3:2013/04/08(月) 18:35:32.75 ID:vITzS1YN0

恒一「えっ?何で?」

鳴「だって、私はともかく恒一君を勝手に『いない者』にしたのよ?幸い、まだいない者は続いてるしね。
 当然報いは受けてもらうわ…!」

恒一「僕は気にしてないんだけどなぁ…。
  …それに、見崎とずっと一緒に居られるから逆に感謝っていうか…//]

鳴「……///。 で、でもやっぱり許せないわ…。恒一君、手伝ってね?」

恒一「えー!?なんで僕が…」

鳴「やらないんなら、私の家であんなことしてたこと、叫んじゃおっかなー」

恒一「やりますやらせて下さい」


4:2013/04/08(月) 18:39:30.24 ID:vITzS1YN0


赤沢「……(聞こえてんのよ…)」

勅使河原「(あいつら楽しそうだなぁ…)」

望月「(三神先生三神先生三神先生三神先生三神先生三神先生三神先生
    三神先生三神先生三神先生三神先生三神先生三神先生三神先生)」




鳴「まずは>>7をやりましょうか」


7:2013/04/08(月) 19:07:46.56 ID:KN8+rh30o

赤沢を山の中に拉致監禁


9:2013/04/08(月) 19:14:41.96 ID:vITzS1YN0

恒一「」

鳴「さ、やりましょうか」ガシッ

赤沢「(え?え?)」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜^
 山奥

恒一「ふう…、人間一人担いで登るのも結構大変だなぁ」

鳴「お疲れ様」

赤沢(手足、口縛られ)「ん〜〜〜〜っ!ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!」



鳴「さて、早速赤沢さんに、>>12で>>15しましょう」


12:2013/04/08(月) 19:16:13.33 ID:ZhAnkmG+o

丸太


15:2013/04/08(月) 19:17:42.35 ID:l6ViTs+m0

縛りつける


16:2013/04/08(月) 19:29:44.39 ID:vITzS1YN0

恒一「えっと…丸太に縛りつければいいのかな?」

鳴「そうね」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

赤沢「んっ////」

鳴「なんで亀甲縛りなの……」ジロッ

恒一「い、いや…縛り方これしか知らないんだ…ほ、本当だよ?」



鳴「まあいいわ…続いて>>19しましょう」


19:2013/04/08(月) 19:31:49.17 ID:k69iqXQAO

山に火を放つ


21:2013/04/08(月) 19:40:48.30 ID:vITzS1YN0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

赤沢「ん…(結局あのあと何もしないから眠ってしまったわ…。もう真っ暗じゃない!
   相手がいない者だとはいえやられ過ぎね…。対策しなくちゃ)」

赤沢「下の方が明るい…?(……!!誰か助けにきてくれた?!!)」

赤沢「誰かーーーーー!!!!助けて―――――――――――――!!!!」


ボウっ


赤沢「火っ火火火ひひひひひひひひいいいいいいいいいい!!!!!!!!」







鳴「ふう…」


22:2013/04/08(月) 19:46:33.00 ID:vITzS1YN0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
翌日の教室

鳴「あの赤クワガタ…まさか助かるとは…」チッ

恒一「ホント。まさかあのタイミングで中尾が来るとは…」




勅使河原「中尾ってどうしたんだ?今日休みか?」

望月「聞いてないの?勅使河原君。
   赤沢さんを業火の中から助け出したらしいよ。    でも…」


23:2013/04/08(月) 19:52:48.74 ID:vITzS1YN0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
山奥

中尾「あっかざっわさーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!」ォ‐ィ

赤沢「中尾?!助けに来てくれたのね!褒めてつかわす!!」

中尾「へへっ!こんくらい当然っすよ!!さ、縄を外さないと…」ハズシハズシ

赤沢 ビクッ「ちょっと中尾!!!!どこ触ってんのよ!!!」マワシゲリ

中尾「ふげっ!」

中尾「……………」グッタリ








赤沢「火が回ってきたわね…完全に囲まれる前に早く逃げなきゃ!」


24:2013/04/08(月) 19:59:24.13 ID:vITzS1YN0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
教室

望月「ってことがあって…」

勅使河原「ひでえ話しだなオイ。そんで?なんで皆(赤沢も)普通に登校してんだ?」

風見「フン、あいつは元々リアルいない者みたいな感じだったからな。
   あのカス、僕のゆかりに色目使った罰が当たったんだな」

勅使河原「色目?」

風見「ああ、この前すれ違いざまに肩がぶつかったのを見たんだよ。あんな屑がゆかりに触れていいと思ってるのかな?」

勅使河原「」





恒一「今度は>>27をするのはどうかな?」

鳴「ノってきたわね、恒一君」


27:2013/04/08(月) 20:01:30.46 ID:mNlUnyiQo

>>8


8:2013/04/08(月) 19:07:47.83 ID:a8q2fmY2o

三神先生の服をひん剥いて、下着姿にする


29:2013/04/08(月) 20:15:53.69 ID:vITzS1YN0

鳴「これ、やる意味あるの?」

恒一「安価なんだからしょうがないよ!\(^o^)/さ、次の授業美術だし早速やろうよ!」ワクワク

鳴「なんでそんなに嬉しそうなの…」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 美術室

三神「では、2人1組でお互いの顔をデッサンしてくださーい」


勅使河原「おーい望月ー!一緒に組まねえ?」

望月「うん、いいよ」



恒一「さて…」


30:2013/04/08(月) 20:22:27.06 ID:vITzS1YN0

恒一「コウイチ、いっきまーす!!」

ビリっ


三神「キ、キャアアアアアアアアアアアアアアア!!!///////////」バッ

望月「Fooooooooooooooooooooooooooooooooooo!!!!!!!!!!!!」ガッタン、バッタン

勅使河原「…/// 望月、うっせえy(ry」

望月「Yeaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa!!!!!!!!!!!!」ガッタン、バッタン

