1:2014/08/26(火) 14:25:19.08 ID:LKR5sEaQ0

※原作崩壊、アニメ一羽のオマージュです


ココア「え、ええっ!?」

リゼ「おっと、動くなよ。変に動いたら痛めつけてから弄ぶ。動かなければ優しく弄んでやる」

ココア「ど、どっちにしても変なことされちゃうんだね……うぅ」

リゼ「よしよし、良い子だ……手を上げたまま後ろを向け」

ココア「はい……」

リゼ「さて、お味はどうかな」ペロッ

ココア「ひゃうっ!」

リゼ「首筋の感度良好、顔も可愛いし、胸も……ほう、これは中々」モミモミ

ココア(チノちゃん、助けてえぇええぇ!!)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1409030709



2:2014/08/26(火) 14:26:50.12 ID:LKR5sEaQ0

コンコン

チノ「制服持って来ました……リゼさん、またですか」

ココア「あっ、チノちゃん大変、強姦魔が!」

リゼ「ん? 違う! 私はただの善良なレズだ」

ココア「じゃあその銃は何?」

リゼ「脅して言うこと聞かせると最高に興奮する」ハァハァ

ココア「説得力無いってレベルじゃないよ!!」

チノ「あの、制服……」


3:2014/08/26(火) 14:28:10.97 ID:LKR5sEaQ0

ココア「わぁ〜、可愛い!」キュルン

チノ「良いです、似合ってます」

リゼ「ああ、最高だな」クンカクンカ

チノ「……ココアさんのスカートに頭をつっこんでいるのが、バイトのレ……リゼさんです」

ココア(今レズさんって言おうとしたよね)

