1:2015/01/08(木) 23:03:41.40 ID:/FV7YaQh0

漫「……ってことはまさか主将」

洋榎「その通り!
   今年の文化祭はうちらが漫才担当や!」

絹恵「うわーホンマか……」

恭子「ついに貧乏くじを引いてしまいましたね」

洋榎「アホ! 何が貧乏くじや!
   うちは待ちに待ちよったで!
   絶好のチャンスやないか!」

漫「それは主将だけです」

由子「のよー」

洋榎「何やと!?
   なんや、誰も漫才やりとうないんか!?」

全員「……」

洋榎「かー! ホンマかいな!
   一人くらいやりたいて言うのおると思うて楽しみにしてたのに」

漫「いや、去年文芸部がやってダダ滑りしてたん見てよく言えますね……
  観客もし〜んてしてて正直胸が痛かったです」

洋榎「あれは文芸部の連中がおもんなかっただけやろ。
   うちらは一味ちゃうってところを見せたる!」

絹恵「『うちら』やのうて『うち』やろ、
   お姉ちゃんだけやからそんな思うてるの」

洋榎「ぐぬぬ……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420725821



2:2015/01/08(木) 23:04:48.86 ID:/FV7YaQh0

由子「でも、麻雀部でやるんは確定してしもたんやろ?
   誰か出ないとなのよー」

漫「漫才やから2人ですよね」

恭子「一人は主将で確定でいいとして」

絹恵「もう一人やなー」

洋榎「せや、どっちみちやらなあかんねん。
   誰かやりたい人おらんのん?」

絹恵「だからおらんて」

洋榎「何やもーつれないなー」

漫「絹恵ちゃん出たら?
  姉妹コンビで片方『愛宕ジュニア』、もう片方『愛宕シニア』でちょうどええやん」

絹恵「千○兄弟かい!
   嫌やわ!」

恭子「まあ体の一部はジュニアとシニアが逆……」ボソッ

洋榎「ん、何か言うたか恭子?
   もしかして相方になりたいん?」

恭子「いや、やりとうないです。
   ホンマすみませんでした」

漫(末原先輩が珍しくボケた)


3:2015/01/08(木) 23:05:59.97 ID:/FV7YaQh0

恭子「じゃー今から半荘打って負けた人でええでしょ、ちょうど4人やし」

洋榎「それや!」

漫「ええええー!!
  それも厳しいですよー!」

恭子「厳しいことないやろ、
   どっちみち誰かがやらなあかんねん。
   むしろめっちゃ公平やで」

洋榎「せや、麻雀がイヤやったら
   直接立候補してくれてええんやで?」コイコイ

漫「それは全身全霊を持ってお断りします!
  その『こっちおいで』って手やめてください!」

絹恵「でもこれは大変なことになったな……」

恭子「負けたら全校生徒の前で漫才(しゅうちプレイ)……」

由子「これは負けられへんのよー」

漫「うああホンマに大変なことに……
  ああもうちゃっちゃと打ってしまいましょう!
  よろしくお願いします!」


終局


漫「うわあ……うわあ」ゲッソリ

絹恵「あぶな……最後末原先輩が漫ちゃんから直撃とってなかったら私やったわ」

由子「あぶなかったのよー」

恭子「決まりやな、
   がんばってーな漫ちゃん」

洋榎「おー決まったか?
   ほんじゃよろしくな、漫」

漫「ホンマ嫌なんですけど……
  なんでこんなときに限って爆発が……
  しかも安牌切ったつもりが振り込むて……」ブツブツ

絹恵「ほらブツブツ言うててもしょうがないで、
   がんばりや、漫ちゃん」

漫「ふあい……」


4:2015/01/08(木) 23:07:25.82 ID:/FV7YaQh0

洋榎「さーて、どうしようか漫」

漫「どーしましょーっ♪ どーしましょーっ♪
  どーにもならないこのピンチー♪」

絹恵「漫ちゃんが壊れるあまり自作ソングを歌い出した」

洋榎「とりあえず、ツッコミとボケを決めようや。
   うちはどっちでもイケるで」

漫「うーちはー♪
  ボケもツッコミもやりたないー♪
  主将の一人芝居を見ってるっだけー♪」

洋榎「おいこら漫」

漫「はい、すんません」

洋榎「まあでもボケ、ツッコミを決めんでやるってのもアリはアリやな。
   ○い飯とかそうやし」

漫「去年はきっちり分かれてましたね」

洋榎「去年はそうやったな」

漫「んー……
  うちはボケかなあ」

洋榎「ほう、何故?」

漫「ほら、うちの方が年下ですし、
  主将がツッコミなら年上が正してやるって感じでちょうどええやないですか」

洋榎「んー……
   まあそれはそうかもしれんけど、年上がボケて年下がツッコむのも全然おかしくはないで?
   うちはむしろそっちの方が自然な気がするなあ」

絹恵「家では私の方がツッコミやからな」

漫「ああなるほど、すごい納得しました」



5:2015/01/08(木) 23:08:47.51 ID:/FV7YaQh0

洋榎「じゃあ、うちがボケで漫がツッコミでええ?」

漫「じゃあそれでええですよ」

洋榎「うし、まず1つ役割は決まったな。
   そしたら次はネタを練っていこうや」

漫「それが問題ですね……
  主将、台本ありで漫才とかやったことあります?」

洋榎「一度もないで」

漫「ホンマですか……
  うちもないです」

洋榎「台本作成か。
   まあでもなんとかなるやろ」

漫「なりますかね……」

洋榎「よーしじゃあまず挨拶決めるで、
   最初が肝心……」

絹恵「いやその前にコンビ名決めようよ」

洋榎「あ、そうか。
   んーどうしようかなあ。
   うちと漫やろ?」

漫「『豚キムチ玉』なんてどうです」

洋榎「なんでよりによってそれやねん!
   お好み焼きのメニューん中でも最悪やろそれ」

漫「じゃあ『ぶっかけ豚玉』」

洋榎「さっきより悪うなった!
   『ぶっかけ』て何かアウトやろ!」

漫「しゃーないですね、じゃあ『月島もんじゃ』にしましょう」

洋榎「急にもんじゃ焼きかい!」

絹恵(これ漫ちゃんボケでお姉ちゃんツッコミでええんとちゃうか?)


