1:2016/05/30(月) 23:53:34.25 ID:cBnQRHcko


凛「がんばえー♪」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1464620014



2:2016/05/30(月) 23:54:02.53 ID:cBnQRHcko


・アイドルマスターシンデレラガールズ 渋谷凛と神谷奈緒のSS
・百合注意、キャラ崩壊注意
・ぷいきゅあです、プ○キュアではない



3:2016/05/30(月) 23:54:31.32 ID:cBnQRHcko


 凛の自室、PM9:40


凛「28話…… だいぶ、物語も進んできたね」

奈緒「7巻まで見終わったし、半分は超えてるよ」

凛「1年で完結なんだっけ?毎週……ってことはざっと50話くらいってこと?」

奈緒「まあ、そんなとこ。今度来た時に続きも持ってくるからなー」

凛「楽しみにしてるね」

奈緒「ん」



4:2016/05/30(月) 23:55:01.74 ID:cBnQRHcko


奈緒「しかし、あたしが熱心に勧めたとはいえ、凛がぷいきゅあシリーズにハマるなんてなー」

凛「ハマるって言っても、まだ1作目だよね?まあ、楽しんでるのはほんとだけどさ」

奈緒「てっきりさ、こういうの受け付けないんじゃないかって思ってたよ」

凛「そう?そんなことないよ」



6:2016/05/30(月) 23:55:29.57 ID:cBnQRHcko


奈緒「ちっちゃい頃に見てたってわけでもないんだろ?」

凛「うん…… 朝のそのぐらいの時間って、もう開店の準備とかでお父さんもお母さんも忙しくてさ。
  日曜日なんかは、近くのお祖母ちゃんちにひとりで行ってたから。TV、あんまり見てなかったんだ」

