1:2014/01/31(金) 19:46:33.44 ID:oqu5aW2f0

美希「あふぅ……」

貴音「どうしたのです、美希。今日はあまり練習に身が入ってないように見えましたよ」

響「フェアリーのアリーナツアーが来月に迫ってるんだぞ。もっと気を引き締めてレッスンに励まないと」

美希「だって、ハニーがいないんだもん……」

響「それは仕方ないぞ。プロデューサー、新しいアイドルたちのプロデュースも任されて大変そうだし」

貴音「プロデューサーは竜宮小町以外の全てのあいどるを任されている身ですから、
   わたくしたちだけに多く時間を割くことは適わないでしょう」

美希「もう! 社長はアイドルじゃなくてプロデューサーを増やすべきなの!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1391165193



2:2014/01/31(金) 19:50:22.22 ID:oqu5aW2f0

P「やあ、みんな、お疲れ」

美希「あっ、ハニー!」

P「おっと、美希、急に飛びつくなって」

美希「アハッ! 久しぶりに会えてすごく嬉しいの!」

P「久しぶりって、先週も会っただろ」

美希「ミキは毎日でも会いたいの!」

貴音「プロデューサー、今日はどのような要件で」


3:2014/01/31(金) 19:53:27.98 ID:oqu5aW2f0

P「なに、特に用事があるわけじゃないんだ。三人の顔が見たくてな。少し立ち寄ってみただけだ」

響「じゃあ、すぐに帰っちゃうのか」

P「ああ。この後、未来たちのプロモーションがあるんだ」

美希「えーっ、そんなのってないの! ハニーはミキたちのことなんかどうだっていいわけ!?」

P「そんなわけないだろ。でも、今は未来たちを売り込む大切な時期なんだ。美希もわかるだろ」

美希「それはわかる。けど……」

P「あまり見てやれなくてすまないな。でも、もう少ししたら、
  こっちに本腰入れることができるから、それまでは我慢してくれないか」

美希「……」

貴音「美希、あまりプロデューサーを困らせてはいけませんよ」

響「そうだぞ。自分たちはもう先輩なんだ。わがまま言ってないで
  自分たちでできることは自分たちでしないと」

美希「……わかったの」

P「いい子だ。じゃあ、俺は行くから。怪我にはくれぐれも気をつけてな」




美希「まったく! 新しいアイドルたちは手がかかって仕方がないの!」

響「美希だって今も昔も相当、手がかかってるぞ」

貴音「クスッ、そうですね」

美希「ブー! そんなことないよ!」


4:2014/01/31(金) 19:55:45.07 ID:oqu5aW2f0

――星井家・美希の部屋――

美希(このままハニーと会えない日々が続いて、二人の愛が消えちゃったらどうしよう……)

美希(そのうち、もっともーっとアイドルが増え続けて、そしたらハニー、ミキの顔、忘れちゃったりして)

美希(……)

美希(なんだか悲しくなってきちゃった……)

美希「寝よ」

美希「おやすみハニー」

Pの写真にチュッ

美希(せめて夢の中だけでもハニーと一緒にいたいの)

美希(ハニーが一匹…ハニーが二匹…ハニーが三匹…)

美希(はにぃがよん……)

美希「zzz」


……
…………
………………
……………………


5:2014/01/31(金) 19:58:08.45 ID:oqu5aW2f0

美希「……」

美希「……あれ?」

美希「ここどこ?」

美希(なんか地面が綿あめみたいにふわふわしてる……)

美希(空? なんだか雲の上にいるみたい)

?「こんばんは、美希ちゃん」

美希「?」

美希「おじいちゃん、誰?」

神「わし、神さま」

美希「神さま?」

神「うん。そう」

美希「……」

美希「これ夢?」

神「うん。でも、わしは本物」

美希「?」

神「つまりね、ここは美希ちゃんの夢の中なんだけど、
  その中にちょっくらお邪魔させてもらってるというわけ」

美希「……」

神(あ、わかってねえな)


6:2014/01/31(金) 20:02:02.34 ID:oqu5aW2f0

美希「それで、神さまはミキになにか用事でもあるの?」

神「うん。実はわし、美希ちゃんの大ファンなんです」

美希「ファン?」

神「はい。よろしければ、その、わしの頭上にある輪っかにサインを書いていただきたいのですが……」つペン

美希「輪っか……」

美希(眩しい……)

美希「これ、字、書けるの?」

神「うん。これ蛍光灯みたいなもんだから。ほら、硬い」コンコン

美希「……わかった」キュッキュッキュ

美希(……そっかー。ミキってば神さままでファンにしちゃったんだ! アハッ! すごいの! さすがはミキなの!)

