1:2016/07/15(金) 00:32:45.29 ID:91jAhXXc0

両津「そこの娘に何をしようとしとるのか聞いてんだよ」

武内P「いえ、私はただ・・・」

両津「とぼけたって無駄だ、最近この辺で目つきの悪い男が女子高生に執拗に話しかけてる姿が何度も目撃されとるんだ」

凛(やっぱり・・・)

両津「わしがヘルプでこの近くの派出所に来てたのは運が悪かったな!」

武内P「ですから私は・・・」

凛「あ、あの・・・」

両津「ん?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468510364



2:2016/07/15(金) 00:35:12.70 ID:91jAhXXc0

〜説明後〜

両津「なーんだ、アイドルのスカウトしてただけか」

武内P「やっとわかってもらえましたか・・・」

凛「ホッ・・・」

両津「しかしそのツラでアイドルのプロデューサーねぇ・・・もう少し愛想よくした方がいいぞ」

武内P「はぁ・・・」

両津「どうせスカウトもうまくいってないんだろ?」

武内P「!」ギクッ


3:2016/07/15(金) 00:38:31.55 ID:91jAhXXc0

両津「しかしお前も物好きだな、折角のチャンスを断るとは」

凛「いやだって興味ないし・・・」

両津「もし成功すればガッポガッポの大儲けだぞ、羨ましい限りだ」

凛「そう言われても・・・」

武内P「実際それ目当てでウチに来た方もいますし・・・」

凛「そうなんだ・・・」


5:2016/07/15(金) 00:41:18.42 ID:91jAhXXc0

両津「ま、事件でもないならわしの出る幕はないな」

武内P「どうもご迷惑をおかけしました・・・」

両津「ま、スカウト頑張れよ」

武内P「はい・・・」

両津「じゃあな」

チリンチリン・・・

凛(変わったお巡りさんだな・・・)


6:2016/07/15(金) 00:46:43.83 ID:91jAhXXc0

両津「にしても中々誠実そうな奴だったな」

両津「ご丁寧に名刺まで渡しやがって・・・どれどれ」

両津「ほう、346プロって会社のプロデューサーなのか・・・」

両津「ん?346プロ・・・」

両津「それって確か・・・」


14:2016/07/15(金) 07:43:36.56 ID:91jAhXXc0

〜その夜〜

ピピピ・・・

早苗「電話?ってこの名前は・・・」ピッ

両津「よう早苗!久しぶりだな!」

早苗「やっぱりその声・・・両さん!?」

両津「おう!正真正銘両津勘吉巡査長だ!」


18:2016/07/15(金) 09:12:37.32 ID:91jAhXXc0

早苗「どうしたの急に・・・」

両津「いやちょっとな・・・にしてもお前と話すのいつぶりだっけ・・・」

早苗「あたしが最後に見た両さんは署内で花火作ってて大爆発させた姿だよ・・・」

両津「ガハハ!そんな事もあったな!」

早苗「その様子だとまだ警官続けてるみたいだね・・・」

両津「まぁな!」


21:2016/07/15(金) 10:19:14.52 ID:91jAhXXc0

早苗「中川君とかも元気?」

両津「ああ!元気だぜ!」

早苗「それで何の用?」

両津「ああそうだ・・・ちょっとお前に聞きたい事あってな・・・」

早苗「聞きたい事?」

両津「お前今346プロでアイドルとして働いてるんだよな?」

早苗「そうだけど・・・それが?」

両津「その会社にやたらデカくて眼光の鋭いプロデューサーっていないか?」

早苗「ああ・・・あの人ね・・・」


23:2016/07/15(金) 10:29:57.67 ID:91jAhXXc0

両津「知ってるのか?」

早苗「多分その人・・・最近できた部署の統括プロデューサーの人だと思う・・・」

両津「そうなのか・・・結構凄い奴だったのか・・・」

早苗「社内に個人の応接室まであるらしいからねぇ・・・」

両津「ほう、人は見かけによらんな・・・」

早苗(それ両さんが言えたことじゃないと思う・・・)