奈緒「なるほど」

凛「それに、周りの子とそういう話をしなかったからね。TVの話でも、ドラマとか、バラエティとかの話が中心だったし」

奈緒「確かに、そんなイメージあるしなあ」



7:2016/05/30(月) 23:56:00.49 ID:cBnQRHcko


凛「幼稚園でも小学校でもさ、大人っぽいねって周りからいつも言われてて。……多分、自分でも意識してたんだと思う」

奈緒「そっかぁ……」

凛「だからこそ、今になってその頃の分を取り返してるのかもね」

奈緒「なら、良かった、のか?」

凛「うん、ありがと」

奈緒「べ、別にそんな…… 勧めたのあたしだし…… ま、どういたしまして?」



8:2016/05/30(月) 23:56:29.65 ID:cBnQRHcko


凛「それに、さ」

奈緒「なんだよ」

凛「好きな人の好きな事を知りたいって、変かな?」



9:2016/05/30(月) 23:56:56.79 ID:cBnQRHcko


奈緒「……今の、ズルいだろ!?」

凛「ふふっ、でもほんとのことだし」

奈緒「あ、あたしだって」

凛「どうしたの?」

奈緒「ちょっとは、その、花の事とか調べたりしてるんだぞ……」

凛「ふぅん…… じゃあ、この花は?」

奈緒「あ、や、わ、分かんない」



10:2016/05/30(月) 23:57:24.58 ID:cBnQRHcko


凛「かすみ草だよ。花束の脇役によく使われるんだけど、単体でも結構好きなんだ」

奈緒「み、見たことはあったんだよ。名前とかは、まだ知らなかっただけで」

凛「花言葉は…… 教えてあげない。後で調べてみてね」

奈緒「むぅ……」



11:2016/05/30(月) 23:57:52.00 ID:cBnQRHcko


凛「奈緒」

奈緒「なんだよー」

凛「焦らなくったって、逃げたりしないから」

奈緒「でもさ、なんか、悔しいじゃん」



12:2016/05/30(月) 23:58:23.75 ID:cBnQRHcko


凛「そんなに考えなくたって、例えば、花屋になるってだけなら簡単なんだよ」

奈緒「簡単か?」

凛「ほら、花屋さんに嫁入りすればいいんだし」

奈緒「……」

凛「婿入りでも、いいんだよ?」

奈緒「だからぁ!ズルいってば、そういうの!」



13:2016/05/30(月) 23:58:51.70 ID:cBnQRHcko


奈緒「……ごほん。でも、実際そういうのって、やっぱりずるいっていうか、正面からじゃなくていいのかっていうか」

凛「そうかな?順番が前後するだけで、私は変わらないと思うけど」

奈緒「あたしはさ、やっぱりちょっと違うと思う」

凛「私だって奈緒だって、アイドルになる前は歌もダンスもしてこなかったでしょ?それと同じだよ」

奈緒「そう、なのか?うーん」

凛「もちろん、知りたいって思ってくれるのは嬉しいからね」

奈緒「だったら、あたしもがんばるからな」



14:2016/05/30(月) 23:59:19.47 ID:cBnQRHcko


ーーー

凛「そう言えば、なんで奈緒はぷいきゅあを私に勧めてくれたの」

奈緒「それは…… まあ、単純に好きな作品だからってのもあるけどさぁ」

凛「うん」



15:2016/05/30(月) 23:59:48.62 ID:cBnQRHcko


奈緒「あたしたちの最初の衣装、あったじゃん」

凛「あー、あれね」

奈緒「あたしと凛でちょっとだけ色違いのやつな。
   袖の部分とかはちがったけどさ、それでも、おそろいだったってあたしは思ってる」

凛「私が黒で、奈緒が濃い目の灰色だったよね」

奈緒「あの頃はさ、ユニット名こそなかったけど、よくあたしと凛で組んでただろ」

凛「そうだね。今では、NGがあって、TPがあって、……他にも色々あるけど。
  最初はいっつも奈緒といっしょだった」

奈緒「それを思い出すから、かなぁ」

凛「そっか」



16:2016/05/31(火) 00:00:19.77 ID:0mf7gfyVo


奈緒「あーいや、今のユニットが嫌って訳じゃないんだけどな?」

凛「うん、それは私もおんなじかな」

奈緒「まあ、とにかくな。ぷいきゅあって、1作目はずーっと2人組なんだよ。2人で、戦っていくんだ」

凛「2作目から増えてくんだっけ?」

奈緒「ん。続編とか、後作とかはさ…… 3人とか、4人5人って仲間が増えてくんだ。
   それはそれで面白いんだけど、なんていうか、凛と観るならこれが良いかな、って」

凛「なんか、嬉しいな」



17:2016/05/31(火) 00:00:51.28 ID:0mf7gfyVo


ーーー

奈緒「2人でいる時の凛って、なんだかいつもとちがうよなー」

凛「そうかな?」

奈緒「いつもより、子供っぽいっていうか」

凛「子供っぽい、か。そうだね、それは多分……」

奈緒「多分?」

凛「奈緒の前だからだよ。今は、ふたりっきりだから」

奈緒「……」



18:2016/05/31(火) 00:01:19.87 ID:0mf7gfyVo


凛「奈緒、今のわかってて言ったんでしょ?」

奈緒「いや、あの、その」

凛「私、奈緒のそういうところが好きなんだと思う」

奈緒「もー!」

凛「ふふっ」



19:2016/05/31(火) 00:01:48.35 ID:0mf7gfyVo


奈緒「でも、本当にそんな感じなんだよ」

凛「ちょっとは自覚ある、かな」

奈緒「あたしだけの凛、っていうかさ」

凛「その言い方、なんかくすぐったい」

奈緒「……ダメか?」

凛「ううん、嬉しいよ」



20:2016/05/31(火) 00:02:15.00 ID:0mf7gfyVo


ーーー

凛「奈緒ってさ、大人じゃん」

奈緒「あたし、あんましそんなこと言われないけどな?」

凛「私より大人ってこと。年もだけど、振る舞いが私みたいに自分勝手じゃないところとか」

奈緒「そうか……?」



21:2016/05/31(火) 00:02:49.79 ID:0mf7gfyVo


凛「私はさ、なんだかんだ言ってもまだ子供だから。意見が違ったら我を通そうとしちゃうし、だから喧嘩になったりもしてさ。
  そんな時に『まあまあふたりとも』って割って入って宥めてくれるのが奈緒で、」