チノ「リゼさん、先輩としてココアさんに色々教えてあげてください」

リゼ「私に調教しろということだな」

チノ「……嬉しそうですね」

リゼ「この顔のどこがそう見える……」ジュルリ

ココア「よ、よろしくね、リゼちゃん……」

リゼ「私に口をきくときは、名前のうしろにお姉様をつけろ!」

ココア「お、落ち着いて、お姉様!!」


4:2014/08/26(火) 14:29:30.11 ID:LKR5sEaQ0

リゼ「じゃあまず倉庫からこのコーヒー豆の入った袋を……倉庫……」

カチャカチャ、カチッ

ココア「あの、なんで倉庫の鍵を閉めたんでしょうか……?」

リゼ「これでもう邪魔は入らないぞ、さぁ、私が女の幸せというものを教えてやろう」指ワキワキ

ココア「や、やっぱりー!! 嫌っ、来ないでーっ!」

リゼ「安心しろ、痛みなんて与えない。むしろ、これまでの人生で味わったことが無いほどの快楽を刻み込んでやる!」

ココア「ふ、普通の女の子にはきついと思うよ? ねえ、リゼちゃん…?」

リゼ「……あぁ、確かに普通の女の子にはきついだろうな」

ココア「ほっ……」


5:2014/08/26(火) 14:30:25.09 ID:LKR5sEaQ0

リゼ「すぐに普通じゃなくしてやるぞ」

むちゅぅっ

ココア「! 〜〜!!?」バタバタ

リゼ「……」ペロペロ、クチュッ

ココア「! !!? !?」バンバン

リゼ「……」グチュ、レロッ

ココア「!! ……!  …………」ビクッビクッ

リゼ「ふぅ…美味かった」

ココア「……あ、うぅ…」

リゼ「へばるなよ。お楽しみは、これからだろ?」

ココア「や、やらぁ……も、らめ…」


6:2014/08/26(火) 14:31:25.91 ID:LKR5sEaQ0

チノ「すいません、ココアさん。うっかり倉庫の仕事を頼むなんて……大丈夫でしたか」

ココア「……もう私、お嫁に行けないよ……」シクシク

チノ「よしよし」ナデナデ

リゼ「安心しろ、世の中仲間は案外いっぱいいるぞ」

ココア「私は違うよ!」

チノ「その様子だと、堕ちきってはいないようですね。良かったです」

リゼ「存外強情でな?」

ココア「うぅ…………汚れた……」

ココア「お姉ちゃん……助けて……」


7:2014/08/26(火) 14:32:38.84 ID:LKR5sEaQ0

カランカラン

ココア「……あ、い、いらっしゃいませーっ!」

女性客「あら、新人さん?」

ココア「はいっ! 今日からここで働かせて頂く、ココアといいます!」

女性客「可愛いわね、あなたも注文したくなっちゃう」

ココア「えっ」

女性客「でもごめんなさい、また今度ね♪」

女性客?「チノちゃん、私よ。『キリマンジャロ』お願いできるかしら?」

チノ「かしこまりました。こちら奥のVIPルームへどうぞ」

ココア「えっ、えっ」


8:2014/08/26(火) 14:34:09.74 ID:LKR5sEaQ0

シャロ「ん……またあんたなの」

女性客もとい千夜「あら、私が一番、シャロちゃんの売り上げに貢献してあげてるでしょ?」

千夜「早くシャロちゃんを身請けしたいわ……他の女なんかに触らせたくないもの」ペロッ

シャロ「そういうのは卒業してからって言ってるでしょ…もう、今日はどれくらいいるの?」

千夜「三時間♪ ゆっくり遊びましょ」

シャロ「しょうがないわね///」


ココア「なにあれ」

チノ「うちの店は、ごくごく限られたVIP会員相手のみですが、こういうこともしています」

リゼ「ちなみに私たちも、そういった会員に指名されたら向こうに行くぞ」

チノ「ホール担当は両方こなしますが、シャロさんは人気があるので基本向こう側で、たまにこちらに顔を見せます」

リゼ「VIP会員は全員女性だし、何の問題も無いな!!」

ココア「えぇ〜……」


9:2014/08/26(火) 14:35:00.88 ID:LKR5sEaQ0

パタパタ ガシャガシャ

ココア「わっ」ドンッ

リゼ「貴様!」

ココア「ひっ、ご、ごめんなさい!」

リゼ「私の後ろに立つとは良い度胸だ。ほら、もう一回倉庫に行くぞ」シュルッ

ココア「リボン外さないでー!! ごめんなさい、ごめんなさい、助けてチノちゃん、いやああぁぁあ……」ズルズル

チノ「……? 今ココアさんの悲鳴が聞こえたような……気のせいですよね」



10:2014/08/26(火) 14:36:11.09 ID:LKR5sEaQ0

千夜「じゃあ、また来るわね」ツヤツヤ

ココア「あ、ありがとうございましたー……」

ココア「ねえ、チノちゃん。このお店ラビットハウスでしょ? うさみみつけないの?」

チノ「オプション追加は二千円の裏メニューになってます」

ココア「そ、そっかー……」

ココア(リゼちゃんうさみみ似合いそうだけど……言ったら多分ヤられる!!)

リゼ「なんだ、そんなもんつけてしたいのか? まったくしょうがないやつだな」ジュルリ

ココア「えっ!? う、うさみみの話だよ…?」

リゼ「チノ、ちょっとココアと外行って来る。店番頼むぞ」

チノ「早く帰ってきてくださいよ」

ココア「え、ちょっと待って。やめて、ねえ、どこに行くの、いやああぁぁあぁぁ助けてえぇぇええぇ!!」ズルズル


ココア『露出度高すぎだよおぉ』

リゼ『ほら、あんまり声出すと人に見られるぞ〜』

チノ「…………」


11:2014/08/26(火) 14:37:18.94 ID:LKR5sEaQ0

カチャカチャ

ココア「…………」

ココア(リゼちゃんがコーヒーに何かしてるけど、もう何か言うのはやめよう)

リゼ「…………」

リゼ「私が今やってるのはラテアートだ」

ココア「ビクッ う、うん」

リゼ「この店ではサービスでやってるんだ。私が手取り足取り教えてやろう」ワキワキ

ココア「え、遠慮しておこうかな……」

リゼ「そんなこと言わずに。そろそろ期待していただろ?」

ココア「そ、そんなわけ……やめて、離して! うわ力強っ……助けて、チノちゃん! チノちゃああぁぁん!!」ズルズル

チノ「私にはありませんが、ココアさんなら才能があります。大丈夫ですよ」

ココア「絶対……絶対仲間になんてならないぃ……」ズルズル


リゼ『ほら、ヤりかたもちゃんと体で覚えろよ……』

ココア『ひゃあぁあんっ! に、人間業じゃ……ああぁんっ!』

チノ「……そろそろでしょうか」


12:2014/08/26(火) 14:38:09.04 ID:LKR5sEaQ0

ココア「お…お疲れ……様」グッタリ

リゼ「お疲れー」ツヤツヤ

リゼ「ココアは今日からこの家で寝泊り(意味深)するんだよな?」

ココア「うん、そうだけど意味深はいらなかったな」

ココア「ねえチノちゃん、晩御飯の料理、一緒に作ろうね」

チノ「一人でできますよ」

ココア「えー私も手伝うよー」

チノ「大丈夫です」

リゼ(……楽しそう……私にはあんな顔最後まで見せなかったな)

リゼ(何故だ)


