1:2016/09/09(金) 23:18:45.32 ID:hXNGfuixo

みほ「え〜りちゃん♪」

エリカ(えりちゃん…?そんな人ウチにいたかしら…?)

エリカ(というか、副隊長にも親しい人いたのね…)

みほ「えりちゃん…?」

エリカ(えりちゃん、誰だか知らないけど反応してあげなさいよ!)

みほ「…」

みほ「逸見さん…私怒らせるような事しちゃったかな…」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473430725



2:2016/09/09(金) 23:19:53.42 ID:hXNGfuixo

エリカ「…」

エリカ「え?」

みほ「逸見さん…ごめんなさい…」

エリカ「ちょ…副隊長…」

エリカ「えりちゃんって私の事ですか!?」

みほ「うん…」


3:2016/09/09(金) 23:20:47.73 ID:hXNGfuixo

みほ「逸見さんがそう呼んでほしいって言うから…その…私…」

エリカ「い…いや…そんな事言ってないですって!!」

みほ「やっぱり、馴れ馴れしかったよね…ごめんなさい…」

エリカ「お…落ち込むのやめてくださいよ」

みほ「いいの…私が悪いだけだから…」


4:2016/09/09(金) 23:21:55.66 ID:hXNGfuixo

エリカ(副隊長はいきなりこんな事できるような人じゃないし…)

エリカ(私…うっかり何か言ってしまったのかしら…)

エリカ(もしかしてこの前のOGとの決起集会で…アルコール入りのビール飲んじゃった時?)

エリカ(私達にはノンアルコールビールだけ用意されていたはずなんだけど…私と副隊長のいたテーブルだけ間違ってOG用の普通のビールが用意されていたのよね)

エリカ(うっかり飲み過ぎて、あの時の記憶残ってないのよ…)

エリカ(それよりも、副隊長にえりちゃんって呼ばれるの恥ずかしいんだけど)


5:2016/09/09(金) 23:22:46.50 ID:hXNGfuixo

エリカ「失礼しました…その…恥ずかしくて…」

みほ「逸見さん…」

みほ「じゃあ、かわりに私の事…読んでほしいな…」

エリカ「えっ」

エリカ(私…本当にそんな約束したかしら…)

みほ「その…みほって…」

エリカ「…」

エリカ「なんでアンタの事を名前で呼ばないといけないのよ…」


6:2016/09/09(金) 23:23:28.50 ID:hXNGfuixo

みほ「ご…ごめんなさい」シューン

エリカ(し…しまった…)

みほ「私…今日は帰るね…」

エリカ「ちょ…待ちなさいよ…」


7:2016/09/09(金) 23:24:26.53 ID:hXNGfuixo

エリカ「行ってしまったわ…」

まほ「エリカ、何をやっている」

エリカ「な…なんでもありません」

まほ「さっき、みほが出て行ったようだが?」

エリカ「い…いや…その…」

エリカ(隊長に知られたら…怒られる…のかしら?)

エリカ(正直納得してないけど…私が原因で落ち込ませてしまったは事実だし…)


8:2016/09/09(金) 23:25:36.78 ID:hXNGfuixo

まほ「はっきり言わないと分からないぞ」

エリカ「その…隊長…」

まほ「きっと、みほとケンカしたんだろ?」

エリカ「え?」

まほ「昔から、みほが友人とケンカしたときはあんな顔になるんだ」フフッ

まほ「詳しくは聞かないが…これから時間あるか?」

エリカ「特に予定はありませんが…」

まほ「そうか、なら今から私の家に来い」

エリカ「えっ!?隊長の家ですか!?」

まほ「ああ、今日はみほと帰る予定だったんだ。外泊許可は取っておくから準備しろ」

エリカ「は…はい!」


9:2016/09/09(金) 23:27:01.06 ID:hXNGfuixo

エリカ(隊長の家……西住流の総本家に行けるのね…)

エリカ(不本意だけど副隊長ともこの関係のままいるわけにはいかないし…)

エリカ(泥酔したとはいえ…とんでもない事を言ってしまったわね)

エリカ(せっかく隊長が用意してくれた機会だし…無駄にするわけにはいかないわ!)

