1:2016/06/21(火) 23:20:53.65 ID:AJXyfLfG0

モバマスSSです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466518853



2:2016/06/21(火) 23:23:12.26 ID:AJXyfLfGo

事務所

蓮実「……ふぅ」

P「お疲れ様」

蓮実「あ、どうもありがとうございます」

P「最近は順調みたいだな」

蓮実「おかげ様で」

P「それなら良かった」

蓮実「はい」

志希「お。どしたの?二人で秘密の会議?」

P「志希か。どうした?」

志希「んー?ちょっとフラフラしてたらキミの匂いに引っ張られちゃった」

P「蝶々じゃあるまいし」

志希「それじゃ蜂かな?」

蓮実(志希さんと仲良いですよねPさん)



3:2016/06/21(火) 23:23:41.37 ID:AJXyfLfGo

P「志希、そろそろ暑いから離れてくれ」

志希「ありゃ、志希ちゃん臭い?」

P「そうは言ってないだろ」

志希「まぁ、レッスンしてたししょうがないよね」ニャハハ

P「ほれ」

志希「おー♪気が利くね。ありがとー」ゴクゴク

蓮実「さてっ!私はそろそろレッスンに戻りますね」

P「お、頑張ってな」

蓮実「はいっ!」

志希「おーがんばー」

蓮実「…はいっ!」


4:2016/06/21(火) 23:24:56.17 ID:AJXyfLfGo

志希「おー、蓮実ちゃん頑張ってるね」

P「お前は頑張らないのか?」

志希「んー、今は充電中」

P「飴でも食べるか?」

志希「それはアタシじゃなくて杏ちゃんでしょ」

P「そういう訳じゃないんだけどな」

志希「ふーん…でも大丈夫だよ。ありがとね」

P「そうか」

志希「蓮実ちゃんってさ」

P「うん?」

志希「記憶違いじゃなきゃあたしよりもアイドルになるの遅かったっけ?」

P「まぁ、アイドルになったのは割と最近だな」

志希「でも、結構前から事務所にいた気がするんだよね」

P「研修生みたいな感じでいたよ」

志希「おー、納得」

志希「そこまでしてでも、アイドルになりたかったんだね」

P「そうだな。志希はどうだ?」

志希「ん?」


5:2016/06/21(火) 23:25:25.57 ID:AJXyfLfGo

P「アイドルは退屈か?」

志希「ううん。楽しいよ。色んなことをしたり色んな人に会ったりするのはいいよねー」

P「それは良かった」

志希「きっとそれは、最初に会ったキミのおかげだね」

P「なんだそれは…」

志希「インプリンティング。刷り込みって奴だね。ここにいたらきっと楽しいことが起こるんじゃないかって思っちゃう」

P「なるほど…?」

志希「にゃはは。理解しなくても全然大丈夫だよ」

志希「…ありがとね」

志希「さーてとっ!充電も終わったし志希ちゃんも行ってくる〜」

P「行ってらっしゃい」



6:2016/06/21(火) 23:26:05.83 ID:AJXyfLfGo

事務所

P「ちひろさん」

ちひろ「なんでしょうか?」

P「ちょっと良いですか?」

ちひろ「珍しいですね。どうかされましたか?」

P「新しいユニットを考えてましてね」

ちひろ「あぁ、なるほど。凛ちゃんとか杏ちゃんの所はユニット単位で忙しいですもんね」

P「そうですね。あやかるって訳じゃないですけど今度のライブで試験的にユニットを組ませてみようかなと」

ちひろ「あぁ、そういうことですね」

P「えぇ。誰かいますかね?」

ちひろ「そこで私に振りますか……そうですねぇ…」

ちひろ「周子ちゃんと杏ちゃんとかはどうですか?」

P「お、いいですね」

ちひろ「あとは美嘉ちゃんと夕美ちゃんとか」

P「仲が良い路線ですね」

ちひろ「皆仲良いと思いますけどね」

P「それは勿論そうですね」

ちひろ「なんかこうやって話すの楽しいですよね」

P「分かります。分かります」

ちひろ「後はそうですね。私的には――」

ちひろ「――って感じで泰葉ちゃんとかと相性が良いと思うんですよ」

P「意外にちひろさんも一家言あるんですね」

ちひろ「伊達に事務員をやってませんからね」ドヤァ


7:2016/06/21(火) 23:26:34.80 ID:AJXyfLfGo

P「御見それいたしました」

ちひろ「って、実際はもう腹積もりはあるんですよね?」

P「ん?」

ちひろ「私にそういう質問してくる時点である程度自分の中で決めてますよね」

