1:2015/04/29(水) 23:40:15.40 ID:BD99xZlt0

ナレーター「ああ……可愛いよゲッコウガ」

ナレーター「舌を出して戦うとか……エロすぎるよぉ///」

ナレーター「もう完全にケモナーになっちゃったよぉ///」

マスターハンド「ナレさん、次のホームランコンテストに出る人呼んで」

ナレーター「は、はい! ……えーと……次に出る人は……」

ナレーター「!!!!」

マスターハンド「早く呼んで」

ナレーター「……ゲッコウガァ///」

マスターハンド「!!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1430318405



2:2015/04/29(水) 23:43:38.88 ID:BD99xZlt0

マスターハンド「え……なにその呼び方」

ナレーター「す、すみません……ゲッコウガが可愛すぎてつい」

マスターハンド「次からちゃんと呼んでもらえる?」

ナレーター「は、はい……気をつけます」

マスターハンド「ナレーションっていうのはいかにファイターの魅力を伝えるのかが重要な仕事だからね、そんなんじゃゲッコウガの魅力がなんも伝わんないよ」

ナレーター「はい……」

ナレーター(可愛いんだもん……しょうがないじゃん)


4:2015/04/29(水) 23:46:28.86 ID:BD99xZlt0

マスターハンド「はい、次の試合のメンツ呼んで、こいつらね」

ナレーター「はーい、えーと……」

ナレーター「!!!」

ナレーター「……パックマァン!」

マスターハンド(いいぞ)

ナレーター「……ソニィック!!」

マスターハンド(よしよし)

ナレーター「……ゲッコウガァ///」

マスターハンド「おい」


6:2015/04/29(水) 23:51:37.65 ID:BD99xZlt0

ゲッコウガの名前を呼ぶことが彼にとっての生き甲斐になった。

マスターハンド「次はこいつら」

ナレーター(おお! ゲッコウガ出てる!)

ナレーター「……マァリオゥ!!」

マリオ「ヤッフー!」

ナレーター(ああ、早くゲッコウガの名前呼びたい!! テンション上がってきた!!!)

ナレーター「……ンルイイイイインク!!」

リンク(テンション高いな……)

ナレーター(早く呼びたい!! もうこいつは省略しちゃおう!!)

ナレーター「シュッ!」

シュルク「ちゃんと呼んでくださいよ……」

ナレーター(ついに呼べる……ついに呼べる!!)

ナレーター「……ゲッコウガァ///」

ゲッコウガ♀「!!!」ビクッ


9:2015/04/29(水) 23:59:09.21 ID:BD99xZlt0

ピカチュウ♂「ピカ……(最近、戦績悪いね)」

ゲッコウガ「ゲコ……(うん……)」

ピカチュウ(試合前はあんなに張り切ってるのに……試合が始まるといつも弱々しくなってるよね)

ゲッコウガ(……怖い)

ピカチュウ(怖い?)

ゲッコウガ(ナレーターが私の名前を呼ぶ時が……凄く怖い……常に見られてるような気がして)

ピカチュウ(確かにあの呼び方はストーカーを彷彿とさせるよね)

ゲッコウガ(戦闘中もあの声を思い出して……その度に……)

ピカチュウ(……じゃあしばらくでるのやめたら?)

ゲッコウガ(え?)

ピカチュウ(長い間出場しないことによって君の事を忘れさせるんだよ、忘れた頃に出場すれば君の事なんか好きでもなんでもなくなるんじゃないかな? ほかの女のファイターに夢中になってるかもよ)

ゲッコウガ(そっか……じゃあそうしてみる)

ピカチュウ(うん、それがいい)


10:2015/04/30(木) 00:02:50.58 ID:GK1/9O8v0

こうしてゲッコウガを呼ばない日が続いた

ナレーター(ああ……俺のゲッコウガたん……どこに行ったの?)