エリカ(気が重いけど…)


10:2016/09/09(金) 23:28:11.17 ID:hXNGfuixo

まほ「みほ、準備はいいか?」

みほ「うん…」

まほ「なんだ、元気がないな」

みほ「大丈夫だよ」

まほ「そうか、申し訳ないがもう少し待ってくれないか?」

みほ「いいけど…どうしたの?」

まほ「家に客人を連れていく」

みほ「そう…お姉ちゃんのお友達?」

まほ「いや、みほの友人だ」

みほ「…?」


11:2016/09/09(金) 23:29:22.96 ID:hXNGfuixo

エリカ「お…お待たせしました!」

まほ「時間通りだ、問題ない」

みほ「い…逸見さん!?」

みほ「お姉ちゃん?なんで逸見さんが?」

まほ「別に構わないだろう?」

みほ「う…うん」


12:2016/09/09(金) 23:30:00.94 ID:hXNGfuixo

エリカ「隊長、副隊長!本日はお世話になります」

まほ「まあ、そう固くなるな」

エリカ「は…はい!」

まほ「ヘリの操縦は私がするから二人でゆっくりするといい」

みほ「わ…私がするよ?」

エリカ「いえ、ここは私が」

まほ「いや、最近は操縦する機会が減ってるから、たまには自分で操縦したいんだ」


13:2016/09/09(金) 23:30:49.24 ID:hXNGfuixo

みほ「そ…そう?」

エリカ「いや…しかし…」

まほ「客人をもてなすのも大事な務めだ、私に任せてくれないか?エリカ」

エリカ「…分かりました。お言葉に甘えさせていただきます」

まほ「それでいい」フフッ

みほ(お姉ちゃん…機嫌がいいみたいだけど…逸見さんが家に来てくれるのが嬉しいのかな…?)

みほ(…私も逸見さんが家に来てくれて嬉しいかも)フフッ

みほ(でも、失礼な事しちゃったばかりだし…気まずいよ…)チラッ


14:2016/09/09(金) 23:31:38.27 ID:hXNGfuixo

エリカ「副隊長?どうかされましたか?」

みほ「ううん、何でもないよ」アセアセ

みほ「それよりも何で家に?」

エリカ(隊長ははっきり言わなかったけど…あなたと仲直りさせる為に誘ってくれたのよね)

エリカ(まあ、適当にごまかしておきましょうか)

エリカ「その…隊長にお願いして…後学の為に」

みほ「そうなんだ、落ち着かないかもしれないけどゆっくりしていってね」

エリカ「はい、ありがとうございます」


15:2016/09/09(金) 23:32:34.71 ID:hXNGfuixo

みほ(逸見さん…まだ怒ってるかな…)

みほ(あの時の逸見さんお酒かなり飲んでて酔っぱらってたし…きっとあの約束覚えてないよね…)

みほ(あだ名で呼べる友達が出来て嬉しいって一人で舞い上がっちゃって…なにやってるんだろ)

みほ(そもそも逸見さんの事、下の名前で呼んだ事もないのに…)

みほ(はあ…やっとここで友達が出来たと思ったのにな…)


16:2016/09/09(金) 23:34:10.66 ID:hXNGfuixo

エリカ(副隊長…心なしか落ち込んでいるのかしら?)

エリカ(まあ、素直に謝るしかないわよね…)

エリカ(えりちゃんって呼ばれるのは死んでも嫌だけど)

エリカ「副隊長、先ほどはご無礼を…」

みほ「ううん、私が悪かったから気にしないで」

エリカ「し…しかし…」

みほ「いいの、逸見さんは悪くないから」ニコッ

エリカ(そんな力の無い笑顔見せるぐらいなら謝らないでよ…)


17:2016/09/09(金) 23:34:50.88 ID:hXNGfuixo

エリカ(私、この子のこういうところ苦手なのよ…)

エリカ(入学早々の黒森峰の副隊長就任…正直むかついたわ)

エリカ(でも、一緒に戦車に乗ってすぐ分かった。今の私じゃこの子に敵わない、副隊長にふさわしいだけの力を持っているって)

エリカ(だから戦車道の実力は認めている…悔しいけど…)

