1:2015/01/01(木) 00:30:06.08 ID:n5UOldKzO

〈放課後〉


ちなつ「それであかりちゃんったら面白くて、ベイマックスのことを “ペイマックス” って読んでて、『いっぱいお金を出してくれるロボットなのかな?』とか言ってるんですよ!」

結衣「くくくく……///」ぷるぷる

あかり「よ、読み間違えちゃったんだもん!」

ちなつ「私もう面白くて……授業中とかも思い出し笑いを抑えるのが大変でしたよ」

結衣「あかりらしいな……お金いっぱい出すロボットの映画もそれはそれで面白そうだね」

あかり「でしょ? 面白そうだからあかりも早く見たいな〜って思っちゃってたよぉ」

結衣「でも確かに、あかりと同じ勘違いしてる人もいると思うな」

あかり「そ、そうだよね〜」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420039806



2:2015/01/01(木) 00:31:10.64 ID:n5UOldKzO

ちなつ「あれ? そういえば京子先輩はどこ行ったんですか?」

あかり「最初いたけど、どこかに行ったきり戻ってきてないみたいだよぉ」

結衣「なんだっけ、どこかの掃除当番を任されてたのを忘れてたーって言ってたな」

ちなつ「まだ終わらないんですかねえ」



「おーーい! あけてーーー!」

あかり「あっ、帰ってきたみたい!」

ちなつ「えっ、入り口閉まってるんですか?」

結衣「そんなことないと思うけど……」





3:2015/01/01(木) 00:32:01.62 ID:n5UOldKzO

「あけてくれーい!」

結衣「何言ってんだ、開いてるぞー」

「違うんだよ。今手が離せなくてさ、だからあけてー」

結衣「どうしたんだ……?」ガラッ



京子「よっ!」じゃーん

結衣「うわっ! ネコ抱いてる!///」

京子「えへへへ……可愛いでしょ」

結衣「えーすごい……毛が真っ白だ」


あかり「どうしたのー?」



4:2015/01/01(木) 00:32:50.88 ID:n5UOldKzO

京子「ただいまーみんな!」

「みゃーお……」


あかり「わ〜! ネコさんだぁ!」

ちなつ「ちょっとちょっと、どうしたんですかこの子!」

京子「いやぁ、話すと長くなるんだよね〜」えへへ

結衣「それでも聴きたいんだけど」


京子「さっき私が掃除で外の落ち葉を集めてたらさあ、この子が水道の近くにいたのを見つけたんだよ」

あかり「うんうん」

京子「それで、面白いなー可愛いなーって思ったから連れてきたの」


結衣「めちゃめちゃ短くまとまってるじゃんか……まあでもよくわかったよ」



5:2015/01/01(木) 00:33:25.21 ID:n5UOldKzO

ちなつ「学校に迷い込んじゃったんですかね〜」なでなで

あかり「あったか〜い……///」



ちなつ「あれっ? この子首輪してますよ?」

京子「わ、ほんとだ! 気づかなかった」

あかり「ネームプレートもあるよ………… “あやの” って書いてある!」

結衣「あやの……? あやのって名前なのかこの子」


京子「君の名前はあやのというのかい?」

京子「ソノトオリ! オレノナマエハ、アヤノ・ワイルドキャット!(裏声)」びよーん


結衣「勝手にアフレコすんなよ……」

ちなつ「男の子でもないみたいですよ……」



6:2015/01/01(木) 00:34:04.35 ID:n5UOldKzO

あかり「あやのちゃん、こっちにおいで〜」

あやの「…………」とことこ


あかり「わぁ〜、呼んだら来てくれたよお!」なでなで

ちなつ「賢い子ですねえ……///」

結衣「あやのって名前で間違いは無いみたいだな」


京子「なんかあげられるエサとかないかな!」

結衣「人間が食べるお菓子じゃだめだよな……」

ちなつ「あっ、牛乳があるじゃないですか! この前抹茶オレ作ろうって持ってきたやつ!」

あかり「あかり取ってくるよぉ」たたたっ


京子「あかり、ちょっとだけあっためてあげて〜」


7:2015/01/01(木) 00:35:43.10 ID:n5UOldKzO

結衣「誰かの家の飼い猫ってことだよな。この学校の近くの家だと探しやすいけど」

京子「えっ」



結衣「……どうした?」