6:2015/01/08(木) 23:10:21.60 ID:/FV7YaQh0

恭子「……で、結局『ミックスモダン』になったわけですか」

洋榎「いざ考えると難しいな、コンビ名。
   『チーム虎姫』の方がなんぼかマシかもしれんわ」

恭子「いや『チーム虎姫』は全然まともでしょう……」

洋榎「まあええわ。
   とりあえず今日はコンビ名決めたから、
   明日から台本作る」

恭子「……そんなペースで大丈夫です?
   文化祭当日まであと1ヶ月くらいですよ」

洋榎「まあなんとかなるやろ。
   今日はコンビ名決めるだけで3時間もかかったけどな」

恭子「いやそれけっこう危ないペースですよ」

洋榎「心配あらへん。
   まだ慣れてないだけや、明日からはガンガン進むで!
   多分!」

恭子「だといいですけどね……
   まあとにかくがんばってください」

バタン

恭子(ふう、どうなるかと思うたけど最悪の事態は避けられた……
   しかし『ミックスモダン』て……
   主将のネーミングセンスはようわからんな)


7:2015/01/08(木) 23:11:39.27 ID:/FV7YaQh0

翌日

洋榎「どうもーミックスモダンでーす」

漫「どうもー」

洋榎「『ミックスモダン』とか変な名前ですけど、よろしくおねがいしますー」

漫「うちが『モダン』で」

洋榎「うちが『ミックスモダン』で」

漫「いや、ちょっと待ってください!
  うち要らないやないですかそれやったら!
  主将は『ミックス』です!」

洋榎「そうか、すまんな。
   漫お前全然おもんないから、存在を忘れとったわ」

漫「ひどっ! 
  見てくださいひどいですよこの人!
  1ヶ月来の相方を空気同然扱いですよ!」

洋榎「1ヶ月?
   まだコンビ組んで3分くらいしか経ってへん気がするけどな……」

漫「3分て!
  うちの存在はカップ麺レベルですか!
  ウルトラマンも星に帰りますよ!」

絹恵「……はいカット!」

洋榎「なんかええ感じとちゃうか?」

漫「意外とイケる気しますね、これ」

絹恵「うんええと思うよ。
   ちょっとおもろかった」

洋榎「『ちょっと』てなんや絹!
   お前そんな上から目線で……」

絹恵「すまんすまん。
   おもろいと思うよ」

洋榎「ふう……
   それにしてもすまんな絹。
   わざわざ声かけて練習見てもろうて」

絹恵「ええよどうせ部活の時間も終わっとるし、
   お姉ちゃんと一緒に帰るしな」

洋榎「はは、まあありがとな」

絹恵「んで、今台本はここまで?」

洋榎「そうや、結局ここまでしか決まらんでな」

絹恵「ふーん。
   1つ気になったんやけどええ?」

洋榎「おう、何?」


8:2015/01/08(木) 23:13:03.04 ID:/FV7YaQh0

絹恵「2人とも『漫』『主将』てお互い呼んでるけど、
   そのままで行くん?
   名前呼びてあんませんのとちゃう?」

洋榎「あー」

漫「そういえばそうですね」

洋榎「なんて呼んでるんかな普通」

絹恵「『お前』とかかなあ」

漫「うへえ、主将がうちのこと呼ぶんはええですけど
  うちが主将呼ぶのに『お前』はちょっと気が引けるいうか……」

洋榎「ええやん、ステージ上では対等なんやし」

漫「そらそうですけど……」

絹恵「じゃあ『アンタ』とかでええんとちゃう?」

洋榎「おお、それでええやん。
   じゃあ漫、うち呼ぶときは『アンタ』な」

漫「わかりました、じゃあそれで。
  よし、じゃあこれからどうしよっかアンタ」

洋榎「漫才の時だけや!
   普段から『アンタ』とか呼ばれとうないわ」

漫「はは、すんません、主将」

洋榎「ったく……
   まあとにかく、ここからどう広げていくかやな」

漫「そうですねえ」

絹恵「そういえば、さっきの出だしどっちが考えたの?」

洋榎「んー主にうちかな」

絹恵「お姉ちゃんか」

洋榎「ああ。でも漫も色々案は出してくれたで。
   っていうか漫がその時言うたツッコミがそのまま台本になった言うか」

漫「空気同然扱いですよ! ってとことかですね」

絹恵「はは、なるほどなあ」

洋榎「けっこうええ感じやけどもう時間やな。
   続きは明日考えるで!
   せっかく漫もノってきたとこやしな」

漫「いや、ノってはないですよ!
  うちは嫌々です嫌々!」

洋榎「いつまで言うとるかなー」

漫「当日まで言うたります!」

絹恵(なんか楽しそうやな……
   まあ自分がやりたいとはこれっぽっちも思わへんけど)


