1:2015/01/18(日) 13:18:26.72 ID:QAkcRlico

珠美「プロデューサー殿」

P「ん?」

珠美「来月のスケジュールのことなのですが」

P「……悪いが、今手が離せなくてな。また後で、改めて伝えるよ」

珠美「……そうですか」






珠美「………」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1421554706



2:2015/01/18(日) 13:21:15.83 ID:QAkcRlico




唯「プロデューサーちゃんが冷たい?」

珠美「あまり積極的に、珠美と話そうとしたがらないのです」

唯「ふむっ……何か心当たり、ある?」

珠美「……あるには、あるのですが」

唯「なになに?」

珠美「……その、最近……臭いが、気になってて」

唯「ニオイ?……あ〜、たまみん剣道やってるんだっけ?」

珠美「はい。アイドルになったとはいえ、部活はまだ続けているのですよ」


3:2015/01/18(日) 13:23:11.65 ID:QAkcRlico

唯「と言う事は〜、その帰りからこっちに?」

珠美「そうですね。行ける日はそう多くないのですけど」

唯「……でもたまみんって、今は全然そんなニオイしないね」スンスン

珠美「あぁ、それは唯さんのおかげです」

唯「え?ゆいの?」

珠美「去年、珠美に制汗剤をくれたじゃないですか。これメチャクチャ効っく〜☆って」

唯「あ、アレかー☆」


4:2015/01/18(日) 13:27:52.25 ID:QAkcRlico

珠美「でもプロデューサー殿の反応を見ると、もしかしたら……」

唯「たまみんのニオイが、プロデューサーちゃんには届いている……のかも?」

珠美「………」



唯「……うん、分かった!」

唯「ゆいがたまみんのお悩み、パッパラパーッと解決してあげる♪」

珠美「ほ、本当ですか?」

唯「もち!いー考えがあるの☆」


5:2015/01/18(日) 13:30:03.12 ID:QAkcRlico

珠美「シトラス……?」

唯「うんうん♪これも結構いい香りするんだよねー☆」ピッピッ

珠美「足首にかけるんですか?」

唯「そだねー、他にも……って、たまみんは香水、使ったことは?」

珠美「まだ制汗剤くらいしか……」

唯「そっか。あ、使うのはちょっぴりでいいから」

珠美「えっ」ドピュッ

唯「あっ」


6:2015/01/18(日) 13:34:53.66 ID:QAkcRlico

唯「……どんまいどんまい☆」

珠美「うぅ……」

唯「まーでも、あの量ならニオイもさすがに大丈夫だって♪……多分」

珠美「多分って……」

唯「あ、プロデューサーちゃんはっけーん☆」



P「………」スタスタ

珠美「ぷ、プロデューサー殿!」

P「ん?」サッ


7:2015/01/18(日) 13:36:53.63 ID:QAkcRlico

珠美「今週末の予定なのですけど」

P「……土曜日のオーディションなら、既にエントリー済みだが」ササッ

珠美「?……プロデューサー殿?」

P「悪いが、ちひろさんに呼ばれてるんだ。話なら後にしてくれ」ダッ

珠美「あっ……」



珠美「……近づく度に距離を置かれました」

唯「えぇ〜?どゆこと?」


8:2015/01/18(日) 13:40:51.59 ID:QAkcRlico

珠美「あれは明らかに珠美のこと、避けてます……」

唯「うーん……」

珠美「やっぱり、この香水でも珠美の臭いは……!」

唯「大丈夫大丈夫♪次は何とかなるでしょ☆」

珠美「次?」

唯「ちょい、待っててね。助っ人呼ぶから☆」ポパピプペ



唯「あ、もしもし♪今すぐ、ゆいの所まで来てくれるかな?」

唯「いいともーっ☆」


9:2015/01/18(日) 13:46:10.56 ID:QAkcRlico




美嘉「自分で聞いて自分で答えるとか意味分かんないんだけど★」

唯「ちゃーっす!おっそーい☆」

珠美「え、えっと……?」

唯「その道のプロ、カリスマギャルを呼んでみた♪」