京子「ごらく部で飼う予定だったんですけど!」

ちなつ「いや、ダメですよ……飼えるわけないじゃないですか」

結衣「この子の面倒を見てあげる時間もお金もないし、なにより飼い主が今頃探してるんじゃないか?」

京子「まあそうなんだけどさー……ちぇー」


ちなつ「この子を学校で保護してますよ! っていうポスターとか作って、学校の近所とかに貼り出すのはどうですか?」

結衣「いいね。心当たりのある人がすぐに来てくれると思うよ」

京子「そいじゃー今日はポスター作りといきますか!」



8:2015/01/01(木) 00:36:40.37 ID:n5UOldKzO



あかり「牛乳できたよぉ〜」

ちなつ「飲みますかねぇ……」わくわく



あやの「…………」すんすん


だっ


ちなつ「わーっ! 逃げちゃった!」がーん

結衣「やばい、廊下に出ちゃったぞ!」

京子「はえー!! めっちゃ速え!!」

あかり「牛乳嫌いだったのかなぁ!?///」

結衣「そんなこと言ってる場合じゃない……追いかけなきゃ!」

ちなつ「あやの〜、待ってぇ〜〜!」



9:2015/01/01(木) 00:37:50.90 ID:n5UOldKzO




綾乃(生徒会も早めに終わったし……帰ったら何しようかしら)とことこ


「あやのちゃ〜ん! どこ〜?」

綾乃「ん……? あれは……赤座さん?」


綾乃(今私の名前呼んだ? 私を探してるのかしら……)


綾乃「赤座さん、私はここに……」

「あやの〜!!」

綾乃「!!」びくっ


ちなつ「あやのーー! でてきなさーい!」

綾乃(よっ、よよよ吉川さん……!? 吉川さんまで私を探してる! 出てきなさいって、どういう……!?)

綾乃(というか吉川さんって私のこと呼び捨てにしてたっけ!? 杉浦先輩とか……そんな感じじゃなかったっけ……?)



10:2015/01/01(木) 00:41:55.29 ID:n5UOldKzO

ちなつ「あ、あかりちゃん! あやのいた?」

あかり「全然……どこにもいないよぉ」


綾乃(ど、どうしたのかしらあの二人……私に何の用なの!? ただならぬ殺気的なものを感じるわ……)

綾乃(ううっ、見つからないように逃げるべきか、それとも話しかけるべきか……!)


綾乃(こ、ここは早めに逃げるのがいいわね! また落ち着いた時に2人に事情を聞きましょう!)ばっ




11:2015/01/01(木) 00:44:51.14 ID:n5UOldKzO



綾乃(なんとか玄関まで来れたわ)


「あやのーー!」

綾乃「きゃっ!」ささっ



結衣「あやの、どこいっちゃったんだー? 出てこーい」

綾乃(ふっ、ふっ、船見さんまで私を探してるわ!!///)


結衣「あっ、京子! あやのいたか?」

京子「どこにもいないんだよ……まさか学校の外に出ちゃったのかなあ」

結衣「だとしたらまずいな……でもまだ学校のどこかにいる気がするんだけど……」



12:2015/01/01(木) 00:45:19.71 ID:n5UOldKzO

京子「私も……もう少し中を探してみるか」

結衣「そうしよう。私はこっちの廊下から回るよ」



京子「あやのーーー! 出てこいこらーーー!」

綾乃(いやあああぁぁぁ!!///)


綾乃(ごらく部が……ごらく部が私を血眼になって探してるわ! 私何かしたかしら!?)

綾乃(これはもう誰にも見つからずに帰って……明日普通に登校してみんなの前に現れるべきよね……!)

綾乃(帰ってるところを船見さんとかに見つかったらまずいわ……足が早いからすぐに追いつかれちゃう……)

綾乃(靴だけ持って、別の校門から学校を出た方が良さそうだわ……!)たたたっ



13:2015/01/01(木) 00:45:53.78 ID:n5UOldKzO



綾乃(よし、この辺りまでくれば……)


櫻子「あやのーーー! あやのちゃーーん!」きょろきょろ

綾乃(きゃーー! 大室さんまで!!///)


櫻子「いないなーあやの……」

櫻子「私があやのを捕まえたら、ごらく部の人にお菓子とかもらえるかな?」

櫻子「『さくっちゃんありがとう!キミは今日からごらく部のお菓子食べ放題だ!』……とか」

櫻子「おっしゃーー! 燃えてきたぁーー!」ゴゴゴ

綾乃(お、お菓子に釣られて大室さんがごらく部側に付いちゃったわ!)


