2:2013/04/30(火) 23:42:26.92 ID:8fRSg4SAO



―訓練場 対人格闘術―

ミカサ「エレン。ちょっと、こっちを向いて。」

エレン「んっ? 何だ?」クルッ

ミカサ「前髪にゴミがついてる。」

エレン「えっ? あぁ。多分、さっきジャンに倒された時だな。」

ミカサ「少し、じっとして。」サッ

エレン「う、うん。」

ミカサ「もう少しで・・・・・・。」サワサワ

ミカサ「・・・取れた。」

エレン「おっ、サンキュー。」







アニ「・・・。」ジィー

ライナー「何やら嫌な予感g」

ガシッ

ライナー「えっ?」




3:2013/04/30(火) 23:43:00.58 ID:8fRSg4SAO

ライナー「アニ?」

アニ「・・・。」グイッ

ライナー「ちょ、ちょっ! うわっ!」

アニ「・・・。」グワンッ

ライナー「わっ!! ちょっ!! アニ!? アニ!? アニさん!!!?」

アニ「ふんっ!!」スパアァァァンッ

ライナー「うわあぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

アルミン「弧延落!!!?」

ライナー「ああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」



ドッシャアァァァ










5:2013/04/30(火) 23:45:32.56 ID:8fRSg4SAO



―訓練終了後―

ライナー(痛ぇ。受け身取ってなきゃ骨折れてたなぁ。)ズキズキ

キース「では、本日の訓練はこれにて終了とする!!」

一同「「「ありがとうございました!!!!!」」」

キース「明日は今日の倍以上厳しい訓練を予定している!! 各自しっかり休養を取り、今日の疲れを一滴たりとも明日に持ち越さぬよう心がけろ!!」

一同「「「はっ!!!!」」」

キース「ところで、ライナー・ブラウン訓練兵!!」

ライナー「はっ!!」ビシッ

キース「貴様には話がある!! 夕食を済ませたら教官室に来い!!」




6:2013/04/30(火) 23:46:26.12 ID:8fRSg4SAO



ライナー「えっ?」

キース「貴様ぁ!! 『えっ?』とは何だ!? 貴様と私は友人か!?」

ライナー「はっ!! し、失礼いたしました!! 夕食後、速やかにお伺いいたします!!」

キース「それで良い!! では、解散!!」



ザワザワザワ

なんだ?

呼び出し?

ライナー何かしたのか?

ザワザワザワ










7:2013/04/30(火) 23:47:24.47 ID:8fRSg4SAO



―夕食後 教官室前―

ライナー(一体なんだ? 俺、何かしたか?)ソワソワ



コンコンッ



キース『入りなさい。』



ガラッ



ライナー「失礼いたします!! 第104期訓練兵、ライナー・ブラウン!! キース教官殿にお目通し願いたく、参上いたしました!!」ビシッ

キース「うむ。ご苦労・・・・・・場所を変えよう。喫茶室までついて来たまえ。」

ライナー「はっ!!」ビシッ

ライナー「・・・・・・喫茶室?」







―教官達専用の喫茶室―

ガラッ

キース「うむ。幸運な事に無人だな。」




8:2013/04/30(火) 23:49:07.49 ID:8fRSg4SAO



ライナー「???」

キース「座っていたまえ。いま茶を淹れる。コーヒーと紅茶、どちらが好みだ?」

ライナー「い、いえ!! それでしたら、自分がお淹れいたs」

キース「良い。そんなにかしこまる必要はない。」

ライナー「で、ですが・・・。」

キース「今が訓練時間で、場所が訓練場であったなら、貴様・・・・・・いや、君は私に対して最大限の敬意と畏怖を持って立ち会わなければならない。」




10:2013/04/30(火) 23:49:51.39 ID:8fRSg4SAO



キース「だが、生憎と今は訓練時間外。そしてこの場所は皆の憩いの場である喫茶室だ。この場において、君と私の間には何の上下関係も発生しない。」

ライナー「い、いえ!! そんなワケには・・・」オロオロ

キース「強いて何かしらの立場の差異を設けるとすれば、訓練兵の立ち入りが禁じられているこの喫茶室は、私にとってはホームであるが君にとってはアウェイだという点だろう。ならばホームを知り尽くしている私には君をリードする義務がある。従って、飲み物は私が淹れなければならない。」