美希「書いたよ」

神「わぁ、ありがとう。一生の宝物にします」


7:2014/01/31(金) 20:05:58.22 ID:oqu5aW2f0

美希「喜んでくれてミキも嬉しいの。あっ、そうだ 
   今度、ミキたちフェアリーのアリーナツアーが始まるから、神さまにも観に来てほしいな」

神「ああ、観る観る、超観るよ。雲の上から美希ちゃんたちをばっちり覗いちゃうからね」

美希「ダメ!」

神「えっ」

美希「そんなのズルいよ!
   他のファンの人たちはみんなチケット買って観に来てくれるんだから
   神さまもちゃんとチケット買って観に来て!」

神「あ、はい、すみません。そうします……」

美希「じゃあ、ミキ、そろそろ眠るから。このふわふわの地面、ベッドに最適なの」アフゥ

神「いや、美希ちゃん今、眠っているから。これ夢の中、夢の中」

神「それにわし、サインを貰ったお礼に美希ちゃんの願いを叶えてあげようと思ってるんだけど」

美希「願い?」


8:2014/01/31(金) 20:07:45.23 ID:oqu5aW2f0

神「うん。美希ちゃん今、大好きなプロデューサーさんと一緒にいられなくて悩んでるでしょ?」

美希「!」

美希「どうしてそれを!?」

美希「はっ」

美希「もしかして、ストーカー!?」

神「いや、わし、神さまだから。全知全能だから。なんでも知っちゃうから」

美希「……もしかして、神さまの力で、ハニーとずっと一緒にいさせてくれる、とか?」

神「そうそう、それそれ」

美希「ほんとに? そんなことできるの?」

神「任せなさい。だってわし、神さまだもん」


9:2014/01/31(金) 20:11:03.37 ID:oqu5aW2f0

美希「……」

美希「気持ちは嬉しいけど、でも、神さまはミキのファンなんだよね?」

神「うん。そうだけど」

美希「じゃあ、その……嫌じゃないの? ミキが、その、誰かに恋しちゃってること……」

神「まあ、この年になるとね、心が寛容になるというか、アイドルに恋をすることもなくなるというか、
  むしろ孫のように愛でたくなるというか、美希ちゃんの幸せを願っちゃうんだよね」

美希「神さまって何歳なの」

神「たしかー、800兆歳ぐらいだっけな」

美希「ふーん」

神(ふーん、で片づけられちゃった)


10:2014/01/31(金) 20:14:33.39 ID:oqu5aW2f0

美希「まあ、いいや。じゃあ、ミキのお願い叶えてください神さま!」

神「オーキードーキー。ほんじゃ、具体的な案を出しなさいな」

美希「具体的な案?」

神「そうそう。美希ちゃんはどんな風にプロデューサーさんと一緒にいたいのかな」

美希(どんな風にハニーと……)

美希(……今よりもずっとハニーのそばにいられるには)

美希「……」

美希「アイドルとプロデューサー……」

美希(この関係が二人の愛の妨げになっていることは確実)

美希(でも、ミキはアイドルを辞めるつもりはないし)

美希(それじゃあ、ハニーにプロデューサーを辞めてもらう……?)

美希(でも、ミキのプロデューサーはハニーだけ。ハニー以外の人からプロデュースされるなんて考えられない)

美希(でも……)


11:2014/01/31(金) 20:18:10.59 ID:oqu5aW2f0

神「どう? 美希ちゃん、決まった?」

美希「……」

美希「決めたよ」

美希「ハニーをミキの通う中学校の先生にして」

神「ほう。なるほど」

美希「あ、それもミキのクラスの担任にしてね」

美希(これなら、今よりもずっとハニーと一緒にいられる)

美希(ハニーのプロデュースはこの際、諦めるの
   だって、愛する人の隣にいることがミキの一番の幸せ。それが一番のモチベーション)

美希(それにこれなら春香たちにハニーを取られる心配もなくなるの)シメシメ

美希(やっぱりミキってば天才なの!)

