1:2014/06/01(日) 16:23:52.54 ID:Q54dN3DsO

時臣「最強のサーヴァントを引き当てた。この戦い我々の勝利だ!」

ヘラクレス「ハハハ、照れてしまいます時臣様」

時臣「一応聞いておくが得意な戦術は?」

ヘラクレス「アーチャーで召喚されていますので狙撃は勿論。この拳があれば白兵戦では負けるつもりはございません」

時臣「ふふふ……素晴らしい。ステータス、性格、宝具、どれをとっても完璧だ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1401607432



2:2014/06/01(日) 16:24:34.72 ID:Q54dN3DsO

――

ザイード「この程度の罠、くぐり抜けるなど用意……!」

ザイード「ほ! や! いよ!」

ヘラクレス「楽しそうなところ申し訳ないのですが……」

ザイード「!?」

ヘラクレス「射殺す百頭(ナインライブス)――!!」ドババー

ドゴーン

――

切嗣「ホーミングレーザーを撃つ英霊……何者なんだ」ガクガクブルブル


3:2014/06/01(日) 16:25:19.59 ID:Q54dN3DsO

―コンテナ広場―

ライダー「我が臣下にならぬか?」

ランサー、セイバー「は?」



ヘラクレス「狙い澄まし……射殺す百頭(ナインライブス)――!!」ドババー



セイバー「っ!?」サッ

ライダー「おっと」ヒュー

ランサー「がはあ!!??」ドカーン


4:2014/06/01(日) 16:26:16.02 ID:Q54dN3DsO

雁夜「あれは時臣のサーヴァント……殺せバーサーカー!!」

バーサーカー「■■■■■――!!!」ダッ


ヘラクレス「速いですな! 一瞬で狙撃ポイントまでやって来るとは」

バーサーカー「■■■■■――!!!」ブンブン

ヘラクレス「ほほう、その辺の鉄棒を武器にしましたか。では私は――フンッ!」ドゴォ

バーサーカー「■■■■■――!!??」ボコォ

ヘラクレス「ハッハッハッ、まだまだいきますぞ」オラオラオラオラオラ

バーサーカー「アー……サー……」シュゥゥゥ


セイバー「一瞬兜が砕けて顔が見えた……ランスロット卿だったのかあれは」


5:2014/06/01(日) 16:27:01.12 ID:Q54dN3DsO

ライダー「そこの……紳士っぽい狙撃手」

ヘラクレス「私ですかな?」

ライダー「もう少し正々堂々としていれば我が軍団に入れてやったものを」

ヘラクレス「今の私は時臣様のサーヴァント。どちらにせよ貴方の臣下にはなれませぬな」

ライダー「そうか……では余等の話を邪魔した礼だ。受け取るがよいアーチャー」

シュウウウウ

セイバー「これは……風景が変わって」

ライダー「王の軍勢(アイオニオン・ヘタイロイ)」

軍勢『然り! 然り!』


6:2014/06/01(日) 16:27:38.42 ID:Q54dN3DsO

軍勢『然り! 然り!』ペチペチ

ヘラクレス「ハハハ、くすぐったいですな!」

軍勢『然り! 然り!』ペチペチ

ヘラクレス「ハッハッハッ! ちょっとしたハーレム気分ですな!」

ライダー「……どうなっておるのだ?」

セイバー「知りません」


切嗣『アイリ、あの化け物は放っておけない。此処で仕留めるんだ』

アイリ「分かったわ。宝具ね」


8:2014/06/01(日) 16:28:16.72 ID:Q54dN3DsO

アイリ「セイバー、宝具を使って」

セイバー「分かりました。ランサーが消えた事で私の傷も癒えたのでいけます」

ライダー「む、何か作戦を思いついたのかセイバーよ?」

セイバー「ライダー、貴方の軍勢を囮に使わせて頂きます――約束された勝利の剣(エクスカリバー)!!」ドバー


ヘラクレス、軍勢「ギャー」ドカーン


セイバー「ふぅ……手強い相手でしたね」

ヘラクレス「やりますな、私を一度殺すとは。痛かったです……」グスッ

セイバー「っ……!!??」


9:2014/06/01(日) 16:29:06.70 ID:Q54dN3DsO

