1:2016/07/23(土) 01:01:05.52 ID:Wml1TIfi0



2:2016/07/23(土) 01:03:12.30 ID:Wml1TIfi0

麻子「うーん…」

沙織「どうしたの麻子?悩み事?」

麻子「沙織か…その、一昔医書で見た病気の名前が思い出せない…う…これでは寝るに寝られん…」

沙織「麻子にわからないことが私にわかるわけないじゃん、どんな病気なの?」

麻子「呼吸困難から喘息みたいな発作にかわり気管支炎がおきチアノーゼを患う病だ…うぅん…思い出せん…なんとかエルザ病だったきがするんだが」

沙織「そんなのわかるわけないじゃん!、あんた普段どんな本読んでるのよ」

麻子「沙織に聞いた私が馬鹿だった…図書館に行って調べるとするか…」

沙織「ひっどーい!」

チョイチョイ

沙織「ん?、桂利奈ちゃんどうしたの?」

桂利奈「あいぃ!」

沙織「アィィ?」

麻子「あい?」

麻子「!」

麻子「思い出した、アイエルザ病だ!」

沙織「へー…そんな病気があるんだ…桂利奈ちゃん知ってたの?」

桂利奈「あぃぃ!」

麻子「思い出せたのは坂口さんのおかげだな…ありがとう…」

桂利奈「あぃぃ!」




3:2016/07/23(土) 01:04:08.71 ID:Wml1TIfi0

柚子「うーん…」

桃「どうした柚子、悩み事か?」

柚子「いま地方自治法を勉強してるんだけど…この問題だけがわからないのよ…」

桃「なになに…村落共同体等が…」

柚子「桃ちゃんその漢字よく読めたね〜」

桃「うるさい!、えー…一定の主として山林原野において土地を有し、伐木、採草、きのこ狩りなどの共同利用を行う物件をなんと言うか…」

柚子「桃ちゃんわかる?」

桃「わからん!、それと桃ちゃん言うな!」

柚子「入山権だったっけ…入杜権だったっけ…うーん思い出せない…」

桃「調べればいいだろう」

柚子「それじゃ問題の意味がないの」

桃「柚子も頑固だなぁ」

柚子「桃ちゃんほどじゃないよ」

桃「ぬぁにぃ!」

チョイチョイ

桂利奈「あぃぃ!」

桃「どうした坂口、ここは生徒会室だぞ、勝手に入ってきちゃダメじゃないか」

桂利奈「あぃぃ!」

桃「アィィと言われてもなぁ…」

柚子「あぃぃ?」

柚子「あ…あぃぃ…!」

柚子「思い出したわ、入会権(いりあいけん)よ!!」

桃「入会権、ほー…そんな物権があるのか」

桂利奈「あぃぃ!」

柚子「思い出したのは坂口さんのおかげよ、ありがとう!」

桃「すごいじゃないか坂口」

桂利奈「あぃぃ!」



4:2016/07/23(土) 01:05:35.14 ID:Wml1TIfi0




ナカジマ「やばいよやばいよやばいよー!!!」

ホシノ「どうしたナカジマ」

ナカジマ「化学の授業レポートでやばいところがあってさぁ、見てよここ!」

スズキ「なになに…光の波長が充分に短く幾何光学の適用できる場合、振幅は時間や場所によって緩やかに変化する」

ホシノ「変化するのか?」

スズキ「そう書いてあるから変化するんじゃない?」

スズキ「おほん…その位相は屈折率を光の進路にそって積分した光路長によって表すことができる、その近似のことをなんと言うか…だってさ」

ナカジマ「ここの答えが解けなきゃ補習だよ補習!、明日までに終わらせるなんて無理だよぉ〜!」

ナカジマ「スズキ!ホシノ!この問題の答えわからない!?」

スズキ「って言われてもなぁ〜」

ホシノ「私たち化学の専攻取ってないし…」

ナカジマ「なんたらコナール近似みたいな名前だった気がするんだけど…調べても出てこないんだよなぁ…」

チョイチョイ

ナカジマ「…ん?、ウサギさんチームの桂利奈ちゃん」

スズキ「どうしたのこんな時間に?、倉庫に来たのが風紀委員にばれたら大変だよ〜」