三神「み、皆さん!後は自習にしていてください!//////」

綾野「三神先生、黒か―!セックシ〜〜〜!」

高翌林「フェアな下着だったね」ギンギン


31:2013/04/08(月) 20:23:15.81 ID:vITzS1YN0

鳴「次は>>36ね」


36:2013/04/08(月) 20:44:19.32 ID:k69iqXQAO

34


34:2013/04/08(月) 20:32:10.75 ID:Z1i77+Kw0

桜木さんに媚薬を大量に飲ませてから、風見と二人っきりにする


38:2013/04/08(月) 20:58:11.60 ID:vITzS1YN0

鳴「いよいよ関係なくなってきたわね…」

恒一「うん、これはやめた方g(ry」

風見「サカキバラ、キサマアンカヲウラギルキカ?」


鳴「風見君がバーサク化してる…!恒一君!」

恒一「う、うん。断ったら殺されちゃいそうだね…」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      昼食

鳴「foooooo!!!」スカートメクリ

桜木「きゃっ!//」



恒一「(今のうちに弁当に媚薬を…)」ッ₋


39:2013/04/08(月) 21:06:56.45 ID:vITzS1YN0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
桜木「ふう…ごちそうさまでした」

鳴「(そろそろね…)」


久保寺「皆さん!!!中尾くんが生きていたらしいので、すぐ中尾くんの家に!!」

 エー、マジカヨー    コレハフェアジャナイ メンドクセ―  チッ  クソガ


久保寺「あ、風見くんと桜木さんは学級委員なので行かなくてもいいです」

風見「ハイ」キリッ

桜木「はい…(なぜに…?)」


恒一「あ〜、見崎の家にでも行きたくなったな〜」

鳴「じゃあ来る?いきましょ」

 バタン

風見「(僕の時代がキタ!!)」


40:2013/04/08(月) 21:14:36.45 ID:vITzS1YN0

すいません、エロ書くの下手糞です…


桜木「……(なんだろ…体が妙に熱い…//)」

桜木「!」ズルッ


風見「大丈夫?ゆかrゲフン、桜木さん」ガシッ

桜木「ひゃんっ!//」ビクッ

風見「…?どうしたの?」ニヤ

桜木「い、いえ…///なんでもないですぅ…///」




41:2013/04/08(月) 21:28:04.17 ID:vITzS1YN0

風見「やっぱり変だよ。ちょっとおでこ触らせて」ピトッ

桜木「んぅっ!//」ビクビクビク―ッ

風見「あれ…?桜木さん、お漏らしかい?」ニヤニヤ

桜木「あ、ああ……///」ひくっひくっ

風見「僕が拭いてあげるよ」ヌガシヌガシ


桜木「あっ…んっ//(恥ずかしいのに、抵抗できない……///)」

風見「あれ…?またなんか漏れてきてるよ?これは吸わないと追いつかないな…」

桜木「へ……?」

風見「…っ」チュージュルジュル


桜木「あっあっあっあっ!!///……んううううううう!!イッちゃうよおおおお!!!!!!!」プシャ―ッ

風見「しょうがないな…これで栓をするしかないか…」ボロンッ

桜木「ハぁ、ハぁ…き、来てください…!///(な、なに言っちゃってるの私?……ああ、もういいや)」


風見「挿れるよ、……ゆかり」


42:2013/04/08(月) 21:30:45.87 ID:vITzS1YN0

  パンッパンッ アーイイヨォ  ユカリッ!ユカリッ!

恒一「良かったね、風見君」

鳴「じゃ、次は>>46ね。今度こそ、あの赤マムシを潰せるような安価を頼むわ」


46:2013/04/08(月) 21:34:19.56 ID:ZhAnkmG+o

三上先生と赤沢さんをプールで泳がせる


48:2013/04/08(月) 21:41:31.16 ID:vITzS1YN0

>>47
そっか、ありがと。


鳴「……またなんか違う」

恒一「いやいや、プールでも色々できるじゃん!早速行こうよ!」ウキウキワクワク

鳴「……」ムスッ


49:2013/04/08(月) 21:46:42.16 ID:vITzS1YN0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
久保寺「えーこれからプールの授業を始めるので、用意してください」
 
  ハ?  フェアナキセツジャナイネ  イミワカンネー   スモグリナラマカセロ―

久保寺「私は用事があるので、三神先生、見てやってください。」

三神「ハ、ハイ」


恒一&鳴「(GJ!)」グッ

久保寺「(ロリ画像の為ならなんだってやりますよ)」グッ


50:2013/04/08(月) 21:54:40.87 ID:vITzS1YN0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  プール