P「あはは」

ちひろ「全くもう……」

P「ちひろさんのイメージを聞いてみたかったのはあります。次に活かそうと思ってます」

ちひろ「それならいいんですけどね。で、誰なんですか?」

P「蓮実と志希ですね」

ちひろ「ほー……蓮実ちゃんと志希ちゃん?」

P「えぇ」

ちひろ「これまた私の中にはなかった案ですけどどういった理由で?」

P「化学反応が起きるかなって」

ちひろ「化学反応?」

P「たまにですね志希が蓮実のことを見てることがあるんですよ」

ちひろ「そうなんですね」

P「理由聞いても見てないよーしか言わないんですけどね」

ちひろ「何かあるんですかね?」

P「さぁ…?」

ちひろ「なんでしょうね」

P「あとは、単純にファン層が違うんで上手く行けば新しいファンを獲得出来るかなと」

ちひろ「なるほど。確かにそれはあるかもしれないですね」


8:2016/06/21(火) 23:27:03.91 ID:AJXyfLfGo

事務所

P「――と言う訳で次のライブは二人でユニットを組むということで一つ」

志希「はーい」

蓮実「分かりました」

志希「蓮実ちゃんっていい匂いするよね」

蓮実「そ、そうですか?」

志希「うん。なんかとっても良い香り」

蓮実「あんまり意識したことないですけど、ちょっと恥ずかしいですね」

志希「ふんふん。そっかー」

蓮実「志希さんもいい匂いしてますよ」

志希「お、そう?」

蓮実「はい。やっぱり、寝る時はシャネルの5番を着て寝るんですか?」

志希「んー?どうなの?」

P「なんで俺を見る」

志希「だって、この間ウチに来たじゃん」

蓮実「えっ」

P「集合時間に遅れそうな気がしたからな」

志希「ちょっと、色々捗っちゃってね〜」

P「気を付けろよ全く…」

蓮実(時間にルーズなんですかね?)

志希「あ、ごめんごめん。それで、キミしっかりと答えてあげなよ」

P(分かってるのか分からないな…)

志希「アタシは寝る時は白衣で寝ちゃうか適当な部屋着だよ。シャネルなんて着れないね」

蓮実「そうですか」

P「流石にマリリン位だろうな」

蓮実「ですよね」

志希「……?」


9:2016/06/21(火) 23:27:32.79 ID:AJXyfLfGo

レッスン室

蓮実「それじゃ頑張りましょうか!」

志希「はーい」

蓮実「志希さんって踊るのと歌うのどっちが得意ですか?」

志希「んー…歌うのかな?」

蓮実「なるほど、それじゃそっちからやりましょうか」

志希「なんだか先生みたーい。蓮実ちゃんはどっちが得意なの?」

蓮実「私はどっちも得意って言えるほどじゃないんですよね」アハハ

蓮実「だから志希さんと一緒にレッスンして頑張ろうかなと!」

志希「おー。それじゃ、一緒に頑張ろう!」

蓮実「はいっ!」



10:2016/06/21(火) 23:28:19.99 ID:AJXyfLfGo

志希「――ふぃ。きゅうけーい」

蓮実「言うだけあってお上手ですね」

志希「ありがと。蓮実ちゃんも十分上手いと思うけどねー」

蓮実「ふふ。ありがとうございます」

志希「お世辞じゃないんだけどなー」

蓮実「ま、まぁ確かに最近は親衛隊の皆さんも上手いって声援をくれますね」

志希「おーおー、ファンの人も蓮実ちゃんのこと褒めてるじゃーん」

蓮実「嬉しい限りです」

志希「もっと嬉しさを爆発させて〜」

蓮実「…キャハ☆」

志希「ラブリー16歳ってね」

蓮実「――っ!」カァァ

志希「可愛いかったよー」ニヤニヤ

蓮実「うぅ……」

志希「リアクションが菜々ちゃんと同じなのはなんでだろ?同じ世代?」

蓮実「確かに一歳違いですけども」

志希「あ、そう言えばアタシも一緒だねー」

蓮実「そうですね」


11:2016/06/21(火) 23:29:22.79 ID:AJXyfLfGo

志希「ふっふーん♪」

蓮実「ご機嫌ですね」

志希「まぁねー。蓮実ちゃんの可愛い仕草見れたし」

蓮実「それは忘れてください…」

志希「キャハ☆らぶりーらぶりー蓮実ちゃん」

蓮実「そこまではやってないですから!」

志希「そうだっけ?」

蓮実「そうですよ。そこまでやったら顔から火が出ます」

志希「おぉ!パイロキネシス〜」

蓮実「楽しそうですね」

志希「そーだねー。楽しいよ。あの人がどういう意図であたしと蓮実ちゃんを組ませたかは分からないけど」

蓮実「そう言えばどうしてなんでしょうね」

蓮実(少し意外でしたね正直…)