早苗「ま、あの人も色々あったらしいからね・・・」

両津「色々?」

早苗「ああいや、あたしも詳しくは知らないんだけど、何かあったらしいよ・・・」

両津「ふーん・・・」




27:2016/07/15(金) 12:27:44.17 ID:91jAhXXc0

早苗「でも何でそんな事を?」

両津「実は昼間そいつに会ってな、危うく連行しそうになった」

早苗「あはは・・・両さんらしいね」

両津「それに、中々面白そうな奴だったからな」

早苗「それ両さんが言う?」

両津「何を言う、わしほどの真人間はいないぞ」

早苗「よく言うよ・・・」

両津「がはははは!!!」


28:2016/07/15(金) 13:06:17.79 ID:91jAhXXc0

両津「ま、面白い話聞かせてもらったよ、ありがとな」

早苗「どういたしましtw」

両津「今度ヒマだったらメシでも食おうぜ」

早苗「一応アタシアイドルなんですけど?両さんみたいなゴリラ顔のおっさんと2人っきりってまずくない?」

両津「そうか・・・じゃあ中川か麗子でも連れてくか」

早苗「そういう問題?じゃあまたね」

両津「おう、またな」ピッ

両津「ふぅ・・・」

両津「あの男・・・いずれまた会う気がするな・・・」


31:2016/07/15(金) 14:41:46.74 ID:91jAhXXc0

〜数日後 中川とドライブ中〜

ブロロ・・・

中川「へぇ、早苗さんとお話したんですか」

両津「ああ、元気だったぜ」

中川「そういえば、その346プロのビルってこの辺ですよ」

両津「本当か!?ちょっと寄ってこうぜ!」グイッ

中川「ちょ、ちょっと先輩!?」


32:2016/07/15(金) 15:12:34.95 ID:91jAhXXc0

〜346プロ〜

両津「でけぇ・・・」

中川「僕も来るのは初めてですがこれほどとは・・・」

両津「お前はこんなビルいくつも持ってんだろ・・・」

中川「まぁそうですけど・・・」

警備員「あの、すみませんが関係者以外は立ち入り禁止ですよ」

両津「わしらは警察だ、ちょっとここのセキュリティをチェックさせてもらうぞ」

中川「そんなんでいいんですか・・・」

両津「それにコイツは中川グループの御曹司だぞ、通っていいよな?」

中川「そんな無茶な・・・」


35:2016/07/15(金) 16:06:36.84 ID:91jAhXXc0

警備員「いやしかしですね・・・」

両津「そんな固い事言うなよ、ちょっとだけだからさ〜」

中川「あの先輩そろそろ・・・」

早苗「あれ?両さん!中川君も!」

両津「お、早苗か!」


37:2016/07/15(金) 17:35:59.64 ID:91jAhXXc0

〜346カフェ〜

両津「いや〜すまんな早苗」

早苗「全く、相変わらず両さんはムチャクチャなんだから・・・」

両津「まぁそう言うなって、こうして会えたんだからさ」

早苗「はいはい、中川君も大変でしょ?」

中川「ハハ・・・」

??「あの〜ご注文は・・・って両さんに中川君!?」

両津「え?」


39:2016/07/15(金) 18:16:39.62 ID:91jAhXXc0

菜々「私ですよぉ!ほら昔両さん行きつけの居酒屋で働いてたナナですよ!」

両津「菜々?スマンがわしの知ってる菜々は後輩に1人いるだけだぞ?」

菜々「ええ〜!?中川君は覚えてますよねぇ!?」

中川「すみません・・・ちょっと・・・」

菜々「ええ〜!?」

早苗「菜々ちゃんも2人と知り合いだったの?」

菜々「はい!この2人戸塚さんがよく店に来てましたので・・・」

両津「と、戸塚だと!?」


41:2016/07/15(金) 19:12:21.04 ID:91jAhXXc0

両津「そういえばあった事あるような…」

中川「僕もだんだん思いだしてきました…」

