1:2013/08/04(日) 15:02:57.28 ID:dP8Hvc3z0

咲「えっ?うんいいよ、それでどこに行くの?」

衣「そんなベタなジョークはいらないぞ。衣の恋人になってくれってことだ」

咲「……え」

咲「ええええーっ!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1375596177



2:2013/08/04(日) 15:05:04.55 ID:dP8Hvc3z0

――――

久「で、結局天江さんと付き合うことにしたんだ?」

咲「はい。私も衣ちゃん好きですし」

久(う〜ん、咲の好きと天江さんの好きの意味合いが違う気がするわね)

久「ところで和にはこのことは?」

咲「まだ言ってませんが…」

久「当分言わない方がいいと思うわ」

久「天江さんの無事を願うなら、ね…」

咲「?よく分かりませんが、部長がそう言うなら…」


和「っくしゅん!…何だか今誰かに噂されてたような…」

和「そんなことより今日も咲さん秘蔵写真を見ながら咲ニーでもしましょう」ムフフ


3:2013/08/04(日) 15:06:37.58 ID:dP8Hvc3z0

久「それで今日は天江さんの家に招待されてるんだっけ」

咲「はい。もうすぐ校門にお迎えの車が来ると思うんですが…」

久「そうなの。まぁ楽しんでらっしゃい」

咲「はい、ありがとうございます部長。それでは行ってきます」


久「それにしても、咲と天江さんねぇ…」

久「…どっちが『上』になるのかしら?」


4:2013/08/04(日) 15:08:00.38 ID:dP8Hvc3z0


龍門渕邸


咲「うわぁ、大きなお屋敷だなぁ…」

透華「あら宮永さん。ようこそいらっしゃいましたわ」

咲「あ、龍門渕さん。本日はお招きありがとうございます」ペッコリン

衣「咲ー!待ちかねたぞ!!」

咲「あ、衣ちゃんこんにちは」

一「せっかく宮永さんが来てくれたんだし、今日は皆で麻雀しようか」

純「おっいいね〜!」


5:2013/08/04(日) 15:09:53.04 ID:dP8Hvc3z0


咲「嶺上開花」

衣「海底撈月」

咲「嶺上開花」

衣「海底撈月」

純「」

智紀「」


一「え、えーと…2人ほど撃沈したところでそろそろお開きにしようか」

透華「そ、そうですわね」

衣「やっぱり咲と打つ麻雀は楽しいな!」

咲「うん、麻雀ってやっぱり楽しいよね!」

純「」

智紀「」


6:2013/08/04(日) 15:11:25.69 ID:dP8Hvc3z0


衣「咲、ここが衣の部屋だ!」

咲「お邪魔します…わぁ、すっごく広い!」

衣「そうか?」

咲「うん。私の部屋の倍はあるよ」あはは


衣「…咲、今日は泊まっていってくれるか?」

咲「うん、いいよ」

衣「……」

咲「ん?どうしたの衣ちゃん?何だか神妙な顔してるよ?」

衣「…咲、前から思ってたんだが」

咲「何?」

衣「付き合うということがどういうことか、分かっているのか?」


7:2013/08/04(日) 15:12:31.66 ID:dP8Hvc3z0

咲「…えっ?」

衣「つまり恋人同士がどういうことをするかってことだ!」

咲「え、ええと…手を繋いだりデートしたりするんだよね?」

衣「…それだけか?」

咲「他に何かあるの?」

衣「…衣の告白をあっさりと承諾したのも、そういうことか…」

咲「?衣ちゃん?」

衣「…恋人同士ならこういうことをするものだ!」ガバッ

咲「きゃっ!?」ドサッ


8:2013/08/04(日) 15:14:26.12 ID:dP8Hvc3z0

衣「」チュウッ

咲「んんっ!?」

咲(こ、衣ちゃんにキスされちゃってる!?)

衣「」ニュルッ

咲「う、んうっ!?」

咲(な、何か口の中に暖かいものが…って)

咲(こ、こ、これって衣ちゃんの舌っ!?)

