1:2014/11/24(月) 10:18:43.30 ID:561r+OQu0





「あっ、あった! やっと見つけたよ…… ってきゃああああっ!?」




「あいったた…… ごめんね、うるさくしちゃって。やっぱりわたし、こんなときまでドジだなぁ……」




「…… でもさ…… 響ちゃんも、たいがいうっかりさんだよ。……誰にも、なんにも言わないままで、さ」




「そうだ、これ、おみやげ持ってきたんだ。 ……かわりばえしなくて、悪いんだけど」




「事務所にお菓子作って持ってくるの、またわたしだけになっちゃってさ。ちょっと寂しいかなぁ、なんて」




「…… 嘘ついちゃったな、ちょっとじゃないや…… 響ちゃんがいない事務所は、すごく、寂しいよ」




「ここからは、海がよく見えるよ。海が大好きな響ちゃんにも、きっと…… 見えてる、よね?」




「ああ、いけない、もう行かなくっちゃ…… じゃあね、響ちゃん。近いうちに、また来るからね」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416791913



2:2014/11/24(月) 10:19:52.85 ID:561r+OQu0











5:2014/11/24(月) 11:34:52.41 ID:561r+OQu0





「案内の通りなら、ここのはず、だけど…… ……ああ、我那覇さん」




「これ、春香のクッキー…… 私より前に、もう春香が来ていたのね」




「すぐに来られなくて、ごめんなさい。スケジュールが予想以上に詰まっていたの」




「みんな、最近は仕事が増えているわ。 ……少しでも、我那覇さんの分まで頑張ろうって」




「今日はこれを届けに来たの。スタジオで、ちょうど出来上がった分を受け取ったから」




「…… 我那覇さんがみんなと一緒に歌ったのは、この収録の時が…… 最後に、なってしまって」




「とてもよく録れていると、思うけれど…… 私は、今度のライブで、貴女と一緒に歌いたかった」




「……それじゃあ、今日はこれで。次はいつ、と今すぐには約束できないけれど、また必ず来るわ」






6:2014/11/24(月) 11:35:32.82 ID:561r+OQu0











8:2014/11/24(月) 13:23:08.74 ID:561r+OQu0





「えーっ、と、あった! ……響の名前もちゃんとあるし、間違いないの」




「クッキーと、それに新譜のCD? 春香と…… こっちはきっと、千早さんだね」




「そーだ、これ。ミキ、お昼に食べよって思って作ったんだけど
 現場で食べる時間なくて余っちゃったから、響にも分けてあげるの」




「もう響ってば。起こされてもずっと起きないなんて、これじゃミキとキャラがかぶっちゃうよ」




「フェアリーも、さ。貴音とミキの二人しかいないと、なーんか落ち着かないカンジ」




「…… ねえ、響…… 貴音がああ見えて泣き虫さんなの、響がいちばんよく知ってるでしょ?」




「毎日みたいに泣いてて、見てらんないくらいなんだから…… 貴音が、どれだけ、たか、ね、が、っ」




「……っ、ゴメン、今日はもう次の現場に行かなきゃいけないんだ。また来るね? ばいばい、響」






9:2014/11/24(月) 13:23:49.20 ID:561r+OQu0











10:2014/11/24(月) 14:05:37.98 ID:561r+OQu0





「ここよね…… って、これ…… おにぎり? ……美希、ね。あの子は、まったくもう」




「響。あんたね、フェアリーもこっちでまた軌道に乗って、これから、って時に、こんな」




「おかげで美希と貴音はもちろんだし、他のみんなも…… 口や顔には出さないけど、明らかに無理してる」




「事務所的にも、動物番組のオファーは断るしかないし、ダンスの激しい曲は映えないし、それに……」




「…… ねえ、響、なんでなのよ……!
 あんた黙って勝手にいなくなるような子じゃないはずでしょう、ねえ!」




「…… ごめん。わかっててもいざ目の前にすると、どうしても冷静になれなくて。プロデューサー失格だわ」




「これ、置いてくわね。わたしは、あんたも出演者の一人だって、今でも思ってるから」




