1:2014/04/05(土) 08:55:22.44 ID:ndC0hQft0





飛鳥「…………」


P「……ハイ……ハイ……」

飛鳥「……ふぁ、……」


P「イエイエ……ソレデハ……」ガチャリ


P「待たせたな」

飛鳥「ん、…それで、仕事はどうなったんだい?」ゴシゴシ

P「やっぱり、日程をずらして欲しいそうだ」

飛鳥「そうかい…問題は無いんだろう?」

P「そうだな…まだスケジュール表もあまり埋まってないし…申し訳ないな」

飛鳥「構わないよ、ボクもそこまで自惚れちゃいないさ」



飛鳥「つまり、だ」

P「?」

飛鳥「今日のボクはかなり暇だって事かな」

P「そうなるな」

飛鳥「ふうん………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1396655722



2:2014/04/05(土) 09:16:10.92 ID:ndC0hQft0

P「何かやりたい事でもあったのか?」

飛鳥「いや?ただそれだけさ」

P「…………」




P「…………時に、飛鳥」

飛鳥「なんだい?」



P「ケモミミというものを知っているかな?」

飛鳥「っ………、いやな予感しかしないけれど、そういう嗜好があることは知っているよ」

P「そうだろう、そうだろう……」


P「ならば、ネコミミというものも……」

飛鳥「寮に戻っても良いかな」


3:2014/04/05(土) 09:28:28.78 ID:ndC0hQft0

P「待て待て…話はまだ終わっちゃいない」

飛鳥「聞くまでも無いと思うんだけれど」

P「人の話は最後まで聞こう、な?」

飛鳥「…………」



P「話を戻そう」

P「初めにその概念を考え付いたのは何時なのか、誰なのか」

P「いやはや、俺には解らないけれど、しかしそれは記念すべき日であり、尊敬すべき人だ」

P「ただケモミミという視点で見た場合、おそらくはバニーガールが起源にあるだろうと俺は踏んでいる」

P「それから派生した一つの可能性こそがネコミミだ」

P「ネコミミは広く、一般的に普及している」

P「これも理由は分からないが、それに足る魅力があるのは確かだ」

P「それで、飛鳥」



P「ネコミミを付けてくれないか」

飛鳥「やっぱり帰らせてくれ」


4:2014/04/05(土) 09:36:41.46 ID:ndC0hQft0

P「待て待て待て………」

飛鳥「止めないでくれ」

飛鳥「今ボクはキミを視界に収めたくない」

P「酷い言い草だな……」

飛鳥「当然だろう…そもそも、それに関しては大御所が居るじゃないか」

P「みくは、ほら、芸人みたいな所があるから……」

飛鳥「キミも大概酷いことを言うね」

P「いいじゃないか……減るもんじゃなしに」

飛鳥「何も減らなければ快諾するとでも思っているのかい?」

P「強情だな……」


7:2014/04/05(土) 11:31:59.26 ID:ndC0hQft0

飛鳥「仕事だって言うんなら話は別さ」

飛鳥「でもこれはキミの趣味じゃないか」

飛鳥「何故ボクがつき合わなければならない」

P「まったく……仕方ない」


P「ここに、美玲が居る」ヨイショ

美玲「えっ?」ポスッ

飛鳥「何で?」

P「美玲を見ろ、仕事でもないのに耳っぽい物が付いているフードを被っている」ナデナデ

美玲「やめろっ」ペシッ

P「大したプロ根性じゃないか」

飛鳥「今は被ってないけどね」

P「そうだな……そう、ぅウェエッ!?」ガタッ

飛鳥「驚きすぎだろう」ナデナデ

美玲「なんなんだよ」ペシン

P「何故!?被っていない!?」

美玲「いや、暑苦しいじゃんか…」

P「なんてこった……」


8:2014/04/05(土) 11:43:31.65 ID:ndC0hQft0

飛鳥「まぁ、それは置いておくとして」

飛鳥「美玲は趣味で被ってるんじゃないか、仕事がどうこうとは関係無いだろう」

飛鳥「言わば仁奈と同じさ」

美玲「あれと同じにされるのはちょっと癪だぞー……」

P「鋭いな、仁奈もいる」ヨイショ

仁奈「ぅ?」ポスッ

飛鳥「だから何で?」


12:2014/04/05(土) 15:06:30.73 ID:ndC0hQft0

P「分かった、仕事の話はナシだ」

P「だが二人にはもう一つ共通点がある」

飛鳥「それは一体?」

P「可愛いだろう」

飛鳥「……ふむ……」


仁奈「美玲おねーさんかわいいでごぜーます!」

美玲「うー…なんでどいつもこいつも…」


飛鳥「否定はしないよ」