衣「」チュウウッ

咲「ふうっ、んんっ///」

咲(私の舌、衣ちゃんの舌に絡め取られて…っ)ゾクゾク

咲(熱い、苦しい、息ができな…っ)ビクンッ


9:2013/08/04(日) 15:15:46.10 ID:dP8Hvc3z0

衣「ぷはっ」

咲「はっ、はあっ、はあっ///」

衣「衣が咲をどういう目で見ているか、これで分かったか」

咲「…っ!!」

衣「咲は付き合うということを友達の延長のように考えていただろう」

衣「だから簡単に泊まるなんて言えるんだ」

咲「こ、衣ちゃ…」

衣「もうよい。…衣の気持ちを無理に押し付けたりして、悪かった…」

咲「あ…」

衣「もう、帰ると良い…」


10:2013/08/04(日) 15:17:31.81 ID:dP8Hvc3z0


――――

咲「……」とぼとぼ

一「…あれ?宮永さん?」

咲「あ、国広さん…」

一「もう帰っちゃうの?衣は?」

咲「……」

一「…何か、あったみたいだね」

一「僕で良かったら相談に乗るよ?」


11:2013/08/04(日) 15:19:06.46 ID:dP8Hvc3z0


――――

一「…そっか、衣とそんなことが…」

咲「…私、衣ちゃんに酷いことをしました」

咲「深く考えず軽々しく告白の返事なんかして…衣ちゃんの想いを無下にしちゃって…」

咲「あげく衣ちゃんを傷つけてしまって…」ポロポロ


一「……」

一「…ねえ、宮永さん」

一「宮永さんはさ、衣にキスされた時、どう思った?」

咲「…え?」

一「嫌だとか、気持ち悪いだとか、思ったりした?」


12:2013/08/04(日) 15:20:40.54 ID:dP8Hvc3z0

咲「…ビックリしたのと、ちょっと怖かったりはしたけど…」

咲「嫌だなんて思ったりはしませんでした」

一「そっか。…良かった」

咲「あと…」

一「ん?」

咲「ちょっと…ぞくっとしちゃいました///」かあっ

一「…そうなの?」

咲「…は、はい///」カアア

一(うわ〜宮永さん顔真っ赤…何というか初心で可愛いなぁ…)


13:2013/08/04(日) 15:22:26.59 ID:dP8Hvc3z0

一「…あのね、宮永さん」

咲「はい」

一「好きでもない人にディープキスなんてされると、普通は気持ち悪いものなんだよ」

咲「え、そ、そうなんですか?私、今までそういう経験がなくて…」

一「うん。宮永さんは恋愛慣れしてないんだよね」

一「だから衣と恋人になっても、キスしたいだの触れ合いたいだのっていう感情が湧いてこなかった」

一「でも今はどう?衣にキスされて、ぞくっとしたんだよね?もっとしたいって、思ったりしない?」

咲「…私、衣ちゃんと…」

咲「…もう一度、キスが…したい…かも///」カアア


14:2013/08/04(日) 15:24:43.95 ID:dP8Hvc3z0

一「ああもう可愛すぎるよ宮永さんっ!!」ダキッ

咲「きゃっ!?」

一「ああごめん。君があんまり可愛い反応するもんだからつい」サッ

咲「は、はぁ…///」


一「ねえ宮永さん」

一「今の宮永さんの気持ちを衣に正直に伝えてごらんよ」

咲「え、でも私…」

一「きっと衣もそれを望んでると思うから。ね、お願い」

咲「……分かりました」

咲「私、衣ちゃんに自分の気持ちを話してみます」

一「それが良いよ」

咲「あの、国広さん。色々とありがとうございました!」

一「ううん。僕は衣にも宮永さんにも幸せになってもらいたいだけだから」


16:2013/08/04(日) 15:26:13.24 ID:dP8Hvc3z0

一「それじゃあ健闘を祈ってるよ」

咲「はい!それでは行ってきます!!」ダッ

一「…全く、2人とも不器用なんだから…」



衣「…はぁ…」

衣(さっきは咲の態度にカッとなってついあんなことを…)

衣(もう完全に嫌われてしまっただろうか…)ジワッ

咲「衣ちゃんっ!!」バタンッ

衣「!?さ、咲!?」


17:2013/08/04(日) 15:28:09.02 ID:dP8Hvc3z0

咲「わ、私、衣ちゃんにどうしても伝えたいことが…」

衣「伝えたいこと!?一体何を…」

咲「…私、今まで誰かに恋したことなかったから、恋人っていっても何をしていいものか分からなくて…」

咲「でもさっき衣ちゃんにキスされて、その、もっとして欲しいって思ってる自分に気づいたの…」

衣「……」

咲「今更虫が良すぎるかもだけど、ってあの衣ちゃん、聞いてる?」

衣「…さ、咲いいいいい!!」ガバッ

咲「わわっ!?衣ちゃんっ!?」

衣「咲に、嫌われたと思ったから、う、嬉しくて」グスングスン

咲「…私が衣ちゃんを嫌いになることなんてないよ」

衣「咲…」


18:2013/08/04(日) 15:29:40.38 ID:dP8Hvc3z0

咲「あ、あの衣ちゃん。今度は私からキスしても…良いかな?///」

衣「!!も、もちろんだ!!」

咲「じ、じゃあいくね///」

咲「」チュッ

咲「お、終わり!!」バッ

衣「……」ガクッ

咲「こ、衣ちゃん?」

衣「…そんな子供みたいなキスで満足できるか!!」ガバッ

咲「きゃっ!?」ドテッ


19:2013/08/04(日) 15:31:43.59 ID:dP8Hvc3z0

衣「」チュウウッ

咲「んうっ」

咲(あ、また衣ちゃんの舌が…でも今度は怖くない…)

