1:2014/04/21(月) 22:24:49.57 ID:8SJFUGhAo

美玲「……」

美玲「……」

美玲「……」チラッ


乃々「…………」

輝子「キノコー……キノコー……」


美玲「……」

美玲「(なんでいつも机の下に潜ってるんだろ?)」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1398086689



2:2014/04/21(月) 22:29:02.94 ID:8SJFUGhAo

美玲「……」

美玲「(机の下って、そんなに居心地がいいものなのかな……)」

美玲「……」

美玲「(うう……意識したらすごく気になってきた……)」

乃々「……あ、あの……」

美玲「えっ?」

輝子「ど、どうした……?」

美玲「……はっ!?」

美玲「(無意識の内に身体が机の下に向かっていた……!?)」

輝子「何か、用事か……?」

美玲「な、何でもないぞっ!」

美玲「何でもないからなっ!」

輝子「そ、そうか……」


3:2014/04/21(月) 22:35:21.27 ID:8SJFUGhAo

美玲「ふーっ……」ストン

美玲「……」

美玲「(んー……)」ウズウズ

輝子「あ……霧吹きの水が切れた……」

輝子「注ぎ足さないとな……フヒ」ヒョコ

美玲「……」

乃々「……う」

乃々「お花摘みに、行ってきます……」ヒョコ

美玲「…………」

美玲「誰もいない……」

美玲「潜るなら……今のうち」


4:2014/04/21(月) 22:41:01.15 ID:8SJFUGhAo

美玲「……」

美玲「……」ソローリ

美玲「よいしょ」ストン

美玲「……」

美玲「あー……」

美玲「なるほど……」

美玲「(影による薄暗さと)」

美玲「(ちょっとした閉塞感)」

美玲「(そして体育座りのこの姿勢)」

美玲「(確かに、落ち着くのも分かる気がする……)」ポケー


5:2014/04/21(月) 22:46:33.65 ID:8SJFUGhAo




輝子「?」

乃々「?」

モバP「?」

美玲「……」




美玲「っ!?」


6:2014/04/21(月) 22:51:20.86 ID:8SJFUGhAo

モバP「美玲?」

美玲「なっなあっ!?」ガンッ

美玲「あいった、つぅ!」

美玲「(頭打った!)」

モバP「あー……大丈夫か?」

美玲「こ、これは! 違うんだっ!」

モバP「違うって……何が?」

美玲「え、えっと!」

美玲「も、潜りたいなーっ、なんて、お、思ったわけじゃなくてっ!」

美玲「そのっ……」


9:2014/04/21(月) 22:56:33.60 ID:8SJFUGhAo

モバP「……」

美玲「……」

美玲「が、がおーっ!」

モバP「……」

モバP「うん、かわいい」

美玲「へへっ」

モバP「なんで机の下に潜ってるの?」

美玲「うにゃああ!?」


10:2014/04/21(月) 23:02:08.95 ID:8SJFUGhAo

美玲「か、勘違い、すんなよっ!」

美玲「輝子と乃々がいつも机の下にいるから」

美玲「どんなもんなのかなーとかっ、思った訳じゃないんだからなっ!」

モバP「……」

モバP「そうかそうか」ニッコリ

美玲「う、うがーっ!」

美玲「引っ掻くっ!」バッ

モバP「うおっと、顔はやめ、イテッ!」

輝子「フヒ……仲、いいな」


11:2014/04/21(月) 23:06:03.94 ID:3xZqyEjYo

美伶ちゃんが机の下に潜ると小動物のようにしか思えない


12:2014/04/21(月) 23:09:01.76 ID:8SJFUGhAo




モバP「それからというもの」

輝子「……」

乃々「ぁぅ……」

美玲「……」

ギッシリ

モバP「なんでみんなで机の下にいるの?」

モバP「それも俺の机に」

ちひろ「今日は事務所に来た途端から溜まっていましたよ」

美玲「べ、別に、ウチはここが気に入ったとかじゃ、無いんだからなっ」

乃々「せまいです……」

輝子「キノコを置くスペースが無い……」

モバP「俺の足を置くスペースも無いんだけど」


14:2014/04/21(月) 23:15:47.12 ID:8SJFUGhAo

モバP「誰かが他の机の下に行けばいいんじゃないのか」

モバP「ほら、ちひろさんのところとか空いてるぞ」

輝子「フヒ……ちひろさんの机は……やめたほうがいい」

モバP「え?」

乃々「後が……怖い、です……」

モバP「そうなのちひろさん?」

ちひろ「どうでしょうねえ?」(^_^)