勅使河原「ぐあーーーっ!!さっみーーーー!!!!」

中尾「赤沢さんの水着楽しみだぜ!」

猿田「お前生きてたぞな?」

中尾「」

望月「(三神先生の水着三神先生の水着三神先生の水着)」ビンビン



恒一「いやー、水着持ってて良かったね」

鳴「恒一君、なんで私のも持ってたの?」

恒一「じゃあプールで>>55しようか」

鳴「ねえ何で?」


55:2013/04/08(月) 21:59:41.28 ID:ADohkDifo

鳴ちゃんのビデオ撮影


58:2013/04/08(月) 22:09:17.68 ID:vITzS1YN0

恒一「(ふう…霧果さんに見崎のビデオ撮ってこいって言われてたんだよな…)」

恒一「み、見崎。ちょっと更衣室に来てくれない?」

鳴「?いいけど…」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 更衣室

鳴「………なんでカメラ持ってるの?」

恒一「(いきなり撮らせてくれって言うのもアレだしな…。よし、ここは「>>63」って言って撮らせてもらおう!)」


63:2013/04/08(月) 22:20:35.30 ID:ZhAnkmG+o

>>61+ 僕は君の華麗な泳ぎを見てみたい


61:2013/04/08(月) 22:17:55.81 ID:Z1i77+Kw0

これで撮ったセクシーな映像を、鳴(あえて名前で呼ぶ)を「いない者」扱いする男子に見させて、
赤沢さんの「いない者」対策の邪魔をするから、ビデオ撮るね


64:2013/04/08(月) 22:26:51.55 ID:vITzS1YN0

恒一「これで撮ったセクシーな映像を、鳴を「いない者」扱いする男子に見させて、
   赤沢さんの「いない者」対策の邪魔をするから、ビデオ撮るね」

鳴「(名前…///)……」

恒一「それに………」




恒一「僕は君の華麗な泳ぎを見てみたい!!」

鳴「」ドッキーーーン!!


65:2013/04/08(月) 22:30:10.13 ID:vITzS1YN0

鳴「そ、そこまで言うなら撮っていいわよ……//」

恒一「(ちょろいな)うん」

鳴「メイちゃんクロール!!」ザッパー

恒一「かわいいなあ……///」


赤沢「………」ギリ…





望月「(ハァ、ハァ、三神先生!)」シコシコ……ドピュッ


66:2013/04/08(月) 22:36:39.05 ID:vITzS1YN0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

鳴「今日最後の授業ね。プールで疲れたのか、みんな眠そうね」

恒一「うん。皆、気を抜いてると思うし、チャンスだね」



小椋「(なんか望月臭いな…」

有田「(イカ臭っ!)」

望月(精液拭いてない) テカテカ



鳴「じゃあ赤沢さんに>>72しようか」


72:2013/04/08(月) 22:56:39.66 ID:LvZqkiymo

授業中ずっと耳に息を吹きかける


73:2013/04/08(月) 23:06:17.40 ID:vITzS1YN0

>>68
確かに遠かったなw


鳴「じゃ、よろしく」

恒一「ええ?!ぼ、僕がやるの?」

鳴「あたり前じゃない。それに、その方が赤沢さんも喜ぶと思うから…」クスッ

恒一「……?分かったよ」



赤沢「…?(何?恒一君がこっちに近づいてくる…)」

恒一「ふっ」


赤沢「ひゃんっ!!」ビクッ

久保寺「どうしました?赤沢さん」

赤沢「い、いえ…何でもありません」

恒一「ふうぅぅ」


赤沢「ひゃいんっ!//」

久保寺「赤沢、いい加減にしろよ。」

赤沢「だ、だって… いえ、何でもありません」


74:2013/04/08(月) 23:07:57.01 ID:vITzS1YN0

鳴「次は>>78ね」


次からID変わります。かーちゃんがPCもうやめろって言って来たから…


78:2013/04/08(月) 23:25:37.13 ID:Jxti/IVb0

>>77を授業中ずっと


77:2013/04/08(月) 23:24:30.42 ID:2D7cZCJN0

太ももを撫でる


79:2013/04/08(月) 23:37:19.12 ID:vITzS1YN0

ID変わりましたが1です


恒一「…」スッ 

赤沢「(こ、今度は何?)」

恒一「……」ナデナデ

赤沢「んっ?!///」

恒一「」ナデナデ

赤沢「はっ…ん……///(な、なんでこんなこと…//」

恒一「赤沢さん、太もも弱いんだね…」

赤沢「?!(な、何を……?!)」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
キーンコーンカーンコーン

鳴「…恒一君、もう終わり!」グイッ

恒一「わ、わかってるよ。見崎はせっかちだなあ」

赤沢「へあ…//」クタクタ


中尾「(へへっ今の時間で3回ヌイたぜ!)」

小椋「(うっ…今度は中尾から匂ってくる…)」

久保寺「(もうやだ3組)」


80:2013/04/08(月) 23:40:58.72 ID:vITzS1YN0

鳴「赤沢さんが帰ってしまう前に
  >>84やらなきゃ」


84:2013/04/08(月) 23:51:43.30 ID:4SwTkz/Jo

赤沢さんの鞄の中に恒一の水着を入れる


85:2013/04/09(火) 00:02:24.94 ID:5dghDEVm0

赤沢「(今日はとんだ1日だったわね…)」

杉浦「泉美ー!帰るわよー!」

赤沢「先行ってて多佳子〜!」

赤沢「忘れ物はないわよね………………って…!!!!」



赤沢「なっ、何よコレ〜〜〜〜〜〜!!!!!//////////////」

綾野「どしたの?泉美〜?」

赤沢「なっ、なんでもないわ!」

綾野「ふ〜ん。じゃあね〜」

赤沢「う、うん。」


赤沢「(そっ、それにしても、なんで
   恒一君の水着が…?)」

赤沢「……………………」


赤沢「持って帰ってサカニーしよっと」

恒一「」


90:2013/04/09(火) 18:56:13.10 ID:5dghDEVm0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  早朝    チュン、チュン

鳴「ハァ…昨日はあんまり赤沢さんを陥れることができなかったわ…」

鳴「今日こそは何とかしてあの無能をギャフn(ry」

霧果「鳴〜〜!!」


鳴「ゴホン…今日こそ赤マムシをギャf(ry」

霧果「鳴!鳴、聞いてるの?!」




鳴「チッ……なんですか?」

霧果「家の前で榊原君が待ってるわよ」

   バウッ!!






