1:2014/04/20(日) 22:29:55.06 ID:U11YAyLjo

ありす「いいから答えて…えっ?」

P「待てない」

ありす「……………」

P「待てない」

ありす「あの」

P「じゃあ式場行くか」

ありす「」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1398000594



3:2014/04/20(日) 22:32:09.14 ID:U11YAyLjo

P「どうした?何故固まってる」

ありす「気は確かですか?」

P「勿論」

ありす「どう見てもおかしいです」

P「自分から言った事じゃないか」

ありす「そ、それじゃそうですけど…」

P「じゃあ行くか、ゼクシるぞ」

ありす「」


4:2014/04/20(日) 22:35:29.16 ID:U11YAyLjo

× そ、それじゃそうですけど
○ そ、それはそうですけど


P「いやその前に書類とかの用意か?」

ありす「え、まだこの話続けるんですか?」

P「無論」

ありす「どうしたんですか?何か悪い物でも食べたんですか?」

P「強いて言えば苺パスタ」

ありす「あれはおいしい物です」

巴「そうじゃな」

P「そうだったのか」


6:2014/04/20(日) 22:41:10.85 ID:U11YAyLjo

P「アレを食べて以来世界が違った風に見えるのはそういう事だったのか」

巴「奇遇じゃな、うちも世界が広がったわ」

ありす「当然ですね」

P「ああ何だかまた食べたくなってきたな」

ありす「ふっ仕方ないですね、それでは近いうちに私が───」

雪美(メイド衣装)「………おまたせ」

P「わーい」


7:2014/04/20(日) 22:45:25.18 ID:U11YAyLjo

ありす「えっ」

P「衣装まで着ちゃって用意してくれるとは雪美は気が利いてるな」

雪美「……ふふ………当然………」

雪美「………私………Pの………メイドさんだから………」

P「嬉しいなあ」

雪美「………アイスティー……もどうぞ………」
サッー

P「お、ありがとう」


8:2014/04/20(日) 22:52:02.24 ID:U11YAyLjo

ありす「今アイスティーを入れる音じゃ無い音聞こえませんでした?」

雪美「………気のせい………」

P「そうだぞありす何を言ってるんだ?」

雪美「………そう………そう……P…飲んで……」

巴「」
ゴクゴク

雪美「………あっ」

巴「ん?すまんの、丁度うち喉が渇い…とっ………て」
バタン

巴「」

雪美「……………………」


9:2014/04/20(日) 22:56:48.99 ID:U11YAyLjo

巴「zzz」

P「あれ、急に眠ってどうしたんだ?疲れてたのか?」

巴「…われぇ…山と海…好きな方選べやぁ…」

P「全く寝言まで言ってしょうがないな、とりあえず仮眠室まで運ぶか」
スタスタ


ありす「……………」

雪美「……………」

ありす「……………」

雪美「……………」





雪美「…ありすも………飲む?」

ありす「いりません」


12:2014/04/20(日) 23:03:39.86 ID:U11YAyLjo

雪美「………意地悪……」

ありす「今のを見られて意地悪呼ばわりとはいい度胸ですね」

雪美「……巴………きっと疲れてただけ……」

ありす「ナルレコプシーばりの睡眠でしたけど」

雪美「…なるれこ……ぷし…?………」

ありす「そういう病気です、この病気の人は突然眠ってしまうんです」

雪美「………ありす………物知り……」

ありす「ふふん」

雪美「………飲む?」

ありす「飲みません」


13:2014/04/20(日) 23:14:10.95 ID:U11YAyLjo

雪美「……ありす………手強い……」

ありす「伊達に年上じゃありません」

雪美「………でも……負けない…………」
スッ

ありす「…?その白いハンカチで何をすると?」

雪美「……これ」
スッ   トントントントン

ありす「怪しげなビンに当ててトントン…ってそれってもしかして推理小説で見るクロロホ…」

雪美「…………ふふっ」
ジリジリ

ありす「え、あの、距離を詰めないで下さい」



14:2014/04/20(日) 23:21:17.03 ID:U11YAyLjo

雪美「……由里子と比奈………話してた………」

ありす「お、落ち着いて下さい」

雪美「…………このアイテムで……告白する……お話………」

ありす「絶対失敗します」

雪美「……ううん……純愛で……人気のある話……」

ありす「それら使って純愛になる話とか見てみたいです」

雪美「……最後……二人は………幸せに…キスするって…………」

ありす「(一体どんな話なんですかそれ)」




17:2014/04/20(日) 23:28:32.10 ID:U11YAyLjo

雪美「…全部は聞こえなかった………けど……きっとこれで合ってる……」

ありす「(たぶん二人が話してたのは何かの冗談なんでしょうけど、下手に信じ込んでしまってこんな事に)」

雪美「…大胆な告白は……女の子の特権……!」
カッ

ありす「(犯罪です)」

雪美「……ありす……少し寝てて……」

ありす(「駄目です…話を聞いてくれる雰囲気じゃない!ど、どうしたら)」

ガチャ
P「ただいまー何だか盛り上がってるなー」




19:2014/04/20(日) 23:34:38.11 ID:U11YAyLjo

ありす「Pさん!」

雪美「………あ……」

P「うん?どうした?」

ありす「(た、助かった、今Pさんにこの事を言えば…)」

雪美「……っ!………強行………手段…」
ガバッ

P「おわっ」

ありす「しまった!Pさん!!逃げて下さい!!」

雪美「………暴れないで…暴れな………あっ…」
ヒョイ

P「そりゃこっちの台詞だ」




22:2014/04/20(日) 23:43:19.53 ID:U11YAyLjo

雪美「………うぅ………」
プラーン

P「はしゃぐのはいいけど限度があるぞ?」

ありす「(…そういえば雪美さんじゃ正面からPさんに向かって敵う訳ありませんでしたね)」

雪美「………失敗……」

P「全くそんなに遊び足りないなら好きなだけ遊んでやるぞ?ほーれたかいたかーい」
プーラプーラ

雪美「………あっ………駄目……恥ずかしい……」

P「事務所で騒ぐ子にはお仕置きだなー」
プラプラ

雪美「………P……私…子供じゃない………」

P「ははははは………あっ」


23:2014/04/20(日) 23:52:20.22 ID:U11YAyLjo

P「そうそう子供で思い出した」

雪美「………?…………」

ありす「…何でしょう」

P「さっきの話だけど無理だったな、年齢足りないじゃないか」

ありす「今更何言ってるんです?」

P「待てますかってのもそういう意味だったかーありすは物知りだなー」

雪美「……やっぱり……ありす……物知り……」

ありす「ふふん」


25:2014/04/21(月) 00:03:27.65 ID:Ft/wUooHo

P「ま、残念だけどしょうがない、苺パスタでも食べて忘れよう」

ありす「苺パスタでこんな話を流さないで下さい」

P「苺パスタは大事だろ?」

巴「大事じゃな」

ありす「いつのまに」

巴「苺パスタの有る所にうち在りじゃ」

P「それじゃ雪美も頼むぞ」

雪美「……うん………作戦……失敗したけど………メイドさんだけでも……する……」

P「おう頼むぞ」

ありす「待って下さい、まだ話は終わって───」






皆は幸せに苺パスタを食べて終了

おしまい


26:2014/04/21(月) 00:04:50.59 ID:Ft/wUooHo

読んでくれた方ありがとうございました
思いつきだけでスレを立ててはいけないなと思いました今は反省してます


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1398000594/

→→もっとアイドルマスターを読む←←