1:2013/07/01(月) 14:59:42.38 ID:awX0JITO0

クリスタ「忘れ物しちゃった!」

ある日、私が食堂に寄ると見たことの無いノートがあった。

クリスタ「...誰の忘れ物かな...?」

タイトルには、細長く綺麗に伸びた文字で「日記」と書かれていた。

続き書きます?

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1372658382



4:2013/07/01(月) 15:24:20.85 ID:awX0JITO0

なら書こうかな

バサッ

クリスタ「あ...」

クリスタ「...中身覗いちゃ駄目だよね...っ」

クリスタ(でも、ちょっと見えちゃった)

クリスタ「ちょっとなら...良い...よね?」



6:2013/07/01(月) 15:50:13.46 ID:EaJH8S9e0

◯月◯日

今日は立体起動の練習があった。

御飯が美味しかった。

クリスタ(...サシャの物かな?)

と思ったけど色々な形の文字でそれぞれ筆圧が違うから、色々な人が書いている事が分かった。

◯月◯日

今日の座学は内容を分かっていない人が多かった。

今度まとめたノートでもつくろうかな。

クリスタ(これは...アルミンかな?)

◯月◯日

今日アニに負けた。
アニに勝てない、勝ちたい。
アルミンにでも相談しようかな。

クリスタ(これはエレンかな。)










7:2013/07/01(月) 16:02:56.42 ID:BiawfSC00

◯月◯日
エレン食べたいエレンshshしたい
エレンマジきゃわわエレン口に入れたい
エレンカジカジしたい(以下略)

クリスタ(...ノート二枚分使ってる...これは...ミカサ...かな?)

◯月◯日
クリスタマジ天使
クリスタマジ女神
クリスタマジshshしたい
以下略

クリスタ(......これは...ライナー?)ドンビキ











8:2013/07/01(月) 16:22:06.01 ID:PzM52fdO0

◯月◯日
今日もベルトルトって呼ばれなかった。
今日はベルベルトとベルトットとベルルルトと
ベルクサルドと(以下略)

クリスタ(...ベルベルト...)ホロリ


クリスタ「...」

私は、いちばん最後の空白のページに飛ばした。書いてみたくなったからだ。

クリスタ「鉛筆...あったあった」スッ

◯月◯日

今日はサシャが私の食べ物を取ろうとした。
ちゃんと返してくれたけど顔が絶望に満ちた顔をしていた。
今度何か買ってあげようかな

クリスタ(これで良いかな)

クリスタ(明日が楽しみだな)

私は忘れ物を取って女子寮に戻った。



10:2013/07/01(月) 16:27:31.39 ID:7yJOEpyo0

次の日の夜

クリスタ(今日も書こうかな)

パラッ



◯月◯日

今日はサシャが私の食べ物を取ろうとした。 ちゃんと返してくれたけど顔が絶望に満ちた顔をしていた。 今度何か買ってあげようかな

↑マジ女神

↑クリスタ乙

↑マジ天使

クリスタ(え?!) ガタッ



14:2013/07/01(月) 17:05:57.87 ID:nssXiaZd0

今日は日記に書き込みが多かった。

◯月◯日
今日はエレンが座学の授業中に
寝ていたから起こしてあげようとしたら
手をあげたのと勘違いされて当てられてしまった。
その場にアルミンが居なければ即死だった。

クリスタ(...ミカサだから今日あたふたしてたのかな...)

同日
まとめノートを作ってみたから
次赤点取ると危ない子はアルミンに声をかけてね。(サシャとコニー)

クリスタ(アルミン良い子...)

同日

アルミン、おれをばかにしないでください。
ので、のぉとはかしてください。

クリスタ(コニー...語力が...)

私も書き込んでおこう。

クリスタ(今日はバレないように...)

同日

今日は良い天気だった。
御菓子でも作りたいな。

クリスタ(これはバレないよね?)

女子寮に戻ろっと。








15:2013/07/01(月) 17:09:37.31 ID:psO+0gd60

次の日

同日

今日は良い天気だった。
御菓子でも作りたいな。

↑クリスタ乙
↑作ったらください
↑マジ女神

クリスタ(またバレた?!)ガンッ

席はずす
次投下出来るの7時から位かな









29:2013/07/01(月) 20:27:56.82 ID:awX0JITO0

投下致します

クリスタ(今日は誰が書き込んだのかな?)

◯月◯日

今日もミカサが世話をやいてきた。
やめて欲しい。あつくるしい。

↑しね
↑ジャンじゃん乙w

同日
ミカサ結婚しよ

↑ジャンジャンw
↑ジャンジャンww
↑ジャンジャンジャンwww
↑ジャン乙

クリスタ(今日はジャンとエレンかな?)

クリスタ(私もバレないように書こっと)カリカリ

同日

アルミンが今日アニとミカサの間であたふたしてた。
アルミン大丈夫かな

クリスタ(こんな感じかな...)パタン

クリスタ(女子寮戻ろっと♪)

バタン




30:2013/07/01(月) 21:32:37.20 ID:5lbIxk1w0

予想外に用事が終わらなかった
遅れてごめんな

次の日の夜

クリスタ(どうなったかな、日記)


同日

アルミンが今日アニとミカサの間であたふたしてた。
アルミン大丈夫かな

↑心配ありがとう
↑クリスタ乙
↑マジ女神
↑結婚しよ

クリスタ(やっぱ、バレちゃう...)

どうやったらバレないのかな...?

.........あ、そうだ良いこと思い付いた!

クリスタ(これならバレないかも!)

カリカリ

クリスタ(明日が楽しみだな♪)











31:2013/07/01(月) 22:17:49.64 ID:5KTp3x8k0

次の日の朝ー

コーケケッコーンシヨー

ユミル(クリスタが毎日女子寮に帰ってくるのが遅い。
クリスタ、何かやってんのか?)

ユミル「おい、クリスタ!最近お前...」


クリスタ「ん?ユミル、どうしたの?」ニコッ

ユミル「あ、いや、あの...」

ユミル(ここで負けるな私!女神の微笑みにキョドるな!)

