1:2013/06/13(木) 18:48:14.69 ID:GW9JKO4c0



プルルルルルル…


真「…さ、乗ろうか?雪歩」

雪歩「…うん、真ちゃん」

真「うわー……朝早いからかな?空いてるね」

雪歩「そうだね、私達しか居ないみたい」

真「この向かい合わせの席、懐かしいなぁ」

雪歩「あ、真ちゃん…」

真「ん?」

雪歩「私、隣が良いな…」

真「…もちろん、ほら、おいで」

雪歩「ありがとう」

真「なーに言ってるの、僕と雪歩の仲じゃない」

雪歩「ふふふ、うん、そうだね」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1371116894



2:2013/06/13(木) 18:50:06.12 ID:GW9JKO4c0



真「大体…2,3時間って所かな」

雪歩「ん」

真「ん?眠いの?雪歩」

雪歩「ううん、よっかかりたいだけ」

真「そっか」

雪歩「うん」

真「…」

雪歩「…」

真「あのさ」

雪歩「うん」

真「手、握ってて良いかな?」

雪歩「…うん」




3:2013/06/13(木) 18:55:00.15 ID:GW9JKO4c0



真「着いたね〜」

雪歩「そうだねぇ」

真「凄い、抜けるような青空だ!」

雪歩「そうだね」

真「さ、行こうか?雪歩」

雪歩「うん、そうだね」

真「あはは、見てよ雪歩、バスが1時間に2本くらいしかない」

雪歩「…そうだねぇ」

真「待とうか」

雪歩「うん」




4:2013/06/13(木) 18:57:07.54 ID:GW9JKO4c0



真「後に料金支払うシステムなんだね、恥かいちゃった///」

雪歩「ふふふ」

真「わー…窓の外見てよ、何も無いね、雪歩」

雪歩「うん」


真「ん…」

雪歩「眠い?」

真「うん、朝、早かったから」

雪歩「肩、貸すね」

真「ありがと…」

雪歩「おやすみ…」

真「ん…」




5:2013/06/13(木) 18:58:35.30 ID:GW9JKO4c0



雪歩「真ちゃん」

真「…ん……ん、付いた?」

雪歩「うん」

真「…それじゃあ、行こうか」

雪歩「…うん」

真「ちょうどお昼頃だね、太陽が少し暑い…」

雪歩「本当だ」

真「大丈夫?雪歩」

雪歩「うん、大丈夫」

真「そっか」

雪歩「真ちゃん?」

真「ん?」

雪歩「大丈夫?」

真「…うん」




6:2013/06/13(木) 18:59:40.01 ID:GW9JKO4c0



真「食べたなぁーお腹いっぱいだよー」

雪歩「凄い食べたね、真ちゃん」

真「うん、どうせならね!」

雪歩「私もどうせならいっぱい食べたかったけど」

真「雪歩は元が小食だからね、仕方ないよ」

雪歩「でも、美味しかった」

真「そうだよね!いやー自分であんなにお金出して食べたの初めてかもしれないなぁ」

雪歩「けっこうしちゃったね」

真「うん、でも、ね」

雪歩「…そうだね」

真「…さぁ、ここからが大変だよ雪歩!がんばろう!」

雪歩「うん!がんばる!」




7:2013/06/13(木) 19:00:42.32 ID:GW9JKO4c0



真「よっほ!」

雪歩「ふぅ、ふぅ」

真「雪歩、大丈夫?」

雪歩「はぁ、はぁ、ごめん、真ちゃん、もうちょっとゆっくり」

真「うん、ごめんね、ゆっくり行こう」

雪歩「うん」

真「手、繋ぐ?」

雪歩「繋いで良い?」

真「もちろんだよ!」

雪歩「ありがとう」

真「…」

雪歩「真ちゃん」

真「…」

雪歩「震えて…いるね」

真「…」




8:2013/06/13(木) 19:02:14.75 ID:GW9JKO4c0



真「もうちょっとだよ雪歩」

雪歩「っうん」

真「ここの岩場を登れば…っと!ほら、雪歩、手」

雪歩「ありがとう真ちゃん、よっと」






真「…うわぁ」


雪歩「…綺麗」


真「世界に二人だけみたいだ!!」


雪歩「…本当だね!」


真「ヤッホーーーー!!!」


雪歩「ふふ…ヤッホー!」


真「はは、雪歩の声だ!」


雪歩「真ちゃんの声もだね!」





9:2013/06/13(木) 19:03:57.44 ID:GW9JKO4c0



真「寒くなってきたね、それにちょっと苦しいかな?」

雪歩「随分高い所まで、来たから…うん」

真「道は平らになってきたね、尾根って言うのかな」

雪歩「うん、さっきよりは、少し楽、手、繋いだままで歩きにくくない?」

真「平気だよ」

雪歩「うん」





真「あ、雪歩」


雪歩「うん、私も見えた」


「「雪だ」」




10:2013/06/13(木) 19:05:56.82 ID:GW9JKO4c0



真「六月でも、この辺には結構雪が残っているんだね」

雪歩「うん、まばらだけれど」

真「真っ白で、まるで雪歩みたいだ」

雪歩「褒められているのかな?」

真「褒めているんだよ」

雪歩「ふふ、なら、ありがとう」

真「……さぁ、探そうか?雪歩」

雪歩「…うん」




11:2013/06/13(木) 19:08:57.73 ID:GW9JKO4c0




……

真「夕陽が沈むね…」

雪歩「…うん」

真「寒い?」

雪歩「ううん」

真「…雪歩の手、冷たいね」

雪歩「…真ちゃんの手は、暖かいよ」

真「地平線がユラユラしている」

