1:2014/08/26(火) 03:06:54.75 ID:sUk4d7DSO

洋榎「せや!」

恭子「って、なんでいきなりそんな話題を?」

由子「それはもちろん一一」

洋榎「恭子の今日の格好や!」

恭子「え?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1408990013



2:2014/08/26(火) 03:08:18.13 ID:sUk4d7DSO

由子「“末原恭子可愛いバージョン”になってるのよー」

恭子「これは…代行が暇潰しゆーて、私の服装と髪型をいじっていくから…」

洋榎「ほんまにそれだけかー?」

由子「のよー」

恭子「…いやに引っ張りますね。主将はいつもみたいに『部活中にテロリストが襲ってきて、なぜか自分だけ大活躍する話』でも妄想しててくださいよ」



3:2014/08/26(火) 03:10:29.32 ID:sUk4d7DSO

洋榎「せやせや…突如学校に現れるテロリスト!そこをウチがちぎってはなげ、ちぎってはなげ…」

洋榎「…って、そうやなくて!恭子、実は好きな男でもできたんちゃうか?」

由子「色気づいてるのよー」

恭子「へ?」


4:2014/08/26(火) 03:12:17.92 ID:sUk4d7DSO

タタタタッ ガラッ

郁乃「えーっ!?末原ちゃん、彼氏ができたん?」

洋榎「うわっ」

由子「どこで聞いてたのよー」

恭子「いや…あの…」

郁乃「何や末原ちゃんもすみに置けへんなー。
相手はどんな男の子なん?どこまでヤッた…やなくていったのー?」


5:2014/08/26(火) 03:13:43.08 ID:sUk4d7DSO

恭子「別に付き合ってるわけじゃありませんし、特に意識してるわけでもないですよ…」

洋榎・由子「ほほーう…」

郁乃「ふむふむ」ニヤニヤ

恭子「?」

郁乃「とりあえず末原ちゃんに男の影はあり…と」

恭子「うっ…しまった…」


6:2014/08/26(火) 03:45:06.38 ID:sUk4d7DSO

漫「こんにちはー、何か今、代行がえらい勢いで走ってて、追い抜かされたんですけど…」

洋榎「あー…今、恭子に彼氏ができるのできんのゆー話でな…」

由子「のよー」

恭子「だから違いますって!」


7:2014/08/26(火) 03:47:04.69 ID:sUk4d7DSO

郁乃「ムキになって否定しちゃって、かわええなぁ」

漫「え!?末原先輩に彼氏?って、よく見たら“末原恭子可愛いバージョン”じゃないですか。
えーなー、彼氏えーなー」ニヤニヤ

恭子「」イラッ


8:2014/08/26(火) 03:48:39.85 ID:sUk4d7DSO

恭子「ほんなら…漫ちゃんのオデコに“彼氏募集中”って書いたるわ…
あ…“男なら誰でもいい!”のほうが効果的かもしれへんな」

漫「ひぃっ」

洋榎「何や漫、それならウチがモテるテクニックを教えたろうか?」


9:2014/08/26(火) 03:51:49.11 ID:sUk4d7DSO

全員「えっ!?」

洋榎「え?」

漫「主将…今まで彼氏とかいましたっけ?」

洋榎「」

洋榎「…」スタスタ

洋榎「……」ストン←部屋の隅


11:2014/08/26(火) 03:55:45.48 ID:sUk4d7DSO

洋榎「ららるー、ららるー…」

漫「ああっ!?主将が…」

由子「そ、そっとしといてあげるのよー」


12:2014/08/26(火) 03:58:15.71 ID:sUk4d7DSO

絹恵「こんにちはー!!…うわ!?どうしたんや?お姉ちゃん!」

洋榎「ええんや…ウチは麻雀で名を上げたる。
宮永照みたいに雑誌に可愛くうつって、男どもの注目の的になったるで…」ブツブツ

絹恵「もー、お姉ちゃんたら、らしくないでー。
チャンピオンかて、男目当てで麻雀やっとるわけやないやろ…」


13:2014/08/26(火) 03:59:50.08 ID:sUk4d7DSO

その頃の白糸台