ユミル「あ、あのさ、女子寮に帰ってくるのが最近遅いから...気になってな、はは。」

クリスタ「え?別に、何もしてないよ?」

ユミル「...」

クリスタ(ここでユミルにバレたら、ユミル、ああいうの嫌いだから止めるだろうし...)

ユミル(なーにか嘘ついてんな)

クリスタ「?」

ユミル「...ま、そー言う事だから!じゃ!」タッ

クリスタ「う、うん」

クリスタ(朝食も食べないでどこに行くのかな)




32:2013/07/01(月) 23:51:06.62 ID:pTFije2q0

クリスタ(今日はどうかなー)

クリスタ(...よくよく考えたら別にバレても良いんじゃ...?
いや、これは匿名だからバレちゃうと楽しく無いもんね。)

クリスタ(さて、昨日の私の記事を開いてっと)ペラッ

同日

死にたい


クリスタ(これならバレないよねっ!)ウフフ

クリスタ(コメントは...ついてる)

↑大丈夫ですか?
↑え
↑大丈夫か?
↑僕で良ければ相談のるよ
↑だいじょうぶれすか
↑大丈夫?

クリスタ(皆...)

クリスタ(...)グスッ

クリスタ(やっぱり、違うこと書こう)

同日

今日の授業に立体起動と馬術。
今日の馬との相性が悪くて、馬が興奮していました。
今度あの馬とまた組みたい。

クリスタ(これで良いかな?)ペラッ


クリスタ(他の皆の日記を見てみようっと)

◯月◯日

今日エレンがパァンをくれた。
美味しかったれす。

同日
クリスタマジ結婚しよ

クリスタ(...レス、つけとこうかな)

↑嫌




36:2013/07/02(火) 01:04:10.49 ID:WCB/4nRt0

クリスタ(...でも、皆心配してくれてたんだなぁ。)

クリスタ(最初から読んでみようかな、この日記)ペラッ

-日記-

◯月◯日

キース教官の命令で食堂に日記を置いて皆に書いて貰おうと思ってるらしい。
皆各自に好きな事を書きつらねてね。
自分の名前は出さない方が良いかな。
そして某ssのパクりじゃ無いよ。

????????????????

皆それぞれの思うことを書きつらねていた。

やっぱりミカサ乙とか書かれてたりしてた。
私は名前を────。
多分そうなんだろう。

気にして無いけれど。

クリスタ(やっぱ、夜はしんみりしちゃうねっ!)

クリスタ(うん、女子寮戻ろっと!)両頬ペチッ

バタン






???「......」ペラッ



37:2013/07/02(火) 02:36:02.85 ID:jH38Zx+Q0

???「...ふーん...」

ーーーーーーーーーーーーーーー

次の日の夜

クリスタ(今日の日記ー♪)ゴチッ

???「いたっ」ゴチッ

クリスタ「わっ?!」ドサッ

???「いたた...大丈夫?」

クリスタ「アルミン!そっちこそ大丈夫?」

アルミン「うん、大丈夫だよっと...」ヒョイッ

クリスタ「きゃっ」フワッ

アルミン「軽いね、怪我無い?」

クリスタ「うん、大丈夫」

アルミン「.........あのさ、」

クリスタ「?」

アルミン「...いや、何でもないよ、じゃあね。」

パタン

クリスタ(...アルミン、少し冷静じゃなかった気が...)
クリスタ(気のせいかな?)

クリスタ(とにかく、日記!日記!)♪
ペラッ
同日
今日の授業に立体起動と馬術。 今日の馬との相性が悪くて、馬が興奮していました。 今度あの馬とまた組みたい。

↑頑張れ
↑マジ天使
↑クリスタ乙

クリスタ(やっぱりバレる...。今日は、うーんと)ペラッ

◯月◯日
明日は立体起動のテストがあるね。
皆頑張ろうね。

↑おう!
↑一番心配なのは貴方
↑頑張ろうぜ!

クリスタ(アルミンかな?...レスつけよっと)

↑頑張ろうね

同日

エレンが今日も勝負を挑んできた。
まだまだ弱いけど、根性は認める

↑今度こそ勝つ!


38:2013/07/02(火) 02:37:07.62 ID:jH38Zx+Q0

クリスタ(あはは)クス

クリスタ(どうしたらバレないのかな...)ウーン

ユミル「バレたく無いのか」

クリスタ「ユミル!」

ユミル「毎日遅いのはこれのせいか。」プラプラ

クリスタ「......」

ユミル「止めろなんて言わねえよ。」

クリスタ「!」パァ

ユミル「おら、バレたくないんだろ?なら、語尾を変えてみたらどうだ?」

クリスタ「!うん!」

ユミル「今度からやってみなよ」

クリスタ「うん!ユミルありがとう!」

ユミル「おう、じゃあな」

バタン

クリスタ(ユミルに言われてそのまま今日実行するのは駄目だよね、明日、実行してみようかな。)

