1:2014/10/18(土) 15:53:06.20 ID:3Pha7VASO

 目を覚ました僕が一番に見たのは白い天井だった。全身が鉛のように重く、指を動かすのにも相当の労力がかかる。僕は定まらぬ焦点のまま天井から視線を逸らす。次に僕の瞳に映ったのは何だか心配そうな表情でこちらを見ている少年探偵団の皆さんだった

 僕は全身の気怠さを飲み込み、掠れた声で彼らに話しかける

「み、なさん、どう、したんで、すか。 学、校は?」

 僕の声を広い、彼らを代表して答えてくれたのはコナン君だった

「バーロー、お前がこんな状態だってのに呑気に学校なんて行ってられるか」

 コナン君の言葉に他の方々も続く

「そうだぞ、光彦。お前が心配でうな重も喉を通らないんだ」

「うん、歩美も光彦君が心配で心配で、ねっ、哀ちゃん」

「ふふ…そうね」

 僕は嬉しくて思わず笑みを浮かべる。そして、そのまま意識が遠退いていくのを感じた。ただ、僕は幸せだった。これほどまでに僕のことを想ってくれるひとたちがいるというのは凄く嬉しかった

「あ、りが、とうござ、います、皆さん。少し、眠いので、寝ます…」

 僕は幸せを噛み締めながら意識を完全に閉ざした

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1413615186



3:2014/10/18(土) 16:19:15.51 ID:3Pha7VASO

 次に僕が目を覚ましたのはそれから半日後のことだった。院内は静まりかえり、森閑としていた。僕は視線を辺りに巡らす。薄暗く月星の輝きだけが室内に光を灯していた。当たり前のことだがもう誰もいない

「皆さん、無事に家に帰れたのでしょうか」

 僕は目を閉じ、皆さんの日常を思い浮かべる。サッカーボールを蹴飛ばすコナン君、うな重を頬張る元太君、友達と談笑する歩美ちゃん、そんな皆さんを微笑みながら見ている灰原さん。

 僕も早く怪我を治して皆さんの日常に戻りたいな

 すると不意に僕は枕元に置いてあるのビニール袋を目に止める

「あれ、これはなんでしょう」

 その袋に乱雑な文字の書き置きが添えてある

『光彦へ、起きたらこれ食え。差し入れ』

 その袋の中にはハンバーグやうな重が入っていた。

「皆さん、ありがとうございます…ふふ、でもこんなに食べれませんよ…」

 熱くなる目頭を擦り、涙を堪える。ただ、僕は不思議な気持ちに陥っていた。

 お腹は空いている。空いているにも関わらず袋の中の食べ物が酷く醜悪に映った。食べたいという気を削ぐ。が、空腹ばかりは治まる様子もなくどんどん飢えていく一方だった

「…なんなのでしょうか、これは、お腹空いたのに…食べたくない」
 


4:2014/10/18(土) 16:33:19.91 ID:3Pha7VASO

 ただ、せっかく皆さんが僕の為を想って内緒で持ち込んでくれた食事だ。食べないと失礼に当たる。そう思い、思い切ってうな重を一口だけ口に運ぶ

 僕は鰻を口に入れた直後、凄まじい不快感に襲われた。まるで夏場に台所の流しに放置した生ゴミを食べてるような不快感。猛烈な拒否反応に僕は思わず食べたものを吐き出した

「おぇええええ、がっ、あっ、う」

 おかしい。何かがおかしい。僕の体は一体どうなってしまったというのか…

 僕は視線を外に向ける。そこで僕は窓に映った自分の姿を見て言葉を失った

 左の眼球が赤く染まっていた。この特徴を僕は知っていた。この赤く染まった瞳が意味するものはひとつだった

「…グール…ですか」


5:2014/10/18(土) 16:35:32.65 ID:3Pha7VASO

 そして、この日を境に僕の日常は崩れていった


8:2014/10/18(土) 19:10:40.22 ID:3Pha7VASO

 あれから一週間。僕の心を荒らす得体の知れない欲求を耐え凌ぎ、僕は何事もなく退院日を迎えた。僕の担当医は驚嘆していた。僕の怪我は完治しない。それがこの病院に担ぎ込まれた僕の無惨な姿を見た医師の見解だった。生きているのが奇跡に近いほど重症だった。手足の骨は複雑に折れ曲がり、内臓もほとんど壊れ、機能してなかったらしい。

 仮に生き残れたとしても後遺症は免れない。それほどの怪我を負っていた。にも関わらず驚異的な速さで快復し、三日目にはもう自由に動き回れるようになっていた。そして、一週間で退院許可まで下りた。

 僕は、あの日のことを思い返す。事故にあった日、僕は何者かに道路に突き飛ばされた。あまり覚えてはいないが、それでも確かに誰かに突き飛ばされた。それだけは覚えている。

 僕は病院まで迎えにきた母に手を引かれ、考え事に耽る。

 そうして僕は考えがまとまらないまま日々を過ごしていった


 