照「すみれ、すみれ…」

菫「なんだ?」

照「私もそろそろ彼氏がほしい!」

菫「私だってほしいさ」

照「どこかにいい人いないかな。お菓子つきで…」

菫「庭付き一戸建てみたいに言うなよ…」


21:2014/08/27(水) 03:25:46.06 ID:xtvg8IlSO

再度、姫松

洋榎「そんなことより…」ユラァ

洋榎「恭子の彼氏さんや!」

恭子「だから付き合ってへんゆうとるのに…彼氏でも何でもないですって!」郁乃「今のところは」ボソッ

恭子「代行、声かぶせるのやめてください!」




22:2014/08/27(水) 03:27:45.32 ID:xtvg8IlSO

由子「これから付き合いたいってことなのよー」

漫「ひゅーぅ、積極的ぃ!末原先輩、青春を謳歌中やね!」

恭子「えーとマジック、マジック…『男に飢えてます』でええ?漫ちゃん?」

漫「ごめんなさーい!」




23:2014/08/27(水) 03:30:42.21 ID:xtvg8IlSO

絹恵「まぁまぁ、末原先輩。その人とは脈ありなんですか?」

恭子「脈もなにも…別段意識しとらんし…」

絹恵「でも、ちょっとしたきっかけで気持ちが変わるかもしれへんやないですか。仲良いにこしたことないですよ。」

恭子「そーいう考え方もあるかー。なんや絹ちゃんが一番彼氏できそうやん!」

絹恵「そ、そうですかー?」

恭子「スタイルええし」

洋榎「せやろー、さすがやろー」

恭子「主将のことじゃないからドヤ顔やめてください…」



24:2014/08/27(水) 03:33:39.12 ID:xtvg8IlSO

郁乃「それじゃー、末原ちゃん?」

恭子「?」

郁乃「末原ちゃんは今のままでも可愛えーけど……
もーっと可愛くなってその男の子をくぎづけにしちゃおうか?」ワキワキ

恭子「え?」

郁乃「ほな行くでー」ババッ

恭子「ちょっ…!?さっき髪型いじったばっかりじゃ…」




25:2014/08/27(水) 03:36:21.27 ID:xtvg8IlSO

しばらく後

郁乃「はい、できあがりー」

恭子「……」キラリーン

洋榎「おー」

漫「何故か服までかわいらしくなってますやん…学校なのに」

郁乃「こんな事もあろうかとー、衣装は用意してあるんやー」



26:2014/08/27(水) 03:37:52.17 ID:xtvg8IlSO

恭子「代行…監督じゃなくてスタイリスト目指したほうがええんとちゃいます?」

絹恵「それはそーと、これならデートすればイチコロですよ」

郁乃「その服、貸したげるからがんばってなー」

恭子「いや…今度、一緒に出かけるくらいならありますけど……」

洋・由・漫「ほう…」キラーン



27:2014/08/27(水) 03:39:57.22 ID:xtvg8IlSO

恭子「もうっ…やめやめ!変な話しとらんと練習しますよー!!」

全員「「はーい」」



由子「ちなみに可愛くなった恭子は、なぜか雀力もあがってたのよー。不思議なのよー…」




28:2014/08/27(水) 03:41:42.88 ID:xtvg8IlSO

後日


洋榎「全員揃っとるな!」

漫「おーぅ!」

由子「のよー」

郁乃「はーい」

洋榎「さぁ!恭子のデートを尾行するでー!」

絹恵「ちょっと、ちょっと、お姉ちゃん!」




29:2014/08/27(水) 03:43:11.17 ID:xtvg8IlSO

洋榎「ん?」

絹恵「いくらなんでもこないな大勢でゾロゾロついていったらバレてまうやん!
そもそもデートを尾行なんて趣味悪いわー」

洋榎「えー、そんなら絹は残っときー」

絹恵「む……わ、私は、お姉ちゃん達がお邪魔しないように見張っとらなあかんから…」

洋榎「な、なんや…別に、いきなり割って入って『はい、ドッキリでしたー』とか、や、やるつもりやないからな…」メソラシ

絹恵「あかん…絶対ついてくわ…」



30:2014/08/27(水) 04:28:05.24 ID:xtvg8IlSO