美嘉「で?何でアタシを呼んだか教えてくんない?」

唯「じゃー、美嘉ちゃんよっろしくー☆」

美嘉「おい★」


10:2015/01/18(日) 13:51:08.39 ID:QAkcRlico

美嘉「……なるほどー、それはちょっと傷つくね」

珠美「以前はこんなに避けられはしなかったのです……」

美嘉「体臭が変わったとか?日頃の食べ物でも変わるらしいけど」

珠美「食事ですか?……これといって、特に変えた覚えは無いのですが」

美嘉「あとは、男の人って結構匂いに敏感らしいから……」

唯「美嘉ちゃんは、何か良いの持ってる〜?」ゴソゴソ

美嘉「勝手に人のバッグを漁るな★」


11:2015/01/18(日) 13:54:07.38 ID:QAkcRlico

美嘉「うーん……これなんかどう?」コトッ

珠美「あ、かわいい形してますね」

美嘉「今年出たばっかりの新作★バラの香水なんだけど……」

唯「えっ?」

美嘉「何?」

唯「ムスクでもキメてそうなのに、フローラル系使ってるんだ?超意外☆」

美嘉「べ、別にいいでしょ。アタシがフローラル系使ってて悪い?」

唯「ううん♪カワいートコあるんだね、美嘉ちゃんもっ☆」

美嘉「うっさい★」


12:2015/01/18(日) 13:59:00.96 ID:QAkcRlico

美嘉「さっきは、唯のを使ったんだっけ?」

珠美「あ、はい。足首に少し」

美嘉「んー、まぁいいかな。香りが重なってもイケるらしいし」

珠美「……美嘉さんの香水を使わせてもらうなんて、申し訳ないです」

美嘉「あぁ、別にいいって★……でも足首だけじゃ、ちょっと足りないっぽいかな」

珠美「え?」

唯「こことか☆」ピトッ

珠美「ひゃんっ!」ビクッ


13:2015/01/18(日) 14:01:16.88 ID:QAkcRlico

珠美「ち、ちょっと唯さん!?どこを触って」

唯「う〜な〜じっ☆」スススッ

珠美「ふあぁっ!?」ビクン

美嘉「……唯?ちゃんとつける場所分かってる?」

唯「分かってまーす♪きゃはっ☆」

珠美「えっ?……そ、そんな所まで!?」

美嘉「あとは、ひざの内側とか……」

珠美「ぁ……!」プルプル


14:2015/01/18(日) 14:08:15.82 ID:QAkcRlico

美嘉「……とりあえず、こんなところかな★」

唯「うんうん、イイ感じイイ感じ☆」

珠美「香水って、こういう付け方をするのですか……」

美嘉「普段は足首だけでもいいんだけどね。ケースバイケースってことで」

唯「……お、プロデューサーちゃんハッケン!」



P「モバコインカードを買いに行かないと……」スタスタ

珠美「ぷ、プロデューサー殿!ちょっとよろしいですか!」

P「ん?どうし……っ!!」


15:2015/01/18(日) 14:18:57.65 ID:QAkcRlico

珠美「?……あの、明後日の仕事のことなのですが」

P「あ、明後日、ゲホッ!ゴホッ!」

珠美「!?」

P「ゴホッ!……あ、ああ、済まな、ゲホッ!」

珠美「だ、大丈夫ですか?」

P「ん、だ、大丈、ゴホッ!……ち、ちょっと、トイレにっ……ゲホッゲホッ!」



唯「……炎のー匂い染ーみーついーt」

美嘉「唯」


17:2015/01/18(日) 14:31:38.37 ID:QAkcRlico

珠美「………」ズーン



美嘉「参ったなぁ、これ以上ないくらいヘコんでる……」

唯「……竹刀でパーンと、守ってない脇を叩かれたみたいな?」

美嘉「例えが全然分かんないんだけど」

唯「たまみんが言ってたんだけど、何かすっごく痛いんだって☆」

美嘉「いや、そんなのどうでもいいから。どうすんのよ、彼女」

唯「んー……あ、ちょい待って!」

美嘉「?」

唯「ゆいにいー考えがあるの☆」ポパピプペ


18:2015/01/18(日) 14:38:18.12 ID:QAkcRlico

〜女子寮〜


唯「とゆーわけで、やってきました我が女子寮♪」

美嘉「呼び出すんじゃなかったの?」

唯「アナタが来なさいって言われちゃった☆」

美嘉「……アタシもそう言えばよかった」