ライナー「は、はぁ・・・。」




11:2013/04/30(火) 23:50:33.23 ID:8fRSg4SAO



キース「そこで改めて問う。コーヒーと紅茶。どちらが好みだ? 正直に言いたまえ。」

ライナー「・・・・・・で、でしたらコーヒーを。砂糖は入れず、ミルクのみで。」

キース「ほぉ。奇遇だな。私もいつもその飲み方だ。よし、すぐに淹れよう。君は座っていたまえ。」

ライナー「・・・・・・は、はい。」



トポトポトポッ



キース「さぁ、できたぞ。熱いから気を付けるんだ。」コトッ

ライナー「はっ! ありがとうございます!」




12:2013/04/30(火) 23:52:22.22 ID:8fRSg4SAO



キース「そうかしこまらずとも・・・まぁ、急に肩の力を抜けと言われても無理があるか。」

キース「では、明日も早いからな。さっさと話を済ませよう。」

ライナー「はっ!」

キース「単刀直入に尋ねる。ライナー・ブラウン訓練兵。ここ最近、君がイジメに遭っているという噂が耳に入った。その真偽のほどを尋ねたい。」

ライナー「はっ!? イジメ・・・でありますか?」

キース「うむ。主に対人格闘術の訓練において、訓練の範疇を超えた過度の投げ技や蹴り技を受けていると聞く。そして、それを行っている者の名前もな。」




15:2013/05/01(水) 00:01:04.46 ID:PyFfWl2AO



ライナー「そ、それは・・・」

キース「心当たりがあるんだな?」

ライナー「はぁ・・・まぁ・・・」

キース「そうか。」

ライナー「し、しかし教官殿!! 俺は、あっ、失礼いたしました!! 自分は、決してそれをイジメだなどと認識してはおりません!! どうか、その当該人物への懲罰等は・・・」

キース「分かっている。君からの情報だけで全てを判断するつもりはない。」

ライナー「そうですか。」ホッ




16:2013/05/01(水) 00:01:36.04 ID:PyFfWl2AO



キース「もとより、対人格闘術の訓練はそういったトラブルが発生しやすいのだ。」

ライナー「本当ですか?」

キース「あぁ。なにせ訓練兵同士が直接体をぶつけ合う唯一の場だからな。そして、当然ながら人には得手不得手がある。格闘術に秀でた者が相手を圧倒していたとしても、それが悪意のある暴力なのか、単なる力量差がもたらす勝敗という結果なのか、そこの線引きは極めて難しい。」

ライナー「なるほど。」




17:2013/05/01(水) 00:02:06.82 ID:PyFfWl2AO



キース「さて。その点を踏まえた上で再度問う。君はイジメの実感はないと言うが、では訓練中に受けた当該の行為には正当性が認められると、そう認識しているのかね?」

ライナー「それは・・・」

キース「誘導尋問をするつもりはない。しかし、イジメという物は被害者と加害者がいて初めて成立するというほど単純でもない。被害者、この場合は君だな。君が何とも思っていなくとも、相手に悪意があればそれはもうイジメないし嫌がらせと呼ばざるを得ない。」




18:2013/05/01(水) 00:04:23.82 ID:PyFfWl2AO

キース「そして、それが日常化するとその習慣は周りにも伝播する。すなわち、訓練兵の間でイジメが横行するという事だ。もし仮にその被害者と加害者が調査兵団に志願したとしよう。どうなると思う?」

ライナー「・・・・・・チームワークが乱れます。」

キース「そうだ。チームワークは調査兵団の命。それが瓦解(がかい)するという事は、すなわち死者数が増大するという事だ。良いかね? 訓練兵間におけるイジメは当人同士の問題に留まらず、将来的には仲間の命すら奪いかねない危険性を孕んでいる。極めて重要かつ危惧すべき問題なのだ。」




19:2013/05/01(水) 00:05:16.91 ID:PyFfWl2AO

キース「だからこそ、こうして慎重に聞き取りを行っている。まるで同期を疑う事を強要されているかのような不快感を覚えたかも知れないが、どうか理解して欲しい。」

ライナー「・・・・・・はい。もちろんであります。」

キース「では、よく考えて答えてくれ。訓練中、君に対してイジメはあったか、なかったか。」

ライナー「・・・。」

キース「・・・。」

ライナー「・・・。」

キース「・・・。」

ライナー「・・・。」

キース「・・・。」

ライナー「・・・・・・あの・・・」




20:2013/05/01(水) 00:06:05.84 ID:PyFfWl2AO



キース「ん?」

ライナー「・・・・・・イジメは・・・ありません。」

キース「ほぉ。」

ライナー「その・・・加害者とされる人物について、教官殿と自分の頭にはおそらく同じ人物が浮かんでいる事と思います。それを前提として自分の所見を申し上げるなら、確かにその者の行為に正当性は認められません。」