9:2015/01/08(木) 23:14:19.96 ID:/FV7YaQh0

数日後

洋榎「んー、なーんか足りへんな」

漫「何がですか?」

洋榎「ボケは悪くない気がするけど、
   なーんか面白みに欠ける」

漫「そうです?
  うちはけっこうおもろいと思いますけど」

洋榎「んー、何やろ……ヤマがないなあ。
   全体的に単調すぎる気がするわ」

漫「そうですか……
  何があったらええですかね?」

洋榎「うーん……」

洋榎「試しに、麻雀でボケてみるか」

漫「麻雀で?
  卓持ってってやるんですか?」

洋榎「やらんわそんなん!
   ちゃう、麻雀ネタを入れるっちゅうことや」

漫「あ、なるほどすんません、
  素っ頓狂なこと言うてました」

洋榎「まったくなあ……
   漫うちよりボケの素質あるんちゃうか」

漫「え、ホンマですか?
  じゃ交代します?」


10:2015/01/08(木) 23:15:28.29 ID:/FV7YaQh0

洋榎「いや、ええ。
   既にツカミの部分うちがボケでやっとるし、それでしっくり来とるし。
   漫のボケは突拍子もなさすぎる」

漫「うう、そうですか……」

洋榎「麻雀でボケ、どんなんがええかなあ」

漫「んー……
  っていうかその前に、麻雀のルール知ってる人ってどのぐらい聞きに来ますかね?」

洋榎「あーそか。
   ルール知らん人も多いねんな……
   じゃあちと厳しいかなあ」

漫「あ、やったらルール説明自体でボケればええんとちゃいます?」

洋榎「あ、それや!
   ルール説明がてらボケるんやな?
   それやったら全然自然や」

漫「そや、ついでに部員勧誘しません?
  漫才の流れに乗じて!
  今部活入ってない人とかもいると思いますし」

洋榎「おーなるほどな、けどこの時期で帰宅部のやつが今更入るかいな……
   まあでも、やっといて損はないな」

漫「でしょうやりましょう!
  おお、なんかええ感じやないですか」

洋榎「ええな、これはナイスアイディアや!
   麻雀のルール説明でボケる!
   これでヤマができるな!」

漫「あとはどんだけボケられるかですね」

洋榎「よーし、ちっと考えてみるか」



11:2015/01/08(木) 23:16:32.26 ID:/FV7YaQh0

洋榎「よーしじゃあ今からやるからな、よう見といて絹」

絹恵「はいはい」

洋榎「じゃあスタート!」

洋榎「そういえば、麻雀てどんなルールやったっけ?」

漫「元部長が忘れますかそれ。
  しゃーないですね、1から確認していきましょう」

洋榎「頼むわ」

漫「まず麻雀は4人でやります」

洋榎「ほうほう」

漫「4人で麻雀牌を1枚ずつ引いて、先に役ができた人が点数をもらえます」

洋榎「なるほど」

漫「それで最終的に点数が一番高かった人が勝ちです」

洋榎「なるほどわかった」

漫「じゃあ、今うちが言うたことを繰り返してみてください」

洋榎「わかった」

洋榎「まず4人で黒服を着る」

漫「着ません!
  いきなりおかしいですよ!
  そんなこと言うてへんでしょ!」

洋榎「4人で1回ずつお焼香をつまんで、額まで上げてから
   パラパラ落とす」

漫「お葬式やないですか!」

洋榎「一番たくさんお焼香つまんだ人の勝ち」

漫「お葬式に勝ちも負けもありませんよ!」

洋榎「……ほい。
   どんな? 絹」

絹恵「うん、普通におもろいんとちゃう?」

洋榎「『普通に』て!
   どんだけ期待されてないねんうち!」


13:2015/01/08(木) 23:17:40.87 ID:/FV7YaQh0

絹恵「いやいや、おもろかったおもろかった、ええと思うで」

洋榎「やろやろ?
   やればできるやんうちら!」

漫「ほぼ全部主将の案ですけどね……」

洋榎「まあな。
   何やったっけ?
   漫の言うてたボケ……」

漫『麻雀は、2人で服を脱がし合うゲームです』

洋榎「あーそれ!
   全然おもんないわ、ベッタベタやし!」

漫「いやおもんないことないですよ!
  ベタですけど確かに!」

洋榎「絹、判定」

絹恵「……うちもあんまおもんないかも」

漫「ぐあー判定負けや!」

絹恵「判定負けて」

洋榎「なんやろ、考えさせたらあかんな漫は。
   何も考えとらんときの方がおもろいこと言うわ」

漫「それは喜んでええんでしょうか……」

絹恵「台本はもう大体できとるの?」

洋榎「まだ全部とはいかんな。
   まだボリュームが圧倒的に不足やし、このままやと1分で終わりかねんわ」

絹恵「もっとネタを付け足さなあかんね」

洋榎「そや。
   あと最後のオチもやな」

絹恵「なるほどなあ……
   まあ順調そうやん。この調子でがんばって」

洋榎「ん、サンキュー絹!
   さて今日は帰るか、明日もまたやるで! 漫」

漫「はいはい、嫌々ですけどねー」

洋榎「まーだ言うとるんか」


14:2015/01/08(木) 23:19:10.38 ID:/FV7YaQh0

さらに数日後

洋榎「んーアカン」

漫「アカンですね」

洋榎「できたて言えばできたけど……
   これで完成っちゅうのはなあ」

漫「んー……」

ガチャ

由子「お、やってるねー」

洋榎「おーゆーこ。
   珍しいやん部室に来てるん」

由子「たまにはて思うてなー。
   それよりどうなん? 漫才の方は」

洋榎「まあぼちぼちや」

由子「ぼちぼちかー」

漫「ただちょっと困ってることがありまして」

由子「あら、どしたん?」

洋榎「できたネタが短すぎて困ってんねん」

由子「そうなん?
   今どれぐらいになってるん?」

洋榎「このままやと2分やな」

由子「2分か……
   それはちょっと短いねー」

洋榎「やろ?
   言うても一通り流れできてしもたし、
   どうしようか絶賛悩み中や」

由子「なるほどなあ」

漫「かといって一から作り直すわけにもですしねえ」

洋榎「それはいくらなんでもやらんけど
   大幅な改造は必要やな」

由子「なあな、今できてるネタ、ちょっと見てみたいんやけどええ?」

洋榎「おー、じゃとりあえず今の分見せてみるか」

漫「えー、緊張するなあ」

洋榎「なんでやねん。
   絹に何回も見てもろうてるやん」

漫「いや真瀬先輩は初めてなんで」

由子「心配せんでええのよー」

洋榎「ゆーこは優しいから大丈夫やろ、
   『す』から始まる誰かさんとは違うてな」

由子「それあとで恭子ちゃんに言うとこかなー」

洋榎「すまんすまん今のナシ、まあじゃあやろうか」


16:2015/01/08(木) 23:20:17.58 ID:/FV7YaQh0

洋榎「──って感じや。
   どう?」

由子「おお、ええ感じで普通におもろかったのよー。
   これ2人で考えたん?」

洋榎「まあ、主にうちやけどな」ドヤッ

漫「すみませんね頼りにならん相方で」

由子「えーすごいなあ。
   なんか普通に様になってたし、
   テレビで写ってても違和感ないでー」

洋榎「やろ?
   うちも結構イケる思うねん。
   M-1大賞でも狙えるわ」

漫「いや主将それはさすがに風呂敷広げすぎですわ。
  真瀬先輩も褒めすぎです」

由子「でも良かったのよー」

洋榎「でも問題は時間やな。
   このままやと会場が温まる前に終わってしまう」

由子「なんかネタを伸ばさなあかんねー」

漫「まあネタを入れる余地はまだありそうですけどねー」

洋榎「まあ全然あるやろ。
   けど流れを壊したくないしなー……
   ゆーこ何かない?」

漫「うちやなくて真瀬先輩に聞くんですね」


17:2015/01/08(木) 23:21:42.63 ID:/FV7YaQh0

由子「んーそうやねえ……