10:2014/10/18(土) 19:30:51.99 ID:3Pha7VASO

どれだけ日が経ったのだろうか。日に日に僕の心は得体の知れない何かに食い荒らされていく。それは食欲にも性欲にも睡眠欲にも近い類の欲求だった。僕はこの恐ろしい欲求を解消する方法を知っていた。

 人間を喰らう。それだけで僕は1ヶ月はこの飢えを凌ぐことができる。ただ、僕は人間だ。グールではない。だから人間を喰うことは理性が許さない。ただ、本能は我がままに人肉を貪れと訴えかけてくる。

「落ち着いて、落ち着いて、落ち着いて落ち着いて落ち着いて落ち着いて落ち着いて落ち着いて落ち着いて、僕は、落ち着いて、喰う、いや、食べたくない」

 僕は暗い部屋の片隅で毛布に包まり、自分に暗示をかけ続ける。ひたすら自分の本能に逆らい続ける。

 部屋のドアが叩かれる。母が叫んでいる。引きこもる僕の心配をしているのだろう。ただ、今はダメだ。母に、父に、姉に、友に、彼らを前に自分の欲求を抑えられる自信がないのだ。

「今は、今は、ダメです、すいません、すいませんすいませんすいませんすいませんすいませんすいませんすいませんすいませんすいません!! 許してください、許さない、許してほしい? はい、許してください」

 抑えろ。抑えろ。抑えろ。抑えろ。抑えろ。抑えろ。抑えろ。抑えろ。抑えろ。抑えろ。抑えろ。抑えろ。抑えろ。抑えろ。抑えろ。抑えろ。抑えろーーーー僕は本能に抗い続ける



 




11:2014/10/18(土) 19:52:50.93 ID:3Pha7VASO

 限界だった。僕の本能は人を喰らえと常に訴え続け、僕の心はもう限界を迎えていた。おそらくこのままだと僕は周りの者を喰ってしまう。それだけは避けたかった。だから僕は決断する。

 人を喰らうことをーーー

 決心してからの行動は早かった。外に出るのは退院の日以来だろうか。

「ははっ、まさか、少年探偵団の僕が人を殺すことになるなんて思いませんでしたよ」

 自嘲気味に呟き、泥酔して千鳥足でよろめいたまま歩くスーツ姿の男性を見つける

「すいません…許してくれとは言いません。ただ、謝らせてください。さようなら」

 そして、僕はその男性の喉元に喰らいついたーーー


 


12:2014/10/18(土) 20:09:46.46 ID:3Pha7VASO

 口の中に広がる濃厚な甘み。とろけるように柔らかい食感。こんな美味しいものを今まで食べたことがない。体と心の渇望が一気に満たされていくような満足感を得た。

 ぐちゃぐちゃ。ぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃーーーー

 気づいた時には残さず喰らい尽くしていた。

「はは、ははは、ぼくは、ぼくは、やってしまいました」

 口の周りに付着した血を舌で舐め取る。甘く美味しい。これは癖になる味だった

 僕はもうあの日常には戻れないだろう


18:2014/10/19(日) 15:00:57.65 ID:K/olQWsUO

 僕は喰らい続けた。渇望に身を任せ、喰らい続けた。まるで幼い子供のように身を貪り、血を飲み、骨を舐める。食事に求めるものは何もない。それが人肉であれば生死を問わない。会社帰りのサラリーマン、化粧の厚い女子高生、腰の曲がった老婆に無垢な幼女。僕が貪り喰った彼らにある共通点は人間であるということだけだった。

 側粕の子。それが僕の通称だった。まるで幼い子供が食事したかのように食べ散らかす。我儘に。好き放題に。好き勝手に喰らう。

 僕は異端の存在だった。本来、グールの食事は月に一度だけでいい。にも関わらず僕は毎晩のように喰らい続けていた。

「ーーーーごちそうさまでした」





19:2014/10/19(日) 16:12:47.13 ID:K/olQWsUO

「さてと、帰りましょうかーーーふぎゃっ!」

 瞬間だった。僕が構える間もありはしなかった。避けることもできなかった。グールになった僕の身体能力は常人を超越していた。拳銃だろうが刀剣だろうが僕の肌には傷一つつかないだろう。にも関わらず僕は弾き飛ばされていた。

 最初、大型トラックでも突っ込んできたのかと思った。それほどの衝撃だった。

 僕は、グールになって初めて痛いという感覚を得た。

「んがぁ、痛、い、痛い、痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い、痛いじゃないですかぁああああーーー!!!」

 僕を吼えた。そして、僕を弾き飛ばしたものを眼前に収め吼えた。直後、思わず僕は言葉を失った。それは少年だった。不釣り合いな大きなメガネをかけた蝶ネクタイの少年だった。

