1:2016/05/04(水) 00:14:46.53 ID:TDwh2vEZ0

のび太「ドラえも〜ん!」

[たぬき]「どうしたんだい、のび太君!」

のび太「またジャイアンたちにいじめられたよ〜!」

[たぬき]「またか・・・、それで、今日は何されたの?」

のび太「実はさ、今日社会の授業でさ・・・。」



学校にて・・・

先生「世界には貧困で飢えに苦しむ人がいれば、お金持ちであって食べ物を粗末にしている人がいる。」

のび太「ふ〜ん。」

先生「こうした格差が世界にはある。私たちは幸せに暮らしていることに感謝しなければなりません。」

のび太「確かに。」



放課後・・・

ジャイアン「今日の授業でさ、格差のこと言ってたじゃんか。」

スネ夫「うん。」

ジャイアン「俺たちもさ、日ごろの生活に感謝しなきゃいけねえよな。」

のび太「そうだね。」

ジャイアン「でもよ、格差なんて俺わからねえよ。だって俺たちの暮らしで格差なんかねえじゃんか。」

のび太(思いっきりあると思うけど。)

ジャイアン「そこでだ、格差を体験してみて、今の生活のありがたみを実感しようと思うんだ。」

スネ夫「どうやって?」

ジャイアン「身分制度だ。」





SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1462288486



3:2016/05/04(水) 00:21:44.48 ID:TDwh2vEZ0

のび太「身分制度・・・って何?」

スネ夫「人間に階級をつけて区別することだよ。」

のび太「そんな、差別はダメだよ!」

ジャイアン「安心しろ、格差を体験するためだ。」

のび太「どう安心しろってのさ。」

ジャイアン「何だ?」

のび太「いや、何も。」

ジャイアン「よ〜し、じゃあまず俺がトップだ。」

スネ夫「僕が2番目!」

のび太「じゃあ、僕は・・・。」

ジャイアン「のび太は一番下だ!」

のび太「ええ〜!」

ジャイアン「そういうわけだからのび太、お前は俺たちの言うことを聞かなきゃいけない!」

のび太「何でさ!?」

スネ夫「お前が一番身分が低いからだ!」

のび太「そんな〜!」


4:2016/05/04(水) 00:31:44.80 ID:TDwh2vEZ0

ジャイアン「ところで、何してもらおうか。」

スネ夫「そういえば聞いたことがある、子分が親分の靴を舐めるってやつ。」

ジャイアン「よし、それだ!」

のび太「や、やだよ〜!」

ジャイアン「つべこべ言わず舐めろ!」

スネ夫「舐めろ!」

のび太「うっ、うう・・・。」



現在・・・

ドラえもん「それで・・・舐めたのか?」

のび太「うん・・・。」

ドラえもん「なんて奴らだ!ふざけやがって!」

のび太「そうだ!ふざけてる!」

ドラえもん「あいつらにも同じに目合わせないと!」

のび太「どうやって?」

ドラえもん「靴舐めさせ機〜!」


5:2016/05/04(水) 00:37:28.52 ID:TDwh2vEZ0

ドラえもん「このスイッチを押して命令すると、相手に自分の靴を舐めさせることができる。」

のび太「すご〜い!」

ドラえもん「これでジャイアンに靴を舐めさせてやれ!」

のび太「うん!」



空き地・・・

ジャイアン「次はのび太に何をやってもらおうか・・・。」

スネ夫「楽しみだね!」

のび太「ジャイアン!スネ夫!」

ジャイアン「おっ、向こうから来やがったぜ。」

スネ夫「へへへ。」

ドラえもん「さあ、のび太君やれ!」

のび太「うん!」


6:2016/05/04(水) 00:44:27.25 ID:TDwh2vEZ0

のび太「ジャイアン!僕の靴を舐めろ!」

ジャイアン「はあ?そんなことをするわけが・・・あれれ!?」ペロペロ

スネ夫「ええ!ジャイアン!?」

ジャイアン「どうなってんだ?」ペロペロ

のび太「ふふふ・・・これは革命さ!」

スネ夫「革命!?」

のび太「そうだ!身分が逆転したんだ!だからスネ夫、君も僕の靴を・・・。」

スネ夫「うわああああ!」ペロペロ

のび太「こいつ、自分から・・・。」

ドラえもん「君にはプライドの欠片も無いんだね。」


7:2016/05/04(水) 00:50:27.67 ID:TDwh2vEZ0

ドラえもん「さあ、どうするのび太君?」

のび太「そうだねえ、この景色をずっと眺めてるっていうのも悪くないな。」

ドラえもん「じゃあ僕にも貸してよ。」

のび太「いいよ。」

ドラえもん「よ〜し、日ごろの鬱憤を晴らしてやる。」

ジャイアン「お前ら・・・覚えてろよ!」ペロペロ

ドラえもん「何とでも言えばいいさ。さあジャイアン!僕の靴を舐めるんだ!」

ジャイアン「ちくしょおおおおお!」ペロペロ

ドラえもん「あれ?」