キース「ふむ。」

ライナー「・・・ですが、その行為に悪意があったかどうかとなると・・・・・・」

キース「・・・ない、と?」

ライナー「・・・はい。」

キース「しかるに、それはイジメではない?」




21:2013/05/01(水) 00:06:59.39 ID:PyFfWl2AO



ライナー「はい。」

キース「なぜそう言い切れる?」

ライナー「“なぜ”・・・でありますか?」

キース「そうだ。限度を超えた行為、すなわち暴力を振るわれていながら、なぜ悪意がないと言い切れる?」

ライナー「それは・・・・・・。」

キース「何か根拠があるのかね?」

ライナー「根拠は・・・・・・ありません。ですが・・・分かります。」

キース「なぜだ? なぜ悪意がないと分かる?」









ライナー「仲間だからです。」












22:2013/05/01(水) 00:08:57.05 ID:PyFfWl2AO



キース「・・・。」

ライナー「・・・。」

キース「・・・。」

ライナー「・・・あの、教官殿。」

キース「ん?」

ライナー「・・・不躾な質問をする事をお許し下さい。教官殿は八つ当たりや、自分の都合を優先して誰かを傷付けたという経験は、おありではないですか?」

キース「ふふっ。愚問だな。もちろんある。私とて人間だ。」

ライナー「ですよね・・・・・・俺も、あっ、自分も」

キース「もう良い。気を楽にして話なさい。俺という一人称を認める。」




23:2013/05/01(水) 00:10:46.23 ID:PyFfWl2AO



ライナー「・・・・・・すいません。俺も、そういった経験はあります。その・・・数年前、自分の都合で大勢の人々に迷惑をかけ、傷付けました。」

キース「・・・深くは訊かない方が良いか?」

ライナー「・・・すいません。ご勘弁を。」

キース「分かった。では、続けたまえ。」

ライナー「はい。だから、その・・・分かるんです。そんなつもりじゃなくても誰かを傷付けてしまう事は確実にあります。」

ライナー「いや、違うな。誰かが傷付くと分かっていても果たしたい目的があったり、あるいはそうしないと頭がイカそうな焦燥に駆られる場面って、確実にあると思うんです。」




24:2013/05/01(水) 00:15:26.14 ID:PyFfWl2AO



キース「当該人物が君に暴力を振るったのも、そのような理由があったからだと言うのか?」

ライナー「はい。そうです。まぁ、その理由ってのもホントにチンケな物で、俺からしたらとばっちり以外の何物でもないですし、悪いのは完全にアイツです。けど、人の過ちを“善い・悪い”のどっちかにしか振り分けられないというのは、俺はちょっと違うと思うんです。」

キース「・・・。」

ライナー「“善い”と“悪い”の間の・・・・・・例えば“仕方ない”みたいな項目があっても良いんじゃないでしょうか?」




25:2013/05/01(水) 00:16:01.75 ID:PyFfWl2AO



キース「“仕方ない”、か。」

ライナー「はい。自分の行いを“善い”か“悪い”かだけで判断されるっていうんじゃ、やっぱり息が詰まるじゃないですか? 特に俺達みたいな世間知らずの鼻っ垂れは。」

ライナー「巨人を倒すとか憲兵になって良い暮らしをするとか、大層な目標を掲げていたって所詮は鼻垂らした世間知らずな子供です。俺もアイツも他の同期達も。」




26:2013/05/01(水) 00:16:29.91 ID:PyFfWl2AO



ライナー「そんな奴らからすると、普通に考えればそよ風程度の小さな出来事でもハリケーンみたいな大きな衝撃を受ける事だってあります。その結果、少しでも気を落ち着けたくてゆき過ぎた行動をとってしまう事も。」

ライナー「そんな時に、誰かがそれを『仕方ない』って大目に見て、損な役回りを引き受けてやる事でソイツの気が少しでも楽になるのなら、それはそれで良いんじゃないかって、そう思うんです。」

キース「その損な役回りを君が引き受ける、と?」




27:2013/05/01(水) 00:19:30.63 ID:PyFfWl2AO



ライナー「別に進んで引き受けようなんて思ってはいませんけど。ただ、たまたま白羽の矢が立ったのが俺で、その役目ってのが暴力・・・というか、ちょっと荒いジャレ合いに付き合う程度の事であるなら、まぁ、引き受けても良いかなって思ってます。見ての通り、俺は昔から体はそこそこ丈夫な方ですから。」