菜々「よかったぁ…」

早苗「私の前に知りあってたのか…戸塚さんって初めて聞くし…」

菜々「お2人共相変わらず拳銃撃ちまくってるんですか?」

早苗「え!?」


42:2016/07/15(金) 19:15:42.39 ID:91jAhXXc0

早苗「ちょっと…両さんはともかく中川君も?」

両津「どういう意味だ!」

菜々「ええ、着任早々ライトバンに誤射してぶっ壊したらしいですし…」

中川「あの頃の自分は忘れたいです…」

早苗「人も変わるもんだねぇ…」




46:2016/07/15(金) 21:23:48.12 ID:91jAhXXc0

早苗「麗子ちゃんやマリアちゃんも元気?」

両津「ああ」

菜々「何か私の知らぬ間に両さんの周りには女性が増えたんですね・・・」

早苗「最近だと早矢ちゃんだっけ?」

両津「それも結構前だな…お前の記憶だとそのあたりか…」

菜々「ナナは麗子って人すら初耳なんですが…」

両津「その後はわしの女版みたいな奴とか大阪娘とかもいるぞ」

早苗「両さんの周りも個性豊かだね〜」


49:2016/07/15(金) 21:36:50.28 ID:91jAhXXc0

両津「そういや電話で話したプロデューサーはどこだ?」

早苗「あたしらとは部署違うからね〜それに今忙しいみたいだし…」

両津「そうか…」

早苗「あ、そうだ、両さん達にこれあげるよ」

両津「これは…ライブのチケット2枚?」


50:2016/07/15(金) 21:41:31.87 ID:91jAhXXc0

早苗「あたしらは出ないんだけどさ、ちょっとその日別の仕事あって見に行けないんだよね〜」

両津「ふむ…」

早苗「美嘉ちゃんが言うには面白い物が見れるかもって言ってたから楽しみだったんだけどね」

両津「面白い物ねぇ…どうだ中川?」

中川「すみません…僕もその日は用事が…」

両津「そうか…だったら…」


53:2016/07/15(金) 21:55:07.29 ID:91jAhXXc0

〜ライブ当日〜

本田「はぁ〜」

両津「どうした本田、こういうの好きだろお前?」

本田「僕は菜々ちゃん(乙姫さんの方です)と行きたかったのに…」

両津「締め切り前で忙しいんだからしょうがないだろ、わしらだけで楽しもうぜ」

本田「はい…」

〜ライブ中〜

本田「美嘉ちゃああああああああん!!!」フリフリ

両津「結局楽しんでるじゃねーか」

両津(しかし後ろで踊ってた3人のうちの1人…まさか」




54:2016/07/15(金) 22:00:11.39 ID:91jAhXXc0

〜ライブ終了後〜

本田「楽しかったですね先輩!」

両津「ああ、そうだな」

両津「そうだ、楽屋に行って会ってこようぜ」

本田「え!?そんな事できるんですか!?」

両津「まぁ何とかなるだろ」


55:2016/07/15(金) 22:20:52.19 ID:91jAhXXc0

〜楽屋〜

係員「ちょ、何ですかあなた達は!」

両津「警察だ!ちょっとセキュリティを確認させてもらうぞ」

本田「本当にいいのかなぁ…」

武内P「一体何の騒ぎですか?」

両津「おっ、久しぶりだな」

武内P「あ、あなたはあの時の…」


56:2016/07/15(金) 22:30:07.30 ID:91jAhXXc0

凛「どうしたのプロデューサー…ってアンタは…」

両津「よっ」

卯月「凛ちゃん?」

未央「何々?しぶりんの知り合い?」

美嘉「何やってんの〜?」

本田「み、美嘉ちゃんだああああああ!!!」


57:2016/07/15(金) 22:46:32.01 ID:91jAhXXc0

両津「スカウト、成功したんだな」

武内P「え、ええまぁ…」ポリポリ

卯月「え、プロデューサーさんがこの人に捕まりかけた?」

凛「うん…」