   麻雀ネタ、もうちょっと膨らませられへん?
   けっこうあっという間に終わってしもたし」

洋榎「あー、そういう話にはなったんやけどな」

漫「うまい膨らませ方が浮かばんでですね」

由子「あーそうなんかー」

洋榎「まーでもそこら辺がやっぱやりやすいやろな。
   また考えてみるか」

漫「ですかねえ」

由子「後の流れは問題なかったと思うし、
   私が言えるのはそれぐらいかなー」

洋榎「わかった、ちょっと考えなおしてみるわ。
   サンキューゆーこ」

漫「どうもです」

由子「それにしても漫ちゃん、けっこう楽しんでるんとちゃう?
   漫才やってた時も生き生きしてたし。
   最初は嫌々て感じやったんになあ」

漫「今も嫌々です!」

洋榎「はは、まだ言うとるわこいつ」

由子「なかなか意地っ張りさんやねー漫ちゃんは」

漫「意地っ張りとちゃいますよ!」


18:2015/01/08(木) 23:22:57.38 ID:/FV7YaQh0

文化祭一週間前

漫「ぬぇ!?
  主将風邪で休み!?」

恭子「だそうやで」

漫「ホンマか……」

恭子「どうするん?
   漫才の練習は」

漫「や、ホンマやばいですよ!
  まだ固まってない部分があって
  あと一週間でそこ固めてこうて思うてたのに……」

恭子「んー、そう言われてもなあ」

漫「うあぁ、どうしようか……」

恭子「まあ最悪、客の前でスベればええんちゃうか」

漫「イヤですよそんなん!
  それだけは何に替えてもあかんです!」

恭子「でも『ミックスモダン』て名前の時点で割とスベってるやん」

漫「それは禁句ですわ……」

恭子「まあどうにかがんばりい、
   うちにできることは残念ながらあんまない」

漫「そんな薄情な……
  あ、そうや!」

恭子「何?」

漫「そしたら主将の代わりに相方やってもらえます?
  練習したいですし」

恭子「……は?」

漫「だから主将の代わりに練習」

恭子「辞退します。
   うちより絹ちゃんなんかどうや」

漫「でも今絹恵ちゃんおらんですし、
  お願いしますよ末原先輩ー」

恭子「でもなあ……」

漫「あ、付き合うてくれたらお好み焼きおごりますよ!」

恭子「いや、夕飯は普通に家で食べるけど……」

漫「ええやないですか、お家の人も楽やし!
  ほらほら、やりましょうよ!」グイグイ

恭子「ちょ、待ちーな漫ちゃん!
   うちやるとか一言も……
   あーもうしょうがないなもう……」


19:2015/01/08(木) 23:24:27.43 ID:/FV7YaQh0

漫「ありがとうございます、
  恩に着ます末原先輩」

恭子「お世辞はええ、それよりうちは何をすればええのん」

漫「練習に付き合うてくれればええです、
  あと何かアドバイスとかあったら欲しいかなあ」

恭子「わかった。
   じゃあまあ1回通してやろか」

漫「はい!
  あ、台本これです」

恭子「ほいほい」


……


漫・恭子「どうも、ありがとうございましたー」

漫「……って感じです。
  何かありますかアンタ」

恭子「誰が『アンタ』や」

漫「あ、すみません抜けてませんでした。
  で、どうですか末原先輩」

恭子「うーん……やっぱ短いかなあ」

漫「ですよねー……
  ホンマは今日それをどうにかしたかったんですけど」

恭子「あと思うたんやけど、この2つ目の麻雀ネタあるやん」

漫「はい」

恭子「これ、正直微妙とちゃうか」

漫「えー、そうですかねえ……
  これ一応主将が作ったネタですけど」

恭子「いやうちもちょっとおもろいとは思うたけど……
   その……伝わりづらいんとちゃう?
   麻雀用語言うてボケてくやろ」

漫「はい」


20:2015/01/08(木) 23:25:56.60 ID:/FV7YaQh0

恭子「元の意味知らんかったら
   何が面白いかわかれへんやん」

漫「まー確かにそうですねえ」

恭子「ちょっともっかいやってみよか?」

漫「はい」

恭子「あと麻雀といえば、用語がいっぱいあるよな。
   『リーチ』とか」

漫「ありますねえ。
  あ、じゃあうちが用語の名前言うから、アンタは意味を言うてください」

恭子「よしカモン」

漫「『手出し』」

恭子「」ガシッ

漫「ちょ、何すんねん」

恭子「お前なあ……
   よくもうちの妹に手ぇ出したな!」

漫「す、すんません! アンタの妹とは知らずに……
  ってちゃいますよ!
  何ですかこの状況!
  その『手出し』とちゃいます!」

恭子「でも『手出し』て言うたらこういう……」

漫「麻雀の方の意味言うてくださいよ!
  じゃあ、次、『カンチャン待ち』」

恭子「うちの誕生会、誰呼んだっけ?
   あーちゃんとえみちゃんは来たよな。
   あとは……ああ、カンちゃんか」

漫「そうそう、あと『カンちゃん待ち』……
  ってそれもちゃいます!
  麻雀全然関係あれへんやないですか!」

恭子「え、だってその後麻雀やるもん」

漫「知りませんよ!
  ……とこんな感じですね」

恭子「まあおもろいとは思うんやけどな……
   伝わるか言うたら微妙やな」

漫「元の意味知ってたらまあおもろいんですけどね……」


21:2015/01/08(木) 23:27:15.18 ID:/FV7YaQh0

恭子「それで思うたけど、もうちょい
   素人にもわかるようなボケにした方がええんとちゃう?」

漫「んー、今のでもギリギリ素人が笑えるレベルやとは思いますけど……」

恭子「そうかなあ……
   もっとこう、麻雀の基本ルールから説明していく感じでどう?」

漫「そういや最初はそういうコンセプトで作ってたなあ……
  ちょっとコンセプト外れてきてますかね」

恭子「うちは伝わらへんと思うし……
   ちょっとネタ練りなおしていこか」

漫「はい」

恭子「そうそう、それから挨拶の後ももうちょっと引っ張れるんやないかな?
   麻雀ネタ入るまでが早い気がするねん」

漫「そこもですか」

恭子「うん。
   あ、そうやそれから最後の勧誘パートな?
   あれもちょっと伸ばせそうな気するしそこも変えていこう」

漫(末原先輩、何かノってきてるやん)


22:2015/01/08(木) 23:28:31.41 ID:/FV7YaQh0

文化祭3日前

洋榎「はあ!?
   ちょっと待てなんやそれ」

恭子「でも実行委員会がそう言うからしゃあないで」

洋榎「ふざけんなや!
   うちは全っ然納得せえへんで!」

絹恵「何、どしたんどしたん」

由子「ネタが1つ使えなくなったらしいのよー」

絹恵「ネタが?」

漫「高校の文化祭やから、
  葬式ネタはちょっとまずいて先生から反対食らったんやて」

絹恵「はー……」

洋榎「おま、漫才やで!?
   フィクションやろ!
   いくら高校の文化祭かてそんな……」

漫「まあま、でも1つだけですやん。
  他はOK通ってるし、それで……」

洋榎「はあ、ホンマ最悪や……
   実行委員の先生殴り込みに行ったろかホンマ」

由子「落ち着いてーな洋榎ちゃん」

絹恵「お姉ちゃんは邪魔されるの大っ嫌いやからねー」

恭子「言うて20秒程度のネタが削られただけやろ?
   時間的にはそんな変わらへんでしょ」

洋榎「そらそうやけど……
   いやでもあそこから削れるのはまずいて!
   ただでさえ短いのに……」

恭子「いや大丈夫ですよ。
   主将が休んでるとき色々練り直しましたし、
   あそこ潰れても5分くらいは持ちますから」


23:2015/01/08(木) 23:30:16.42 ID:/FV7YaQh0

洋榎「……え、ホンマか?」

恭子「ホンマですよ、主将がおらん間大変やったんですから」

漫(めっちゃノリノリやったくせに)

