1:2013/10/05(土) 21:25:29.40 ID:9+ZeqCCN0

鈴「」スブター

一夏「一体だれが・・・」

千冬「さぁな、この刀のようなもので切られた傷口からの出血が死因のようだな」

千冬「しかも犯人は相当な腕前だ。正面から一振りで肩から腰にかけて一刀両断している」

千冬「相当な力と相当な技術、相当な顔見知りをもつ犯行だ」

一夏「クソッ!一体だれがッ!」

千冬「さらに直前の犯人と鈴の会話が記録されている」

千冬「・・・鈴のポケットからボイスレコーダーが見つかったんだ」

千冬「鈴はもしかしたら自分が殺されるかもしれないと思い、我々にメッセージを託したのかもしれないな」

一夏「聞かせてくれ!千冬姉!」

千冬「うむ」ポチ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1380975929



2:2013/10/05(土) 21:26:21.24 ID:9+ZeqCCN0

ザザザザ

鈴「巨乳だからってバカにしてんじゃないわよ!」

鈴「どうしてあんたが一夏の幼馴染なのよ!」

鈴「ふざけないでよ!わたしだって・・・わたしだって・・・」グスグス

鈴「・・・・・・このことは一夏に話させてもらうわ」

鈴「ッ!?なにすんのよ!や、やめッ!きゃああああああ!!」ザシュゥゥゥゥ

鈴「・・・・」

鈴「・・・・」

ピッ



3:2013/10/05(土) 21:26:50.99 ID:9+ZeqCCN0

一夏「犯人の声が入っていない!?」

千冬「おそらく犯人は用心にそなえてすごい小声でしゃべっていたのだろう」

一夏「なんだって!?」

千冬「ここからわかる情報は、犯人は相当な巨乳であり、相当な幼馴染、相当な小声の持ち主だということだ」

千冬「そしてここにその容疑者が今いるこの5人に絞られた」



4:2013/10/05(土) 21:27:25.41 ID:9+ZeqCCN0

シャル「ぼ、ぼくじゃありませんよ!だって鈴を[ピーーー]動機がないですもん!」

千冬「動機などどうにでもなる!お前は妾の分際でそんなこともわからないのか!」

千冬「社会に疎まれて全てのものに復讐心を常に抱いて生きてきた貴様が殺人に動機が必要だとでもいいたのか!」

シャル「ひ、酷すぎる!」

ラウラ「教官!わたしではありません!鈴とは貧乳仲間であり戦友でありますッ!」

ラウラ「[ピーーー]理由など皆無ッ!」

千冬「たしかに・・・ラウラはいい子だし、シャルロットと同室になっても一つの文句も漏らさない」

ラウラ「ハッ!」ビシィ

シャル「えっ?ぼくって嫌われてるの?」

千冬「しかしッ!だからといって甘やかすわけにはいかない!」

千冬「あと1時間くらいはつきあってもらうぞ!」

ラウラ「了解であります!」

シャル「・・・なんか優しくない?」


7:2013/10/05(土) 21:27:58.93 ID:9+ZeqCCN0

千冬「次!貴様だ!セシリア!」

セシリア「わたくしはもちろん鈴さんを殺してはいませんわ」

セシリア「それに・・・もし殺したとしてもオルコットの力を使ってもみ消すくらい簡単ですわ」

セシリア「ですからわたくしへの尋問は不要かと」

千冬「なんと的を得た意見か!では次!」

シャル「えっ?スルーしちゃうの!?」

箒「ワ、ワタシハ・・・リンヲコロマシタ・・・」

千冬「なんだってッ!?聞こえないぞ!」

箒「ヒ、ヒィ!」ビクッ!