12:2016/06/21(火) 23:30:01.16 ID:AJXyfLfGo

蓮実「そう言えば一つ聞いてもいいですか?」

志希「一つと言わず何個でも」

蓮実「どうしてアイドルになろうと思ったんですか?」

志希「どうして?」

蓮実「志希さんってその道だと凄い人だったって聞いてますけど」

志希「凄いなんて照れるな〜」

蓮実「事実みたいですし。ただ、どうしてアイドルになったのかなって」

志希「面白そうだったから。それじゃダメ?」

蓮実「ダメじゃないですけど…ホントにそんな理由で?」

志希「うん。まぁ、Pさんに会ってこの人とならアイドルでもなんでも面白そうだなって思ったんだよね」

志希「運命感じちゃう?」

蓮実「…す、好きなんですね」

志希「んふー。秘密かな」


13:2016/06/21(火) 23:30:36.18 ID:AJXyfLfGo

志希「逆に蓮実ちゃんはどうして?」

蓮実「昔から憧れてたんです。テレビの中で輝くアイドルに」

志希「なるほどー」

蓮実「そうそう思い通りに行かないんですけどね」

志希「そうなのかもねぇ」

蓮実「だから、努力するんですけどね」

志希「蓮実ちゃんっていっつも最後まで練習してるもんね」

蓮実「み、見てたんですか?」

志希「ん?聞いて、見た」

蓮実「そうでしたか」

志希「きっと、蓮実ちゃんはあたしなんかより立派にアイドルだよねー」

蓮実「それは、私じゃなくてファンの方々見てる人が決めることですよ」

志希「……やっぱりアイドルだよ」



14:2016/06/21(火) 23:31:15.71 ID:AJXyfLfGo

翌日
レッスン室

志希「きゅうけー」バタン

蓮実「もうですか?」

志希「うん。ちょっと疲れちゃった」

蓮実「ここのステップ難しいんですからもう少し……」

志希「ステップ?こうやって…こうだよね」

蓮実「あっ、凄い…」

志希「ふふふー。あたしだって出来てなかったら休憩なんて言わないよー」

蓮実「私はもう少し精度を高める為に練習しますね」

志希「そっか。怪我しないでね」

蓮実「はい。ありがとうございます」

蓮実(志希さんはやっぱり天才肌なんですね…)