「今度来るときは、竜宮のみんなも一緒に連れてくるわ。……じゃあ、響、またね」






11:2014/11/24(月) 14:06:27.83 ID:561r+OQu0











13:2014/11/24(月) 14:50:00.76 ID:561r+OQu0





「あっ、ここ、かな……? こんにちはー、響さん…… 来るの遅くなっちゃって、ごめんなさい」




「わあっ、これ…… 次のライブのパンフレット! 律子さんが見せてくれたのとおんなじです!」




「えっと、実は、かすみとか長介とかとみんなで相談して…… これ、一緒に作ってきたんです」




「すっごくきれいでしょう? 響さんならきっと、喜んでくれるんじゃないかな、って……」




「……浩太郎に、聞かれたんです。『ひびきおねーちゃん、こんどはいつ遊びにきてくれるの?』って」




「響さん、わたし…… あの子に、響さんのことでウソつくの、いやなんです」




「プロデューサーにお願いして、いいって言われたら…… 今度はうちの兄弟たちも、連れてきていいですか?」




「もちろん、連れてくるのはダメだ、って言われても、わたしは、ぜーったい、また、来ます、からっ」






14:2014/11/24(月) 14:50:42.94 ID:561r+OQu0











16:2014/11/24(月) 15:12:37.53 ID:561r+OQu0



「見ーつけた! 真美、ここここ、ひびきんここだよー!」


「……ひびきん、お待たせ。やっぱり亜美と真美は二人で一緒に来たくってさ」


「おぉ、このきれーな花束は? 見たことない花がいっぱい入ってるよ!」


「よく見たら包みとか手作りっぽいね、よくできてる。 ……これ、やよいっち、かな?」




「そうそう、これ、おみやげだよ。ゲーセンで取ったんだけどさ、ほら、いぬ美とハム蔵そっくりじゃない?」


「……もーひびきーん、ノリ悪いっしょー。なんかないのー、自分嬉しいぞー! とかさー」


「…… ねえ亜美、あのさ、」


「せっかくこーんなせくち→な双子が揃って来てるんだよー? ほらほらー」


「こういうところで、そういうの、さ。やめようよ」


「あ、さては感動しちゃって言葉もない? だよねぇ、こいつぁシツレイ――」




17:2014/11/24(月) 15:13:57.56 ID:561r+OQu0



「亜美、いいかげんにしてよっ! こんなときくらいそういう態度、やめてってば!」


「だって、さ。いつも通りにしてなきゃ、ひびきんが、安心できないじゃん」


「……え?」


「こーいうとき、だからって、急に、シンミョーになるの、亜美たちの、キャラじゃ、ないっしょ」


「っ!」


「もし…… もし今、ひびきんが、っ、もし、そんなの、聞いて、たら、さ……!
 二人とも、なにおとなしく猫かぶってるんだ、似合わないぞ、って笑うに決まってる!」






「…… ごめん…… 亜美が、そんな風に思ってるって…… 真美、気づかなくて」


「……ん。わかって、くれたら、いいよ」


「ほんと、ごめ…… っ、だから、さ、もう、泣かない、で、よ」


「っ、泣いて、ない、し…… ていう、か、そんな、こと言って、自分が、ぼろぼろ、じゃん」






「……まったく、ひびきんはさ、こんなぷりち→なアイドル姉妹を泣かせるなんて、罪なオンナだねぃ」


「ホントホント。……泣かされっぱなしじゃシャクだから、またふたりで一緒にリベンジしに来るかんね?」




18:2014/11/24(月) 15:14:32.39 ID:561r+OQu0











20:2014/11/24(月) 15:57:35.49 ID:561r+OQu0





「……ふぅ。やっと着いたわ。探しちゃったわよ、まったく」




「犬のぬいぐるみに、ハムスターのストラップ…… 亜美と真美、かしら?
 最近やたらクレーンゲームがどうのってご執心だったの、このためだったのね」




「……響、あんたの家族たちね、しょうがないからこの伊織ちゃんが直々に預かってあげてるわ」




「それに、わに子とかの特殊なケアが必要な子たちに関しては、水瀬の方にも手を借りてるから大丈夫」




「とはいえ、一緒にいられなくて気になってるだろうから、これ、持ってきたわよ」