同日
ライナーが今日真っ白だった。
大丈夫なのかな


45:2013/07/02(火) 16:54:57.55 ID:E6S51ke/0

直ぐさげるけどあげる
次投下は昨日の夜位かな

時間は少しさかのぼる事、
クリスタとアルミン衝突前

ユミル「おいアルミン」

アルミン「ユ、ユミル?どうしたんだい?」

ユミル「...いや、ちょっとな。...頼まれてくんねーかな。」

アルミン「?君が僕に頼み事なんて珍しいね。...どうしたの?」

ユミル「いや、ちょっとな。...クリスタの事で...な。」

アルミン「...、ああ。あの事か。ユミル、君が言いたい事は分かったよ。...日記の事だろう?」

ユミル「...まあ、大体あんたにはお見通しなんだろうけどな。...実行して欲しいんだ。」

アルミン「...良いよ。でも、その為にはユミル、君がクリスタにこの日記を辞めないように言って欲しいんだけど、大丈夫かな。」カリカリ

ユミル「ッチ。わぁったよ。こんなことお前位しか出来ねぇだろ。他の奴等は頭ポンコツだしな。...ノーサイドに物事を考えられるのはお前位だしな。」ハァ

アルミン「...僕は日頃お世話になっているクリスタにお礼がしたいだけさ。ユミル、頼んだよ。」

ユミル「はいはい分かったよ、...中立さん。」

アルミン「...さて、今日の日記も書き終えたし、僕は行くね。じゃあね、ユミル」

アルミン「いたっ」ゴチッ

クリスタ「わっ?!」ドサッ

アルミン「いたた...大丈夫?」

クリスタ「アルミン!そっちこそ大丈夫?」

アルミン「うん、大丈夫だよっと...」ヒョイッ

クリスタ「きゃっ」フワッ

アルミン「軽いね、怪我無い?」

クリスタ「うん、大丈夫」

アルミン「.........あのさ、」

クリスタ「?」

アルミン「...いや、何でもないよ、じゃあね。」

パタン


ーーーーーーーーーー








48:2013/07/02(火) 22:32:29.57 ID:xExyTs270

べっ、別にそーゆー意味で「昨日の夜位」って言った訳じゃ無いもん!
ただ昨日の夜に投下した位の時間って言いたかっただけだもん!

ーーーーーーーーーー

次の日の夜

クリスタ(アルミン、どうかしたのかな...?)

クリスタ(んー、ま、良いや。)ペラッ

◯月◯日

今日キース教官が必死に育毛剤を作ってくれと頼まれた。
僕は便利屋じゃ無いんだけどな。

↑(笑)
↑いや、便利屋に近い

同日
今日刈り上げがタラチャンみたいだと言われた。
↑ジャンジャン丸
↑乙

クリスタ(昨日のページは...)ペラッ

同日
ライナーが今日真っ白だった。
大丈夫なのかな

↑十割方天使のせい
↑あのライナー笑えた
↑君のせいだよ...

クリスタ(...クスッ、おもしろい)クスクス

今日は、なんてかこうかな?
うーん、...どうしようかな

クリスタ(えっと...)カリカリ

同日
今日エレンとジャンが殴りあいのケンカをしていたよ。
怪我してないと良いなぁ。

クリスタ(...あ!昨日ユミルに教えて貰った語尾を変える方法やってみよう!)カリカリ

同日
今日、エレンとジャンが殴りあいのケンカをしていた。
怪我してないと良いね。

クリスタ(...これで良いかな?...よし、もう少し他の子の日記も見てみよう)ペラッ

同日
クリスタでなくて
アルミンでも良い
て言うかどっちも
結婚してくれ!

クリスタ(はあ?!...むー、アルミンでもとか酷くない?!...よし!)カリカリ

↑絶対嫌



49:2013/07/02(火) 22:38:45.22 ID:hh5XeTPg0

もうやめてあげてください
これ以上は..


53:2013/07/03(水) 00:12:04.15 ID:akfOAn5z0

理由のある嫌悪感がライナーを襲う!


55:2013/07/03(水) 01:26:27.99 ID:24yandyg0

書きたい事に文章力が追い付かない
地の文嫌いならごめん我慢して見てて
ーーーーーーーーーーーーーーー

クリスタ「...はぁ。」

結局、なんだったんだろ、アルミン。
別に私とアルミンは特別仲が良い訳でもないし、お互いに名前を知っている位(アルミンは結構同期の中でも有名人だし)。

なのに何故かあの反応を見てから、アルミンがどうしても気にかかる。

...はぁ。私はアルミンみたいに予測するのは苦手だから分からないけど、...なにかしらあった事位は分かる。

アルミン「どうしたんだい?クリスタ」

クリスタ「!アルミン」

アルミン「今日も忘れ物?」

クリスタ「...う、うん」

アルミン「そっか。僕も忘れ物を取りに来たんだ。寝ぼけて本を食堂に忘れちゃってね」アハハ

クリスタ「あ、あのさっ...」

アルミン「?どうしたんだい?」

クリスタ「...ううん、いや、...何でも...」プルプル

アルミン「それならいいけど...。無理はしないでね?」

クリスタ「...うん」


アルミン「じゃ、お休みなさい」

パタン


クリスタ「...──の、───。」


私の、意気地無し。


56:2013/07/03(水) 03:36:18.60 ID:24yandyg0

次の日の夜

クリスタ「.........」ペラッ

同日

今日、エレンとジャンが殴りあいのケンカをしていた。 怪我してないと良いね。

↑神様...
↑女神...
↑クリスタ...
↑いつもと書き方が違うけどどうしたの?
↑怪我してないと良いねの前に(せいぜい)が入りそう


クリスタ(!...私、やっぱり匿名って苦手なのかな...)
クリスタ(...唯一バレて無いのは例のあの記事だけ...)
クリスタ(皆の記事を見てみよう)パラパラ

◯がつ◯にち

きょう、じゃんに立たいき動そうちの訓れん、
勝ちました。うれしかったれす。
じゃんざん念じゃんw
↑残念なのはお前の言語力だ
↑書き取りしたおかげで少し字のレパートリー
が増えたね
↑次は負けないからな

同日
きょうはアルミンがパンをくれました。
きょうはクリスタがパンをくれました。
きょうは食糧庫からお肉を盗んで来ました。
皆で分けて食べましょう。
↑食べたい
↑www
↑ここでこんなことを書くとか...(汗)

同日

良い感じに今日は髪の毛が二つ結びに出来た!
何か良いことあるかな!
↑ミーナ乙
↑嬉しいね!

同日

エレンはミカサと結婚すれば良いと思う
↑ミカサ乙
↑お前ミカサだろw


クリスタ(......今日は、...どうしようかな)


クリスタ(よしっ)カリカリ

同日

女子寮の生け花が枯れそう。
新しいものを買ってこよう

クリスタ(っと。他の子もするよね!
このくらい!)ウン

クリスタ(あれ、あの酷い記事はどうなったのかな)

同日
クリスタでなくて
アルミンでも良い
て言うかどっちも
結婚してくれ

↑絶対嫌

クリスタ(あ、もう1つレスついてる)

↑壁内最低最悪の人ですね

クリスタ(これは、...アルミンなのかな...?)