洋榎「……恭子。でかした」

恭子「ありがとうございます」

洋榎「いや正直時間めっちゃ心配してたねん。
   けど恭子がそこまでやってくれたんやったら良かった、問題なしや!」

由子「恭子ちゃんはええお嫁さんになるねー」

恭子「誰のやねん!」

由子「あら、私『お嫁さん』としか言うてへんけど
   誰か気にしてるん?」

恭子「してへんよしてへん!
   もうええです、とりあえずそういうことなんで!」ダダダッ

洋榎「どこに行ってるねん恭子は」

絹恵「さあ」

洋榎「まあええわ。
   じゃ恭子の作ってくれた新台本でちょっと練習するで、漫!」

漫「うちも作ったんですけど……まあいいや。
  はーい」


24:2015/01/08(木) 23:31:40.54 ID:/FV7YaQh0

恭子「……で、なんでうちまで練習に参加せなあかんのん」

洋榎「だって見てもらいたいやん、な?
   恭子が作ってくれたんやし」

恭子「いやうちは焼き直ししただけですよ」

洋榎「でもこれ半分以上恭子が作ったネタやで?」

恭子「……まあ、割合で言えば」

洋榎「やろ?
   まあとにかく見といてや、うちと漫がやったらどないなるか」

恭子「はいはい」

漫「改めて、うち何の役にも立ってへんですね……」

洋榎「ホンマやで漫。
   そんなんやったらこの先お笑いで食っていけへんで」

漫「いやお笑いの道に進むつもりはこれっぽっちもないです!」

洋榎「そうかしゃあないな、
   じゃあこれからはうちと恭子でやっていくわ」

漫「いやそれは預かり知りませんよ!
  勝手にやってください」

恭子「なんでやねん!
   うちを巻き込まんといて!」

洋榎「ええやん、2人でM-1グランプリとか出ようや」

恭子「どんだけ話でかいねん!」

漫「うちはええと思いますよ、夫婦漫才コンビって感じで」

恭子「誰が夫婦や!」

洋榎「え、そういう感じでやるん?
   別にええで、恭子はええ嫁さんになるしな」

恭子「勝手なこと言わんといて!
   もうええから練習やるなら早く始めてください!」

洋榎「すまんなー漫、最近うちの女房ヒステリーで……」

恭子「やかましいわ!」

漫(末原先輩顔赤い、赤い)