15:2016/06/21(火) 23:31:44.68 ID:AJXyfLfGo

志希「お、お疲れ様〜」

蓮実「休憩もそれくらいにして頑張りましょう!」

志希「ん〜もうちょっと…」

蓮実「子供みたいなこと言わないで…」

志希「んー…そうだね」

蓮実「はい。その意気です!」


16:2016/06/21(火) 23:32:26.19 ID:AJXyfLfGo

志希「こんな感じかな」

蓮実「そうですね。それじゃ……」

志希「ちょっとタンマ…」

蓮実「大丈夫ですか?」

志希「どうだろー」

蓮実「おやすみしますか?」

志希「蓮実ちゃんは?」

蓮実「私は…志希ちゃんに追いつくように、歌のレッスンをするつもりですけども」

志希「そっかー、アイドルだもんね」

蓮実「えぇ。アイドルですから」

志希「お客さんが喜んでる所みたいよね」

蓮実「ですよね!」

志希「そっかー。それじゃ頑張らないとね。アタシはダンスの方をやろうかな」

蓮実「それじゃ一緒に――」

志希「ん。蓮実ちゃんは自分で足りないと思う所を伸ばして。あたしもそうするから」

蓮実「…そうですね。分かりました。お互いに頑張りましょう!」


17:2016/06/21(火) 23:32:54.60 ID:AJXyfLfGo

志希「……」ピポパ

志希「あ、もしもし。誰でしょう?」

志希「え?あ、せいかーい。キミの耳は中々高性能だね」

志希「まぁ、名前が表示されるからばれちゃうか」

志希「うん。ちょっと来て欲しいかなって。蓮実ちゃんにバレないように」

志希「ばいばーい」ピッ

志希「ふぅ…。当てられちゃったかなあたしも」


18:2016/06/21(火) 23:34:08.32 ID:AJXyfLfGo

レッスン室

P「珍しいな」

志希「あ、おつかれー」グデー

P「それはこっちのセリフだ。ほら飲み物」

志希「ありがと」

P「珍しいな」

志希「んー?」

P「俺が知ってる中でそこまでフラフラになるまでレッスンしてるの見たことないぞ」

志希「そりゃ、普段は色々と自分の限界とか考えてやってるしね」

P「なるほどな」

志希「なんでも出来る訳じゃないしー」

P「まぁ考えてるってのは志希らしいが…」

志希「どうして今はこんな状況なのかって?」

P「察しがいいな」

志希「キミとあたしの仲だからねー」

P「蓮実か」

志希「そーだね。キミが組ませた意図は読めないけどもそういうことになるね」

志希「あたしもアイドルだからねー」

志希「あたしが言うとヘンかな?」

P「そんなことないさ」

志希「そっかそっか。ま。今はちょっと休憩しないと…ね」

P「歩けるか」

志希「歩けるけど、おぶってー」

P「しょうがないな」

志希「わお!優しいね。志希ちゃん惚れちゃう」

P「あんまりそういうこと言うなって。アイドルなんだから」

志希「誰にも彼にも言う訳じゃないよー」

P「……」

志希「ぐーすかぴー♪」

P「やれやれ…」

P(『アイドルだから』か…。そういうこと言うイメージじゃなかったけど)

P「さて、お姫様のお願い通り蓮実にバレないようにしないとな」


19:2016/06/21(火) 23:34:36.89 ID:AJXyfLfGo

仮眠室

志希「……んー。復活」

志希(とりあえず寝れば治るってシンプルな体だよね)

志希「後は…ん?」

蓮実「……」

志希(あれれー?)

志希「蓮実ちゃんど――」サッ

蓮実「……」

志希(糸電話…?)

志希「も、もしもーし…?」

蓮実「もしもし」

志希「えーっと…どうしたのかなー?」

蓮実「私…怒ってます」

志希「えーと、どうしたのかな?」

蓮実「折角ユニット組んだのに…」

志希(結構怒ってるくさいなー…コレ)


20:2016/06/21(火) 23:35:05.87 ID:AJXyfLfGo

蓮実「倒れるくらい頑張るなんてズルいですよ…!」

志希「んー?」

蓮実「私達は今はユニットなんですから辛かったら言ってくれればいいのに」

志希「あははー…ごめんなさい」

蓮実「私。怒ってます。だから電話越しじゃないと話してあげません」

志希(糸電話だから5メートルもないんだけどね)