60:2013/07/03(水) 17:20:07.09 ID:G1R6mhei0

クリスタ(女子寮戻ろっと。)パタン

ーーーーーーーーーーーーーーー


ユミル「いつ、実行するんだよ、アルミン」

アルミン「うん、実行する前に、1つ、聞きたいんだけど、良いかな?」

ユミル「...んだよ。」

アルミン「君はクリスタの事を、どういう風に思っているの?」パラッ

ユミル「...ッチ、それは、言わなきゃならねぇか?」

アルミン「ただの興味本意って言った方が正しいかもね。」パラッ

ユミル「なら」

アルミン「でもこれは正しい答えに必要な答えなんだ。」カリカリ

ユミル「...」

アルミン「...分かってくれるかな。」パタン

ユミル「...わぁったよ!言えば良いんだろ。」

アルミン「ありがとう、ユミル」ニコッ

ユミル「...クリスタ事を、私は...──」

ーーーーーーーーーーーーーーー

短い!
次は夜投下!
最終回近い!




64:2013/07/04(木) 03:00:28.41 ID:bR+KYNoa0

次の日

立体起動訓練中

クリスタ「っせぃ!」バシュッ

キース「踏み込みが甘いぞレンズ訓練生!」

クリスタ「...............はいっ!」ヒュッ

クリスタ(訓練に身が入らない。おかしい。何で...)

アルミン「クリスタ!危ない!」シュッ

ユミル「クリスタ!」シュッ

クリスタ「えっ?」ズルッ

カシャンッ

クリスタ(立体起動で登った木から...落ちる?)

アルミン「!ユミル!危ない!」

ユミル「!」










ドンッ



65:2013/07/04(木) 03:46:34.99 ID:VFsT4Z870

ーーーーーーーーーー

クリスタ(...ここ、どこなんだろう)コツン...

クリスタ(...暗闇?)コツン...

クリスタ「誰かー?」コツン...コツン...

クリスタ(私の足音しか聴こえない...)コツン...

コツン...コツン...コツン...コツン...

?「....グスッ..ヒック...」

クリスタ「誰?!」

コツンコツンコツンコツンコツン...

ピタッ

クリスタ「......私?」

?「ヒック...ウエ...」

クリスタ(...何で、私は悲しくも無いのに泣いているんだろうか)

?「...ウエーン、...ヤダァ...」

クリスタ「...何が、嫌なの?」

クリスタ?「...アノネ、


自由ニ ナリタイ ノ


モウ、コリゴリナノ」

クリスタ「...何が?」


















クリスタ?「......シバラレルノガ」



67:2013/07/04(木) 05:06:44.73 ID:iC26aKfM0

ーーーーーーーーーー
医務室

クリスタ「!」ハッ

ガバッ

アルミン「クリスタ、目が覚めたんだね。...良かった。」ホッ

クリスタ「アルミン」

アルミン「何か聞きたいことはあるかい?」カチャカチャ

アルミンはクリスタの横にあるイスに座った。

クリスタ「...ここは?」

アルミン「ここは、医務室だよ。
木から落ちたんだよ。幸い、怪我は背中の打撲だけですんだんだけど。
痛む所とか無い?
随分うなされてたけど...」カチャカチャ

クリスタ「......大丈bっ...!」ズキィッ

クリスタ(っ...!痛い...!)

アルミン「あんまり動くと駄目だよ!
いくら受け身とってたって言ったって落下したんだ。
内出血も起こしているし、安静にしていた方が良いよ。」サスサス

クリスタ「...うん」

クリスタ(...いたた...そういえば)

クリスタ「アルミン、ユミルは?」

アルミン「ユミル?ユミルならクリスタの隣のカーテンの中さ。
落下直後にクリスタの様子を見に行った時に、腐りかけていたのか、
太股位の枝がクリスタの落下の反動で落ちたんだ。
とっさに受け身をとってクリスタの背中と同じ位のところを打撲さ。
その時に僕も少し擦り傷出来ちゃった」

クリスタ「......」ギュ

アルミン「...はい」ポス

クリスタ「?」ナニコレ

アルミン「塗り薬。ユミルにもちゃんと渡しておいてね。」

クリスタ「う、うん...分かった」

アルミン「じゃ、僕はこれで。」パタン

クリスタ「...」



71:2013/07/04(木) 17:12:02.62 ID:Q3MN1rRv0

アルミン(いてて、擦り傷とかクリスタに言っちゃったけど実は結構深かったりするんだよね...!)ギュー

アルミン(暫く右手使えないな...)ウウ

アルミン(そして包帯巻けない...口と左手使ってるから...?)ギュー

ミカサ「...アルミン?」

アルミン「あ、ミハハ。はふいんだけほ、包帯がはへはいんだ。ほっとへふはってふへないはは。」ニコッ
(訳 あ、ミカサ。悪いんだけど、包帯が巻けないんだ。ちょっと手伝ってくれないかな。)