25:2015/01/08(木) 23:33:16.85 ID:/FV7YaQh0

洋榎・漫「どうも、ありがとうございましたー」

洋榎「ふう。どやった?」

恭子「あー、まあええんやないですか」

漫「そんな無関心そうに言われても」

洋榎「わかっとったけど、
   やっぱ麻雀ネタの入り方が唐突やったなあ」

漫「そこはまだテコ入れしてないですからねー」

恭子「まずそこやろなあ」

洋榎「でも恭子の作ったネタ、おもろいやん。
   才能あるで。
   うちと同じくらい」

恭子「ご光栄にあずかります」

漫「じゃあテコ入れはうちよりおもろいお二人にお任せします」

洋榎「よし、じゃやるか恭子、
   うちら二人の『ミックスモダン』やからな」

恭子「やりますか」

漫「ちょ、うちホンマにのけ者ですか!
  せめて文化祭までは一緒にやらせてくださいよ!」

洋榎「けど漫は嫌々なんやろ?」

漫「いや、まあですけど、
  ここまで来たらやりたいやないですか」

洋榎「やて。どうする恭子、
   漫が仲間になりたそうな目でこっち見てるで」

恭子「ええんやないですか、入れても」

漫「いやなんでやねん!
  だからオリジナルメンバーはうちです!」

洋榎「すまんすまん、じゃあやろうか漫」

漫「まったくもう、やめてくださいよ。
  マジに落ち込むやないですか……」



26:2015/01/08(木) 23:34:44.37 ID:/FV7YaQh0

洋榎「ふー、こんな感じでええか」

漫「結構また大幅に変わりましたね」

恭子「大工事になったなあ」

洋榎「すまんなあ恭子、考えてくれたネタ
   結構潰れてしもたわ」

恭子「いやええですよ、うちやって主将のネタ結構潰しましたし」

洋榎「そうか、まあすまんな。
   よし、じゃあこの台本でもっぺんやってみるでー。
   準備ええか恭子」

恭子「はい」

漫「だからもー!」


……


洋榎・漫「どうも、ありがとうございましたー」

洋榎「よし、ええ感じやな。
   流れも問題なくなったで」

恭子「あとはこう、トチりとか棒読みがなくなったら完璧やな」

洋榎「まあうちに関しては問題ないから、主に漫やな」

恭子「いや、主将も結構噛んだりしてますから」

洋榎「まあそらどうにかするわ。
   よし漫、3日後の本番までみっちり練習や!」

漫「はい!」

洋榎「んでそれが終わったらM-1目指して修行やからな、覚悟しいや!」

漫「だからなんでそんなでかい方向に持っていこうとするんですか!」

洋榎「というわけやから、すまんな恭子。
   うちは漫とやっていくわ」

恭子「謝られる覚えはありませんのでどうぞ」

漫「だから文化祭までですて!」


27:2015/01/08(木) 23:36:00.96 ID:/FV7YaQh0

文化祭前日

カンカン

洋榎「おー、ステージの設営やってるわ」

漫「ホンマですね」

洋榎「しかしグラウンドのど真ん中とは景気ええなあ。
   去年は壇上イベントは体育館やったしな」

漫「やっと旧校舎が潰れましたからね、今年からグラウンド広々使えますよ」

洋榎「……明日、あそこに立つんやで。うちら」

漫「……ですね。
  正直、あんま考えとうないです……」

洋榎「なんでやねん。せっかくあんだけ練習したやろ」

漫「ですけど、やっぱプレッシャーが……
  あーあ、雨でも降らんかな」

洋榎「何言うとんねん。
   こんなもんインハイに比べたら全然やろ?
   何も懸かってへんのやし」

漫「いや、まあ…… そうですけど……
  でも何て言うんですか、世間体というか……」

洋榎「なんで世間体やねん!
   そんな悪事働くわけとちゃうわ!」

漫「いやあ、はは、
  相変わらずボキャ貧でどうしようもないですわ、うち」

洋榎「まあそらしゃあない」

漫「否定はしないんですね……
  いやわかってますけど」

洋榎「しかしインハイか、思い出すな……」

漫「今思い出します? それ……」

洋榎「思い出すわ。
   すんでの所やったからなあ、うちは未だに負けたとは思うてへん」

漫「はあ。まあ負けは負けですけど……」

洋榎「漫、もうちょい言葉選んでや」

漫「ぅあ、す、すんません」


28:2015/01/08(木) 23:37:37.03 ID:/FV7YaQh0

洋榎「まあ、今更やけどな。
   言うて何か変わるもんでもあらへん。
   ただうちは全然後悔はしてへんけどな」

漫「うちは後悔ばっかしですよ……
  末原先輩にはくよくよすんなて言われましたけど、今も時々頭によぎるんです。
  あん時オリとけば良かったなあ、とか」

洋榎「まあ、後悔残すんは良くないな。
   けどうちは、漫はよく役割を果たしたと思うで?」

漫「え、そ、そうですか」

洋榎「エース対決で荒れる先鋒でそこまで遅れ取らへんかったし、
   準決ではプラス2万やったしな」

漫「準決の方は、まあ……
  でもやっぱ何かもやもやが残る言うか、腑に落ちないんですよね」

洋榎「まあエース相手やからな、
   振り回されて打ちたいように打てへんかったんとちゃうん」

漫「……かもしれませんね」

洋榎「まあ心配せんでええ。
   来年は漫はもっと強くなっとるし、
   逆に漫がエースになって相手を甚振る番や」

漫「は、はい」

洋榎「漫な、あんまり自分を役に立たんとか、悲観することないで。
   漫は自分の気づかんとこで十分役に立ってるねん」

漫「な、そんなことないですよ!
  この漫才だって……」

洋榎「まあ確かに、台本はほとんどうちと恭子で作ったけどな」

漫「はい……」

洋榎「ただな、相方は漫やないとダメやねん」

漫「え、な、何でですか?」

洋榎「うちの麻雀部の中ではな、
   漫のツッコミが一番うまくハマるねん」


29:2015/01/08(木) 23:39:01.35 ID:/FV7YaQh0

漫「そ……」

洋榎「漫のツッコミはテンポええし、歯切れええし、テンションも上がる。
   場を盛り上げる力がある」

漫「……そ、ですかね……」

洋榎「そや。
   うちがまいた導火線に漫が火ぃつける。観客も爆発やな」

漫「はは……」

洋榎「もし恭子やったら冷淡な感じになるし、
   絹でも優しすぎる。
   ゆーこはユルすぎるしな。
   漫くらいのツッコミがちょうどええねん」

漫「……」

洋榎「そういうことや。
   なんやかんや言うて漫、お前が相方でよかった」

漫「……」

漫「……」ウルッ

洋榎「おいおい、こんなんで泣いてたらあかんて。
   本番は明日やで?」

漫「や、わかってますよ……
  わかってますけど……
  誰でも泣きますよそんなん……」グス

洋榎「なーんや、涙腺に火ぃ付くんも早いんか。
   まったくしゃーない奴やな」

漫「ですね……
  沸点低い人生ですわ」グス

洋榎「ちゅーわけで、改めてやけどな」

漫「……」

洋榎「明日の漫才、絶対成功させるで!」

漫「……ふぁい」グス

洋榎「おいおいどんだけ涙もろいねん、
   いい加減泣き止まんと明日ホンマに雨降ってまうで」

漫「……じゃあ帰ったらてるてる坊主作っときますわ」グス

洋榎「そこまでせんで……
   いや、まあじゃあ頼んどこか」

漫「はい、じゃあ作っときます。
  作ったことないですけど」

洋榎「ないんかい!
   逆に不安やわ!」


30:2015/01/08(木) 23:40:38.94 ID:/FV7YaQh0

当日

ガヤガヤ…

「今日は私たち○NOZの演奏を聴きに来てくれて
 ありがとうございましたー!」

\ワーッ!/
パチパチパチ…

恭子「さてさて、これが終わったらいよいよか」

絹恵「どうなるでしょうねー」

由子「楽しみなのよー」

放送部員『ありがとうございました。
     以上をもちまして、プログラム2番、軽音部による演奏を終わります。
     皆様、もう一度、拍手をお願いします』

\ワーッ!/
パチパチパチ…

放送部員『それでは引き続き、プログラム3番に移ります。
     プログラム3番は、麻雀部の部員による漫才です。
     しばらくお待ちください』

ガヤガヤ…

絹恵「来た来た、お姉ちゃんたちの出番や」

恭子「『ミックスモダン』て、なんぼ聞いても恥ずかしい名前やな……」

絹恵「え、そうですか?
   うちは普通にありやと思いましたけど……」

恭子(姉妹か)

