1:2015/07/28(火) 18:39:47.16 ID:krkcr6axo


結衣「気づいたら帰りの電車賃まで使っちゃってさー」

雪乃「それは大変だったわね」

結衣「慌てて近くにあったコンビニに駆け込んで……AKBじゃなくて……えーっと、あれでお金を……」

雪乃「あれとは何かしら?」

結衣「ほら、ゆきのん! アルファベット3文字のあれ!!!」

雪乃「ごめなさい、由比ヶ浜さん わからないわ」

結衣「ヒッキー……」チラッ



八幡「……もしかしてKGBか?」

結衣「そう、KGB! それでKGBでお金を……」



雪乃「見損なったわ、由比ヶ浜さんっ!!!」

パチンッ

結衣「……えっ、ゆきのんなんで私を叩いたの?」ヒリヒリ

雪乃「まさかあなたがロシアのスパイだったなんてっ!!!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438076380



2:2015/07/28(火) 18:41:21.88 ID:krkcr6axo


結衣「ろ、ロシア?」

雪乃「いやでもごめんなさいね、仮にあなたがロシアのスパイだったとしても私たちはその……友達だもの」

結衣「……なんかよくわからないけど、ありがとゆきのん」



雪乃「い、いや、やっぱり私は騙されないわ! 所詮この由比ヶ浜結衣という姿も世をしのぶ仮の姿なのね」

雪乃「……きっと私たちに近づいたのも奉仕部が隠れ蓑としてちょうどよかったから……、そうなのでしょう由比ヶ浜さん?」

結衣「ちょっ、ちょっと待ってゆきのん……」

雪乃「あなたの手のひらで踊る私たち、それを嘲笑ってさぞ気分が良かったでしょうね!?」

結衣「ゆきのん、なんか勘違いしてない!?」


3:2015/07/28(火) 18:43:05.82 ID:krkcr6axo


雪乃「勘違い?」

八幡「……そもそもコンビニにKGBは置いてないだろ」

雪乃「それもそうね」


雪乃「……ごめんなさいね由比ヶ浜さん、勘違いとはいえあなたの頬を」

結衣「い、いやこれくらい平気だよ」ヒリヒリ

雪乃「そう、それならさっきの話を続けてちょうだい」

結衣「……」ヒリヒリ


4:2015/07/28(火) 18:44:40.51 ID:krkcr6axo


結衣「そ、それでね! コンビニに置いてあったあれでお金を……あれっ、なんだっけ? ……たぶん、Aがついてアルファベット3文字だったと思うんだけど」

雪乃「ごめなさい、由比ヶ浜さん。 わからないわ」

結衣「ヒッキー……」チラッ



八幡「……もしかして、JRAか?」

結衣「そう、JRA! JRAでお金を……」



雪乃「見損なったわ、由比ヶ浜さんっ!!!」

パチンッ

結衣「……えっ、ゆきのんなんで私を叩いたの?」ヒリヒリ



雪乃「まさかあなたがギャンブル狂いの最低野郎だったなんてっ!!!!」

結衣「ぎゃ、ギャンブル狂いの最低野郎?」

八幡「……由比ヶ浜は女だから野郎ではないだろ」

雪乃「ギャンブル狂いの最低少女!!!」

結衣「私、ゆきのんが何をいってるか分らないよ……」


5:2015/07/28(火) 18:46:28.70 ID:krkcr6axo


雪乃「そんなに馬が走るのを見るのは楽しいかしら!?」

結衣「馬? かっこいいよね!」

雪乃「……そもそもその競馬のための資金はどうしたのかしら? 私の記憶が正しければあなたはバイトもしてなかったはずよね?」

雪乃「ということは由比ヶ浜さん……もしかしてあなたの親が大学への進学資金として貯金してたお金に手をつけたというの?」

結衣「してないよ!?」

雪乃「いや私は騙されないわ! さっきお金がないと言ってたじゃない! あなたの親があなたが生まれたときから立派に育てようと貯めていたお金に手を……」

結衣「えっ、ゆきのんそんな話いつ聞いたの?」

雪乃「想像よ!!」

結衣「想像!? ……ゆ、ゆきのん、なんか勘違いしてない?」


6:2015/07/28(火) 18:47:41.08 ID:krkcr6axo


雪乃「勘違い?」

八幡「……そもそも由比ヶ浜は未成年だから馬券買えないだろ」

雪乃「それもそうね」



雪乃「……ごめんなさいね由比ヶ浜さん、私、勘違いとはいえあなたの頬を……」

結衣「い、いやこれくらい平気だよ」ヒリヒリ

雪乃「そう、それならさっきの話を続けてちょうだい」

結衣「……私、ゆきのんに頬を二回思い切り振りかぶって叩かれたぐらい全然平気だよ?」

雪乃「そう、それならさっきの話を続けてちょうだい。 2回も言わせないでもらえるかしら?」

結衣「……」


7:2015/07/28(火) 18:49:30.32 ID:krkcr6axo


結衣「そ、それでね!!! 私、コンビニでお金を……あれっ、なんだっけ? たぶんアルファベット3文字だったはずだけど……」

八幡「……もしかしてSNSか?」



雪乃「見損なったわ、由比ヶ浜さんっ!!!」

パチンッ

結衣「……えっちょっ、ゆきのんまだ私何も言ってなくない? いや言うつもりだったけどさ……」ヒリヒリ



雪乃「まさかあなたがSNSを使った援交少女だったなんて!!!」

結衣「私、援交なんてしてないよ!」