珠美「………」ズーン






千夏「早かったのね……あら、珍しい組み合わせ」

唯「ちなったんちゃーっす!」

千夏「はいはいちゃっすちゃっす」


19:2015/01/18(日) 14:43:37.41 ID:QAkcRlico

千夏「で、一体何の用かしら」

唯「Amamizonでゴー☆ジャスな香水買ったってホント?」



千夏「……誰から聞いたのそれ」

唯「えっとぉ、里奈ちゃんでしょ、あとフレちゃん、美紗希さんに……」

千夏「はぁ……ダメダメ。今度ばかりは流石に貸せないわ」

唯「す、少しだけ!ほんのちょっぴりだけ、たまみんのために!」

千夏「……珠美ちゃんに?」

美嘉「えぇっと、実は……」


20:2015/01/18(日) 14:50:06.32 ID:QAkcRlico

〜談話室〜


コトッ

唯「こ、これが……!」

千夏「ええ。イギリス王室御用達とも言われてる、チョー高級なパルファン」

美嘉「うわぁ、初めて見たかも……」

千夏「無関心な人をも振り向かせる、ちょっとした魔法よ」

千夏「濃度が高いから、ほんの少しで効くの。その分高価なのだけれど」

唯「それじゃ早速つけt」

千夏「待った」


21:2015/01/18(日) 14:53:28.69 ID:QAkcRlico

千夏「3滴。それ以上の使用は認めないわ」

美嘉「3滴!?」

千夏「それでも十分過ぎるくらいだから。あと、今日はダメ」

珠美「え?」

千夏「もういくつか、つけてるんでしょう?つけ過ぎは逆効果よ」

唯「じゃー、たまみんの代わりにゆいが……」

千夏「ノン」

唯「えっ!?」

美嘉「いや、アンタがつけてどうすんの★」


22:2015/01/18(日) 14:57:58.38 ID:QAkcRlico

千夏「少し嗅がせるくらいなら構わないけど、こればっかりはね。高いし」

唯「うわケチ☆」

千夏「ん?今、何か……」






翠「千夏さん、少しよろしいですか?」

千夏「あら、どうしたの?」

翠「プロデューサーさんから連絡が。すぐに電話がほしいそうです」


23:2015/01/18(日) 15:02:11.75 ID:QAkcRlico

千夏「携帯……は、部屋で充電してたっけ」

翠「それなら、私の携帯を使います?」

千夏「ごめんなさい、少し借りるわ」



キュポッ

美嘉「えっ、何これ?……あ、超ヤバいこれ★」スンスン

珠美「こ、こんな良い物を、本当に珠美が使っていいのでしょうか……?」スンスン

唯「………」

珠美「?……唯さん?」

唯「いーこと思いついちゃったー☆」


24:2015/01/18(日) 15:04:20.15 ID:QAkcRlico

〜脱衣所〜


美嘉「脱衣所?なんでこんな所に……」

唯「たまみんにつけた香水、落とさなきゃいけないよね!」

唯「それでー、使っていい量は3滴!」

美嘉「で?」

唯「で!ゆいと美嘉ちゃんもコレ、使ってみたいワケでー☆」

美嘉「あ、アタシはそんな事、一言も……ってか、3滴じゃ明らかに足りないっしょ」

唯「……それをぜーんぶ、クリアできる方法があるって言ったら?」

珠美「え?」


25:2015/01/18(日) 15:07:23.29 ID:QAkcRlico

千夏「――そうね……ええ、その内ね。はい。それじゃ」ピッ



千夏「………」

翠「どうかされました?」

千夏「……千夏さん、異世界に飛ばされてみませんか?って」

翠「え?」

千夏「口説き文句かと思って適当に相槌打っちゃったわ」

翠「初めて聞く口説き文句ですね」


26:2015/01/18(日) 15:13:31.40 ID:QAkcRlico

千夏「さてと……あら?あの三人は?」

翠「彼女達なら、先ほど談話室を出て行かれましたけど」

千夏「……翠ちゃん。ここに置いてたパルファン、知らない?」

翠「香水ですか?」

千夏「ええ、さっきまで確かにこの辺りに……」



翠「……何だか、甘い匂いがしません?」

千夏「……まさかね」


