1:2015/07/22(水) 19:23:18.28 ID:ZDvMxWZx0


亜美「あ〜いあい、そんなに大きな声で泣いてどうちたんだい? お腹が空いたのかな〜?」
 
亜美「おちめは大丈夫だねぃ? よちよち♪」

P「なんで朝からスクワットしてるんだ?」

亜美「ああ、パパ。いや、最近気付いたんだけど、こうするとすぐに泣き止むんだよね」

P「へぇ、俺もしてみよう」

亜美「それよりパパちゃん、ミルク」

P「あー、はいはい」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437560588



2:2015/07/22(水) 19:24:12.94 ID:ZDvMxWZx0


亜美「にいちゃんも立派なパパになったもんだねぇ。うん、亜美は感慨深いよ」

P「他所様の所と比べると、まだまだだけどなー?」

亜美「ねぇ、パパちゃん、そろそろ電気ポット買わない?」

P「買いに行く暇が無い」

亜美「だから、言ったじゃんか。産まれる前にちゃんと準備しとかないとって」

P「あのときは仕事も立て込んでバタバタしてたからなぁ……」

亜美「男の人はそうやってすぐに仕事のせいにするから駄目なんだよ」

P「ははは……千早にも同じようなこと言われたよ」

亜美「千早おねえちゃんに? あはは、それはなんだか面白いね」

P「千早はきっと良いお母さんになる。でも千早の旦那になった人は大変だろうな」

亜美「そだねぇ〜」

P「ほい、ミルク」スッ



3:2015/07/22(水) 19:25:01.37 ID:ZDvMxWZx0


亜美「あんがと――って、ちょっと熱くない?」チャポチャポ

P「そうか? リビングは冷房が効いてるからそう感じただけじゃないか?」

亜美「そうかも。はーい、ミルクでちゅよ〜」

P「その言い方、亜美と出会った頃を思い出すな」

亜美「こんなにわざとらしくなかったっしょ?」

P「いや、そんな感じだったぞ?」

亜美「え〜、そんなこと……ん……?」

P「どうした?」

亜美「あんまり飲んでくれない……」

P「ああ……」



4:2015/07/22(水) 19:25:58.88 ID:ZDvMxWZx0


亜美「やっぱり母乳の方が良いのかなぁ……」

P「どうかな? 今はまだ、味が分かってるかどうかすら怪しいぞ?」

亜美「ああ、そっか、そうだよね」

P「じゃあ、そろそろ俺は仕事に行くよ」

亜美「ああ、うん、気をつけてね〜」

P「いつもありがとな」

亜美「ふふっ、何それ、告白みたい」

P「くそっ、やっぱ言うんじゃなかった!」

亜美「亜美のことは良いから、お仕事行っていっぱい稼いできて」

P「おう。電気ポット1000個買えるくらい稼いでくる」

亜美「あはは、そんなに何処に置くの。いってらっしゃい」

P「いってきます」

ガチャッ



5:2015/07/22(水) 19:27:04.95 ID:ZDvMxWZx0


バタン

亜美「おっと、いつの間にか哺乳瓶が空になってるじゃん」

亜美「なかなかやるな、お主……! ケポしようね、ケポ」トントン

亜美「はい、偉い偉い。じゃあ、もっかい寝ちゃう?」

亜美「お値段12マンエンのベッドで寝ちゃう? よいしょっと」

亜美「んで、このボタンを押す」ポチッ

ウイーン……

亜美「最近のベビーベッドって自動で揺れるから面白い。ずっと見てられる」

ウイーン……



7:2015/07/22(水) 19:28:10.29 ID:ZDvMxWZx0


亜美「んふふ」

ウイーン……

亜美「正に寝顔は天使だよね。パパ似だけど」

ウイーン……

亜美「まあ、にいちゃんもどっちかと言えば可愛い系の顔だし」

ウイーン

亜美「将来アイドルになっちゃったり?」

ウイーン……

亜美「二世だ! 親の七光りボタンだ……!」

ウイーン……



9:2015/07/22(水) 19:28:49.41 ID:ZDvMxWZx0


亜美「なんだ、七光りボタンって」

ウイーン……

亜美「可愛いなぁ……」ウットリ

ウイーン……

亜美「はぁ……」

ウイーン……

亜美「どうして亜美のおっぱいは母乳が出ないんだろ……」

ウイーン……

亜美「亜美だってちゃんと大人になったのに……」

ウイーン……



10:2015/07/22(水) 19:30:02.69 ID:ZDvMxWZx0