一夏「酷く怯えている・・・千冬ねぇ、箒の尋問は後にしようぜ」

千冬「いやその必要はない!セシリア同様束を姉にもつコイツなら鈴程度殺した所でもみ消すのは簡単だ!」

千冬「だから次!」

シャル「えっ?今自白しなかったですか!?」

千冬「だまれ!殴るぞこの野郎!」バキィ

シャル「痛い!」グシャ


9:2013/10/05(土) 21:30:27.74 ID:9+ZeqCCN0

一夏「えっ?次って俺?」

千冬「ありえないことだが形式的にアリバイを説明しろ!」

一夏「う〜ん、俺はありえないだろ?だって俺だぜ?」

千冬「完璧なアリバイだ!よし一夏を容疑者からはずすことにしよう!」

シャル「・・・なんなのこれ?」ヒリヒリ


12:2013/10/05(土) 21:32:01.97 ID:9+ZeqCCN0

一夏「しかし、セシリアでもなく箒でもなく俺でもないとすると・・・」

ラウラ「!?嫁よ!わたしを疑っているのか!」

シャル「ぼ、ぼくじゃないってば!」

千冬「・・・仕方のないことだが、二人は拘束させてもらう」

千冬「ついてこい!牢屋に!そして拷問を受けてもらう!シャルロットだけ!」

シャル「えええ!?」

一夏「千冬ねぇ、それはいくらなんでも!」

シャル「い、いちか〜」ウルウル

一夏「ラウラを牢屋に入れるなんて!ダメ絶対!」

シャル「」

千冬「うむ!その意見採用だ!」

千冬「聞いたとおりだ!着いて来いメスブタ!貴様だけ特別に部屋を用意した!」

シャル「や、やだッ!たすけてーーーーッ!」ズルズルズル


13:2013/10/05(土) 21:33:23.45 ID:9+ZeqCCN0

------------------
---

一夏「しかし、犯人は一体誰なんだ!クソ!誰が一体鈴を!」

千冬「今シャルロットを拷問にかけている所だ、時期犯行を認めるだろう」

一夏「・・・この事件、そんなに単純には解決しない予感がする」スチャ

千冬「?!一夏がメガネをかけた!?こ、これは!?!?!?!」

一夏「ちょっと風邪気味なんで」

千冬「そうか」



16:2013/10/05(土) 21:36:24.82 ID:9+ZeqCCN0

一夏(もう一度皆に話を聞いたほうがよさそうだな)



一夏「よっ、箒!」

箒「イ、イチカ」

一夏「お前なぁ、いい加減まともにしゃべれるようになれよ!」

箒「ゴメン・・・」

一夏「はぁ、まったく」

一夏「そういえば昔おもちゃで声を録音するやつがあったな」

一夏「その時箒に録音させたらぜんぜん声が入ってなくてみんなにからかわれたっけ?」

箒「ソ、ソンナコトモアッタネ・・・」


17:2013/10/05(土) 21:37:35.66 ID:9+ZeqCCN0

一夏「はっはっはっ・・・・・・ッ!?」

一夏(今の感覚・・・ま、まさか!?)

箒「?ドウシタノ?」

一夏「い、いや、なんでもない・・・ちょっと用事を思い出した!また今度な!」

箒「ウン、バイバイ」ノシ


18:2013/10/05(土) 21:38:19.32 ID:9+ZeqCCN0

タッタッタッ

一夏「ハァハァ」

タッタッタッ

一夏「ハァハァ」

タッタッタッ

一夏「!?あった!!」

バタンッ!


19:2013/10/05(土) 21:38:45.87 ID:9+ZeqCCN0

・・・・・・・・・

・・・・・・


一夏「ふぅ、やっぱり職員用のトイレはウォシュレットがついてたぜ」

一夏「まったく・・・箒との話がなければわからなかったな」カラカラカラ

一夏「からかわれた後、箒がいじけて職員用トイレに立て篭り」

一夏「その後どうして職員用トイレだけウォシュレットがついてるのか学級会議になったんだよな」

一夏「学園も部屋のトイレだけじゃなく全てのトイレにウォシュレットとテレビを完備すればいいのに」ウィーン ジャバババババ

一夏「おぅふっ!」ビクンッ 


21:2013/10/05(土) 21:46:40.50 ID:9+ZeqCCN0

-------------
----

一夏「セシリア、ちょっといいか?」

セシリア「なんですか?アリバイならさきほどお話しましたけれど」

一夏「いや、疑ってるわけじゃないんだ、まぁ世間話だと思ってさ」

セシリア「しょうがないですわね」

一夏「最後に鈴と話たのはいつだ?」

セシリア「・・・一昨日ですわ、鈴さんが貧乳で悩んでいるとおっしゃっていましたので」

セシリア「わたくしに巨乳の秘訣をお聞きにきましたの」

一夏「!?貧乳を無くすなんてとんでもないっ!」


23:2013/10/05(土) 21:48:01.03 ID:9+ZeqCCN0

セシリア「ええ、ですからわたくしもそのように貧乳のすばらしさをお伝えしましたの」

セシリア「けれど、鈴さんはなぜか激情しまして・・・まぁ中国人ですから」


〜回想

鈴「どうしたら・・・そ、その胸が大きくなるの?」

セシリア「フッ」←鼻で笑う音

セシリア「り、鈴さん・・・プクク・・・には・・・クク・・お似合いの・・・プゲラww・・・体型じゃないですか!!」

鈴「な、なに笑ってんのよッ!こっちは真剣に!?」

セシリア「・・・貧乳はステータス(爆)」

鈴「ッ!?バ、バカにするなッ!!」ガシィ!