ミカサ「...アルミンは、まったくもう...」

スルスル

ミカサ「出来た」

アルミン「ありがとうミカサ」



ミカサ「貴方も私の大切な家族...無理はしないで」

アルミン「分かってる。...心配しないで」ニコッ

ミカサ「......」




74:2013/07/04(木) 23:07:11.10 ID:ilYOZbiK0


>>73悪ぃ!
接続ミスってああなった

ーーーーーーーーーー

シャッ

クリスタ「ユ、ユミルー」

ユミル「.........」

クリスタ「ユミルー?」

ユミル「......」

クリスタ「...ユーミルー...?」ユサユサ

ユミル「ぁ痛たたたたたたたた!痛い!いてーよクリスタ!狸寝入りなんて、もうしないから!本当にマジ痛いから!痛い痛い痛い痛い!」ユサユサユサユサ

クリスタ「もう、私だって暇じゃ無いんだからね!」パッ

ユミル「...っつー、少しは容赦してくれよクリスタァ...」イツツ

ムクッ

クリスタ「で、はい、これ。アルミンから貰った塗り薬。」ポンッ

ユミル「おう、サンキュ」

クリスタ「...ごめんね、私のせいでこんな...」

ユミル「大丈夫だっての!きにすんなよ!」


クリスタ「...でも...」

ユミル「んな事よりアルミンの方は良いのかよ?」

クリスタ「?どういう事?」

ユミル「アイツ、さっき『擦り傷』とか言ってたけどな、かなり深いぞあの傷」

クリスタ「えっ...」





75:2013/07/05(金) 00:54:59.64 ID:Odj9Fqae0

ーーーーーーーーーーーーーーー
アルミン「いてて、もう良いよ、大丈夫だから、行っても良いよ...」



ミカサ「アルミンは自分を二の次にする。少しは自分を大切にして欲しい」

アルミン「自分は大切だし、二の次になんて、してないよ」

ミカサ「アルミン、貴方には私がどんなに頑張っても習得出来ない特技がある。」

アルミン「...そんなことないよ。...」

僕は役立たずで弱虫だ。
いつかエレンとミカサに恩返しがしたい、と思っているけど、それも出来てない。
そんなことないのなら、クリスタを庇う、ユミルを庇えたのかもしれないのに。

...こんな深い切り傷だけで、庇えもしなかっただなんて。





76:2013/07/05(金) 04:01:33.33 ID:upXNhHlD0

寝よう
毎日遅くてゴメンね
ーーーーーーーーーー
ダダダダダダダダダ...


バンッ!

ミカサ「...」

アルミン「クリスタ?」キョトン

クリスタ「アルミン、右手見せて」スタスタ

アルミン「え?」

クリスタ「良いから、右手見せて」グイッ

アルミン「いっ...つ...」

クリスタ「包帯から血が滲んでるじゃない...何で放っておいたの?」包帯ホドク

アルミン「......」

ミカサ「!」

クリスタ「医務室行こう?」

ミカサ「アルミン...」

アルミン「大丈夫だよ。ミカサ。」

ミカサ「......」


パタン


78:2013/07/05(金) 15:49:55.37 ID:+0CrhOi20

ユミル「お、私のクリスタにアルミンちゃんじゃあないか。」

クリスタ「ユミル!椅子!」

ユミル「はa...はぁ?!お前、怪我そこまで凄かったのかよ!」椅子ポンッ

クリスタ「座って、アルミン。」

アルミン「......」椅子スワル

クリスタ「アルミン、ちゃんと手当てはしたの?」

アルミン「やらないといけない事は一通りやった。」

クリスタ「何で包帯だけなの?」ポンポン

アルミン「その方がもっさりしなくて動かしやすいからね。」

クリスタ「...何で、私に嘘ついたの...?」

アルミン「......それは」

クリスタ「...それは?」

アルミン「......クリスタが、責任を感じてしまうからだ。
僕は、...何も出来なかったのに。」

ユミル「...」

クリスタ「暫く右手が使えなくなるくらい切れているけど、
治らない事は無いじゃない。」スルスル

アルミン「...」

クリスタ「ごめんね、でも...守ろうとしてくれた位で充分だよ。
ありがとう、アルミン」キュッ

アルミン(......)

クリスタ「出来たよ。ちゃんとガーゼかましておいたの。無茶しないでね。」



79:2013/07/05(金) 15:51:47.35 ID:+0CrhOi20

ーーーーーーーーーー
アルミン「ユミル」

ユミル「あ?」

アルミン「...明日にしよう。明日、実行しよう。」

ユミル「...良いけどよ。今お前、凄い顔してるぞ。」

アルミン「...」

ユミル「悔しさと懺悔が混ざったみたいな顔だ。」

アルミン「......別に」

アルミン(別に...悔しくは無い。...ただ、自分が不甲斐ないだけだ。)
ーーーーーーーーーーーーーーー


80:2013/07/05(金) 16:27:57.74 ID:evqGbRz50

クリスタ(さて、今日も、日記の時間が参りました。)


クリスタ(今日はどんなことを書こうかな?)

『モウ イヤ ナノ シバラレ ル ノ ガ』

クリスタ(...!)

『僕は、何も出来なかったのに。』

クリスタ(縛られたくないのだろうか。アルミンに何かあげたのだろうか。)

クリスタ(...取り敢えず、昨日の記事を見てみよう!)ペラッ

同日
女子寮の生け花が枯れそう。
新しいものを買ってこよう
↑女神...
↑紫の花を希望

クリスタ(他の皆は...っと。今日の記事は...)ペラッ

◯月◯日
今日、クリスタとユミルとアルミンが怪我をしました。
お大事に。
↑心配
↑お大事に!
↑大丈夫かな
↑お大事に...
↑そうなのか
↑心配しないで
↑大丈夫
↑大丈夫かよ!
↑痛そう!

クリスタ(もうこんなにレスが来てる...皆...私もレス入れとこう)カリカリ

↑心配しないで大丈夫だよ

同日
教官に捕まりました
そのまま営倉送りにされるかと思いました。
何故食糧庫から物盗んだ事がバレたのか?!
↑自業自得
↑お大事に
↑バカだから
↑教官この日記見てるんでない?

同日
今日のスゥプの具、ニンジン皮むけてなかった
↑......馬鹿
↑言語力が...
↑そうなんですか...

同日
アルミンが右手使えないからあーんしてやったら皆がホモ扱いしてきた。
何故ホモ扱いされなくてはならないのか
↑恥ずかしかった
↑私も怪我をしようかな...


同日
ミカサはエレンと幸せに結婚すれば良い
↑このながれどこかで見た
↑デジャヴか?俺もだ
↑ミカサ乙

クリスタ(今日はなに書こうかな。うーんと...えっと。)カリカリ

同日
立体起動、もっと上手にならなきゃ!
馬術はそこそこ上手な方だけど、立体起動はめっきりだから...
もっと頑張ろう!

クリスタ(よし。もう、クリスタってバレても良いけど、やっぱり匿名は頑張らなきゃね。)

クリスタ(女子寮戻ろ...って、あれ?紙が挟まってる...)カサッ

クリスタ(...読んでも、良いよね?)