亜美「母乳の方が絶対良いっしょ……」

ウイーン……

亜美「…………」

ウイーン……

亜美「もしかしたら、今なら母乳が出るかもしれない……」ゴクリ

ウイーン……

亜美「うん、なんか出そう! むしろこの胸の高鳴りと、張り具合……今なら!」

ウイーン……

亜美「そしたら、この子にだっていっぱいいっぱい飲ませてあげられるもんね!」

ウイーン……


亜美「亜美の母乳を……!」




11:2015/07/22(水) 19:30:48.64 ID:ZDvMxWZx0


ウイーン……

亜美「………………」

ウイーン……

亜美「…………待っててね!」ヌギッ

ウイーン……

亜美「まず、試しに哺乳瓶にお乳を絞ってみよう。うん」スタスタ

ウイーン……

亜美「いきなり本気はきっと無理だからストレッチしないと……」モミモミ

ウイーン……

亜美「ん、んん……」モミモミ



12:2015/07/22(水) 19:31:25.28 ID:ZDvMxWZx0


ウイーン……

亜美「OH、YES……! ハスッ……! ンン……ハッス! イエェッス!」ムニムニ

ウイーン……

亜美「よし、良い感じに温まってきた」

ウイーン……

亜美「そろそろ本気で……」ゴクリ

ウイーン……

亜美「んんん……」ムニュッ

ウイーン……

亜美「んんんんんん……っ!」ムニュウゥウウウウ

ウイーン……



13:2015/07/22(水) 19:32:05.88 ID:ZDvMxWZx0


亜美「んががががががぎぎg……!」ムニュウゥウウウウウウウウ

ウイーン……

亜美「んひぎぃ……ぃいいああああああ!!!」ムニュウウウウウウ

ウイーン……

亜美「んがぁああああああああああああーーーーっ!!!!」ムニュウゥウウウウ

ウイーン……

亜美「ハァ……ハァ……」ゼェゼェ

ウイーン……

亜美「なんで……? なんで出ないの……?」ウルッ

ウイーン……

亜美「出てよ……! 出ろよっ!!!」グニッ

ウイーン……



14:2015/07/22(水) 19:33:15.37 ID:ZDvMxWZx0


亜美「何がおっぱいだ! こんなの名前だけの飾りじゃん! おっぱいならちゃんと出してよ!!」グニグニ

ウイーン……

亜美「こんなに痛い思いしてんのに……まだ駄目なの……!?」

ウイーン……

亜美「ハァハァ……今出せなきゃ……ハァハァ……きっとこの先だって出ないじゃん!」

ウイーン……

亜美「出てよ……! ほんのちょびっとでも良いから……だからお願い――」

ウイーン……

亜美「出てよぉおおおおおおおおおおお!!!」ギュウウウウウウ



ドクン



亜美「あっ……」




15:2015/07/22(水) 19:33:44.10 ID:ZDvMxWZx0


ドクン

亜美「…………血が」

ドクン

亜美「んふふ……何だよおい……」

ドクン

亜美「誰も血を出せなんて言ってないっしょ……」

ドクン

亜美「あはは……あは……あははは……」ケラケラ

ドクン

亜美「駄目じゃん、ダメダメじゃん! 亜美、ダメな子じゃん! いらない子じゃん!」ポロポロ



16:2015/07/22(水) 19:34:40.30 ID:ZDvMxWZx0


ガチャッ

P「いやー、うっかりしてた、まさかスマホ忘れるなん――亜美……?」

亜美「あははは……にいちゃん……んふ……亜美、いらない子なんだ」

P「どうして上半身裸で……胸から血が出てるじゃないか……!」

亜美「あはは、いらない子のおっぱいなんて、もういらないよね」ケラケラ

P「いったい何を言って……?」

亜美「だって、亜美、出ないもん! おっぱい出ないもん……!!」

P「おっぱい……?」

亜美「この子にあげたかった……ずっと亜美の母乳をあげたいって思ってたのに……!」


亜美「亜美は出ないんだよ! お っ ぱ い が ! 」



17:2015/07/22(水) 19:35:25.50 ID:ZDvMxWZx0


亜美「ねぇ、なんで? ナンデナンデナンデ!?」

亜美「どれだけ絞っても出ないんだよ……! ほら! 血だってこんなに出てるのに!」

亜美「亜美、悔しいよ……悔しいんだよ、にいちゃん……」

P「亜美……。そうか……そうだったのか……今まで辛かったな」ナデナデ

亜美「んぐぅ……ゔん゙っ……亜美っ……」

P「気付いてあげれなくてごめんな」ダキッ