 僕は彼を知っていた。毎日のように顔を合わせている。その少年の名前はーーー

「コナン、君」

 僕は、思わず声に出してしまう。それに対して彼は口角を歪め、まるで汚物を見るような嫌悪感に溢れた視線を僕に向け、言った。

「死ね、光彦」






20:2014/10/19(日) 16:25:33.63 ID:K/olQWsUO

 僕は己の耳を疑った。あのコナン君が。誰にでも優しく正義感に溢れ、人一倍命の尊さを知ってるコナン君がそんなことを口にするはずはなかった。

「あなたは誰ですか」

 僕の問いに彼は嘲笑の混じった歪な笑みを浮かべた。

「江戸川コナン、探偵さ」

 瞬間、僕の視界からコナン君は消えた。

「そして、お前を殺す者だ、光彦ぉおおおおおおおお!!」

 疾い。それは人智を越えた速度だった。見た者に消えたと錯覚を起こさせるほどの速さで僕の頭上に移動した彼は、そのまま脚を振り下ろした。

 メキッーーー僕の頭蓋骨が陥没する音が聞こえた。次に耐え難い痛みが追ってきた。

「ぐぎゃぁ!!」

 頭部を抑え、地を転がり回る。コナン君は高らかに笑い、僕の腹部を蹴り上げた


22:2014/10/19(日) 16:49:51.58 ID:K/olQWsUO

「死ね、死ね、死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね!!! 死ねぇええええええええ!!」

 何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度も何度もーーーーコナン君は僕を蹴り続ける

 僕は霞む意識の中で、それを見た。狂気に微笑む阿笠博士の姿をーーー

「な、んで」

 遠ざかる意識の中、僕は悪魔の囁きを聞いた




「こんなので済むと思うなよ、光彦。お前はコクリアに送ってそこで更なる地獄を見せてやる!!」

 そして、僕の意識は暗転する


24:2014/10/20(月) 01:27:39.16 ID:cIto/vD10

 ーーー動かない。体が動かない。体を動かせない。僕は縛られ、拘束されていた。僕を縛る鎖はグールの腕力でも引きちぎれないほど強固なものだった。

「僕をどうするつもりですか、コナン君」

 僕の問いに答えず目の前の彼はただひたすらにたにたと君の悪い笑みを浮かべていた。その歪な表情に僕は背筋に寒気が走った。丹田が締め付けられるような悪寒を得た。

 そこで彼はやっと口を開いた

「光彦よぉ、お前、やっぱり馬鹿だよな」

 その悪辣な言葉に僕が反応を示す前に彼は動いた。彼は僕の眼球に注射器を刺した。

「ぎぃぁああああーーーー!!!」

 痛い。痛い。痛い。痛い。痛い。痛い。痛い。痛い。痛い。痛い。痛い。痛い。痛い。痛い。痛い。痛いーーー!!!

 まるで角膜が焼かれたかのように熱い。それはあまりの激痛に声を挙げずにはいられなかった。涙が溢れてきた。

「おいおい、バーロー! お楽しみはこれからだってのに泣き喚くの早すぎだろ」


25:2014/10/20(月) 02:07:50.65 ID:19NjCjer0

 それから僕の地獄のような日々は始まった。

 彼は僕の足の指を潰し、それが再生するまで待ち、完全に治るとまた僕の指を潰す。それを繰り返す。ひたすら繰り返す。気が狂ってしまいそうだった。が、それでも気違わないのは彼に数えるように強制された計算のおかげだろう。

 最初は意味が分からなかったけど、彼に拷問されてる内にその意味がしっかりとわかった

 江戸川コナンは悪魔のような人間だった。僕の苦痛に染まる表情を見るたび悦び、狂気に震えているのだ。

 彼は非道である。人間の皮を被った魔物だ。彼のような人間こそが淘汰されるべきである。

 僕は目の前に散らばる肉塊を眺め、涙を流した。それは僕の見知った顔だった。

「元太くん…歩美ちゃん…僕のせいで…僕のせいで…すいません…すいません」

「そうだ、お前のせいだぞ、光彦。お前のせいで元太も歩美も死んだ。全てお前の責任だ」

 目の前の狂気の塊のような彼は元太くんと歩美ちゃんの頭部を何の躊躇いなく踏み潰した。

「さて、次はどうする? 今度はお前の姉を目の前で犯して殺してその死体をまた犯してやろうか?」
 
 彼は嘲笑っていた。笑い狂っていた。


 

 


27:2014/10/20(月) 02:36:47.65 ID:Q9F46Evz0

数日後、阿笠博士の自宅に江戸川コナンの姿があった。彼は不機嫌そうに阿笠博士と話していた

「なんじゃ、新一。もう壊れてしまったのかのう」

「バーロー、今回の光彦は長く持っただろ。それに今回は殺してねぇし」

「やれやれ、新一はもっと物を大切にするということを覚えたほうがいい」

 博士の言葉にその傍らの灰原も頷き、同意した。彼はむすっとして「わーったよ」と肯定の意を示した。

「そうじゃ、新一。次の光彦くんはどうするんじゃ?」

「博士に任せるわ。細かい設定とかに興味はないし」

「なら勝手にこっちで決めさせてもらうかの」

 これは悲劇ではない。何故なら光彦に悲劇は似合わないからだ。光彦が死ぬ。それは悲劇ではない。

 喜劇である


おわり


 




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1413615186/