1:2013/04/22(月) 23:14:08.11 ID:BUAJqmMY0

ライナー(おい、エレン…やめろよ! でかい声だすな)

エレン「でかすぎだろwwwまじ何十センチあんだよwwwwww」

ライナー「ジロジロみるなって、早く風呂つかってこい」

エレン「にしてもでけぇなwwwwお前巨人かよwwwwww」

ライナー「……」

エレン「そんでアルミンのチンコは相変わらずちっけーなーwwwww」

アルミン「や、やめてよエレン…隣には女子が入ってるんだから」

エレン「…? なんか関係あんのか?」


3:2013/04/22(月) 23:16:11.03 ID:BUAJqmMY0

エレン「おいジャンも見せろよ」

ジャン「はっ!? いや俺は……」

コニ「そうだぞ見せろよ」

エレン「なんで隠すんだよ」

コニ「裸の付き合いだぞ」

エレン「ベルトルトもこそこそしてんなよ。タオルなんてとっちまえって」

ベルトルト「あ、やめ…」

バッ

エレン「ベルトルトのチンコなげぇwwwwwwwwwwwww」


5:2013/04/22(月) 23:19:05.62 ID:BUAJqmMY0

アルミン「(やめなよエレンッ!)」

ライナー「なんでテンションあがってるんだお前は…」

エレン「いやーだってよぉwwww」

エレン「俺、男同士で風呂入るのってめったにないからさ」

エレン「親父はずっと出張だったしな」

エレン「そういや昔はずっとミカサと入ってたなー」

ジャン「!!!?!!?」

エレン「そういえば隣にミカサもいるんだよな」

エレン「おーいミカサー、ベルトルトのチンコなげーぞーwwwwwwww」


12:2013/04/22(月) 23:24:44.47 ID:BUAJqmMY0

ベルトルト「うう…ひどいよエレン…///」

ジャン「……ミカサが…エレンと…ふ、ふ、ふろ…?」

ライナー「(心中察する)」

ジャン「ハハ…ハハハ……」

アルミン「僕もう先にあがろうかな…」

アルミン「ごめんね、エレンって昔からこうなんだ」

アルミン「テンションが振りきれると頭がおかしくなるんだ」

アルミン「そういえばミカサもミカサで変なところがあったな……あれは僕らがまだ10歳のt」

コニー「おいお前ら黙れ。ちょっと静かにしろ!」

ライナー「耳をすましてみろ」

エレン「どうした?」

アルミン「……さきにあがるね」クスン

コニー「女子風呂のほうからなんか聞こえる…」


16:2013/04/22(月) 23:28:39.02 ID:BUAJqmMY0

ユミル「おいクリスタ隠してんなよwwwwwwww」

クリスタ「やめてやめてユミル」

サシャ「どうして前を隠すんですか?」

ユミル「こいつ恥ずかしがってんだよ、ちっけーから」

サシャ「はい?」

クリスタ「ユミルのセクハラ魔神!」

サシャ「お風呂にタオルは持って入っちゃだめですよ」

アニ「あんたら静かに入れないの」

ミカサ「……」


<ライナーのチンコでけぇwwwwwwww


ミカサ「! エレンの声がした」


21:2013/04/22(月) 23:31:21.54 ID:BUAJqmMY0

クリスタ「い、いま…チン…って/// 聞こえたような気がしたんだけど」  

ユミル「あー? ライナーのチンコ?」

クリスタ「ユミルっ!!///」

サシャ「なんですかちんこって」

ユミル「は? 男のアレに決まってんだろ」

サシャ「なんですかアレって?」

ユミル「(うおおコイツマジかよ……)」

ユミル「(お、良い事おもいついたぞ)」

サシャ「……?」

<ベルトルトのチンコなげぇwwwwwwwwwwwww


ミカサ「やっぱり空耳じゃない! エレンの声がした!」ザバッ

アニ「……」


25:2013/04/22(月) 23:35:37.03 ID:BUAJqmMY0

ユミル「いいか、チンコってのは男の股に生えてるキノコのことでな。

サシャ「キノコ!? キノコが生えてるんですか!?」

ユミル「世界にただひとつ。形もサイズも味も違うオンリーワンの珍味だ!」

サシャ「珍味!?!? やったー!!」ジュルリ

クリスタ「ちょ、ちょっとユミル……///」

ユミル「まーもうちょっとだけ遊ばせろよ」

サシャ「男子の股間にそんな素敵なものがあるなんて…」キラキラ


35:2013/04/22(月) 23:41:03.19 ID:BUAJqmMY0

サシャ「話を聞いてるとなんだかお腹すいてきましたね?」

クリスタ「さっき晩御飯たべたばっかりだけど……」

ユミル「お、腹減ったよな? キノコたべたいよな!?wwww」

サシャ「食べたい…ですねwwwwww」



ミカサ「そういえば…」チラッ

アニ「…?」

ミカサ「私は昔よくエレンと一緒にお風呂に入っていた」

アニ「…は? 何いきなり話だしたの」

ミカサ「別に、ただの思い出話だから忘れて」フッ

アニ「は?」イラッ

<おーいミカサー、ベルトルトのチンコなげーぞーwwwwwwww

アニ「コイツさっきからなんのさ。耳障りなんだけど」