14:2015/01/01(木) 00:47:54.52 ID:n5UOldKzO

向日葵「あやのちゃーん? 出てきてくださいな〜」

櫻子「おっ、向日葵! あやのいた?」

向日葵「それが全然ですわ……さっきこの辺りにちょろっと見えた気がしたから来たんですけど」

綾乃(ま、まずい! 古谷さんに見つかりかけてるわ!///)


櫻子「よーし、どっちが先にあやのを見つけられるか、勝負だ! 負けた方はジュースおごりな!」

向日葵「嫌ですわよ! まったく……でも学校から出る前になんとか見つけて欲しいって、歳納先輩にお願いされちゃいましたの。校門のあたりを見張りながら探しましょうか」

櫻子「それもそうだな。私もう少しこの辺さがそー」

綾乃(校門を見張られたら……学校から出る術が無いわ……!)

綾乃(ど、どうすればいいの〜〜!///)たたたっ


千歳(ん? あれは……)


15:2015/01/01(木) 00:51:19.70 ID:n5UOldKzO




綾乃「うぅ……私、何かしたかしら……」ぐすぐす

綾乃「もう学校中の人に追われてる気がするわ……きっと私に味方は一人もいないのね……」

綾乃「誰か助けてぇ……」


すりすり

綾乃「ひゃっ!」


「みゃーお♪」

綾乃「わっ、ね、ネコ!!///」

綾乃(迷い込んじゃったのかしら……)


16:2015/01/01(木) 00:53:09.63 ID:n5UOldKzO

綾乃「よしよし……真っ白ね、あなた」

「〜♪」ごろごろ


綾乃「あなただけよ、今の私にこんなに優しいのは……///」


綾乃(はっ! 良いことを思いついたわ!)


綾乃「この子を抱いてみんなの前に現れれば、きっとみんなネコに注意を削がれて私のことをあまり気にしなくなるんじゃない!?」

綾乃「よし……あなた、ちょっと協力してもらうわよ……?」ひょいっ

綾乃(私に残された道はこれしかないの……!)


17:2015/01/01(木) 00:53:53.04 ID:n5UOldKzO



京子「あやの〜どこだ〜、出てきてくれ〜……」

あかり「京子ちゃん、あやのが全然見つからないよお」

ちなつ「いろんな教室を片っ端から調べたんですけとねえ……」

向日葵「私はそれっぽい白いのをチラッと見たんですけど、見失ってしまって……」

結衣「ほんとに? どこいっちゃったのかなあ……」


綾乃(い、いた! 皆集まってるわ!)

綾乃(よし……)ごくり



綾乃「と、としのーきょーこーーっ!!///」ばっ

京子「お、綾乃か…………あ、あーーっ!!!」

あやの「みゃあ♪」


京子「あやのーーーーー!!!///」ぎゅっ

綾乃(ひゃーー!///)どきっ


18:2015/01/01(木) 00:56:34.74 ID:n5UOldKzO

結衣「綾乃! 綾乃が見つけてくれたのか!」

あかり「ううう、あかり心配しちゃったよぉ……」

ちなつ「さっすが杉浦先輩ですね〜!」


綾乃(あ、あれ……?)