桂利奈「あぃぃ!」

ナカジマ・ホシノ・スズキ「…」

ナカジマ・ホシノ・スズキ「あぃぃ?」

ホシノ「アィィってなんだ?」

スズキ「たしか彼女の口癖だよ」

ナカジマ「……」

ナカジマ「あぃぃ…」

ホシノ「どうしたナカジマ?」

ナカジマ「そうだ…思い出したよ!アイコナール近似だ!」

ホシノ「なんじゃそりゃ」

スズキ「アイコナールはギリシャ語で影像って意味だよね」

ホシノ「あー…なんかあってる気がするわ」

ナカジマ「ありがと桂利奈ちゃんこれで補習を受けなくてすむよ!」

桂利奈「あぃぃ!」

ホシノ「夜も遅いから家まで送ってってあげる」

スズキ「ホシノのドラテクすごいから、楽しいよ〜」

桂利奈「あ…あぃぃ!」




12:2016/07/24(日) 00:26:57.13 ID:m5HJ2etm0

世界の中心であぃぃ!と叫んだもの



おりょう「みんなーご飯できたぜよ〜」

エルヴィン「おぉ〜今日は魚の煮付けと味噌汁とご飯にたくあんか〜」

カエサル「いい匂いがするな!」

左衛門座「おりょう、この魚はなんと言うのだ?」

おりょう「…なんだったっけ…ハタハタだったか…メバルだったか…思い出せん…」

カエサル「まぁ美味いからなんでも良いだろう」

左衛門座「そうだな!」

チョイチョイ

カエサル「ん?、ウサギさんチームの桂利奈じゃないか」

桂利奈「あぃぃ!」もぐもぐ

みんな「あぃぃ?」

左衛門座「この魚はあいと言う魚なのか?」

桂利奈「あぃぃ」ブンブン

エルヴィン「違うらしいぞ」

おりょう「あぃ…、たしか…」

カエサル「どうしたおりょう?」

おりょう「思い出した、この魚はアイナメぜよ!」

カエサル「アイナメはカサゴ科アイナメ目の一種だったな」モグモグ

エルヴィン「塩分濃度の低い岩場近くに生息すると言われているぞ」モグモグ

左衛門座「噂だと雨の日の後によく釣れるらしいな」モグモグ

桂利奈「あぃぃ!」モグモグ

おりょう「桂利奈ちゃんのおかげでもやもやが晴れたぜよ、おかわり食べるぜよ!」モグモグ

桂利奈「あぃぃ!」モグモグ



13:2016/08/12(金) 22:18:54.84 ID:a3QwPM2t0

黒森峰

エリカ「西住隊長、今日のお弁当です!」

まほ「今日も作ってくれたのか、悪いなエリカ」

エリカ「いいえ…、最近料理を作るのが楽しいんですよ、今日はインドネシア産のクミンとメースなど8種類のスパイスを調合したカレーを作ってみたんです!」

まほ「そ…そうか、だいぶ本格的だな…」

エリカ「はい!、その…よろしければ今日のお昼も…」

まほ「せっかくエリカが作ってくれたんだ、一緒に食べよう」

エリカ「はい!」

戦車影

赤星「最近逸見さんの機嫌が良いのはこういうことだったんだ」

直下「こう言うのなんて言うんだっけ、なんとか弁当って言うじゃない…」

赤星「…なんたら…なんとか妻弁当…あぁ…思い出せないわぁ…」

トテトテトテ

桂利奈「あいぃ!」

直下・赤星「あいぃ?」

桂利奈「あいぃ!」

赤星「あい…さい…」

直下「愛妻弁当よ!」

赤星「それよ愛妻弁当!」

直下「あなたのおかげ思い出せたわ〜、ありがとう」

エリカ「それとは別にスパイ行動を見逃す訳には行かないからついてきてちょうだいね」

赤星・直下「!!?」

桂利奈「あ…あ…あい」

エリカ「返事はしっかりね」

桂利奈「はい」



14:2016/08/12(金) 22:34:29.10 ID:a3QwPM2t0

みほ宅

みほ「優花里さん…」

優花里「なんですか…?」

みほ「家族ってなんなんですか…?」

優花里「あ…」

みほ「家族ってなんなんですか?」

優花里「……」

みほ「家族って何なんだって聞いてるんですよ!」

パリーン!!