25:2013/10/05(土) 21:55:05.84 ID:9+ZeqCCN0

ナニナニケンカー?

コワーイ

チュウゴクダカラシカタナイネ

鈴「・・・ッ!」

セシリア「その汚い手を離してくださいな・・・微乳(笑)」

鈴「ぐぎぎ」ギリギリ


〜回想終わり


一夏「まぁ中国だしな」

セシリア「・・・そういえばその後箒さんと会っているところを見ましたわ」

一夏「箒と!?」

セシリア「ええ、なんだか箒さん、酷く鈴さんのことを罵っていらして」

セシリア「鈴さんが逆ギレして箒さんに掴みかかってましたの」

セシリア「そしたら箒さん、急に刀を鞘から抜き出しまして」

一夏「それで!?どうしたんだ!!」


26:2013/10/05(土) 21:56:43.48 ID:9+ZeqCCN0

セシリア「でもその時・・・その・・・お花を摘みにいく最中で・・・そこまでしか・・・」

一夏「なんだって!?それから!!」

セシリア「で、ですからお花を摘みにと!!」

一夏「だからそれからどうしたと聞いている!!」

セシリア「ッ///もう知りませんわ!!」ダッ

一夏「あっ!・・・クソ、肝心な所で」

一夏「しかし何の話だったっけ?前半部分を聞き逃してしまった」

一夏「・・・次はラウラに聞きにいくか」


27:2013/10/05(土) 21:57:37.71 ID:9+ZeqCCN0

ラウラ「ふぁ〜あ、暇だな〜」

一夏「すまんなラウラ、一応お前も容疑者なんだ」

ラウラ「わかってはいるが、この部屋はどうも居心地が悪くてな」

一夏「まぁ・・・落ち着かないよな」

ラウラ「うむ、ベットはふかふかで、ルームサービスが充実していて言えばなんでもしてくれる」

ラウラ「ジャグジー付きの内風呂に露天まである」

ラウラ「このような部屋に閉じ込めておいて!もしわたしでなかったらどう責任をとるつもりだ!」

一夏「・・・返す言葉もないよ」


28:2013/10/05(土) 21:59:21.45 ID:xzDMH7UF0

快適過ぎワロタ


29:2013/10/05(土) 22:06:34.03 ID:9+ZeqCCN0

ラウラ「そういえば丁度嫁に話しておきたいことがあったのだ」

一夏「なんだ?」

ラウラ「実は・・・鈴のことなんだが、最近悩みを抱えていたらしくて」

ラウラ「あろうことか”貧乳素晴らしマジクンカクンカ協会”から抜けたいと言ってきたのだ」

一夏「なんだって!!!」ガタッ

ラウラ「引き止めたのだが・・・どうしても巨乳になりたいと聞かなくてな」

一夏「・・・そんな、鈴にそんな悩みが・・・」

ラウラ「まぁわたしも・・・一時の気の迷いでそう思ったことがあった」

ラウラ「だから箒のやつの所へ行かせて巨乳の人気の無さを見てこさせようとしたのだ」

ラウラ「だが・・・どうもそれが不味かったようだ」

一夏「??どういうことだ」



30:2013/10/05(土) 22:10:35.59 ID:9+ZeqCCN0

ラウラ「うむ・・・い、いやこれ以上はわたしの口からは言えない!!」