27:2015/01/18(日) 15:21:56.79 ID:QAkcRlico

〜大浴場〜


ガララッ


千夏「………」



唯「キャッホォォォォォ!!」バシャバシャ

美嘉「あぁ〜、珠ちゃんてぇ……こっちもぉ、ちっちゃいんらぁ〜★」クニクニ

珠美「み、美嘉さっ、ちょ!どうし……ひぃんっ……!」



翠「こ、これは一体……!?」

千夏「翠ちゃん、そこの換気扇回して」


28:2015/01/18(日) 15:28:53.88 ID:QAkcRlico

〜脱衣所〜


ブォォォォン……

唯「あは、あははははは……は、はは……はぁぁ〜……☆」グター

美嘉「ぴにゃぁ……★」ゴロン

翠「顔が赤いですね。のぼせたのでしょうか」

千夏「香水ってアルコール度数、結構高いのよね。使い過ぎればあっという間よ」

珠美「た、たった3滴で、こんな事になるなんて……」ガタガタ

千夏「……え?3滴でコレ?」


29:2015/01/18(日) 15:34:54.12 ID:QAkcRlico

珠美「お風呂に使えば一石三鳥だって、唯さんが言ってたのです……」

翠「……お風呂に使っちゃったら、アロマになりませんか?」

千夏「大方、全身に香りがつく的なイメージだったんでしょうね。惜しいけど」

珠美「………」

翠「?……珠美ちゃん?」

珠美「あ、アロマでは……珠美の臭い、消せないのですか……?」プルプル

翠「え?」


30:2015/01/18(日) 15:49:09.89 ID:QAkcRlico

翠「……なるほど、そういうことでしたか」

珠美「………」

千夏「何となく、考えてはいたのだけど……香水では解決しないんじゃない?」

珠美「えっ?」

翠「千夏さんのおっしゃる通りです」

千夏「やっぱり?」

珠美「ど、どういうことですか?」

翠「プロデューサーさんは、その……全く、ダメなんですよ。芳香剤全般が」


31:2015/01/18(日) 15:55:07.92 ID:QAkcRlico

翠「嗅いだ瞬間気分が悪くなって、頭痛や吐き気が沸いてくるそうです」

千夏「まぁ……確かに香水がダメって人、たまにいるわね」

珠美「では、珠美を見てむせたのは……」

翠「プロデューサーさんにとっては、耐え難い香りだったのかもしれません」

千夏「という事はつまり、珠美ちゃんの体臭の問題では無かった、と……」



珠美「お、おかしいです。それでは筋が通りません」

翠「え?」


32:2015/01/18(日) 15:58:31.44 ID:QAkcRlico

珠美「だって最近のプロデューサー殿は……何にもつけてない珠美にも、素っ気無かったのです」

珠美「本当に香水のせいだったのなら、それまでの態度の理由が分かりません」

翠「………」

千夏「じゃあ純粋に、アナタを避けてるって言いたいの?」

珠美「……もう珠美には、そうだとしか……」

翠「では、プロデューサーさんに直接会って、話をされてみては?」

珠美「えっ……」

翠「腹を割って話せば、分かり合える事もあると思いますよ」


33:2015/01/18(日) 16:02:10.23 ID:QAkcRlico

〜事務所〜


珠美「………」コソコソ

千夏「……私の背中に隠れても仕方ないでしょう?」

珠美「で、ですが……」



翠「プロデューサーさん。少し、よろしいですか」

P「あれ、翠?今日はオフじゃ……千夏さんも?」

翠「大分、お疲れのようですね」

P「……この時期に、弱音なんか吐いちゃいられないよ。忙しいのはいい事だ」


34:2015/01/18(日) 16:05:47.02 ID:QAkcRlico

翠「本当に?」

P「!」

翠「……気付いてないんですか?顔や態度に出ちゃってるんですよ?」

翠「俺はもう、限界だ……って」

P「い、いや……そんな事は……!」

翠「我慢は身体に良くありません。それに……珠美ちゃんの事もありますから」

P「珠美が?」

翠「彼女はプロデューサーさんの本性を知らず、今でも苦しんでいるんです」

千夏「……本性?」


35:2015/01/18(日) 16:10:49.83 ID:QAkcRlico