ミカサ「やっぱりそうだ。エレンはお風呂に入りながらもずっと私のことを考えている…!」


43:2013/04/22(月) 23:45:46.89 ID:BUAJqmMY0

ユミル「よし、行ってこい。土下座すれば食べさせてもらえるとおもうぞ」

サシャ「はい! みんなの分も収穫してきます!」

サシャ「えっと隣にはエレンとコニとジャンとライナーとベルトルトとアルミンがいて…やったー60本!!」

クリスタ「そんなに生えてないよ!?」

サシャ「行ってきます!」

クリスタ「ちょ、ちょっとだめーー!!」ガシッ

サシャ「離してください! 私チンコ食べたいんです!!」

クリスタ「イヤーおっきい声でそれを口にだすのもダメ!!!」

ユミル(バカだ!こいつバカだぞwwwwwww)ヒー


ミカサ「エレンが呼んでいる……」

ミカサ「やっぱり私がいないと不安でお風呂にも入れない……」

アニ「は? は?」


48:2013/04/22(月) 23:50:15.61 ID:BUAJqmMY0

ミカサ「どいて」

アニ「さすがに通すわけにはいかない」

ミカサ「私はエレンの頭を洗わないといけないことを思い出した」

ミカサ「エレンは不器用だから一人で頭を洗うことができない」

ミカサ「自分でやろうとすると必ず目にあわが入って痛い思いをする」

ミカサ「それはあまりにも残酷…」


<いってーwwwwww目に泡入ったわ―wwwwwwwww
<ナニヤッテンダヨ…ガキカ…


ミカサ「エレーン!!!!」ザバァ

アニ「くっ、止まれ!!」ガシッ

アニ「あんたそんな格好で男子の前に行く気」


52:2013/04/22(月) 23:54:30.12 ID:BUAJqmMY0

サシャ「クリスタ離してください!!」

サシャ「男子ぃーーー!!!!」

サシャ「私の珍味ぃいいいいいいいい!!!!」

クリスタ「ああああああ/////」

クリスタ「私のちからが止まらないよぉ。ミカサ、アニ、助けて!」

ユミル「あっちはあっちでなんか揉めてるみたいだぞwwwwwww」

クリスタ「うえええええん」

サシャ「この壁を越えれば…! 珍味が! 珍味があぁ!!」

ミカサ「この壁を越えればエレンが…!まっててエレン!!」



コニー「なんか女子風呂騒がしくね?」

ライナー「あ、あぁ…」

エレン「っべーwwめっちゃ目いてぇわwwwwwどうやったらシャンプーできんだよwwww」

ジャン「っせーなお前はよぉ!!!」


57:2013/04/22(月) 23:58:47.59 ID:BUAJqmMY0

ライナー「シッ、壁の向こうからクリスタの声が聞こえたぞ今」

アルミン「なんの話かまではわからないね」

ジャン「なんだか誰ぞのおぞましい叫びも聞こえるんだが…」

ベルトルト「ぼ、僕もうあがろうかな…」ブルッ

コニ「お、俺も…なんかすっげぇ邪悪な気配がするんだよな」

ライナー「ゴクリ…そうだな、どのみちそろそろウチの班はあがる時間だ」


エレン「おいwwwwww誰か手伝ってくれwwwwwおいwwwww」

エレン「あ、そうか! 目つぶってすればいいんじゃねぇかwwwwwwww」

エレン「すげぇな俺……」


62:2013/04/23(火) 00:02:17.29 ID:JVRwr8Uh0

よじ…よじ……ミシ


クリスタ「あぁ…ダメだった…私って無力」

ユミル「すげぇ…あいつら風呂場のつるつるした壁をよじ登ってやがる……」

クリスタ「(立体機動装置いらないじゃん)」

アニ「……チッ」


ミカサ「エレン、すぐ行くからね……」

サシャ「チンコぉぉおお、チンミぃぃいいい!!」


66:2013/04/23(火) 00:08:03.33 ID:JVRwr8Uh0

エレン「よし! できたぞ!」

エレン「これでもうミカサがいなくても風呂に入れる!」

エレン「俺はもうミカサなんていなくても風呂に一人で入れるんだ!!!」


スタッ

ミカサ「エレン…いまなんて……」

エレン「え!? ミカサ…? お前なんで裸なんだ…」

ミカサ「あ…あ……エレンが私の手を離れていく……」


ベシャッ

サシャ「イタタ……やったー着いた! キノコ狩りだー!!!」

サシャ「あれ? エレンしかいませんね」

エレン「な、なんでサシャまで!?」


76:2013/04/23(火) 00:12:46.80 ID:JVRwr8Uh0

サシャ「んー? キノコってこれですか?」

エレン「は? 何見てんだよ…おい女子はあっちいけよ」

エレン「まじで入ってくんなって」

エレン「ここは女子禁制の神聖な男子風呂だぞ」

エレン「壁無理やり突破してくるとか巨人かっての」

エレン「こんなの規律違反だぞ。一緒に入ってるのバレたら教官に怒られちゃうだろ」

サシャ「エレン、ほかの男子はどうしました?」キョロキョロ

エレン「え? あれ? みんなどっか行っちゃったな」

サシャ「そうですか。じゃあエレンのだけいただきますね?」

エレン「は?」


ブチィッ


END


→→もっと進撃の巨人を読む←←