81:2013/07/05(金) 16:31:07.07 ID:evqGbRz50

『明日ノ 今ノ時間 クリスタ 食堂 来イ』

クリスタ(私宛て?)

クリスタ(筆跡は...うーん、ノート見ても分からない...アルミンなら分かりそうなんだけど...)ペラッペラッ

クリスタ(...取り敢えず、明日、ここに来れば良いのかな?)パタン

クリスタ(どうせ明日も書くし、ちょっと怖いけど来てみよう。)

クリスタ(さてと、女子寮戻ろっと)

バタン


ーーーーーーーーーー
一旦投下終わり
夜また投下する
ミテッテネー



83:2013/07/05(金) 22:33:53.39 ID:Jw6uT/Y70

手直しに時間くった
投下ぁ!

アルミン(...ここ、どこだろう。
......?...!!)

アルミン(ここは...僕の家...?)ガチャ

エレン「おい!アルミン!遅いぞ!」

ミカサ「...遅い」

アルミン(ここは...)

アルミン「エレン...?ミカサ...?」

アルミン(...シガン...シナ区?)

エレン「早く!早く外の話をしてくれよ!」

アルミン「え?えっと...」

ミカサ「今日はどんなことを話してくれるの?」

アルミン(......)

エレン「アルミン?」

ミカサ「アルミン...?」

アルミン「...へ?」ポタッ

エレン「どうして泣いてるんだ...?アルミン...」

ミカサ「どうしたの...?アルミン」

アルミン「...いや、ちょっと、懐かしくて...」グスッ

アルミン(あの日の夢を見た。
全てが壊れ、そして、あの幸せが無くなった日の夢を。)

それは、とても残酷なもので、
エレンとミカサが逃げ遅れてしまう夢だった。

僕が役立たずのせいだから、夢の中のエレンとミカサが食べられたんだ。

エレン「オマエノ セイダ」

ミカサ「シンジマエ」

アルミン「...止めてくれ!止めてくれ!」

止めてくれ!

ごめんなさい!!

ごめんな...

アルミン「ハッ!」ガバッ

アルミン「...夢か...」



84:2013/07/05(金) 23:44:48.69 ID:XTpGUNsm0

次の日の夜
食堂にて

クリスタ(あの手紙の通りに来たんだけど...)

クリスタ(日記見てみよう)ペラッ

クリスタ(...ん?)

◯月◯日

クリスタ 後ろを 見て

クリスタ「え...」

クルッ


フゥッ...

クリスタ「...あれ?...火が...」

ボッ!

クリスタ「?!」








一同「いつもありがとうクリスター!」



クリスタ「え?え?!」

エレン「驚いたか?!」

クリスタ「エレン?!」

ミカサ「即席だけど成功して良かった。」

クリスタ「ミカサ?!」

サシャ「クリスタにはいつもお世話になってますからねー」モグモグ

ライナー「お前はお世話になりっぱなしだな」ハハハ

クリスタ「サシャにライナー!」

ベルトルト「というわけでクリスタお疲れ会をやることになったんだよ」

クリスタ「べると...ベルモッ...ベルトルト!?」

アニ「良かったな。そして、はい、プレゼント」カサッ

クリスタ「お花...!」

コニー「いつもありがとうクリスタ!」

ジャン「うるせぇぞーコニー」

マルコ「まぁまぁ二人とも」

クリスタ「コニー!ジャン!マルコ!」

アルミン「いやぁ、大成功だね。ユミル。」

ユミル「そうだなー、お前に頼んだ時はこんなことになるなんて思っても居なかったがなー」

クリスタ「アルミン...ユミル...」

アルミン「うん、ちょっと話があるんだ。」

ユミル「...」ハァ

クリスタ「...?」



85:2013/07/06(土) 02:35:50.05 ID:oRQgBmzx0

ーーーーーーーーーー
同日
外にて

クリスタ「話って?」

アルミン「...ユミル」

ユミル「あいよアルミンちゃん。んーとなぁ、簡潔に言うとな、
クリスタ、お前、日記に『死にたい』って、書いたろ?」

クリスタ(...!バレてる...?!)

アルミン「ユミル、言い方が悪いよ...。
別に、怒ってはいないから、ね。」

クリスタ「......何で分かったの?私だって...」

アルミン「簡単な消去法さ。
まず僕は書いてないし、
エレンは巨人を駆逐したがりだし、
ミカサは僕ら以外は割りと見ていないから死にたがりなんて無いし、
サシャとコニーは論外、
ライナーは死にたがりなんてしない性格だし、
ベルトルトは目的意識があるから無いだろうし、
ジャンはナルシストだからまあ無いと見積もっても良いかなと。
アニは目的意識あるから無さそう、
ユミルは相談者だし、
まあ、残るは『マルコ』と『クリスタ』ってなって。」

クリスタ「...凄い」

クリスタ(...私アルミンの事舐めてたわ)

アルミン「ありがとう、クリスタ。
マルコに話を聞いたら『僕は書いてないよ、日記にはレスしかつけてないしね。』って言ってたから調べたら本当にレスでしかない筆跡があるからマルコだろうと思ってね。で、残りはクリスタなんだけど、...クリスタが書いたの?」

クリスタ「......」


87:2013/07/06(土) 08:33:10.93 ID:0rZQENQv0

>>86フラグの無さそうな所の大事なフラグだから(適当)

クリスタ「...うん」

アルミン「...」

ユミル「おう、クリスタ」スッ

クリスタ「...な、何、ユミr ...」

その平手は、クリスタの頬の一センチ前で止められていた。

ユミル「......甘 っ た れ て ん じ ゃ ね ー よ 、 ガキが。」

クリスタ「なっ...!」

ユミル「おめぇが調査兵団や駐屯兵団、もしくは憲兵団に入れば」

クリスタ「...」

ユミル「ど れ だ け の命が助かると思う?」

アルミン「...ユミル」

ユミル「弱音何か吐いてる暇あるなら仲間の一人や二人増やしてろよ。
全員が全員おめぇを好きな理由は皆無なんだぞ。」

クリスタ「......」

ユミル「考えがあまっちょろい!馬鹿かよ!」

アルミン「ユミル!」

シン...

