1:2015/07/30(木) 15:49:51.23 ID:LJVdJu4lo

結衣「ヒッキーいきなりどうしたの?」

いろは「また深刻ぶる病ですか?そんなことしてもデートはしますよ」

雪乃「そうね潮時のようね」

八幡「だろ?」

雪乃「ええ、もうこれ以上は無理だと思うわ」

結衣「ゆきのんまで変なこと言い出したし」

いろは「いつも二人して訳分からないこといいだすから、珍しくありませんけどね」

結衣「でも・・・今回はマジっぽいよ?」

いろは「そうですかね・・・いつも通りだと思いますが」

八幡「雪ノ下・・・こいつらにもいっていいか?」

雪乃「不本意だけど、こうなってしまった責任の一端はかの彼女らにもあるのだし、しょうがないわね」

八幡「・・・おまえら、これからのことを教える、心して聞いてほしい」

雪乃「絶望のあまり自殺なんて考えてはだめよ、そんなことしても意味ないもの」

結衣・いろは「「・・・・・・いよいよ、二人があちら側に・・・」」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438238991



2:2015/07/30(木) 15:53:39.78 ID:LJVdJu4lo

八幡「世界が滅びる、以上」

雪乃「災いもたらし者、彼の地より訪れる」

結衣「えっと・・・」

いろは「どう反応したらいいんでしょ」

結衣「中二呼ぶ?」

いろは「これ以上、めちゃくちゃにしてどうするんですか」

結衣「うん」

八幡「どうだ驚いたか?俺は世界が滅びることを知って、眠れなかった」

結衣「・・・授業中寝てたし」

雪乃「私はあまりの恐ろしさに、普段行くことがない葉山くんの家に行ってしまったわ」

いろは「あとで場所教えてくださいね」




3:2015/07/30(木) 15:59:32.84 ID:LJVdJu4lo

雪乃「と、いうわけだから、奉仕部は本日、今を持って解散とします」

八幡「しょうがないな、世界の終わりが分かっている以上、学校にいる必要なんてないしな」

雪乃「ええ。これからは大事な人と最後の刻を過ごすようにしましょう」

八幡「そうだな、大事な人とこそ一緒に過ごすべきだ」

結衣「えっと〜ヒッキー、わたしが一緒にすごしてあげるね」

いろは「結衣先輩、抜け駆けはズルいですよ、わたしが先輩と過ごすんですから」

結衣「なんかいろはちゃんがヒッキーの所有者みたいになってるし」

いろは「まだ所有者にはなってませんが、将来的にはなるつもりですし」

結衣「なるわけないし」

いろは「なります」

雪乃「あなたたち、いい加減になさい」

雪乃「これから世界に終わりが迎えようとしてるのに、この男の取り合いだなんて」

結衣「ゆきのんは隼人くんのところに行かなくていいの?」

いろは「そうですよ、葉山先輩待ってるかもですよ」




5:2015/07/31(金) 09:47:43.33 ID:ZIqQbegMo

いろは「ところで世界の破滅ってなんなんですかね?」

雪乃「言葉通りの意味よ」

結衣「えっと・・・世界がなくなっちゃうってこと?」

雪乃「そういうことになるわね」

八幡「残念ながら世界が終わる、これは変えられようのない未来」

いろは「えっと・・・マジですか?」

八幡「マジだ」

いろは「・・・まさか、先輩が求めていた本物とか?」

雪乃「・・・・・・」

八幡「・・・・・・」

結衣「ヒッキー・・・」

いろは「先輩、マジっすかー」

雪乃「この男はね・・・自分を受け入れてくれる女性を異世界から召喚してしまったのよ」

結衣「わたしならいつでも受け入れてあげられたし、なんで相談しないの」

いろは「結衣先輩、そんな話を信じてはだめですよ、きっとわたしたちをからかってるんです」

