでくれ」


ひぐち君「この少女より、この小太りのおっさんのほうが!」


山田ルイ53世「お前のほうが失礼やないかーい!(チーン)」HAHAHAHA


警察「本当になんなんだ……」




4:2016/09/13(火) 01:06:31.44 ID:PgMF1Wr+0



【スカウト】


なんやかんやで助けられた


山田ルイ53世「マドモアゼル、お名前は?」


「…………渋谷凛」


山田ルイ53世「渋谷凛。いい名前じゃないか。吾輩は山田ルイ53世。そしてこっちが」


ひぐち君「ひぐちカッター!」


山田ルイ53世「いやなのれやー(チーン)」HAHAHAHA


凛「……何者?」


山田ルイ53世「おお、自己紹介が遅れた。吾輩たちはアイドルのプロデューサーで」


凛「……悪いけど、アイドルになんて興味ないから」


スタスタ


ひぐち君「あっ……。男爵様、行ってしまいましたが」


山田ルイ53世「いいんだひぐち君。まだ考える時間が必要だ」


ひぐち君「逃げられた、言い訳ですか?」


山田ルイ53世「いや煽るなやー(チーン)」HAHAHAHA


山田ルイ53世「彼女は光る。あの制服……マドモアゼルの高校はこの近くか」


ひぐち君「制服を覚えてるなんて、変態ですね」


山田ルイ53世「だから煽るなやー(チーン)」HAHAHAHA


山田ルイ53世「以前芸人の知り合いから聞いたんだよ。吾輩に他意はない。それよりひぐち君、彼女のところへ行こうか」


ひぐち君「はい! 男爵様!」




7:2016/09/13(火) 01:11:36.79 ID:PgMF1Wr+0

>>6
訂正


【学校前で】


凛「…………」


(ルネッサーンス!)


凛「…………はぁ」


「ねーねー聞いた?」
「何々?」
「校門の前に、男爵が来てワイングラスでワイン飲んでるんだってー」
「えーほんとー? ていうか男爵ってなにー?」


凛「!」






ひぐち君「男爵様! こちら、芳醇なワインでございます!」


山田ルイ53世「おお、すまないねひぐち君」


ひぐち君「さっきそこのコンビニで買ってきた、ファンタですけど」


山田ルイ53世「いやワインじゃないんかーい!(チーン)」HAHAHAHA


山田ルイ53世「ひーぐちくーん。ワインじゃないなら初めからそういいなさーい」


ひぐち君「実は、これには深いわけが……」


山田ルイ53世「おお事情が変わった続けて」


ひぐち君「だって……。みなさんにふるまえないじゃないですか!」


山田ルイ53世「それやったら最初からいえやー(チーン)」HAHAHAHA


ひぐち君「ささ、みなさんどうぞ!」


山田ルイ53世「話きけやーい!(チーン)」


「「HAHAHAHAHAHAHA……」」


山田ルイ53世「ボンジュール!」



「おもしろーい!」
「わたしものみたーい!」
「わたしもー」



凛「…………なにあれ」





8:2016/09/13(火) 01:17:02.66 ID:PgMF1Wr+0



【あの看板のアイドル】


山田ルイ53世「アイドルになってみるきはないか?」


凛「興味ないから」


山田ルイ53世「あぁ、マドモアゼル……」






ひぐち君「次の日!!」







山田ルイ53世「アイドルになってみるきは」
凛「ないから」


山田ルイ53世「うぅむ……。また断られてしまった……」


ひぐち君「男爵様、少し落ち着かれては?」


山田ルイ53世「そうだったひぐち君ありがとう」


ひぐち君「こちら、あっつあつのほうじ茶となっております」


山田ルイ53世「いやチョイス考えろやー(チーン)」HAHAHAHA


山田ルイ53世「普通こういう時は気分を落ち着かせるような紅茶とかだろう!」


ひぐち君「なら、お香とか?」


山田ルイ53世「なんでやねーん(チーン)」HAHAHAHA


楓「お香をここにおこう……フフッ」


ひぐち君「男爵様、ハーブティーです」


山田ルイ53世「いや今の人誰やねーん(チーン)」HAHAHAHA





9:2016/09/13(火) 01:18:02.79 ID:PgMF1Wr+0


【返答を聞きに】


山田ルイ53世「ルネッサーンス!!」


卯月「わぁ! あ、プロデューサーさん!」


山田ルイ53世「それで、返答はどうだね?」


卯月「私、アイドルになります! 島村卯月、がんばります!」


ひぐち君「その言葉を待っていた! 一緒に頑張ろう!」


山田ルイ53世「だからセリフとんなやー(チーン)」HAHAHAHA


卯月「は、はは……」




山田ルイ53世「……以上で、手続きは終わりだ。他に何か質問はあるかね?」


卯月「えっと……今日は、何をすればいいですか?」


ひぐち君「それではレッスンを!」


卯月「はい! 頑張りますっ!」


ひぐち君「明日もレッスンを!」


卯月「はい!」


ひぐち君「明後日も!」


山田ルイ53世「いやレッスンしすぎやろー(チーン)」HAHAHAHA


山田ルイ53世「ひーぐちくーん。冗談でもそういうことをいったらだめだよー」


卯月「えぇ!? 冗談だったんですか!?」


山田ルイ53世「貴族のコンツェルンジョークだよHAHAHA。今日はレッスンも切り上げて、アイドルになったことを家族に報告してはどうかな?」


ひぐち君「わかりました!」


山田ルイ53世「いやお前じゃないわー(チーン)」HAHAHAHA





11:2016/09/13(火) 01:19:29.52 ID:PgMF1Wr+0



【伝染】


帰路の途中


卯月「デビュー……デビュー! あ、お花かぁ……」



卯月「こんばんはー」


凛「いらっしゃいませー」


卯月「〜♪」


凛「……なにかあったんですか?」


卯月「実は、とてもいいことがあって……えへへ」


卯月「白馬の王子様じゃなくて、男爵様がきて……」


凛(……男爵? 最近男爵って名前ばっかり……)


卯月「とにかく、私にとって、すっごくうれしい記念日なんです!」


凛「じゃあ、これなんてどうですか?」


卯月「わぁ……!」


――ひぐちカッター!