蓮実「それと私もごめんなさい」

志希「ん?」

蓮実「正直ちょっと嫌でした」

志希「嫌?」

蓮実「志希さんと組むの」

志希「わーお。直球」

蓮実「すみません…傍から見てるとほどほどしか練習してないのに何でも出来て…でも、もっと練習すればもっと出来るのになぁって」

蓮実「その才能を無駄にするなら私に下さい。って言いたかったです」

志希「蓮実ちゃん。言ってる言ってる」

蓮実「今はいいんですっ…!」

蓮実「きっと志希さんと私の見えてる世界は違うと思います。だけど違うやり方で同じ場所でアイドルをやりたいなって」

志希「あたしにはそんな才能ないと思うんだけどなー」

蓮実「自分を卑下したり、謙遜するのは羨望の目を持つ人に対して失礼ですよ」

志希「んー…確かにそうだね。ごめん」


21:2016/06/21(火) 23:35:34.49 ID:AJXyfLfGo

志希「ねーねー。逆に聞いていい?」

蓮実「なんですか?」

志希「一つ教えて欲しいんだけど」

志希「なんで頑張れるの?」

蓮実「はい?」

志希「どうして頑張れるの?」

蓮実「どうして…?」

志希「んーちょっと気になってねー」


22:2016/06/21(火) 23:36:03.29 ID:AJXyfLfGo

志希「ちょっとだけ蓮実ちゃんを見てたことあるんだー」

蓮実「そうなんですか?」

志希「うん。あ、別にお昼ご飯の青のりが付いてるなーとか見てた訳じゃないよ?」

蓮実「そんなの付いてたら暫く焼きそばなんて食べませんよ…」

志希「この間Pさんは付いてたかなー」

蓮実「あらあら…」

志希「そうじゃなくてね。ちょっと見てたけど、最初の方って練習一緒にやってなかったよね?」

蓮実「そう…ですね」

志希「最初は怪我かなー。とか思ったんだけど、違ったみたいで」

志希「皆が終わったら練習してたりしたよねー」

蓮実「よく見てましたね」

志希「んー、単純な好奇心」

志希「どうしてかなーって」

志希「どうしてあんなに楽しそうなのかなって。自分が活躍してる訳でもないのに」

志希「自分の為の踊りじゃないのに」

志希「お下がりを着るようなものなのに」

蓮実「…不合格」

志希「ん?」

蓮実「私がアイドルになりたい!って思ってから一番人様から掛けられた言葉です」


23:2016/06/21(火) 23:36:31.82 ID:AJXyfLfGo

蓮実「なりたいと願ってもなれない。って思ってました」

蓮実「良くない予想……と言うより現実ですかね?ってのは割と優しく感じるくらい残酷なんですよね」

蓮実「だから、僅かな希望が見えたのが嬉しかったんです」

蓮実「昔の私に胸を張れる。とまでは言えないですけど。ちょっとは誇れる私になりましたから」

志希「ふーん……」

蓮実「夢が叶うか分かりません。 夢破れる時は一瞬で、きっと今までやってたことも無駄になっちゃうかもしれません」

蓮実「でも、叶うかもしれません。その可能性があるから頑張れます」

蓮実「あの時テレビで見たアイドルと同じように私は…なんてったってアイドルですから♪」

志希「なるほどね〜」

蓮実「納得してくれましたか…?」

志希「まーね。蓮実ちゃんは努力の人なんだね」

蓮実「そ、そんな評価は烏滸がましいですよ…」

志希「あたしがそんなこと言うなんて滅多にないんだからありがたく受け取っといてよ」

蓮実「…はい」


24:2016/06/21(火) 23:37:00.90 ID:AJXyfLfGo

蓮実「志希さん」

志希「んー?」

蓮実「こうやって電話越しじゃないと言えないことってありますよね」

志希「んー…そうだね」

志希(頑なにそのスタンスは崩さないんだ…)


25:2016/06/21(火) 23:37:37.94 ID:AJXyfLfGo

蓮実「志希さん。私は貴方の才能が羨ましい。私が持っていないものを持ってる」

蓮実「だけどそれは、きっと私が持っていても無駄なもので宝の持ち腐れな気がします」

蓮実「その才能は志希さんだから活かせるものなんだと思います」

蓮実「歌声を聞いた時、凄いと思いました」

蓮実「私の見えない所でダンスのレッスンをしているのも凄いと思います」

蓮実「だから――」

志希「す、ストーップ!」

蓮実「はい?」

志希「もういい。もういいから……」カァァ

志希(顔から火が出そー…)

蓮実「あら、そうですか?」

志希「んー。シキちゃんはあんまりストレートな言葉で褒められ慣れてないのだ」

志希「熱上がる〜」

蓮実「ムリしないで下さいね」

志希「全く誰のせいなのかなー」

蓮実「ユニットのメンバーに黙って頑張る貴方のせいですよ」クスクス


26:2016/06/21(火) 23:43:00.33 ID:AJXyfLfGo

志希「反撃って訳じゃないけどさ」

蓮実「はい?」

志希「あたしから見て、努力してる蓮実ちゃんは輝いて見えたよ」

志希「不思議だから。好奇心だけ。って言ったけど本当は少し違って」

志希「炭素がゆっくりと時間を掛けて細かいダイヤモンドになるのを見てる感じでね」

志希「そういうトコいいなーって思うよ」

蓮実「あ、ありがとう…ございます」

志希「…照れてる?」

蓮実「あ、当たり前じゃないですか!」カァァ

蓮実「私、記憶力にあんまり自信ないんですけど。忘れませんよ。さっきの台詞」

志希「忘れたくなったらそう言うクスリでも作るから言ってねー」

蓮実「ふふ。そんな時は来ませんね永久に」


27:2016/06/21(火) 23:43:29.48 ID:AJXyfLfGo

終わりです。

読んで下さった方ありがとうございます。


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466518853/

→→もっとアイドルマスターを読む←←