1:2014/07/01(火) 21:35:32.12 ID:aLLgg9YRo

光「…アタシは皆のヒーローでいたいんだ」

P「それは…」

光「だから解ってくれプロデューサー…」

P「どうしても…どうしてもなのか!?」

光「アタシだって辛い…けど駄目なんだ!」

P「光…」

光「ヒーローでいるために…しょうがない事なんだ…」

P「こんな…残酷な…っ!」



晶葉「………………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1404218131



2:2014/07/01(火) 21:39:14.45 ID:aLLgg9YRo

光「プロデューサーだって駄目な事は解ってるだろ?」

P「無論だ、それでも俺の心は」

光「そこまでだ、それ以上は言っちゃいけない」

P「………………」

光「ただの南条光ならそれでもいい…でもアタシはそうじゃない…」

P「俺は…お前を…」

光「…最後までアタシをヒーローでいさせてくれっ!」

P「…くっ!」



晶葉「…そろそろいいかな?」


4:2014/07/01(火) 21:47:30.33 ID:aLLgg9YRo

P「む、なんだよ晶葉?」

光「そうだぞいい所だったのに特撮ごっこ」

晶葉「ごっこ………ねえ?それじゃ聞きたいんだが…特撮と言うよりメロドラマみたいな展開はどういう事だ?」

P「なんだ知らないのか晶葉、特撮の魅力は人間ドラマも大きいんだぞ」

光「うん、さまざまな人間関係のねじれだって特撮の魅力の一つなんだ」

晶葉「ほうそれで二人はヒーローとの恋愛みたいな展開をしていると言うのか?」

光「えっ…恋何て、そんな、もう!晶葉ったら!違うぞ馬鹿!」

P「あれ違うのか?俺はてっきり」

光「ちちち違うったら!今日はこういう練習をしたかっただけでそんなつもりじゃないんだからな!!」

晶葉「はいはいご馳走様でした」



6:2014/07/01(火) 21:54:18.61 ID:aLLgg9YRo


晶葉「それと今の君たちの状況だ」

P「うん?」

光「別におかしな所何てないぞ」

晶葉「そうか、Pが君を膝に抱いてホールドしてるその状態はおかしくないのか」

P「台詞読みだけならいいだろ別に」

光「ここ居心地いいもん」

晶葉「その状態でさっきの会話とか最早ギャグなのはいいのかい?」

P「そ、それは確かに…この絵図でさっきの会話では練習にならない…!?」

光「っ!?さ、流石晶葉、いや、池袋博士だ…鋭い…」

晶葉「…いや、いいから、そんな所に反応してくれなくても」


7:2014/07/01(火) 22:02:11.53 ID:aLLgg9YRo

P「でも光を手放すのは嫌だなあ」
ナデナデ

光「んー」

晶葉「自然に頭を撫でるな」

P「小さくて重さも丁度よくて抱き心地が良くてつい」

光「そうそうアタシはPの…って小さくないぞ!」

P「ははははは」
ナデナデナデナデ

光「むー」

晶葉「頭痛がしてくるな全く」

ちひろ「もういいからさっさと通報してやりましょうよ」


9:2014/07/01(火) 22:08:46.28 ID:aLLgg9YRo

晶葉「む?いつのまにいたんだちひろさん?」

ちひろ「ついさっきですよ、やれやれ事務所にで何してんですかねこの人たち」

P「ちひろさんオッスオッス」

光「おはようちひろさん!」

ちひろ「はいおはようございますいい返事ですね、それでは携帯取り出しポパピプ」

晶葉「いや待ってくれそれは困る」

ちひろ「…晶葉ちゃん?」


10:2014/07/01(火) 22:22:54.98 ID:aLLgg9YRo

>>9
× ちひろ「はいおはようございますいい返事ですね、それでは携帯取り出しポパピプ」
○ ちひろ「はいおはようございますいい挨拶ですね、それでは携帯取り出しポパピプ」