霧果「あ…あれ?鳴の姿が一瞬で見えなくなった…」


91:2013/04/09(火) 19:02:42.21 ID:5dghDEVm0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
バタン

鳴「こ、恒一くん?」

恒一「あ、み、見崎……おはよう」

鳴「おはよう……なんでこんな所に居るの?」

恒一「あの、その……ホ、ホラ!昨日はあんまり赤沢さんに復讐できなかったし、
   その作戦を考えるためにさ…」


鳴「…………」

恒一「………………」


恒一「(ま、まずい……さっきの言い訳はさすがにまずかったかな…
    でも、ホントは「一緒に登校したかったから」なんて言えないし…………あっ!)」


恒一「み、見崎!登校中の赤沢さんがいるよ!>>94しようよ!」

鳴「まあ……いいわ」


94:2013/04/09(火) 19:20:28.18 ID:oV0xl7Jx0

痴漢 


95:2013/04/09(火) 19:30:55.57 ID:5dghDEVm0

鳴「じゃ、恒一君よろしくね。私、先に学校行ってるから」

恒一「ええ?!ま、また僕?!」


鳴「……」ジッ

恒一「わ、わかったよ、見崎…(見崎と一緒に行きたかったのになぁ…)」トホホ…



赤沢「〜〜〜♪(昨日は恒一君の水着で徹夜サカニ―したわ……とても充実した夜だったわ…!)」

赤沢「今日も、あの伊達正宗もどきが、変なことしてこないように気をつけなきゃ…」



恒一「(赤沢さん………ごめん!!)」サワッ

赤沢「ひゃっ//!!??」


96:2013/04/09(火) 19:36:13.84 ID:5dghDEVm0

赤沢「な、なに?」チラッ

赤沢「!!」ばっ


赤沢「(な、なんで恒一君が……てかこんな堂々とお尻触んないでよ…///
ああ、でも相手は「いない者」………注意するわけにもいかないし…)」

恒一「………」ナデッ


赤沢「はっ……ん///」





恒一「赤沢さん、やっぱり敏感だね……」ボソッ

赤沢「(な、なななななな//////)」


97:2013/04/09(火) 19:38:36.19 ID:5dghDEVm0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     学校

恒一「って感じでやったんだけどどうだったでしょうか…」

鳴「ま、いいでしょう。今朝のことは納得してあげるわ」


恒一「(ホッ)」

鳴「じゃあ次は>>101やりましょう」


101:2013/04/09(火) 20:10:40.78 ID:wE21ZmdAO

ダムに沈める


103:2013/04/09(火) 20:53:04.57 ID:5dghDEVm0

鳴「じゃ、行きましょうか恒一君。」

恒一「うん」



赤沢「(え?え?)」



中尾「…………」


104:2013/04/09(火) 20:56:21.91 ID:5dghDEVm0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ダム周辺

恒一「ごめんね、赤沢さん」

鳴「バwwwwイwwwwwバwwイwwww」



赤沢「キ、キャアアアアアア、ァップ…ゴポポポ……!」



鳴「さあ、早くここから立ち去りましょ」

恒一「そうだね」


105:2013/04/09(火) 21:02:46.84 ID:5dghDEVm0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   翌日

鳴「……ハァ」

恒一「まあ予想はしてたけど、さすがの僕も2回目になるとムカついてくるね」




勅使河原「中尾はーーーーっと、また…か?」

望月「うん。昨日、ダムに沈みかけてた赤沢さんを助けたらしいんだ。でも、
   全身骨折したらしくて…」

勅使河原「中尾……」

風見「でも、中尾君のおかげで、赤沢さんの考えも変わったみたいだね」


106:2013/04/09(火) 21:09:35.49 ID:5dghDEVm0

        ホームルーム

赤沢「今日から『いない者』を解除します」

   ォォ₋   ヤットフェアニナッタカ…   ムノウニシテハヤルゾナ


赤沢「いままでごめんなさいね、恒一君………………と見崎さん」

恒一「いや、元はといえば僕の行動がこういう事を招いてしまったみたいだし、解除してくれて感謝してるよ」ニコッ


赤沢「恒一君………///」


107:2013/04/09(火) 21:10:27.65 ID:5dghDEVm0

鳴「いない者も解除されたし、>>110さんにも協力してもらいましょう」


110:2013/04/09(火) 21:14:49.06 ID:7pcgkqbNo

桜木


114:2013/04/09(火) 23:00:43.08 ID:5dghDEVm0

鳴「よろしくね」

桜木「いえいえ、見崎さん達のおかげで風見君と結ばれたわけですから…///」

恒一「じゃあ、>>118をやろうか」


118:2013/04/09(火) 23:06:21.94 ID:r7IHo9SPo

赤沢にアイスクリームを送りつける


119:2013/04/09(火) 23:44:48.02 ID:5dghDEVm0

>>116
そうだよ。


鳴「ああああああああああ!!!!意味ねええええええ!!!!!!!」

恒一「ちょ、見崎!キャラ崩壊してるよ!」

桜木「私がいる意味って……」



鳴「!………良いこと思いついた」


120:2013/04/09(火) 23:50:01.70 ID:5dghDEVm0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  赤沢家