ヘラクレス「いろいろと魔力の消費が激しかったですからな、ここからは素手でいきますぞ!」

シュウウウウ

ライダー「いかん! セイバーの宝具の影響で結界が消えるわい!」

セイバー「私の聖剣が……通用しないなんて……私の聖剣が……」

ライダー「ええい、転送先を離してここは一時撤退だ!」

――

ヘラクレス「……逃げられてしまいましたか。しかし二騎の討伐。充分な戦果ですな」


10:2014/06/01(日) 16:29:59.09 ID:Q54dN3DsO

その後、ヘラクレスの恐ろしさを前に殆どの陣営が硬直してしまった
ただ一つの陣営を除いて――

―大海魔登場―

ライダー「ええい、あんのデカブツ。どうやって倒せば……セイバー! あの聖剣でどうにかならんか?」

セイバー「ふっ……私の聖剣などでどうやれば……」

ライダー「いかんな、まだ引きずっておる」

ヘラクレス「私にお任せ下さい!」

ライダー「む、アーチャーか。確かに任せられそうだ」

ヘラクレス「えいっ!」ピュー

ライダー「? 矢一本でいいのか?」

ヘラクレス「見ていて下さい。私の矢には――」

大海魔「ぎゃー」グチャグチャグチャ

ヘラクレス「ヒドラの毒が塗ってあるのです」

大海魔「ジャンヌー」シュウウウウ


12:2014/06/01(日) 16:30:38.87 ID:Q54dN3DsO

ライダー「ハッハッハッ、驚いたわい。どれ、今からでも我が軍勢に……」

ヘラクレス「フンッ!」ドゴォ

ライダー「がぁ……何故……」

ヘラクレス「皆様引きこもって出てこないので、時臣様がこの機会に叩いておけとお申しに」ドゴォ

ライダー「無念……」シュウウウウ

セイバー「ライダー!? アーチャー……貴様……」

ヘラクレス「私も素手でセイバーに互角で打ち合う自信はございません」

セイバー「っ……まさか」

ヘラクレス「射殺す百頭(ナインライブス)――!!」ドババー

セイバー「こんな近距離では……ウワアアア!?」ドカーン


13:2014/06/01(日) 16:31:23.72 ID:Q54dN3DsO

――

時臣「残りはアサシンだけだな。綺礼?」

綺礼「はい。自害せよアサシン」

アサシン「貴様らは……そんなにも……」
「そんなにも勝ちたいか!? そうまでして聖杯が欲しいか!?」
「この俺が……たったひとつ懐いた祈りさえ、踏み躙って……貴様らはッ、何一つ恥じることも無いのか!?」
「赦さん……断じて貴様らを赦さんッ!」
「名利に憑かれ、暗殺者の誇りを貶めた亡者ども……その夢を我が血で穢すがいい!聖杯に呪いあれ!その願望に災いあれ!」
「いつか地獄の釜に落ちながら、このハサン・サッバーフの怒りを思い出せ!!」

遠坂「五月蝿いな」

綺礼「そうですね。令呪を重ねて命じる。自害せよアサシン」

アサシン「ぎゃー」グサッ


14:2014/06/01(日) 16:31:49.22 ID:Q54dN3DsO

―聖杯誕生―

アイリ「泥々泥々」

ヘラクレス「っ……こんなものが聖杯とは」

時臣「……」

ヘラクレス「いかがしますか時臣様?」

時臣「……仕方が無い。破壊しろアーチャー」

ヘラクレス「承知しました! 射殺す百頭(ナインライブス)――!!」ドババー

アイリ「泥々泥」ドッパーン

こうして遠坂時臣は聖杯戦争に勝利した。
しかし聖杯は飛び散りあたり一体は火の海とかした。
ヘラクレスは単独行動を使って最期の時を救出活動に使ったのだった。


15:2014/06/01(日) 16:32:16.39 ID:Q54dN3DsO

――

士郎「……」ガクッ

ヘラクレス「っ……生存者! しかしもう駄目でしょうか……いや」

ヘラクレス「我が心臓を受け取るのです!」グチャア

士郎「ん……ゴクッ」

ヘラクレス「後は奇跡を祈るだけ。心臓が適合したなら貴方には十二の試練が宿り見事再生を果たすでしょう」シュウウウウ

ヘラクレス「後は任せます、時臣様……」

――


士郎「……うう」

時臣「目が覚めたかい? 私は……魔術師なんだ」

FIN


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401607432/