八幡「・・・雪ノ下がいったことは本当なんだ・・・ついでに雪ノ下も理想の葉山を召喚している」



6:2015/07/31(金) 09:56:44.10 ID:ZIqQbegMo

雪乃「こっほん」

結衣・いろは「・・・・・・・・・・・・」

八幡「世界の破滅は避けられない」

雪乃「目をそらさずに受け入れましょう、この真実を!」

結衣「それって・・・」

いろは「二人の責任ですよね?」

雪乃「違うわ、おおむね、この腐った目をしてる男のせいね」

八幡「この口の悪い性悪女が試しに召喚してみましょうっていったから、こいつが悪い」

雪乃「女の子のせいにするなんて最低ね」

いろは「二人とも・・・責任のなすりつけ合いは止めてください」

結衣「そうだよ、ちゃんと反省するし」

八幡・雪乃「ごめんんさい」

いろは「まずは先輩が召喚した理想の女性と・・・」

結衣「ゆきのんが召喚した理想の隼人くんを・・・」

いろは「どうにかする方法を考えないとですね」

いろは「もっとも、この目で見るまでは信用出来ませんけど」

結衣「わたしも見てみたいし」



7:2015/07/31(金) 10:04:12.71 ID:ZIqQbegMo

八幡「・・・ここに呼び出すだと」

雪乃「とんだ命知らずな二人ね」

八幡「この俺たちでさえ恐怖で震え上がった」

雪乃「そうね、あの時は絶対に死ぬと思ったわ」

八幡「・・・こうして無事生きてるのは奇跡といってもいい」

雪乃「日頃の行いがよかった私がいたからかしらね」

八幡「それをいうなら、俺が日頃から人知れずに力を貯めていたかといえよう」

雪乃「・・・ただのクラスの爪弾きなだけなのでは?」

結衣「・・・二人の世界に入ってるし」

いろは「今回も二人が話を合わせてるだけですよ」

結衣「・・・だよね」




8:2015/07/31(金) 10:15:44.71 ID:ZIqQbegMo

八幡「おまえたち二人をあえて危険に晒す必要性を感じないので、会わせることは出来ない」

雪乃「あなたには珍しく正しい結論ね」

八幡「そりゃどうも」

雪乃「あとで、あなたが大好きなあの甘ったるい缶コーヒーをごちそうするわ」

八幡「そうだ、小町からもらったパンさんぬいぐるみ雪ノ下にやる」

雪乃「あなたからプレゼントだなんて、珍しいこともあるのね、雪でも降らなければいいけど」

八幡「森さんの週間天気予報によれば、この先、一週間は晴天だそうだ」

雪乃「そう・・・残念ね、死ぬ前に雪を見てみたかったわ」

八幡「鏡見れば、いつでもきれいな雪が見られるだろ」

雪乃「・・・きれい・・・・・・・」

いろは「なんなんですかね、凍え死ぬほど寒い会話は・・・」



9:2015/08/01(土) 14:11:04.56 ID:dOKCHM0Po

結衣「えっと、で、二人が呼び出したの誰だし」

いろは「そうそう、どんな人を呼び出したのか興味あります」

八幡「・・・会わせるといったな、だがいつ会わせるとは・・・」

いろは「先輩のそういうつまらないボケいらないです」

雪乃「だそうよ、比企谷くん、ざまーないわね」

結衣「ゆきのんのそういうヒッキーを小馬鹿にして逃げるのもいらないし」

いろは「で、どこに行けば会わせてもらえるんですかね、その彼の地から来たなんたらさんに」

八幡「俺は校門の前でいつもばったり偶然会うことになってる」

結衣「ゆきのんは?」

雪乃「・・・ここで待ってれば、やってくるはずよ」

結衣「そういえば、ここ最近ずっと、わたしと帰らず一人で残っていたし」

いろは「一緒に帰る約束した先輩もいつの間にかいなくなってました」

結衣「・・・いろはちゃん、ヒッキーと帰ってたんだ」

