1:2015/09/04(金) 23:48:04.87 ID:/qXyJTQS0


美城常務「先日はレッスン中にすまなかったな。急だったものでな。…さて、早速だが、君たちにはユニットを組んでもらう。名前はトライアドプリムス」

加蓮「あっはい…!」

常務「メンバーは君たち北条加蓮、神谷奈緒、そして、渋谷凛の3人だ。質問は?」

加蓮「あ、あの! 凛は…」

常務「もちろん分かっている。ニュージェネレーションズはどうするのか、ということだろう。はっきり言うが本人次第だ。いや、少し違うな。本人次第ではあるが、また、君たち次第でもある」

奈緒「どういうこと…ですか」

常務「まだ渋谷んはこの話をしていない。渋谷はおそらく断る、…か保留にするだろう。そこで君たちの出番だ」

加蓮「説得をしろ、ってことですか」

常務「ユニットで活動がしたいのであれば、の話だが。さて、異論はあるか」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441378084



2:2015/09/04(金) 23:48:34.15 ID:/qXyJTQS0


奈緒「なんであたしたちなん…ですか」

常務「……。私は君たち3人に大いに可能性を感じている。先日レッスンを見て感じた。それでは不満かね」

奈緒「いや……不満とか、そういうことじゃないですけど…」

常務「私の気はあまり長くない。もう一度聞くが、このユニットに参加するか。答えなさい」

加蓮「奈緒、……やろう」

奈緒「加蓮!? ……そ、それはいいけどさ、凛はどうすんだよ?」

加蓮「なんとかしよう。もちろん、無理はしないように」

常務「何度も言うようだが、私は君たちに期待している。渋谷から良い返事が聞けることを楽しみにしているよ」





3:2015/09/04(金) 23:49:12.22 ID:/qXyJTQS0


奈緒「どうすんだよ……? 威張るわけじゃないけどさ、あたしは何も思い浮かばないぞ」

加蓮「さーどうするのかな。アタシだってわかんないよ。…とりあえず凛が美城常務になんて答えるか、待ってみよう」

奈緒「でもさ…やっぱり普通断ると思うんだよな。だってニュージェネだってあるし。掛け持ちだってきついだろ」

加蓮「だから、それをどうにかするのがアタシたちなんでしょ。奈緒は凛と一緒にステージに立ちたくない?」

奈緒「それは……」

加蓮「レッスンして、ケンカとかして、一緒に頑張って頑張って、ふふっ。もしかしたらトップアイドルになったりして」

奈緒「と、トップアイドル…。いや、まあそりゃあ一緒にやりたいけどさ……」

加蓮「もー相変わらず優柔不断なんだから! アタシたちは、たぶん、もうこれしかないんだよ。CDデビューがなくなって、それでこのタイミングで美城常務から直接話が来たんだから」

