2:2014/03/30(日) 10:15:50.67 ID:ESlFrYf1o

真美「お?」

P「貴音ってさ、本人のキャラクター的に異性に対して「大好き」って言わなそうだろ?」

真美「んー…確かにお姫ちんだと」

真美「お慕い申しております…」

真美「とか?」

P「流石真美。声真似は完璧だな」

P「そしてまさにその通りだと思う」

真美「てか、兄ちゃんや」

P「ん?」

真美「お姫ちんのこと…好きなの…?」

P「愛してる」

真美「は?」

P「愛してる」

真美「は?」


3:2014/03/30(日) 10:16:29.97 ID:ESlFrYf1o

真美「兄ちゃん、プロデューサーがアイドルに手を出すのはハットトリックじゃないの?」

P「御法度って言いたいのか?」

真美「てか、なんで真美にそんな話をしたのさ」

P「いやさ」

P「多分、貴音本人は間違っても「大好き」だなんて告白してくれないだろうから…」

P「真美に貴音の声真似で「大好き」だって言ってもらおうかなって…」

真美「は?」

P「というわけで言ってくれないか?」

真美「は?」

P「今ならラーメン奢るぞ」

真美「は?」


4:2014/03/30(日) 10:17:11.59 ID:ESlFrYf1o

真美「兄ちゃんや、確かに真美はおばかちんかもしれないけどさ」

真美「人のことをバカにするのも大概にしてよね?」

P「い、言ってくれないのか…?」

真美「むしろなんで言ってもらえると思ってたのさ」

P「いや、真美は物真似好きだし」

真美「……」

真美「あなた様の…」

真美「あなた様のっ!痴れ者っ!!」

P「!?」


5:2014/03/30(日) 10:17:47.45 ID:ESlFrYf1o

P「きゅ、急にどうした?」

真美「……」

真美「お姫ちんの声で罵られるのってどう?」

P「正直かなり死にたくなったんだが…」

真美「そっか」

P「それで次は「大好き」って言ってほしいんだけど…」

真美「死ねばいいのに」

P「え?」

真美「死ねばいいのに」

P「ま、真美…さん…?」

真美「し・ね・ば・い・い・の・に!」


6:2014/03/30(日) 10:18:24.78 ID:ESlFrYf1o

P「……」

P「正直死にたくなった…」

真美「…ごめん」

P「いや…良いんだ…」

P「正直、俺も「真美なら」っていう風に思っていたかもしれない」

P「ごめんな…」

真美「…ううん」

真美「わかってくれたらいいんだよ…」

P「亜美に頼むわ…」

真美「は?」

P「え?」

真美「は?」


7:2014/03/30(日) 10:18:55.50 ID:ESlFrYf1o

真美「あのさ、兄ちゃんや」

P「なんだ?」

真美「なんだじゃねーよ」

真美「確かにね、真美と亜美は違うよ」

真美「双子でも、真美は真美だし亜美は亜美だと思ってる」

P「それはもちろんさ。それぞれにそれぞれの良さがあるって思ってるよ」

真美「そう思ってるならおかしいっしょ」

P「な、なにがだ?」

真美「真美がダメだから亜美って」

真美「明らかにさ、同じに見てるよね?」

P「だ、だって…お前ら声一緒だし…」

真美「は?」

P「いや、だから…」

真美「は?」


8:2014/03/30(日) 10:19:38.72 ID:ESlFrYf1o

真美「違うし。全然ちげーし」

真美「真美の方が若干せくちーな声質だし」

P「いや、わかるよ?」

真美「わかってんの?」

P「すまん。よくわからん」

真美「死んじゃえ」

P「か、軽々しく「死ね」なんて言葉を言うんじゃない!」

真美「……」

真美「…っ」

真美「う…ひっ、ぐ…」

P「ま、真美…?」

真美「にいぢゃんが…どなったぁっ…!」

真美「まみぃ…わるぐないのにぃっ!!」

真美「うえぇぇぇんっ!!!」

P「うえぇぇぇぇっ!?」


9:2014/03/30(日) 10:20:09.77 ID:ESlFrYf1o

真美「ひっぐ…!ぐしゅっ…!!」