いろは「はい。先輩がどうしてもというもんで」

八幡「お、おい!嘘は止めてくれ一色包囲網がすごくて逃げられなかっただけなんだ」

結衣「ヒッキーサイテー」


10:2015/08/01(土) 14:16:20.97 ID:dOKCHM0Po

八幡「まずは雪ノ下が彼の地より呼び出した者を待つとするか」

いろは「そうですね」

結衣「うん、楽しみ」

雪乃「あなたたち、これから世界を破滅に導く一人が部室に来るのよ」

雪乃「ちょっと、いいえ、かなり緊張感がなさすぎるわ」

結衣「今のゆきのんに言われてもね・・・」

いろは「雪ノ下先輩のデレ顔初めてみました」

八幡「おまえ・・・そんな顔するんだな、そのなんだ、いいと思うぞ」

雪乃「・・・あ、ありがとう」

いろは「すぐに二人だけの世界を作るの止めてもらえませんかね」

結衣「ねーねーヒッキー」

八幡「なんだよ」

結衣「ゆきのんが呼び出した人、誰なのかな、楽しみだね」

いろは「わたしも楽しみですね」

結衣「ゆきのんが呼び出したってことは、ゆきのんが好きな人なんだよね」

いろは「きっとそうですよ、先輩じゃなくて残念でしたね」



11:2015/08/01(土) 14:22:10.60 ID:dOKCHM0Po

八幡「それだったら、俺が呼び出したのも、俺が好きな人になるわけだが」

結衣「それはないし、ヒッキーが好きなのは・・・」

八幡「由比ヶ浜、そこで露骨にテレないでくれ、俺まで恥ずかしくなる」

結衣「だって、ヒッキーが他の女の子のこと好きになったら嫌かも」

八幡「そんな心配はねえよ、俺のことを好きになってくれる女なんていねえよ」

結衣「そんなこと・・・」

いろは「先輩!安心してください」

八幡「なにを」

いろは「先輩が誰に相手にされなくなっても、このわたしが責任を持って一生相手にしてあげますから」

八幡「お、おう、サンキューな」

結衣「だめだよ、ヒッキーの相手はわたしがするんだし」

八幡「お、おう、ありがとうな、それとな・・・」

結衣「どうしたの?顔赤いよ」

八幡「おまえ、腕に抱き付かないでくれ、胸が当たってる」

結衣「・・・ヒッキーだからいいよ」

いろは「わたしも当てます!えい!」



12:2015/08/01(土) 14:36:48.90 ID:dOKCHM0Po

八幡「世界崩壊のはずが、なぜヘブンズ状態になっているのだ」

結衣「ヒッキーがいったんだし」

いろは「そうですよ、大切な人と過ごせって」

結衣「わたしの大切な人・・・いわなくても分かるよね?」

いろは「わたしは先輩が大切なので、離しませんよ」

雪乃「お楽しみの最中悪いのだけれども、そろそろあなたたち帰ってもらえないかしらね」

結衣「ゆきのんの大切な人見るまで帰らないし」

いろは「・・・わたしはどうでもいいですけど、一応参考までに見ておきます、ねー先輩?」

八幡「お、おう」

いろは「なーに興奮してるんですか?先輩は変態さんですね」

八幡「さっきからおまえキャラ崩壊してるぞ」

いろは「はっ!これも世界崩壊の一つなんですかね」

八幡「知らねえよ」


13:2015/08/01(土) 14:40:39.02 ID:dOKCHM0Po

雪乃「来る!やつが来る!ドアの向こう側まで来てるわ!」

結衣「ゆきのん!」

いろは「先輩、怖いです!」

八幡「ここは逃げたほうがいいぞ」

結衣「いやだし」

いろは「いやです」

八幡「・・・なら、残念だ、俺は逃げさてもらうぞ」

いろは「だーから、離さないって言ったじゃないですか」

八幡「おまえ、意外と力あるのな、振り解けない」

いろは「こう見えてもサッカー部マネージャですからね」

八幡「関係ないだろ、それにサッカーは足だ」