エリカ(でも…戦車道以外の立ち振る舞いが気に食わないのよ)

エリカ(常に人の顔色を伺うような感じで接してきて…)

エリカ(でも、私達は同級生で…あなたは私の目標なのに…)

エリカ(二人なら隊長にだって…)

エリカ(はあ…謝りに来たのにイライラしたってしょうがないじゃない)

エリカ(こんな調子で大丈夫かしら…私)


18:2016/09/09(金) 23:36:00.76 ID:hXNGfuixo

みほ(逸見さんイライラしてるのかな…)

みほ(やっぱり、私の隣なんか嫌だよね)

みほ(もっと戦車の事とか話したいのに…逸見さんの戦車道は常に強気で、ちょっと荒々しいところもあるんだけど…)

みほ(それは私に足りない事だから一緒に勉強したかったのに…)

みほ(逸見さんと仲良くなれたらいいなぁ)


19:2016/09/09(金) 23:36:36.53 ID:hXNGfuixo

まほ「みほ、エリカそろそろ着陸するぞ」

みほ「うん」

エリカ「はい」

みほ「…」

エリカ「…」

まほ(まあ、二人とも不器用なところもあるし簡単に関係の改善とはいかないか…)


20:2016/09/09(金) 23:37:18.53 ID:hXNGfuixo

エリカ(でかい家…さすが西住流…って驚いている場合じゃないわ)

エリカ「隊長、まずは家元に挨拶を…」

まほ「母上は今日連盟の会議でいないからその必要はないぞ」

エリカ「そうですか」


21:2016/09/09(金) 23:38:31.36 ID:hXNGfuixo

まほ「みほ、エリカを案内してやれ」

みほ「わ…私!?」

まほ「いいじゃないか。久々に操縦して疲れたから休ませてくれ」

みほ「わ…分かった…」

まほ「みほ、戦車と同じだ」ボソッ

みほ「お姉ちゃん?」

まほ「待つことも大事な作戦だが、こちらから仕掛けないとエリカとの関係は改善しないぞ」ボソッ

みほ「…ありがとう」

エリカ(何話してるのかしら…?)


22:2016/09/09(金) 23:39:10.39 ID:hXNGfuixo

みほ(逸見さんを連れてきたのはきっと私と…)

みほ(お姉ちゃんには敵わないな…戦車でもそれ以外でも…)

みほ(ううん、折角お姉ちゃんがここまでしてくれたんだもん、逸見さんと仲良くならないと!)

まほ(…)クスッ

まほ(こうなったみほは少しめんどくさいぞ、エリカ)


23:2016/09/09(金) 23:39:47.94 ID:hXNGfuixo

みほ「逸見さん、じゃあ私が案内するね」

エリカ「はい、お願いします」

みほ「とりあえず私の部屋にカバン置いてこよう?」

エリカ「ありがとうございます」

エリカ(副隊長の部屋…戦車関連のものばかりなのかしら?)

エリカ(それにしても本当に広い家ね…案内がいないと迷子になりそうだわ)

エリカ(落ち着かないって言われた意味が分かったかも…)



24:2016/09/09(金) 23:40:37.12 ID:hXNGfuixo

みほ「ここが私の部屋だよ」

エリカ「はい、失礼します」

エリカ(…思ったより普通の女の子の部屋なのね)

エリカ(戦車のグッズが少しと…怪我したくまのぬいぐるみ?)

みほ「逸見さん?」

エリカ「は…はい」

みほ「もしかして、そのぬいぐるみに興味あったりするのかな?」


25:2016/09/09(金) 23:41:32.38 ID:hXNGfuixo

エリカ「い…いえ、そういうわけでは」

みほ「これはボコられグマのボコっていうんだけど、知らないかな?」

エリカ「初めて見ました…」

みほ「とってもかわいいと思わない!?」キラキラ

エリカ(正直、これのどこがいいのか分からないけど…それよりこんなテンション高い副隊長初めて見たわ)

エリカ「まあ…かわいいと思います…」

みほ(…あまりボコは好きじゃないみたい。かわいいのに)シューン

みほ(作戦変更、こういう時は共通の話題があればいいんだけど…)


26:2016/09/09(金) 23:42:13.93 ID:hXNGfuixo

みほ「逸見さんはお休みの時なにしてるの?」

エリカ「私ですか?私はインターネットで色々と調べたり動画見たりですかね」

みほ「やっぱり戦車関連の事調べてるのかな?」

エリカ「それもありますね」

みほ「逸見さんお休みの日も研究熱心なんだ、私も見習わないとね」

エリカ「…ありがとうございます」

エリカ(いきなりどうしたのかしら…?)