「…… あんたに見せるためだってわかってるみたいに、どの子もみんな、おとなしくじーっとして……
 いじらしいったら、ありゃしないわ……」




「響、あんた、最高のご主人様だったのね。 ……あの子たちを置いていかなきゃ、完璧なのに」




「……また近々、新しいのが出来たら持って来てあげる。感謝、しなさいよね」






21:2014/11/24(月) 15:58:24.62 ID:561r+OQu0











22:2014/11/24(月) 16:39:32.88 ID:561r+OQu0





「ああ、いたいた。響、見つけたよ」




「わ、すごい数の写真だなぁ…… これってぜんぶ響の家族のだ、よく撮れてる。
 ……伊織がよく言ってるよ、みんな本当にすごくいい子だって」




「最近さ、いまいちレッスンの張り合いがないんだよ。もちろん、だからって手を抜いたりはしないけど」




「なんでかなぁって思ったら、ダンスのときに、響が一緒にいないからなんだ」




「ボク、いまでも勝手に、響のことダンスのライバルだと思っててさ。絶対負けないぞーって」




「……不戦勝で決着、なんて、ぜんぜん、響らしくも、ボクらしくもないじゃんか」




「これ渡しに来たんだ。ボクだけ先に覚えるなんて不公平だから、響の分、置いてくよ」




「次に来るときまでに、このフリ、"カンペキ"にしてくるからね、ボク」






23:2014/11/24(月) 16:40:23.55 ID:561r+OQu0











25:2014/11/24(月) 17:46:33.04 ID:561r+OQu0





「よかった、ちゃんと見つけられたぁ…… なかなか来られなくてごめんね、響ちゃん」




「あれっ、これ、今日渡されたばっかりの振り付けDVDだ…… そっか、置いていったの、きっと真ちゃんだね」




「みんな…… あ、もちろんわたしもだけど、次のライブに向けてすごく頑張ってるよ。
 ……響ちゃんも一緒にいるつもりで、絶対に成功させよう、って」




「あっ、そうだ、これ。いつも行くお店が、ちょうど新しく扱い始めてたの」




「実はね、今日は、わんちゃんと撮影するお仕事があって…… わたしね、その子を抱っこできたんだよ!」




「いつだったか会わせてくれたいぬ美ちゃんの迫力に比べたら、ぜんぜん大したことないって思って」




「……響ちゃんにも、わたしがその子と一緒に写ってるところ、見てほしかった、かな」




「またこうやって、お話聞いてもらいに来ても、いいかな…… 今日はわたし、これでおいとまするね」






26:2014/11/24(月) 17:47:03.16 ID:561r+OQu0











27:2014/11/24(月) 18:31:31.08 ID:561r+OQu0





「……あら〜、ほんとだわ、ありました! 本当にすみません、案内して頂いて、ありがとうございます」




「まぁ…… うふふ、このチョイスは雪歩ちゃんね? さんぴん茶を売ってるお店って、案外少ないもの」




「あーあ、それにしてもやっぱり、ひとりじゃたどり着けなかったわ…… お久しぶりね、響ちゃん」




「この分だとわたしが最後、かしら? タイミングは合わなくても、みんな、気持ちは一緒なのよ」




「……最近、みんなも、わたしも、ようやく十二人だけの事務所に慣れてきたみたい。
 アイドルだもの、いつまでも泣いてはいられないから」




「でもね、わたし、今でも…… 響ちゃんが『はいさーい!』って、明日にでも戻ってくるような気がして……」




「……最年長だし、わたしが今一番しっかりしてなくちゃいけないのはわかってるの。
 でもこうやってこっそり、響ちゃんの前で夢みたいなことを言うのくらい、許してね」




「今度来るときは、迷わずにまっすぐ、響ちゃんのところに着けるようにがんばるわ。それじゃあ、またね」






28:2014/11/24(月) 18:32:05.72 ID:561r+OQu0











33:2014/11/24(月) 19:24:23.08 ID:561r+OQu0





「今晩は。響、すっかり遅くなってしまい、申し訳……」




「…… おや…… これは……? こんなにたくさん、贈り物が並んで……」