美希「神さまやっちゃって!」

神「うーん、でも、美希ちゃん。これだと……」

美希「ミキ、もう寝るから! こっちで寝ればあっちで起きる?」

神「えっ、えっ、ああ、夢の中で寝れば現実で起きるか、といいたいわけ?
  そんなことはないけど、まあ、そのうち現実世界に目覚めるよ」

美希「わかったの! おやすみなさい!」

神「ああ、あの、ちょっと美希ちゃん、人の話を……」

美希「zzz」

神「……」


……………………
………………
…………
……


12:2014/01/31(金) 20:19:49.21 ID:oqu5aW2f0

美希「……」パチッ

美希「……」

美希「変な夢……」


13:2014/01/31(金) 20:22:38.46 ID:oqu5aW2f0

――学校・美希のクラス――

友達A「美希、おはよー」

美希「おはよぉ……あふぅ」

友達B「いつにも増して眠そうだねー。仕事大変なの?」

美希「んー、別に仕事は大変じゃないけど…ツアーのリハーサルが……」

ガラッ

?「おーい、みんな席に着け―。ホームルーム始めるぞー」

美希「!」

美希「ハニー!!」

P「お、おう、どうした美希。今日は朝から元気だな」

美希「どうしてミキの学校にいるの? それにその恰好、白衣なんか着ちゃって……」

P「そりゃお前、俺はここに赴任している教師だからな。それに数学教師なんだから白衣だって着るさ」

美希「う…うそ……」

美希(まさか、あの夢……)

P「どうした、ひょっとして寝ぼけてるのか」

美希「……か」

P「か?」

美希「神さまありがとう……!」ジーン

P「?」


14:2014/01/31(金) 20:26:24.40 ID:oqu5aW2f0

P「……それじゃあ、この問題を誰に解いてもらおうかな」

美希「はいっ!」

P「おお、美希。眠らないどころか手を挙げるとは珍しい。じゃあ、美希、黒板の前に出て解答を」

美希「わかりません!」

P「えぇ……」

美希「だからぁ、手とり足とりミキに教えて?」

P「……ああ、教えるから席に着きなさい」

美希(あぁ、ハニーの白衣姿、恰好よすぎる……)ウットリ


15:2014/01/31(金) 20:27:29.85 ID:oqu5aW2f0

美希(今や、ミキとハニーの間に立ちふさがる壁はなにもない)

美希(ミキの人生はたった今、始まったの!)


16:2014/01/31(金) 20:29:57.75 ID:oqu5aW2f0

リボンをつけた女生徒H「P先生! 家庭科の調理実習でクッキー焼いたんですよクッキー!」

72の数字が似合う女生徒C「あの、P先生、今度の合唱部の曲のことで相談したいことが」

気の弱い儚げな女生徒Y「あのぅ、今度、茶道部でお茶会開くんです
            よろしかったらP先生も出席してくれませんか……」

ボーイッシュな女生徒M「P先生! 昼休み一緒に運動しませんか!」

おデコが可愛い女生徒I「ちょっとぉ! P先生は私との先約があるんでから!」

元気で愛らしい女生徒Y「P先生、次の授業の準備、手伝いますねー」

双子(姉)女生徒M「兄ちゃん先生! 遊んでー!」

双子(妹)女生徒A「遊ぼうぜー!」

P「ちょっとみんな、待ってくれって。そんな全員で来られても……」

キャッキャ……




美希「……」

美希「全然始まってない……」


17:2014/01/31(金) 20:33:09.76 ID:oqu5aW2f0

美希「どういうことなの!」バンッ

友達A「わっ、どうしたの美希、急に大声出して」

美希「どうしてハニーが大勢の女の子に囲まれてるわけ!?」

友達B「囲まれてるわけ!? って、そりゃあ、人気があるからじゃん」

美希「人気?」

友達A「P先生は一番人気の教師じゃん
    男女ともに生徒からの信頼が厚く、授業もわかりやすい」

友達B「おまけに合唱部の顧問で、弱小だったうちの部を全国大会常連の強豪に押し上げた敏腕」

友達A「まあ、顔もそこそこのハンサムだし、人気が出ないわけないっしょ」

友達B「そんなの美希が一番よく知ってることじゃん」

美希(初耳なの……)

友達A「ねえねえ、知ってる? 聞いた情報によると、
    保険医の巨乳先生と数学教師の眼鏡ちゃんとひよこの事務員さんも
    P先生のこと狙ってるらしいよ」

友達B「うっそーマジー?」

美希「……」


18:2014/01/31(金) 20:35:12.10 ID:oqu5aW2f0

美希(……なんだか想像していたのと違う)

