1:2014/05/05(月) 09:16:35 ID:pyGz9/2o

P「ああ、ハイタ…」スッ

ズキン

P(ぐっ、肩が…!)

ポフン

やよい「わっ?」

P「あっ…」

やよい「な、なんでそんなところタッチするんですかー…?」

P「ご、ごめん、やよい。体が勝手に…」

やよい「ううぅっ…」

P(右肩が…上がらない…!)

度重なるハイタッチにより、プロデューサーの肩は既にボロボロになっていた!


3:2014/05/05(月) 09:19:41 ID:pyGz9/2o

P「やよい、今日のライブも頑張っていこう!」

やよい「はいっ! あ、じゃあその前に…」

スッ

やよい「いつものアレ、やっちゃいましょー!」

P「え?」

やよい「うっう〜! ハイ、ターッチ!」

P「あ、ああ…」グッ

カクン!!

P(あ…!!)

ムニュン

やよい「あっ…」

P「パ…π、ターッチ…なんて…」

やよい「あ、あの…そろそろ、行ってきますー…」

P(俺はなんてことを…)


4:2014/05/05(月) 09:22:07 ID:pyGz9/2o

P「やったな、やよい!」

やよい「えへへ…ワーって盛り上がってましたね! それじゃプロデューサー…」バッ

P「え?」

やよい「お祝いです! ハイ、ターッチ!」

P「あ、ああ…そうだな…」ス…

ズキッ!!

P「…!」

やよい「プロデューサー?」

P「な、なんでもない…」

P(上がれ! 上がれよ、俺の肩…!!)

ムニュ

やよい「んっ…」

P「あっ…柔らかい…!」ニュ

やよい「ぅ…プ、プロデューサー…」

P(くそっ…俺は別にやよいの膨らみかけの胸を堪能したいわけじゃないのに…)モニュモニュ


6:2014/05/05(月) 09:23:35 ID:pyGz9/2o

医者「お大事にー」

P(医者に診てもらったが…やっぱり、駄目か。くそっ)

伊織「アンタ…」

P「!?」

伊織「なに、やってたの…」

P「い、伊織! 何故ここに…」

伊織「アンタのこと、ずっと見てたのよ…」

P「突然告られちゃったぞ!? どうしよう!」

伊織「違うわよ! やよいが、最近アンタが胸ばっかり触ってくるって言うから観察してただけ!」

P「お、俺にはやよいが…って、え?」

伊織「そしたら、なんか病院に入るのを見たから…どうしたの、アンタ…」

P「ああ…やよいとハイタッチしているうちに、肩をやっちまったみたいでな…」

伊織「どんだけ貧弱なのよ」


7:2014/05/05(月) 09:24:33 ID:pyGz9/2o

P「もう、この手でやよいとハイタッチはできないんだ…」

伊織「肩、そんなに悪いの?」

P「ああ、右肩はもう上がらんとさ」

伊織「そう…」

P「やよいには黙っていてくれ。余計な心配をかけたくない」

伊織「…やよいの胸に触りたいだけなんじゃないの?」

P「上がらないのなら仕方ない…それもいいかもしれないと、最近思い始めている自分がいるんだ…」

伊織「アンタ…」

P「フフッ。最低な奴さ、俺は…」

伊織「ねぇ、一つ思ったんだけど…」

P「え?」

伊織「右肩が上がらないなら、左手でやればいいんじゃないの?」

P「そうか!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


8:2014/05/05(月) 09:26:15 ID:pyGz9/2o

やよい「ハイ、ターッチ!」サッ

P「うっうー!」

パシッ

やよい「いぇい!」

P「よしっ!」

P(できる…! ハイタッチができるぞ…!)

やよい「えへへ、久しぶりにハイタッチできて、すっごく嬉しいかも!」

P「ああ、そんなやよいを見てると俺まで嬉しくなってくるよ!」

P(よかった…これからはやよいの期待を裏切らなくてもいいんだな、本当によかった…)


9:2014/05/05(月) 09:27:52 ID:pyGz9/2o

P(そして、俺は連日やよいとのハイタッチを続けた。ハイタッチ、ハイタッチ、ハイタッチ…)

ムニュ

P(πタッチ…)

やよい「プ、プロデューサー…?」

P「ご、ごめん、間違えてしまったな! もう一回やり直そう!」

やよい「そんな気分に、なりませんよ…」

P「いいからいいから…」

やよい「もう…ハイ、ターッチ…」

P「いぇ…」

ブチン!!