亜美「に゙い゙ちゃん゙……んぁああああああああああ!」ギュッ



真美「ねえ、朝っぱらから何してんの?」ガラッ




18:2015/07/22(水) 19:36:04.42 ID:ZDvMxWZx0


P「真美!?」

亜美「うう……」グスグス

真美「起きてきたら妻の実の妹と抱き合ってるし、しかも亜美なんて裸だし」

P「あ、いや、これは違う、亜美のおっぱいが」

真美「おっぱいが?」ゴゴゴゴ

P「ごっ、誤解だ! 話せば分かる! なっ!? ほっ、ほら亜美からも説明してやってく――」

亜美「にいちゃん……亜美、いらない子なの? やっぱり捨てられるの?」ウルウル

P「待って、更なる誤解を産み出す感じやめて」

真美「…………とりあえず、さ?」ゴゴゴゴ

P「う、うん」

真美「さっさと仕事行ってこい!!」バシッ



19:2015/07/22(水) 19:37:00.94 ID:ZDvMxWZx0


P「はっ、はい! じゃ、じゃあ帰りに電気ポット買ってきますので!」ダッ

真美「ティンときた!のティンファールのやつね」

P「はい!!! かしこまりました!!!」ガチャッ

バタンッ

真美「あのさ、真美はよくわかんないんだけどさ、亜美も22歳で良い大人なんだからさぁ……」

亜美「っ……! 真美に何が分かるのさ!?」

真美「!?」ビクッ

亜美「亜美だっておっぱいあげたいんだよ!」



21:2015/07/22(水) 19:37:57.49 ID:ZDvMxWZx0


真美「いや、そりゃ無理っしょ……亜美、産んでないじゃん」

亜美「そんなの些細なこと」

真美「最重要だかんね!? 亜美の子供じゃなくて、真美の子供だからね?」

亜美「もうさ、ほぼほぼ亜美の遺伝子を引き継いでる感じじゃん? 双子だし」

真美「そこはあんまり関係なくない?」

亜美「見て! この子、鼻筋なんか亜美にソックリ」

真美「そりゃ、真美と亜美が似てるからね? っていうか、パパ似って言われるし」

亜美「亜美が産んだ可能性だってある」

真美「ねぇよ」

亜美「まさか」

真美「真美がお腹を痛めて産んだんだよ」

亜美「亜美だって今こうして胸を痛めて」



22:2015/07/22(水) 19:38:53.15 ID:ZDvMxWZx0


真美「うわぁ、血の出かた、エグい……どうして乳首ボロボロなの……」

亜美「亜美、気付いたんだ。これが命を育む痛みなんだ、って」

真美「乳首ボロボロが?」

亜美「乳首ボロボロこそ、だよ」

真美「取り敢えず、服……着なよ」

亜美「うん」イソイソ

真美「いつか……亜美がさ?」

亜美「ん〜?」スポッ

真美「子供産んだら、その子にいっぱいおっぱいあげればイイじゃん」

亜美「うん、そうだね。真美はにいちゃんにでもおっぱいあげとけばいいよ」

真美「セクハラオヤジみたいなこと言いやがって、もう帰れよ!!!」

亜美「言われなくてももう仕事あるから帰るし!! 病院行かなきゃだし!」

真美「乳首ボロボロだもんね」



23:2015/07/22(水) 19:39:53.84 ID:ZDvMxWZx0


亜美「亜美、まだ母乳出すの諦めてないかんね? へへっ」ニヤリッ

真美「無理だって! もう諦めろよ! 自分の行いを少しは悔いなよ!」

亜美「諦めなければ、きっと――夢は叶うって信じてるから……!」

真美「もうなんか、真美は良いから、はるるんに謝れ!!」

亜美「んじゃーねー」ガチャッ

バタン

真美「……まったく。いつまでたっても子供なんだから」ヤレヤレ

ウイーン……

真美「ああ、ベビーベッド動きっぱなしじゃん」ポチッ

真美「…………あ〜っ!? 絨毯血だらけじゃん!? コレ、高かったのに!!」

真美「うわぁ……もうシミになってるし……」ゴシゴシ

真美「だいたい母乳なんて乳腺を通って出てきた血みたいなものなのに……」ゴシゴシ



24:2015/07/22(水) 19:40:23.70 ID:ZDvMxWZx0


ガチャッ

亜美「マジで!? じゃあ亜美、もう実質母乳が出たようなもんじゃん!?」

真美「もう赤ちゃん出来るまでウチ来んな!!」






                               おしまい。


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1437560588/

→→もっとアイドルマスターを読む←←