雪乃「私としては逃げることを進めるわ」

結衣「ヒッキーがわたしのこと守ってくれるし、約束したし」

いろは「いつそんな約束したんですかね」

八幡「来たぞ!」


14:2015/08/01(土) 14:51:05.55 ID:dOKCHM0Po

ネオ葉山「やーやーゆきのちゃん待たせちゃったかな?」

雪乃「ふっ!白々しいマネを、ずっと部室の外で出番を待っていたの知ってるのよ」

ネオ葉山「ごめんよ、ゆきのちゃん」

雪乃「そうやってすぐに謝れば許してあげるとでも思っているのかしらねそしたらかなりしゃくだわ」

ネオ葉山「ゆきのちゃんの声は怒っていても聞いていて心地いいよ、休まるね」

雪乃「・・・そうありがとうなんとなくだけど私自身もこの声はこの声でいいんじゃないかと思えてきたわ」

ネオ葉山「いいんだよ、今のままでいいんだよ」

雪乃「言い分けないじゃないわたしの能力を持ってくればすぐにだって別人になれるのよ」

ネオ葉山「おーノゥ、そんな悲しいことを言わないでおくれよゆきのちゃん、僕は悲しいよ」

雪乃「貴方を悲しませてしまうなんて本意じゃないわでもあなたも悪いのよ」

ネオ葉山「僕はココにいるからね、どんな君だって僕は受け入れる覚悟はあるよ」

雪乃「くっ!甘言に騙されてなるものかわたしはそんな安っぽい女じゃないのよばかにしないでもらえるかしら」

ネオ葉山「そう言わないでおくれよ、そうだ、帰りにパンさんショップにいって新製品見ていこう」

雪乃「そうやって幾多の女どもを手玉に取ってきたのね私はそう簡単にはいかないわよ」

ネオ葉山「困ったね、お、そこにいるのは比企谷君じゃないか、元気にやってるみたいだね」

雪乃「ちょっと葉山君そっちの男を見てるなんて海老名さんの妄想通りなのかしらね」

ネオ葉山「僕はいつだってゆきのちゃん一筋だよ」


15:2015/08/01(土) 14:57:11.52 ID:dOKCHM0Po

いろは「雪ノ下先輩のあれってデレてるんですよね?」

八幡「だろうな、一切息継ぎしないで喋り通してるしな」

結衣「それにあの隼人くん、いつもの隼人くんと違うし」

いろは「いつも見せている、僕だって陰の部分ありますよアピールが一切ないですね」

結衣「だたのチャラい隼人君になってるし」

いろは「あんな葉山先輩いやです、幻滅しました、もう無理ですさようなら」

八幡「おまえら、容赦ねえな」

結衣「あの隼人くんが世界を壊すの?」

いろは「そう見えないですね」

八幡「ああやって、相手が望む形で相手を取り込んでいくんだ、次々と・・・」

いろは「それって・・・」

八幡「願った相手のうり二つの姿になり、性格だけは願った人間の思い通りになってるはずだ」

結衣「つまり、ゆきのんはちゃらい隼人くんのことを望んでいたってこと?」

いろは「そういうことになりますね、案外普通の女の子だったんですね」

八幡「口と裏腹に心では軽い男を求めていたんだな」


16:2015/08/01(土) 15:17:27.06 ID:dOKCHM0Po

ネオ葉山「さ、おいで僕のゆきのちゃん、僕と一緒に人生について語り合おうじゃないか」

雪乃「いいわ、その自信を私色に染めてあげてもよくてよついでにあなたいろに染めてもそれはそれでいいのよ」

ネオ葉山「今日にでも君のご両親にご挨拶にいかないとね」

雪乃「姉さんはビックリするでしょうけど父さんはあなたがうちに婿へきてもらえるならよろこんでくれるはずよ」

結衣「急転直下の展開だね」

いろは「まさか異世界から来た彼の者と雪ノ下先輩のプロポーズ場面が見られるなんて」

八幡「これで雪ノ下家は終わったな、世界を破滅へ導きものに乗っ取られてしまった」

結衣「ま、二人が幸せならいいんじゃないかな」