晶葉「今彼を通報してもらっては困るんだ」

ちひろ「情けならいらないと思いますよ?」

晶葉「いや違う、何故ならば───」

ちひろ「何故ならば?」

晶葉「次は私と付き合ってもらう番だからだ!」

ちひろ「」

光「え、もうそんな時間か?」

晶葉「そうだ、というかここに顔を出しに来たのも時間が過ぎたせいだからな」

P「ああそうだったのか、すまん待たせてしまって」

晶葉「ふん、今日もしっかり付き合ってくれたら許してやろう」

ちひろ「……………???」


11:2014/07/01(火) 22:39:31.13 ID:aLLgg9YRo

ちひろ「えーっと…どういう事なの?」

P「光の次は晶葉という約束でして、二人同時は体が持ちませんよ」

ちひろ「いや順序とか聞いてませんから、晶葉ちゃんにも手を出してるんですか?」

P「手を出すとかははははは研究に付き合ってるだけですよ」

光「アタシだってごっこに付き合って貰ってるだけだしな」

晶葉「うむそのとおりだ従って助手が法に触れる様な事は一切無い」

ちひろ「わあ完璧な理論だあ」


12:2014/07/01(火) 22:47:15.05 ID:aLLgg9YRo

晶葉「ちなみに今日の内容は『私とP一緒にお昼寝を始めた場合どちらが先に寝てしまうか』だ」

P「おう了解」

ちひろ「研…究…?」

晶葉「ちひろさん、理解しがたいかもしれないが世の中にはありとあらゆる題材があるんだ」

ちひろ「でも晶葉ちゃんの専門って機械じゃなかったかしら」

光「何言ってるんだ晶葉!おかしいじゃないか!」

ちひろ「光ちゃん…良かった、少しは普通の考えもでき」

光「その研究ってこの間やった奴じゃないか!ずるいぞ!」

ちひろ「」


13:2014/07/01(火) 23:10:27.07 ID:aLLgg9YRo

晶葉「甘いな、ただ寝るだけと言ってもさまざまな状況があるだろう?」

光「むっ」

晶葉「布団や枕などの寝具は言うまでもなく寝る直前のシチュエーションも大事だろ?」

光「そ、それは…」

P「俺は寝るだけで楽だからいいけどな」

光「くっ…プロデューサーまで…!」

晶葉「それにな…ほら、Pは普段忙しいだろ」

P「ん、それなりにな」

晶葉「これならPの疲れを癒せるからな、研究とあわせて一石二鳥だ」

P「そんな気遣いしてくれなくていいのに、相手になるからにはお互い様だろ?」

晶葉「…いらぬお節介だったか?すまない、こういう時の礼儀はまだ知らなくて」

P「いやいやそんな事は無いさ凄く嬉しい、ありがとな晶葉」

晶葉「あ…う、うん…良かった…うん」

光「ぐぬぬぬぬ」


14:2014/07/01(火) 23:37:10.37 ID:aLLgg9YRo

晶葉「よしそれじゃ行こうか、既に用意はしてあるぞ」

P「今日は着替えなくていいのか?」

晶葉「ああ今日は二人で仕事をし終えて事務所に帰って後という設定だからこのままだ」

P「服、皺になるぞ──?」

晶葉「───いい」

光「…待て!アタシも着いてく!」

晶葉「それはルール違反だぞ光、お互い不干渉じゃなかったのか?」

光「で、でも…こんな事聞かされたらさ…アタシだってPさん一緒に…その…」

P「俺はいいが」

晶葉「P?!」

P「こんな落ち込んだ光を置いていくのはな…今日くらいは駄目か?頼むよ晶葉」

晶葉「………………」


15:2014/07/02(水) 00:06:25.67 ID:mB0VEZmBo

晶葉「光、隣は譲らんからな」

光「え…?」

晶葉「それとPは普段より私を…あ、甘やかす事だ、解ったな?絶対だからな?」

P「ありがとう晶葉」

晶葉「ふん、君に頼まれたら断れないだけさ…少し用意を増やさないとな、手伝ってもらおわっ?!」

光「たあっ!」
ダキッ

晶葉「な、何をするんだ?血迷ったのか光?!」

光「えへへっごめんねでもホントありがと!」

晶葉「だから光のためでなくPのためだと…」

光「アタシ晶葉も大好きだからな!」

晶葉「……………ふ、はは」


16:2014/07/02(水) 00:13:54.77 ID:mB0VEZmBo

晶葉「やれやれ、本当にしょうがない奴だ」

光「?」

晶葉「まあだからこそ今の関係が成り立ってるとも言えるが…」

光「何の話だ?」

晶葉「何でもないさ、ヒーローには敵わん」

P「仲良きことは美しきかな」

晶葉「こら、そもそも誰のせいだと思ってるんだ?」

P「おっと失言を」

晶葉「P…ちゃんと満足させてくれよ?それが私達二人と付き合う条件なんだから」

P「ああ勿論、と言っても今日は寝るだけだけど─」

光「しかし皆で寝るのって初めてだから楽しみだな─」

晶葉「今日はそういう雰囲気でなくムーディーなつもりだったんだが─」






ちひろ「あ、もしもし?警察ですか?たぶん変態だと思うんですけど」

おしまい


17:2014/07/02(水) 00:15:01.08 ID:mB0VEZmBo

読んでくれた方ありがとうございました
以前から書いてた晶葉と光との交流が公式になって嬉しい限りです


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404218131/