絹恵「そういえば、今日は晴れましたね」

恭子「え? まあ。
   天気予報でも晴れて言うとったやん」

絹恵「いやまあそうなんですけど、
   昨日お姉ちゃんがてるてる坊主作りよって」

由子「てるてる坊主?」

絹恵「はい。なんや珍しいなーて思いながら見てて私も手伝ったんです」

由子「そうなんかー」

恭子「主将がなあ……
   そこまでするとはよっぽど晴れてほしかったんかな」

絹恵「ですかねえ。
   なんか『漫よりたくさん作らなあかん』とか言うてましたけど」

恭子「漫ちゃんより?」


31:2015/01/08(木) 23:42:04.95 ID:/FV7YaQh0

漫「うあああ緊張する……」

洋榎「ま、まあ大丈夫や、
   ほほら、軽音部の後でも盛り上がっとるし」

漫「い、いやあの観客の数、ヤバイですよ……
  まさかこんな大勢とは」

洋榎「い、いやいやこんぐらい想定内や!
   せせっかく晴れたし、ここんぐらいおらんと……」

漫「……主将ももしかして緊張してます?」

洋榎「あアホ!
   誰が緊張……せんわ……」

漫「ほら、日本語おかしいし……」

洋榎「ぐっ……」

漫「うぅ、やっぱりてるてる坊主なんか作らんといたら良かったかなあ」

洋榎「い、今更何言うてんねん!
   晴れんとあかんわ!」

漫「3個も作ったもんなあ……」

洋榎「……3個? 3個やな?」

漫「え? はい」

洋榎「はあ、良かったわ。
   うちは10個作った」

漫「10個!?
  なんでそんな作ったんです」

洋榎「漫に作らせたら逆に雨降るんやないかて思うてな、
   漫よりたくさん作ったねん。
   まあ絹にも協力してもろたけど」

漫「ひどっ! 絹恵ちゃんまで!
  うちかててるてる坊主くらい作れますよ!」

洋榎「じゃあてるてる坊主を逆さに吊るしたりせんかったか?」

漫「え? 向きとかあるんですかアレ」

洋榎「ほらなー!
   やっぱり漫だけに任せんで正解やったわ!」

漫「ええっ!?
  アレ向きとか気にせんとあかんのですか!?」

洋榎「お前知らんかったんかい!
   あれを逆さに吊るすとな、『ふれふれ坊主』言うて逆に雨降らせる奴になんねん!」

漫「え、ホ、ホンマですか?
  ボケとかやなくて?」

洋榎「これはホンマや!
   常識やで!」

漫「う、うそー!
  うわあ知らんかった……」


32:2015/01/08(木) 23:43:58.92 ID:/FV7YaQh0

洋榎「まったく……
   ホンマ漫のボケは突拍子もないな」

漫「いや、ボケのつもりとちゃいますけど……」

洋榎「ふう。なんかだいぶ緊張取れてきた」

漫「今のでですか!?
  ……あ、まあでもうちも若干解れたような」

洋榎「これがいわゆる『雨降って地固まる』やな」

漫「いや、雨降ってないですよ!」

洋榎「でも漫のは『ふれふれ坊主』やもんなあ?」

漫「も、もー……いじりますかこんなときに……」

洋榎「ええやん。ウォーミングアップウォーミングアップ」

漫「ウォーミングアップですか……」

洋榎「よし、本調子に戻ってきたところでや。漫」

漫「は、はい」

洋榎「……うちらは1ヶ月間頑張ってきた」

漫「はい」

洋榎「ここまで来たら、もうやることは1つだけや。
   とにかくやり切る」

漫「……はい」

洋榎「スベるとかスベらんとか、もう気にしたらあかん。
   何があっても最後までやり切る!」

漫「は、はい!」

洋榎「1ヶ月の練習の成果見せたるで!」

漫「はい!」

放送部員『お待たせしました。
     プログラム3番、麻雀部の部員による漫才です。
     それでは、麻雀部、よろしくお願いします』

洋榎「よし! 出陣や! 行くで!」

漫「はい!」


ダダダッ


洋榎・漫「どうもー! ミックスモダンでーす!」


33:2015/01/08(木) 23:45:26.98 ID:/FV7YaQh0



「「「「「お疲れー!」」」」」

漫「やー今日はホンマにお疲れ様でした!
  見てくれた皆さんもホンマありがとうございます!」

由子「いやいや楽しかったのよー」

絹恵「いやーなんかサマになってたよ、さすがお姉ちゃんや」

洋榎「はは、うちもやけど漫も褒めてやりいな」

漫「い、いやうちはええですよ」

恭子「いや、漫ちゃんもようやった。
   ええツッコミやったで」

漫「あ、ありがとうございます」

洋榎「そうそう、うちら結構受けが良かったからな、
   来年もやってくれんかて実行委員に頼まれたで」

絹恵「え」

恭子「へー、
   じゃあ今の2年以下にはがんばってもらわないかんですね」

絹恵「い、いや来年は別の部活がやるんでしょ?
   うちらはやらんでええんですよね?」

漫「絹恵ちゃーん、うち一人だけやと寂しいし一緒に行こうやー」

絹恵「いーやーやー」

由子「でも、ホンマおもろかったねー。
   お世辞抜きでテレビ出てても違和感ないのよー」

漫「いやあ先輩それはさすがにお世辞……
  あっ、はーい」テクテク

恭子「あとはコンビ名さえどうにかなればええんやけどな」

洋榎「なんでや! ええやんあれで!
   なあ絹!」

絹恵「まあ言われてみたら微妙な気はしてきたなあ」

洋榎「あ、ちょ、絹!
   この裏切りモン!」

由子「私はええと思うけどなー」

洋榎「やろ?
   さすがゆーこ、わかっとるわ!」

漫「ほいほーい、言うてる間に5人前来ましたでー。
  『ミックスモダン』」

恭子「おーやっとか」

由子「わー、美味しそうなのよー」

洋榎「よーしじゃあ早速……」

「「「「「いただきまーす!」」」」」


カン!


34:2015/01/08(木) 23:48:49.45 ID:/FV7YaQh0

お粗末さまです。
九州民なので不自然な関西弁はご容赦を。
自分の作ったネタを面白いとキャラに言わせる羞恥プレイはなかなかのもんです。

漫才の台本は作ってあるけど投下するのが怖いという


37:2015/01/09(金) 00:07:47.31 ID:B7QDLg0A0

おまけ 漫才台本


洋榎「どうもーミックスモダンでーす」

漫「どうもー」

洋榎「『ミックスモダン』とか言うてええ加減な名前ですけど、今後ともよろしくおねがいしますー」

漫「うちが『モダン』担当で」

洋榎「うちが『ミックスモダン』担当で」

漫「いや、ちょっと待ってください!
  それやったらうち要らないやないですか!
  あんたは『ミックス』担当です!」

洋榎「そうか、すまんな。
   お前全然おもんないから、存在を忘れとったわ」

漫「ひどいですよ!
  さっき並んで自己紹介したのに!」

洋榎「あれ?
   うちは1人で自己紹介したつもりやったんやけど」

漫「ひどっ! 
  見てください皆さんひどいですよこの人!
  10年来の相方を空気扱いですよ!」

洋榎「10年?
   まだコンビ組んで3分くらいしか経ってへん気がするけどな……」

漫「3分て!
  うちの存在はカップ麺レベルですか!
  ウルトラマンも星に帰りますよ!」

洋榎「すまんすまん、3分じゃないよな、そんなわけないよな」

漫「そうですよー
  3分の絆とちゃいますようちらは」

洋榎「3秒やな」

漫「3秒!
  さっきもさっきやないですか!
  落ちた食いモン拾って食えるレベルですよ!」

洋榎「さっきからうるさいなー空気がヒューヒューと」

漫「まだ空気扱いですか!
  ホンマひどいわーこの人」


38:2015/01/09(金) 00:09:22.37 ID:B7QDLg0A0

洋榎「すまんすまん、ホンマはどんぐらいやっけ?」

漫「だから10年ですよ10年」

洋榎「そうかー。
   そうやったなあ、あれはまだうちらが小学1年生の夏休み……」

漫「そうそう、道○堀川でニキシゴイを釣ってたんですよね、
  そしたらポンポンって誰か肩叩いてくるんですよ、
  誰やと思って振り返ったら、そしたらコイツがおってね、
  『てっぺん目指そう!』ってな、
  全然知らん人やのに、何言うてんやろコイツって……
  ってそんなわけないでしょ!
  しっかりしてくださいよ!
  ホンマは1ヶ月です1ヶ月!」