雪歩「こんなに、こんなにも、綺麗なんだね、世界って」

真「…うん」

雪歩「真ちゃん」

真「うん?」



雪歩「ごめんね?」



真「…ううん」






12:2013/06/13(木) 19:11:55.50 ID:GW9JKO4c0




……

真「んぅ…」

雪歩「少し、ぼうっと、してきた、ね」



真「星しか、ないね」

雪歩「…綺麗」

真「へへ、雪のベッドは、少し、寒いね?」

雪歩「うん…冷たい、ね」

真「雪歩」

雪歩「真ちゃん」

真「肌、冷たいね、本物の雪、みたいだ」

雪歩「真ちゃん、泣いてるの?」

真「ううん…ないて、ない、よ…ないて……なんて……」

雪歩「真ちゃんの涙、暖かい…」

真「へへ、指先の冷たさも…解らなくなってきちゃった…」





真「もう、寝る、ね、雪歩」

雪歩「…うん」





雪歩「ねぇ、真ちゃん?」

真「うん…雪歩」



「「好きだよ」」





13:2013/06/13(木) 19:14:38.57 ID:GW9JKO4c0




……

………

…………

……………

…………………………



14:2013/06/13(木) 19:16:08.62 ID:GW9JKO4c0



P「少し大人びたか?」

真「あー!少しは酷いですよ!!僕はもう27歳ですよ!プロデューサー」

P「それを言うなら、俺はもう社長だ!」

真「ふふ、あははははは」

P「ははははは…」

真「……10年、経ちますね」

P「…やっと、出向く決心がついたのか?」

真「…僕だけ、ずっと行けませんでしたから……」

P「無理も無い、だって見つかったのはお前だけだったんだから…」

真「…」

P「あ、悪い…」

真「いえ………今だって、どこかに居るって思ってます…」

P「…気持ちは、解るよ」

真「さ!行きましょう!こういうのは勢いが大事なんです!」

P「おう!」




15:2013/06/13(木) 19:17:57.94 ID:GW9JKO4c0



P「…ここからは、一人で行くか?」

真「お気遣い、ありがとうございます」

P「あの、さ……真、解っているとは思うが」

真「大丈夫です、そんな事絶対にしません」

P「そうか…そうだな、よし、じゃあ、行ってこい」

真「はい」

……

…………

………………

P「たった一度のキスを見られて」

P「ゴシップに晒されて、二人で会う事も禁止されて…」

P「…」

P「…なぁ」

P「…なぁ、雪歩」

P「真、綺麗だったぞ」

P「見に来てやれよ…」




16:2013/06/13(木) 19:19:15.53 ID:GW9JKO4c0



パンッパン


「久しぶりって、言いたく無いんだけど、久しぶりかな?雪歩」

「でも、雪歩はこの下には居ないんだよね?はは、不思議な気持ちだなぁ」

「…」

「この時期にしては、少し、寒いね、あの日を思い出すよ」

「こういう日はさ、決まって雪歩の幻想を見ちゃうんだ」

「へへ、恥ずかしいんだけどね」

「…」

「あの日、雪の上に寝ていたはずの僕は」

「救助隊に発見された時、雪の上に居なかったって聞いて」

「雪歩に、おいてかれちゃったかな、って思ったんだ」

「…」

ピトッ

「冷たいなぁ…」

「まるで、あの日の雪歩のようだ」

「…僕が怖くなっちゃったから、かな?」

「…生きたいって…思っちゃったから?」

「雪歩…」




17:2013/06/13(木) 19:21:22.74 ID:GW9JKO4c0






「…」

「…行くね?雪歩」

「プロデューサー…いや、社長がさ、まってるから」

「また、これるか、決心はつかないけどさ…」

「……じゃあね、雪歩」







「…雨、かな……」

「夜だから、良く見えないや」

「あの日のように、星は見えているのに…」

「冷たい……これって…」

「雪…?」




18:2013/06/13(木) 19:23:02.86 ID:GW9JKO4c0



「あぁ…」

「見たくなかった」

「…こんな所で、見たくなかったなぁ」

「…また、幻想だ」

「あの日のように、雪歩は僕に向かって」



「泣いているの?」



「そう、聞くんだ」

「そして冷たい手を伸ばして」



「真ちゃんの涙、暖かい…」



「そう、言うんだ」


「…あれ?」


「…暖かい、な」


「…この手は、暖かい」




「ただいま……真ちゃん」






19:2013/06/13(木) 19:24:47.25 ID:GW9JKO4c0






P「遅いな…真…」

P「う〜冷える…珍しいんじゃないか?この時期にこんなに寒いのは…」

P「小雨もパラついてるし…」

P「…」

P「…」

P「おい…」

P「おい、まさか!!」



「ただいま、プロデューサー」



P「うわ!びっくりした!随分遅かったなまこ………」

P「………まったく!いつ、帰ってくるかと思ったよ!」



P「お帰り、ふたりとも」






20:2013/06/13(木) 19:25:31.73 ID:GW9JKO4c0


終わりです。

お付き合いいただきありがとうございました。




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1371116894/

→→もっとアイドルマスターを読む←←