モバP「(なんだあの笑顔、きっと聞いたり覗いたりしたらアカンやつだわ)」

モバP「(何隠してるんだろう……)」


15:2014/04/21(月) 23:19:42.87 ID:8SJFUGhAo

モバP「しかし、このままじゃ机で作業が出来ないぞ」

ちひろ「机なら無駄に多く配置されてるので、空いてる所を使えばいいんじゃないですか?」

モバP「そうするかなぁ」

モバP「それにしても、なんでこんなに机があるんだろ」

モバP「俺とちひろさんしか使ってないのに」

ちひろ「さあ? 社長の考える事は分かりません」


16:2014/04/21(月) 23:24:15.75 ID:8SJFUGhAo

モバP「よいしょ」

三人「……」トテトテ

輝子「よっと……」

乃々「は、端っこを……」

美玲「ウチが真ん中な!」

ギュウ

モバP「……」

モバP「おい待て! ついて来んなよ!」

モバP「そして机の下に潜るな!」

美玲「ちょっと、邪魔!」グイッ

モバP「俺の足を押し出すんじゃない!」

ちひろ「遊んでないで早く仕事してくれませんかね」

モバP「俺は遊んでないですよ!?」


17:2014/04/21(月) 23:30:17.10 ID:8SJFUGhAo

モバP「仕方ない……ソファーの方に行くか」

モバP「テーブルもあるから作業も出来るだろうし」

三人「……」ストン

モバP「(なんで三人で向かい側に座るかな……)」

モバP「あのな? 構ってもらいたいのは分かったからな?」

モバP「しばらく待ってくれ、俺にも仕事があるから」

美玲「べ、別に構ってもらいたいわけじゃないぞっ!」

モバP「はいはい」


18:2014/04/21(月) 23:37:10.53 ID:8SJFUGhAo

モバP「……」カリカリ

美玲「んー……」ペラ

乃々「うわあ……派手な服ですね……これ」

美玲「ん? ウチはこういうのが好みだけど」

モバP「(ファッション雑誌か)」

輝子「うーん……装飾が足りない……」

美玲「そういう路線じゃないぞこれはっ!」

輝子「そうか……」

美玲「輝子もなー、ライブの時はともかく、普段からもうちょっとお洒落に気を遣えばもっと可愛くなるのに」

輝子「ん? そ、そう……?」

乃々「そう、ですね……」

輝子「そ、そうか…照れるな……」

モバP「(……今なら机に戻ってもバレないかな?)」


20:2014/04/21(月) 23:41:41.06 ID:8SJFUGhAo

モバP「……」ソローリ

モバP「……」ギシッ

乃々「……!」

乃々「あの……」

美玲「あっ」

輝子「ん」

トテトテ

輝子「よいしょ」

ギュウ

モバP「……くっ!」


21:2014/04/21(月) 23:47:18.15 ID:8SJFUGhAo

ちひろ「ちょっとー、カルガモごっこもいい加減にしてくださいよ」

モバP「やりたくてやってるんじゃないんですが」

美玲「足邪魔ー!」

モバP「お前らが邪魔じゃー!」

乃々「ぐえー……」

モバP「もう頭にキた、いじり倒してやる!」

モバP「まずは頭ワシャワシャだ!」ワシャワシャ

輝子「ぬ、ぬお……」

美玲「うぎゃー! やめろっ!」

ちひろ「仕事しろ!」


23:2014/04/21(月) 23:53:02.12 ID:8SJFUGhAo

モバP「全くもー」

モバP「お前らのせいで怒られちゃったじゃないか」

美玲「プロデューサーだって最後は一緒に遊んでただろ」スッ

美玲「……うーん」

乃々「……」スッ

乃々「……はい」

モバP「原因はお前らだっちゅーに」スッ

モバP「(ゲッ、ババ引いた)」

輝子「……」スッ

輝子「ヒャッハァー! アガリだぁー!」

美玲「えっ、早!」

乃々「私はまだたくさん残ってるんですけど……」

モバP「俺もまだカード残ってんだよなー」

ちひろ「仕事の方こそまだ残ってるだろお前!」

ちひろ「ババ抜きで遊んでんじゃねえよ!」

モバP「ちひろさん、言葉遣い」

ちひろ「黙れ!」


27:2014/04/22(火) 00:00:32.27 ID:WuN4lX1no

モバP「さて、ちひろさんがそろそろ危険なので解散」

乃々「えー……」

モバP「机の下から出ろ!」

モバP「そもそも何しに来てるんだお前ら! 今日は仕事休みだろ!」

美玲「今更だな……」

輝子「プロデューサーは、これから外回り……」

モバP「そうだよ! 出る前にいくらか書類片そうと思ったのにコレだよ!」

モバP「ちくしょう、頭ワシャワシャしてやる!」ワシャワシャ

乃々「ひぃー……」

美玲「やめろってば!」


28:2014/04/22(火) 00:07:15.85 ID:WuN4lX1no

モバP「しっかしなあ……」

モバP「美玲までもが机の下に潜り込むようになるとはなあ」ワシャワシャ

美玲「いい加減にやめろっ!」バッ

モバP「はいはいはい」

美玲「ふうっ……別にいいだろ、ウチが潜り込んだって」

モバP「以前はあんなに言い訳してたのに今じゃあ開き直ってるもんなあ」

美玲「うっさい!」

モバP「じゃあマジで時間がヤバいから俺は出るぞ」

モバP「待つんなら机の下じゃなくてソファーで待ってろよー?」

モバP「じゃあ行ってきます」

ちひろ「はよ行k、ゲフン、いってらっしゃい」


29:2014/04/22(火) 00:12:15.05 ID:WuN4lX1no

ちひろ「やっと静かになるわね……」

輝子「フヒ……はい、きのこの山」

乃々「あ、ありがとうございます……」

美玲「お、サンキュ」

ちひろ「……」

ちひろ「机の下から出てくる気配が微塵も無いわね」



結局、プロデューサーが帰ってくるまで机の下でダベってました

おしまい


31:2014/04/22(火) 00:14:41.65 ID:IKOu2Gi20

ほのぼのしてて良かった




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1398086689/

→→もっとアイドルマスターを読む←←