飛鳥「でも、ボクに求められているそれと彼女達のそれとでは大きな差があると思うんだけど」

P「フッ…」


13:2014/04/05(土) 15:27:52.49 ID:ndC0hQft0

飛鳥「何かなその笑いは」

P「甘い……」

飛鳥「それはどういうことかな?」

P「ここに、蘭子が居る」ヨイショ

蘭子「ふぇっ!?」ポスッ

飛鳥「一瞬受け入れてしまった自分が怖いよ」

P「突然で悪いが蘭子」

蘭子「……は!?はいっ………何用か?」

P「これを付けてくれ」スチャ

蘭子「それは……」ナデナデ

美玲「だーっ!」ベチッ

蘭子「ふむ……しかし、幾ら友の頼みとはいえ…」ギュー…

美玲「くそぅっ、離せっ」ジタバタ

P「悪いが、もう付いてる」

蘭子「うぇっ!?何で!?」ネコミミ


仁奈「あんなにはえーネコミミ、仁奈じゃなかったら見逃してたでこぜーます」

飛鳥「凄いね、将来有望だ」


17:2014/04/05(土) 17:41:00.22 ID:ndC0hQft0

P「ここに、ネコミミを付けた蘭子が居るわけだが」

P「何か感じることは無いか?」

飛鳥「質問が抽象的過ぎるね」

P「よし、じゃあ一つずつ確認しよう」

P「先ず蘭子は可愛い」

飛鳥「そうだね」

飛鳥「寒色系だからって理由でクールに分類されたんじゃないかってぐらいに」

P「ああ、そうだ」

P「次に、ネコミミを付けた蘭子だ」

P「更に可愛い」

飛鳥「わかるよ」

飛鳥「これで仕事が取れるんじゃないかってぐらい」

P「ネコミミの良さ、分かってくれたか?」

飛鳥「分かったけれど、だからってボクが付ける理由にはならないね」

P「何故だ、ネコミミを付けた蘭子はこんなにも可愛い」

飛鳥「幾ら蘭子が可愛くてもボクが可愛くなるとは限らない」

P「俺が保証する。お前ならこの蘭子のような可愛さを手に入れることが出来る」

飛鳥「褒め言葉と受け取っておくけど、悲しいかなボクは蘭子のような可愛さを求めては居ない、残念だね」

P「俺は諦めない。蘭子が更に可愛くなったように、お前も更に可愛くしてみせる」

飛鳥「強情だね」



蘭子「え、へへ……」ニヘラ

美玲「いっぱい可愛いって言われて嬉しいのは分かるけど、ちょっとニヤけすぎだぞ…」

蘭子「はうっ!」


18:2014/04/05(土) 17:50:54.69 ID:ndC0hQft0

P「逆に聞くが、何故そこまでにネコミミを拒むんだ」

飛鳥「ボクにキミの個人的なフェティシズムに付き合えと?」

P「成る程、お前から見て俺は変態か」

飛鳥「まだ一般人だと思っていたのが驚きだよ」

P「男は皆変態さ」

飛鳥「皆異常ならそれが正常とでも言うのかい?」

飛鳥「その理屈は嫌いじゃないけど、変態は嫌いさ」

P「俺が嫌いか」

飛鳥「少なくとも今は」


飛鳥「…そんなに付けたいなら蘭子のように無理矢理付けてしまえばいいと思うけど」

P「流儀だ」

飛鳥「キモいね」


22:2014/04/05(土) 20:28:49.86 ID:ndC0hQft0




  ガチャ


奈緒「ただいまー…っと」

凛「ただいま」スッ

美玲「っ………」サッ


加蓮「……何やってんの?」

P「聞いてくれよ、飛鳥がなかなかネコミミを付けてくれないんだ」

凛「……またやってんの?」ナデナデ

美玲「くっ……」ペチッ

加蓮「呆れた……」ナデナデ

美玲「何でっ」ペシン

奈緒「何だ?あたしは知らねーぞ」


加蓮「あれ?みんなにやってたんじゃないんだ」

P「発作みたいなもんだ、時々によるさ」

凛「でも、確かに飛鳥のネコミミ姿は見てみたいかも」



凛「…………」


凛「…………」ダッ

飛鳥「うあっ!?」サッ

凛「遅いよ」ガシッ

加蓮「ちょっと借りるね?」ヒョイ

蘭子「ぁ…」

美玲「…気に入ってたのか?」


凛「ふふふ…」ガッチリ

飛鳥「うぅ……」ジタジタ


飛鳥「無理矢理は流儀じゃ無いんだろう!?」

P「他人がやる分には知らん」

飛鳥「結構アバウトだね!?」

加蓮「観念しなぁー……」ジリジリ

飛鳥「くっ………」



23:2014/04/05(土) 21:31:01.85 ID:ndC0hQft0



奈緒「止めろお前ら」グイッ

凛「おっ?」

加蓮「うっ」

奈緒「年下相手に恥ずかしいんだよ」

飛鳥「…ありがとうございます」

奈緒「いや、いいってことよ」


加蓮「奈緒のくせにカッコつけてー…」

凛「……そうだ」


凛「年上相手なら良いんだよねっ!」ガバッ

奈緒「なぁっ!?」ドサッ