優花里「危ないですよ西住殿、落ち着いてください!」

沙織「あーもうみぽりん酔っ払い始めたし…やだもぉどうしよう…」

麻子「沙織…」

スッ

沙織「なにこれ」

麻子「台本」

沙織「え…えぇ〜…」

みほ「ねぇ華さん、華さんはお母さんと仲直りできましたよね」

華「……」

みほ「だったら家族ってなんなのか知ってますよね、説明できますよねぇ!」

華「…」

みほ「だんまりですか、だからお母さんにも心配されていない私には価値なんてないだ、誇れるものなんてない」

沙織「み…みぽりんは…自分の価値を保つために戦車道をやったの?」

みほ「戦車に乗ることで、私は西住みほでいられる」

沙織「他には何もないの?」

みほ「私には何もない」

沙織「みぽりんはみぽりんのお母さんに評価されないとみぽりんじゃないの?」

みほ「はいわたしはみぽりんじゃ無くなるんです」

みほ「だから私は自分が嫌いなんです」

みほ「そんな私をお母さんは私のことを家族だなんて思っていないんだ!」

沙織「…」

まほ「それは違うぞ…」

みほ「お姉ちゃん…?」

まほ「おかあさんは、みほがいなくなった後とても心配していたよ…」



15:2016/08/12(金) 22:36:42.88 ID:a3QwPM2t0



回想

しほ「こら!ちゃんと帽子も持って行きなさい、また熱中症になるわよ!」

まほ「行ってしまった…」

しほ「まほ、この帽子あの子にちゃんと被せてあげてね」

まほ「わかりましたお母様」

まほ「こら!私の背中にセミを入れるな!」

まほ「こら!ポケットの中にバッタを詰め込むな!」

まほ「こらみほこら!危ないからへびの尻尾を持って振り回すな!」

まほ「シマヘビだから大丈夫?、全然大丈夫じゃない!!」





16:2016/08/12(金) 22:37:33.72 ID:a3QwPM2t0



回想

しほ「ごめんなさい…まほ、お母さん忙しくて運動会に行けそうに無いわ、みほの様子はどうなの?」

まほ「II号戦車に篭城しました」

しほ「そう…」

まほ「お母様、みほは私が説得します…」

しほ「ごめんね…、貴女に迷惑かけちゃって」

まほ「迷惑ではございません、妹のワガママに付き合うのも姉である私の義務です…」

しほ「まほは難しい言葉ばかり使うわね、たまにはみほじゃなくてまほのワガママに振り回されてみたいわ…」

まほ「…」

数分後

菊代「まほ様まで戦車に篭城しました!」

しほ「」ボーゼン



17:2016/08/12(金) 22:38:03.36 ID:a3QwPM2t0

運動会当日

まほ「ほらみほ、お母様がお弁当にマカロンを付けてくれたぞ」

みほ「…」

まほ「お母様だって忙しいんだ、みほも大人になればわかる…」

みほ「…」

まほ「あぁ、私のカレーにマカロンを入れるな!」


プラウダ戦後日

しほ「私…どこで間違えたんだろう」

菊代「しほ様…飲み過ぎです」

しほ「みほに対して厳しくしすぎたのかな…」

菊代「みほ様が耐えきれなかったのはしほ様の所為ではありません、西住流にとってみほ様は優しすぎたのです」

しほ「あの子が戦車道を辞めちゃったらどうしよう…」

ふすま裏

まほ「……」





18:2016/08/12(金) 22:38:45.97 ID:a3QwPM2t0



まほ「お母様は、危なっかしいみほのことを何時も心配していた」

みほ「…」

まほ「私達のご飯を作ってくれて、学校のお金も払ってくれて、喧嘩しても一方的に叱ることなく私達の意見を聞いてくれた」

みほ「やめてください」

まほ「私達が病気になったときも直ぐに病院に連れて行ってくれた」

みほ「やめて」

まほ「みほが大洗に転校したときは、凄く自分に責任を感じていた」

みほ「やめてよお姉ちゃん!」

みほ「…」

みほ「なんなんですか…なんなんですかこの気持ち…」

まほ「……」

みほ「教えてよお姉ちゃん、なんだか胸が苦しいの、もやもやするの!」

まほ「…」

みほ「答えてよお姉ちゃん、なんなのこれは!」

まほ「……」



19:2016/08/12(金) 22:39:24.44 ID:a3QwPM2t0



とてとてとて

桂利奈「あいぃ!」

みほ「………」

みほ「あ…い…」

みほ「愛?」

みほ「愛って…あの愛?」

桂利奈「あいぃ!」

みほ「は…ははは」

みほ「そうだ…そうだよ…」

みほ「愛の形は人それぞれ違うものだったんだ」

ピキピキ

みほ「簡単なことだったんだ、私はお母さんの愛に気がつけなかっただけだったんだ」

ピキピキ

みほ「お母さんは私を愛していてくれたんだ!」

パリーン!

ワーワー!!ブラボー!


ダージリン「みほさん、おめでとう」

ケイ「おめでとう!」

アンチョビ「めでたいな!」

OPの猫「にゃーんにゃーん!!」

カチューシャ「おめでとう!」

エリカ「おめでとう」

沙織「お…おめでとう」

優花里「おめでとうございますぅ!」

まほ・しほ「おめでとう、みほ」

みほ「…」

みほ「ありがとう…」

みほ「桂利奈さん」

みほ「今…解りました」

みほ「貴女のアィィ!は人を救うために言ってたんですね」

桂利奈「…」

桂利奈「違いと思います」


終わり!


20:2016/08/12(金) 22:41:00.67 ID:a3QwPM2t0

更新が遅れてしまい申し訳ございませんでした、
次からはちゃんとバックアップをとりながらSSを作るようにします…、大変申し訳ございませんでした。


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1469203265/