27:2016/09/09(金) 23:43:20.92 ID:hXNGfuixo

みほ「例えばどんなもの見ているの?」

エリカ「西住流の方が隊長を務めている試合を主に」

みほ「そうなんだ…もしかして、私の昔の試合も?」

エリカ「ええ、まあ…」

みほ「良かったら、後で感想教えてくれると嬉しいな」

エリカ「私なんかの意見でよければ」

みほ「うん!ありがとう!」

みほ(やっぱり戦車の話が共通の話になるのかな?)

みほ(この調子で話しかけないと仲良くなれないよね)

エリカ(やけに話しかけてくるわね…別にいいけど…)


28:2016/09/09(金) 23:44:05.94 ID:hXNGfuixo

みほ「それじゃあ、案内するね」

エリカ「よろしくおねがいします」

みほ「そういえば、後学のためって聞いたけど?」

エリカ「え…あ…あの…はい」

エリカ(まずい…適当な返事しちゃったから…)

みほ「ここの部屋に戦車の本があるから良かったら読んでね」

みほ「この教本なんかは私やお姉ちゃんが良く読んでた本で参考になるかも」

エリカ「助かります…」


29:2016/09/09(金) 23:44:39.21 ID:hXNGfuixo

みほ「あっちは戦車倉庫で…あっちは演習場で…」


――――――――――

みほ「これで案内は終わったかな?」

エリカ「助かりました、副隊長」

みほ「分からない事あったら私に聞いてね」

エリカ「はい、お願いします」

エリカ(流石西住流…戦車道に関係ある物はなんでも揃ってるわね)


30:2016/09/09(金) 23:45:39.12 ID:hXNGfuixo

まほ「案内は終わったか、みほ」

みほ「終わったよ、お姉ちゃん」

まほ「そうか、みほに頼みたいことがあるんだがいいか?」

みほ「何かな?」

まほ「今日の夕食の準備お願いしてもいいか?母上に頼まれごとをされてしまってな」

まほ「菊代さんも急用で帰ってしまったようで…」

みほ「分かったよ、お姉ちゃん」

まほ「よろしく頼む」


31:2016/09/09(金) 23:46:40.41 ID:hXNGfuixo

まほ「エリカ」ボソッ

エリカ「…はい?」

まほ「みほはそそっかしい所もあるから手伝ってやってくれないか?」

エリカ「かしこまりました」

まほ「よろしく頼むぞ」


32:2016/09/09(金) 23:47:45.47 ID:hXNGfuixo

みほ「それじゃあ、買い物行ってくるね」

まほ「気をつけてな」

エリカ「あ…あの…副隊長、私もお供します」

みほ「えっ?でも悪いよ…」

エリカ「いくら客人とはいえ、副隊長にお任せするわけには行きませんので」

みほ(…これは話す機会が増えるチャンスかな?)

みほ「じゃあ、よろしくね」


33:2016/09/09(金) 23:48:37.56 ID:hXNGfuixo

エリカ「…買い物に行くのも戦車なんですね」

みほ「えっ?それって変なことなのかな」

エリカ「い…いえ…それよりも私が操縦しますよ」

エリカ(西住流は買い物行くのも戦車なのね…)

みほ「で…でも…」

エリカ「私に任せてください」

みほ「う…うん」


34:2016/09/09(金) 23:49:15.82 ID:hXNGfuixo

みほ(こうして二人で?号に乗ってると昔を思い出すなあ)

みほ(お姉ちゃんとこれに乗ってあちこち遊んだもんね、懐かしいな)

みほ(今、逸見さんと一緒に乗れて嬉しい)フフッ

エリカ(やけに機嫌がいいわね…そういえば副隊長って?号が好きな戦車だって言ってたような)