真美「にいぢゃんのばがあぁぁっ…!!!」

P「ま、真美…お、落ち着け…」

真美「……」

真美「う…」

真美「う、うあぁぁぁんっ…!!」

P「う、うぅ…」

P「(ど、どうすれば良いんだ…)」

ガチャ…

貴音「お早う御座います」

P「!!」


10:2014/03/30(日) 10:20:45.36 ID:ESlFrYf1o

P「た、貴音…」

貴音「あなた様」

貴音「…おや?」

真美「びえぇぇぇっ…!!」

貴音「……」

貴音「…あなた様?」

P「あ、いや…これは…」

P「ていうか、貴音…お前に蔑んだ目で見られると本気で死にたくなるから睨まないで…」

貴音「…どうしましたか、真美?」

真美「うぅ…」

真美「お、おひめちん…」

貴音「はい。お姫ちんですよ」

真美「兄ちゃんが…兄ちゃんがね…」

貴音「……」

P「いや…ホント…その冷たい視線は勘弁してくれ…」


11:2014/03/30(日) 10:21:16.20 ID:ESlFrYf1o

真美「すんっ…」

真美「あのね…兄ちゃんがね…」

貴音「はい」

真美「お姫ちんの物真似をしろって…」

貴音「物真似…ですか?」

真美「それで真美がヤダって言ったら…」

真美「怒鳴ったんだよー…」

貴音「……」

貴音「…プロデューサー」

P「やだ貴音さんたら…いつもみたいにあなた様って呼んでくれて良いんですよ…?」

貴音「死ねばいいのに」

P「ぐほぉっ…!?」

真美「おおぅ…!」

P「た、貴音…?」

貴音「死ねばいいのに」


12:2014/03/30(日) 10:21:48.74 ID:ESlFrYf1o

真美「いあいあ…本家お姫ちんボイスで聞くと、すんげー迫力…」

P「ぐ、ぐふぅ…」

貴音「何か言い残すことはありますか?」

P「え…?なに…?俺、殺されんの…?」

貴音「…人の領分を超えた行いが招くものは死ではありません」

貴音「滅と知りなさい!!」

P「浄化!?」

真美「ヴァルキュリアーっ!!」

貴音「それで?何か言い残すことは?」

P「う、うぅ…」

P「…わかった。覚悟を決めるよ」

P「ただ…最期に一つだけ良いか…?」

貴音「…聞きましょう」


13:2014/03/30(日) 10:22:17.13 ID:ESlFrYf1o

P「「大好き」って言ってくれないか?」

貴音「……」

貴音「言いたいことはそれだけですか?」

P「あぁ」

貴音「……」

真美「……」

P「……」

P「貴音、愛してる」

貴音「消えてください」

P「ありがとうございますっ!?」

真美「浄化かんりょー!!」


14:2014/03/30(日) 10:23:06.16 ID:ESlFrYf1o

P「―――なぁ、亜美」

亜美「んあ?」

P「貴音の声真似って出来るか?」

亜美「お姫ちん?」

亜美「あ、あー…」

亜美「…あなた様っ♪」

P「おぉ…!」

P「じゃ、じゃあそのまま貴音の声で…」

P「「大好き」って言ってくれないか?」

亜美「は?」

P「え?」

亜美「は?」

真美「真美、なんであんな人のこと好きだったのかな」

貴音「思春期だから…じゃないでしょうか」


15:2014/03/30(日) 10:23:35.03 ID:ESlFrYf1o

真美「あ、ねぇねぇお姫ちん?」

貴音「はい?どうしましたか?」

真美「兄ちゃんとはこれっぽっちも関係ないんだけさ」

真美「お姫ちんの「大好き」って、真美ちょっと聞いてみたいかも」

貴音「……」

貴音「真美」

真美「あ、やっぱダメ?」

貴音「…大好きですよ♪」

真美「…!!」

真美「むっはー!!」

真美「やっべこれ!すっげキュンときたっ!!」

P「だろぉ!?」

真美「死ねばいいのに」

P「酷い!?」


16:2014/03/30(日) 10:24:06.36 ID:ESlFrYf1o

おわり
やっぱり真美ってかわいいよね


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1396142103/