雪乃「それなら何かしら? あなたがSNSにちょっと何か書き込むだけで親切な見ず知らずの誰かがお金をくれたというの?」

雪乃「どうせあなたは『ホ別でいちご、痛いこと汚いことはお断りします。 写メくれとかいう人は無視します』とか書き込んだんでしょ?」

結衣「穂別イチゴ? ゆきのん、何言ってるか私わからないよ……」



雪乃「……いやこの場合は男の側を恨むべきなのかしら?」


雪乃「由比ヶ浜さん、安心して! 私がきっと由比ヶ浜さんを汚した男を法廷の場に引きずりだしてあげるわ!」

結衣「ちょっとゆきのん!! なんか勘違いしてない!?」


8:2015/07/28(火) 18:51:17.88 ID:krkcr6axo


雪乃「勘違い?」

八幡「……電車賃1万5千円もいらないだろ」

雪乃「それもそうね」

結衣「そこじゃないよ」



雪乃「……ごめんなさいね由比ヶ浜さん、私勘違いしてたわ。 あなたはホ別で1万5千円も取るような卑しい女じゃないわよね」

結衣「そもそもしてないから」

雪乃「しかも私、あなたの頬を……2回も!」

結衣「い、いやこれくらい平気だよ、3回目だけど。 ゆきのんの思ってるよりも1回多い3回だけど?」ヒリヒリ

雪乃「2回じゃなかったかしら?」

結衣「見てゆきのん! 頬にしっかり手の跡が3つ残ってない!?」

雪乃「由比ヶ浜さんがそこまで言うなら別に3回叩いたことにしてもいいわ、じゃさっきの話の続きをしてちょうだい」

結衣「……」


9:2015/07/28(火) 18:53:17.77 ID:krkcr6axo


結衣「そ、それでね!!! 私、コンビニでお金を……あれっ、なんだっけ? たぶんアルファベット3文字だったはずだけど……」

八幡「……もしかしてNHKか?」



雪乃「見損なったわ、由比ヶ浜さんっ!!!」



グサッ!!プュッー



雪乃「!?」ポタッ

結衣「どうかした、ゆきのん?」ニヤァ



雪乃(この小娘、一瞬で私の右手を切り落とした?)

雪乃(でもね由比ヶ浜さん、甘いわ! 何のために神が私に2本の手を授けたかその身をもって知るがいい!)

パチンッ

結衣「……えっ、ゆきのんなんで私を叩いたの?」ヒリヒリ

雪乃「まさかあなたが放送法を盾に集金して回るNHK職員だったなんて!!」

結衣「ゆきのん、なんか勘違いしてない?」


10:2015/07/28(火) 18:54:14.91 ID:krkcr6axo


雪乃「勘違い?」

八幡「……そもそも由比ヶ浜は同じ学生だろ」

雪乃「それもそうね、……あっ、血止まった」


雪乃「ごめんなさいね、由比ヶ浜さん。 それで話の続きを……」

結衣「それでアルファベット3文字で……」

八幡「……もしかしてNTTか?」

雪乃「見損なったわ、由比ヶ浜さんっ!!!」

結衣「今度はその左手を貰い受ける!」ダッ

雪乃「……あげるわ」すっ

結衣「望み通りにしてやる!!」

ブシュー

実況「あっっっ ああーーーーっ!」

実況「なんと雪ノ下選手残った左腕をも自ら献上!! 何を考えているんだこの人は!?」


11:2015/07/28(火) 18:55:21.68 ID:krkcr6axo


結衣「な…に?」

雪乃「右(こっち)で」

実況「あれ!?!?!? 切られたはずの右腕が!? 元に戻ってるーー!?」

雪乃「くくく、これも手品よ。 さてどんな仕掛けでしょう?」

結衣(嘘だ!! こんな芸当が可能なのは念を使っているから。ゆきのんは一体どんな能力を……)

雪乃「くっくっくっ、どうしたのかしら? 怖いの?」

雪乃「予知しましょう、由比ヶ浜さんはビンタされて死ぬ」

結衣「くっ、黙れ!」ダッ

ザシュッ

結衣「両腕を落とした! ゆきのんはこれでビンタができない!」

結衣「気が済んだでしょ、ゆきのん。 さあ言って、コンビニに置いてあるあれの名を」

雪乃「腕が無ければビンタ出来ないとでも?」


12:2015/07/28(火) 18:55:40.01 ID:krkcr6axo






ビンタとは心の所作 百式観音 零の掌は

敵背後から 現れし観音が 有無を言わさぬ

慈愛の掌衣でもって 対象優しく 包み込み

ネテロの 渾身の全オーラを

目も眩む恒星のごとき 光弾に変え撃ち放つ

無慈悲の咆哮である







13:2015/07/28(火) 18:56:46.09 ID:krkcr6axo


王「素晴らしい一撃であった」

ネテロ(零でさえも……)

王「お主は人間の一個であって王でなく」

王「余は種の全てを託された王である事 それが勝敗を分かつ境!!」

王「だが繁殖に人類を利することは無くなった」

王「貴様に免じ特区を設け人類の永住を許可しよう 貴様の孤独な闘いは無駄ではなかったのだ」

王「もう決して二度言うことはないぞ 現金自動預け払い機の略称を言え…!」

ネテロ「俺は一人じゃねェ……」

ネテロ「人間を舐めるなよ ATM……!!」

ドッカーン!びっくりして私は振り返った
総武高校は吹っ飛んじゃった!
でも戸塚は可愛いから生き残った!


途中で飽きたからおしまい!


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1438076380/