「今日は誰も、おふの予定ではなかったはずですが…… 皆、それぞれ仕事の合間で訪れたのでしょうか」




「各々の日程がなかなか合わないので、わたくしもあまり声をかけず、一人で参っているのですが」




「ちょうど、皆の訪問が今日という日に重なったのでしょう。やはり、気持ちはひとつということです」




「響…… 貴女は今でも、これだけ深く、皆に愛されているのですよ」








「……そんな貴女が斃れた、と聞かされたときの、皆の、美希やわたくしの、驚きと悲嘆がわかりますか」




「そうなる前に、美希や、わたくしに…… いえ、他の誰かにでも、なぜ一言でも言ってくれなかったのですか」






34:2014/11/24(月) 19:28:19.64 ID:561r+OQu0





「春香が事務所に持ってきてくれるお菓子は、今でも十三人分用意してあることを知っていますか」




「千早が、貴女の分までと言ってどんな殺人的な日程をこなしているか、知っていますか」




「あの美希が…… 人目もはばからず、貴女にすがりついて大泣きしたことを知っていますか」




「異変に気づけなかったことで、律子嬢がどれほど自分を責めたか、知っていますか」




「やよいが幼いきょうだいと一緒に毎日、貴女のために祈っていることを知っていますか」




「亜美も真美も、皆がいる前では、ことさらに明るく振る舞っていることを知っていますか」




「伊織が貴女のかわりをつとめようと、動物について懸命に学んでいることを知っていますか」




「踊っているときの真が、以前のように楽しそうな顔をしなくなったことを、知っていますか」




「雪歩がお茶を一人ぶん多く淹れすぎて、そのたび寂しげな顔をすることを知っていますか」




「あずさが道に迷わずに、まっすぐ事務所に着く朝が増えたことを、知っていますか」




「そして……、わたくしが、ここでどれだけ、涙を流したか…… 知らない、とは言わせませんよ……」






35:2014/11/24(月) 19:32:47.37 ID:561r+OQu0





「……響、貴女のいない日々はまるで、ほんとうに太陽が喪われてしまったかのようです」




「お仕事を遮二無二こなしても、事務所で皆に囲まれていても、らぁめんを思うさま食しても……」




「わたくしの心に空いてしまった大きな、大きな穴が―― どうやっても、埋められないのです」




「……太陽が姿を見せなくなってしまったら、月は如何にして輝けばよいのですか?」




「961で出会ってから…… 765へ移る時も、それからも…… 今までずっと、一緒だったではありませんか……」




「わたくし一人を残して、勝手にいなくなるなどと…… いけずにも、ほどがありますよ……」












「…… ほんとうに、わたくしには眠っているようにしか見えないのに…… なぜ目を開けてくれないのですか?」




「わたくしだけではありません、皆が貴女を待っているのですよ、響。
 こんな病室でずっと眠り続けているのは……、貴女には、まるで似合いませんよ……」






36:2014/11/24(月) 19:38:35.88 ID:561r+OQu0





「……もう、こんな時間ですか。面会時間もそろそろ終わってしまいますね」




「あすも仕事が終わったら、また参ります。誰か都合がつくようであれば、今度は一緒に」




「それでは、今晩はこれで。響、わたくしはずっと、いつまでも貴女を待って――」
















「…… ひび、き? 今、」












「……っ! なーすこーるは何処です!?」














37:2014/11/24(月) 19:40:09.37 ID:561r+OQu0









「先生! すぐにこちらへいらしてください!」








「――号室の患者さん―― え? そう、そうですその子です!」








「面会の方からたった今連絡があって、我那覇さん、目を覚ましたそうで――」










38:2014/11/24(月) 19:40:44.49 ID:561r+OQu0


おしまい。



SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1416791913/