櫻子「すげー、ほんとに真っ白だー!」なでなで

向日葵「この子があやのちゃんですか……可愛いですわね」

綾乃「あやの……ちゃん……?」ぽかん



19:2015/01/01(木) 00:57:09.66 ID:n5UOldKzO

京子「やっぱ同じ名前同士、引かれ合うものがあったのかな!」

結衣「ありがとう綾乃。私たちずっとこの子を探してたんだ」

綾乃「ま、待って待って!? わけがわからないわ!……えーと」



ちなつ「杉浦先輩、このネコちゃんの名前、 “あやの” って言うんですよ♪」


綾乃「え…………」


綾乃「えええ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!?///」



千歳「あっ、みんな集まってどないしたーん?」



20:2015/01/01(木) 00:57:37.17 ID:n5UOldKzO



千歳「なるほど、さっき綾乃ちゃんが必死に走ってたのはそのせいやったんやな〜」くすくす

綾乃「紛らわしい名前付けるんじゃないわよ!! てっきりみんなが私のことをボコボコにしようと追いかけてるのかと思っちゃったじゃない!!」

京子「私が理由もなく綾乃をボコボコにするわけないだろ! というかどんな理由があってもボコボコにはしないよ!」

結衣「ごめんな綾乃、でもこの子の名前を付けたのは私たちじゃないんだ。ほら、この首輪に最初からついててさ」

綾乃「ほんとだ……あやのって書いてある……」


ちなつ「学校に迷い込んじゃったみたいだから、みんなでこの子の飼い主を探すためにポスターでも作ろうかって話してたんですよ」

向日葵「いいですわね。私たちも協力しますわ」

櫻子「写真撮ってのっけようよ!」

あかり「いいね〜」

千歳「あ、生徒会が使ってるカメラがあるで〜」


21:2015/01/01(木) 00:59:59.03 ID:n5UOldKzO

京子「よーし撮るぞー」

結衣「どうやって撮ろうか……というかこの子さっきから綾乃の膝の上から動かないんだけど」

ちなつ「杉浦先輩になついちゃったみたいですね。このまま撮っちゃえばいいんじゃないですか?」

京子「それもそうだな。よーし綾乃、笑ってー」

綾乃「わ、私がポーズとる必要は無いでしょ!?」


京子「はい、チーズ…………よし!」ぱしゃり



向日葵「学校の中に数枚と、近所にも何枚か貼ってみましょう」

あかり「先生たちの許可も貰ってきたよぉ。ポスター貼っていいって〜」

櫻子「みんなで書こうよ! ペンいっぱい持ってきたよ〜」



22:2015/01/01(木) 01:00:33.87 ID:n5UOldKzO



あかり「できた〜♪」

結衣「あとは写真貼るだけだな。京子、プリントアウトできた?」

京子「今切り取ってるよー……よし、おっけい!」


ぺたっ


綾乃「ちょっと、何この写真! 私までしっかり写っちゃってるじゃない!///」

京子「いやー、ネコだけアップで撮ろうかと思ったけど、あやのを抱いてる綾乃が絵になってたから、つい」

千歳「ええやんか〜、可愛く撮れてるで〜」

櫻子「これコピーしてばら撒けばいいの?」

向日葵「ばら撒いちゃだめですわよ……ちゃんと掲示板に貼って頂戴」


23:2015/01/01(木) 01:01:06.57 ID:n5UOldKzO

ちなつ「迷子のネコを保護しています。校内で見つかった白猫のあやのちゃん、心当たりのある方は是非学校まで連絡を……うん、いいですね!」

綾乃「これがそこらじゅうに貼られるの、なんだか恥ずかしいんだけど……///」

京子「まーまーいいじゃんか。それじゃあ今日はこいつを貼って解散しよう!」

あかり「あやのちゃんの面倒は、用務員さんが見ててくれるみたいだよ〜」



24:2015/01/01(木) 01:03:20.67 ID:n5UOldKzO



〈翌日・授業中〉


奈々「あーそうそう、授業とは全然関係ないんだが……杉浦、お前のポスターの飼い主がさっき学校に来てたぞ」

京子「えっ、マジで!?」

結衣「早いな……!」


綾乃「じゃあ、無事に引き取られたんですか?」

奈々「そのようだ。なんでも学校のすぐ隣に住んでるらしくてな……ちょっと遊びにいってもちゃんと戻って来れる子だから、心配しなくていいってさ」

結衣「なんだ、じゃあ迷子ってわけじゃなかったのか……!」

京子「はーやれやれ……世話焼かせるぜ、あやの」

クスクス……

綾乃「ちょっと! それじゃまるで私が迷惑かけてるみたいじゃない!///」

京子「そんなんじゃないって〜」

奈々「はっはっは、何はともあれ、一件落着だな!」

綾乃「もう……///」



25:2015/01/01(木) 01:03:53.58 ID:n5UOldKzO




櫻子「えー!? もう引き取られちゃったんですか、あやの!」

綾乃「そのようよ。これからは見かけても迷子ってわけじゃないから、心配いらないらしいわ」

千歳「じゃあ昨日貼ったポスター剥がしてきた方がええんちゃう?」

綾乃「その辺は心肺ゴム用よ! 私が昼休みに全部回収しておいたわ」どっさり

向日葵(よっぽど恥ずかしかったんですのね……)