一夏「言ってくれよ!俺とラウラの間だろ!誰にも言わないからさ!」

ラウラ「・・・ダメだ!・・・だが、どうしても知りたいというのなら」

ラウラ「シャルロットの所へ行け、やつなら・・・しゃべるだろうな」

一夏「ケツが軽い女だから口も軽い・・・・・・か」

ラウラ「すまんな力に慣れなくて・・・わたしが喋ったら口の軽い嫌な女だと思われたくない一心なんだ」

一夏「仕方ないよ、ラウラはいい子だから」

ラウラ「よ、嫁ぇ・・・」ダキッ

一夏「よしよし」ナデナデ

一夏「・・・シャルロットがどうやら今回の真相を知っているようだな」キリ



31:2013/10/05(土) 22:16:25.78 ID:9+ZeqCCN0

キィ

一夏「・・・よぉシャル、気分はどうだ」

シャル「・・・最悪だね。まぁ、思ったより住み心地はいいよ」

一夏「よかったよかった」ウンウン

シャル「真に受けるなバカ!皮肉だよ!」

一夏「それよりお前に聞きたいことがあるんだ」

シャル「なに?ぼくは犯人じゃないから何も知らないと思うよ」

一夏「いや・・・箒のことについてだ」

一夏「鈴は箒に巨乳について悩みを相談しにいったらしい」

一夏「しかし、その時なにかが起きた・・・」

一夏「もしかして、シャルは何か知っているんじゃなか?」

シャル「・・・・・・・・・しらない」

一夏「このままだとお前が犯人になるぞ、学園的にも個人的にもそうなればいいが」

一夏「俺はそんな真実から目を背けるような真似はしたくないんだ!」


32:2013/10/05(土) 22:19:52.67 ID:9+ZeqCCN0

シャル「・・・これは箒の尊厳にかかわることだから・・・だからぼくからは言えない・・・」

一夏「!?貴様!妾のくせに生意気だぞ!!」

シャル「帰って!もう僕はここの拷問で酷く疲れているんだ!」

シャル「130人の[ピザ]に囲まれていっしょにとらのあなに篭らされて疲れてるんだ!」

一夏「ん?なんだその薄い本は?」

イチカ×シャルル

シャル「・・・・・・こ、これは!?ちがくて!」

一夏「おい!話さないのならこの本のことを全校生徒に校内放送するぞ」

シャル「・・・くっ、ならISクリニックに行けばいいよ。そこでなにがあったのかすべて分かるから」

一夏「ありがとうビッチの人」


33:2013/10/05(土) 22:25:12.01 ID:9+ZeqCCN0

一夏「ここがそうか」

ウィーン

女「いらっしゃいませ、申し訳ございませんが当店は女性専用ですから」

一夏「ああ、こんなグラビア界の面汚しを生んでいる所に用があるんじゃないんだ」

一夏「実は・・・この女を知っているか?」ピラ

女「申し訳ございませんが、個人情報はお教えできないのです」

一夏「俺は織斑千冬の弟だぞ!ほら住民票!」バッ

女「た、大変失礼いたしました!少々お待ちくださいませ!」

女「・・・この方のカルテの写しです。使い終わったら処分してくださいね、あとわたしが渡したって言わないで下さい」スッ

一夏「ッ!?こ、これは・・・」

一夏(まさか・・・そんな・・・しかし!)