いろは「ですよね」

八幡「おまえら雪ノ下の友達じゃなかたんじゃないのか」

結衣「友達なんかじゃないよ、手の掛かる妹だと思ってたし」

いろは「わたしは面倒くさい姉って認識でしたよ」

八幡「それって酷すぎるだろ・・・女怖い」


30:2015/08/03(月) 11:14:50.36 ID:deeFxQmLo

ネオ葉山「それじゃ時間だし、そろそろ帰ろうか雪乃ちゃん」

雪乃「ええ、あなたと帰るのは不本意なのだけどあなたが一緒に帰りたいなら帰ってあげてもいいわよ」

ネオ葉山「もちろん君と帰りたいさ」

雪乃「ならしょうがないわね本来なら人間は一人で生きていくべきところなのだけれど寄り添って帰るのも悪くないわね」

ネオ葉山「はははは、僕に寄り添ってもいいんだよ」

雪乃「・・・しかし、あなたは世界に破壊をもたらす者・・・」

ネオ葉山「だったら、こうしよう・・・僕の彼女になったら世界の半分を君にあげよう」

雪乃「!!!!!!すごく魅力的な提案だわ」

ネオ葉山「だろ、僕の人生の半分をあげるから、君の人生の半分をくれってのもあったんだけど」

雪乃「それはちょっとどうかと思うわね」

ネオ葉山「どうする?」

雪乃「いいわ、世界が破壊されるよりましだわ、妥協するわ」

ネオ葉山「君ならそうすると思っていたよ」

雪乃「隼人くん」

ネオ葉山「雪乃ちゃん」

いろは「なんだか、あちらは片が付いたようですが」

結衣「ゆきのんなんだかんだいいながら、隼人くんのこと気にしてたし」

八幡「あれはあれでいいんじゃねえの」

いろは「いいんですかねー世界の半分とかいってますけどね」



31:2015/08/03(月) 12:04:13.07 ID:deeFxQmLo

八幡「いいんじゃねえの、どうせ世界の破滅は避けられない事実なんだしな」

いろは「もらったはいいけど、なくなっちゃうってことですよね」

八幡「そういうことだ、ただで葉山の彼女になったんだ」

いろは「案外ちょろいんですね」

八幡「チョロくないヒロインなどいない」

いろは「ドヤ顔で言わないでくださいよ」

雪乃「そうだわ、由比ヶ浜さん悪いのだけれども部室のカギを職員室に返しといてもらえないかしら」

結衣「うん、いいけど・・・ヒッキーの呼び出した人見て行かないの?」

雪乃「興味あったけど、今となってはどうでもいいことになったわ、それじゃわたしは帰らせてもらうわね」

結衣「うん・・・」

雪乃「隼人くーん、待って〜先に行くなんてひどいんだからね」

八幡「誰だあれ・・・」

いろは「デレるととことん崩れていくタイプですね」

結衣「ヒッキー、ゆきのん帰っちゃったけどいいの?」

八幡「いいんじゃねえの、ああ、言ってたし」

いろは「見事に振られましたよね」

八幡「振られるもなにも、始まる前に終わってたみたいなもんだ」



33:2015/09/15(火) 11:43:51.23 ID:ZtW2qePKo

◇校門

留美「あ、八幡…おそいぞ」

八幡「…」

結衣「あの子って、あんな子だったけ?」

八幡「俺の知っている留美とは違う、断じて違うぞ」

結衣「うわ…留美っていってるし」

いろは「小学生とどんな関係を築いてるんですか・・・先輩」

八幡「名前で呼ばないと、あいつ怒るんだよ」

結衣「・・・最低だし」

いろは「年下好きだとは思っていましたが、まさか小学生まで守備範囲だとはおもいませんでしたよ」

八幡「言い返せない自分が憎い」

留美「ぶーわたし意外の女と話さないでって約束したのに、ぶー!もう八幡なんて知らない!」

八幡「ぐっは!るみるみに嫌われてしまった、これから先どうすればいいのだ…ガクリ」

結衣「ヒッキー…ロリコンだったの?」