キース「しかし、それで万が一大怪我に繋がったらどうする?」

ライナー「その時はその時です。そもそも、対人格闘術なんかで大怪我を負うような奴がどうやって巨人と戦うんだって話ですし。」

キース「それはまぁ、そうだが。」




29:2013/05/01(水) 00:20:05.77 ID:PyFfWl2AO



ライナー「それに、アイツだってバカじゃないです。いくらなんでも俺に大怪我を負わせるようなひどいジャレ方はしませんよ。」

キース「言い切れるか?」

ライナー「言い切れます。」

キース「本当か?」

ライナー「本当です。なぜならn」

キース「仲間だから、か?」

ライナー「はい。」

キース「・・・・・・そうか。」




31:2013/05/01(水) 00:23:39.04 ID:PyFfWl2AO



ライナー「ですので、周りに悪影響を及ぼしかねない事をしたって点においては、アイツは何かしらの罰なり注意を受けるべきだと思います。ただ、俺との事に関しては何の問題もありませんので、どうかその分だけ罰を軽くしてやってもらえませんか?」

キース「・・・。」

ライナー「・・・お願いします。」

キース「・・・。」

ライナー「・・・勘弁してやって下さい。」


キース「・・・。」

ライナー「・・・。」

キース「・・・・・・・・・うむ。分かった。」




32:2013/05/01(水) 00:24:11.43 ID:PyFfWl2AO



ライナー「すみません。生意気な事ばかり言ってしまって。」

キース「いや。構わん。率直な意見が聞けて実に良かった。今の話は貴重な参考意見として、今後の調査にも役立てたいと思う。」

ライナー「参考意見?」

キース「あぁ。あくまで“参考”だ。先ほども言った通り、私は君の意見だけを鵜呑みにして事の善悪を判断するつもりはない。近日中に加害者、君の言う“アイツ”なる人物を呼び出し、同様に話を聞く。」

ライナー「・・・そうですか。」




33:2013/05/01(水) 00:25:09.05 ID:PyFfWl2AO



キース「まぁ、しかし、報告を聞く限りではその“アイツ”なる人物は君以外の訓練兵にはそこまで乱暴な事をしてはいないようだからな。おそらく、君の話してくれた内容で大筋は合っている事だろうと思う。ならば、唯一の被害者である君の意向を尊重し、注意及び反省文の提出程度の軽い罰に処するのが適当かと思われる。」

ライナー「本当ですか?」

キース「あぁ。いずれにせよ、悪いようにはせん。」

ライナー「良かった。ありがとうございます!」




34:2013/05/01(水) 00:26:06.19 ID:PyFfWl2AO



キース「うむ。では、これにて君への聞き取りは終了とする。呼びつけて悪かったな。」

ライナー「いえ。悪かっただなんてとんでもない。教官殿とお話ができて良かったです。」

キース「私もだ。ところで、ライナー・ブラウン訓練兵。」

ライナー「はい?」

キース「その砕けた物言いを許可するのは今日この場限りだ。明日からはまた教官と訓練兵の立場に戻る。然るべき言動を取るよう心掛けたまえ。」

ライナー「はっ! 了解いたしました!」ビシッ

キース「うむ。では、行って良し!」

ライナー「失礼いたします!」ビシッ



スタスタスタ






35:2013/05/01(水) 00:27:04.22 ID:PyFfWl2AO



キース「・・・。」

キース「・・・・・・。」チラッ



資料(ライナー・ブラウン。屈強な体格と精神力を持つ。何より仲間から高い信頼を得る。)



キース「・・・・・・“仲間から高い信頼を得る”か。」

キース「要は皆の良き兄貴分といったところだろうな。」









キース「・・・・・・なかなか見込みのある男だ。」










36:2013/05/01(水) 00:34:18.12 ID:PyFfWl2AO



―兵舎 廊下―

ライナー「“善い”と“悪い”の間の“仕方ない”、か・・・・・・」

ライナー(・・・結局それって、俺が一番欲しがってる言葉じゃねぇか・・・)







???「あっ、いたいた。」パタパタパタ

ライナー「ん?」クルッ

クリスタ「ライナー。」

ライナー「おぉ、クリスタ。」

クリスタ「良かったぁ。やっと会えた。」

ライナー「えっ?」

クリスタ「教官のお話は終わったの?」

ライナー「あ、あぁ。」

ライナー(俺に会いたくてずっと待ってたのか!?)

