1:2014/01/31(金) 02:43:12.34 ID:Bw2mcHNt0

春香「ち、千早ちゃん?」

千早「何かしら?」バリバリバリ

春香「えと、その財布……どうしたのかなって?」

千早「このお財布? ふふっ、これ、昨日買った財布なのよ。どうかしら?」ベリベリベリ

春香「え? いやぁ、千早ちゃんがマジックテープ式の財布を使ってるなんてちょっと意外だったかななんて……アハハ」

千早「うふふ、春香って時々おかしなことを言うのね」ベリベリベリ


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1391103792



2:2014/01/31(金) 02:46:54.96 ID:Bw2mcHNt0

春香「……ってことがあったんですよ」

P「あははは、そんなことがあったのか」

春香「でもよりにもベリベリする財布を使うなんて……。」

P「ん? 春香は嫌なのか?」

春香「え、いやってわけじゃ」

P「どんな財布でも千早が選んだものなんだ。だったら、千早には千早なりの理由があるはずだ。きっと千早は色々なことに挑戦してるんだろ。それはいいことだと思う」

春香「プロデューサー……」

P「千早は自分なりに変わろうとしてるんだ。だから、千早を支えてやってくれ」

春香「そうですね……。すみませんプロデューサー! 私、千早ちゃんを支えようと思います!」

P「あぁ、その意気だ」



3:2014/01/31(金) 02:48:20.08 ID:Bw2mcHNt0

千早「春香」

春香「おはよう、千早ちゃん」

千早「ごめんなさい、携帯を選ぶのなんて私が一人ですることなのに……」

春香「いいんだよ千早ちゃん! ほら、携帯ショップだよ! 見てみようよ!」



4:2014/01/31(金) 02:48:54.14 ID:Bw2mcHNt0

千早「すごいわね……。こんなにたくさん携帯があるなんて……」

春香「そうだね……。こんなにいっぱいあるとどれにしようか迷っちゃうよね」

千早「ええ、そうね」

春香「千早ちゃんはどんな携帯を買おうと思ってるの?」

千早「確か……四角くて平べったい携帯が流行ってるのよね?」

春香「スマートフォンのこと?」

千早「特徴しか覚えてないけど……確かそんな名前だった気がするわ」



5:2014/01/31(金) 02:54:18.91 ID:Bw2mcHNt0

プルルルルル

春香「あっ、ごめん千早ちゃん! ちょっと電話に出ちゃうね」

千早「大丈夫よ」

春香「もしもし、天海です。あっ、亜美どうしたの? ……えっ? あずささんがまた迷子? この辺にいるはず……うん、わかった」

千早「何かあったの?」

春香「あずささんが迷子になっちゃったんだって! それでこの近くにいるはずだから、ちょっと見てくるね」

千早「いえ、私も心配だわ。一緒に探したほうがいいんじゃないかしら?」

春香「大丈夫だよ! 千早ちゃんのせっかくの買い物なんだから、携帯選びながら待ってていいよ」

千早「えぇ、ありがとう。春香」



6:2014/01/31(金) 02:55:06.97 ID:Bw2mcHNt0

 一時間後

春香「まさかあずささんが、何故か自衛隊に紛れ込んでいたなんて……ごめんね、千早ちゃん」

千早「えぇ、私も今契約し終わったところよ」カミブクロー

春香「も、もう決まったの!?」

千早「そうよ。意外と探すのには苦労しなかったわ」

春香「どんな携帯なの?」



7:2014/01/31(金) 02:56:14.27 ID:Bw2mcHNt0

千早「ちょっと待ってて……。えと、これね」

春香「千早ちゃん」

千早「四角くて平べったい携帯で」

春香「千早ちゃん」

千早「……そういえば、これって画面が付いてないわ」

春香「千早ちゃん。それ、ツーカーSだよ」



8:2014/01/31(金) 03:02:09.59 ID:Bw2mcHNt0

千早「ツーカー……? これはスマなんとかではないのかしら?」

春香「それはおじいちゃんとかの世代の人が使う携帯だよ! しかもだいぶ前に発売されたものだよ!」

千早「でもスマートよ?」

春香「むしろ、店員さんがこんなうら若き少女にこんな携帯を売るなんて、そっちの方が問題あると思うけど。……っていうか、よく売ってたね」

千早「いいのよ、春香」



9:2014/01/31(金) 03:04:55.16 ID:Bw2mcHNt0