いろは「年下の異性に優しい時点で怪しいとは思っていましたが、真性だったんですね…このロリコン野郎!」

八幡「ぐはぁつ!彼女候補1と2に斬り付けられた、10000HPのダメージ、八幡は死んでしまった」

留美「八幡!しっかりして!あんな年増よりぴちぴちJSの彼女のほうがいいでしょ?絶対にいいと思うよ!すぐに八幡に追いつくよ」

結衣「追いつくって何がだし!」

留美「お姉さん…男は年を取るほど若い女と付き合っても世間は気にしないの、それどころか憧れの的になるの」

いろは「そ、それは・・・年の差婚」

留美「そう!わたしが18になった時、八幡と結婚すれば、八幡は周囲から羨望の眼差しで見られるの!そしてわたしたち二人は永遠の愛を誓うのです!」



34:2015/09/15(火) 12:03:00.03 ID:ZtW2qePKo

結衣「てい!おでこチョップ!」

留美「ずばばばばん!」

いろは「効果音を自分で言ってるし」

結衣「ダメだよ、小学生は小学生と仲良くして、えっと付き合うとかまだ早いし」

いろは「そうそう、先輩は口で年下好きみたいなこといってるけど、本当だから注意しないとね」

八幡「おい!」

結衣「ヒッキーこっち向いて」

八幡「なんだ・・・・!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

結衣「ちゅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」

いろは「がっ!先輩と由比ヶ浜先輩がキスした」

留美「!!!!!!!!!!!!」

結衣「ヒッキーとあたしは付き合ってるの、だから留美ちゃんは諦めてね」

留美「・・・・・・・・ぐぐぐぐぐぐぐ、ゆ、許せんぞ・・・・この屈辱、どうしてくれよう」

八幡「ちっ!やくいっぜ!このままだと俺たちは全滅だ出でよマックスコーシィー」

いろは「先輩、本当に高校生ですか?」


36:2015/10/18(日) 13:04:34.40 ID:Z70L093Ko

留美「んー、んー!」

八幡「どうした留美?」

留美「そのおばちゃんに穢された八幡の口をわたしが浄化するの」

八幡「は?」

留美「早くキスするんだ!手遅れになっても知らんぞ!」

いろは「・・・ベジータ」

留美「八幡!早くしろぉぉぉぉぉ!」

八幡「しょうがねえな・・・」

結衣「ヒッキーダメだよ、小学生となんてしたら犯罪だよ・・・」

留美「八幡が犯罪者になっても、わたしだけは信じてるよ、八幡」

結衣「わお、犯罪そそのかしてる張本人が何かいってるし」

いろは「・・・先輩」

八幡「ん?」

ぶちゅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

八幡「な!!!」

いろは「てへへ、キスしちゃいましたね、責任取ってくださいね」



37:2015/10/18(日) 13:09:24.80 ID:Z70L093Ko

結衣「だったら、だったらわたしにも責任取って」

留美「こないだのことママに言いつけないから、責任を・・・」

川崎「あ、愛してるんだろわたしのこと、だから、責任を」

結衣「沙希!いつの間に」

川崎「ずっといたよ、あんたらが気づかなかっただけ」

いろは「そ、そうなんですか」

八幡「・・・ずっと俺の背後に隠れていたみたいだ、上着の裾がよれよれになっている」

めぐりん「比企谷くんモテモテだね〜わたしにも高校の想いでちょうだい」

八幡「めぐりん先輩!」

ぶちゅうううううううううううううううううううううううううううううううううううううう

八幡「俺はめぐりん先輩のことが、ことが好きでした!愛してます!」

めぐりん「うん、わたしもだよ、嬉しいよ」