マスターハンド「おい、ボーッとしてないで名前呼べ」

ナレーター「あ、はい……えーと……シンプルに出るのは……」

ナレーター「……クッパァ」

クッパジュニア「……」

マスターハンド「……おい」

ナレーター(……あっ)

ナレーター「……ジュニアァ」

クッパジュニア「……パパ、僕、ナレーターにいじめられてるんだ」

クッパ「許さん」


12:2015/04/30(木) 00:09:40.40 ID:GK1/9O8v0

更に月日は過ぎた。

ナレーター(ゲッコウガたんゲッコウガたんゲッコウガたんゲッコウガたんゲッコウガたん)

マスターハンド「次の試合は……えーと……男二人に女二人か……女二人は久しぶりだな」

ナレーター「!!!!」

ナレーター(お、女二人!? しかも久しぶりだって!?)

ナレーター(こ、これは……間違いなくゲッコウガたん!!!)

ナレーター「リストを!! 早くリストを!」

マスターハンド「どうぞ(やけに張り切ってんな)」

ナレーター(まずは1人目!! えーと……)

ナレーター「……クッパァ!!」

ナレーター(次は2人目!!)

ナレーター「……ネェス!!」

ナレーター(次から女子だ!!)

ナレーター(……えっ……)

ナレーター「……ゼルダァ(切れ気味)」

ゼルダ「!?」

ナレーター(……まぁいいや、どうせ三人目はゲッ……)

ナレーター(……)

ナレーター「……サムス(切れ気味)」

サムス「!?」



15:2015/04/30(木) 00:12:45.80 ID:GK1/9O8v0

更に月日は過ぎた

マスターハンド「次、ホームランコンテストに出る人呼んで」

ナレーター(はぁ……どうせゲッコウガたんじゃ……)

ナレーター(!!!!)

ゲッコウガ(……これぐらい長い間出てないからナレーターもきっと……)

ナレーター「……ゲ・ッ・コ・ウ・ガァ///」

ゲッコウガ「!!!!」ビクビクビクビク!!



16:2015/04/30(木) 00:15:37.90 ID:GK1/9O8v0

ある日

ナレーター(ゲッコウガたん出ねえかなぁ〜名前呼びてえなぁ〜)

マスターハンド「あーいたいた、ナレさん」

ナレーター「はいはい! なんでしょう!?」

マスターハンド「大事なお知らせがある」

ナレーター「なんですか!? ゲッコウガたんと結婚ですか!?」

マスターハンド「ナレータークビね」

ナレーター「!!?」


17:2015/04/30(木) 00:20:18.38 ID:GK1/9O8v0

ナレーター「な、なんでですか!! なんでクビなんですか!! ちゃんとゲッコウガたんの魅力を伝えたでしょう!!」

マスターハンド「そのゲッコウガの呼び方がいけないんだ」

ナレーター「は?」

マスターハンド「お前の呼び方が怖くてな……彼女、精神的に不安定になったらしい」

ナレーター「!?」

マスターハンド「まぁ実際、君みたいなデブで眼鏡なやつがそんな呼び方してたら誰でも怖がるよね」

ナレーター「そんな……俺はただ……ゲッコウガたんを……」

マスターハンド「君まだ若いんだから、新しい職見つけて親孝行しなよ」

ナレーター「自分、30です……」

こうして彼の恋は終わった



18:2015/04/30(木) 00:22:51.84 ID:GK1/9O8v0

次の日

マスターハンド「君が新しいナレーターか」

新ナレ「はい! アメリカから来ました! よろしくお願いします!!」

マスターハンド「よろしくね」

マスターハンド(こいつは大丈夫そうだな)

マスターハンド「じゃあこのファイターがホームランコンテストでるから名前呼んであげて」

新ナレ「はいっ!」

新ナレ「……!!!!」

マスターハンド「?」

新ナレ「……グレニンジャァ///」

マスターハンド「」

〜終わり〜


19:2015/04/30(木) 00:44:18.63 ID:DP28RBl/0

乙です
Xで止まってるワイ、早速ゲッコウガ聞きに行く


20:2015/04/30(木) 04:44:52.34 ID:MmFHW+4b0

割とガチでゲッコウガァ…なんだよなぁ


22:2015/04/30(木) 17:51:44.64 ID:6laafjxr0

DX:ロォイ!(歓喜)
for:ロォーイ・・・(絶望)


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430318405/

→→もっとポケットモンスターを読む←←