赤沢「ん…?なにかしら、アイスクリーム?……いったい誰から?」


赤沢「ま、いっか!ママに内緒で食べちゃえ!」

パクパク

赤沢「……?なんか生臭い味ね……イカ味?珍しいわね」










鳴「ふひひ…」


122:2013/04/09(火) 23:54:11.67 ID:5dghDEVm0

恒一「何をしたの?」

鳴「桜木さんに頼んで、風見君の精液を採取してもらったの。
それをアイスにねりこんで、イカアイスクリームの出来上がりって訳」


恒一「おえ………」



鳴「次は>>125さんに手伝って貰いましょうか」


125:2013/04/10(水) 00:13:55.65 ID:pvVLGVxDO

多々良さん


127:2013/04/10(水) 00:38:11.62 ID:RXYPM0A+0

>>126
申し訳ない…学校もあるからそんな早く書けなんだ……




鳴「よろしく」

恒一「よろしくね、多々良さん」イケメンスマイル

多々良「う、うん よろしくお願いします…////」


鳴「チッ……じゃあ>>131をやってもらおうかしら」
















寝ます


131:2013/04/10(水) 03:00:49.37 ID:kc0WlfIfo

茶室で多々良さんのいれたお茶を飲ませる


132:2013/04/10(水) 20:40:41.48 ID:RXYPM0A+0

多々良「あの……私これだけでいいの…?」

恒一「う〜ん…」

鳴「仕方ないわ…桜木さんの時と同じ戦法でいきましょう」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    廊下

赤沢「(今日も恒一君の水着でサカニ―しよう………フヒヒ…)」

多々良「赤沢さーん」


赤沢「(あぁ…いない者解除も出来たし、まだ誰も死んでないし…私って呆れるほど有能ね…!)」

多々良「赤沢さん!!」

赤沢「ひゃ、ひゃい!!」


赤沢「(へ、変な声が出てしまった…)め、恵じゃない。どうしたの?こんな所で。」

多々良「昨日、おばあさまの家からお茶が届いたんだけど…一緒にどう?」

赤沢「まあ、いつもハワイコナだし、たまにはお茶もいいわね!ご一緒させてもらうわ!」



多々良「…………」フヒヒ…


133:2013/04/10(水) 20:48:17.44 ID:RXYPM0A+0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   茶室

多々良「はい、どうぞwwww」スッ

赤沢「(なんで笑ってるの…)ありがとう、いただきます」ゴクッ





赤沢「ブーーーーーーーッ!!!」

赤沢「(な、なにこれ…今まで体感したことのない味…)」

多々良「ど、どうしたの?このお茶不味かった?……3万円するお茶なんだけど…」

赤沢「さ、3万円?!(そんな高級なお茶を不味いって言ったら、味音痴だと思われてしまう…)」


赤沢「い、いえ!とってもおいしかったわ!ちょっと変な所に入ってしまっただけよ」

多々良「な〜んだ、良かった」








恒一「で?なに入れたの?見崎」

鳴「wwwwwwwwwwwwwww」


134:2013/04/10(水) 20:52:13.03 ID:RXYPM0A+0

鳴「多々良さんって馬好きじゃない?」

恒一「うん…………ってまさか…!!」




鳴「ウマのウ〇チwwwwwwww」ブフッ!

恒一「(やりすぎだよ……見崎。 でも、笑い転げてる君も好きだ!!)」



鳴「どうしたの?恒一君」

恒一「い、いや!なんでもないよ!次は男子の>>138に手伝ってもらおうよ」


138:2013/04/10(水) 20:59:25.28 ID:3MZw9lYAO

風見


139:2013/04/10(水) 21:08:53.35 ID:RXYPM0A+0

鳴「よろしく」

風見「フフ…君たちには借りがあるからね…全力であの無能対策係を、この有能対策係が陥れてみせるよ!!」


恒一「(すごいオーラだな…風見君も、赤沢さんの無能ぶりにストレスたまってたんだなあ…)」

恒一「じゃあ、>>143を頼むよ」


143:2013/04/10(水) 21:15:22.67 ID:1o5U5uvVo

赤沢の全身に写経する


147:2013/04/10(水) 21:27:30.88 ID:RXYPM0A+0

風見「書くのはいいけど、どうしようか」

恒一「うーん、全身だからねぇ…」

鳴「風見、あれだけの借り作っといてやらねえとかないからな」

恒一「怖いよ……見崎」



風見「うーん、寝てる間に家に忍び込もっか」

恒一「いやいや、それ犯罪だし!バレたらやばいよ!」


風見「大丈夫だよ。忍び込むのはゆかりの家で慣れてるし、ヘマはしないよ」

恒一「風見君も大概怖いよ…」


148:2013/04/10(水) 21:34:23.02 ID:RXYPM0A+0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 深夜・赤沢家

風見「ふう、なんとか潜入できたね」ヒソヒソ

恒一「だから、なんでいつも僕が付いて行かなきゃならないんだよ…」ヒソヒソ



風見「ん…赤沢さんだね、良く寝てる」

恒一「おい、シカトすんな」





風見「早速やろう。」ヌガシヌガシ

恒一「ちょ、ちょっと!/////裸が……///」


風見「僕は大丈夫だよ、ゆかりでしか興奮できない体になっているからね」カキカキ

恒一「(ホ、ホントだ…少しも勃っている様子がない…)」


    数十分後…


風見「できたよ」

恒一「早いな…まあこれで任務終了だね」


149:2013/04/10(水) 21:37:56.07 ID:RXYPM0A+0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   朝

  キャアアアアアアアアアアアアアア!!