一夏「これで今回の謎が解けたな」


34:2013/10/05(土) 22:34:09.33 ID:9+ZeqCCN0

コンコン

一夏「箒・・・入るぞ」

「〜〜〜〜〜〜」

一夏「あいかわらずなにを言ってるのかわからない・・・か」

ガチャ

箒「ドウシタノ?」

一夏「少しいいか」

箒「・・・ハイッテ」

バタン

一夏「・・・犯人はお前だったんだな」

箒「!?」

箒「・・・ドウシテ」

一夏「俺は最初に見たときから不信に感じてはいたんだ」

一夏「だが・・・どうしても信じたくて・・・今まで逃げていた・・・」

箒「・・・ソウ、バレテタンダネ」

箒「ならもうこんな話し方をする必要もないな」

一夏「!?箒・・・お前・・・」


35:2013/10/05(土) 22:34:51.50 ID:9+ZeqCCN0

箒「お前の推理どおりだ」シュルシュルシュル

パサッ

一夏「・・・・・・やはりこの形は・・・」

箒「ふっ、形を見ただけで分かるとはさすがだな」

箒「・・・そうだ、わたしは偽乳だ」

一夏「どうして!?どうしてそんなもったいないことを!!」

箒「・・・くやしかったんだ」

箒「小学校の時、妙に発育のいい女がいた」

箒「そいつは常にオドオドしていてクラスの人気者だった」

箒「オドオド系巨乳には男どもが・・・そしてなによりお前が夢中だった!」

一夏「・・・あのときの俺は・・・なぜか巨乳がすきだった」

一夏「顔をうずめてぶるんぶるんと小学生ながら一日5回は妄想オ○ニーをしていた」

箒「・・・知っていたよ。お前は毎日イカ臭かったからな」



37:2013/10/05(土) 22:46:24.16 ID:9+ZeqCCN0

一夏「だがなぜだ!俺はすぐにロリコンになったはずだ!なぜ豊胸手術(ダークマターオペレーション)なんて!」

箒「・・・わたしの姉は篠ノ之束だ。小学生でも十分な金と最高の医療を受けられる環境にあった」

箒「お前がロリコンになる前に手術をしたんだ」

箒「だがすぐにロリコンになった」

一夏「ッ!?ならどうして!どうして元に戻さないんだ!」

箒「戻せなかったんだ・・・篠ノ之束が失踪し、金と権力がわたしの手から離れてしまったのでな」

一夏「くっ・・・医学めッ!!」



38:2013/10/05(土) 22:47:25.14 ID:9+ZeqCCN0

箒「最近・・・再手術のためシャルロットから金を借りたんだ」

箒「使用用途は、聞かなかったが、天性のビッチであるシャルロットにはお見通しだったみたいだな」

一夏「そうか・・・それで同室のラウラにはその話しが漏れていた・・・だからラウラは鈴に箒の所へ行けと・・・」

箒「・・・鈴の奴がわたしの所へ巨乳になるにはどうすればいいと聞きに来た時はびっくりした」

箒「豊胸がばれたんだと思った・・・だから素直に白状した」

箒「だが・・・鈴はわたしを”偽乳女”とあざ笑ったんだ!」

箒「だからわたしは・・・ついカッとなって・・・鈴を殺してしまったんだ!」



40:2013/10/05(土) 22:53:03.85 ID:9+ZeqCCN0

一夏「えーなんだってー?」

箒「・・・ボイスレコーダーは鈴が貧乳奪回のため真剣にわたしの声を聞こうとする国立大学生的な姿勢だったんだろうな」

箒「悪いことをしたと思っている」

一夏「そうか・・・鈴は日本語をかけない・・・だからメモの代わりにボイスレコーダーを・・・」

箒「あとは現場を見たとおりだ。ふぅ、最後にお前に話せてすっきりしたよ」

箒「あとはどこへでも連れて行くがいい・・・」

一夏「・・・俺は・・・別にロリコンじゃないんだ」

箒「ッ!?どういうことだ!そのためにわたしは・・・!?」

一夏「最近気づいた・・・俺はただ・・・乳首の感度がよければいいだけなんだと・・・」

一夏「だから・・・巨乳だろうが微乳(笑)だろうが・・・どっちでもよかったんだ・・・」


42:2013/10/05(土) 22:55:29.47 ID:9+ZeqCCN0

箒「そ、そんな・・・ならわたしのやったことは・・・」

一夏「・・・だがッ!俺は乳首の感度がよければ巨乳だろうが微乳だろうが・・・偽乳だろうが!関係ない!」

一夏「愛があればどんな障害(シリコン)でも超えられる!」

箒「い、いちか・・・!!」

一夏「結婚しよう、箒!共に不安(シリコン)抱えて人生を歩んでいくんだ!」

箒「は、はい!」


44:2013/10/05(土) 23:06:39.02 ID:9+ZeqCCN0

こうしてIS学園で起こった凄惨な事件は幕を閉じた

シャルロットは事件の嫌疑が晴れるまで2年の月日を要した

出てくる頃には俺と箒が結婚をしていてなぜか発狂した

ビッチの考えていることは分からない

セシリアは元々俺には興味がなかったらしい

「家柄がつりあわない男と結婚なんて考えられませんわ」だそうだ

ラウラは意外にも祝福してくれた

どうやら一夫一妻制に囚われているのは日本人だけだ

という理屈で最近よくベットを共にしている

だが・・・事件の全てが解決されたわけじゃない

鈴を殺したのは誰なのか

そして箒の感度は実は悪いんじゃないか

しかしそんなことは瑣末な事である

俺と箒が一緒なら

決して乗り越えられない障害など無いのだから

今日の離婚調停すら乗り越えていけるだろう・・・

終わり


47:2013/10/05(土) 23:11:07.81 ID:OZqhkAeM0


おもしろかった


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1380975929/