P「!?」カクン

やよい「プ、プロデューサー…? どうしたんですか…?」

P「い、いや…なんでも…なんでもない…」

P(まずい、この痛みはまさか…)


10:2014/05/05(月) 09:29:28 ID:pyGz9/2o

医者「左肩もやっちゃってますね」

P「やっぱりか…なんてことだ…」

医者「それでは、お大事に」

P(くそっ…どうすればいいんだ…?)

伊織「やったのね…左も」

P「伊織…バレてしまったか」

P「これで…もうやよいとハイタッチができなくなってしまったな…」

伊織「やよいに、肩のことちゃんと話しなさいよ」

P「え?」

伊織「そうすれば、やよいも無理に求めてこないでしょうから」

P「嫌だ、やよいにこのことが知られたら…俺は、やよいの傍にいられなくなってしまう!」

伊織「アンタ…」

P「黙っていてくれないか、伊織。せめて、俺のプロデュースが終わるまでは…」

伊織「…無茶だけはしないでよ。悲しむのはやよいなんだから」

P「ああ、約束する」


11:2014/05/05(月) 09:31:08 ID:pyGz9/2o

P(こうして、やよいにハイタッチを求められる日々が続いた)

モニュ

やよい「ぁぅ…ぅぅ…」

P(肩の上がらない俺は、やよいの第二次性徴期の肉体を触りまくった)

P(そして…)

やよい「これで、お別れなんですね…」

P「ああ。最初から、そういう契約だったからな…」

P(ついに…俺のプロデュース期間が終わる日がやってきた)

P「やよいなら、お、俺が…俺がいなくても…」

P「うっ…」

やよい「ちょ、ちょっとプロデューサー…泣いちゃダメですよ…」

やよい「わ、私まで…悲しく…ぐすっ」

P「や、やよい…」


12:2014/05/05(月) 09:32:00 ID:pyGz9/2o

やよい「そ、それじゃ…悲しいの、吹き飛ばすために…」スッ

P「え?」

やよい「笑ってお別れ出来るように。ハイ、ターッチ」

P「や、やよい…」

やよい「最後は…ふざけちゃ、イヤですよ…?」

P(で、できない…俺には…)

やよい「どうしたんですか…?」

P(できないんだ…)

やよい「プロデューサー…」

グッ

P(俺には、やよいの期待を裏切ることなんて…できない!)


13:2014/05/05(月) 09:32:54 ID:pyGz9/2o

グッ

P「ふーっ、はーっ…」

P「…行くぞ!」

やよい「はいっ!」

P「うおおおおっ!!」グイッ

ズキン

P(こんな痛みがなんだ…やよいと…)

P(やよいと、ハイタッチするんだっ!!)

パシン

やよい「…………」

P「………………」

やよい「いぇい!」

P「…やった!」


14:2014/05/05(月) 09:33:34 ID:pyGz9/2o

プチン

P「あ…」ガクン

P「あああああああああああああ!?」

やよい「プ、プロデューサー!?」

バタン!!

やよい「ああっ、プロデューサー!」

P「………」

やよい「だ、誰か…プロデューサーが、プロデューサーが死んじゃう…!!」


15:2014/05/05(月) 09:34:15 ID:pyGz9/2o

そして…

伊織「出てきたわ!」

やよい「あの、プロデューサーは…」

医者「………」フルフル

やよい「え…」

伊織「嘘、でしょ…」

医者「死因は…痛みによるショック死です」

やよい「ぁ…」カクン

ドサッ

医者「上がらない肩で、無茶しやがって…」

伊織「ちょ、ちょっと!」

やよい「上がらない…肩…?」

伊織「や、やよい…」

やよい「え、そんな、わ、私…」

伊織「やよい! 落ち着いて、やよい!」


16:2014/05/05(月) 09:34:49 ID:pyGz9/2o

春香「その後…プロデューサーさんの葬儀に、765プロのみんなで出席することになりました」

春香「プロデューサーさんはとても、安らかな死に顔をしていました。ショック死したとはとても思えません」

春香「やよいは、人前で笑うことがあまりなくなりました…」

春香「自分のせいでプロデューサーさんが死んでしまったという事実に、深く傷ついてしまったのでしょう」

春香「とても素敵な笑顔をする子だったのに…」

春香「そして…プロデューサーさんがいなくなったことにより、美希と千早ちゃんは別の事務所に行ってしまいました」

春香「765プロのみんなはもう、バラバラです…」

春香「一体、どうすればよかったのでしょう。私達には、わかりません」

終わり


18:2014/05/05(月) 15:56:43 ID:cCRLJkn2

おふざけでもやよいにはパイタッチしてはいけない、ってことか
勉強になったわ


19:2014/05/05(月) 23:09:35 ID:bGY7Faxg

おつー


SS深夜VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1399248995/

→→もっとアイドルマスターを読む←←