ユミル「...んだよアルミン。邪魔すんなよ。」

アルミン「君は強く言い過ぎなんだ。それに、僕だって言いたいことがあるんだから独占はやめてくれ」

ユミル「...ッチ、わぁったよ。」スッ

クリスタ「...アルミン、良いの、ユミルの言う通りなの...」

クリスタ(私は浅はかなの...!)

アルミン「...君が訓練生に志願した理由はなんだい?」

クリスタ「...それは...」ウツムキ

アルミン「言わなくても良いよ。
でもね、訓練生に志願したのなら君は立派に兵士だ。
君は人類の役にたてるから、今、此処で、立っているんだよ。
その意味、わかるかい?」

クリスタ「...!」

アルミン「死にたいなら死んでしまっても構わない。でもね、クリスタを必要としてる人は、沢山いるんだ。」

クリスタ(!!!!)

アルミン「クリスタ、その集まりが、今日の『クリスタお疲れ会』だ。分かるかな。」



クリスタ「...分からないよ」

アルミン「じゃあ、皆に聞いてみようか。」

クリスタ「...?!」

一同「クリスター」

クリスタ「!」



88:2013/07/06(土) 08:36:43.24 ID:9dmJgCqt0

エレン「おいアルミンー!クリスタが主役なんだからクリスタが居ねーと盛り上がんねーから早く!」

サシャ「そうですよ!主役は皆の天使クリスタなんですからぁ」モグモグ

ジャン「早くしてくれなー、天使の為にコニーが隠し芸やってくれるんだからよー」

コニー「?!おいジャン!俺どじょう掬い位しか踊れねぇぞ!」

サシャ「でも日頃の感謝を込めて踊るのも良いかも知れませんねー」モグモグ

ベルトルト「サシャそれ僕の分のパン!」

ライナー「女神には歌を贈りたいぜ」

ベルトルト「演奏は誰が...ハッ!」

アニ「私とお前に決まってるだろ」

ベルトルト「コーラスの歌なんて嫌だよ!」

ミカサ「大丈夫...ジャンが居る」

ジャン「待てよ!俺は参加するなんて一言も言ってないぞミカサ!」

ミカサ「私の頼みが聞けないの...?」

ジャン「何かしらやらせて頂きます」

エレン「ジャンは何か出来るのか?」

ジャン「なんだその俺は何も出来ない的な発言は!」

ワイノワイノ


89:2013/07/06(土) 15:49:02.95 ID:+4E6pCqp0

クリスタ(...私は、浅はかだった。甘ったれてた。皆の優しさに甘えてた。だから死にたいなんて書いたの。
でも、アルミンに言われたことで分かった。
私は、必要じゃないって言われても、
必要としてくれる人達が居る。
私は、それだけで充分...)

クリスタ「...気持ちは変わらないけど、仲間が居る。...それだけで私は充分。」

アルミン「...クリスタ」

クリスタ「?」

アルミン「分かってくれただけでも、良いんだ。ありがとう。」

クリスタ「...うん。私、戻っても良いの?」

アルミン「良いよ」

クリスタ「じゃあ戻るね...ありがとう、アルミン!ユミル!」

ユミル「アルミンちゃんにいいところ持ってかれちまった。」

アルミン「...君も、この間さらっと(>>60)『クリスタの事を私は"自分と重ねて見てる"』なんて言ってた割には熱くなってたね。」

ユミル「...ッチ、覚えてたのかよ」

アルミン「うん、僕は大概の事を忘れないからね。」

ユミル「...優等生が」ケッ

アルミン「......」


90:2013/07/06(土) 16:20:32.73 ID:3qnb0kTr0

ーーーーーーーーーー
数十分後

クリスタ「アルミン!」

アルミン「クリスタ」

クリスタ「隣いい?」

アルミン「うん、良いよ」スッ

クリスタ「このグレープジュースが美味しいよ!」タプン

アルミン「クリスタ、ありがとう。...それはお酒では無いよね?」

クリスタ「うん、グレープジュース。お酒は入ってないよ」

アルミン「そう、ってユミルは?」

クリスタ「エレン達に捕まってる。
何だかんだでユミルも人気者なのよね♪」

アルミン「で、僕に何か用かな。」

クリスタ「用は、さっきはありがとう。これ、ちゃんともう一回言いたくて。」

アルミン「僕は日頃お世話になっているクリスタにお礼がしたかっただけだよ。
お礼ならユミルにいってあげてよ。」

クリスタ「...うん、それもなんだけど。...アルミンに聞きたいことがあって。」

アルミン「何?」


91:2013/07/06(土) 19:44:26.04 ID:dHK3T6Op0

一応これで終わるけど小ネタ的なノリでおまけ書くから...
あんまり面白い展開に出来なくてごめんなさい

ーーーーーーーーーーーーーーー
クリスタ「アルミンは役にたつよね」

アルミン「え?」

クリスタ「だってアルミン、今ここにいるのは『役にたつから』なんでしょ?」

アルミン「...!」

クリスタ「私、もっとアルミンや皆の役にたてるかな」

アルミン「...もうたったよ」ボソ

クリスタ「へ?」

アルミン「いや、何でもない。」クスクス

クリスタ「へ?何々?!」

アルミン(...急ぎすぎてたんだね、僕。
都合の良い解釈だってわかってるけど。
これからゆっくり、エレンとミカサに恩を返して行けば良いかな。)

クリスタ「何なのってばー!教えてよアルミン!」右手ツカミ

アルミン「痛い痛い!右手は痛い!」

ーーーーーーーーーーーーーーー

同日
『クリスタお疲れ会』楽しかった。
私は嘘をつくのに向いてないみたい。
これからも皆、よろしくね。

↑おう!
↑うん
↑分かった
↑はい!
↑おーう!
↑ああ
↑楽しかったね!
↑うん!
↑食べ物が美味しかったです
↑おい...
↑またやりてぇな!
↑おおおう
↑うん...