結衣「ところで世界の終わりは?」

八幡「そうだった、忘れていた!留美!おまえをここで倒す!」

いろは「いきなりすぎでしょ」

川崎「かっこいい」


40:2015/10/23(金) 18:42:42.12 ID:/AZVw2Gfo

留美「八幡、わたしのこと倒すの? わたしのこと嫌いになったの?」

八幡「そんなわけあるかー! 俺が留美のこと嫌いになることなんてありえないぜ!」

留美「八幡」

八幡「留美」

結衣「ちょっと自分たちの世界に入らないでだしー」

いろは「そうですよ、先輩はわたしのことだけを愛するんですから」

結衣「違うし、わたしのことを愛すんだし」

いろは「由比ヶ浜先輩って、いいお母さんになりそうになりそうですよね]

結衣「ど、どうしたの急に、いいお母さんだなんて、照れるし」

いろは「子供から友達みたいって評価されそうですよね」

結衣「そ、そうかな?」

いろは「でも、それってだめだと思うんです」

結衣「へ?」

いろは「子供、ましてや自分の子供から舐められたらおしまいだと思いませんか?」

結衣「む〜そうかな?わたしは仲がいい親子関係っていいなって思おうし、ね?ヒッキー」

八幡「そうか?親はしっかり子供の模範になるべきだと思うぞ」

留美「いいパパになってね」

八幡「お、おう」

川崎「愛してる、愛してる、あの時、愛してるっていってくれたし、忘れないよ」

八幡「・・・お、おう」


41:2015/11/06(金) 13:12:49.81 ID:kwZwChmgo

結衣「ねーなんかあたしお腹減ったし」

いろは「そうですね、お昼から何も食べてませんもんね」

留美「給食なんて食べずに捨てたわ、わたしの大胆さに惚れ直すがいい、八幡よ」

いろは「この子に関してはいろいろといいたいことがありますが・・・」

八幡「そうだな、ちょっと俺の知ってる庶民的な超庶民的なイタリアンにでもいくか?」

結衣「ヒッキーこないだ一緒にいったばかりじゃん」

いろは「先輩と昨日もご一緒しましたよ、週何回連れて行く気なんですか」

留美「八幡とならどこでも行く所存」

結衣「あたしだってそうだよ、ヒッキーとなら牛丼屋だって平気だもん」

いろは「それわたしは嫌ですね、先輩にはちゃんと考えてほしいです」

八幡「うるせえな、そんなに嫌なら俺一人で行くだけだ」

川崎「オイ」

八幡「はい?」

川崎「わたしのこと無視するな」

八幡「・・・すみません」

川崎「わかればいいよ」

八幡「ずみまぜん」

川崎「お腹減ったんだろ、わたしの弁当やるよ、残り物だけど食べてくれ」

八幡「おい、マジでいってんのかよ」

川崎「あんたはわたしの手料理だけ食べてればいいんだよ、ファミレスなんかで無駄金使わない」

八幡「無駄じゃない」

川崎「無駄よ、わたしとあんたの未来のために二人でお金貯めるんだから」

八幡「なぜ?」



43:2015/11/07(土) 12:18:04.32 ID:1phxSeZro

めぐり「川崎さん・・・メッだよ」

川崎「あ、あんたは元生徒会長、そして総武高を裏で操っていた暗黒六天魔王」

めぐり「ふふふ、それ以上口にしたら二度とお外歩けなくしちゃうよ」

川崎「こいつは本気だ・・・」

いろは「城廻先輩、どうしたんですか怖い顔しちゃって」

めぐり「ほらうちの人がお外でおいたしようとしてるからね」

いろは「うちの人?」

めぐり「うん、はっちー帰るよ」

八幡「めぐめぐと帰るからな、じゃーなおまえら」




44:2015/11/07(土) 23:12:59.99 ID:In38gUSjo




SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1438238991/