翠「はい。今からそれを、証明します」

P「ま、待ってくれ翠、まだ心の準備が」

翠「哈ッ!!」カッ



珠美「え?」

千夏「な、何?」



ムワァ……



珠美「(!?……この、鼻をつく臭い……翠さんから!?)」

千夏「(……汗臭っ!!)」


36:2015/01/18(日) 16:19:26.84 ID:QAkcRlico

珠美「み、翠さん?この臭いは……!?」

翠「……千夏さんに電話を取り次ぐ前、私は弓道場で稽古をしていました」ムワァ

翠「その時から、一時的に封じ込めていた私の体臭を……今この場にて、解放したんです」ムワァ

千夏「……はい?」

P「あぁ、翠……君は……やはり芳しい!」クンカクンカ

千夏「えっ」

珠美「ぷ、プロデューサー殿?」

P「……そうだ……俺は、翠の……いや!」

P「君達の汗で蒸れた、この匂いが!大好きなんだっ!!」スーハー



千夏「(……え、えぇぇ〜……)」


38:2015/01/18(日) 16:26:08.67 ID:QAkcRlico

翠「そうです。プロデューサーさんが、珠美ちゃんを嫌うことなど……もとよりあり得ません」ムワァ

翠「スポーツを嗜む私達の汗臭さこそ、プロデューサーさんのエネルギー源なんですから!」ムワァ

珠美「ほ、本当なのですか?」

P「……君には、決して言うまいと思っていたんだ」

P「部活帰りの君の匂いが、俺にとって至福の香りだなんて……言えるはずがない」

千夏「サラッととんでもない性癖暴露してるわね……」

珠美「えっ……!?」ドキッ

千夏「えっ」


40:2015/01/18(日) 16:32:58.28 ID:QAkcRlico

P「匂いを感じ取れなくなったあの日から……君にどう接すればいいのか、分からなくなっていった」

P「それで君を傷つけてしまっていたなら、俺はプロデューサー失格だな……」

珠美「ち、違うのですプロデューサー殿!珠美が、珠美が全部、思い違いを……!」

P「珠美ぃ!」ギュッ

珠美「プロデューサー殿ぉ!」ギュッ



翠「良かったですね、二人とも……」ムワァ

千夏「……何これ?いい話なの?」


41:2015/01/18(日) 16:38:24.11 ID:QAkcRlico

翠「……私もかつて、珠美ちゃんと同じように悩んでいた時期がありました」ムワァ

翠「プロデューサーさんと初めて出会ったのも、丁度その頃……」ムワァ

翠「不思議に思って、聞いてみたんです。何故私がアイドルに、と」ムワァ



P『匂いです』

翠『えっ……!?』ドキッ



翠「私の匂いを好きだと言ってくれた人を、どうして嫌いになんてなれるでしょうか?」ムワァ

千夏「(……匂いが決め手って、それはちょっとどうなの)」


44:2015/01/18(日) 16:44:41.94 ID:QAkcRlico

珠美「翠さん!」

翠「何でしょう?」ムワァ

珠美「珠美にも、その……臭いの封じ込め方を、教えていただけますか?」

翠「それは構いませんが……会得するには、険しき道ですよ」ムワァ

珠美「望む所です!」グッ



千夏「(……本当に、これで良かったのかしら)」

千夏「(翠ちゃんが人間離れしてるとか、プロデューサーさんが変態だとか……ううん、それよりも)」

千夏「(何か大事なことを、忘れているような気がするのだけれど)」


45:2015/01/18(日) 16:54:45.02 ID:QAkcRlico

唯「Zzzz……ぅ〜、しゃむい〜……☆」ギュッ

美嘉「……プロデューサー、もぉ……そ、そんなとこまでぇ……★」ムニャムニャ



仁奈「うぅ〜、今日は特に冷えやがるでs」

美嘉「ゃ……ばかぁ……★」ギュッ

唯「ぅ〜ん……☆」ギュッ



莉嘉「でさっ、今日のお泊り、アタシすっごく楽しみなんだ〜☆」

莉嘉「……って、どしたの仁奈ちゃん?」

仁奈「おっ……お、お風呂がっ!故障中でごぜーますっ!!」



おわり


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421554706/