終り



93:2013/07/06(土) 19:53:11.50 ID:Le3jsaFv0

おまけ1 『エレンはミカサと結婚すれば良いと思うのジャンの反応』

ジャン「日記書くか!」ペラッ

ジャン「...ミカサ、の日記はあるかな...」ペラッ

ジャン「あるじゃねーか、えっと...」

同日
エレンはミカサと結婚すれば良いと思う


ジャン「?!」

ジャン「...エレェェェェェン」

エレン「ジャン?どうしたんだ?」

ジャン「このっ、羨ましい!死に急ぎ野郎めぇぇぇぇぇぇぇぇ!」

エレン「何なんだよ俺ばっかりぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!」

ミカサ(...エレンが困ってる、助けなきゃ)バッ

アルミン(ミカサ!今は行っちゃ駄目だ!)ガシッ



94:2013/07/06(土) 20:17:28.76 ID:pHZe1GAJ0

おまけ2 『アルミンはクリスタの事をどう思ってるの?』

ミカサ「アルミンはクリスタの事をどう思ってるの?」ヒョコッ

エレン「んだ?」ヒョコッ

アルミン(え)ビクッ

ミカサ「 ど う 思 っ て る の ... ?」プニッ

ミカサ(返答次第ではクリスタを削ぐ)

アルミン「いひゃいいひゃい!みはは、いひゃい!ほっぺはやへへー!」ミョーン

ミカサ「答えて」ミョーン

アルミン「くりふたは、はばのなはばだよ!ほれひじょうのはんへーもひもちもはいよ!」ミョーン

ミカサ「エレン通訳して」

エレン通訳「クリスタはただの仲間だよ!
それ以上の関係も気持ちも無いよ!」ダト

ミカサ「本当に...?」ミョーン

アルミン「ほんほーだよ!」ミョーン

エレン通訳「本当だよ!」ダト

ミカサ「私に誓って...?」ミョーン

アルミン「ちかうにょ!だきゃらはらひてひかさ」

エレン通訳「誓うよっ!だきゃら離してミカサ」ダ...ト...

アルミン(なんだこの胸の罪悪感は...)ウーン

エレン「ふぅ...良い汗かいたぜ」

アルミン(エレンは『ふぅ...良い汗かいたぜ』が言いたいだけか...)



95:2013/07/06(土) 20:35:09.28 ID:EvKj9vGZ0

おまけ3『ライナーニキ』

>>48
↑絶対嫌
ライナー「もう終わりだ...おしまいだ...!」

ベルトルト「何か世紀末だね」

アニ(聖飢魔II...)


>>56
↑壁内最低最悪の人ですね

ライナー「...死ぬ、俺は死ぬんだぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」つ包丁



シーン...



一同「しねば?」

ライナー「うわぁぁぁぁぁぁ!」

アニ(冗談なのに...)


カキカキ

↑二兎追うものは一兎もえずって言うだろ、
一つに絞りなよ

次の日

ライナー「誰だよこのレス、神...まさかアニ?」

アニ「え?!」ビクッ

ライナー「無いな。」

アニ「...は?」ゴゴゴゴゴゴゴ

ライナー「」

ドカバキドコ

ライナー「」チーン




97:2013/07/06(土) 22:36:30.81 ID:R6gHGu+k0

おまけ4『クリスタの思う第一印象』

クリスタ「第一印象?」

アルミン「うん」

クリスタ「エレンの第一印象は...『正義感強そうなひと』。」

エレン「ふぅん」

クリスタ「ミカサは『きれい』!」

ミカサ「ほう」

アルミン「そのままだね」

クリスタ「アルミンは『可愛い』」

ミカサ「現にアルミンは可愛い」

アルミン「あはは...」

クリスタ「ジャンは『ナルシー』」

ジャン「うっ」

クリスタ「コニーは『ちっさい』」

コニー「ダイイチインショウってなんだ?」

マルコ「...第一印象って言うのは云々(説明中)」

クリスタ「サシャは...『お芋』...」

一同(良かった...第一印象が芋なのは俺(私)だけじゃなかった)

クリスタ「ユミルは...『意地悪』っ!」

ユミル「えっ」

クリスタ「マルコは...『ひ弱』?」

マルコ「...酷いなぁ」

クリスタ「ベルトルトは『のっぽ』!」

ベルトルト「のっぽ...のっぽ...うーん」

アニ「私は?」

クリスタ「アニ?アニは、『いい人』だなって」

アニ「...!」カァァ

クリスタ「ライナーは...『ホモォ』」

ライナー「ええええ」(結婚しよ)




98:2013/07/06(土) 23:19:59.44 ID:dHK3T6Op0


おまけ5 『クリスタはアルミンの事をどう思ってるの?』

アニ「アルミンの事どう思ってるの?」

クリスタ「えっ」カァ

アニ「脈ありか」ニヤ

クリスタ「べっ別にそんなこと無いよ!」

アニ「おっとアルミンだ」

クリスタ「えっ」

アニ「...」ニヤ

クリスタ「ちっ違うんだからね!」アセアセ



アルミン「何してるのかなぁ」

ミカサ「ないしょのガールズトーク」

アルミン「いや、それは分かるんだけど、
あんな大声で喋ってたら筒抜けで内緒以前の何者でも無いよ...」ウーン




おまけも終り。
ありがとうございました。
次も多分進撃ssスレたてるかと思うんで
その時はよろしくお願いします。

ではでは、最後に一言
「キース教官も日記にレス書いてるよ」




99:2013/07/06(土) 23:23:24.82 ID:GNcYTyFFo


ほっこりした


101:2013/07/07(日) 01:30:03.58 ID:hIj5LKweo

和んだ
乙!


102:2013/07/07(日) 23:01:32.03 ID:wrp0HLNHo

>>1の最後の行を見た時は期待してなかったのだが、
普通に良作だった、



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1372658382/

→→もっと進撃の巨人を読む←←