未央「それはヤバかったね…」

武内P「これはお恥ずかしい…」///


58:2016/07/15(金) 22:56:19.99 ID:91jAhXXc0

両津「しかしアンタも大胆な事するな、入りたての新人をいきなりあんな大舞台に上げるなんて」

武内「はぁ…」

両津「ま、盛り上がったからよかったけどな」

未央「でしょでしょ!凄いキラキラしてたよね!?」

両津「ああ、中々やるじゃねーか」

未央「へへ…ありがとね!」


59:2016/07/15(金) 23:01:17.18 ID:91jAhXXc0

両津「ま、この成功に浮かれず、これからも頑張れよ」

未央「はーい」

凛「うん」

卯月「ありがとうございます!」

両津「さて、おい本田、帰るぞ」

本田「ええ〜まだ美嘉ちゃんにサインを…」

美嘉「アハハ…」

両津「邪魔したな」

武内P「いえ…それではさようなら…」

両津「おう」


61:2016/07/15(金) 23:11:37.07 ID:91jAhXXc0

〜帰り道〜

本田「それにしても先輩」

両津「ん?」

本田「随分とあの子達に入れ込んでますね」

両津「ああ…そうかもな」

両津「ああいう何かを始めたばっかで大成功を収めた奴は決まって後にしっぺ返しを喰らいやすいから気になってな」

本田「それって自分の事言ってます?」

両津「余計なお世話だ!」ガンッ

本田「痛っ!」

両津(さて、何も起きなきゃいいがな…)


62:2016/07/15(金) 23:15:15.32 ID:91jAhXXc0

〜さらに数日後〜

麗子「ゴメンね両ちゃん、買い物付き合ってもらって」

両津「なーに、いいって事よ、こんな大荷物になっちまったからな」

麗子「流石両ちゃんね」

両津「更に晩メシまでおごってもらえるなら尚更だ」

麗子「やっぱりそれが目的なのね…」


63:2016/07/15(金) 23:20:46.18 ID:91jAhXXc0

ガヤガヤ…

両津「何かあの辺が騒がしいな」

麗子「そういえば今日ここでアイドルのデビューライブやるって聞いたわ」

両津「ほう、どれどれ…ってあいつらは!」

麗子「知ってるの?」

両津「わしが逮捕しかけたプロデューサーがスカウトした連中じゃねーか」

麗子「ああ…この前話してた…」


64:2016/07/15(金) 23:25:24.78 ID:91jAhXXc0

両津「ニュージェネレーションズか…なかなかのネーミングセンスじゃねーか」

麗子「そうね…それに」

両津「ライブの方もそこそこ盛り上がってるな、少々表情や動きも固いが始めはあんなもんだろ」

麗子「あ、終わったみたいよ」

両津「よーし、また楽屋に冷やかしに行ってやるか」


65:2016/07/16(土) 00:46:27.90 ID:uWyt05c40

〜楽屋近く〜

麗子「ホントにいいの?」

両津「といいつつお前もついてきてるじゃねーか」

麗子「そ、それは…」

麗子(リーダーの子…未央ちゃんの様子が少し気になってたしね…)

両津「さてこのへんかな?」

未央「アイドル辞める!」

両津「!?」


68:2016/07/16(土) 06:18:00.82 ID:uWyt05c40

ドンッ!

両津「おっと…」

未央「・・・・・」グスッ

両津「おい一体何が…」

ダッ

麗子「行っちゃった…」

両津「何だってんだ…」


69:2016/07/16(土) 19:17:15.92 ID:uWyt05c40

麗子「あら、あの人がプロデューサーさんかしら?」

両津「ああそうだ、一体何があった?」

武内P「あ、ああ…」ガタガタ

両津「何があったのかって聞いてんだよ!」

武内P「・・・・・」ビクビク

麗子「完全に放心状態ね…」

両津「この…目ぇ覚ませ!!!」

バキッ!!!