美希(ハニーの授業が一日中続くわけじゃない)

美希(休み時間になってもハニーは女の子に囲まれて二人きりになれない
   これじゃあ、事務所でアイドルに囲まれている時のハニーと一緒)

美希(放課後になったらハニーは合唱部、ミキはお仕事に行くから結局会えない)

美希(そしてなにより……)

女生徒A「あとそれから、2年生の子がP先生に告白したらしいんだけど」

女生徒B「断ったんでしょ。いつものことじゃん。これで何人目? 二桁はいってるよね」

美希(ハニーは教師になってもハニーのまま……)

美希(これじゃあ、今までとなにも変わらないよ……)


19:2014/01/31(金) 20:36:50.17 ID:oqu5aW2f0

――レッスンスタジオ――

響「ん、どうしたんだ、美希。今日は一段と元気がないな」

美希「……ちょっとね」

貴音「美希、今日はプロデューサーがりはぁさるに参加するそうですよ。気を引き締めて臨みましょう」

美希「えっ、ハニーが?」

貴音「はにぃ?」

美希「あっ、ううん、なんでもないの。気にしないで」

美希(そっか、ハニーは今、ミキの中学の先生だから……)

美希(プロデューサー、どんな人だろう……)


20:2014/01/31(金) 20:38:19.57 ID:oqu5aW2f0

?「お疲れさまです、みなさん」

響「あ、プロデューサー」

美希「!」

美希(あれは学校の担任の先生!)

美希(そっか。ハニーと先生が入れ替わって……)

先生「ん。どうしました、星井さん」

美希「……なんでも、ないです……」

先生「それでは、早速リハーサルにとりかかりましょう」

美希「……」


21:2014/01/31(金) 20:39:29.46 ID:oqu5aW2f0

――星井家・美希の部屋――

美希「うぅ、くたくたなの……」

美希「先生、なかなかの鬼プロデューサーだったの」

美希「こんなんじゃ、身体が持たないよ……」

美希「あぁ…はにぃ……」ムニャムニャ

美希「zzz」


……
…………
………………
……………………


22:2014/01/31(金) 20:40:59.03 ID:oqu5aW2f0

美希「……」

美希「……あれ?」

美希(ここって、まさか……)