奈緒「あたしは……ただ、皆仲良くがいいっていうか」

凛「それでも、私にはそれが出来ないんだし。
  守って貰えてる、って嬉しくもなるけど……私、子供だなぁって」



22:2016/05/31(火) 00:03:16.52 ID:0mf7gfyVo


奈緒「子供、ねぇ……」

凛「大人っぽく振る舞ってるつもりだけど、まだまだ、ね」

奈緒「振る舞ってるっていうか、気を張ってるよなー。今は、少しましになったけどさ。
   最初は、危なっかしくてさ、怖かった」

凛「色々迷惑とかかけちゃってごめんね」

奈緒「んーん。別に、あたしがしたくてしてることだし」



23:2016/05/31(火) 00:03:43.14 ID:0mf7gfyVo


奈緒「今の凛を誰かがみたら、驚くだろーな」

凛「いいじゃん、見せるつもりもないんだから」

奈緒「ほんとに、誰も知らないんだよなー」



24:2016/05/31(火) 00:04:10.59 ID:0mf7gfyVo


凛「二人だけの秘密、だね」

奈緒「……」

凛「奈緒?」

奈緒「秘密って、こういうこととかか」



25:2016/05/31(火) 00:04:39.46 ID:0mf7gfyVo


凛「んむっ」

奈緒「……ぷはっ」

凛「……奈緒、ちょっと」

奈緒「凛」

凛「っ」

奈緒「……もっと、したい」



26:2016/05/31(火) 00:05:09.67 ID:0mf7gfyVo


凛「だめ、だよ」

奈緒「なあ」

凛「……お願い。もう少し、待って」

奈緒「やだよ、あたし」

凛「ねえ、奈緒。私、まだ子供だよ」

奈緒「……そう、だよな」



27:2016/05/31(火) 00:05:40.38 ID:0mf7gfyVo


ーーー

奈緒「やっぱり、凛はまだ怖い?」

凛「怖いっていうか、心の準備ができてないんだ」

奈緒「したくない?」

凛「そうじゃ、ないけど。……いつかはしたいって思ってるよ。でも、まだ」

奈緒「あたしだって、いつまでも大人しく待てるとは限らないからな」

凛「でも、無理やりしたりなんかはしないでしょ?」

奈緒「まあ、それはそうだけどさ……」



28:2016/05/31(火) 00:06:09.72 ID:0mf7gfyVo


凛「ごめんね」

奈緒「いや、あたしがわるい」

凛「ううん、待たせてるのは私なんだし」

奈緒「あー、あたしだけ生殺しかよ……」

凛「しょうがないでしょ。さっきのだって、いきなりで、どきどきしたんだから」



29:2016/05/31(火) 00:06:43.87 ID:0mf7gfyVo


ーーー

奈緒「10時かー」

凛「そろそろ寝よっか」

奈緒「いつも思うけど、凛って早寝だよな」

凛「その分早起きだからね」

奈緒「あたしは、あと二時間ぐらいは起きてたいんだけどなー」

凛「明日お休みなんだし。いっぱい遊ぼうよ。だから、ね」

奈緒「うん……」



30:2016/05/31(火) 00:07:39.95 ID:0mf7gfyVo


凛「それに、お父さんもお母さんも明日早いからさ、ゆっくり寝て欲しいし」

奈緒「そりゃー、仕方ないか」

凛「ハナコももう寝ちゃったみたいだし。明日、五時起きだからね」

奈緒「五時、起きられるかなぁ」

凛「大丈夫、ちゃんと起こしてあげるから」



31:2016/05/31(火) 00:08:08.97 ID:0mf7gfyVo


奈緒「凛」

凛「なに、奈緒」

奈緒「いつもみたいに、抱きしめて寝てもいい?」

凛「じゃあ私は奈緒の手握って眠るね」

奈緒「うん、あ、暑かったら離れてくれていいからさ」

凛「背中、汗かいちゃったらごめんね」

奈緒「いいよ、べつに気にしない」



33:2016/05/31(火) 00:08:41.23 ID:0mf7gfyVo


奈緒「あたしもだけどさ。凛って、こうやって寝るの好きだよな」

凛「確かに…… 後ろから抱きつかれるの、好き、かも。ほら、いつもと逆でさ」

奈緒「逆、かぁ」

凛「奈緒がぎゅーって抱きしめてくれて、私は安心して、子供みたいに、ちっちゃく丸まって眠るんだ」

奈緒「確かに、あたしと一緒に眠る時の凛は、まんまるでさ、なんだか守ってあげたくなるっていうか」



34:2016/05/31(火) 00:09:08.35 ID:0mf7gfyVo


凛「起きてる時はさ。ほら、皆の前なんかでは、だいたい私がぎゅーってやって、奈緒がちぢこまってる」

奈緒「しょーがないだろ? ……あたし、ちびだし」

凛「それが可愛いのに。ちっちゃくて、ふわふわで」

奈緒「こんにゃろ、ドサクサに紛れて触ってやる」

凛「やめて」



35:2016/05/31(火) 00:09:41.96 ID:0mf7gfyVo


奈緒「……嘘だよ。抱きしめてるだけでもいっぱい我慢してるのにそれ以上なんて、無理だ」

凛「もうちょっと、待ってね?」

奈緒「わかってる」

凛「それじゃ、おやすみなさい」

奈緒「ん、おやすみ」



〈fin〉



36:2016/05/31(火) 00:10:15.04 ID:0mf7gfyVo


たまにはりんなおの、ブラックゴシックドレスの話を


過去作:

・肇「土を食べるとその質がわかるんです」みちる「なるほど!」モッシャモッシャ

etc.



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1464620014/

→→もっとアイドルマスターを読む←←