14:2014/08/26(火) 14:39:22.41 ID:LKR5sEaQ0

チノ「夕飯はシチューでいいですか」

ココア「野菜切るの任せてー」

チノ「いえ、一人で大丈夫です。ココアさんはこのコーヒーでも飲んで待っててください」

ココア「えぇー……」ゴクゴク

コンコン、ガチャ

六尺一丁のムキムキ男「……」

ココア「何者…………いやほんとに何者」

チノ「こちら父です」

タカヒロ「君がココアくんだね。この家も賑やかになるな…」

タカヒロ「今日からよろしく」

ココア「あ、お、お世話になります」

タカヒロ「こちらこそ」

タカヒロ「チノをよろしく(意味深) じゃっ」



バタン

ココア「」

ココア「あれ、お父さんは一緒に食べないの?」

チノ「ラビットハウスは夜になるとゲイバーになるんです。父はそのマスターです」

ココア「へ、へぇ……そうなんだ。なんか色々濃すぎて、眩暈がしてきたよ」フラッ

チノ「……」


15:2014/08/26(火) 14:40:43.04 ID:LKR5sEaQ0

グツグツ

ココア「そろそろかな」

チノ「ええ、もうすぐです」

ココア「えっへへ、なんかこうしてると姉妹みたいだね」

チノ「姉妹、ですか……」

チノ「ココアお姉ちゃん、ですね」

ココア「…………うっ、グスッ」

チノ「こ、ココアさん?」

ココア「こういう、こういう普通の女の子同士の友情で良いんだよ。普通ので……」

ココア「どうして私、こんな目にあっちゃったんだろう……怖いよ…」シクシク

チノ「ココアさん……」

ココア「ねえ、チノちゃんは私の味方だよね……? リゼちゃんみたいな人じゃないんだよね…?」グスッ

チノ「大丈夫ですよココアさん。私はココアさんの味方です」


チノ「すぐにリゼさんも味方になります。怖いことなんてありません」


16:2014/08/26(火) 14:41:47.27 ID:LKR5sEaQ0

ココア「……チノちゃん? それどういう……あれ」クラッ

ココア「なんか、体が熱く……」ハァハァ

チノ「さっきココアさんが飲んだコーヒーに、少々混ぜ物をしておきました」

チノ「感覚が鋭くなる、素敵なお薬です」ペロッ

ココア「ひゃあんっ!! やだ…な、なんで」

チノ「本当はココアさんがもっと簡単にこっち側に来てくれれば良かったんですが、そうならない以上、こうするしかありませんでした」

ココア「そんな……信じて、たのに……」ガタガタ

チノ「以前のリゼさんの恐怖に歪んだ顔もそれはそれは可愛かったですが、怯えたココアお姉ちゃんはもっと可愛いです」ペロリ

リゼ「ちなみに私もいるぞ!!」バァン!

ココア「い、いや……」

チノ「さぁ、お姉ちゃん。扉開いて未知なる世界へと行きましょう」ニジリニジリ

リゼ「チノの本気はすごいぞ。ミルク色の異次元に行ったきり帰って来れなくなる……。さぁ、ココアも…」ニジリニジリ

ココア「い……いやあああぁぁあぁぁあぁ!!」


17:2014/08/26(火) 14:43:14.82 ID:LKR5sEaQ0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『お姉ちゃんへ お元気ですか』

『引っ越してきてから、しなきゃいけないことがいっぱいあって手紙を出すのが遅れました』

『この街ではいつも友達に囲まれて、にぎやかで楽しいです』

『毎日の生活の中に新しい発見がたくさんあります』

『私の知らない世界がまだまだこんなにたくさんあったんだなって、ただただびっくりしちゃいました』

『料理なんかも少しずつできるようになってます』

『昔はお姉ちゃんやお母さんに頼ってばかりだったけれど、いい加減しっかりしなきゃって思います』

『お仕事も大分慣れてきて、たいへんだけどやりがいがあります』

『でも家のことを思い出すと、すこしまだ寂しいかな』

『辛いことも多いよ、けれど私は頑張って生きていくよ』

『なんて大げさかな、手紙の返事待ってます』

『そのうちお姉ちゃんも遊びに来てください 待ってます』


18:2014/08/26(火) 14:44:15.44 ID:LKR5sEaQ0

チノ「ココアさん? 何してるんですか」

ココア「お姉ちゃんに手紙書いてるんだ」

チノ「見せてください」

ココア「いいよ」

チノ「…………」

チノ「問題無さそうですね」

ココア「何を心配してるの? 私はもう、身も心もチノちゃんのものなんだよ…?」

チノ「お姉ちゃん……ええ、何も心配なんてしてません。大好きですよ、ココアお姉ちゃん」

ココア「私も……チノちゃんのこと、大好きだよ……」



おしまい


24:2014/08/26(火) 15:12:42.48 ID:Datw5lxPo

どこをたて読み?


26:2014/08/26(火) 15:21:20.65 ID:LKR5sEaQ0

縦読みだと自然な感じにならなかったので、読点の後読みです。


30:2014/08/26(火) 17:01:44.76 ID:GGXhniXJo

こ、こころぴょんぴょんしない・・・・


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1409030709/