エリカ(ちょうどいい機会だし聞いてみようかしら)


35:2016/09/09(金) 23:50:28.22 ID:hXNGfuixo

エリカ「副隊長は?号戦車が好きな戦車だとおっしゃっていましたが、何か理由でもあるのでしょうか」

みほ「理由?戦車道を始める前から?号にはよく乗っていて、沢山楽しい思い出が詰まってるんだ」

エリカ「楽しい思い出…ですか?」

みほ「昔は?号に乗ってお姉ちゃんと色々遊んだんだよ、だからかな」

みほ「戦車道を始めて戦車に乗るといい思い出もあるけど、嫌なこともあるでしょ」

エリカ「…はい」

みほ「でも、?号には楽しい思い出がほとんどで…だから好きな戦車なんだ」

みほ「だから、逸見さんと一緒に乗れて嬉しかったりして…」

エリカ「そうですか…」


36:2016/09/09(金) 23:51:11.53 ID:hXNGfuixo

みほ「あのね…逸見さん。あの時の事覚えてないと思うけど…」

みほ「私ね、逸見さんにライバルだって言われて嬉しかったの」

エリカ(私そんな事言ってたのね…)

みほ「私って西住の子だからみんな気を使う人ばかりで、私に面と向かってそんな事言う人って少なかったから…」

みほ「だから、逸見さんとならいいお友達になれるかなって思って…」

みほ「えりちゃんって呼ぶのは恥ずかしかったけど…」

みほ「それに、逸見さんと一緒なら私ももっと成長できると思うし」

みほ「二人ならお姉ちゃんにだって…」


37:2016/09/09(金) 23:52:03.82 ID:hXNGfuixo

エリカ「…お断りよ」

みほ「やっぱりそうだよね…」

エリカ「アンタは私のライバルなんだから、馴れ馴れしくされるなんてゴメンよ」

エリカ「次の隊長の座は私が貰うんだから……その前に隊長を倒すわよ…二人で…」

エリカ「今の私達じゃ絶対敵わないのはアンタも分かってるんでしょ?」

エリカ「だから、アンタとの決着はその後よ!!」

みほ「逸見さん…」

エリカ「エリカでいいわ…みほ」

みほ「エリカさん!よろしくね」

エリカ「…ふん」


38:2016/09/09(金) 23:52:42.53 ID:hXNGfuixo

みほ「じゃあ、カレー作ろうか」

エリカ「アンタ料理なんてできるの?」

ガシャーン!!

みほ「わっ!?」

エリカ「本当戦車降りるとダメね…」

みほ「痛っ!」

エリカ「ちょっと見せてみなさいよ…ホント鈍くさいんだから…」

みほ「ごめんね…エリカさん」

エリカ「全く…こんな調子で大丈夫かしら…」

みほ「でも、エリカさんがいれば…大丈夫かな」エヘヘ

エリカ「何よそれ…」

エリカ「み…みほ…とは隊長と戦うために一時的に手を結ぶだけなんだから…」


39:2016/09/09(金) 23:53:38.04 ID:hXNGfuixo

まほ「…」クスッ

まほ「そうか、楽しみにしてるぞ」

エリカ「た…隊長!?」

みほ「お姉ちゃん!?」

まほ「いつでも待っているから、かかってこい」

みほ(今の私一人じゃ勝てないけど…エリカさんとなら…)

エリカ(今の私一人じゃ勝てないけど…みほとなら…)