奈緒「ああくそっ!?こいつデカいっ!」バタバタ

凛「抵抗、したって…!」

奈緒「ひぅ!?そこは、卑怯だぁ……!」

加蓮「隙あり!」スチャ

奈緒「ああっ!?」

P「でかした」パシャパシャ

   パシャパシャ パシャパシャ




25:2014/04/05(土) 21:48:56.69 ID:ndC0hQft0




奈緒「くそぅ……お前らぁ……」

加蓮「後で送っといて」

P「事務所中に一斉送信してやるさ」

奈緒「鬼かっ!」


飛鳥「……それで、気は済んだかい?」

P「いや、全く」

奈緒「お前なぁ……!」

凛「どうどう、どうどう」

加蓮「恥かき損…」ボソリ



蘭子「異形なる肉を宿したり!」ネコミミ

美玲「よっぽど気に入ったんだなー…」

仁奈「ネコの気持ちになるですよー」



P「ほら、今付けちゃえば仲間が居るぞ」

飛鳥「別に恥ずかしいんじゃないよ」

P「うまいこと誤魔化されてくれないか」

飛鳥「無理だね」



P「……仕方ない」スッ


27:2014/04/05(土) 21:57:43.22 ID:ndC0hQft0

飛鳥「?」

P「諦めるさ」

P「そんなに嫌がるんならしょうがないさ」

飛鳥「いやにあっさりしてるね」

P「紳士たるもの無理強いをしてはいけない」

奈緒「あたしは…」

P「やったのは凛と加蓮だ、俺は知らん」

P「ごたごた言ってないで、行くぞ」

凛「ちょっと残念だけど、じゃあね」

加蓮「またねー」

奈緒「ったく、はぐらかしやがって…じゃあな」


美玲「ウチらもここに居る必要は無いなー」

蘭子「さらばだ!我が友よ!」

仁奈「さよーならでごぜーますよー」



飛鳥「……………」


28:2014/04/05(土) 22:08:55.38 ID:ndC0hQft0


>>26マジか…なんかショックだわ…



飛鳥「……………」フゥ…


飛鳥「……………」チラッ


ネコミミ「…………」


飛鳥(置いていったのか)

飛鳥(そこまで付けたい物なのか、これは)



蘭子『異形なる肉を宿したり!』



飛鳥(楽しそうだったな、蘭子)



飛鳥「…………」ゴソゴソ


手鏡「」



飛鳥「…………」キョロキョロ


飛鳥「…………」ジッ


飛鳥「…………」スチャ

飛鳥「…………」ネコミミ


飛鳥「よく、分からな……」

  パシャリ

飛鳥「!?」



29:2014/04/05(土) 23:09:40.75 ID:ndC0hQft0

P「…………」ニタァ


飛鳥「っ!キミは…」

 パシャパシャ パシャパシャ

P「ゥウヒョーッ!!」

飛鳥「!?」

P「これだよぉ!これが見たかったんダァ!」

P「ヒョッホーイ!!」パシャパシャ


凛「確かに」ヒョコ

加蓮「思った以上だね」ヒョコ

飛鳥「!?帰ったんじゃ……」

奈緒「………その、すまんな」

凛「可愛いじゃん飛鳥」

加蓮「似合ってるよー可愛いよー」

奈緒「…………」

奈緒「すま、ん…」プルプル

飛鳥「───っ!」カァッ

凛「お」

加蓮「赤面いただきました」

P「恥ずかしくて真っ赤になってるネコミミ飛鳥可愛い!!可愛いヒョーォウ!!」パシャパシャ

飛鳥「いいっ、加減にぃっ!!」プルプル

P「オホォーー!!ウッヒョーー!!」


──────……

───………

─…………



30:2014/04/05(土) 23:16:21.95 ID:ndC0hQft0





飛鳥「ふぅ………」

飛鳥(今日は一段と疲れたな…)


P「飛鳥、お疲れ様」

P「差し入れだ」

飛鳥「、ありがとう、気が利くね」

P「礼はいい」


P「…………」

飛鳥「どうかしたのかい?」



P「時に、飛鳥」

飛鳥「?」

P「その、代わりと言っちゃあ何だが……」



P「メイド服と言う文化を……」

飛鳥「着ないよ?」


31:2014/04/05(土) 23:18:05.53 ID:ndC0hQft0

なんとか日が変わる前に終わり

飛鳥ちゃんにはネコミミが似合うと常日頃から思っていました

皆も飛鳥ちゃんに投票しよう!


32:2014/04/05(土) 23:20:36.91 ID:I2eqXVIi0


安心しろ全ブッパだ


34:2014/04/05(土) 23:21:31.70 ID:XqwnzFFto


ネコミミ飛鳥ください(投票しつつ)


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396655722/