衣「ん、んふぅ」チュクチュク

咲「ふうぅ、んんっ」チュクチュク

咲(口の中、かき回されてぞくぞくする…気持ち良…)

咲(あ、頭の中が真っ白になって………)

咲(………………)



衣「…ん?咲?」

咲「」キュウ


衣「さ、さきー!?しっかりしろー!!」


20:2013/08/04(日) 15:33:21.95 ID:dP8Hvc3z0

一「…ふふ、2人とも進展できたようで良かったよ」

透華「覗き見なんてはしたないですわよ、一」

一「そういう透華だって…でもキス如きで失神しちゃう宮永さん可愛いなぁ」

透華「一、浮気は駄目ですわよ!」

一「何言ってるのさ。僕には透華だけだよ」

透華「は、一///そ、そろそろ私達も戻りますわよ!!」

一「あ、待ってよ透華〜!!」


21:2013/08/04(日) 15:35:06.67 ID:dP8Hvc3z0

数日後


優希「さあ今日も元気に部活だじぇ!!」

京太郎「お前はいつも無駄に元気だな…」

咲「…」ペラッ

和(はう…真剣に読書してる咲さんふつくしいです///)

久「咲はさっきから何の本を読んでるのかしら?」

咲「あ、えと、これはその…///」

久「ん、どれどれ…【女の子同士の恋愛のノウハウ】?」

和「!?」

久「ああ、なるほど。そういうことね」ニヤリ

和(こ、これはアレですか!?私へのお誘いってことで良いんですよね咲さん!!)


22:2013/08/04(日) 15:37:58.66 ID:dP8Hvc3z0

和「わ、私はいつでも準備万端ですよ咲さん!!」

咲「えっ?」


衣「咲ー!!迎えにきたぞー!!」バタンッ

咲「あっ、衣ちゃん」パアッ

和「!?」

久「あら天江さんいらっしゃい」

まこ「ん?何で天江衣がここに?」

久「それは咲と天江さんが深い仲だからよ」

和「…………SOA?」


23:2013/08/04(日) 15:39:01.59 ID:dP8Hvc3z0

衣「咲に早く会いたくてハギヨシに車を飛ばしてもらったぞ!」

咲「私も会いたかったよ衣ちゃん」

衣「咲…」チュウッ

咲「んっ!!」


和「」

京太郎「うおおっ!!」

久「ひゅ〜♪」

まこ「見せつけてくれるのう」


衣「ぷはっ」

咲「も、もう衣ちゃん!皆の見てる前でなんて恥ずかしいよ///」

衣「咲は気にしすぎなんだ。こんなキスくらい恋人同士じゃ当然だ!」

咲「そ、そうなのかな?」

衣「うむ。ではそろそろ行こうか、咲」


24:2013/08/04(日) 15:41:01.23 ID:dP8Hvc3z0

咲「うん。…それでは部長、今日はお先に上がらせてもらいますね」

久「どうぞどうぞ〜」

衣「清澄、邪魔したな!」バタン!


久「…ふむ。あの様子じゃ咲がネコね…」

まこ「猫?何のことじゃ?」

和「」

優希「さっきからのどちゃんが息してないじぇ…」

京太郎「そりゃあな…」

久「そっとしておきましょう。部の平穏のためにもね…」


25:2013/08/04(日) 15:43:09.42 ID:dP8Hvc3z0

咲「今日はどうしよっか?衣ちゃん」

衣「衣の部屋で2人でゆっくりしたいな」

咲「うん。それじゃあ衣ちゃんの家に行こう」

衣「咲、今日は衣の家に泊まっていってくれるか…?」

咲「え?う、うん///いい…よ///」

衣「…っ!!」パアッ


衣「咲。大好きだ」チュッ

咲「うん。私も大好きだよ衣ちゃん」チュッ


カン!


26:2013/08/04(日) 15:44:03.15 ID:Y9xZpVMMo


咲衣かわええ


29:2013/08/04(日) 16:37:26.83 ID:cIVbxgGAo

おつおつ


32:2013/08/04(日) 18:56:03.74 ID:x7iBbDUro

安定の原村落ち



33:2013/08/04(日) 18:57:24.78 ID:Wym3fgvOo

乙ー!
すばらな咲衣だった


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1375596177/