神「こんばんは、美希ちゃん」

美希「!」

美希「神さま!」

美希「どういうことなの! 話が違うの!」

神「えっ」

美希「ミキはハニーと二人だけの時間がほしいのに、あれじゃあ、前とちっとも変わらないよ!」

神「あぁ、うん、だからね、それを前に言おうとしたら美希ちゃんがわしの話を聞かないで眠っ……」

美希「神さま空気読んで!!」

神「……」

神「はい……」


23:2014/02/01(土) 07:05:51.95 ID:sKUAcALF0

美希「はぁ、よくよく考えてみたら、
   教師と教え子ってプロデューサーとアイドル並に恋愛のハードルが高いの」

美希「どうしたらハニーとずっと一緒にいられるのかなぁ」

美希「…って、神さま聞いてる? 神さまも一緒にちゃんと考えてね」

神「……う、うん」

美希「そもそも年齢が離れすぎてるの。せめてミキとハニーが同い年だったらなぁ……」

神「できるよ」

美希「……できるって、なにを?」

神「だから、美希ちゃんとプロデューサーさんの年齢を同じにできるってこと」

美希「うそ……神さまそんなこともできちゃうの?」

神「できるできる、超できる。なんたってわし、神さまだもん」

美希「す、すごいの! もーっ、神さまったら、そういうことはもっと早くいってほしいな!」


24:2014/02/01(土) 07:07:49.31 ID:sKUAcALF0

神「ほんじゃ、プロデューサーさんの年齢を美希ちゃんと同じ15歳にしちゃう?」

美希「!」

美希「ま、待って! 慌てないで神さま!
   それだけじゃ足りない気がする! もっとディティールに凝らないと!」ハァハァ

神「美希ちゃん落ち着いて」

美希「ま、まず、ハニーをミキと同じ15歳にして……」

神「うんうん」

美希「それから、ミキと同じ中学校に通う同じクラスメイトで……」

神「いいよいいよ」

美希「席もミキの隣……」

神「ほうほう」

美希「……」

神「……」

神「あれ……それだけ?」


25:2014/02/01(土) 07:09:46.45 ID:sKUAcALF0

美希「えっ、他になにかある?」

神「ほらほら、もっと大事なことがあるでしょ
  たとえば美希ちゃんとプロデューサーさんをカップルにしちゃうとか
  そういうこともわし、できちゃうのよ」

美希「!」

美希「ダメ!」

神「えっ」

美希「そんなのズルいよ! 
   人の気持ちまでいじっちゃうのはさすがにまずいってミキ思うな!
   神さまなんだからそういう下卑た考えはやめなさい!」

神「あ、はい、すみません……ていうか、美希ちゃんって『下卑た』とか難しい言葉が使えるんだね」

美希「それにミキ、ハニーのハートは自分の力だけで手に入れたいの」

神(えっ、今、めっさわしの力に頼ってんじゃん……)


26:2014/02/01(土) 07:12:58.53 ID:sKUAcALF0

神「……じゃあ、こういうのはどう? プロデューサーさんが美希ちゃんの幼馴染で家も隣だとか」

美希「!」

美希「それいい! 採用!」

神「プロデューサーさんは美希ちゃんのこと大切に想ってるからね
  きっと毎朝、美希ちゃんを起こしに来てくれるよ」

美希「さ、さ、最高!!!」

神「それで毎日、一緒に登校しちゃったり」

美希「きゃ―――っ!!!」

美希「すごい、神さま! 頭いい! そ、それ! その設定いただきなの! それでいくの!!」

神「よっしゃ、よっしゃ。ほんじゃ、いっちょ、美希ちゃんの願いを叶え……」

美希「zzz」

神「えぇ……」


……………………
………………
…………
……


27:2014/02/01(土) 07:15:15.52 ID:sKUAcALF0

美希「zzz」

?「…き……み……みき」

美希「ん……」

?「美希、おい、美希。朝だぞ」

美希「……」パチッ

?「おはよう」

美希「……」

美希「!」

美希「誰!?」

?「……寝ぼけてんのか」

美希「ミキ、あなたのことなんて知らないよ! 女の子の部屋に無断で入るなんてへんしつ……」

美希(……あれ)

美希(なんか、この子、ハニーに似て……)

美希「!」

美希「もしかして、ハニーの隠し子!?」

P「……寝坊助め、早く着替えろよ。おばさん、ご飯冷めるって言ってたぞ」

ガチャッ バタン……

美希「……もしかして、ハニー?」


28:2014/02/01(土) 07:17:36.68 ID:sKUAcALF0

P「それじゃあ、おばさん、いってきます」

美希「いってきまーす!」

イッテラッシャーイ

P「ちょ、こら、美希。腕にしがみつくなって
  この前、事務所の人にパパラッチに注意しろって言われたばかりなんだろ」

美希「ああっ、若かりし頃のハニーかっこいいの! 大人のハニーもかっこいいけど!」

美希「ハニー、ブレザー姿、とっても似合ってるの!」

美希「そうだ! 写メ! 写メ! 記念に撮らないと!」

美希「あっ、白衣ハニーも撮っておけばよかったの! ミキ、しくじったの!」

P「どうしたんだ美希、朝からハイテンションすぎるぞ。変な夢でも見たのか」


29:2014/02/01(土) 07:20:35.77 ID:sKUAcALF0

――学校・美希のクラス――

美希「ハニー、ここの問題教えて?」

P「おいおい美希、また宿題やってこなかったのかよ、まったく
  いいか、ここは…って近い、近いから! そんなにくっつくなって」

美希「アハッ! ハニーったら顔赤くしちゃって可愛いの!」

男生徒Z(ぐぬぬ……なんでPの野郎ばかり……!)

男生徒X(星井のおっぱい、めっちゃ当たってんじゃん。いいなぁ)

男生徒Y(うぅ…俺、星井のこと本気で好きだったのに……)

友達A「お二人さん、今日も熱々だねぇ」

友達B「見てるとなんだか胸焼けしちゃうわ」

P「よせよ、からかわないでくれ」

美希「ハニー、お昼はおにぎり食べさせあいっこしようね?」

P「いや、給食におにぎりとか出ないから」

美希「大丈夫! ミキがご飯丸めておにぎり作ってあげるの!」

美希「……」チラッ

リボンをつけた女生徒H(ぐぬぬ、P君に色目つかいやがって、あの金髪毛虫……!)ギリギリ

72の数字が似合う女生徒C(くっ! 私だって胸が大きければP君に……!)