みほ・エリカ「よろしくお願いします!」


40:2016/09/09(金) 23:54:35.76 ID:hXNGfuixo

sideエリカ

エリカ「それ以来、副隊長と色々な作戦を立てたけど使うことはなかった…」

エリカ「みほが居なくなったのは仕方のない事…あの子の戦車道を貫いた結果だから…」

エリカ「でも…なんで…大洗なんかで…隊長を…」

エリカ「私だけじゃない…隊長にだって…」

エリカ「クソッ…なんで…裏切ったのよ…」

エリカ「だから、こう呼ばせていただくわ」

エリカ「副隊長」


41:2016/09/09(金) 23:55:21.52 ID:hXNGfuixo

sideみほ



みほ「ねえエリカさん」

エリカ「何?」

みほ「エリカさんと喫茶店で会った時の事覚えてる?」

エリカ「…ええ」

みほ「あの時ね…本当に寂しかったの」

みほ「私がした事はどう謝っても許して貰えることじゃないって分かってる…」



42:2016/09/09(金) 23:55:52.94 ID:hXNGfuixo

みほ「でも、エリカさんに副隊長って呼ばれたことが一番寂しかった…」

エリカ「…悪かったわ」

みほ「だから、こうして二人で戦車に乗れて…一緒に作戦立てることができて嬉しいんだ!」

エリカ「みほは本当に変わらないわね…まあいいわ」

エリカ「それにしても、みほの戦車道は西住流らしくないっていうか…」

みほ「あはは…今じゃエリカさんの方が西住流の戦車道って感じがするもんね」

エリカ「西住流の戦車道じゃ当然、隊長には勝てないんだし」

エリカ「私達の戦車道で明日は勝つわよ!!」

みほ「うん!」


43:2016/09/09(金) 23:56:32.24 ID:hXNGfuixo

sideまほ



まほ(大学選抜と大洗女子の戦いから1年、正式に高校選抜と大学選抜の戦いが行われることになった)

まほ(私は大学選抜の主将として出場することに…

愛里寿「なんだか嬉しそうね、そんなに楽しみなの?」

まほ「…まあな」

愛里寿「あなたが楽しそうにするなんて初めて見たかも」

まほ「そうか?そろそろ挨拶に行ってくる」


44:2016/09/09(金) 23:57:03.76 ID:hXNGfuixo

まほ「…ようやく二人で来たな」

みほ「うん、ちょっと遅くなっちゃったけどね…」アハハ

エリカ「よろしくお願いします!隊長!」

まほ「黒森峰の隊長はエリカだろ」クスッ

エリカ「す…すみません…」


45:2016/09/09(金) 23:57:30.96 ID:hXNGfuixo

まほ「あれから2年か、二人は変わらないな」

みほ「お姉ちゃんもね」

エリカ「隊長!成長した私達の力見てください!」

まほ「私達…か」フフッ

まほ「いいだろう。全力でかかってこい」

みほ「うん!」

エリカ「よろしくお願いします!!」



46:2016/09/09(金) 23:58:21.62 ID:hXNGfuixo

みほ「エリカさん、さっきの作戦なんだけど」

エリカ「その作戦は基本的にはみほの作った通りでいいと思うけど…隊長ならこう動きそうな感じがするわ」

みほ「う〜ん、そうかもしれないね。じゃあちょっと作戦変えてみるかな」

まほ「…」クスッ

まほ(二人の副隊長がようやく手を結んだか…みほ、エリカ)

まほ(この二人に黒森峰を任せるつもりだったが…私の前に来るのに随分時間がかかったな) 

まほ(戦車道を初めて、こんなに楽しみな戦いは初めてだ…負ける気はないが)

まほ「さあ、始めようか。二人の戦車道を私に見せてくれ」



おわり


47:2016/09/10(土) 00:00:53.90 ID:41IzhXDRo

おまけ

エリカ「ちょっと〜〜ふくたいちょおおおおお」

みほ「な…何かな?」

エリカ「あんたはぁ、私のライバルなんだからぁ、もっとシャキッとしなさいよおおお」

エリカ「そんなおどおどしてたら倒しがいがないでしょおおお」

みほ「ライバル…?私が?」

エリカ「そうよぉ、アンタがふくたいちょーに選ばれるなんてとうぜんのことじゃない」

エリカ「このわたしより強い1年生なんて他にはいないんだからあああ」

エリカ「あんたもたいちょーも倒してこの黒森峰のとっぷに立ってやるんだからあああ」

エリカ「だいたい、どぉきゅうせいなんだから名前でよびなさいよ」

みほ「え…エリカさん…?」

エリカ「なによぉ、堅苦しいわねえ。えりちゃんって可愛い名前で呼んでみなさいよぉ」

みほ「えっ?」

まほ「みほ、ちょっといいか?」

みほ「あ…エリカさんごめんね…行かないと」


おわり


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1473430725/

→→もっとガールズ&パンツァーを読む←←