ライナー(・・・って、そんなワケないよな。)

ライナー「どうしたんだ? 何か用か?」

クリスタ「うん。ちょっと渡したい物があって。」

ライナー「渡したい物?」




37:2013/05/01(水) 00:35:02.06 ID:PyFfWl2AO



クリスタ「はい。これ。」サッ

ライナー「ん? これは・・・・・・湿布?」

クリスタ「そう。打ち身によく効くから渡してくれって。」

ライナー「誰が?」

クリスタ「アニが。」

ライナー「えっ?」

クリスタ「それとね、『悪かったって伝えといて』って。」

ライナー「えっ!?」

クリスタ「変だよね。それってきっと訓練の時の事でしょ?」

ライナー「あ、あぁ。そうだろうな・・・」

クリスタ「アニったらね、おかしな事言うの。私が『自分で謝りに行くべきじゃないの?』って言ったら・・・」




38:2013/05/01(水) 00:35:30.43 ID:PyFfWl2AO



ライナー「・・・。」

クリスタ「『私よりクリスタが行った方がライナーは喜ぶから』だって。」

ライナー「ふぁっ!!!?」

クリスタ「よく分からないよね。」

ライナー(あ、アニの奴・・・)

クリスタ「ライナー?」

ライナー「えっ? あ、あぁ。そ、そ、そうだな。変な奴だよ、本当に。」アタフタ

クリスタ「うん。」

ライナー「ま、まぁ、アレだ。変人の考えを無理に理解しようとしても疲れるだけだしな。ここは湿布だけありがたくもらっとくよ。」アセアセ

クリスタ「変人だなんて。アニが聞いたら怒るよ。」




39:2013/05/01(水) 00:36:45.60 ID:PyFfWl2AO



ライナー「おっと。そうだな。口は災いの元だ。」

クリスタ「・・・それよりライナー、体は大丈夫?」

ライナー「体? あぁ、全然平気だ。本当にただの打ち身だし。普段から鍛えてるからな。」

クリスタ「そう。なら良かった・・・・・・あのね、あまりアニの事、悪く思わないでね。」

ライナー「えっ?」




41:2013/05/01(水) 00:38:01.99 ID:PyFfWl2AO



クリスタ「アニもその・・・別に悪気があってやってるワケじゃないと思うの。確かに乱暴だとは思うけど、でもそれはライナーの事を信用してるからだと思うから。何て言えば良いんだろ・・・・・・その・・・子供が拗ねてお兄ちゃんに悪態をつくみたいな・・・」

ライナー「甘えてるって事だろ?」

クリスタ「う、うん。そう。」

ライナー「分かってるよ。」

クリスタ「本当?」

ライナー「あぁ。アイツは無愛想で何考えてるか分からない奴だけど、イジメに走るほど性根は腐っちゃいない。それぐらい分かってるつもりだ。」




42:2013/05/01(水) 00:39:30.09 ID:PyFfWl2AO



クリスタ「そう。なら、良かった。」

ライナー「・・・へへっ。クリスタは本当に優しいな。」

クリスタ「べ、別に優しくなんかないよ! 優しいとか優しくないとかじゃなくて・・・・・・せ、せっかくこうして知り合って一緒に頑張ってるんだから、やっぱり仲良くしたいじゃない。」

ライナー「そうだな。」

クリスタ「うん・・・」

ライナー「とりあえず、心配するなよ。俺はアニの事は何とも思ってないから。クリスタが悲しむような事にはならない。」

クリスタ「うん。分かった。」




44:2013/05/01(水) 00:46:12.00 ID:PyFfWl2AO



ライナー「・・・さっ。もう寝ようぜ。明日の訓練は相当キツいみたいだしな。」

クリスタ「そうだね。ねぇ、ライナー。」

ライナー「ん?」

クリスタ「もし困った事があったら・・・いつでも言ってね。」

ライナー「えっ?」

クリスタ「ライナーって、すっごく頼りになるお兄さんみたいな存在だけど、その分、何でもかんでも溜め込んでパンクしたりしないかなぁって、少し心配になる時があるの。」

ライナー「いや・・・俺は別にそんな・・・」

クリスタ「私はそんなの嫌だからね。私で良ければ力になるから。だから、何かあったら言ってね。」

ライナー「!!」キュンッ



クリスタ「それじゃ、おやすみなさい。」

ライナー「お、おう・・・おやすみ・・・」



パタパタパタ



ライナー「・・・・・・。」









ライナー(結婚しよ。)










45:2013/05/01(水) 00:46:47.83 ID:PyFfWl2AO

以上です。ありがとうございました。


47:2013/05/01(水) 01:01:45.33 ID:qQOd6K1XO


進撃ssのライナーの扱いが不憫で仕方なかった今日この頃だったがこのssのお陰でライナーが酷い目にあっても「仕方ない」で済ませれそうだ、ありがとう>>1よ


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1367332890/

→→もっと進撃の巨人を読む←←