気の弱い儚げな女生徒Y(許せない、アイドルだからってあの女……私のP君に……)

ボーイッシュな女生徒M(くっそ〜! ボクもP君に勉強教わりたいな〜!)

美希(……やっぱり)

美希(先生ハニーの時と一緒で、少年ハニーもすごくモテる……)

美希(こしたんたんとハニーを狙ってることはミキには全部お見通しなの)

美希(ハニーの隣はミキがずっとキープするから諦めた方がいいって思うな!)フフン


30:2014/02/01(土) 07:22:11.46 ID:sKUAcALF0

――放課後――

美希「ハニー、これからデートしよ!」

P「デートって、美希、ライブのリハーサルがあるんじゃないのか」

美希「あ、そ、それは…ち、中止になったの!」

P「中止?」

美希「そう! 今日はお休みなの! だから、これからデートするの!」

P「……」

P(サボりだな)

P(でも、今日の美希はなにか様子が変だったし……)

P(仕事でストレスが溜まっているのかもしれない。美希も息抜きがしたいのかも)

P「いいよ、わかった。付き合うよ」

美希「アハッ! やったの!」

美希「一緒に服見てー、アクセサリー見て―、クレープ食べて―、それからそれからー」

P「街に行くのか? だったら帽子くらい被れよ。美希だとばれたら大変だぞ」


31:2014/02/01(土) 07:23:24.42 ID:sKUAcALF0

――レッスンスタジオ――

響「貴音ー。美希、今日は身体の調子が悪いから休むってー」

貴音「そうですか。大事でなければよいのですが」


32:2014/02/01(土) 07:24:30.84 ID:sKUAcALF0

美希「ハニー、どうこれ。ミキに似合う?」

P「ああ、似合ってるよ。すごく可愛い」

美希「アハッ」


33:2014/02/01(土) 07:26:02.78 ID:sKUAcALF0

美希「この指輪、素敵……」

P「ああ、綺麗だな」

美希「婚約指輪……」ボソッ

P「えっ」

美希「ハニー、お給料3か月分、待ってるからね?」

P「えっ」


34:2014/02/01(土) 07:27:04.96 ID:sKUAcALF0

美希「このいちご味のクレープ美味しいの!」

P「こっちのチョコバナナもいけるぞ」

美希「ハニー、ひと口交換しよ」アーン

P「美希のひと口はひと口ですまされないからなぁ」


35:2014/02/01(土) 07:29:31.02 ID:sKUAcALF0

美希(ああ、今、最高に幸せなの……)

美希(やっぱり、ミキの幸せはハニーと一緒にいること)

美希(この幸せが永遠に続くといいな……)