卯月「いまのなんやねーん……エヘヘ」


凛「???」





12:2016/09/13(火) 01:21:22.46 ID:PgMF1Wr+0


【再チャレンジ】


なんとかカフェに連れてきた


山田ルイ53世「マドモアゼル、アイドルになる気になったかい?」


凛「あのさぁ、そもそも私の何をみて、アイドルになれっていってるわけ?」


ひぐち君「その胸です!」


山田ルイ53世「セクハラやないかーい!(チーン)」


山田ルイ53世「ひぐちくん! 流石に笑えないよ!」


凛「帰っていい?」


山田ルイ53世「ああ、待ってくれ。違うんだ」


山田ルイ53世「マドモアゼル、君は何か夢中になったことがあるかい?」


凛「……。……ないけど、それが何か関係あるわけ?」


ひぐち君「アイドルは、その『何か』になれるかもしれません」


山田ルイ53世「君の夢中になれるものを見つける、手伝いもできると思うんだ」


ひぐち君「でも何かってなんでしょうね」


山田ルイ53世「マジメにスカウトせえやーい!(チーン)」HAHAHAHA



13:2016/09/13(火) 01:23:07.91 ID:PgMF1Wr+0


【考えると、ダメに】


凛「…………」


山田ルイ53世『流石にすぐの返事は難しいであろう。吾輩とひぐち君の名刺を渡そう』


ひぐち君『こちらです』


山田ルイ53世『気持ちが決まったら、どちらでもいいので電話するといい』


『『ルネッサーンス!!!』』


凛「…………うさん臭すぎる」


凛「あの恰好じゃなかったら、多少は……」


『いい名前じゃないか』


『ひぐちカッター!』


『いやワインじゃないんかーい!(チーン)』


凛「……不安すぎる」




14:2016/09/13(火) 01:25:20.26 ID:PgMF1Wr+0



【突然の再会】


凛「…………」


凛(風に当たっても、気分は晴れないな……)


ハナコ「ハッハッ……!」


凛「あ、ハナコ!」


卯月「わぁ!」


凛「だ、大丈夫ですか!?」


卯月「あ、花屋の!」


凛「あ、お客さん……」





卯月「そうなんですか……」


凛「……うさん臭くて、大丈夫なのかが心配で……」


――物陰


ひぐち君「信用されてませんね、男爵様」


山田ルイ53世「いやお前もやないかーい!(チーン)」HAHAHAHA




15:2016/09/13(火) 01:26:29.32 ID:PgMF1Wr+0



【その笑顔が決め手】


卯月「アイドルですか!?」


凛「いや、まだやるっていったわけじゃ……それに、アイドルなんて興味ないし……」


卯月「えええええ!? ……どうして、やらないんですか?」


凛「そ、それは……」







凛「流石にあのプロデューサーにプロデュースされるのは」


卯月「あ、あはは……」


卯月「でも……」





卯月「もっといいことがあると思うんです! 絶対!」


卯月「キラキラした、世界が!」


凛「!!」




――物陰


ひぐち君「あの笑顔、えぇかおです」


山田ルイ53世「いやダジャレやないかーい!(チーン)」HAHAHAHA


楓「!!」


山田ルイ53世「だから誰やねーん(チーン)」HAHAHAHA


16:2016/09/13(火) 01:27:56.54 ID:PgMF1Wr+0



【顔合わせ】


山田ルイ53世「うぅむ……。あのマドモアゼルははたしてちゃんと来るのだろうか……」


ひぐち君「男爵様。そろそろ待ち合わせの時間です」


卯月「き、きっと来ますよ! プロデューサーさん!」


「えっと、ここでいいんだっけ?」


卯月「あ! 凛ちゃん!」


山田ルイ53世「……アイドルになってみる気になったのかね」


凛「まだその『何か』はわからないけど、……あんたと一緒なら見つけられると思って」


山田ルイ53世「うむ。では、ささやかではあるが、乾杯といこうじゃないか。ひぐち君。頼んだよ」


ひぐち君「はい男爵様。渋谷さん、島村さん。こちらをどうぞ」


卯月「わぁ!」


凛「ワイングラスにコーヒーって……」


山田ルイ53世「ここは喫茶店であるからな。ではみなのもの、いいかな?」




「「ルネッサーンス!!」」


卯月「ルネッサーンスです!」


凛「…………よろしく」


チーン!


おわり




17:2016/09/13(火) 01:28:48.54 ID:PgMF1Wr+0

髭男爵が脳内にささやいたので書きました。アニメシンデレラガールズ1話を元にしています。
拙い文章でしたが、読んでいただきありがとうございました。



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1473696214/