奈緒「そんな……」

加蓮「……だから、なんとか、やろう」

奈緒「う、うん……」





4:2015/09/04(金) 23:49:50.93 ID:/qXyJTQS0


常務「伝えたとおりだ。君には新たなユニット活動をしてもらおうと思う」



凛「えっと……少し、少し時間を…ください」



▽5

加蓮「まずは、直接話してみようよ」

奈緒「うん。あ、あそこで話そうぜ! いまフルボッコちゃんのキャンペーンやってるんだ!」

加蓮「はいはい。じゃあ行こう、先に帰られちゃったらたいへん」





5:2015/09/04(金) 23:50:31.37 ID:/qXyJTQS0


加蓮「急にごめんね」

凛「いや…、トライアドプリムスのことでしょ」

加蓮「うん。そうなんだ。じゃあまずは、どう? やらない?」

凛「……ごめん。私にはニュージェネがあるから」

加蓮「まあ、そうだよね。でもちょっとアタシたちもそれじゃあ困るんだよねー」

加蓮「凛は、さ。アタシたちとじゃ、嫌かな?」

凛「そんなことない!」

加蓮「ありがとう。やっぱり、ニュージェネと掛け持ちじゃダメなの?」

凛「……なんていうか、そんなに半端な気持ちで、ニュージェネはできない。と思う」



6:2015/09/04(金) 23:51:07.65 ID:/qXyJTQS0


加蓮「凛は美城常務になんて言われたかわかんないけど、アタシたちはさ、可能性がある、期待しているって言われたの」

加蓮「それでさ、アタシたちってもうこれが最後のチャンスなんじゃないかなーって思ってるんだ」

奈緒「ちょっ、加蓮!」

加蓮「…ああでも、そう言って無理やりやらせようとか、そういうことじゃないから。気にしないで」

凛「気にしないでって…」

加蓮「まあまあ。アタシたちにとっても、凛にとっても新しい挑戦になる。でも、新しい何かを得られるチャンスなんじゃないかな」

加蓮「新しいユニット、新しいレッスン、新しいステージ。もちろん簡単なことじゃないよね。アタシたちは違うけど、凛にはニュージェネもあるんだから」

凛「知らない場所で何かをはじめるのは…ちょっと、怖いかな」

加蓮「あのね、凛。新しいことに挑戦するのは、知らない場所でなにかをするのは、みんな初めてのことなんだよ。だって、やったことないんだもん。知らないんだもん」

加蓮「でも、みんなそれを乗り越えていくんだよ。がむしゃらに頑張ったり、仲間と協力したり。アタシたちじゃ、それはできないかな……?」



7:2015/09/04(金) 23:51:40.57 ID:/qXyJTQS0


凛「分かった。加蓮の言うことは…、いちおうわかった。だけど、やっぱりちょっと考えさせてほしい」

加蓮「うーん、まあ…仕方ないか。ほら、奈緒もちょっとは話しなよ」

奈緒「あ、あたしか!? あ、あの……そうだ! 明日、もう一回合わせてみないか?」

加蓮「そうだね。この前3人で合わせた時、すごくイイ感じだった。アタシがトライアドプリムスをやりたいって思ったのも、もしかしたらそこからなのかもしれない」

加蓮「この3人なら、きっとすごいことができる、そう思えた」




8:2015/09/04(金) 23:52:40.31 ID:/qXyJTQS0


奈緒「来て…くれるかな? 凛」

加蓮「来なかったら、仕方がないよ」

奈緒「そんな……」

加蓮「凛だってたいへんだろうし、アタシたちが無理にやらせても、ダメじゃない?」

奈緒「それはそうだけど……」

加蓮「でもアタシは賭けてみたいんだ。3人で歌うことで感じた何かに、得られるかもしれない何かに」

奈緒「……そうだなっ! 明日、精一杯頑張ろう」

加蓮「うん」





9:2015/09/04(金) 23:55:03.87 ID:/qXyJTQS0


加蓮「アタシたちで歌うから、聞いてて」

凛「うん」



加蓮「はあ、どうだった?」

凛「うん。良かった」

加蓮「次は凛も歌ってみてよ」



奈緒「あーっ! やっぱりこの3人でやりたい!」

加蓮「良かったね」

凛「うん……」


10:2015/09/04(金) 23:57:10.28 ID:/qXyJTQS0


加蓮「それで、また急になっちゃうんだけど、どう? やっぱりできない?」

奈緒「ど、どうだ…?」

凛「……そうだね。私は…」





11:2015/09/04(金) 23:58:04.09 ID:/qXyJTQS0


奈緒「あーっ、緊張するな…!」

加蓮「ふふっ、奈緒ってば、少しは落ち着きなよ」

奈緒「だってさあ! は、初ライブだぞ!」

加蓮「そうだね……やっと、アタシたちも、やっと、辿り着いた…」

加蓮「アタシたちで、何かできるかな」

奈緒「加蓮…」

加蓮「アタシも緊張してきちゃった。手が……」

加蓮「頑張って、すごいことができるって、思ってる。でも…」


12:2015/09/04(金) 23:59:11.05 ID:/qXyJTQS0


奈緒「加蓮! ……あたしたちは、3人だ!」

奈緒「加蓮一人じゃない。凛も、あたしもいる。3人で、すごいことをやるんだ」

凛「私に、何か感じた、すごいことができるって言ったのは加蓮だよ」

凛「3人で、私たちはトライアドプリムスなんだよ」

加蓮「ふたりとも・・・。そうだよね、ありがとう」



14:2015/09/05(土) 00:00:07.36 ID:tn0lKPml0


奈緒「今、この瞬間が明日をつくるんだ」

加蓮「…なにそれ」

奈緒「あ、アニメの…セリフ…」

凛「ふふふっ」

加蓮「ふふっ、相変わらずだね。でも、そうだね、……ありがとう。今を頑張って、3人で、明日を、トライアドプリムスの未来をつくろう」






16:2015/09/05(土) 06:59:24.56 ID:a+RJ83lAO




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1441378084/