漫「あ…男の人と接触しましたよ」

洋榎「むむ…なかなかのイケメンやな…」

由子「いったいどんなデートをするのよー?」

絹恵「あ、あれ?二人で雀荘に入っていきましたよ…」




31:2014/08/27(水) 04:30:30.06 ID:xtvg8IlSO

洋榎「よーし、こっそり入って様子見や」





洋榎「……結局ずっと他の客と麻雀うってばかりやな。二人で対局の反省や牌譜の研究しとるし…」

由子「これじゃ部活風景と変わらないのよー」

郁乃「…ふーん」ニヤ




32:2014/08/27(水) 04:32:57.65 ID:xtvg8IlSO

由子「帰り支度はじめたのよー」

絹恵「別れて、別方向に…」

漫「ほんとに麻雀の訓練してただけ?」





33:2014/08/27(水) 04:36:12.10 ID:xtvg8IlSO

恭子「……」

スタスタ  ピタッ

恭子「…で、いつまで尾行してくる気ぃや、皆?」

洋榎「おおぅ」

由子「気づかれてるのよー」

恭子「もう」=3




34:2014/08/27(水) 04:39:38.48 ID:xtvg8IlSO

洋榎「なんや恭子ー、ちっとも色気のあるデートやないやないか…」

恭子「デートって…違いますよ…あの男の子とは前に雀荘で会って、麻雀の特訓をするようになっただけですよ。
別にどっかに遊びに行くような仲じゃありません。最初から言うてるやないですか…」

由子「照れ隠しじゃなかったのよー」

洋榎「えー、つまらんなぁ。『今夜は友達の家に泊まるからー』とか家に言い訳する恭子が見れると思っとったのにー」

恭子「なんちゅー想像をしとるんですか…」




35:2014/08/27(水) 04:44:06.82 ID:xtvg8IlSO

洋榎「あーあ、帰ろー。絹ー、唐翌揚げでも食べに行こー
やっぱり色恋沙汰より食べ物のほうがええわー」

絹恵「そ、それもどうなん?お姉ちゃん…」

漫「まー、せっかくやし、皆で食べにいきましょ」

由子「のよー」


恭子「さ…散々私のこといじっといて…」エー




36:2014/08/27(水) 04:48:02.08 ID:xtvg8IlSO

郁乃「末原ちゃん、末原ちゃん」チョイチョイ

恭子「な、なんですか?」

郁乃「ふふ…何やかやいうても、その服を着てくれたんやね…」ニコニコ

恭子「そ…それは…せっかく貸してもらったし…」




37:2014/08/27(水) 04:49:56.78 ID:xtvg8IlSO

郁乃「あの男の子、ずっと末原ちゃんに見とれてたようやし…」ニマニマ

恭子「なっ…にゃ…」///
郁乃「告白されたらどーするー?」ニヤニヤ

恭子「そっ…そんなの…されてから考えます…」

郁乃「今度は皆に気付かれないようにねー」ニッコリ

恭子「知りませんっ!!」タタタ



郁乃(ふふふ…末原ちゃんの恋路が上手くいきますようにー)


カン


38:2014/08/27(水) 05:00:09.98 ID:xtvg8IlSO

おまけ


男「すっ、末原さん…」

恭子「はい?」

男「俺、ずっと貴女のことが好きでした!付き合ってください!」

恭子「……ッ」
恭子(ほ、ほんまに告白された。ど、どーしよ、“されてから考える”なんて言うたけど、頭まわらへん…)

男「あの…」

恭子「あ…えっと…」
(ど、どないしよ…う、嬉しいけど…)






男「俺、もしテロリストが乱入してきても、末原さんのこと守りますからっ!!」

恭子「お前も妄想してるんかーい!!!」


39:2014/08/27(水) 05:03:28.33 ID:xtvg8IlSO

終わりです。
おかしくねーしさんにまとめられたらうれしい。


40:2014/08/27(水) 07:54:11.29 ID:Br9rlB3SO

おつおつ
みんなかわいい


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1408990013/