のび太「まだジャイアンは僕の靴を舐めてるよ?」

ジャイアン「ははは!ドラえもん!お前靴はいてねえだろ!」

ドラえもん「・・・・・・・・・・・・はっ!」


8:2016/05/04(水) 00:55:09.17 ID:TDwh2vEZ0

ジャイアン「とんだ間抜けだぜ!」ペロペロ

ドラえもん「ぐぬ〜〜〜〜〜!着せ替えカメラ!」

ジャイアン「!?」ペロペロ

ドラえもん「のび太君、これで僕を撮って。」

のび太「あいよ。」カシャッ

ドラえもん「これでどうだ!」

ジャイアン「ドラえもんに靴が!」ペロペロ

ドラえもん「さあ今度こそ間違いなく・・・あれ?」

のび太「どうしたの?」

ドラえもん「靴舐めさせ機が無い!」

のび太「ええ!?」

ドラえもん「一体どこに?」


9:2016/05/04(水) 01:04:07.06 ID:TDwh2vEZ0

スネ夫「ふふふふふ・・・。」

のび太「スネ夫!どうして!」

スネ夫「どうしてだって?こんなチャンス見逃すわけないだろ。」

のび太「でも君は確か・・・。」

スネ夫「別に道具の効果で君の靴を舐めていたわけじゃない。僕は自分の意志で舐めていたのさ!」

のび太「そっ、そういえば!」

ドラえもん「バカ野郎!」

のび太「自分だって取られたくせに!」

スネ夫「ドラえもん、これやるよ!」

ドラえもん「え?これは・・・・・・ネズミイイイイイイイイイィィィィィィィィィィ・・・・・・。」

のび太「ドラえもん!?おい!?」

スネ夫「ははは、こんなおもちゃで気絶するなんてね。」


10:2016/05/04(水) 01:17:14.05 ID:TDwh2vEZ0

スネ夫「さてと、じゃあのび太、僕の靴を舐めるんだ!」

のび太「うわああああああああああ!」ペロペロ

スネ夫「最高の気分だ!」

ジャイアン「よくやったぞ、スネ夫。」ペロペロ

スネ夫「ん?何だい、その口の利き方は。君はのび太以下で、のび太は今僕以下になったんだ。つまり君は僕以下の存在になったんだよ。」

ジャイアン「何だと・・・スネ夫お前・・・。」ペロペロ

スネ夫「ああ、もうジャイアンは奴隷のような存在だね。奴隷に服は必要無いよね。」

ジャイアン「どういう意味だ。」ペロペロ

スネ夫「おっ、ちょうどいいところに着せ替えカメラが落ちてる。」

ジャイアン「おい、やめろ。」ペロペロ


11:2016/05/04(水) 01:27:41.85 ID:TDwh2vEZ0

スネ夫「それ!」カシャカシャ

ジャイアン「スネ夫〜〜〜〜!」ペロペロ

スネ夫「ははは!愉快愉快!ああごめん、のび太まで撮っちゃった。」

のび太「スネ夫〜〜〜〜〜!」ペロペロ

スネ夫「二人して同じセリフを同じ格好で、面白くないんだよ、変態ども!」

のび太「ぐあっ!」ペロペロ

スネ夫「身につけている衣服が靴だけだなんて可哀想、でも格差があるんだ仕方ないよね。」

ジャイアン「ぐおおおおおおおお!」ペロペロ

スネ夫「あれ?何で起き上がれるの?」

ジャイアン「のび太を持ち上げれば靴舐めながらでも起き上がれる!」ペロペロ

スネ夫「嘘ぉ!?」

ジャイアン「おらあああ!」ペロペロ


12:2016/05/04(水) 01:40:04.62 ID:TDwh2vEZ0

スネ夫「ぶほぁ!」

ジャイアン「へっ、俺にこんなことするからだ。さてスネ夫もカメラで・・・。」

スネ夫「やめて!」

ジャイアン「うるせえ!」ペロカシャペロ

スネ夫「いやあああああ!」

ジャイアン「こいつはもらうぜ!」ペロペロ

スネ夫「しまった!」

ジャイアン「俺の靴を舐めろ!」ペロペロ

スネ夫「うぎゃあああ!」ペロペロ


14:2016/05/04(水) 01:49:17.42 ID:TDwh2vEZ0

ジャイアン「へへへ、ざまあみろ。っておい、バランスが崩れるだろうが!」ペロペロ

スネ夫「何でこんなことに〜〜〜!」ペロペロ

のび太「ちょっと、二人に動かれると立ちががれないよ〜!」ペロペロ

静香「・・・・・・・・・・・・。」

のび太「ああっ、しずかちゃん!」ペロペロ

静香「・・・・・・気持ち悪い。」

のび太「待ってしずかちゃん!誤解だよ!」ペロペロ

静香(裸でお互いの靴を舐め合っているだなんて、そんな趣味があったのね・・・。)

のび太「しずかちゃあああああああん!!」ペロペロ



こうして、ドラえもんが目覚めるまで彼らは靴を舐め合った。

そして彼らは気づいた。格差社会が生み出すものは争い、そして不幸なのだと・・・。



おしまい


SS速報VIPに投稿されたスレッドの紹介です。
元スレ:
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462288486/

→→もっとドラえもんを読む←←