70:2016/07/16(土) 21:12:52.03 ID:uWyt05c40

麗子「ちょ、ちょっと両ちゃん!」

武内P「…ハッ!私は…」ズキズキ

両津「やっと正気になったか、何があった?」

武内P「そうだ、本田さん…私のせいで…」

両津「何か訳ありみたいだな…」

両津「とにかく探してくる!お前はしばらく頭冷やしてろ!」

武内P「両津さん…」


71:2016/07/16(土) 21:34:09.79 ID:uWyt05c40

両津「麗子、こいつらの事見てろよ」

麗子「あ、うん…」

卯月「あ、あの…」

両津「ん?」

凛「大丈夫なの?」

両津「心配すんな、アイツは必ず見つけてやる」

タタタ…

凛「いやそうじゃなくて…」

凛「未央の事も殴って説得するんじゃないか心配だったんだけど…」


73:2016/07/16(土) 22:43:31.93 ID:uWyt05c40

〜公園〜

未央「・・・・・」グス

両津「よお」

未央「!?あの時のお巡りさん…どうしてここに…」

両津「なーに簡単な事だ」

両津「泣いて飛び出した女が行く所は公園のベンチだと相場が決まってるからな」

未央「そうなの?」

両津「いやわしが今決めた」

未央「・・・・・」


74:2016/07/16(土) 22:53:36.77 ID:uWyt05c40

両津「で、お前は何でこんな所にいるんだ」

未央「…お巡りさんには関係ないでしょ」

両津「ああ、関係ないな」

両津「だが一応わしは警官だからな」

両津「泣いて走ってく女を見て見ぬふりはできんよ」

両津「さぁ、話してみろよ」

未央「・・・・・うん」


75:2016/07/16(土) 23:00:06.28 ID:uWyt05c40

両津「客が少なかったぁ!!?」

未央「そ、そんなに大きな声出さないでよ…」

両津「わしも見回してみたが別にそんな事はなかったと思うがな…」

未央「だってあのライブに比べたら…」

両津「いや、あれお前らメインじゃねーだろ」

未央「あ・・・」


76:2016/07/16(土) 23:08:19.87 ID:uWyt05c40

両津「最初のライブであそこまで入ればそこそこ上出来だろ、多分」

未央「そっか、だからプロデューサーも当然の結果って…」

両津「ま、その辺はアイツも言葉足らずな所だったな、あんまそういう言葉選び苦手そうだし」

未央「お巡りさんがズケズケ物言いすぎなだけじゃない?」

両津「ガハハ!違いねぇ」


77:2016/07/16(土) 23:14:34.46 ID:uWyt05c40

両津「ま、わしに言わせれば何でも自分の思い通りにならないという事だ」

未央「何で?」

両津「思い通りにいってたらわしはとっくに億万長者だからだ!」

未央「何でそうなる…」

両津「ま、何度も失敗して大きくなれよ、わしのようにな」

未央「お巡りさんも失敗したことあるの?」

両津「おう、その辺はお前と同じだな、例えば派出所を爆破したり警察署を爆破したり本庁を爆破したりとかな」

未央「一緒にしないで」


87:2016/07/17(日) 00:33:46.49 ID:pjIcIeyd0

両津「さて、これ以上の励ましはわしの役目じゃないな」

未央「え?」

麗子「両ちゃん、連れてきたわよ」

両津「おう」

武内P「本田さん…」

未央「プロデューサー…」

凛「未央…」

卯月「未央ちゃん…」


88:2016/07/17(日) 00:43:14.48 ID:pjIcIeyd0

両津「じゃ、後はしっかりやれよ、プロデューサー」

武内P「はい、ご迷惑をおかけしました…」

両津「いいって事よ、帰るぞ麗子」

麗子「あ、うん」

未央「あ、ありがとう両さん!」

両津「ああ、これからも頑張れよ」


95:2016/07/17(日) 07:24:44.46 ID:pjIcIeyd0

両津「あ、それとプロデューサー、明日の夜暇か?」

武内P「え?」

両津「この地図の場所におでん屋の屋台があるから一緒に飲もうぜ」

武内P「はぁ…」

両津「それじゃ麗子メシ食いにいこうぜ」

麗子「はいはい」

武内P「・・・・・」


97:2016/07/17(日) 09:15:59.70 ID:pjIcIeyd0

〜翌日の夜 屋台前〜

武内P「・・・・・」キョロキョロ

両津「おーいここだここ」