赤沢「な、何なのよこの文字〜〜〜〜!!!」

赤沢「ウワ…脇の下やお尻のワレメにまで書いてあるし…」


赤沢「ん…?これ、恒一君のハンカチ…?」


赤沢「もしかして恒一君が……?///////////////」








赤沢「ヤバい、濡れてきた」


150:2013/04/10(水) 21:38:40.50 ID:RXYPM0A+0

鳴「次は>>155に手伝ってもらいましょうか」


155:2013/04/10(水) 21:44:23.09 ID:INMjum3y0

小椋さん


156:2013/04/10(水) 22:17:10.38 ID:RXYPM0A+0

小椋「よ、よろしく!恒一きゅん…///」

恒一「うん、よろしくね小椋さん(きゅん……?)」

小椋「(いない者が解除されてやっと恒一きゅんと話せた…///)」





鳴「じゃ、>>160をやってね」


160:2013/04/10(水) 22:30:51.58 ID:INMjum3y0

>>146


161:2013/04/10(水) 22:48:00.36 ID:RXYPM0A+0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
部活中

小椋「彩〜!今日も「夜見北板」いく?」

綾野「うん!」



赤沢「(夜見北の掲示板……?今日見てみようかしら……)」


162:2013/04/10(水) 23:05:50.15 ID:RXYPM0A+0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

赤沢「えーっと…夜見北板は…」


【罪深き】赤沢アンチスレ【無能】(375)


374:以下、無能に代わりまして小椋がお
送りします

今日も無能だったな赤沢の野郎は

375:以下、無能に代わりまして多々良がお
送りします

あいつのお茶に馬の糞入れたったwwwwww

376:以下、無能に代わりまして綾野がお
送りします

あんな糞対策じゃ、
恒一きゅんが可哀想だよ恒一きゅん恒一きゅん

377:以下、無能に代わりまして有田がお
送りします

マジで恒一きゅんと握手すんのをやめてほしい
恒一きゅんの手は私のマ○コを弄ぶ
為にあるってのに…………

378:以下、無能に代わりまして三神がお
送りします

>>377
妄想乙


赤沢氏ね アイツの評価1にしてやるわwwwwwwww











赤沢「」


164:2013/04/10(水) 23:13:06.08 ID:RXYPM0A+0

赤沢「な、なんなのよ!握手が悪いっての?!」



379:以下、無能に代わりまして無能がお
送りします

あんたらみたいなモブがいい気になるな!!

380:以下、無能に代わりまして佐藤がお
送りします

本人キターーーーーー!!!!

381:以下、無能に代わりまして綾野がお
送りします

>>379
氏ね

382:以下、無能に代わりまして小椋がお
送りします

>>379
いいかげん死ねカス

383:以下、無能に代わりまして望月がお
送りします

>>379
死ねよもう












赤沢「」


165:2013/04/10(水) 23:16:20.97 ID:RXYPM0A+0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