櫻子「ちぇー、つまんないのー。もっとあやのと遊びたかったなあ」

綾乃「大室さん、あんまりあやのあやのって言わないで……?///」




26:2015/01/01(木) 01:08:46.26 ID:n5UOldKzO

カリカリ……

櫻子「ん……?」ぴくっ

向日葵「な、なんか今、変な音しませんでした……?」


しゃっしゃっ……

千歳「ドアの方から聞こえるで……?」

櫻子「あ、もしや……!」


ガラッ

あやの「にゃ〜ん♪」

櫻子「あやのーーー! あやのだーーー!!///」

綾乃「ええっ!? また来ちゃったの!?」

向日葵「ピンポイントで生徒会室にやってくるなんて……本当に賢い子ですわね、この子」

櫻子「さすがあやのだー! 私のことが好きで来てくれたんだね〜! おいでおいでー!」ぱちぱち

あやの「…………」すいーっ


櫻子「……スルーされた!」がーん


27:2015/01/01(木) 01:11:30.11 ID:n5UOldKzO

あやの「んにゃあ♪」すりすり

綾乃「ま、また私の所に……///」

千歳「ほんまに懐かれてもうてるなあ、綾乃ちゃん……!」

向日葵「ふふ、杉浦先輩の膝の上がお気に入りのようですわ」

櫻子「ず、ずるいずるい! 私も抱っこしたい!」



京子「おーい綾乃いるかー? ポスター剥がしにいこうぜー」ガラッ

綾乃「あっ、みんな……!」


結衣「あっ」

あかり「あっ……!」


京子「あ、あ〜〜〜!! あやのだぁーー!///」ばっ



28:2015/01/01(木) 01:12:56.59 ID:n5UOldKzO

綾乃「ちょっと! 抱っこする時は優しく……!」

京子「あやの〜、会いたかったぞー!」うりうり

ちなつ「どうしてあやのがここにいるんですか?」

向日葵「どうやらまたすぐに家を抜け出してきてしまったようで……」

千歳「すっかり学校が気に入ったようやなぁ〜」


櫻子「と、歳納先輩わたしも! わたしもあやの抱っこしたいです!」

京子「ちょ、ちょっと、もうちょっとだけ……///」

あかり「あかりも触りたいよお〜!」

ちなつ「わ、私だって!///」



29:2015/01/01(木) 01:13:26.43 ID:n5UOldKzO

千歳「誰のところに行きたいかは、このネコちゃんに任せてみたらええんちゃう?」

綾乃「どういうこと?」

千歳「あやのちゃんが自分で好きな人の所に行くようにするんよ。みんな離れて〜? ウチが今からあやのちゃんを離すから、あやのちゃん自身に好きな人を選ばせるんや〜」


ちなつ「な、なるほど! これで選ばれた人はあやの触り放題ですね!」

櫻子「あやのー、こっちおいで〜!」ぱちぱち

京子「あやのは私のところくるよな? 私が見つけの親だもんな〜?」

結衣「見つけの親ってなんだよ、育ての親みたいに言うな…………あ、あやの、私の所に来てもいいんだぞ……?///」

あかり「あやのちゃ〜ん、あかりお家からペット用のビスケット持ってきたんだよ、ほら〜」


30:2015/01/01(木) 01:14:27.84 ID:n5UOldKzO

あやの「…………」ちらっ

綾乃(へっ? こっち見た……)


あやの「…………」だっ


ぼふん!

京子「うわーー! 突進してきたーー!///」

ちなつ「京子先輩が選ばれたーー!」

結衣「そ、そんなに突撃するほど京子が好きなのか、あやの!?」

綾乃(えっ!?///)

千歳「あらあら♪」


31:2015/01/01(木) 01:15:05.47 ID:n5UOldKzO

京子「そーかそーかぁ、あやのは私のことが大好きなんだな〜♪」すりすり

あやの「みゃ〜お♪」

綾乃(は、恥ずかしい……!!///)

千歳(空気の読めるネコちゃんやなあ……///)


ちなつ「ずるいです〜京子先輩……」

あかり「そんなに京子ちゃんのこと好きだったのぉ?」

結衣「綾乃には確かに懐いてたけど……突進するほど京子に懐いてたかなぁ……?」


向日葵「…………」ぎゅっ

櫻子「おい! なんでお前が私の手を握るんだよ!///」

向日葵「い、いえ、何故か身体が引き寄せられるように……///」



32:2015/01/01(木) 01:15:59.55 ID:n5UOldKzO

千歳「良かったなあ綾乃ちゃん」ぽそっ

綾乃「な、なにが?///」

千歳「幸運を呼ぶ白猫やで、あの子は……ふふっ」


綾乃「…………」


綾乃「……確かに、そうかもね……///」くすっ


京子「あやの〜、これからはいつでも遊びに来ていいからな〜」

結衣「ごらく部に来てもいいんだぞ……よしよし」

ちなつ「ちゃんとお家にも帰るんですよ〜」

あかり「あ、あかりにも撫でさせてよぉ〜!///」


〜fin〜




33:2015/01/01(木) 01:18:19.40 ID:n5UOldKzO

ありがとうございました。

今年もよろしくお願いします。


34:2015/01/01(木) 01:19:22.65 ID:9rK8q/6go

新年早々おっつりん


35:2015/01/01(木) 01:35:53.10 ID:idtbQFT5O

おつ


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420039806/

→→もっとゆるゆりを読む←←