武内P「!」タタタ…

店の親父「いらっしゃい」

両津「よう、来てくれたか」

武内P「はい…」

両津「親父、とりあえず焼酎1杯出してやってくれ、飲めんだろ?」

武内P「はぁ…」

親父「あいよ」


104:2016/07/17(日) 10:09:56.65 ID:pjIcIeyd0

武内P「しかし何故私をここに?」

両津「なーに、お前と少し話したくてな」

両津「何でお前みたいな不愛想で不器用で口下手な奴が年頃の女の子を扱う仕事なんてしてるのか…とかな」

武内P「そ、それは…」

両津「まぁそれはお前の信念か何かだろうから深くは聞かねーよ」

両津「でも、あの動揺のしかた…何かあったのか?」

武内P「・・・・・」グビッ

両津「ま、飲みながら聞くよ」


116:2016/07/17(日) 15:09:10.09 ID:pjIcIeyd0

〜数分後〜

両津「そうか…以前にもアイドルに…」

武内P「そうなんです…私はただアイドル達に楽しんでもらおうと思ってただけなのに…」

武内P「歯車に徹していれば傷つかずにすむかと思っていたのに…」

武内P「私は一体どうすれば正しかったんですか!」ドン

両津「おいおい…もう酔ったのか?」

武内P「酔ってませんよ!」

両津「あーそーかよ」


117:2016/07/17(日) 18:24:16.62 ID:pjIcIeyd0

両津「ゲームだったら選択肢が出るが現実はそうもいかんからな」

武内P「はぁ…」

両津「選べる言葉なんてそれこそ何万、何億通りあるかわかったもんじゃねぇ」

両津「そっから正解選べなんて無理な話だ」

武内P「そうですね…」

両津「だが、現実にはゲームオーバーはない」

武内P「え?」


118:2016/07/17(日) 19:05:43.36 ID:pjIcIeyd0

両津「ゲームは選択肢を間違えたら終わりだが、現実はそのまま続く」

両津「つまり、いくらでもやり直せるって訳だ」

両津「自分が諦めない限り…な」

武内P「そうですかね…」

両津「何度失敗してもめげずに生き続けてるわしが言うんだ、間違いない」

武内P「・・・・・」


120:2016/07/17(日) 21:10:53.33 ID:pjIcIeyd0

両津「ま、あんま気張らずに、友達感覚であいつらと接してみたらどうだ?」

武内P「友達…ですか?」

両津「ああ、そうすりゃわかることもあるだろうよ、多分」

武内P「多分…」

両津「わしの交友関係は凄いぞ、幼稚園児からお年寄り、天国の魔法使いから超能力者、ロボットや変態刑事までいるからな」

武内P「凄いですね…」


121:2016/07/17(日) 21:22:07.57 ID:pjIcIeyd0

両津「ま、また何かあったら相談してくれてもいいぞ、わしは大抵亀有公園前派出所にいるからな」

武内P「は、はい!」

両津「今日はわしのおごりでいいが、今度からはお前のおごりで相談に乗ってやるぜ!」

武内P「・・・・・」

両津「よーし!このまま朝まで飲み明かそうぜ!」

武内P「いや、それはちょっと…」














武内P「ありがとうございます、両さん…」


122:2016/07/17(日) 21:26:42.03 ID:pjIcIeyd0

〜後日 葛飾区〜

武内P「えっと…たしかこの辺に派出所があると…」

武内P「やはり1度お礼に菓子折りでも持って行くべきでしょう…」

武内P「あ、あそこですね…」

〜公園前派出所〜

武内Pお邪魔しま…」

大原「両津うううううう!!!この前一般市民に手をあげたそうだなあああああああ!!!」

両津「ひいいいいいい!!!これにはわけがああああああ!!!」

武内P「・・・・・」

武内P(これは…何か申し訳ないです…)

〜おわり〜


123:2016/07/17(日) 21:29:04.47 ID:pjIcIeyd0

これで終わりです

両さんはたまにカッコイイ所があるからいいですよね…

でもやっぱり主人公がオチで不幸な目にあうのは…

それにたまに冤罪で怒られたこともありましたよね(クリスマスでボルボが部長の家破壊したのに両さんのせいにされた事とか)


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468510364/

→→もっとアイドルマスターを読む←←