春香「いいって?」

千早「春香が心配してくれるのは嬉しいけど……私には現代の人達が使ってるような携帯を使いこなすことが出来ないわ」

千早「私はね、使わない機能ならいっそなくてもいいと思ってるの」

千早「確かに今の時代、便利になってきてるわ。人が物に困らなくなってると思うの」

春香「千早ちゃん……」

千早「でも、そんな時代だからこそ、私たちアイドルは歌で勝負をするべきだと思うの」

千早「変に着飾る必要はないのよ。私たちは舞台に立ち、聞いてくれる人に感動を届けるのが仕事だから」

千早「某アイドルグループがやっている握手券や投票券をCDに同封するとかそういう小細工はする必要はないと思うの」

春香「千早ちゃんは一体どこに何の恨みがあるのかな?」



10:2014/01/31(金) 03:24:54.40 ID:Bw2mcHNt0

P「ほほう、そんなことがあったのか」

春香「千早ちゃんが選んだ携帯だから、私が口を挟むのはよくないかなぁって思ったんですけど」

春香「携帯を楽しそうに眺める千早ちゃんを見るとつい……」

P「確かに千早はセンスがイマイチなところもあるからな」



11:2014/01/31(金) 03:26:46.03 ID:Bw2mcHNt0

P「なぁ、春香」

春香「なんですか?」

P「確かに千早はそういう選ぶものが難しいと思う」

P「だけどな、それを受け入れ、共に歩んでやるという方法もあると思うんだ」

春香「ど、どういうことですか?」



12:2014/01/31(金) 03:37:13.09 ID:Bw2mcHNt0

P「いっそのこと、春香の携帯もサイフも千早のものと一緒にしたらどうだ?」

春香「えっ!?」

P「同じことをすれば、きっと千早が何を望み、その先に何が見えてるかわかると思うんだ」

P「千早はまだ歌以外のことに目を向け、そんなに経ってない」

P「だから春香が千早の傍にいて、共に間違えてやることも大切なんだろうと思う」

春香「そうですね……。私、自分の価値観を千早ちゃんに押し付けてたのかもしれません。千早ちゃんにはこうあってほしい、千早ちゃんはこう考えてほしいって」

P「自分以外の人間は別の生き物だと言うぐらいだ。だからお互い向き合い、距離を縮めていくことが理解するってことなんじゃないかな?」

春香「そうですね!」



13:2014/01/31(金) 03:37:45.33 ID:Bw2mcHNt0

P「よし! 春香、今日からお前のサイフはマジックテープ式サイフだ!」

春香「わかりました!」バリバリベリ

P「そしてお前の携帯はツーカーSだ!」

春香「はい! たった今解約しました!」

P「よくやった!」

春香「これで千早ちゃんの距離が短くなりますか!?」

P「なる!」

ピシガシグッグッ



14:2014/01/31(金) 03:38:14.05 ID:Bw2mcHNt0

一週間後

春香「千早ちゃん!お待たせ!」

千早「大丈夫よ、春香」

春香「走ったから熱くなっちゃった……。ちょっとジュース買ってくるね」ベリベリ

千早「……」



15:2014/01/31(金) 03:38:55.07 ID:Bw2mcHNt0

春香「あっ、あと真にもメールしなきゃ……。あっ、私、携帯をツーカーSにしたからメール出来ないんだった! てへへ」

千早「……春香」

春香「どうしたの?」ベリバリバリ

千早「いえ、私が言うべきではないのかもしれないけど、そのサイフは止めた方がいいわ。はっきりいって女子が使うようなものではないわ」

千早「あとその携帯も、さすがにメール出来ないのは不便だから……他の使った方がいいと思うの」

春香「千早ちゃん……泣いていいかな?」


16:2014/01/31(金) 03:39:38.77 ID:Bw2mcHNt0

おわり


22:2014/01/31(金) 13:18:13.65 ID:JejcEOyO0

スッキリ読めたわ乙


23:2014/01/31(金) 14:23:02.50 ID:9T+5YLbC0

ワロタ
これは卑怯


24:2014/01/31(金) 19:04:17.62 ID:F4YVGj9so

乙!

千早ヒドスww


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1391103792/

→→もっとアイドルマスターを読む←←