P「おっと、外が暗くなってきたな。遅い時間だし、そろそろ帰るか」

美希「……」

P「美希?」

美希「……決めた」

P「決めたって、なにを」


36:2014/02/01(土) 07:31:40.66 ID:sKUAcALF0

美希「ミキ、アイドル辞める」

P「!」

美希「ミキ、アイドル辞めて、ずっとハニーのそばにいる!」

美希「そして来年16歳になったらハニーと結婚するの!」

P「いや、男の婚姻適齢は18歳以上だから」

美希「じゃあ、婚約する!」

P「……どうしたんだ美希。今日の美希、やっぱりどこか変だぞ
  ひょっとして、仕事のことで、なにか悩み事でもあるんじゃないのか」

美希「悩み事は神さまに解決してもらったの」

P「神さま?」

美希「ミキ、気付いたの。アイドルでいるうちはハニーと一緒にいることができないって」

美希「だったら、アイドル辞めてしまえばいいの!」


37:2014/02/01(土) 07:37:09.49 ID:sKUAcALF0

P「……本気で言っているのか」

美希「ミキはいつだって本気だよ。それはハニーが一番よく知ってるでしょ」

P「……」

美希「ハニー、これからはずっと一緒だよ。たくさん愛を育もうね///」

P「……美希が自分で決めたことなら、俺はなにも口出ししないよ」

P「けど、やっぱり残念だな」

美希「残念……?」

P「ステージ上でキラキラ輝く美希の姿が見れなくなると思うと淋しくなるよ」

美希「……」

P「俺、美希の歌もダンスも大好きだよ」

P「スポットライトに照らされて、何千、何万人の歓声を浴びる美希の姿を見ていると心が震えたよ」

P「美希が格好よくて、綺麗で、眩しくて……胸が込み上げていつも泣きそうになる」

P「そしてその度に思うんだ。この子のために、もっともっとプロデュースを頑張らないとって」

美希「ハニー……」

P「……あれ、俺、なにいってんだろう。美希のプロデューサーでもないのに」

美希「……」


38:2014/02/01(土) 07:38:25.18 ID:sKUAcALF0

――星井家・美希の部屋――

美希「zzz」


……
…………
………………
……………………


39:2014/02/01(土) 07:40:28.70 ID:sKUAcALF0

美希「……」

神「こんばんは、美希ちゃん」

美希「神さま……」

神「よかったね、美希ちゃん。プロデューサーさんと一緒にいられるようになって」

美希「……」

美希「神さま、お願いします」

美希「全ての願いを取り消して、元に戻してください」


40:2014/02/01(土) 07:43:30.60 ID:sKUAcALF0

神「……それは、どうしてだい」

美希「ミキ、ハニーに言われるまでずっと忘れてた」

美希「ミキがステージに立つのは、
   キラキラ輝くミキの姿をファンのみんなに……ハニーに見てほしいから」

美希「そんなこと、いつの間にか忘れちゃってた」

神「でも、いいのかい
  美希ちゃんの幸せはプロデューサーさんと一緒にいることなんでしょ」

美希「ハニーのそばにはいたいけど、今は我慢するの」

美希「だって、今、ミキがアイドルを辞めちゃったら、
   世界中のミキのファンが悲しみに明け暮れて暴動を起こしかねないもの
   そんなことになったら世界が滅亡しちゃうの!」

神「いや、それはないかな」


41:2014/02/01(土) 07:48:58.83 ID:sKUAcALF0

美希「神さまもミキがアイドル辞めたらヤでしょ?」

神「それは…うん。わしも悲しくなる。むしろ、わしが世界を滅ぼしかねない」

美希「だから神さまのためにも、ミキ、もう少しアイドルを続けることにする」

神「美希ちゃん……」

美希「それに、ハニーの気持ち知っちゃったもん。ミキ、大好きな人の気持ちには応えてあげたい……」

神「うんうん、青春だなあ。いいよいいよ、それでこそ美希ちゃんだ」

美希「神さま、ミキのわがままにいっぱい付き合ってくれてありがとう!」

神「いやいや。わしこそ、美希ちゃんの力になれなくて面目ないよ」

美希「そんなことないよ。ミキ、ハニーと念願の制服デートができて幸せだったの」

美希「これも神さまのおかげなの!」

神「ほっほっほ、嬉しいこと言ってくれるじゃない」

美希「じゃあね、神さま。いろいろお世話になりました!」

神「うんむ。これからも美希ちゃんのこと応援してるよ」

神「次のアリーナツアー、必ず観に行くから。チケット買って」

美希「アハッ!」


42:2014/02/01(土) 07:50:36.93 ID:sKUAcALF0

――レッスンスタジオ――

貴音「美希、今日は練習に身が入ってますね」

響「うん、今日はいい動きだったぞ!」

美希「もー、二人して『今日』を強調しないでほしいの」

美希「ミキは明日も明後日もずーっと頑張るって決めたんだから」

貴音「ふふ、それはよい心がけで」

P「やぁ、みんな、お疲れ」

美希「あっ、ハニー!」

P「聞いてくれ。明日からフェアリーをメインにプロデュースできるようになった」

響「ほんと?」

P「ああ。どういうわけか、自分でもびっくりなくらい仕事がさばけてな
  スケジュールをフェアリー重視に調整できたんだ」

貴音「それはよきことです」

美希(もしかして……)

P「ん、どうした美希」

美希「ううん、なんでもないの。ミキ、ハニーが見てくれたらどこまでも頑張れちゃうの!」

P「ああ。みんな、アリーナツアーを成功させるために力を合わせて頑張ろうな」

美希・貴音・響「はい!」


43:2014/02/01(土) 07:52:01.23 ID:sKUAcALF0

スタッフ「はーい、チケット拝見しまーす」

スタッフ「どれどれ……」

スタッフ(おや、これ、最前列の立ち観席じゃないか。ご老体に何時間も立たせるのは酷だよなあ)

スタッフ「あのー、おじいちゃん。これ立ち観席なんですけど、よろしければ座席をご用意しますよ」

おじいちゃん「いやいや、なんの、心配ご無用」

おじいちゃん「だって、わし、神さまだもん」




おわった


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1391165193/