洋榎「そうかそんな最近か」

漫「そうですよ。
  ちょうど1ヶ月前ね、誰かさんが漫才当番のくじ引いて帰ってきたやないですか部室に」

洋榎「そうやったなあ」

漫「まったくね、一体誰なんでしょうね、
  貧乏くじ引き当てといて嬉々として帰ってきた麻雀部の部長は」

洋榎「……今頃どうしてるんやろな、
   あいつは……」

漫「すっとぼけんでください!
  アンタですよ部長は!
  何遠い目してるんですか!」

洋榎「エベレスト、無事に登れたんかな……」

漫「なんでエベレストですか!
  部長はア・ン・タですア・ン・タ!」

洋榎「いや、うち部長ちゃうで。
   だってうち『元』部長やもん」

漫「細かいことはええんです!
  あの時は確かにアンタが部長でしたやん!」

洋榎「でも今お前が部長やん」

漫「いやそらそうですけど……
  1ヶ月前の話です!
  あん時部長はアンタやったやないですか!」

洋榎「さっきから部長部長て……
   部長に阿る課長はお前は!」

漫「なんですかそのツッコミ!
  全然意味わかりまへん!」



39:2015/01/09(金) 00:10:33.54 ID:B7QDLg0A0

洋榎「まあええわ。
   それよりな、うちら麻雀部やんか」

漫「はい、そうですけど」

洋榎「麻雀の話しようや」

漫「麻雀ですか」

洋榎「そうそう、
   今日聞きに来てくれてる人にもね、
   麻雀のルールが昔から知りたかったー! いう人けっこういはると思うねん」

漫「いはりますかねえそんな人……
  まあいいや、簡単にルールの説明とかしましょうか」

洋榎「まず麻雀はね、4人でやるゲームです」

漫「そうそう」

洋榎「ちなみに4人の血液型がA、B、O、ABで分かれとらんといかんっていうルールはないです」

漫「はい、ありません。
  普通無いですそんなん」

洋榎「で、こう四角いテーブルを4人で囲うんです」

漫「全自動卓っていうて麻雀やる専用のテーブルがあるんですよね、それを使うんですよ」

洋榎「麻雀牌を山みたいに積みます」

漫「そうですね」

洋榎「それで1人1人こうやって、山が崩れんように慎重に1枚引き抜いていって……」

漫「それジ○ンガやないですか!
  ゲーム違いますよ!
  ほんまはですね、麻雀は絵柄を揃えるゲームです!」

洋榎「そうそう。
   しばらく麻雀やってへんから忘れてしもうてたなー」

漫「それ忘れてるってレベルとちゃいますよ!
  病院行って診てもろた方がええですわ!」

洋榎「麻雀牌言うのはいろんな絵柄が書いてあって、
   それを1枚1枚皆引いて揃えていくんですわ」

漫「麻雀の基本ですね」

洋榎「最初は13枚麻雀牌をもってて、1枚1枚交換していくんです。
   最初は大抵バラバラやけど、交換することで揃えていく」

漫「そうそう、
  そんで揃った人は『ツモ!』とか『ロン!』て言うて、点数がもらえるんですよね」

洋榎「そうそう、そんで点数払う人は指を一本切って渡す」

漫「切りませんよ!
  なんですかその怖いルール!」

洋榎「でもうちがこの前読んだマンガではやってたで、ヤ○ザが」

漫「ヤ○ザの話でしょ!
  うちらみたいな健全な人間はそんな真似しません!」


40:2015/01/09(金) 00:11:43.89 ID:B7QDLg0A0

洋榎「まあそんなわけで、そういうのを8回ぐらい繰り返して、
   最終的に一番点数稼いだ人が勝ちっちゅうわけですわ」

漫「そうそう、大体そんな感じですねー」

洋榎「それでお前、ここ入ってからどのぐらい指切ったん?」

漫「だから切ってませんて!
  うちは健全な人間です!」

洋榎「7本くらい?」

漫「7本て!
  過半数以上やないですか!
  もはや麻雀できませんよ!」

洋榎「……あれっ?
   お前、ちょっと手ぇ見せてみ」

漫「え、いや指ありますよ?
  ほら」

洋榎「……
   はい、じゃあ次は『役』についての説明ですが……」

漫「ちょ、なんでスルーですか!
  うち何のために手出したんです!?」

洋榎「さっき『絵柄を揃える』て言いましたけど、
   揃え方がけっこうたくさんあってですね」

漫「スルーかいな……
  わからんわこの人」

洋榎「難しい揃え方と簡単な揃え方あってですね、
   難しいやつにはより高い点数がつくんです」

漫「これも麻雀の面白いところですねー」

洋榎「安いやつでは1000点とか、高いやつは32000点とかな」

漫「幅がありますよねー」

洋榎「ちなみに一番高い役がどんぐらいか知っとるか?」

漫「え、なんぼです?」

洋榎「指を切る」

漫「だから切りませんて!
  どんだけ引っ張るんですかそのボケ!」

洋榎「あれっお前ちょっと手ぇ……」

漫「見せませんよ!
  もうええですそのネタは!」


41:2015/01/09(金) 00:13:00.12 ID:B7QDLg0A0

洋榎「とまあルール説明はこんなとこかなあ」

漫「まあざっくりですけど、こんなとこですかね」

洋榎「麻雀はちとルールが複雑やけど、
   基本さえ覚えれば初心者でも楽しく遊べるゲームです」

漫「敷居は高そうで実は低いですよ」

洋榎「というわけで、3年生の皆さん!
   この機に是非麻雀部に!」

漫「なんで3年生ですか!
  もう後ないやないですか!
  どうせなら1、2年を勧誘しましょうよ!」

洋榎「でも、1、2年は全員転校してまうし……」

漫「なんでですか!
  1、2年全員転校とかもはや事件ですよそれ!
  転校とかしません!」

洋榎「しゃーないなー、じゃあうちの親戚から何人かあたってみるわ」

漫「要らんですそんなん!
  うちの学校の生徒から勧誘せな意味ないです!」

洋榎「まーそういうわけで、
   興味のある人は気軽にうちの麻雀部に遊びに来てください」

漫「どうぞよろしくおねがいしますー」

洋榎「今なら洗剤も付いてお得やで」

漫「新聞屋ですか!
  そんなもんありません、高校の部活ですから」

洋榎「というわけで長々とやってきましたが」

漫「やりましたねえ」

洋榎「最後に一つだけ言わせてください」

漫「何ですか」

洋榎「麻雀で指はなくなりません」

漫「だから何回もツッコんだですやん!
  もうええわ!」

洋榎・漫「どうも、ありがとうございましたー」


もいっこカン!



42:2015/01/09(金) 00:13:56.56 ID:B7QDLg0A0

蛇足終了。


43:2015/01/09(金) 00:17:07.28 ID:ckW7je8ZO

おおっ、流れるようないい勢いのネタでした
もいっこ乙


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420725821/

→→もっと咲-Saki-を読む←←