鳴「フフツ…あれは結構効いたみたいね」

恒一「うん。赤沢さん、あれから3日間も休んじゃったしね」

鳴「さて、次は男子の>>169に手伝ってもらいましょう」


169:2013/04/10(水) 23:18:17.48 ID:3MZw9lYAO

フェア林


170:2013/04/10(水) 23:24:13.43 ID:RXYPM0A+0

恒一「よろしく、高森くん」

高林「よろしく。あと、僕の名前は『高林』だからね」

鳴「じゃあ高早死くんには>>175をやってもらいましょう」

高林「だから『高林』だってば」


恒一「高卒くん、頑張ってね」

高林「フェアじゃないな、まったく」


175:2013/04/10(水) 23:44:59.98 ID:R+Zo04qKo

目の前で顔芸


177:2013/04/10(水) 23:54:34.07 ID:RXYPM0A+0

高林「赤沢さん、ちょっといい?」チョンチョン

赤沢「ん?」クルッ



高林「フェアツ!(*3*)」

赤沢「ボハハハハッ!!」ブフッ


綾野「ちょ、泉美?!大丈夫?」

赤沢「な、なんでもないわ」クフッ


チョンチョン

赤沢「ン?」




高林「フェフェフェフェア!!!!(#д#)」

赤沢「ブハッ!!!!!」


小椋「ちょっと…唾飛んだ…」

赤沢「〜〜〜〜〜〜〜!!!」ヒーヒー


178:2013/04/10(水) 23:59:13.06 ID:RXYPM0A+0

恒一「面白かったよ、高話くん」クスクス

鳴「ええ、そうね。よくやってくれたわ、高噺くん」



高林「君達、フェアじゃない………」







鳴「次は、>>181にやってもらうわ」


180:2013/04/11(木) 00:03:24.41 ID:8hpRWAyT0

怜子さん


181:2013/04/11(木) 00:07:13.29 ID:pQdtlKx70




182:2013/04/11(木) 00:10:19.21 ID:ImtA9VB10

   家

恒一「怜子さん、ちょっと相談があるんですけど…」

怜子「んー?なに?」

恒一「赤沢さんに、>>186をしてもらえませんか?」


186:2013/04/11(木) 00:38:11.56 ID:cUPJJyzD0

いないものにされてから恒一が家で辛そうだったと説教
しかも結局意味はなかったじゃないかと無能に対する説教


189:2013/04/11(木) 21:18:15.31 ID:ImtA9VB10

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      教室
ガラッ

三神「赤沢さん、放課後に生徒指導室に来なさい」

望月「Foooooooooooooooooooooooooooooooooooo!!!!!!!!!」

赤沢「は、はい」


三神「じゃあ、よろしく」 バタン

望月「Foooooooooooooooooooooooooooooooooooo!!!!!!!!!」


赤沢「なんなのかしら、一体」

中尾「赤沢さん、きっとアレですよ!赤沢さんの素晴らしい対策を表彰する話ですよ!」

杉浦「(そりゃねーだろ」

熟女月「Foooooooooooooooooooooooooooooooooo!!!!!!!!!」


赤沢「そ、そうかしら?!」

中尾「絶対そうっすよ!違かったら、俺死んでもいいッス!」

杉浦「(中尾と会えるのも今日で最後か……)」

ホ望月「Foooooooooooooooooooooooooooooooooo!!!!!!!!!」





堀好き「Foooooooooooooooooooooooooooooooooo!!!!!!!!!」

恒一「望月いいかげんうるさい」

勅使河原「死んじまえ」

モチヅキ「」




190:2013/04/11(木) 21:27:53.52 ID:ImtA9VB10

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     放課後

赤沢「(ふふふ…やっぱり私の極上対策についてよね…)」

赤沢「(有能は困るわ…ふふ)」



赤沢「失礼します」

三神「ここに速やかに座りなさい」ピリッ


赤沢「は、はい(なによこの雰囲気……)」






三神「なんで呼ばれたか、分かってるわよね」

赤沢「はい♪3年3組有能対策係の私に、なにか表彰してくれる話じゃn(ry」

三神「赤沢ぁっ!!!!!!!!」ゴォッ!

びくっ
赤沢「は、はい」

三神「あなたはなんで呼ばれたか全く分かってないようね。こりゃクラスの皆から
   『無能』なんてあだ名が付けられるわけだわ」

赤沢「」


191:2013/04/11(木) 21:44:09.28 ID:ImtA9VB10

三神「まず、「いない者」を増やした意味はあったのかしら?」

赤沢「それは…恒一君が見崎さんに話しかけてしまったから…あ、でm」

三神「おい!」

赤沢「え…?」

三神「確かに恒一君にも非はあるわ。でもね、いない者をただ増やせばいい
   なんて単純な考えは納得いかないの。増やすにしてもまだ誰も死んで
   なかったじゃない。それに恒一くんに何も言わないなんて論外だわ。」

赤沢「で、でもそれは、恒一君がその時いなかったし…」

三神「またあなたは恒一君のせいにするのね。恒一君、家でいつも辛そうに
   していたわ。まあ、そんな顔の恒一君も可愛かったんだけど…ゴホン!
   つまり、あなたは意味のない対策をして恒一君や周りの生徒を苦しめたの。」

赤沢「……」プルプル

三神「それに風見君も言っていたわ。『アイツは誰の話も聞かないで勝手に
   無能対策をして、それを皆ストレスに感じている』って。ここまで
   言えばあなたも分かるわよね。」



三神「あなたは無能対策係(笑)なのよ」

赤沢「」
   


192:2013/04/11(木) 21:48:42.00 ID:ImtA9VB10

  説教はその後、3時間にも及んだ………

三神「もうこんな時間ね。そろそろ帰っていいわよ」


赤沢「……はい……すいませんでした………」



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    翌日

赤沢「……ハァ…」



恒一「怜子さん、うまくやってくれたみたいだね。」

鳴「ふふふ……あともうひと押しってところね!!次は>>195に手伝ってもらいましょう」


195:2013/04/11(木) 21:50:59.27 ID:aT8wjJZr0

杉浦さん


198:2013/04/11(木) 21:57:31.68 ID:ImtA9VB10

恒一「や、やってくれるの?」

杉浦「安価だものね、しょうがないわ。一応その辺については心得てるつもりだし」

鳴「さすがね。じゃあ、>>201をやってもらうわ」
















一瞬 
風呂入る


201:2013/04/11(木) 21:58:20.55 ID:jzgEw6kLo

風見のチンコを切り落として調理し、桜木さんにウィンナーとして食べさせる


214:2013/04/13(土) 00:04:52.62 ID:mADlyJr40

恒一「こりゃまた凄まじいのが来たね…」

杉浦「」

鳴「もうほとんど赤沢さん関係ないじゃない…」

杉浦「」


恒一「でも安価は絶対だからなあ」

鳴「やってもらうしかないわよね、風見くんには申し訳ないけど…」

杉浦「」













杉浦「」


215:2013/04/13(土) 00:08:11.02 ID:mADlyJr40

恒一「(ああ……杉浦さん、呆然としちゃってるよ…)」

杉浦「」

恒一「(ここは杉浦さんにやる気をだして貰うためのセリフを考えなきゃ)」

恒一「杉浦さん!>>219!」


219:2013/04/13(土) 00:24:16.37 ID:6dLwJ4qEo

これが最後の安価だから。トリ頑張って


221:2013/04/13(土) 00:28:34.28 ID:mADlyJr40

恒一「杉浦さん、これが最後の安価だから。
  トリ頑張って!!」

杉浦「………ハア いいわ、安価だものね。『合宿モード』で
一気にやっちゃうわ」







鳴「…………ついにあのときの杉浦さんが見れる…!!」


223:2013/04/13(土) 00:34:12.05 ID:mADlyJr40

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
放課後  帰り道


風見「(フフ…最近の僕はツイてる)」

風見「(ゆかりとも結ばれたし、
   赤ナントカも三神先生に
   こってり絞られたみたいだし)」

風見「くくく………アハハハハハハハ!!!!!!!
僕は最高だ!!!!!!」

杉浦「そう」スッ

   ズルッ
風見「エ」






     グジュッ

風見「…………あ?」










風見「ぎゃああああああああああああ
   ああああああああああああああ
   ああああああああああああああ
   !!!!!!!!!!!!!!」




224:2013/04/13(土) 00:39:21.89 ID:mADlyJr40

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

久保寺「…………風見君はお休みですか?誰か聞いている人いますか?」

  エー  ムダンカヨー   フェアナヤスミカタジャナイネ   トリナラマカセロー

桜木「(風見君……どうしたんでしょう………?)」


杉浦「……………………」



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

杉浦「桜木さん、お昼一緒に食べない?」

桜木「珍しいですね、いいですよ!」


225:2013/04/13(土) 00:49:27.56 ID:mADlyJr40

スギウラ「実は、風見君から、桜木さんに、お弁当を渡すようにたのまれてたの」

桜木「か、風見くんから?」

スギウラ「ええ、早速食べてあげなさい。風見君も喜ぶわ」

桜木「は、はい」パカ



桜木「(…?このウインナー、色がピンクっぽい?それに、なんだか太いし…)」

桜木「(あっ、なんか血管みたいなのが
浮いて出てる……)」

スギウラ「ハヤクタベチャイナサイヨ」

桜木「あ、はい」


モグモグ

桜木「……(なんか味わったことのある味…………?)」













恒一「おえ……マジで吐きそう…」

鳴「さすがの私からしても、キツイものがあるわね」


恒一「これ、最後なの?」

鳴「様子を見て、続けていいんなら
  続けましょう」



236:2013/04/13(土) 21:41:56.91 ID:mADlyJr40

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

鳴「恒一君…………このスレタイ
  覚えてる?」

恒一「(うわあ……怒ってるよ…)
   うーん、最近ほとんど関係
   ないのばっかりだなあ。」

鳴「……しかもヘビーなのばっかり」

恒一「(見崎が重くしてるのもあるけどね)
うーん、じゃあ『赤沢さん』限定でやってみようか」


鳴「…そうね。じゃあ赤沢さんに>>239をしましょう」


240:2013/04/13(土) 21:52:20.73 ID:6dLwJ4qEo

二人して土下座して今までのことを謝り、もうしないと誓う


247:2013/04/14(日) 01:23:08.40 ID:471uB1jx0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

鳴「赤沢さん、ちょっといい?」

ビクッ 赤沢「な、なにかしら?」

鳴「(ビビッてんな…)話したいことが
  あるから、屋上まで来てくれない?」

赤沢「(また何かされるんじゃないでしょうね…)……いいわ、そのかわり
    中尾も連れていくけどいいわよね?」

鳴「…………まあいいわ。」

赤沢「じゃあ後でね」


248:2013/04/14(日) 01:28:37.81 ID:471uB1jx0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

赤沢「………あの眼帯女、またなにか
   企んでるんじゃないでしょうね」

中尾「大丈夫っスよ!赤沢さん。
   俺がついてますから!」キリッ

赤沢「きもちわりいな…(そうね、よろしく頼むわ)」


中尾「赤沢さん、多分本音と建前逆です…………」


赤沢「じゃあ行くわよ!」


249:2013/04/14(日) 01:37:39.76 ID:471uB1jx0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
屋上

キイ…

赤沢「来たわよ………って恒一君も?!」

恒一「うん……僕からも話さなきゃ
   いけないことがあるんだ」

中尾「てめー、告白とかだったらぶっとばすぞ!」

赤沢「黙れ[ピーーー]」

中尾「」




鳴「そろったわね……」

恒一「うん、じゃあ話そうか」



ガバッ

恒一&鳴「今までごめんなさい!!!」

赤沢「!?…ちょ、え?なに?どういうこと?」

恒一「いない者をいいことに、赤沢さんを
   山に監禁したり、ダムに詰めたり」

鳴「アイスに風見君の精液混ぜたり、
  お茶に馬糞混ぜたり」

恒一「三神先生に説教してもらったり!」


恒一&鳴「本当にごめんなさい!!!」











赤沢「」


250:2013/04/14(日) 01:43:49.65 ID:471uB1jx0

赤沢「えっ、えっと……」

中尾「てめーら!そんなこと許されると思ってんのか!!」

鳴「貴様には言っていない。そもそもお前が邪魔するから
  どんどんエスカレートしていったんだ」


恒一「赤沢さん、もう絶対こんなことはしないって約束するよ!
   だから許してくれるかな?」

赤沢「…………ハア、もういいわ。
   反省しているんでしょ?だったら全部水に流してあげる」

中尾「ちょ、いいんですか?!」

赤沢「あら中尾、どうしてここにいるの?帰りなさい」

中尾「」


252:2013/04/14(日) 01:48:00.20 ID:471uB1jx0

  ワーワー  ギャーギャー

鳴「(本当にこのまま仲直りしていいの?)」

ラスト安価

1.謝るフリして赤沢さんのツインテール切る

2.仲直り

3.八つ当たりで中尾をスライスする


>>255


255:2013/04/14(日) 01:49:35.32 ID:Jo2Y39Lfo

2


256:2013/04/14(日) 01:59:25.89 ID:471uB1jx0

鳴「(……そうよね。もう『いない者』は解除されたし、結局『ない年』だったものね………)」

鳴「(赤沢さん虐めるのにも満足したし♪
それに………)」


鳴「赤沢さん」

赤沢「なにかしら?」

鳴「これからもよろしくね……
  
 恒一は渡さないわよ」ボソッ

赤沢「!……ふふ、いいわ。これからもよろしくね、見崎さん」スッ

鳴「!……………うん」

ギュッ





恒一「なんとか丸く収まったね…」









中尾「俺の扱い酷くね…」シクシク

    完


257:2013/04/14(日) 02:01:58.59 ID:471uB1jx0

これで終了です

やり始めたばっかだったんで、ちょっと最後の方グダグダでしたが……

楽しい安価ありがとうございました!!


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1365413313/